研究実績

論文

  1. 原著
    1. Tanaka S, Tanaka S, Iimuro S, Yamashita H, Katayama S, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Sone H, Japan Diabetes Complications Study Group: Cohort Profile: The Japan Diabetes Complications Study: a long-term follow-up of a randomised lifestyle intervention study of type 2 diabetes. Int J EpidemioL. 2014;43(4):1054-62
    2. Hiratsuka Y, Yamada M, Akune Y, Murakami A, Okada AA, Yamashita H, Ohashi Y, Yamagishi N, Tamura H, Fukuhara S, Takura T: Assessment of vision-related quality of life among patients with cataracts and the outcomes of cataract surgery using a newly developed visual function questionnaire: the VFQ-J11. Jpn J Ophthalmol. 2014;58(5):415-22
    3. Sato N, Htun NC, Daimon M, Tamiya G, Kato T, Kubota I, Ueno Y, Yamashita H, Fukao A, Kayama T, Muramatsu M :Likelihood ratio-based integrated personal risk assessment of type 2 diabetes. Endocr J. 2014;61(10):967-88
    4. Mochizuki N, Yamamoto T, Enaida H, Ishibashi T, Yamashita H:Long-term outcomes of 3 surgical adjuvants used for internal limiting membrane peeling in idiopathic macular hole surgery. Jpn J Ophthalmol. 2014;58(6):455-61
    5. Nisitsuka K, Yamashita H: Minimally Invasive Scleral Fixation of an IOL Using a Suture Thread Inserter Combined With 25-Gauge Vitrectomy. Ophthalmic Surg Lasers Imaging Retina. 2014;45(4):318-21
    6. Namba H, Narumi M, Nishi K, Goto S, Hayashi S, Yamashita H: The ‘pleats fold’ technique of amniotic membrane transplantation for the management of corneal perforation. Cornea. 2014;33(6):653-7
    7. Namba H, Kawasaki R, Narumi M, Sugano A, Homma K, Nishi K, Murakami T, Kato T, Kayama T, Yamashita H : Ocular higher-order wavefront aberrations in the Japanese adult population: the Yamagata Study (Funagata). Invest Ophthalmol Vis Sci. 2014;56(1):90-7
    8. Narumi M, Kashiwagi Y, Namba H, Ohe R, Yamakawa M, Yamashita H: Contribution of corneal neovascularization to dendritic cell migration into the central area during human corneal infection. PLoS One. 2014;9(10): e109859
    9. 深井和吉, 大磯直毅, 川口雅一, 佐藤美保, 堀田喜裕, 種村篤, 金田眞理, 川上民裕, 西村栄美, 河野通浩, 林思音, 山下英俊, 錦織千佳子, 佐野栄紀, 片山一朗, 鈴木民夫, 眼皮膚白皮症診療ガイドライン作成委員会:眼皮膚白皮症診療ガイドライン.日皮会誌. 2014;124(10):1897-1911
  2. 総説

    1. 山下英俊, 後藤早紀子, 阿部さち, 川崎良:糖尿病診療と糖尿病網膜症. 日本糖尿病眼学会誌. 2014;18:1-5
    2. 守屋達美, 川崎良, 曽根博仁, 山下英俊, 片山茂裕:日本臨床研究の紹介と反省点を語る 日本人2型糖尿病における顕性アルブミン尿発症と腎機能低下に対する糖尿病網膜症および微量アルブミン尿の影響 JDCSサブ解析から. 日本内科学会雑誌. 2014;103(4):987-93
    3. 西塚弘一, 山下英俊:合併症対策. 糖尿病網膜症. 医学と薬学. 2014;71(1):67-71
    4. 西塚弘一:【網膜血管疾患アップデート】 糖尿病網膜症の手術治療の進歩. あたらしい眼科. 2014;31(8):1089-95
    5. 後藤早紀子, 山下英俊:【患者さんにそのまま見せたい!イラスト&写真でわかる糖尿病合併症と重要治療法】糖尿病合併症 糖尿病網膜症 糖尿病黄斑浮腫. 糖尿病ケア. 2014;11(11):1045
    6. 林思音:弱視の治療. 眼科グラフィック.2014;3(2);155-9
    7. 阿部さち, 山下英俊:【患者さんにそのまま見せたい!イラスト&写真でわかる糖尿病合併症と重要治療法】重要治療法 糖尿病網膜症の治療法 糖尿病網膜症の新たな薬物治療. 糖尿病ケア. 2014;11(11):1068-9
    8. 西勝弘, 山下英俊:【患者さんにそのまま見せたい!イラスト&写真でわかる糖尿病合併症と重要治療法】糖尿病合併症 糖尿病網膜症 糖尿病網膜症の診断に必要な検査. 糖尿病ケア. 2014;11(11):1042
    9. 村上敬憲, 阿部さち, 山下英俊:糖尿病合併症に関する新たな展開 糖尿病網膜症. 内科. 2014;113(1):51-4
  3. 著書

    1. 西塚弘一, 山下英俊:Ⅲ.個々の糖尿病病態への対応 7. 合併症 2. 網膜症. 日本糖尿病学会編, 糖尿病医療者のための災害時糖尿病診療マニュアル. 東京;文光堂, 2014:61-62
    2. 林思音:外眼筋の解剖.不二門尚編, 専門医のための眼科診療クオリファイ22 弱視・斜視診療のスタンダード. 東京;中山書店, 2014;7-14
    3. 林思音:Ⅵ.眼筋手術各論 3.間欠性外斜視.佐藤美保, 佐々木次壽編, 眼手術学 3 眼筋・涙器. 東京;文光堂, 2014:160-3
    4. 林思音:Ⅵ.眼筋手術各論 4.恒常性外斜視.佐藤美保, 佐々木次壽編, 眼手術学 3 眼筋・涙器, 東京;文光堂, 2014:167-9
  4. その他

    1. 難波広幸:My boom 第28回.あたらしい眼科. 2014:31(5):95
    2. 阿部さち:眼科医のための先端医療 第164回 糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体手術適応を3次元画像解析から考える. あたらしい眼科. 2014;31(8):91

2. 学会報告

(1) 国際学会

ⅰ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

  1. Paul Mitchell, Jie Jin Wang, Hidetoshi Yamashita: Population-Based Cohort Studies: Knowledge
    Gained, Lessons Learned, and Gaps Remained. 34th World Congress of Ophthalmology 2014, Tokyo, Japan; April 2014
  2. Yutaka K:Arranging a Fellowship Abroad - Pearls and Pitfalls. Invited Symposium. 34th World Ophthalmology Congress 2014, Tokyo, Japan; April 2014

ⅱ 一般演題

  1. Kawasaki R, Sugano A, Kawasaki Y, Oizumi T, Daimon M, Kato T, Yamashita H, Kayama T: For the Yamagata Cohort Study. Five-year incidence of branch retinal vein occlusion and its systemic and retinal risk associations: the Funagata Study. European Association for Vision and Eye Research 2014 Congress, Nice, France; October 2014
  2. Hirayama A, Kawasaki R, Shibata Y, Konta T, Narimatsu H, Kayama T, Yamashita H, Kubota I, Fukao A: Narrowing of retinal arterioles might reflect smoking sensitivity, a risk of chronic obstructive pulmonary disease. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2014, Orlando, USA; May 2014
  3. Hirayama A, Kawasaki R, Konta T, Hozawa A, Fukao A, Yamashita H, Kayama T, Kubota I: Narrowing of the retinal arterioles is associated with increased risk of 7-year incident albuminuria: the Takahata Study. American Heart Association EPI/NPAM 2014, San Francisco, USA; March 2014
  4. Koichi Nishitsuka, Hidetoshi Yamashita: Ophthalmic endoscope-assisted early vitrectomy in endophthalmitis with hazy media. 34th World Ophthalmology Congress 2014, Tokyo, Japan; April 2014
  5. Koichi Nishitsuka, Mari Narumi, Hidetoshi Yamashita: Effects of human recombinant hyaluronidase in porcine vitreous. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2014, Orlando, USA; May 2014
  6. Koichi Nishitsuka, Hidetoshi Yamashita: A modified scleral IOL fixation technique using a suture thread inserter combined with 25-gauge vitrectomy. Internationaler Kongress Der Deutschen Ophthalmochirurgen 2014, Nuremberg, Germany; May 2014
  7. Hiroyuki Namba, Ryo Kawasaki, Mari Narumi, Akira Sugano, Kei Homma, Katsuhiro Nishi, Takeo Kato, Takamasa Kayama, Hidetoshi Yamashita:Power Vector Analysis of Refractive and Corneal Astigmatism Components, and Their Time-dependent Changes: The Funagata Study. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2014, Orlando, USA; May 2014
  8. Sachi Abe, Teiko Yamamoto, Katsuhiro Nishi, Eriko Kirii, Sakiko Nakano Goto, Hidetoshi Yamashita: Clinical factors relevant to effectiveness of treatment with steroid eye drop (diflupredonate ophthalmic emulsion) for diabetic macular edema. 4TH European Society of Retina Specialists(EURETINA)Winter Meeitng, Rome, Italy; January 2014.
  9. Sachi Abe, Teiko Yamamoto, Katsuhiro Nishi, Eriko Kirii, Sakiko Goto, Hidetoshi Yamashita: Long-term follow-up outcomes of treatment with steroid eye drop (diflupredonate ophthalmic emulsion) for diabetic macular edema. 34th World Ophthalmology Congress 2014, Tokyo, Japan; April 2014
  10. Yusuke Takeda, Shion Hayashi, Yuta Araki, Tamio Suzuki, Hidetoshii Yamashita: Incontinentia pigmenti(Bloch-Sulzberger syndrome)caused by mutation of NEMO gene rearrangement and retinal vessel obstruction : A case report. 34th World Ophthalmology Congress 2014, Tokyo, Japan; April 2014
  11. Mari Narumi, Hiroyuki Namba, Mitsunori Yamakawa, Hidetoshi Yamashita: High glucose suppresses TNF-α induced by interaction between corneal epithelial cells and dendritic cells. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2014, Orlando, USA; May 2014
  12. Takanori Murakami, Hiroyuki Nanba, Yoshihiko Tomita, Hiroshi Ooguro, Hidetoshi Yamashita: Case report of cancer-associated retinopathy with rapid onset severe visual loss. 34th World Ophthalmology Congress 2014, Tokyo, Japan; April 2014

(2)国内の学会

ⅰ 特別講演

  1. 山下英俊:糖尿病網膜症の最新治療Update. 第20回日本小児・思春期糖尿病研究会年次学術集会特別講演, 大阪; 2014年7月

ⅱ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

  1. 山下英俊:日本眼科学会シンポジウム座長「日本での難病対策と眼科診療」. 第118回日本眼科学会総会, 東京; 2014年4月
  2. 山下英俊:日本眼科学会評議員会氏名講演座長「眼疾患メカニズムの新しい理解」. 第118回日本眼科学会総会, 東京; 2014年4月
  3. 山下英俊:山形大学で実施されている卒前医学教育. 第73回日本脳神経外科学会学術総会シンポジウム(日本脳神経外科塾), 東京; 2014年10月
  4. 山下英俊:糖尿病眼合併症に関する最新知見. イブニングセミナー. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 大阪市; 2014年5月
  5. 平塚義宗, 川崎良, 小野浩一, 山田昌和, 山下英俊:眼科医のための「数字力」養成講座3.インストラクションコース. 第68回日本臨床眼科学会, 神戸市; 2014年11月
  6. 山下英俊:術中トラブルに「困った…どうしよう」とならないために. ランチョンセミナー. 第53回日本網膜硝子体学会総会, 第31回日本眼循環学会合同学会, 大阪市; 2014年11月
  7. 今野伸弥, 山下英俊:眼科領域の腫瘍. 第47回日本薬剤師会学術大会, 山形市; 2014年10月
  8. 西塚弘一:増殖糖尿病網膜症との闘い〜私の戦略の組み立て方〜. 第53回網膜硝子体学会総会モーニングセミナー, 大阪市; 2014年11月
  9. 桐井枝里子:網膜静脈閉塞症.第47回日本薬剤師会学術大会,山形市; 2014年10月
  10. 難波広幸:なめんな!角結膜炎 バーチャルクリニック第3弾 ランチョンセミナー2.第68回日本臨床眼科学会,神戸市; 2014年11月
  11. 菅野彰:門を叩け さらば開かれん 〜緑内障師範への道〜 イブニングセミナー. 第25回日本緑内障学会, 大阪市; 2014年9月

ⅲ 一般演題

  1. 今野伸弥, 高村浩, 赤羽梢, 阿部さち, 金子優, 成味真梨, 西勝弘, 林思音, 山下英俊:甲状腺眼症治療前後の外眼筋厚の検討. 第68回日本臨床眼科学会, 神戸市; 2014年11月
  2. 西塚弘一, 山下英俊:25Gトロカール創口に縫合糸結び目を埋没した小切開硝子体手術・眼内レンズ縫着術. 第68回日本臨床眼科学会, 神戸市; 2014年11月
  3. 西塚弘一, 西勝弘, 武田祐介, 阿部さち, 桐井枝里子, 難波広幸, 三浦瞳, 菅野彰, 成味真梨, 赤羽梢, 村上敬憲, 金子優, 山下英俊: 空気タンポナーデを行った裂孔原性網膜剥離体する硝子体手術. 第53回網膜硝子体学会総会, 大阪市; 2014年11月
  4. 金子優, 西塚弘一, 菅野彰, 村上敬憲, 山下英俊:ベーチェット病ぶどう膜炎における手術治療とインフリキシマブ治療.第68回臨床眼科学会, 神戸市; 2014年11月
  5. 桐井枝里子, 三浦瞳, 武田祐介, 成味真梨, 赤羽梢, 山下英俊:網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対する治療法選択の検討. 第68回日本臨床眼科学会,神戸市; 2014年11月
  6. 難波広幸, 成味真梨, 菅野彰, 本間慶, 西勝弘, 川崎良, 山下英俊:日本人一般成人における乱視ベクトル解析と5年間の経時変化.第38回日本角膜学会総会,宜野湾市; 2014年1月
  7. 阿部さち, 後藤早紀子, 桐井枝里子, 西勝弘, 山本禎子, 山下英俊: 糖尿病黄斑浮腫に対するジフルプレドナート点眼の視力改善効果の検討. 第68回日本臨床眼科学会, 神戸市; 2014年11月
  8. 菅野彰, 川崎良, 加藤丈夫, 嘉山孝正, 山下英俊:日本の成人における眼圧とその関連因子:舟形町研究. 第68回臨床眼科学会, 神戸市; 2014年11月
  9. 成味真梨, 難波広幸, 山川光徳, 山下英俊:角膜上皮による樹状細胞遊走促進の分子メカニズムの研究.角膜カンファレンス, 宜野湾市; 2014年2月
  10. 西勝弘, 西塚弘一, 後藤早紀子, 阿部さち, 武田祐介, 望月典子, 山本禎子, 山下英俊:増殖糖尿病網膜症の硝子体手術後視力予後に関連する因子の検討.第68回臨床眼科学会, 神戸市; 2014年11月

(3) 国内地方会

ⅰ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

  1. 後藤早紀子: 糖尿病網膜症と糖尿病黄斑浮腫の診断、治療. 第9回 東北6大学STEP UPセミナー, 盛岡市; 2014年10月

ⅱ 一般演題

  1. 菅野彰, 川崎良, 村上敬憲, 山下英俊:iCare®眼圧計とGoldmann圧平式眼圧計の眼圧値の比較. 第25回みちのく緑内障懇話会, 山形市; 2014年10月

(4) 研究会

ⅰ 特別講演

  1. 山下英俊:糖尿病網膜症診療の戦略と内科との連携. 第4回福岡Macula Study, 福岡市; 2014年1月
  2. 山下英俊:糖尿病診療と糖尿病網膜症診療の戦略. 第21回札幌市医師会西区支部糖尿病勉強会特別講演, 札幌市; 2014年7月
  3. 山下英俊:糖尿病診療と糖尿病網膜症. 第5回置賜内科眼科糖尿病カンファレンス, 米沢市; 2014年7月
  4. 金子優 : ぶどう膜炎診療の進め方.山形県眼科医会庄内部集談会, 鶴岡市; 2014年9月
  5. 難波広幸:アイバンクの現状.山形眼科医会庄内部会集談会,鶴岡市; 2014年9月
  6. 阿部さち:糖尿病網膜症について. 第1回 寒河江市西村山地区メディカルカンファランス, 山形市; 2014年2月

ⅱ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

  1. 金子優:ぶどう膜炎診療update. 第109回山形眼科研究会, 山形市; 2014年5月
  2. 阿部さち:シンポジウム3「糖尿病の合併症 up to date」糖尿病網膜症の病態と治療. 第48回糖尿病学の進歩, 札幌市; 2014年3月
  3. 武田祐介:未熟児網膜症の現状. 第107回山形眼科研究会, 山形市; 2014年2月
  4. 三浦瞳:斜視診療の実際. 第108回山形眼科研究会,山形市; 2014年3月
  5. 菅野彰, 山下英俊:緑内障視野検査.第110回山形眼科研究会, 山形市; 2014年7月

ⅲ 一般演題

  1. 今野伸弥, 高村浩, 山下英俊:メルケル細胞癌の2症例. 第111回山形眼科研究会, 山形市; 2014年9月
  2. 望月典子,山下英俊:MCTDに眼所見が認められた1例. 第109回山形眼科研究会,山形市; 2014年5月
  3. 西塚弘一, 山下英俊:眼内視鏡を用いた眼内炎に対する硝子体手術.第107回山形眼科研究会, 山形市; 2014年2月 
  4. 金子優:自然寛解したサイトメガロウイルス網膜炎の1例. 第112回山形眼科研究会, 山形市; 2014年10月
  5. 桐井枝里子, 山本禎子, 三浦瞳, 武田祐介, 成味真梨, 赤羽梢, 村上敬憲, 山下英俊:網膜静脈分枝閉塞症に対するステロイド硝子体内投与と硝子体手術の長期予後. 第109回山形眼科研究会,山形市; 2014年5月
  6. 難波広幸:角膜混濁を来たしたHDL欠損症症例.第107回山形眼科研究会,山形市; 2014年2月
  7. 阿部さち, 山下英俊:原因不明の視力低下を来したビタミン欠乏症の一例. 第110回山形眼科研究会, 山形市; 2014年7月
  8. 武田祐介, 林思音, 荒木勇太, 鈴木民夫, 山下英俊:アーケード血管の閉塞を認めた色素失症の1例. 第109回山形眼科研究会, 山形市; 2014年5月
  9. 三浦瞳,西塚弘一,難波広幸,林思音,山下英俊:水晶体偏位の小児例における手術前後の波面収差解析の変化. 第110回山形眼科研究会,山形市; 2014年7月
  10. 菅野彰, 赤羽梢, 阿部さち, 西塚弘一, 山下英俊:バルベルト緑内障インプラントの使用経験.第108回山形眼科研究会, 山形市; 2014年5月
  11. 菅野彰, 西塚弘一, 山下英俊:血管新生緑内障に対してバルベルト緑内障インプラントを使用した3例. 山形グラコーマ・ミーティング, 山形市; 2014年11月
  12. 成味真梨, 柏木佳子, 難波広幸, 大江倫太郎, 山川光徳, 山下英俊:角膜未熟樹状細胞の遊走メカニズムの研究 107回山形眼科研究会, 山形市; 2014年2月
  13. 成味真梨, 難波広幸, 山下英俊:高血糖負荷が角膜上皮細胞と角膜DCによるTNF-α産生を抑制する. 第112回山形眼科研究会, 山形市; 2014年10月
  14. 西勝弘, 後藤早紀子, 阿部さち, 西塚弘一, 望月典子, 山本禎子, 山下英俊:増殖糖尿病網膜症の術後視力に関連する因子の検討(異なる手術時期での比較). 第110回山形眼科研究会, 山形市; 2014年7月
  15. 赤羽梢, 今野伸弥, 村上敬憲, 成味真梨, 桐井枝里子, 山下英俊:特発性外眼筋炎に対するステロイドパルス療法中に偽膜性腸炎を発症した一例.第106回山形眼科研究会,山形市; 2014年11月
  16. 赤羽梢, 桐井枝里子, 武田祐介, 柄澤繁, 加藤丈夫, 山田裕樹, 小久保安昭, 嘉山孝正, 山下英俊:眼科に初診したTerson症候群の一例.第111回山形眼科研究会,山形市; 2014年9月
  17. 村上敬憲, 難波広幸, 冨田善彦, 大黒浩, 山下英俊:2週間で急激な視力低下を来たし両眼光覚に至った癌関連網膜症. 第112回山形眼科研究会, 山形市; 2014年10月

(5)その他

  1. 金子優:ぶどう膜炎の診療.興和創薬社内勉強会, 山形市; 2014年12月
  2. 菅野彰:緑内障診療(初診から点眼治療まで).ファイザー社内勉強会, 山形市; 2014年6月
  3. 菅野彰:緑内障診療(視野検査を中心に). ORT勉強会, 山形市; 2014年12月

論文

  1. 原著

    1. Tanaka S, Tanaka S, Iimuro S, Yamashita H, Katayama S, Akanuma Y, Yamada N, Araki A, Ito H, Sone H, Ohashi Y; JAPAN DIABETES COMPLICATIONS STUDY GROUP; THE JAPANESE ELDERLY DIABETES INTERVENTION TRIAL GROUP: Predicting macro- and microvascular complications in type 2 diabetes: the Japan Diabetes Complications Study/the Japanese Elderly Diabetes Intervention Trial risk engine. Diabetes Care. 2013;36(5):1193-1199
    2. Nunomiya K, Shibata Y, Abe S, Inoue S, Igarashi A, Yamauchi K, Aida Y, Kishi H, Sato M, Watanabe T, Konta T, Ueno Y, Kato T, Yamashita H, Kayama T, Kubota I: Hyperhomocysteinaemia predicts the decline in pulmonary function in healthy male smokers. Eur Respir J. 2013;42(1):18-27
    3. ECCERT (Eye Care Comparative Effectiveness Research Team including Yamashita H): Cost-utility analysis of cataract surgery in Japan: a probabilistic Markov modeling study. Jpn J Ophthalmol. 2013;57(4):391-401
    4. Shibata K, Hozawa A, Tamiya G, Ueki M, Nakamura T,Narimatsu H, Kubota I, Ueno Y, Kato T, Yamashita H, Fukao A, Kayama T; Yamagata University Genomic Cohort Consortium: The confounding effect of cryptic relatedness for environmental risks of blood pressure on cohort studies. Mol Genet Genomic Med. 2013;1(1):45-53
    5. Moriya T, Tanaka S, Kawasaki R, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Sone H, Yamashita H, Katayama S for the Japan Diabetes Complications Study Group: Diabetic Retinopathy and Microalbuminuria Can Predict Overt Proteinuria and Renal Function Decline in Japanese Type 2 Diabetic Patients: Japan Diabetes Complications Study (JDCS). Diabetes Care. 2013;36(9):2803-2809
    6. Narimatsu H, Kitanaka C, Kubota I, Sato S, Ueno Y, Kato T, Fukao A, Yamashita H, Kayama T; Yamagata University Medical Education and Training Program through the Genomic Cohort Study: New Developments in Medical Education for the Realization of Next-Generation Personalized Medicine: Concept and Design of a Medical Education and Training Program through the Genomic Cohort Study. J Hum Genet. 2013;58(9):639-640
    7. Namba H, Narumi M, Sugano A, Murata I, Suzuki T, Yamakawa M, Yamashita H: Pathological findings of pemphigus vulgaris showing giant cobblestone-like conjunctival papillae. Case Rep Ophthalmol. 2013;4(3):114-121
    8. Abe S, Yamamoto T, Kashiwagi Y, Kirii E, Goto S, Yamashita H: Three-dimensional imaging of the inner limiting membrane folding on the vitreomacular interface in diabetic macular edema. Jpn J Ophthalmol. 2013;57(6):553-562
    9. 山下英俊, 川崎良, 阿部さち, 田中司朗, 田中佐智子, 守屋達美, 片山茂裕, 大橋靖雄: 日本人2型糖尿病患者における生活習慣介入の長期予後効果並びに死亡率とその危険因子に関する前向き研究(JDCStudy).網膜症経過観察プログラムについての報告書. 平成24年度厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業). 2013;22-25
    10. 伊藤嘉高, 佐藤慎哉, 山下英俊, 嘉山孝正, 村上正泰:山形県におけるコホートモデルを用いた診療科別将来必要病院勤務医師数の推計. 山形医学. 2013;31(2):15-25
    11. 永沢倫, 菅野誠,菅野彰, 山下英俊: 選択的レーザー線維柱帯形成術の長期治療成績. 臨床眼科. 2014;68(1):89-94
    12. 菅野彰, 難波広幸, 結城義憲, 西塚弘一, 山下英俊: 白内障術後に生じた穿孔性強膜軟化症に対する治療経験. 臨床眼科 2013;67(4):511-514
  2. 総説

    1. 西塚弘一, 山下英俊: 高齢者の糖尿病 V.高齢者糖尿病患者の合併症の管理 細小血管合併症, 糖尿病網膜症・黄斑症. 日本臨床. 2013;71(11):2005-2009
    2. 村上敬憲, 阿部さち, 山下英俊: 高血糖が眼に与える影響. 糖尿病ケア. 2013;10(8):748-751
  3. 著書

    1. 望月典子, 山下英俊: X.糖尿病網膜症. 増殖前・増殖網膜症. 岩本安彦, 羽田勝計, 門脇孝編, 糖尿病最新の治療2013-2015. 東京;南江堂, 2013:222-225
    2. 西塚弘一, 山下英俊: 糖尿病網膜症は手術で治るのか. べんちのーと第91号. 東京;メディカル・ジャーナル社, 2013;24(2):9
    3. 西塚弘一: 裂孔原性網膜剥離 眼圧上昇(術前・術中・術後).眼科診療クオリファイ 17裂孔原性網膜剥離. 東京;中山書店, 2013;327-332
    4. 本間慶, 山下英俊: 1章. 網膜症の概念・疫学. 舟形町研究. 編集主幹・荒木栄一, 専門編集・前川聡, Visual糖尿病臨床のすべて「糖尿病網膜症のすべて」. 東京;中山書店, 2013:12-16
  4. その他

    1. 菅野彰、西塚弘一:白内障術後に生じた穿孔性強膜軟化症. あたらしい眼科. 2013;30(7):965-966

学会報告

  1. 国際学会

    1. 一般演題
      1. Nishitsuka K, Narumi M, Kashiwagi Y, Shibata T, Gong J, Furukawa H, Yamashita H: Analysis of vitreous hyaluronan status in vitreoretinal diseases. The 86th the Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual meeting, Seattle, WA, USA; May 2013
      2. Nishitsuka K, Yamashita H: Minimally invasive scleral fixation of the intraocular lens using suture thread inserter combined with 25-Gauge vitrectomy. 2nd prize for the Film-Presentation, 26th INTERNATIONAL CONGRESS OF GERMAN OPHTHALMIC SURGEONS, Nuremberg, Germany; Jun 2013
      3. Nishitsuka K, Yamashita H: Treatment outcome of scleral fixation of the intraocular lens using a suture thread inserter. The 8th Asia Pacific Vitreo-retina Society Congress & the 52nd Annual Meeting of Japanese Retina and Vitreous Society, Nagoya, Japan; Dec 2013
      4. Takeda Y, Kirii E, Miura H, Goto S, Yamamoto T, Yamashita H: The effects of difluprednate ophthalmic emulsion 0.05% on macular edema secondary to branch retinal vein occlusion. The 8th Asia Pacific Vitreo-retina Society Congress & the 52nd Annual Meeting of Japanese Retina and Vitreous Society, Nagoya, Japan; Dec 2013
      5. Sugano A, Tanabe Y, Saito K, Honma K, Kawasaki R, Kato T, Kayama T, Yamashita H: Axial Length and its associations in an Adult Japanese Population: The Funagata Study. The 86th the Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual meeting, Seattle WA, USA; May 2013
      6. Homma K, Kawasaki R, Sugano A, Saito K, Tanabe Y, Goto S, Narimatsu H, Hozawa A, Kubota I, Kato T, Kayama T, Yamashita H: Investigation of the correlation between retinal vessel diameter and arteriosclerosis risk factors including hypoadiponectinemia. The 86th the Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual meeting, Seattle WA, USA; May 2013
      7. Narumi M, Kashiwagi Y, Namba H, Ohe R, Yamakawa M, Yamashita H: Corneal infection induces migration of dendritic cells with CD1a expression. The 86th the Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual meeting, Seattle WA, USA; May 2013
      8. Narumi M, Namba H, Yamakawa M, Yamashita H: A case of perforation of cornea caused by fungal ball. European Society of Ophthalmology, Copenhagen, Denmark; Jun 2013
      9. Nishi K, Goto S, Abe S, Nishitsuka K, Mochizuki N, Yamamoto T, Yamashita H: Factors correlated with visual outcomes after vitreous surgery for proliferative diabetic retinopathy. European Society of Ophthalmology, Copenhagen, Denmark; Jun 2013
  2. 国内の学会

    1. シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等
      1. 山下英俊, 阿部さち, 川崎良: 糖尿病診療と糖尿病網膜症. 教育講演. 第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 熊本市; 2013年5月
      2. 吉村長久, 山下英俊: 日本発の網膜薬物治療. 日本眼科学会シンポジウムオーガナイザー. 第117回日本眼科学会総会, 東京; 2013年4月
      3. 山下英俊: 糖尿病網膜症の糖尿病診療における位置づけ.「つなぐ--糖尿病合併症における眼科・内科連携--」モーングセミナー. 第67回日本臨床眼科学会, 横浜; 2013年10-11月
      4. 阿部さち: 日本発の網膜薬物治療―黄斑浮腫治療薬としての副腎皮質ステロイド点眼開発. シンポジウム「日本発の網膜薬物治療」. 第117回日本眼科学会総会, 東京; 2013年4月
      5. 阿部さち: びまん性糖尿病黄斑浮腫の治療―薬物治療が第一選択? シンポジウム. 第30回日本眼循環学会, 神戸; 2013年8月
    1. 一般演題
      1. 川崎良, 平山敦士, 本間慶, 今田恒夫, 久保田功, 加藤丈夫, 嘉山孝正, 山下英俊, 深尾彰: 糖尿病患者における網膜血管径とインスリン抵抗性の関連. 第19回日本糖尿病眼学会総会, 神戸; 2013年8月
      2. 山切啓太, 川崎良, 山下英俊, 坂本泰二; 糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体手術研究グループ: 糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体手術の多施設共同ランダム化比較試験の概要. 第67回日本臨床眼科学会総会, 横浜;2013年10月
      3. 森山無価, 篠原宏成, 大野京子, 山崎舞, 川崎良, 山下英俊, 石橋達朗: 新しい近視性眼底病変判定基準. 第67回日本臨床眼科学会総会, 横浜;2013年10月
      4. 今野伸弥, 高村浩, 山下英俊: 転移性脈絡膜腫瘍の2症例. 第67回日本臨床眼科学会, 横浜;2013年11月
      5. 永沢倫, 菅野彰, 山下英俊: 多剤併用治療中の緑内障患者に対する0.1%ブリモニジン酒石酸塩点眼液への切り替え効果. 第67回日本臨床眼科学会, 横浜;2013年10-11月
      6. 西塚 弘一, 成味 真梨, 柏木 佳子, 武田 祐介, 阿部 さち, 望月 典子, 山下 英俊: 網膜硝子体疾患における硝子体内ヒアルロナン濃度の検討.第117回日本眼科学会総会,東京;2013年4月
      7. 難波広幸,成味真梨,村上敬憲,大江倫太郎,諏佐真治,山川光徳,加藤丈夫,山下英俊: High Density Lipoprotein欠損症による角膜混濁とその病理所見.第67回日本臨床眼科学会総会,神奈川;2013年11月
      8. 桐井枝里子, 山本禎子, 三浦瞳, 武田祐介, 成味真梨, 赤羽梢, 村上敬憲, 山下英俊: 網膜静脈分枝閉塞症に対するステロイド硝子体内投与と硝子体手術の長期治療成績. 第67回日本臨床眼科学会, 横浜;2013年11月
      9. 武田祐介,桐井枝里子,赤羽梢,村上敬憲,西勝弘,成味真梨,山﨑舞,本間慶,三浦瞳,後藤早紀子,山本禎子,山下英俊: 網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するステロイド点眼治療の長期予後. 第117回日本眼科学会総会,東京;2013年4月
      10. 三浦瞳,西塚弘一,難波広幸,林思音,山下英俊: 水晶体偏位の小児例の波面収差解析による視機能評価とその外科的治療による改善. 第67回日本臨床眼科学会,横浜;2013年11月
      11. 成味真梨, 柏木佳子, 難波広幸, 大江倫太郎, 山川光徳, 山下英俊: ヒト角膜における樹状細胞遊走経路としてのリンパ管新生. 第117回日本眼科学会総会, 東京;2013年4月
      12. 村上敬憲, 成味真梨, 難波広幸, 冨田善彦, 大黒浩, 山下英俊: 2週間で急激な視力低下を来たし両眼光覚に至った癌関連網膜症. 第67回日本臨床眼科学会, 神奈川;2013年10月
  1. 国内地方会

    1. 特別講演
      1. 山下英俊: 糖尿病網膜症の病態・疫学・治療. 第3回三島内科・眼科糖尿病連携フォーラム, 大阪府高槻市;2013年7月
      2. 山下英俊: 糖尿病の治療戦略と眼科医の役割. 第36回東北ブロック眼科講習会, 山形市;2013年8月
  2. 研究会

    1. シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等
      1. 永沢倫: 緑内障点眼治療. 第103回山形眼科研究会, 山形市;2013年5月
      2. 西塚弘一: 網膜硝子体疾患の考え方−手術関連を中心に−.第104回山形眼科研究会, 山形市;2013年7月
      3. 難波広幸: 前眼部症候群としてのドライアイ. 第105回山形眼科研究会, 山形市;2013年9月
      4. 阿部さち: 山形大学における糖尿病黄斑浮腫の治療. 第106回山形眼科研究会, 山形市;2013年11月
      5. 西塚弘一:ドイツ眼科手術学会受賞報告とスレッドインサーターを用いた小切開眼内レンズ縫着術の紹介.第3回網膜硝子体研究会, 山形市;2013年7月
    1. 一般演題
      1. 今野伸弥, 高村浩, 山下英俊: 転移性脈絡膜腫瘍. 第106回山形眼科研究会, 山形市;2013年11月
      2. 望月典子,山下英俊: 硝子体手術後低眼圧黄斑症の1例.第103回山形眼科研究会,山形市;2013年5月
      3. 西塚弘一: スレッドインサーターを用いた小切開IOL縫着術. 第13回東北屈折矯正研究会, 山形市;2013年9月
      4. 金子優, 山下英俊: MEWDS(multiple evanescent white dot syndrome)の一例. 第106回山形眼科研究会, 山形市;2013年11月
      5. 桐井枝里子, 山下英俊: 眼底所見から高度内頸動脈狭窄の診断に至った1例. 第104回山形眼科研究会, 山形市;2013年7月
      6. 阿部さち, 今野伸弥, 武田祐介, 山下英俊: 側頭動脈炎が原因と考えられた虚血性視神経症で視機能に日内変動を示した1例. 第105回山形眼科研究会, 山形市;2013年9月
      7. 武田祐介, 菅野彰, 林思音, 山下英俊: 現在経過観察中のBloch-Sulzberger症候群の1例. 第103回山形眼科研究会,山形市;2013年5月
      8. 三浦瞳,西塚弘一,林思音,難波広幸,山下英俊: 両眼の水晶体偏位をきたしたMarfan症候群の小児の1例. 第104回山形眼科研究会,山形市;2013年7月
      9. 菅野彰, 山下英俊: 緑内障外来を受診した緑内障と鑑別を要する症例の検討. 第105回山形眼科研究会, 山形市; 2013年9月
      10. 西勝弘, 菅野彰, 桐井枝里子, 斎藤佑規, 小久保安昭, 嘉山孝正, 山下英俊: 急速な視力低下を呈し、診断にMRIが有用であった眼窩内神経鞘腫の一例.第105回山形眼科研究会, 山形市;2013年9月
      11. 赤羽梢,今野伸弥,村上敬憲,成味真梨,桐井枝里子,山下英俊: 特発性外眼筋炎に対するステロイドパルス療法中に偽膜性腸炎を発症した一例. 第106回山形県眼科研究会,山形市;2013年11月
  3. その他

      1. 西塚弘一: 眼科手術に関して.ファイザー社内講習会, 山形市;2013年4月
      2. 難波広幸: 眼の健康教室.山形学院高等学校講義, 山形市;2013年7月
      3. 難波広幸: 角結膜の臨床.ファイザー社内勉強会, 山形市;2013年7月
      4. 難波広幸: 角膜移植とアイバンク.尾花沢ライオンズクラブ例会, 尾花沢市;2013年7月
      5. 難波広幸: 眼の健康教室. 鶴岡東高等学校講義, 山形市;2013年11月
      6. 阿部さち: 糖尿病網膜症の眼科診療. 南陽東置賜医師会学術講演会, 南陽市;2013年5月
      7. 阿部さち: 山形大学における網膜疾患の治療方針. バイエル薬品株式会社社内講演会, 山形市;2013年11月
      8. 三浦瞳: 斜視・弱視診療の実際. 山形視能訓練士の会講習会, 山形市;2013年7月
      9. 西勝弘: 眼科と脳の病気. 山形新聞日曜版「脳を知る」, 2013年8月

1.論文

(1) 原著

  1. Sato M, Hozawa A, Konta T, Shao L, Otani K, Nariamtsu H, Sasaki S, Kato T, Kubota I, Yamashita H, Kayama T, Fukao A: Relationship between dietary intake and microalbuminuria: Findings from the Takahata study. Clinical and Experimental Nephrology 2012 Feb;16(1):147-55. Epub 2011 Oct 4
  2. Yamamoto T, Iimuro S, Ohashi Y, Sone H, Yamashita H, Ito H, Japanese Elderly Intervention Trial Research Group: Prevalence and risk factors for diabetic maculopathy, and its relationship to diabetic retinopathy in elderly Japanese patients with type 2 diabetes mellitus. Geriatrics & Gerontology International 2012 Apr;12 Suppl 1:134-40. doi: 10.1111/j.1447-0594.2011.00821.x. (JEDIT.1.)
  3. Yamamoto T, Iimuro S, Ohashi Y, Sone H, Ito H, Yamashita H; Japanese Elderly Diabetes Intervention Trial Study Group: Long-term risk factors for diabetic retinopathy and diabetic maculopathy in elderly Japanese patients with type 2 diabetes mellitus. Geriatrics & Gerontology International 2012 Apr;12 Suppl 1:141-4. doi: 10.1111/j.1447-0594.2011.00822.x. (JEDIT.2.)
  4. Sone H, Tanaka S, Tanaka S, Iimuro S, Oida K, Yamasaki Y, Oikawa S, Ishibashi S, Katayama S, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N; Japan Diabetes Complications Study Group (Includes Yamashita H): Serum level of triglycerides is a potent risk factor comparable to LDL cholesterol for coronary heart disease in Japanese patients with type 2 diabetes: subanalysis of the Japan Diabetes Complications Study (JDCS). J Clin Endocrinol Metab. 96(11):3448-56, 2011. Epub 2011 Aug 24
  5. Sone H, Tanaka S, Tanaka S, Iimuro S, Ishibashi S, Oikawa S, Shimano H, Katayama S, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Japan Diabetes Complications Study Group (Includes Yamashita H): Comparison of various lipid variables as predictors of coronary heart disease in Japanese men and women with type 2 diabetes: subanalysis of the Japan Diabetes Complications Study. Diabetes Care. 35(5):1150-7, 2012. Epub 2012 Feb 14.
  6. Yau JW, Rogers SL, Kawasaki R, Lamoureux EL, Kowalski JW, Bek T, Chen SJ, Dekker JM, Fletcher A, Grauslund J, Haffner S, Hamman RF, Ikram MK, Kayama T, Klein BE, Klein R, Krishnaiah S, Mayurasakorn K, O'Hare JP, Orchard TJ, Porta M, Rema M, Roy MS, Sharma T, Shaw J, Taylor H, Tielsch JM, Varma R, Wang JJ, Wang N, West S, Xu L, Yasuda M, Zhang X, Mitchell P, Wong TY; Meta-Analysis for Eye Disease (META-EYE) Study Group (including Yamashita H): Global prevalence and major risk factors of diabetic retinopathy. Diabetes Care. 2012 Mar;35(3):556-64. Epub 2012 Feb 1.
  7. Yamamoto T, Nakano Goto S, Abe S, Kirii E, Yamashita H: Difluprednate ophthalmic emulsion 0.05% as adjunctive treatment to panretinal photocoagulation for proliferative diabetic retinopathy with clinically significant macular edema. Retinal Cases & Brief Reports 6(3): 228-231, 2012.
  8. Kawasaki R, Tanaka S PhD, Tanak S, Abe S, Sone H, Yokote K, Ishibashi S, Katayama S, MD, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, for the Japan Diabetes Complications Study Group : Risk of cardiovascular diseases is increased even with mild diabetic retinopathy: the Japan Diabetes Complications Study (JDCS). Ophthalmology in press.
  9. YUGCC (Yamagata University Genomic Cohort Consortium including Yamashita H):Constructing a contemporary gene–environmental cohort : Study design of the Yamagata Molecular Epidemiological Cohort Study. J Human Genetics in press.
  10. Nunomiya K, Shibata Y, Abe S, Inoue S, Igarashi A, Yamauchi K, Aida Y, Kishi H, Sato M, Watanabe T, Konta T, Ueno Y, Kato T, Yamashita H, Kayama T, Kubota I: Hyperhomocysteinaemia predicts the decline in pulmonary function in healthy male smokers. Eur Respir J. 2012 Nov 8. [Epub ahead of print]
  11. Bhargava M, Cheung CY, Sabanayagam C, Kawasaki R, Harper CA, Lamoureux EL, Leng CW, Ee A, Hamzah H, Ho M, Wong W, Wong TY.Accuracy of diabetic retinopathy screening by trained non-physician graders using non-mydriatic fundus camera. Singapore Medical Journal In press
  12. Kawasaki R, Xie J, Cheung N, Lamoureux E, Klein R, Klein BEK, Cotch MF, Sharrett AR, Shea S, Wong TY. Retinal Microvascular Signs and Risk of Stroke: The Multi-Ethnic Study of Atherosclerosis (MESA). Stroke In press
  13. Kawasaki R, Tanaka S, Tanaka S, Abe S, Sone H, Yokote K, Ishibashi S, Katayama S, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Yamashita H. Risk of cardiovascular diseases is increased even with mild diabetic retinopathy: the Japan Diabetes Complications Study (JDCS). Ophthalmology In press
  14. Kawasaki R, Wang JJ, Rochtchina E, Lee AJ, Wong TY, Mitchell P. Retinal Vessel Caliber is Associated with the 10-year Incidence of Glaucoma: The Blue Mountains Eye Study. Ophthalmology In press
  15. Tanaka S, Yoshimura Y, Kawasaki R, Kamata C, Tanaka S, Horikawa C, Ohashi Y, Araki A, Ito H, Akanuma Y, Yamada N, Yamashita H, Sone H, for the Japan Diabetes Complications Study Group. Fruit Intake and Incident Retinopathy in Japanese Patients with Type 2 Diabetes. Nutritional Analysis in the Japan Diabetes Complications Study (JDCS). Epidemiology. In press
  16. Tow FK, Ooi QL, Wong TY, Kawasaki R, Colville D, Mount P, Savige J. Microvascular Dilatation after Haemodialysis Is Determined by the Volume of Fluid Removed and Fall in Mean Arterial Pressure. Kidney Blood Press Res. 2012; 35: 644-648.
  17. Ma Y, Kawasaki R, Dobson LP, Ruddle JB, Kearns LS, Wong TY, Mackay D. Quantitative Analysis of Retinal Vessel Attenuation in Eyes with Retinitis Pigmentosa. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2012;53:4306-4314.
  18. Sasongko MB, Hodgson LAB, Wong TY, Kawasaki R, Cheung CY, Hsu W, Lee ML, Lau PQF, Mitchell P, Wang JJ. Correlation and Reproducibility of Retinal Vascular Geometric measurements for Stereoscopic Retinal Images of the Same Eyes. Ophthalmic Epidemiology. 2012; 19:322-327.
  19. Wickremasinghe SS, Xie J, Guymer RH, Wong TY, Kawasaki R, Qureshi S. Retinal vascular changes following intravitreal renibizumab injections for neovascular AMD over a 1-year period. Eye 2012;26:958-966.
  20. Hao H, Sasongko MB, Wong TY, Che Azemin MZ, Aliahmad B, Hodgson L, Kawasaki R, Cheung CY, Wang JJ, Kumar DK. Does Retinal Vascular Geometry Vary with Cardiac Cycle? Invest Ophthalmol Vis Sci. 2012;53:5799-5805.
  21. Bhuiyan A, Kawasaki R, Lamoureux E, Wong TY, Ramamohanarao K. Retinal Vascular Features for Cardiovascular Disease Prediction: A Review. Recent Patents on Computer Science 2010;3:164-175.
  22. Bhuiyan A, Nath B, Ramamohanarao K, Kawasaki R, Wong TY. Automated Analysis of Retinal Vascular Tortuosity on Color Retinal Images. Journal of Medical Systems 2012;36:689-697.
  23. Fenwick E, Rees G, Pesudovs K, Dirani M, Kawasaki R, Wong TY, Lamoureux E. Social and emotional impact of diabetic retinopathy: a review. Clin Experiment Ophthalmol. 2012;40:27-38.
  24. Sasongko MB, Wong TY, Nguyen TT, Kawasaki R, Jenkins AJ, Shaw J, Robinson C, Wang JJ. Serum apolipoproteins are associated with systemic and retinal microvascular function in people with diabetes. Diabetes 2012;61:1785-1792.
  25. Che Azemin MZ, Kumar DK, Wong TY, Wang JJ, Mitchell P, Kawasaki R, Wu H. Age-related rarefaction in the fractal dimension of retinal vessel. Neurobiology of Aging 2012;33:194.e1-4.
  26. Cheung CM, Tai ES, Kawasaki R, Tay WT, Lee JL, Hamzah H, Wong TY. Prevalence of and risk factors for age-related macular degeneration in a multiethnic Asian cohort. Arch Ophthalmol 2012;130:480-6.
  27. Sone H, Tanaka S, Tanaka S, Iimuro S, Ishibashi S, Oikawa S, Shimano H, Katayama S, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N; Japan Diabetes Complications Study Group (Includes Kawasaki R). Comparison of various lipid variables as predictors of coronary heart disease in Japanese men and women with type 2 diabetes: subanalysis of the Japan Diabetes Complications Study. Diabetes Care 2012;35:1150-7.
  28. Wickremasinghe SS, Guymer RH, Wong TY, Kawasaki R, Wong W, Quresh S. Retinal Venular Calibre Dilatation after Intravitreal Ranibizumab Treatment for Neovascular Age-related Macular Degeneration. Clinical & Experimental Ophthalmology 2012;40:59-66.
  29. Yau JWY, Rogers SL, Kawasaki R, Lamoureux EL, Kowalski JW, Bek T, Chen SJ, Dekker JM, Fletcher A, Grauslund J, Haffner S, Hamman RF, Ikram MK, Kayama T, Klein BEK, Klein R, Krishnaiah S, Mayurasakorn K, O’Hare JP, Orchard TJ, Porta M, Mohan R, Roy MS, Sharma T, Shaw J, Taylor H, Tielsch JM, Varma R, Wang JJ, Wang N, West S, Xu L, Yasuda M, Zhang X, Mitchell P, Wong TY, for the Meta-Analysis for Eye Disease (META-EYE) Study Group. Global Prevalence and Major Risk Factors of Diabetic Retinopathy. Diabetes Care 2012; 35:556-64
  30. Kaneko Y, Rao NA. Mitochondrial oxidative stress initiates visual loss. Jpn J Ophthalmol. 2012; 56: 191-7.
  31. Kaneko Y, Wu GS, Saraswathy S, Vasconcelos-Santos DV, Rao NA. Immunopathologic Processes in Sympathetic Ophthalmia as Signified by MicroRNA Profiling. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2012; 53: 4197-204.
  32. Goto NS, Yamamoto T, Kirii E, Abe S, Yamashita H: Treatment of diffuse diabetic macular oedema usiong steroid eye drops. Acta Ophthalmol 2012; 90: 628-632
  33. Haneda S, Kanno M, Sato M, Oonuma I, Yamashita H. A case of Myopic Strabismus Fixus with Increased Intraocular Pressure. Update on Strabismology 11; 497-501.
  34. 難波広幸,成味真梨,山下英俊. 角膜潰瘍および角膜穿孔病態の臨床的検討. 臨眼. 2012; 66:807-811.
  35. 三浦 瞳,羽根田思音,菅野 彰,山下英俊 縫合可能であった外傷性下直筋断裂の幼児の1例 あたらしい眼科:29巻5号2012年
  36. 武田祐介、山下英俊:劇症型サイトメガロウイルス網膜炎を発症しガンシクロビル全身投与で良好な視力を得た小児の1例。あたらしい眼科29: 697-699,2012.
  37. 山下英俊、川崎良、阿部さち、田中司朗、田中佐智子、大橋靖雄:日本人2型糖尿病患者における生活習慣介入の長期予後効果並びに死亡率とその危険因子に関する前向き研究(JDCStudy)。網膜症経過観察プログラムについての報告書。平成23年度厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業)。p26-29, 2012.
  38. 本間 慶,後藤早紀子,望月典子,山下英俊:ステロイド点眼液により結核性ぶどう膜炎を治療した1例.臨床眼科 in press
  39. 髙宮美智子 羊膜移植について。米沢市立病院医学雑誌31:19-21,2011(発刊2012年7月).

(2) 総説

  1. 望月典子,山下英俊:糖尿病網膜症の外科的治療.日本臨床 2012;70(5):364-368
  2. 永沢倫,山下英俊:内科医のための眼病変の知識 全身性疾患に見られる眼病変 ①糖尿病.日本医事新報.日本医事新報社;2012; 65-68
  3. 永沢倫,山下英俊:糖尿病網膜症と脂質代謝異常の関連.Diabetes Journal 糖尿病と代謝.協和企画;2012;40:45-48
  4. 山下英俊,後藤早紀子:糖尿病網膜症:治療の進歩。Medical Science Digest 38(8)、2012;16-19
  5. 後藤早紀子,山下英俊:糖尿病網膜症の治療戦略。Bio Clinica 2012;11月号
  6. 後藤早紀子,山下英俊:糖尿病黄斑浮腫の薬物治療。あたらしい眼科 2012; 臨時増刊号
  7. 本間慶、山下英俊:舟形町研究.Visual 糖尿病臨床のすべて.中山書店:2012:12-16
  8. 本間慶、山下英俊:非糖尿病症例における網膜症.眼科医の手引き.日本の眼科 2012;83(4): 483-484

(3) 著書

  1. Kawasaki R, Wong TY. Retinal Vascular Imaging for Cardiovascular Risk Prediction. Ed. Yogesan K, Goldschmidt L, Cuadros J. Digital teleretinal Screening. Part 1, Pages 77-89. Springer Berlin Heidelberg, 2012. [ISBN 978-3-642-25810-7]
  2. 高村 浩:2 眼瞼 眼瞼良性腫瘍.専門医のための眼科診療クオリファイ 10 眼付属器疾患とその病理,大鹿哲郎,大橋裕一シリーズ総編集,野田実香編,中山書店,東京,107-116,2012
  3. 後藤早紀子、山下英俊:網膜症の成因・病態生理・診断 オーバービュー.ヴィジュアル糖尿病臨床のすべて 糖尿病網膜症のすべて(荒木栄一編集主幹),中山書店,東京,2012: p18-21
  4. 後藤早紀子、山下英俊:糖尿病網膜症.内科学,西村書店,新潟,2012:1085-1087
  5. 望月典子,山下英俊:糖尿病網膜症の病態とその病期について教えてください.循環器医から寄せられる「糖尿病と血管合併症」に関する100の質問(第1版、小室一成、山岸昌一編)メディカルビュー社,2012:64-65
  6. 羽根田思音:先天代謝異常と眼疾患. 子どもの眼と疾患. 眼科診療クオリファイ. 中山書店. 中山書店; 2012. 214-219.

(4) その他

  1. 後藤早紀子:点眼治療による糖尿病黄斑浮腫のステロイド治療(プロシーディング).眼薬理 26:61-62, 2012

2.学会報告

(1) 国際学会

ⅰ 特別講演

ⅱ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

  1. Hidetoshi Yamashita: Pathophysiology and treatment of diabetic retinopathy. Symposium ‘Diabetic Microvascular Complications’ 9th International Diabetes Federation Western Pacific Region Congress. Kyoto 2012. 11.24-27.
  2. Kawasaki R. Screening for Diabetic Retinopathy: Should now be routinely performed in Asian countries? Controversial issues in ocular epidemiology in Asia. The 27th Asia Pacific Academy of Ophthalmology Congress 2012, April 13-16, Busan, Korea
  3. Nishitsuka K, Yamashita H: Efficacy of ophthalmic endoscope for vitrectomy in cases with corneal opacity. 108th Annual Meeting of The Korean Ophthalmological Society, Korea: November 2012

ⅲ 一般演題 

  1. Kawasaki R, Nagano E, Uno M, Okada M, Kitamura A. Discrepancy in retinal arteriovenous Ratio between eyes as a risk of branch retinal vein occlusion. ARVO Annual Meeting Fort Lauderdale FL, USA, May 2012.
  2. Sugano A, Tanabe Y, Saito K, Homma K, Kawasaki R, Kato T, Kayama T, Yamashita H. 5-year changes in refractive error in the Funagata Study, Japan. ARVO Annual Meeting Fort Lauderdale FL, USA, May 2012.
  3. Ding J, Ikram KM, Xie J, Klein R, Klein B, Cotch MF, Wang JJ, Mitchell P, Witteman J, Vingerling J, Shaw JS, Yamashita H, Kato T, Kawasaki R, Sharrett AR, Wong TY. Retinal vessel caliber asnd risk of hypertension: a systematic review and individual partcitipant meta-analysis. ARVO Annual Meeting Fort Lauderdale FL, USA, May 2012.
  4. Sasaki M, Kawasaki R, Wong TY, Tsubota K, Ozawa Y. Associations between early signs of age-related macular degeneration (AMD) and the second eye involvement in patients with unilateral AMD. ARVO Annual Meeting Fort Lauderdale FL, USA, May 2012.
  5. Xie J, Selvarajah S, Kawasaki R, Nicolaou TE, Sanmugasundram S, Wang JJ, Wong TY, Lamoureux E. How much does glycated hemoglobin A1c explain the risk of diabetic retinopathy in persons with type 2 diabetes? The Diabetes Management Project (DMP). ARVO Annual Meeting Fort Lauderdale FL, USA, May 2012.
  6. Daien V, Kawasaki R, Villain M, Ribstein J, Du Cailar G, Mimran A, Fesler P. Decrease in Retinal Vascular Cliber is Associated with a Lower Renal Function in Normotensive and Treatment-Naïve Hypertensive Subjects. ARVO Annual Meeting Fort Lauderdale FL, USA, May 2012.
  7. Lamoureux EL, Sasongko MB, Blyth N, Wang JJ, Maclsaac R, Kawasaki R, Wong TY. The Relationship of Diabetic Nephropathy to Retinopathy and Macular Edema in Type 2 Diabetes: The Diabetes Management Project. ARVO Annual Meeting Fort Lauderdale FL, USA, May 2012.
  8. Yanagi M, Abbott RD, Takahashi I, Kawasaki R, Yokoyama T, Fujiwara S, Akahoshi M, Neriishi K, Wang JJ, Kiuchi Y. Association between retinal vessel diameter and smoking: Findings from atomic bomb survivors in Hiroshima and Nagasaki, Japan. The 27th Annual Congress of the Asian Pacific Academy of Ophthalmology APAO/SOE Busan 2012
  9. Nishitsuka K, Yamashita H: Minimally invasive scleral fixation of the intraocular lens using suture thread inserter combined with 25-Gauge vitrectomy. The 8th International Symposium of Ophthalmology, HongKong: December 2012
  10. Nishitsuka K, Yamashita H: Penetrating keratoplasty combined with pars plana vitrectomy assisted with 23-gauge ophthalmic endoscope. 25TH INTERNATIONAL CONGRESS OF GERMAN OPHTHALMIC SURGEONS, Germany: June 2012
  11. Nishitsuka K, Narumi M, Suzuki T, Yamakawa M, Yamashita H: Roles of macrophages and dendritic cells in pathogenesis of vitreoretinal diseases 85st The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual meeting, Fort Lauderdale, USA; May 2012
  12. Nishitsuka K, Yamashita H: combined penetrating keratoplasty and pars plana vitrectomy assisted with 23-guage ophthalmic endoscope: a case report. The 27th APAO Congress – Joint Meeting of APAO/SOE,Busan;April 2012
  13. Nishitsuka K, Yamashita H  Segmental Scleral Buckling For Rhegmatogenous Retinal Detachment After Cataract Surgery With Multifocal IOL Implantation: A Case Repor  The 3rd World Congress on Controversies in Ophthalmology  23 March 2012  Istanbul, Turkey
  14. Kaneko Y, Saraswathy S, Smith RE, Rao NA. Oxidative Strees and Protective Proteins in Fuchs Endothelial Corneal Dystrophy. The Association for Research in Vision and Ophthalmology, Fort Lauderdale, Fla. May 10, 2012.
  15. Miura H, Haneda S, Sugano A, Hidetoshi Y:A infant case of traumatic laceration of inferior rectus muscle.World Opthalmology Congress, Abu Dhabi, Feb 2012
  16. Sachi Abe, Teiko Yamamoto, Sakiko Goto, Eriko Kirii, Katsuhiro Nishi, Hidetoshi Yamashita: Choice of treatment modalities for diabetic macular edema using three-dimensional optical coherence tomography imaging. 12TH European Society of Retina Specialists(EURETINA)Congress. Milan Italy, 2012 September
  17. Narumi M, Kashiwagi Y, Namba H, Nishitsuka K, Konno K, Takamura H, Yamakawa M, Yamashita H.: Activin A induces dendritic cells (DCs) migration in corneal infection .,ARVO2012 annual meeting, Fort Lauderdale, May,2012
  18. Narumi M, Kashiwagi Y, Namba H, Nishitsuka K, Konno N, Takamura H, Yamakawa M, Yamashita H.: Neovascularization and expression of Activin A induce dendritic cells migration in corneal infection. DC2012, Daegu Korea, October, 2012
  19. Haneda,S Sato, M Oonuma I, Yamashita H. Intraocular pressures change after Yokoyama procedure in patients with myopic strabismus fixus. World Ophthalmology Congress 2012. Abu Dhabi; Feb

(2) 国内の学会

ⅰ 特別講演

  1. 山下英俊:網膜血管疾患における眼底観察の臨床的意義。第29回日本眼循環学会特別講演。秋田市(吉本弘志先生)2012年7月27-28日

ⅱ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

  1. 山下英俊、後藤早紀子、阿部さち、川崎良:教育セミナー「糖尿病診療と糖尿病網膜症」。第27回糖尿病合併症学会、第18回糖尿病眼学会 2012年11月2-3日。福岡市(梅田文夫会長、石田均会長)
  2. 山下英俊:日本人2型糖尿病に合併する網膜症の発症と進展に影響を与える因子。シンポジウム1「糖尿病の病態と合併症のクロストーク」。第27回糖尿病合併症学会、第18回糖尿病眼学会 2012年11月2-3日。福岡市(梅田文夫会長、石田均会長)
  3. 山下英俊:数字力(インストラクションコース)第66回日本臨床眼科学会。2012年10月25-28日。京都市(吉村長久京都大学教授)
  4. 渡辺彰英,高村 浩(教育セミナー・オーガナイザー):教育セミナー24 眼付属器 腫瘍の手術に必要な知識と技術.第35回日本眼科手術学会 2012年1月29日 名古屋市
  5. 高村 浩(教育セミナー講演):眼瞼腫瘍の診断のポイント.教育セミナー24 眼付属器腫瘍の手術に必要な知識と技術.第35回日本眼科手術学会 2012年1月29日 名古屋市
  6. 高村 浩,鈴木茂伸(教育セミナー・オーガナイザー):教育セミナー10 眼窩炎症性疾患とIgG4関連疾患.第116回日本眼科学会総会 2012年4月7日 東京
  7. 高村 浩(教育講演):眼腫瘍.教育セミナー3 眼科専門医志向者トレーニングコース.第116回日本眼科学会総会 2012年4月5日 東京
  8. 高村 浩,後藤 浩(シンポジウム・オーガナイザー):シンポジウム12:眼瞼腫瘍の新知見.第66回日本臨床眼科学会 2012年10月26日 京都

ⅲ 一般演題

  1. 川崎良 糖尿病網膜症の国際共同メタ研究:観察的疫学研究 第18回日本糖尿病眼学会11月福岡2012
  2. 川崎良 日本糖尿病眼学会学術奨励福田賞受賞講演 2型糖尿病患者における糖尿病網膜症の発症と進展の危険JDCS8年次追跡結果より 第18回日本糖尿病眼学会11月2012
  3. 川崎良 臨床眼科学会インストラクションコース みんなで学ぼう最新糖尿病網膜症 アップデートと症例検討会 疫学 第66回臨床眼科学会総会 10月 京都 2012
  4. 川崎良 臨床眼科学会インストラクションコース 数字力講座中級編 第一種過誤と第二種過誤 第66回臨床眼科学会総会 10月 京都 2012
  5. 川崎良、永野 英子、宇野 充子、岡田 睦美、北村明彦. 網膜中心静脈分枝閉塞症の発症予測に関わる網膜血管変化. 第 112 回日本眼科学会総会、東京; 2012 年 4 月
  6. 柳昌秀, Abbott RD, 高橋郁乃, 川崎良, 板倉勝昌, 藤原佐枝子, 赤星正純, 錬石和男, Wang JJ, Wong TY, 木内良明. 広島、長崎の原爆被爆者における網膜血管径と喫煙の関連. 第112 回日本眼科学会総会、東京; 2012 年 4 月
  7. 佐々木真理子, 川崎良, 篠田肇, 厚東隆志, 内田敦郎, 坪田一男, 小沢洋子. 加齢黄斑変性患者の僚眼における発症危険因子の解析. 第 112 回日本眼科学会総会、東京; 2012 年 4月
  8. 西塚弘一、武田祐介、本間慶、難波広幸、山下英俊:前眼部透見不良所見を伴った眼内炎に対する眼内視鏡下早期硝子体手術 第66回日本臨床眼科学会総会, 京都;2012年10月
  9. 西塚弘一、成味真理、鈴木俊紀、山川光徳、山下英俊:網膜硝子体疾患病態におけるマクロファージ/樹状細胞の役割 第116回日本眼科学会総会,東京;2012年4月
  10. 難波広幸、成味真梨、菅野彰、小林健太郎、松永純、鈴木民夫、加藤智也、大竹浩也、山川光徳、山下英俊:春季カタル様の結膜巨大乳頭を呈した尋常性天疱瘡症例の臨床像と病理学的検討. 第36回日本角膜学会総会, 東京;2012年2月
  11. 難波広幸,成味真梨,後藤早紀子,羽根田思音,山下英俊:巾着状縫合羊膜スタッフの角膜穿孔に対する有用性.第66回日本臨床眼科学会総会,京都;2012年10月
  12. 後藤早紀子,山本禎子,阿部さち,西勝弘,桐井枝里子,山下英俊:糖尿病黄斑浮腫に対するステロイド点眼治療の長期経過。第66回日本臨床眼科学会,京都;2012年10月
  13. 阿部さち、今野伸弥、武田祐介、山下英俊:側頭動脈炎が原因と考えられた虚血性視神経症において視機能に日内変動を示した一例。第66回日本臨床眼科学会,京都;2012年10月
  14. 髙宮美智子、佐藤憲夫:治療に苦慮した深層結膜下異物の一例。第66回日本臨床眼科学会、京都;2012年10月
  15. 成味真梨、難波広幸、大江倫太郎、岩場晶子、山川光徳、山下英俊:隆起性に増殖し、角膜穿孔を起こした角膜糸状菌感染症の1例.角膜カンファレンス2012(第36回日本角膜学会総会)、東京;2012年2月
  16. 成味真梨、柏木佳子、西塚弘一、難波広幸、今野伸弥、高村 浩、鈴木一志、山川光徳、山下 俊:ヒト角膜感染症におけるActivin A発現と樹状細胞遊走.第116回日本眼科学会総会、東京;2012年4月
  17. 羽根田思音、佐藤美保、山﨑舞、菅野彰、三浦瞳、山下英俊. 上外直筋連合術(横山法)を施行した固定内斜視症例の眼圧変化. 第68回日本弱視斜視学会. 名古屋; 7月
  18. 羽根田思音、菅野彰、三浦瞳、後藤早紀子、西塚弘一、山下英俊. 磁気共鳴画像により診断できた後部円錐水晶体の小児の一例. 臨床眼科学会. 京都; 10月

(3) 研究会

ⅰ 特別講演

  1. 山下英俊:糖尿病網膜症の治療戦略と糖尿病治療。第144回和歌山眼科学会特別講演。和歌山市(雑賀司珠也教授)2012年4月22日
  2. 高村 浩(特別講演):眼腫瘍の診療.沖縄眼研究フロンティア 2012年1月21日 那覇市
  3. 高村 浩(特別講演):眼腫瘍の診療.第18回置賜眼科研究会2012年3月23日 米沢市
  4. 高村 浩(特別講演):眼腫瘍の診療.第6回四国Eyeランドセミナー 2012年5月26日 高松市
  5. 難波広幸:ドライアイ病態研究と山形大の取り組み.第二回山形アイフォーラム,山形;2012年9月

ⅱ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

  1. 今野伸弥:眼科領域の放射線治療. 第96回山形眼科研究会,山形;2012年3月
  2. 本間慶:ぶどう膜炎の診察、第98回山形眼科研究会、山形、2012年7月
  3. 今野伸弥:緑内障. 第7回東北6大学眼科Step upセミナー,仙台;2012年9月
  4. 望月典子:ぶどう膜炎.第7回東北6大学眼科STEP UPセミナー,仙台;2012年9月
  5. 本間慶、ぶどう膜炎ケーススタディー、第7回東北6大学眼科Step Upセミナー,仙台; 2012年9月
  6. 金子 優 Los Angeles研究留学記. 第99回山形眼科研究会 2012年9月20日 山形

ⅲ 一般演題

  1. 山下英俊:糖尿病網膜症診療の戦略。第18回近畿眼科先進医療研究会 2012年2月29日。大阪府近畿大学(下村嘉一教授)
  2. 山下英俊:糖尿病黄斑浮腫と網膜静脈分枝閉塞症の治療。第39回京都眼科フォーラム 2012年2月4日。京都(木下茂教授、吉村長久教授)
  3. 山下英俊、後藤早紀子、阿部さち:糖尿病網膜症の治療。第46回糖尿病学の進歩。盛岡市(佐藤譲 岩手医科大学内科教授) 2012年3月2、3日
  4. 山下英俊:疫学を基礎とした眼科学の展開。「学問のすすめ」第8回講演会。新潟市(安藤伸朗先生)2012年9月15日
  5. 川崎良 過去5年間の論文数に見る​AMDとPCVの区別に関する​「数の論理」と「場の空気」 第2回黄斑疾患個別化医療研究会 東京 4月 2012
  6. 高村 浩(症例発表):増殖糖尿病網膜症の一例.第3回置賜内科眼科糖尿病カンファランス 2012年9月25日 米沢市
  7. 高村 浩,松下知弘,高橋知美:無治療で経過を観察した転移性眼窩腫瘍と考えられた1例.第27回日本眼窩疾患シンポジウム 2012年11月3日 山形市
  8. 今野伸弥、高村浩、山下英俊:眼窩腺癌の治療. 第95回山形眼科研究会,山形;2012年2月
  9. 望月典子,山本禎子,西塚弘一,江内田寛,石橋達朗,山下英俊:特発性黄斑円孔手術における内境界膜剥離アジュバント3種の比較.第97回山形眼科研究会,山形;2012年5月 
  10. 西塚弘一、成味真梨、今野伸弥、山下英俊:眼窩脂肪ヘルニアを合併した網膜剥離の治療経験.第96回山形県眼科研究会:2012年4月
  11. 難波広幸:角膜穿孔に対して羊膜移植を試行した3例.第96回山形眼科研究会,山形;2012年2月
  12. 難波広幸:角膜ヘルペスの症例の検討.第99回山形眼科研究会,山形;2012年9月
  13. 難波広幸,成味真梨,山下英俊: 山形大学における角膜潰瘍及び穿孔症例の検討.山形県眼科医会集談会,山形:2012年10月
  14. 後藤早紀子、山本禎子、桐井枝里子、阿部さち、山下英俊:糖尿病黄斑浮腫に対するステロイド点眼治療.第98回山形眼科研究会,山形:2012年7月
  15. 髙宮美智子、佐藤憲夫 米沢市立病院 眼科、レクトミー術後に駆逐性出血を発症した症例、第19回置賜眼科研究会、米沢市、平成24年9月15日
  16. 髙宮美智子、佐藤憲夫 米沢市立病院 眼科、佐野隆一、さの医院、ガス壊疽で糖尿病と診断された症例、第3回置賜内科眼科糖尿病カンファレンス、米沢市、平成24年9月25日
  17. 本間慶、ステロイド点眼液により網膜血管炎を治療した症例、第97回山形眼科研究会、山形、2012年5月
  18. 西勝弘,本間慶,山下英俊:診断に光干渉断層像が有用であった後部強膜炎の一例.第99回山形眼科研究会,山形:2012年9月
  19. 桐井枝里子,山本禎子,三浦瞳,武田祐介,山下英俊:網膜静脈閉塞症に対する抗VEGF薬硝子体内投与の短期予後.第98回山形眼科研究会,山形市;2012年7月

(5) その他

  1. 西塚弘一:網膜硝子体疾患の臨床.参天製薬社内講習会:2012年7月
  2. 西塚弘一:IOL選択の理由.HOYA ORT勉強会:2012年12月
  3. 難波広幸:角膜移植とアイバンク.天童中央ライオンズクラブ例会,天童;2012年2月
  4. 難波広幸:ドライアイとレバミピド点眼液.大塚製薬社内勉強会,山形;2012年3月
  5. 難波広幸:献眼移植の最新事情について~輸入角膜と再生医療~.山形中央ライオンズクラブ例会,山形;2012年9月
  6. 難波広幸:身近な目の病気.さがえ健康づくり教室,寒河江;2012年10月
  7. 難波広幸:今そこにある目の危機 ~身近な眼の病気と角膜移植~.山形県アイバンク講演会,山形;2012年11月
  8. 難波広幸:眼の健康教室.山形学院高等学校講義,山形;2012年12月
  9. 難波広幸:眼の健康教室.鶴岡東高等学校講義,山形;2012年12月

3. 学会、講演会、シンポジウム、ワークショップ等の開催

第20回 山形DM meeting,山形市;2012年1月

第95回 山形眼科研究会,山形市;2012年2月

第10回 山形アレルギー研究会,山形市;2012年3月

第96回 山形眼科研究会 ,山形市;2012年3月

第13回 山形Eye Disease研究会,山形市2012年5月

第97回 山形眼科研究会,山形市;2012年5月

第10回 山形緑内障セミナー,山形市;2012年6月

第5回 山形Visual Science研究会,山形市;2012年7月

第24回 山形先進医療研究会,山形市;2012年7月

第98回 山形眼科研究会,山形市;2012年7月

第21回 山形DM meeting,山形市;2012年7月

第99回 山形眼科研究会,山形市;2012年9月

第14回 山形eye disease 勉強会,山形市;2011年11月

第100回山形眼科研究会,山形市;2012年11月

第2回山形眼科フォーラム,山形市;2012年11月

1.論文

(1) 原著

1) Kawasaki R, Tanaka S, Tanaka S, Yamamoto T, Sone H, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Yamashita H, for the Japan Diabetes Complications Study Group: Incidence and progression of diabetic retinopathy in Japanese adult with type 2 diabetes: 8-year follow-up study of the Japan Diabetes Complications Study (JDCS) Diabetologia 2011;54:2288-2294

2) Koizumi H, Yamagishi T, Yamazaki T, Kawasaki R, Kinoshita S. Subfoveal Choroidal Thickness in Typical Age-Related Macular Degeneration and Polypoidal Choroidal Vasculopathy. Graefe's Archive for Clinical and Experimental Ophthalmology 2011; 249: 1123-1128

3) Kawasaki R, Wang JJ, Islam FMA, Rochtchina E, Aung T, Saw SM, Mitchell P, Wong TY. Is bilateral age-related macular degeneration less common in Asians than Caucasians? Ophthalmic Epidemiology 2011;18:253-8.

4) Kawasaki R, Che Azemin MZ, Kumar DK, Tan AG, Liew G, Wong TY, Mitchell P, Wang JJ. Fractal Dimension of the Retinal Vasculature and Risk of Stroke: A Nested Case-control study. Neurology 2011;75:1766-1767.

5) Kawasaki R, Cheung N, Islam FM, Klein R, Klein BE, Cotch MF, Sharrett AR, O’Leary D, Wong TY, Multi-Ethnic Study of Atherosclerosis. Is Diabetic Retinopathy Related to Subclinical Cardiovascular Disease? Ophthalmology 2011;118:860-865.

6) Yau JWY, Xie J, Kawasaki R, Kramer H, Shlipak M, Klein R, Klein BEK, Cotch MF, Wong TY. Retinal arteriolar narrowing and subsequent development of CKD Stage 3: The Multi-Ethnic Study of Atherosclerosis. American Journal of Kidney Diseases 2011;58:39-46.

7) Ooi QL, Tow FK, Deva R, Alias MA, Kawasaki R, Wong TY, Mohamad N, Colville D, Hutchinson A, Savige J. The Microvasculature in Chronic Kidney Disease. Clin J Am Soc Nephrol. 2011;6:1872-8.

8) Hiratsuka Y, Yamada M, Murakami A, Okada AA, Yamashita H, Ohashi Y, Yamagishi N, Tamura H, Fukuhara S, Takura T; Eye Care Comparative Effectiveness Research Team (ECCERT) Cost-effectiveness of cataract surgery in Japan. Jpn J Ophthalmol 2011;55:333-342

9) Nishitsuka K, Kawasaki R, Kanno M, Tanabe Y, Saito K, Honma K, Oizumi T, Daimon M, Kato T, Kayama T, Yamashita H. for the Funagata Study. Determinants and risk factors for central corneal thickness in Japanese persons: the Funagata Study. Ophthalmic Epidemiology 2011;18:244-249

10) Kashiwagi Y, Nishitsuka K, Yamamoto T, Takamura H, Yamashita H: Hyaluronan production and hyaluronan synthase expression in three human conjunctiva-derived cell strains. Jpn J Ophthalmol 2011;55:660-669

11) Saito K, Nagao Y, Yamashita H, Kawasaki R.:Screening for retinal vessel caliber and its association with metabolic syndrome in Japanese adults. Metabolic Syndrome and Related Disorders 2011; 9 :427-432

12) Che Azemin MZ, Kumar DK, Wong TY, Kawasaki R, Mitchell P, Wang JJ. Robust Methodology for Fractal Analysis of the Retinal Vasculature. Transactions on Medical Imaging IEEE 2011;30:243-250.

13) Fenwick EK, Pesudovs K, Rees G, Dirani M, Kawasaki R, Wong TY, Lamoureux EL. The Impact of Diabetic Retinopathy: Understanding the Patient’s perspective. Br J Ophthalmol 2011;95:774-782.

14) Yanagi M, Kawasaki R, Wang JJ, Wong TY, Crowston J, Kiuchi Y. Vascular risk factors in Glaucoma. Clinical and Experimental Ophthalmology 2011;39:252-258.

15) Ng C, Cheung N, Wang JJ, Isalm FMA, Kawasaki R, Meuer SM, Cotch MF, Klein BEK, Klein R, Wong TY. Prevalence and Risk Factors for Epiretinal Membranes in a Multi-Ethnic United States Population. Ophthalmology 2011;118:694-699.

16) Van Doornum S, Strickland G, Kawasaki R, Xie J, Wicks IP, Hodgson LAB, Wong TY. Retinal Vascular Caliber is Altered in Patients with Rheumatoid Arthritis: A Biomarker of Disease Activity and Cardiovascular Risk? Rheumatology 2011;50:939-943.

17) Nguyen TT, Shaw J, Robinson C, Kawasaki R, Wang JJ, Kreis AJ, Wong TY. Diabetic Retinopathy is related to both Endothelium dependent and independent responses of Skin Microvascular Flow. Diabetes Care 2011;34:1389-1393.

18) Sosangko MB, Wong TY, Nguyen TT, Kawasaki R, Jenkins A, Shaw J, Wang JJ. Serum apolipoprotein AI and B are stronger biomarkers of diabetic retinopathy than traditional lipids. Diabetes Care 2011;34:474-479.

19) 坂本泰二、石橋達朗、小椋祐一郎、白神史雄、竹内忍、山下英俊、日本網膜硝子体学会トリアムシノロン調査グループ:トリアムシノロンによる無菌性眼内炎調査.日眼会誌2011;115(6):523-528

20) 神尾聡美、山本禎子、三浦瞳、桐井枝里子、山下英俊 網膜静脈分枝閉塞症に対する硝子体手術およびトリアムシノロン硝子体内投与の短期効果についての検討.あたらしい眼科2011;28(2)287-292

21) 望月典子,山本禎子,西塚弘一,山下英俊:特発性黄斑円孔手術後の腹臥位時間短縮の試み.臨床眼科 2011;65:97-101

22) 桐井枝里子, 山本禎子, 三浦瞳, 神尾聡美, 後藤早紀子, 山下英俊 : 網膜静脈分枝閉塞症における硝子体手術の長期効果. 臨床眼科2011;65(10):1695-1702

23) 高橋真紀子,内藤知子,溝上志朗,菅野誠,鈴村弘隆,吉川啓司:緑内障点眼薬使用状況のアンケート調査“第一報”. あたらしい眼科 2011;28(8):1166-1171

24) 髙宮美智子,佐藤憲夫:臨床所見よりアカントアメーバ角膜炎が疑われた9症例の治療経過.眼科臨床紀要 2011;4(1):5-8

25) 西勝弘、刑部光正、伊関憲:急性冠症候群と考える院外心肺停止の1剖検例.山形医学 2011;29(2):71-76

26) 妻沼 到、井上 明、熊谷 孝、菅井 努、温 城太郎、武田 憲夫、渡辺 真史、田邉 祐資:乳児虐待による硬膜下血腫症例の経験.山形県病医誌.2011; 45:149-153

(2) 総説

1) 山下英俊:山形大学医学部と地域医療―人材育成の場としての地域医療.日本医事新報 2011 No.4527 1

2) 山下英俊、山本禎子、川崎良、佐藤浩章、佐藤さくら、斉藤公子、後藤早紀子、望月典子、田邉祐資、桐井枝里子、阿部さち、本間慶、嘉山孝正:糖尿病網膜症診療の戦略。臨床眼科 2011; 65(7):1027-1041

3) 曽根博仁、川崎良、山下英俊:糖尿病網膜症への内科的アプローチ。Practice 2011;22:575-584

4) 菅野誠:レーザー手術後の管理:眼科手術 2011;24:128-133

5) 望月典子,山下英俊:糖尿病網膜症の病期分類.Diabetes Frontier 2011; 22:362-366

6) 望月典子,山下英俊:糖尿病網膜症の疫学,病期・重症度分類,診断の現況と将来展望.プラクティス 2011;28:560-567

7) 後藤早紀子、山下英俊:糖尿病研究の新しい展開2 糖尿病網膜症の病態と分子メカニズム.糖尿病学の進歩 2011;.45;323-326

8) 山本禎子,後藤早紀子:黄斑浮腫の治療戦略,糖尿病黄斑浮腫へのステロイド治療.眼科 2011; 53(7)859-866

9) 本間慶,後藤早紀子,山下英俊:糖尿病診断基準2010 臨床での応用と実際.糖尿病関連病態の診断基準(簡易診断基準も含む)に関する項目 糖尿病網膜症病期分類.糖尿病レクチャー 2011;1(3):611-618

10) 田邉祐資,川崎良,山下英俊:世界の疫学研究のすべて 舟形町研究.あたらしい眼科 2011;28 (1):30-35

(3) 著書

1) 山下英俊:全身疾患診療に役立つ眼科。感覚器(視覚と聴覚)と社会とのつながりーー見る喜び・聞くよろこびーー。日本学術協力財団,2011.26-35

2) 高村 浩:Ⅰ-N-3-5)眼窩の腫瘍.眼科学〈Ⅰ〉.文光堂; 2011.624-646

3) 高村 浩:11 内分泌疾患 副腎疾患,Cushing症候群.全身疾患と眼,専門医のための眼科診療クオリファイ 5.中山書店;2011.182-185

4) 菅野誠:見かけ上の高眼圧を鑑別するには、どのようにすればいいのでしょうか?専門医のための眼科診療クオリファイ3:緑内障診療ガイド 中山書店,2011.205-208 

5) 望月典子,山下英俊:眼の動脈硬化症.高血圧ナビゲーター(第3版、熊谷裕生、小室一成ら編)メディカルビュー社,2011.154-155

6) 三浦瞳、山本禎子、山下英俊:糖尿病網膜症。『最新 すべてがわかる糖尿病 治療 ケア 教育』(門脇孝、真田弘美編集)照林社、2011.191-197

(4) その他

1) 高村 浩:李陵・山月記(中島 敦著).眼科医にすすめる100冊 の本.11 月の推薦図書.あたらしい眼科 2011;28(11):1597-1598

2) 羽根田思音:国内留学を振り返って.同門会会報.浜松医科大学眼科学教室同門会.2011年号.4月

3) 羽根田思音:第11回国際斜視学会印象記.印象記.日本弱視斜視学会報.第47巻特別号.2011年8月

2.学会報告

(1) 国際学会

ⅰ 一般演題

1) Kawasaki R. Diabetic retinopathy in Japan/Asia Asia-ARVO, Singapore, January 2011

2) Kawasaki R. Epidemiology of retinal diseases: Diabetic retinopathy and Age-related macular degeneration, Prevention of Blindness Symposium The 26th Asia Pacific Academy of Ophthalmology Congress, Sydney, March 2011.

3) Kawasaki R. Retinal vascular signs and cardiovascular diseases: New insights into old classics. 41st Annual Congress in Medical Ultrasound, Australian Society for Ultrasounds in Medicine. Melbourne, September 2011.

4) Kawawaki R, Wang JJ, Rochtchina E, Lee A, Wong TY, Mitchell P. Narrower Retinal Vessel Calibre Predicts Incident Glaucoma: The Blue Mountains Eye Study. The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale, USA; May 2011.

5) Yanagi, M., Neriishi, K., Kawasaki, R., Nakashima, N., Fujiwara, S., Akahoshi, M., Takahashi, I., Wang, J.J., Wong, T.Y., Kiuchi, Y. Retinal vascular caliber and estimated radiation dose: Findings from atomic bomb survivors. The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale, USA; May 2011.

6) Cheung GC, Kawasaki R, Tay WT, Tai ES, Lee J, Wong TY.The Prevalence and Risk Factors for Age Related Macular Degeneration in a Multi-ethnic Asian Cohort: The Singapore Prospective Study Program. The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale, USA; May 2011.

7) Thomas GN, Wong TY, Ong SY, Hsu W, Lee ML, Lau QP, Alessi-Calandro J, Hodgson L, Kawasaki R, Cheung CY. The Methodology And Reliability Of Retinal Fractal Dimension Measurement Using A Novel Computer-assisted Method in an Indian Population. The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale, USA; May 2011.

8) Nishitsuka K, Kashiwagi Y, Yamashita H: Effect of Tumor Necrosis Factor-alpha On Hyaluronan Production And Cell Proliferation By Porcine And Human Vitreous Derived Cell Line. 83rd The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale, USA; May,2011.

9) Abe S, Yamamoto T, Goto NS, Kirii E, Kashiwagi Y, Yamashita H: Three-dimensional Imaging and Pathological Findings of Vitreoretinal Interface In Diabetic Macular Edema. 83rd The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale, USA; May, 2011.

10) Kaneko Y, Wu GS, Vasconcelos Santos DV, Saraswathy S, Rao NA. Immunopathologic Process In Sympathetic Ophthalmia As Signified By microRNA Profiling. The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale, USA; May 2011.

11) Sugano A, Tanabe Y, Saito K, Homma K, Kawasaki R, Yamashita H: Distribution And Association of Axial Length and Ocular Biometory in an Adult Japanese Population: The Funagata Study, The Association for Research in Vision and Ophthalmology, Fort Lauderdale, USA; May 2011

12) Haneda S, Yamamoto T, Saito K, Sato S, Takeda Y, Abe S, Yamashita H. Reduced-fluence photodynamic therapy combined with anti VEGF therapy for polypoidal choroidal vasculopathy. Joint congress of SOE/AAO, Geneva, Swiss; June 2011

13) Narumi M, Kashiwagi Y,Nanba H, Konno N, Takamura , Yamakawa M, Yamashita H: The types and distributions of dendritic cells in the human cornea with infection. Joint congress of SOE/AAO, Geneve, Swiss; June 2011

14) Mochizuki N , Yamamoto T, Enaida H, Ishibashi T, Yamashita H:Comparison of Visual Outcome Among 3 Adjuvants for Internal Limiting Membrane Staining After Long-term Follow-up for Idiopathic Macular Hole Surgeries.Association of Amreican Ophthalmology Annual Meeting 2011,Orlando, USA; Oct 2011

15) Abe S, Tanaka S, Yamamoto T, Ohashi Y, Sone H, Yamada N, Yamashita H: Association between the severity of diabetic retinopathy and the incidence of the macovascular diseases onset: 8-year follow-up study of the Japan Diabetes Complications Study (JDCS) Diabetic retinopathy and macrovascular diseases. 4th Annual meeting of the Diabetes and Cardiovascular Disease EASD study Group. Munich, Germany;October 2011,

(2) 国内の学会

ⅰ 特別講演

1) 山下英俊:教育講演・糖尿病による失明を防ぐ!!「糖尿病網膜症の疫学と予防医学の戦略」.第50回日本網膜硝子体学会,東京;2011年12月

ⅱ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1) 高村 浩(教育セミナー講演):眼瞼腫瘍の診断のポイント.教育セミナー9 眼付属器腫瘍の手術に必要な知識と技術.第34回日本眼科手術学会,京都;2011年1月

2) 高村 浩,鈴木茂伸(シンポジウム・オーガナイザー):シンポジウム5:眼部悪性リンパ腫の光と影.第115回日本眼科学会総会,東京;2011年5月

3) 難波広幸(ランチョンセミナー):眼疾患ホットトピックス あなたも知りオネア!4.スリーサム2011京都,京都;2011年7月

4) 山下英俊(シンポジウム・オーガナイザー):シンポジウムⅡ「がん疾患とステロイド治療」.第31回日本眼薬理学会 島根;2011年9月

5) 後藤早紀子(シンポジウム):点眼治療による糖尿病黄斑浮腫のステロイド治療.第31回日本眼薬理学会 島根;2011年9月

6) 高村 浩,三戸秀哲(シンポジウム・オーガナイザー):シンポジウム8:眼瞼下垂の治療戦略.第65回日本臨床眼科学会,東京;2011年10月

7) 石田晋、山下英俊(シンポジウム・オーガナイザー):シンポジウム16. 糖尿病黄斑浮腫の薬物治療-新たな可能性と問題点.第65回日本臨床眼科学会総会,東京;2011年10月

8) 平塚義宗、小野浩一、川崎良、山田昌和、山下英俊(インストラクションコース):眼科医のための「数字力」養成講座2.第65回日本臨床眼科学会総会,東京;2011年10月

9) 川崎良(インストラクションコース): 研究報告の実際.眼科医のための「数字力」養成講座2.第65回日本臨床眼科学会総会,東京;2011年10月

10) 後藤早紀子(専門別研究会): 糖尿病黄斑浮腫の薬物治療. 第65回日本臨床眼科学会総会,東京; 2011年10月

11) 後藤早紀子(シンポジウム): シンポジウム16.糖尿病黄斑浮腫に対するステロイド治療の展望. 第65回日本臨床眼科学会総会,東京;2011年10月

12) 渥美義仁、山下英俊(シンポジウム・オーガナイザー):糖尿病と糖尿病網膜症治療戦略.第50回日本網膜硝子体学会,東京;2011年12月

ⅲ 一般演題

1) 羽根田思音、山本禎子、阿部さち、斉藤公子、佐藤さくら、山下英俊:ポリープ状脈絡膜血管症に対するラニビズマブ併用低照射エネルギー光線力学的療法.第34回日本眼科手術学会総会.京都;2011年1月

2) 西塚弘一、山本禎子、山下英俊:視力予後が良好であった網膜細動脈瘤破裂後の黄斑部出血に合併した黄斑円孔の1例.第34回日本眼科手術学会総会.京都;2011年1月

3) 難波広幸,西塚弘一,桐井枝里子,山下英俊:春季カタルにおける0.1%タクロリムス点眼液治療とステロイド離脱.第35回日本角膜学会総会, 東京;2011年2月

4) 今野伸弥、高村浩、山下英俊:眼科腫瘍における腺癌の検討.第115回日本眼科学会総会,東京;2011年5月

5) 西塚弘一、柏木佳子、山下英俊:ヒト・ブタ硝子体由来細胞におけるTNF-αによるヒアルロナン産生調節と細胞増殖制御.第115回日本眼科学会総会 東京;2011年5月

6) 成味 真梨, 柏木 佳子, 難波 広幸, 今野 伸弥, 高村 浩, 山川 光徳, 山下 英俊:角膜感染症の病態における樹状細胞の組織学的研究. 第115回日本眼科学会総会 東京;2011年5月

7) 高橋真紀子,内藤知子,溝上志朗,菅野誠,鈴村弘隆,吉川啓司:緑内障点眼薬使用状況のアンケート調査“第3報”. 第115回日本眼科学会総会,東京;2011年5月

8) 新垣淑邦、照屋絵厘子、酒井 寛、澤口昭一、菅野 誠、溝上志朗、木内良明:持続性β遮断薬点眼薬の交差比較についての検討. 第115回日本眼科学会総会,東京;2011年5月

9) 高村 浩,今野伸弥,山下英俊:マイトマイシンC点眼治療による結膜悪性腫瘍の局所制御. 第29回日本眼腫瘍学会,福島;2011年6月

10) 田邉祐資、菅野誠、山下英俊:正常眼圧緑内障に対するトラボプロスト、タフルプロスト、ビマトプロストの眼圧下降効果の検討.第22回日本緑内障学会,秋田;2011年9月

11) 望月典子,山本禎子,西塚弘一,江内田寛,石橋達朗,山下英俊:特発性黄斑円孔手術における内境界膜剥離アジュバント3種の長期予後の比較.第65回日本臨床眼科学会総会,福岡;2011年10月

12) 難波広幸,成味真梨,山下英俊:角膜潰瘍及び角膜穿孔病態の臨床的検討.第65回日本臨床眼科学会総会,東京;2011年10月

13) 阿部さち、山本禎子、後藤早紀子、桐井枝里子、西勝弘、山下英俊:3次元的画像解析を用いた糖尿病黄斑浮腫の治療適応の検討.65回日本臨床眼科学会総会,東京;2011年10月

14) 武田祐介、西勝弘、成味真梨、山崎舞、本間慶、三浦瞳、桐井枝里子、後藤早紀子、山本禎子、山下英俊:網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するステロイド点眼の繰り返し治療の可能性.第65回日本臨床眼科学会総会,東京;2011年10月

15) 西勝弘、後藤早紀子、西塚弘一、望月典子、武田祐介、阿部さち、山本禎子、山下英俊:増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術成績の検討.第65回日本臨床眼科学会総会、東京;2011年10月

16) 山崎舞、桐井枝里子、武田祐介、三浦瞳、望月典子、西塚弘一、山下英俊:半側網膜静脈閉塞症の経過中に、網膜分離症様所見を呈した一例.第65回日本臨床眼科学会総会,東京;2011年10月

17) 西塚弘一、山下英俊:部分的強膜内陥術で治療した多焦点眼内レンズ挿入眼に合併した裂孔原性網膜剥離の1例.第50回日本網膜硝子体学会,東京;2011年12月

18) 本間慶、望月典子、後藤早紀子、山下英俊:ステロイド点眼液により網膜血管炎を治療した1例.第50回日本網膜硝子体学会.第50回日本網膜硝子体学会,東京;2011年12月

(3) 研究会

ⅰ 特別講演

1) 山下英俊:糖尿病網膜症の治療戦略―予防医学についてー.千寿製薬記念講演会(千寿製薬、静岡県眼科医会).静岡;2011年1月

2) 山下英俊:臨床研修制度の動向について.第12回全国勤務医連絡協議会講演会.東京

3) 山下英俊:糖尿病網膜症診療の戦略.第90回山形眼科研究会,山形;2011年2月

4) 山下英俊、後藤早紀子、阿部さち:糖尿病網膜症の病態と分子メカニズム.第45回糖尿病学の進歩.福岡;2011年2月

5) 山下英俊:網膜血管病変観察の臨床的な意義.サブスペシャリテイーサンデー8:後眼部疾患 網膜硝子体疾患:診断の進歩.第115回日本眼科学会総会,東京;2011年5月

6) 菅野誠:緑内障について.目の健康講座(日本眼科医会),山形;2011年5月 

7) 西塚弘一:知っておきたい網膜・硝子体の病気.目の健康講座(日本眼科医会),山形;2011年5月

8) 山下英俊:糖尿病診療と糖尿病網膜症. 第6回滋賀糖尿病眼合併症カンファレンス. 滋賀;2011年6月

9) 山下英俊:糖尿病診療における糖尿病網膜症.道北糖尿病合併症フォーラム2011.旭川市;2011年7月

10) 山下英俊:糖尿病における網膜症と大血管症.第9回もりおか糖尿病を考える内科・眼科合同懇話会.盛岡市;2011年7月

11) 山下英俊:糖尿病網膜症の病態と治療戦略.第26回東京医科歯科大学.東京;2011年7月

12) 土谷大仁朗:日本海総合病院眼科診療の実際.第4回庄内眼科研究会,鶴岡;2011年8月

13) 羽根田思音:弱視斜視の臨床−山形大学医学部附属病院における−.第4回庄内眼科研究会,鶴岡;2011年8月

ⅱ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1) 難波広幸:角膜ヘルペスの診療.第6回東北6大学眼科Step upセミナー,青森;2011年7月

2) 斉藤公子:眼底検診と全身疾患.第94回山形眼科研究会,山形市;2011年11月

3) 佐藤浩章:最近の硝子体手術の適応と実際.第94回山形眼科研究会,山形市;2011年11月

ⅲ 一般演題

西塚弘一:眼内増殖性疾患の炎症病態における硝子体細胞の役割.第15回 眼科分子生物学研究会,宮崎:2011年1月

阿部さち、後藤早紀子、桐井枝里子、柏木佳子、山下英俊、山本禎子:糖尿病黄斑浮腫の網膜―硝子体界面病態における3次元的画像観察.第90回山形眼科研究会,山形市;2011年2月

髙宮美智子、佐藤憲夫:ルセンティス硝子体内投与で対処できなかった症例.第13回東北黄斑研究会, 仙台市;2011年2月

後藤豊:補液・B12筋注にて視力視野改善のみられた1例.第91回山形眼科研究会,山形市;2011年4月

田邉祐資,佐藤浩章:山形県立中央病院における網膜復位術の1年間の成績.第91回山形眼科研究会,山形市;2011年4月

難波広幸:山形大学におけるドライアイ外来の立ち上げ.第5回箱根ドライアイクラブ,神奈川;2011年6月

西塚弘一,山下英俊:眼内視鏡を利用した硝子体手術.第92回山形眼科研究会,山形市;2011年7月

髙宮美智子、佐藤憲夫:外傷による真菌性角膜潰瘍の一例.第17回置賜眼科研究会,米沢市;2011年7月

髙宮美智子、佐藤憲夫:ろ過胞漏出に対し結膜有茎弁移植術を行った症例.第17回置賜眼科研究会,米沢市;2011年7月

髙宮美智子、佐藤憲夫:無治療糖尿病患者に見られた網膜症.第2回置賜内科眼科カンファランス,米沢市;2011年9月

高村 浩,今野伸弥,山下英俊:両眼瞼にみられた巨大な黄色腫の1例. 第26回日本眼窩疾患シンポジウム,東京;2011年10月

高宮美智子,佐藤憲夫,塙本宰:カウヒッチ法により眼内レンズ縫着を行った症例.第94回山形眼科研究会,山形市;2011年11月

(5) その他

1) 土谷大仁朗:眼科診療の紹介.生涯学習施設「里仁館」教養講座(前期),酒田市;2011年5月

2) 難波広幸:眼の健康教室+α −医師の仕事について−.鶴岡東高等学校講義,鶴岡市;2011年11月

3) 後藤早紀子:糖尿病と眼の病気. 山形大学医学部附属病院治験管理センター市民公開講座,山形市;2011年11月

4) 高村浩:眼科でよくみられる病気.白内障と眼底出血について.南陽市民公開講座,南陽市;2011年12月

3. 学会、講演会、シンポジウム、ワークショップ等の開催

第19回山形DM meeting,山形市;2011年2月

第90回山形眼科研究会,山形市;2011年2月

第22回山形眼科先進医療研究会,山形市;2011年3月

第91回山形眼科研究会 ,山形市;2011年4月

第9回緑内障セミナー,山形市;2011年6月

第92回山形眼科研究会,山形市;2011年7月

第3回山形Visual Science研究会,山形市;2011年7月

第93回山形眼科研究会,山形市;2011年9月

第23回山形眼科先進医療研究会,山形市;2011年9月

第12回山形eye disease 勉強会,山形市;2011年10月

第4回山形Vvisual Science 研究会,山形市;2011年11月

第1回山形眼科フォーラム,山形市;2011年11月

第94回山形眼科研究会,山形市;2011年11月

1.論文

 (1)  原著

1)   Kashiwagi Y, Horie K, Kanno C, Inomata M, Imamura T, Kato M, Yamamoto T, Yamashita H: TGF-β type II receptor mRNA in retinoblastoma cell Lines is induced by Trichostatin. Invest Ophthalmol Vis Sci 2010 ;51:679-85

2)   Sone H, Tanaka S, Iimuro S, Tanaka S, Oida K, Yamasaki Y, Oikawa S, Ishibashi S, Katayama S, Yamashita H, Ito H, Yoshimura Y, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N:Long-Term Lifestyle Intervention Lowers Incidence of Stroke in Japanese Patients with Type 2 Diabetes: Nationwide Multicenter Randomised Controlled Trial. The Japan Diabetes Complications Study (JDCS). Diabetologia 2010;53(3):419-28

3)   Kashiwagi Y, Nishitsuka K, Namba H, Kamiryo M, Takamura H, Yamashita H:Cloning and characterization of cell strains derived from human corneal stroma and sclera. Jpn J Ophthalmol 2010;54:74-80

4)   Kanno M, Nagasawa M, Suzuki M, Yamashita H :Peripapillary retinal nerve fiber layer thickness in normal Japanese eyes measured with optical coherence tomography. Jpn J Ophthalmol 2010 ;54:36-42

5)   Nakano S, Yamamoto T, Kirii E, Abe S, Yamashita H:Steroid eye drop treatment (difluprednate ophthalmic emulsion) is effective in reducing refractory diabetic macular edema. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 2010;248(6):805-10

6)   Tanabe Y, Kawasaki R, Wang J, Wong T, Mitchell P, Daimon M, Oizumi T, Kato T, Kawata S, Kayama T, Yamashita H :Retinal arteriolar narrowing predicts 5-year risk of hypertension in Japanese people: the Funagata Study. Microcirculation 2010;17:94-102

7)   Tojo N, Kashiwagi Y, Yamamoto S, Yamamoto T, Yamashita H:The in vitro response of human retinal endothelial cells to cytokines and other chemically-active agents is altered by co-culture with vitreous-derived hyalocytes.  Acta Ophthalmologica 2010;88(3):66-72

8)   Kashiwagi Y, Kato N, Sassa T, Nishitsuka K, Yamamoto T, Takamura H, Yamashita H: Cotylenin A inhibits cell proliferation and induces apoptosis and PAX6 mRNA transcripts in retinoblastoma cell lines. Mol Vis 2010;16:970-82

9)   Abe S, Yamamoto T, Haneda S, Saito K, Miura H, Kirii E, Yamashita H :Three-dimensional features of polypoidal choroidal vasculopathy observed by Spectral-domain optical coherence tomography. Ophthalmic Surg Lasers Imaging 2010;9:1-6

10) Namba H, Nishitsuka K, Kashiwagi Y, Takamura H, Yamamoto T, Yamashita H: Association of platelet-derived growth factor-BB-induced thrombomodulin with the regulation of inflammation in the corneal and scleral stroma. Invest Ophthalmol Vis Sci 2010;51(11):5460-9

11) Karousou E, Kamiryo M, Skandalis SS, Ruusala A, Asteriou T, Passi A, Yamashita H, Hellman U, Heldin C-H, Heldin P:The activity of hyluronan synthase 2 is regulated by dimerization and ubiquitination. J Biol Chem 2010;285:23647-54

12) Rogers S, McIntosh RL, Cheung N, Lim L, Wang JJ, Mitchell P, Kowalski JW, Nguyen H, Wong TY:International Eye Disease Consortium (including Yamashita H): The prevalence of retinal vein occlusion: pooled data from population studies from the United States, Europe, Asia, and Australia. Ophthalmology 2010;117(2):313-9

13) Abe S, Yamamoto T, Kirii E, Yamashita H: Cup-shaped choroidal excavation detected by optical coherence tomography : A case report.  Retinal Cases & Brief Reports 2010;4:373-6

14) Kashiwagi Y, Kato N, Sassa T, Nishitsuka K, Yamamoto T, Takamura H, Yamashita H: Cotylenin A inhibits

cell proliferation and induces apoptosis and PAX6 mRNA transcripts in retinoblastoma cell lines. Molecular

Vision 2010;16:970-82

15) Cheung N, Mosley T, Islam FMA, Kawasaki R, Sharrett AR, Klein R, Coker LH, Knopman DS, Shibata DK, Catellier D, Wong TY: Retinal Microvascular Abnormalities and Subclinical MRI Brain Infarct: A Prospective Study. Brain 2010;133:1987-93

16) Dirani M, McAuley AK, Maple-Brown L, Kawasaki R, McIntosh RL, Lamoureux EL, Wong TY, Tatipata S, Dunbar T, O’Dea K, Cunningham J:The Association of Retinal Vessel Calibre with Diabetic Retinopathy in an Urban Australian Indigenous Population. Clinical and Experimental Ophthalmology 2010;38:577-82

17) Kawasaki R, Cheung N, Mosley T,Islam FMA, Sharrett AR, Klein R, Coker LH, Knopman DS, Shibata DK ,Catellier D, Wong TY:Retinal Microvascular signs and 10-Year Risk of Cerebral Atrophy: The ARIC Study. Stroke 2010;41:1826-8

18) Rogers S, McIntosh RL, Cheung N, Lim L, Wang JJ, Mitchell P, Kowalski JW, Nguyen H, Wong TY:International Eye Disease Consortium (includes Kawasaki R). The prevalence of retinal vein occlusion: Pooled data from population studies from the United States, Europe, Asia, and Australia. Ophthalmology 2010;117:313-9

19) Kawasaki R, Yasuda M, Song SJ, Chen SJ, Jonas JB, Wang JJ, Mitchell P, Wong TY:The Prevalence of Age-related Macular Degeneration in Asians: A Systematic Review and Meta-Analysis. Ophthalmology 2010;117:921-7

20) Lamoureux E, Shyong Tai E, Thumboo J, Kawasaki R, Saw SM, Mitchell P, Wong TY:Impact of Diabetic Retinopathy on Vision-Specific Function. Ophthalmology 2010;117:757-65

21) Grauslund J, Green A, Kawasaki R, Hodgson L, Sjølie AK, Wong TY: Retinal vascular fractals and diabetes-related micro and macro vascular complications in type 1 diabetes. Ophthalmology 2010;117:1400-5

22) Karousou E, Kamiryo M,Skandalis SS,Ruusala A, Asteriou T,Passi A,Yamashita H, Hellman U,Heldin C,Heldin P: Contributed equally to the work. The activity of hyaluronan synthase 2 is regulated by dimerization and ubiquitination. J Biol Chem 2010;285(31):23647-54

23) Kashiwagi Y, Nishitsuka K, Namba H, Kamiryo M, Takamura H, Yamashita H:Cloning and characterization

of cell strains derived from human corneal stroma and sclera. Jpn J Ophthalmol 2010;54:74-80

24) Tomiyama A,Tachibana K,Suzuki K,Seino S,Sunayama J, Matsuda K, Atsushi Sato, Matsumoto Y, Nomiya T, Nemoto K,Yamashita H,Kayama T,Ando K,Kitanaka C: MEK-ERK-Dependent Multiple Caspase Activation via Mitochondrial Proapoptotic Bcl-2 Family Proteins Is Essential for Heavy Ion Irradiation-Induced Glioma Cell Death. Cell Death and Disease 2010;1(7):e60

25) Goto S, Yamamoto T, Kirii E, Abe S,Yamashita H: Treatment of diffuse diabetic macular edema using steroid eye drops. Acta Ophthalmologica 2010 (in press)

26) Saito K, Tanabe Y, Kawasaki R, Daimon M, Oizumi T, Kato T, Kawata S, Kayama T, Yamashita H :Is retinal vasculature change associated with risk of obesity? Longitudinal cohort study in Japanese adult: the Funagata Study. Journal of Diabetes Investigation (in press)

27) Yau JWY, Kawasaki R, Islam FMA, Shaw J, Zimmet P, Wang JJ, Wong TY:Retinal Fractals is increased in Persons with Diabetes but not Impaired Glucose Metabolism: The Australian Diabetes Obesity and Lifestyle (AusDiab) Study. Diabetologia 2010;53(9):2042-5

28)  Fenwick EK, Pesudovs K, Rees G, Dirani M, Kawasaki R, Wong TY, Lamoureux EL:The Impact of Diabetic Retinopathy: Understanding the Patient’s perspective. Br J Ophthalmol 2010 doi: 10.1111/j.1442-9071.2010.02455.x. [Epub ahead of print]

29) Azemin MZ, Kumar DK, Wong TY, Kawasaki R, Mitchell P, Wang JJ: Robust Methodology for Fractal Analysis of the Retinal Vasculature. Transactions on Medical Imaging IEEE (Accepted September, 2010)

30) Bhuiyan A, Kawasaki R, Lamoureux E, Wong TY, Ramamohanarao K:Retinal Vascular Features for Cardiovascular Disease Prediction: A Review. Recent Patents on Computer Science (Accepted 14 Aug, 2010)

31) Ng C, Cheung N, Wang JJ, Isalm FMA, Kawasaki R, Meuer SM, Cotch MF, Klein BEK, Klein R, Wong TY:Prevalence and Risk Factors for Epiretinal Membranes in a Multi-Ethnic United States Population. Ophthalmology 2010(Epub ahead of print)

32) Lavanya R, Kawasaki R, Tay WT, Cheung GCM, Mitchell P, Saw SM, Aung T, Wong TY: Hyperopic Refractive Error and Shorter Axial Length are associated with Age- Related Macular Degeneration: The Singapore Malay Eye Study. Invest Ophthalmol Vis Sci 2010;51(12):6247-52

33) Bhuiyan A, Nath B, Ramamohanarao K, Kawasaki R, Wong TY:Automated Analysis of Retinal Vascular Tortuosity on Color Retinal Images. Journal of Medical Systems 2010 (Epub ahead of print)

34) Che Azemin MZ, Kumar DK, Wong TY, Wang JJ, Mitchell P, Kawasaki R, Wu H:Age-related rarefaction in the fractal dimension of retinal vessel. Neurobiology of Aging 2010 (Epub ahead of print)

35) Naoki T, Kashiwagi Y, Yamamoto S, Yamamoto T, Yamashita H:The in vitro response of human retinal endothelial cells to cytokines and other chemically-active agents is altered by co-culture with vitreous-derived hyalocytes Acta Ophthalmologica 2010;88(3):e66-72

36) 猪狩龍佑,伊関憲,阿部さち,東海林正邦,佐藤恵,下村慶子,林田昌子,杉浦明日美,岩下義明,緑川新一:マムシ咬傷により複視・眼瞼下垂をきたした1例. BRAIN and NERVE 2010;62:273-7

37) 望月典子,山本禎子,西塚弘一,山下英俊:特発性黄斑円孔手術後の腹臥位時間短縮の試み.臨床眼科(in press)

38) 羽根田思音,山本禎子,阿部さち,斉藤公子,佐藤さくら,山下英俊:ポリープ状脈絡膜血管症に対する低照射エネルギー光線力学的療法の効果.眼科臨床紀要 2010;3(12):1271-77

39) 髙宮美智子,佐藤憲夫(米沢市立病院眼科):臨床所見よりアカントアメーバ角膜炎が疑われた9症例の治療経過. 眼科臨床紀要(in press)

(2)  総説

1)    阿部さち,山下英俊:後天性網膜・硝子体疾患。あたらしい眼科2010;27:176-84

2)    山下英俊,阿部さち,後藤早紀子:糖尿病網膜症の予防と新しい治療。学術の動向 2010;7:26-32

3)    桐井枝里子,山下英俊:3.内科・眼科の医療連携が重要な眼疾患の診断と治療、1)生活習慣病と主な眼疾患。a)糖尿病網膜症。Progress in Medicine 2010;30:1249-54

4)    後藤早紀子,山下英俊:糖尿病網膜症の新しい薬物治療がはじまって8年:その現状と問題点。糖尿病診療マスター2010;8(4):419-422

5)    野間英孝,船津英陽,張野正誉,長岡泰司,山下英俊,堀貞夫:網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫の病態研究と治療戦略。日眼会誌2010;114:577-91

6)    後藤早紀子,山下英俊:糖尿病網膜症 日本医師会雑誌2010;139(2):260-3

7)    後藤早紀子:糖尿病黄斑浮腫の治療戦略。あたらしい眼科, 2010;27:1217-21

8)    羽根田思音,山下英俊:糖尿病網膜症の国際重症度分類。糖尿病性細小血管症(第2版)日本臨床 2010;68:228-35

9)    田邉 祐資,川崎 良,山下 英俊:糖尿病網膜症感受性遺伝子検索の最新動向。日本臨床 2010;68:236-9

10)  桐井枝里子,山下英俊:慢性合併症の診かた 網膜症。medicina 2010;47:1927-31

11)  北原光夫,岡田アナベルあやめ,寺崎浩子,根木昭,山下英俊:知っておきたい全身疾患からの眼病変。(座談会)日本医師会雑誌2010;139(8):1617-29

12)  川崎良:糖尿病網膜症と大血管症の関連。月刊糖尿病 2010;2:89-95

13)  斉藤公子,川崎良. 眼底検診と全身疾患。日本の眼科 2010;81(8):101-4

14)  西塚弘一:眼科医のための先端医療 増殖因子によるヒアルロナン代謝の調節.あたらしい眼科 2010;27:1415-6

15)  本間慶,川崎良. 糖尿病網膜症の疫学:糖尿病網膜症と大血管症 あたらしい眼科 2010;27(9):1169-74

16)  柏木佳子 眼科医のための先端医療 第113回;エピジェネティクスについて,あたらしい眼科 2010;27:647-9

17)  西塚弘一:眼科医にもわかる生理活性物質と眼疾患の基本 TGF-β.臨床眼科2010;64(13):2020-3

18)  本間慶,後藤早紀子,山下英俊:糖尿病網膜症病期分類 ETDRSを中心にわが国における簡便な病期分類に関し   て.糖尿病レクチャー1巻3号(in press)

(3)  著書

1)    山下英俊:眼底出血。今日の診断指針(第6版、金澤一郎、永井良三総編集)医学書院、東京、2010:1616-8

2)    山下英俊,阿部さち,羽根田思音,後藤早紀子,山本禎子:糖尿病網膜症の診断と治療。糖尿病の療養指導(第44回糖尿病学の進歩・日本糖尿病学会編))診断と治療社、東京、2010:70-75

3)    高村 浩:眼瞼腫瘍切除と眼瞼形成.新ES NOW No.2 外来小手術外眼部手術 達人への道.メジカルビュー社,

2010:136-43

4)    高村 浩:8.外眼部(涙嚢・涙道・眼窩など) 眼窩悪性リンパ腫はCT,MRIなどの画像上は浸潤性の増殖 を示すとされているが,境界鮮明で孤立性のものもある.眼科検査のグノーティ・セアウトン.山下英俊,谷原秀信編,シナジー,東京,2020:316-7

5)    高村 浩:8.外 眼部(涙嚢・涙道・眼窩など) 涙嚢部悪性腫瘍の初期は涙嚢炎との鑑別が困難である.臨床経過や涙洗の所見で腫瘍を 疑う.眼科検査のグノーティ・セアウトン.山下英俊,谷原秀信編,シナジー,東京,2010:318-9

6)    菅野誠:自動視野計のオーダーと読み方.新眼科レジデント・戦略ガイド診断と治療社,2010:406-13

7)    桐井枝里子,山下英俊:VEGF。『糖尿病ナビゲーター第2版』(門脇孝編集)メデイカルレビュー社、東京、大阪 ,2010:438-9

 (4) その他

1)   山下英俊,山本禎子,阿部さち,大橋靖雄,田中佐智子:糖尿病における血管合併症の発症予防と進展抑制に関する調査(JDCStudy)。網膜症経過観察プログラムについての報告書。平成21年度厚生省長期慢性疾患総合研究事業、  糖尿病調査研究報告書。2010:16-23

2)   菅野誠:私の処方 ルミガン点眼液0.03%.銀海,千寿製薬株式会社2010;212:35

3)   本間慶,山下英俊:眼科領域における舟形町スタディについて.Health and safety 2010:4

4)   本間慶,山下英俊:眼底(網膜)から全身の病気が見える:健康のひろば(写真提供)

5)   柏木佳子 外国誌要覧「網膜芽細胞腫細胞株においてトリコスタチンAが誘導するTGF- II型受容体の発現についての研究」,日本眼科学会雑誌 2010;114:634

2.学会報告

 (1) 国際学会

・ 特別講演

1)   Kawasaki R. Epidemiology of Retinal Diseases in Asia. Opening of SAILOR & 2nd Asia-Pacific Ocular Imaging  Symposium in Singapore 2010, Singapore; March 2010

・ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1)   Kawasaki R. Epidemiology of Retinal Vein Occlusions in Asia. Asia Pacific Academy of Ophthalmology Congress 2010, Beijing, China ;September 2010

2)   Kawasaki R. The Asian Eye: How do the epidemiology and mechanism of eye disease differ between Asia and the West? Asia Pacific Academy of Ophthalmology Congress 2010, Beijing, China ;September 2010

・ 一般演題

1)   Hodgson LAB, Sasongko MB, Kawasaki R, Wang JJ, Wong TY:Correlation and Reproducibility of Semi-Automated Retinal Vascular Geometric Measurements within Paired Stereoscopic Images. ARVO Annual Meeting ,Fort Lauderdale , USA;May 2010

2)   Yanagi M, Kawasaki R, Maple-Brown L, McAuley AK, McIntosh RL, Lamoureux EL, Harper A, Wong TY, Tatipata S, Dunbar T, O’Dea K, Cunningham J:Retinal Vascular Fractals and Diabetic Retinopathy: The Diabetes and Related conditions in Urban Indigenous people in the Darwin region (DRUID) Study. ARVO Annual Meeting ,Fort Lauderdale,USA;May 2010

3)   Kawasaki R, Wang JJ, Islam FMA, Rochtchina E, Aung T, Saw SM, Mitchell P, Wong TY:Are Asians with Age-related Macular Degeneration Less Likely to Have Bilateral Involvement than Caucasians? The Singapore Malay Eye Study and The Blue Mountains Eye Study. ARVO Annual Meeting ,Fort Lauderdale, USA;May 2010

4)   Nishitsuka K, Kashiwagi Y, Kanno C, Yamamoto T, Takamura H, Yamashita H: Immortalization of severel human eye-derived cells using human papilloma virus 16 E6 and E7 . 82nd ARVO Annual Meeting ,Fort Lauderdale, USA;May 2010

5)   Abe S, Sugano A, TYamamoto T, Kato T, Wada M, Kayama T, Takemura S, Yamashita H: A case of hypertrophic pachymeningitis with optic neuritis like symptoms. World Congress of Ophthalmology 2010 ,Berlin;June 2010.

6)   Kirii E, Yamamoto T, Miura H, Yamashita H: Effects of Intravitreal Injection of Anti-VEGF Agents on Macular edema due to Retinal Vein Occlusion. World Congress of Ophthalmology 2010 ,Berlin;June 2010.

7)   Abe S, Yamamoto T, Kashiwagi Y, Yamashita H: Three-dimensional observation of vitreoretinal interface in diabetic macular edema. 10th EURETINA Congress,Paris;September 2010

8)   Nishitsuka K, Konno N, Yamamoto T, Takamura H, Yamashita H: Intraoperative fluoroscopy-guidedremoval of the orbital foreign body in patient with penetrating ocular injury.: A case report.  25th Asia Pacific Academy of Ophthalmology,Beijin;September 2010

9)   Nishitsuka K, Kashiwagi Y, Kaneko Y, Yamamoto T, Heldin P, Yamashita H: Effect of tumor necrosis factor-alpha on hyaluronan production and cell proliferation by porcine vitreous derived cell line. 8th International Conference on Hyaluronan, Kyoto, JAPAN;June 2010

10) Haneda S, Kanno M, Sato M, Oonuma I, Yamashita H: A case of myopic strabismus fixus with increased intraocular pressure, Istanbul;2010

 (2) 国内の学会

・ 特別講演

1)   山下英俊(特別講演):糖尿病網膜症診療の戦略。第64回日本臨床眼科学会、神戸;2010年11月

・ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1)   高村 浩(教育セミナー講演):教育セミナー13 眼付属器腫瘍の手術に必要な知識と技術.第33回日本眼科手術学会,東京;2010年1月

2)   川崎良. 眼科手術の必須知識アップデート 5.疫学 第33回眼科手術学会,東京;2010年1月

3)   山下英俊,山本禎子,中野早紀子:糖尿病網膜症の診断と治療。第44回糖尿病学の進歩,大阪;2010年3月

4)   山下英俊,吉村長久:Molecular mechanisms of retinal and macular degenerations. ARVO-JOS symposium. 第114回日本眼科学会総会,名古屋;2010年4月

5)   須藤史子,山下英俊:糖尿病眼合併症治療の新常識。(教育セミナーオーガナイザー)第114回日本眼科学会総会,名古屋;2010年4月

6)   中野早紀子(教育セミナー):糖尿病眼合併症治療の新常識. 糖尿病黄斑浮腫の治療戦略.第114回日本眼科学会総会,名古屋;2010年4月

7)   山下英俊:糖尿病網膜症合併血糖管理不良患者の血糖コントロール:緩徐に行うべきか否か?(Debate Session 4)第53回日本糖尿病学会年次学術総会,岡山;2010年5月

8)   山下英俊,柴輝男:糖尿病網膜症治療の進歩。第22回日本糖尿病合併症学会,大津;2010年10月

9)   高村 浩,鈴木茂伸(シンポジウム・オーガナイザー):シンポジウム11:眼部腫瘍に対する局所化学療法.第64回日本臨床眼科学会,神戸;2010年11月

10) 川崎良. 糖尿病網膜症と大血管症:糖尿病患者の眼底所見から大血管症発症の危険を評価できるか? 第16回日本糖尿病眼学会総会,大阪;2010年11月

11) 川崎良. 研究報告の実際 インストラクションコース 第64回日本臨床眼科学会総会,神戸;2010年11月

・ 一般演題

1)             武田祐介,今野伸弥,高村浩,山本禎子,山下英俊:経皮的および経結膜的アプローチによってマイラゲルを完全に除去できた一例。第33回日本眼科手術学会,東京; 2010年1月

2)             菅野誠,溝上志朗,兵頭涼子,鈴村弘隆,木村泰朗,吉川啓司:緑内障性中心視野障害と周辺視野感度低下.第114回日本眼科学会総会,名古屋;2010年4月

3)             今野伸弥,高村 浩,山下英俊:結膜悪性上皮性腫瘍の治療法選択の検討. 第114回日本眼科学会,名古屋;2010年4月

4)             西塚弘一,柏木佳子,菅野智華子,山本禎子,高村浩,山下英俊:ヒト眼組織由来不死化線維芽細胞株の性質について. 第114回日本眼科学会総会,名古屋;2010年4月

5)             阿部さち,山本禎子,中野早紀子,桐井枝里子,柏木佳子,山下英俊:糖尿病黄斑浮腫における網膜—硝子体界面病態の3次元的画像観察. 第114回日本眼科学会総会,名古屋;2010年4月

6)             高橋真紀子,内藤知子,溝上志朗,菅野誠,鈴村弘隆,吉川啓司:緑内障点眼薬使用状況のアンケート調査“第1報”. 第21回日本緑内障学会,福岡;2010年9月

7)             阿部さち,山本禎子,金子優,山下英俊:網膜色素上皮症に対するステロイド点眼(ジフルプレドナート点眼薬)の治療効果 . 第64回日本臨床眼科学会,神戸;2010年11月

8)             武田祐介,山本禎子,本間慶,三浦瞳,桐井枝里子,山下英俊:網膜静脈分枝閉塞症に伴う難治性黄斑浮腫に対するステロイド点眼治療 . 第64回日本臨床眼科学会,神戸;2010年11月

9)             桐井枝里子,山本禎子,三浦瞳,武田祐介,山下英俊:網膜静脈閉塞症に対する抗VEGF薬硝子体内投与の短期予後 . 第64回日本臨床眼科学会,神戸;2010年11月

10)        西塚 弘一,山本 禎子,山下 英俊:Peripapillary Detachment in Pathogenic Myopiaに対する硝子体手術の長期経過.第64回日本臨床眼科学会総会, 神戸;2010年11月

11)        後藤早紀子,山本禎子,桐井枝里子,阿部さち,山下英俊:糖尿病黄斑浮腫に対するステロイド点眼治療の長期経過. 第49回日本網膜硝子体学会,大阪;2010年11月

12)        高橋真紀子,内藤知子,溝上志朗,菅野誠,鈴村弘隆,吉川啓司:緑内障点眼薬使用状況のアンケート調査“第2報”. 第64回日本臨床眼科学会,神戸;2010年11月

(3) 研究会

 ・ 特別講演

1)   川崎良. 舟形町研究の成果・眼科疫学研究の展望. 旭川医科大学眼科研究会,旭川;2010年1月

2)   川崎良. 舟形町研究の成果. 関西眼疾患研究会,京都;2010年1月

3)   高村 浩(特別講演):眼腫瘍の診療.第4回青森眼科倶楽部,青森市;2010年2月

4)   山下英俊:糖尿病網膜症の治療戦略—疫学研究の成果をもとに—.第118回八戸糖尿病談話会,青森;2010年4月

5)   山下英俊:糖尿病網膜症の病態と治療戦略.第1回千葉糖尿病眼合併症研究会,千葉;2010年7月

6)   山下英俊:糖尿病網膜症の診療と予防医学.第12回川崎眼病変談話会,川崎;2010年7月

7)   山下英俊:糖尿病網膜症。やさしく教える糖尿病治療:プロフェッショナルのための必要な知識・技術を学ぶ.東京;2010年8月

8)   菅野誠:緑内障薬物治法療の現状.Santen Summer Seminar in Sendai,仙台;2010年8月

9)   山下英俊:糖尿病網膜症の一次予防、二次予防の戦略.第3回Osaka Ophthalmology Forum, 大阪;2010年10月

 ・  シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1)    西塚弘一(教育講演):硝子体組織由来細胞に関する研究 ー網膜硝子体疾患の病態解明に向けてー.第84回山形眼科研究会,山形;2010年2月

2)    高村 浩(教育講演):眼腫瘍の診療.第85回山形眼科研究会,山形;2010年3月

3)    金子優(教育講演):ぶどう膜炎の診療.第86回山形眼科研究会,山形;2010年5月

4)    後藤早紀子(教育講演):糖尿病黄斑浮腫に対する治療戦略.第87回山形眼科研究会,山形;2010年7月

5)    難波広幸(指名講演):角膜分野の最近の話題。第87回山形眼科研究会,山形;2010年7月

6)    佐藤さくら(教育講演):涙道・涙道疾患に関する最新の知見について.第88回山形眼科研究会,山形;2010年9月

7)    田邉祐資(教育講演):山形県舟形町研究 〜私の研究結果と今後の展望〜.第88回山形眼科研究会,山形;2010年9月

8)    菅野誠(教育講演):緑内障点眼治療2010 〜配合剤と後発品〜.第89回山形眼科研究会,山形;2010年10月

・ 一般演題

1)    菅野誠,溝上志朗,兵頭涼子,鈴村弘隆,木村泰朗,吉川啓司:Estermanテストによる視野評価.第84回山形眼科研究会,山形;2010年2月

2)    今野伸弥,高村浩,山下英俊:眼瞼メルケル細胞癌の治療の経験.第84回山形眼科研究会,山形;2010年2月

3)    武田 祐介,山本 禎子,菅野 彰,本間 慶,阿部 さち,羽根田 思音,佐藤さくら,山下 英俊:低照射エネルギー光線力学療法が有効であったポリープ状脈絡膜血管症の1例.第11回東北黄斑研究会,仙台;2010年2月

4)    羽根田思音、山本禎子、阿部さち、佐藤さくら、山下英俊:ポリープ状脈絡膜血管症に対する低照射エネルギー光線力学的療法.第85回山形眼科研究会,山形;2010年3月

5)    田邉祐資、菅野誠、山下英俊:トラボプロスト、タフルプロスト片眼投与による眼圧下降効果の検討.第85回山形眼科研究会,山形;2010年3月

6)    阿部さち、菅野彰、山本禎子、和田学、加藤丈夫、竹村直、嘉山孝正、山下英俊:視神経炎様の症状を来した視神経周囲肥厚性硬膜炎の一例.第85回山形眼科研究会. 山形;2010年3月

7)    西塚弘一、今野伸弥、山本禎子、高村浩、山下英俊:眼窩内異物における術中X線透視の有用性.第85回山形眼科研究会,山形;2010年3月

8)    髙宮美智子、佐藤憲夫:チン氏帯断裂白内障症例.第15回置賜眼科研究会,米沢市; 2010年3月

9)    髙宮美智子、佐藤憲夫: 角膜潰瘍をきっかけにアルツハイマー認知症が発覚した症例.第15回置賜眼科研究会,米沢市;2010年3月

10)  髙宮美智子、佐藤憲夫:ルセンティス硝子体内注射の症例.第15回置賜眼科研究会,米沢市;2010年3月

11)  佐藤浩章:Surgical Media Center (SMC) と白内障手術のbrush up.第86回山形眼科研究会,山形;2010年5月

12)  本間慶,金子優,山下英俊:中枢神経系悪性リンパ腫の一例.第86回山形眼科研究会,山形;2010年5月

13)  武田祐介、今野伸弥、高村 浩、山本禎子、山下英俊:経皮的・経結膜的アプローチによりマイラゲルを完全に除去できた1例.第86回山形眼科研究会,山形;2010年5月

14)  佐藤さくら:眉毛下アプローチによる眼瞼皮膚弛緩症手術.第87回山形眼科研究会,山形;2010年7月

15)  髙宮美智子 (米沢市立病院眼科): 症例1 55歳男性、遷延性角膜潰瘍の症例、症例2 51歳男性、レーザー治療中網膜分枝動脈閉塞症を発症した症例、症例3 63歳男性 血糖コントロール不良症例の眼底所見.第1回置賜内科眼科糖尿病カンファランス,米沢市;2010年9月

16)  菅野彰、羽根田思音、大沼郁子、三浦瞳:先天性Double elevator palsyの1例.第88回山形眼科研究会,山形;2010年9月

17)  難波広幸:角膜感染症の診断と治療.山形県眼科医会集談会,山形;2010年10月

18)  髙宮美智子、佐藤憲夫:白内障術後嚢胞様黄斑浮腫に対しステロイドテノン嚢下注射により良好な経過をたどった3症例.第89回山形県眼科研究会,山形;2010年10月

19)  難波広幸,西塚弘一,桐井枝里子,山下英俊:春季カタルに対するタクロリムス0.1%点眼液治療の有効性.第9回山形アレルギー研究会,山形;2010年11月

20)  髙宮美智子、佐藤憲夫:Stage・黄斑円孔手術症例.第17回置賜眼科研究会,米沢;2010年11月

21)  髙宮美智子、佐藤憲夫:臨床所見より真菌性角膜炎と思われた2症例.第17回置賜眼科研究会,米沢; 2010年11月

(5) その他

1)    金子優:山形学院高等学校アイバンク講演会,山形;2010年1月

2)    西塚弘一(教育講演):裂孔原性網膜剥離の治療ーバックリングを中心にー.第4回東北6大学Step Up セミナー,   福島;2010年10月

3)    菅野誠:緑内障点眼治療2010.MSD株式会社勉強会,東京;2010年11月

3. 学会,講演会,シンポジウム,ワークショップ等の開催

1)    第84回山形眼科研究会,山形;2010年2月

2)    第17回やまがたDM Meeting,山形;2010年2月

3)    第20回山形眼科先進医療研究会,山形;2010年3月

4)    第85回山形眼科研究会,山形;2010年3月

5)    第1回Visual Science研究会,山形;2010年4月

6)    第86回山形眼科研究会,山形;2010年6月

7)    第8回山形緑内障セミナー,山形;2010年6月

8)    第87回山形眼科研究会,山形;2010年7月

9)    第18回やまがたDM Meeting,山形;2010年8月

10)  第88回山形眼科研究会,山形;2010年9月

11)  第2回Visual Science研究会,山形;2010年9月

12)  第21回山形眼科先進医療研究会,山形;2010年10月

13)  第89回山形眼科研究会,山形;2010年10月

1.論文

 (1)  原著

1) Yamasaki M, Noma H, Funatsu H, Minamoto A, Mimura T, Shimada K, Yamashita H, Kiuchi Y. Changes in foveal thickness after vitrectomy for macular edema with branch retinal vein occlusion and intravitreal vascular endothelial growth factor.International Ophthalmology 2009;29:161-167

2)   Dimitrova G, Kato S, Fukushima H, Yamashita H. Circulatory parameters in the retrobulbar central retinal artery and vein of patients with diabetes and medically treated systemic hypertension. Graefe's Archives of Ophthalmology 2009;247:53-58

3)   Kanno C, Kashiwagi Y, Horie K, Inomata M, Yamamoto T,Kitanaka C, Yamashita H. Activin Inhibits Cell Growth and Induces Differentiation in Human Retinoblastoma Y79 Cells'. Current Eye Research 2009;34:652-659

4) Saito K, Yamamoto T, Tsuchiya D, Kawasaki R, Haneda S, Yamashita H. Effect of combined treatment with sub-Tenoninjection of triamcinolone acetonide and photodynamic therapy in Japanese patients with age-related macular degeneration.Jpn J Ophthalmology 2009;53:512-518

5)  Tanabe Y, Kawasaki R, Wang JJ, Wong TY, Mitchell P,Daimon M, Oizumi T, Kato T, Kawata S, Kayama T, Yamashita H. Angiotensin Converting Enzyme Gene and Retinal Arteriolar Narrowing: The Funagata Study. Journal of hypertension 2009;23:788-793

6)  Kanno M, Nagasawa M, Suzuki M, Yamashita H.  Optical Coherence Tomography Evaluation of the Retinal Nerve Fiber Layer Thickness in Normal Japanese Eyes. Jpn J Ophyhalmol(in press).

7)  Tojo N, Kashiwagi Y,Nishitsuka K, Yamamoto S, Asao H, Sugawara N, Yamashita T, Yamamoto T, Yamashita H. Interaction between Vitreous-derived Cells and Vascular Endothelial Cells in Vitreoretinal Diseases. ActaOphthalmologica 2009 Jul 14. (Epub ahead of print)

8)  Tanabe Y, Kawasaki R, Wang JJ, Wong TY, Mitchell P,Daimon M, Oizumi T, Kato T, Kawata S, Kayama T, Yamashita H. Retinal arteriolar narrowing predicts 5-year risk of hypertension in Japanese people: the Funagata Study. Microcirculation (in press)

9)  Abe S, Yamamoto T, Kirii E, Yamashita H. Cup-shapedchoroidal excavation detected by optical coherencetomogtrapphy. Retinal Cases and Brief Reports (in press).

10)Abe S, Yamamoto T, Haneda S, Saito K, Miura H, Kirii E, Yamashita H. Three-dimensional features of polypoidalchoroidal vasculopathy observed by Spectral-domain optical coherence tomography. Opthalmic Surgery Lasers & Imaging (in press).

11)Kashiwagi Y, Nishitsuka K, Takamura H, Yamamoto T, Yamashita H. Cloning and characterization of human vitreous tissue-derived cells. Acta Ophthalmologica (Accept July 28 2009,in press)

12)Kashiwagi Y, Nishitsuka K, Namba H, Kamiryo M,Takamura H, Yamashita H. Cloning and characterization of cell strains derived from human corneal stroma and sclera. Jpn JOphthalmol (Accept July 30 2009,in press)

13) Kashiwagi Y, Horie K, Kanno C, Inomata M, Imamura T, Kato M, Yamamoto T, Yamashita H. TGF-b type II Receptor mRNA in Retinoblastoma Cell Lines is induced by TrichostatinA. Invest Ophthalmol Vis Sci. (Accept August 26 2009,in press)

14) Kawasaki R, Yasuda M, Song SJ, Chen SJ, Jonas JB, Wang JJ, Mitchell P, Wong TY. The Prevalence of Age-related Macular Degeneration in Asians: A Systematic Review and Meta-Analysis. Ophthalmology (in press)

15) Nguyen TT, Kreis AJ, Kawasaki R, Wang JJ, Seifert BU,Vilser W, Nagel E, Wong TY. Reproducibility of the Retinal Vascular Response to Flicker Light in Asians. Curr Eye Res (in press)

16) Nguyen TT, Kawasaki R, Kreis AJ, Wang JJ, Shaw J, VilserW, Wong TY. Correlation of flicker-light induced retinal vasodilation and retinal vascular caliber measurements in diabetes.  Invest Ophthalmol Vis Sci (in press)

17) Kawasaki R, Cheung N, Wang JJ, Klein R, Klein BEK, Frances Cotch M, Sharett AR, Shea S, Islam FMA, Wong TY. Retinal vessel diameters and risk of hypertension: The

18) Nguyen TT, Kawasaki R, Wang JJ, Kreis AJ, Shaw J, VilserW, Wong TY. Flicker-Light induced retinal vasodilation in diabetes and diabetic retinopathy. Diabetes Care. 2009;32:2075-2080

19) Jeganathan VS, Sabanayagam C, Shyong Tai E, Lee J, Cong S, Kawasaki R, Nagaraian S, Huey-Shi MH, Sandar M, Wong TY. Effect of blood pressure on the retinal vasculature in a Multi-Ethnic Asian population. Hypertens Res. 2009;32:975-982

20) Grauslund J, Hodgson L, Kawasaki R, Green A, Sjølie AK, Wong TY. Retinal vessels calibers and micro andmacrovascular complications in type 1 diabetes. Diabetologia. 2009;52:2213-2217

21) Jeganathan VS, Sabanayagam C, Shyong Tai E, Lee J,Lamoureux E, Sun C, Kawasaki R, Wong TY. Retinal VascularCliber and Diabetes in a Multi-Ethnic Asian Population. Microcirculation. 2009;16:534-543

22) Tsuchiya D, Yamamoto T, Kawasaki R, Yamashita H: Two-year Visual Outcomes After Photodynamic Therapy in Age-related Macular Degeneration Patients With or WithoutPolypoidal Choroidal Vasculopathy lesions. Retina. 2009;29:960-965

23) Kawasaki R, Wang JJ, Sato H, Mitchell P, Kato T, KawataS, Kayama T, Yamashita H, Wong TY. Prevalence and associations of epiretinal membranes in an adult Japanese population: the Funagata Study. Eye 2009;23:1045-1051

24) Sone H, Tanaka S, Iimuro S, Tanaka S, Oida K, Yamasaki Y, Oikawa S, Ishibashi S, Katayama S, Yamashita H, Ito H, Yoshimura Y, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N. Long-Term Lifestyle Intervention Lowers Incidence of Stroke in Japanese Patients with Type 2 Diabetes: Nationwide MulticenterRandomised Controlled Trial. The Japan Diabetes Complications Study (JDCS). Diabetologia (in press)

25) 福井忠久,吉岡孝志,高野潤,藤嶋昌一郎,大武さや香,折居智彦,佐藤剛司,佐々木悠,西瀬祥一,武田弘明,河田純男,高村浩:眼窩腺癌に対し化学放射線療法が奏功した1例.癌と化学療法 2009;36:287-290

26) 望月典子,山本禎子,江内田寛,石橋達朗,山下英俊:黄斑円孔に対する内境界膜剥離手術の補助剤についての検討―ブリリアントブルーGとインドシアニングリーン,トリアムシノロンアセトニドとの比較.臨症眼科2009;63:205-210

27)羽根田思音,大沼郁子,阿部さち,三橋玉絵,高村浩,山下英俊:間欠性外斜視手術の矯正効果に関連する術前因子および術式筋数の検討.臨床眼科 2009;63:1447-1450

28 田倉智之,大鹿哲郎,三宅謙作,小沢忠彦,山下英俊:医療費原価と患者効用値による白内障手術の社会経済的な評価研究.眼科手術 2009;26:67-76

29) 菅原正容,鈴木理郎:小児外傷性前房出血の1例.山形県病医誌2009;43:168

(2)  総説

1)      山下英俊,山田信博,曽根博仁,山本禎子,川崎良,中野早紀子,嘉山孝正:糖尿病網膜症の治療戦略:より良い視力予後を目指した治療戦略への道(第14回日本糖尿病眼学会特別講演総説). あたらしい眼科 2009;26:911-915

2)      山下英俊,中野早紀子:糖尿病網膜症診療のトピックス(特集 糖尿病合併症をめぐるトピックス). Medical View Point 2009;30:1-2

3)      山本禎子:新人さん必見:マンガでまるごと!目の病気. 第14章:糖尿病網膜症. 眼科ケア 2009;11:36-37

4)      高村浩:よく見る眼瞼腫瘤の鑑別点. 日本の眼科 2009;80:593-594

5)  菅野誠:レーザーを用いた緑内障治療(レーザー虹彩切開術とレーザー線維柱帯形成術). 日本の眼科 2009;80:161-162

6)  三橋玉絵,山下英俊:内反症手術 「特集眼科手術の説明→準備→介助」 眼科ケア 2009;11:10-14

7)  川崎良:網膜血管系の幾何学的特徴から眼科疾患および全身疾患を予測できるか?眼科医のための先端医療. あたらしい眼科 2009;26:102-103

8)  田邉祐資,川崎良,山下英俊:観察研究(横断・コホート研究):舟形スタディ.わかりやすい眼科疫学.あたらしい眼科 2009;26:39-44

9)  田邉祐資,川崎良,山下英俊:糖尿病網膜症の診断と治療に関する最新の知見.メタボリックシンドロームと網膜血管変化:山形県舟形町研究. 糖尿病合併症 2009;23:147-150

10) 羽根田思音,山本禎子,山下英俊:わが国の糖尿病の現況と変遷(1989-2009年)、糖尿病網膜症.Diabetes Frontier 2009;20:429-434

11) 阿部さち,中野早紀子,山下英俊:糖尿病網膜症の重症度分類—国際重症度分類を中心に—.内分泌・糖尿病科 2009;28:237-241

12) 阿部さち,中野早紀子,山下英俊:糖尿病網膜症の管理と治療の進歩. 月刊 糖尿病 2009;1:5-11,88-93

13) 武田祐介,山本禎子,山下英俊:高血圧 下,合併症を伴った高血圧の治療,網膜動静脈閉塞症.日本臨床 2009;67:417-420

14) 阿部さち,山下英俊:糖尿病カラーグラフィックス「糖尿病網膜症の発症・進展」. 月刊糖尿病 2009;1: 5-11

15) 武田祐介,山本禎子:誤解だらけの糖尿病網膜症,糖尿病網膜症患者さんの誤解を解く!. 眼科ケア   2009;11:36-39

16) 武田祐介,山本禎子,山下英俊:VII 合併症を伴った高血圧の治療.網膜動静脈閉塞症. 2009;67:417-420

(3)  著書

1)  山下英俊,山本禎子,中野早紀子:糖尿病網膜症治療としての眼科手術. 第43回糖尿病学の進歩(日本糖尿病学会編), 診断と治療社, 2009;161-166

2)  菅野智華子,菅野誠:選択的レーザー線維柱帯形成術とサイトカイン.眼科プラクティス26, 文光堂,2009;224-225

3) 菅野誠:線維柱帯細胞に対する閾値下凝固. 眼科プラクティス26, 文光堂, 2009;226-227

(4) その他

1)         山下英俊,山本禎子,川崎良,大橋靖雄,田中佐智子:糖尿病における血管合併症の発症予防と進展抑制に関する調査(JDCStudy).網膜症経過観察プログラムについての報告書. 平成20年度厚生省長期慢性疾患総合研究事業、糖尿病調査研究報告書. 2009;17-28

2)         菅野誠:緑内障座談会(東北編)〜長期マネジメントを考慮した緑内障の薬物治療〜.あたらしい眼科 2009;26(日本アルコン・全面広告)

3)         川崎良,山下英俊:序説 特集 わかりやすい眼科疫学. あたらしい眼科 2009;26:1-2

4)         西塚弘一:DNAチップ研究会,特集 第62回日本臨床眼科学会講演集 専門別研究会.臨床眼科 2009;63:786-787

2.学会報告

(1)   国際学会

・ 特別講演

1)    Kawasaki R: Age-related Macular Degeneration. The Sight First Regional Course on Prevention of Blindness Community Eye Care/Healthy Eye Community Development (Korat Course), Korat, Thailand; March 2009

・ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1)    Kawasaki R: Lucentis therapy: The Asian Experience: Retina Weekend Symposium, Sydney ; June 2009

・ 一般演題

1)    Tsuchiya D, Gregg T. Kokame, James C. Lai :A Cost Effective Therapy with Good Clinical Results for Wet AMD Lucentis Induction followed by Avastinmaintenance.SCORH meeting Honolulu, USA; April 2009

   2) Kawasaki R, Nguyen TT, Wang JJ, Shaw J, Wong TY: Relationship of dynamic and static retinal vessel

      diameter changes to diabetic retinopathy. 82st The Association for Research in Vision and Ophthalmology

      Annual meeting, Fort Lauderdale, USA; May 2009

   3) Yau JWY, Kawasaki R, Rogers S, McIntosh R, Chong EWT, Cheung N, Jenkins AJ, Wong TY: Diabetic Retinopathy

      and Cardiovascular Disease Risk: A Systematic Review and Meta-Analysis. 82st The Association for

      Research in Vision and Ophthalmology Annual meeting, Fort Lauderdale, USA; May 2009

   4) McAuley AK, Hodgson LAB, Cheung N, Hamzah H, Hsu W, Lau P, Lee ML, Kawasaki R, Wang JJ, Wong TY: Inter-

     and intra-grader Reliability of Computer-assisted Measurement of Retinal Vascular Geometry.82st The

     Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual meeting, Fort Lauderdale, USA; May 2009

  5) Kawasaki R, Wang JJ, Mitchell P, Wong TY: Prevalence of Age-related Macular Degeneration in Asians,

     A Systematic Review and Meta-Analysis. Melbourne Ophthalmic Alumni Meeting, Australia; July 2009

 (2) 国内の学会

  ・ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1)                   山下英俊,山本禎子,中野早紀子(シンポジスト):糖尿病網膜症評価の進歩.「糖尿病網膜症の克服をめざして」 第43回糖尿病学の進歩,長野;2009年2月

2)                   山下英俊(教育セミナー):糖尿病網膜症診療の戦略 「眼科専門医志向者トレーニングコース」.第113回日本眼科学会総会,東京;2009年4月

3)                   小椋祐一郎,山下英俊(シンポジウムオーガナイザー):抗血管新生治療の新戦略―血管細胞説物学からのアプローチ.第113回日本眼科学会総会,東京;2009年4月

4)                   川崎良(ランチョンセミナー):加齢黄斑変性の疫学 疫学から臨床へのメッセージ. 抗VEGF時代のAMD診療戦略. 第113回日本眼科学会総会,東京;2009年4月

5)                   山本禎子(インストラクションコース):目にやさしい糖尿病黄斑浮腫治療. 第63回日本臨床眼科学会総会,福岡;2009年10月

6)                   菅野誠(シンポジスト):血管新生緑内障の治療戦略―血管新生緑内障の原因疾患と病態―.第63回日本臨床眼科学会総会,福岡;2009年10月

7)                   菅野誠(イブニングセミナー):自動視野計のプログラム グレイゾーンの整理整頓―10度のグレイゾーン―.第63回日本臨床眼科学会総会,福岡;2009年10月

8)                   川崎良(インストラクションコース):症例対照研究とコホート研究. 「眼科医のための数字力養成講座」. 第63回日本臨床眼科学会総会,福岡;2009年10月

9)                   柏木佳子,加藤修雄,佐々武史,山本禎子,高村浩,山下英俊:網膜芽細胞腫細胞株のコチレニンAによる分化誘導およびアポトーシスの分子メカニズム.第63回日本臨床眼科学会総会第113回日本眼科学会総会学術展示優秀賞受賞講演,福岡;2009年10月

10)               山本禎子(教育セミナー):「眼底画像診断の進歩-蛍光限定造影で病態を探る~見逃すな!眼底からのメッセージ」-造影から理解する糖尿病網膜症.3学会合同学会NOW2009, 名古屋;2009年12月

・ 一般演題

1)                   菅野誠,永沢倫,山下英俊:注射針による濾過胞再建術の成績.第32回日本眼科手術学会総会,神戸;2009年1月

2)                   羽根田思音, 山本禎子, 阿部さち, 斎藤公子, 山下英俊:難治性加齢黄斑変性に対するベバシズマブ併用治療の検討.第32回日本眼科手術学会総会、神戸;2009年1月

3)                   西塚弘一,柏木佳子,山本禎子,山下英俊:ヒト硝子体組織由来cell strain の樹立とブタ硝子体組織由来細胞株との比較検討.第113回日本眼科学会総会,東京;2009年4月

4)                   中野早紀子,山本禎子,桐井枝里子,阿部さち,三浦瞳,山下英俊:難治性糖尿病黄斑浮腫に対するトリアムシノロン硝子体注射治療効果予測因子の検討.第113回日本眼科学会総会,東京;2009年4月

5)                   難波広幸,柏木佳子,西塚弘一,高村浩,山本禎子,山下英俊:強角膜実質細胞での血小板由来成長因子によるトロンボモジュリン発現制御と炎症.第113回日本眼科学会総会,東京;2009年4月

6)                   阿部さち,山本禎子,羽根田思音,斎藤公子,三浦瞳,桐井枝里子,山下英俊:フーリエドメインOCTを用いたポリープ状脈絡膜血管症の3次元的画像解析.第113回日本眼科学会総会,東京;2009年4月

7)                   柏木佳子,加藤修雄,佐々武史,山本禎子,高村浩,山下英俊:網膜芽細胞腫細胞株のコチレニンAによる分化誘導およびアポトーシスの分子メカニズム.第113回日本眼科学会総会,東京;2009年4月

8)                   今野伸弥,高村浩,山下英俊:30年間無治療で経過した両側の眼瞼基底細胞癌の1例. 第27回日本眼腫瘍研究会, 山形;2009年6月

9)                   高村浩,今野伸弥,山下英俊:眼科領域に発症した粘表皮癌の3例.第63回日本臨床眼科学会 眼科臨床病理組織研究会,福岡;2009年10月

10)               菅野誠,溝上志朗,兵頭涼子,鈴村弘隆,木村泰朗,吉川啓司:中心視野検査プログラムとEstermanテスト.第63回日本臨床眼科学会総会,福岡;2009年10月

11)               今野伸弥,高村浩,山下英俊:眼瞼Merkel細胞癌の1例.第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡;2009年10月

12)               西塚弘一,今野伸弥,高村浩,山本禎子,山下英俊:術中X線透視が有用であった穿孔性眼外傷を伴った眼窩内異物の1例.第63回日本臨床眼科学会総会,福岡;2009年10月

13)               阿部さち,菅野彰,山本禎子,和田学,加藤丈夫,竹村直,嘉山孝正,山下英俊:視神経炎様の症状を来した肥厚性硬膜炎の1例.第63回日本臨床眼科学会総会,福岡;2009年10月

14)               三浦瞳,  山本禎子, 神尾聡美, 中野早紀子, 桐井枝里子, 山下英俊:網膜静脈分枝閉塞症の視力予後不良原因の分析.第63回日本臨床眼科学会, 福岡;2009年10月

15)               柏木佳子,西塚弘一,加藤修雄,佐々武史,山本禎子,高村浩,山下英俊:コチレニンA投与した網膜芽細胞腫細胞株における網羅的遺伝子発現解析.第63回日本臨床眼科学会 眼科DNAチップ研究会,福岡;2009年10月

16)               高村浩,今野伸弥,山下英俊:6年後に眼窩蜂窩織炎を伴って再発した脂腺癌の1例. 第24回日本眼窩疾患シンポジウム,金沢;2009年11月

17)               田邉祐資,菅野誠,山下英俊:トラボプロスト、タフルプロスト投与による眼圧下降効果の検討.第20回日本緑内障学会,沖縄;2009年11月

18)               西塚弘一,山本禎子,望月典子,山下英俊:特発性黄斑円孔手術後の腹臥位時間の短縮のこころみ.第48回日本網膜硝子体学会総会,名古屋;2009年12月

19)               羽根田思音, 山本禎子, 阿部さち, 佐藤さくら, 山下英俊:ポリープ状脈絡膜血管症に対する低照射エネルギー光線力学的療法の効果.第48回日本網膜硝子体学会総会,名古屋;2009年12月

(3) 研究会

 ・ 特別講演

1)            菅野誠:緑内障の点眼治療の実際.第28回置賜眼科医会,米沢;2009年1月

2)            山下英俊:糖尿病網膜症の病態と治療戦略.第52回静岡県眼科医会集談会,静岡;2009年2月

3)            佐藤さくら:米国における日常眼科診療について.第78回山形眼科研究会,山形;2009年2月

4)            金子優:Behcet病の眼科的治療.田辺三菱製薬勉強会,山形;2009年2月

5)            山下英俊:糖尿病網膜症の新たな治療戦略.第2回山形肥満治療エキスパートミーテイング,山形;2009年3月

6)            山下英俊:糖尿病網膜症手術治療と全身管理.響・内科眼科糖尿病診療連携の会,北九州;2009年3月

7)            山本禎子:糖尿病黄斑浮腫の検出と治療.第9回あだたらクラブ講演会,郡山;2009年3月

8)            高村浩:RAと眼.第18回山形リウマチ研究会,山形;2009年3月

9)            高村浩:VDTと眼.産業医集団研修会(山形県医師会),山形;2009年3月

10)          山下英俊:糖尿病網膜症治療戦略のEBM.第3回桜山糖尿病と網膜症研究会,名古屋;2009年4月

11)          山下英俊:糖尿病網膜症の治療戦略―分子レベルから疫学まで―.第118回広島県眼科医会講習会,広島;2009年4月

12)          川崎良:Retinal Microvascular Signs as Biomarkers of Cardiovascular Disease. 放射線影響研究所. 広島;2009年4月

13)          山下英俊:糖尿病網膜症の治療戦略―大規模疫学研究の成果.第30回福岡大学眼科研究会,福岡;2009年5月

14)          山下英俊:糖尿病網膜症治療の新しい展開.第113回山口県眼科医会春季講演会,山口;2009年5月

15)          山下英俊:糖尿病網膜症診療の戦略――疫学研究の成果から.東邦大学佐倉病院第一回眼科フォーラム,眼科疾患の連携を考える,佐倉;2009年5月

16)          金子優:ぶどう膜炎の診療.井出眼科病院勉強会,山形;2009年5月

17)          山本禎子:糖尿病網膜症のレーザー治療.第7回神奈川DMカンファレンス,神奈川;2009年7月

18)          難波広幸:アイバンクの現状.第81回山形眼科研究会,山形;2009年7月

19)          上領勝:眼科における救急医療.第14回山形大学医学部技術部職員研修会,山形;2009年8月

20)          山下英俊:糖尿病網膜症の病態と治療戦略.第11回滋賀糖尿病治療フォーラム,滋賀;2009年9月

21)          高村浩:アイバンクと角膜移植.山形霞城ライオンズクラブ第861回例会,山形;2009年9月

22)          金子優:ぶどう膜炎の診療〜最近の話題を含めて〜.第2回 庄内Talkの会,山形;2009年9月

23)          山下英俊:糖尿病網膜症の治療戦略.第26回東北インスリン研究会,仙台;2009年10月

24)          高村浩:アイバンクと角膜移植.山形中央ライオンズクラブ第947例会,山形;2009年10月

25)          高村浩:置賜地方の眼腫瘍ー日常診療に潜む眼腫瘍ー.第14回置賜眼科研究会,米沢;2009年10月

26)          川崎良:オーストラリアにおけるルセンティス使用の実際. ルセンティスワークショップ ,福岡;2009年10月

27)          金子優:眼の健康教室:上山明新館高等学校アイバンク講演会,山形;2009年10月

28)          金子優:網膜色素変性症の治療と病気とのつき合い方.村山保健所主催患者講習会,山形;2009年10月

・  シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

  1) 菅野誠(教育講演):緑内障眼底の診かた.第79回山形眼科研究会,山形;2009年3月

2) 羽根田思音(教育講演):斜視の診療.第80回山形眼科研究会,山形;2009年5月

3) 上領勝(教育講演):裂孔原性網膜剥離の診療—網膜復位術を中心に―.第81回山形眼科研究会,山形;2009年7月

4) 今野伸弥(教育講演):小児の眼腫瘍. 第4回東北6大学Step Upセミナー, 岩手;2009年8月

5) 菅野彰,山本禎子,山下英俊(教育講演):眼科手術における抗凝固剤について.第83回山形眼科研究会,山形;2009年11月

6) 今野伸弥(教育講演):眼腫瘍の診療.第83回山形眼科研究会,山形;2009年11月

 ・ 一般演題

1)            西塚弘一,柏木佳子,東条直樹,山下英俊:硝子体由来細胞株 −血管内皮細胞の細胞関連について−.眼科分子生物学研究会, 福岡;2009年2月

2)            桐井枝里子,山本禎子,中野早紀子, 三浦瞳,山下英俊,神尾聡美:網膜静脈分枝閉塞症に対する硝子体手術.第78回山形眼科研究会,山形;2009年2月

3)            阿部さち,山本禎子,桐井枝里子,山下英俊:特発性脈絡膜新生血管が疑われ脈絡膜陥凹がみられた1例.第78回山形眼科研究会,山形;2009年2月

4)            今野伸弥,高村浩,山下英俊:画像診断で良性腫瘍との鑑別が困難であった眼窩悪性リンパ腫.第78回山形眼科研究会,山形;2009年2月

5)            田邉祐資,菅野誠,永沢倫:トラボプロスト片眼トライアルによる眼圧下降効果の検討.第9回グラネアの会,仙台;2009年3月

6)            三浦瞳,中野早紀子,山本禎子,山下英俊:ニワトリの衝突により眼球破裂をきたした1例.第79回山形眼科研究会,山形;2009年3月

7)            羽根田思音,山本禎子,阿部さち, 山下英俊, 斉藤公子:難治性加齢黄斑変性に対するベバシズマブ併用療法.第79回山形眼科研究会,山形;2009年3月

8)            田邊祐資:メタボリックシンドロームと網膜血管系変化について.第79回山形眼科研究会,山形;2009年3月

9)            阿部さち,山本禎子,羽根田思音,三浦瞳,桐井枝里子,山下英俊, 斉藤公子:フーリエドメインOCTによるポリープ状脈絡膜血管症の3次元的画像解析.第80回 山形眼科研究会,山形;2009年5月

10)          中野早紀子,山本禎子,桐井枝里子,阿部さち,三浦瞳,山下英俊:難治性糖尿病黄斑浮腫に対するトリアムシノロン硝子体注射治療効果の予測因子.第80回山形眼科研究会,山形;2009年5月

11)          菅野誠,永沢倫,山下英俊:注射針による濾過胞再建術.第80回山形眼科研究会,山形;2009年5月

12)          西塚弘一,柏木佳子,山本禎子,山下英俊:ヒト硝子体組織由来 cell strain 樹立の試み.第81回山形眼科研究会,山形;2009年7月

13)          武田祐介,山本禎子,山下英俊:加齢黄斑変性に対するルセンティスの使用経験.第81回山形眼科研究会,山形;2009年7月

14)          佐藤浩章:膨潤白内障の一例.第81回山形眼科研究会,山形;2009年7月

15)          高宮美智子,佐藤憲夫:アカントアメーバ角膜炎14例の検討.第82回山形眼科研究会,山形;2009年9月

16)          田邉祐資,菅野誠,山下英俊:トラボプロスト、タフルプロスト投与による眼圧下降効果の検討.第21回みちのく緑内障懇話会,仙台;2009年11月

17)          三浦瞳,山本禎子,中野早紀子,桐井枝里子,山下英俊,神尾聡美:網膜静脈分枝閉塞症の視力予後不良原因.第83回山形眼科研究会,山形;2009年11月

18)          金子優:サイトメガロウィルス角膜内皮炎の2例.第83回山形眼科研究会,山形;2009年11月

19)          羽根田思音,山本禎子,阿部さち,斎藤公子,山下英俊:Lucentis によるAMD治療.第10回東北黄斑研究会,盛岡;2009年11月

20)          柏木佳子:網膜芽細胞腫細胞株におけるコチレニンA の効果.第17回山形分子生物学セミナー&バイオクラスター基盤構築事業「バイオカフェ」,山形;2009年12月

21)          柏木佳子:網膜芽細胞腫細胞株におけるコチレニンA の効果.第2回Retina Research Meeting,東京; 2009年12月

1.論文

(1)原著

1) Kawasaki R, Wang JJ, Ji GJ, Taylor B, Oizumi T, Daimon M, Kato T, Kawata S, Kayama T, Tano Y, Mitchell P, Yamashita H, Wong TY. Prevalence and risk factors for age-related macular degeneration in an adult Japanese population The Funagata Study. Ophthalmology 2008;115:1376-1381

2) Kawasaki R, Tielsch JM, Wang JJ, Wong TY, Mitchell P, Tano Y, Tominaga M, Oizumi T, Daimon M, Kato T, Kawata S, Kayama T, Yamashita H. The metabolic syndrome and retinal microvascular signs in a Japanese population: the Funagata study. Br J Ophthalmol 2008;92:161-166

3) Kawasaki R, Wang JJ, Kayama T, Yamashita H, Wong TY. Impaired glucose tolerance, but not impaired fasting glucose, is associated with retinopathy in Japanese population: the Funagata Study. Diabetes, Obesity and Metabolism 2008;10:514-515 [letter to the editor]

4) Kawasaki R, Wang JJ, Kayama T, Yamashita H, Wong TY. Body mass index and retinal vein occlusion. Ophthalmology 2008;115:817-818 [letter]

5) Kawasaki R, Wang JJ, Mitchell P, Aung T, Saw SM, Wong TY. Racial Difference in the Prevalence of Epiretinal Membrane between Whites and Asians. Br J Ophthalmology 2008;92:1320-1324

6) Noma H, Funatasu H, Yamasaki M, Tsukamoto H, Mimura T, Sone T, Hirayama T, Tamura H, Yamashita H, Minamoto A, Mishima HK: Aqueous humour levels of cytokines are correlated to vitreous levels and severity of Macular oedema in branch retinal vein occulusion. Eye 2008;22:42-48

7) Dimitrova G, Kato S, Fukushima H, Yamashita H: Circulatory parameters in the retrogbulbar central retinal artery and vein of patients with diabetes and medically treated systemic hypertension.  7th International Symposium on Ocular Pharmacology and Therapeutics (Proceedings) 2008;105-109

8) Kirii E, Yamamoto T, Nagasawa M, Mochizuki N, Nakano S, Yamashita H: Effects of intravitreal bevacizumab on neovascular glaucoma.  7th International Symposium on Ocular Pharmacology and Therapeutics (Proceedings) 2008;149-152

9) Ishikawa S, Nakamura Y, Nakamura Y, Sakai H, Sawaguchi S, Terashima K, Kanno M, Yamashita H: Efficacy and safety of combination therapy with latanoprost after a change in therapeutic regimen from timolol to birinzolamide in Japanese adult patients with primary open-angle glaucoma and ocular hypertention: open,non-randomized 12-week study. Clinical Ophthalmology 2008;2:703-708

10) Yamasaki M, Noma H, Funatsu H, Minamoto A, Mimura T, Shimada K, Yamashita H, Kiuchi Y.: Changes in foveal thickness after vitrectomy for macular edema with branch retinalvein occlusion and  intravitreal vascular endothelial growth factor.International Ophthalmology  Epub 2008 Sep

11) Kawasaki R, Sato H, Wang JJ, Ji GJ, Taylor B, Oizumi T, Daimon M, Kato T, Kawata S, Kayama T, Tano Y, Mitchell P, Yamashita H, Wong TY: Prevalence and Associations of Epiretinal Membranes in an Adult Japanese Population. Eye in press.

12) Dimitrova G, Kato S, Fukushima H, Yamashita H: Circulatory parameters in theretrobulbar central retinal artery and vein of patients with diabetes and medically treated systemic hypertension. Graefe's Archives of Ophthalmology 2009;247:53-58, Epub 2008 Sep 3

13)Tojo N, Kashiwagi Y,Nishitsuka K, Yamamoto S, Asao H, Sugawara N, Yamashita T,Yamamoto T,Yamashita H: Interaction between Vitreous-derived Cells and Vascular Endothelial Cells in Vitreoretinal Diseases. Acta Ophthalmologica in press.

14) Jeganathan VS, Kawasaki R, Wang JJ, Aung T, Mitchell P, Saw SM, Wong TY: Retinal Vascular Caliber and Age-related Macular Degeneration: The Singapore Malay Eye Study. Am J Ophthalmol 2008;146:954-959

15) Kawasaki R, Wang JJ, Sato H, Mitchell P, Kato T, Kawata S, Kayama T, Yamashita H, Wong TY. Prevalence and associations of epiretinal membranes in an adult Japanese population: the Funagata Study. Eye  Epub 2008 Aug 8

16) Kawasaki R, Wang JJ, Aung T, Tan DT, Mitchell P, Sandar M, Saw SM, Wong TY: Prevalence of Age-related Macular Degeneration in a Malay Population: The Singapore Malay Eye Study. Ophthalmology 2008; 115: 1735-1741

17) 永沢倫,菅野誠,土谷大仁朗,鈴木理郎,山下英俊:塩酸レボブノロールの点眼回数切り替えによる眼圧下降効果の検討.臨眼 2008;62:1339-1341

18) 田邉智子,高村浩,上領勝,山本禎子,大黒浩,山下英俊:悪性腫瘍随伴網膜症と診断された網脈絡膜病変の1例.臨眼 2008;62:1467-1471

19) 田邉祐資,菅野誠,永沢倫,山下英俊:ステロイド緑内障に対する選択的レーザー線維柱帯形成術の術後成績.臨眼 2008;42:1535-1538

20) 中野早紀子,山本禎子,政金生人,今田恒夫,山下英俊:糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体手術後に直接の眼科治療によらず黄斑浮腫が変動した2例.臨眼 2008;62:1159-1166

21)羽根田思音,山本禎子,土谷大仁朗,深尾彰,山下英俊:ポリープ状脈絡膜血管症における自然経過および光線力学療法後の予後の検討.臨眼 2008;62:1557-1562

22) 松下知弘,山本禎子,菅野誠,川崎良,芳賀真理江,神尾聡美,佐藤浩章,金子優,鈴木理郎,江口秀一郎,高村浩,山下英俊:増殖糖尿病網膜症患者の硝子体手術における抗凝固療法の術後合併症発生への影響.あたらしい眼科 2008;25:1157-1161

23) 森洋斉,森文彦,昌原英隆,亀田裕介,鈴木理郎,山内遵秀,江口まゆみ,江口秀一郎:非球面眼内レンズ(TECNIS ZA9003)挿入眼の収差とコントラスト感度. あたらしい眼科 2008;25:561-565

(2)総説

1) Heldin P, Karousou E, Bernert B, Porsch H, Nishitsuka K, Skandalis SS.:Importance of hyaluronan-CD44 interactions in inflammation and tumorigenesis.Connect Tissue Res. 2008;49:215-218

2) 山下英俊,中野早紀子,山本禎子:世界の介入試験から何を学んだか?−網膜症—.肥満と糖尿病 2008;7: 94-96

3) 曽根博仁,山田信博,山下英俊:糖尿病合併症における網膜症の位置づけ―JDCSの中間結果を含めて―.糖尿病合併症 2008;22:71-75

4) 山本禎子:特集「糖尿病の眼合併症」4.糖尿病と網膜硝子体―病態.臨眼 2008;62:1822-1827

5) 八木文彦,佐藤幸裕,山本禎子,竹内忍:網膜静脈閉塞症に対する硝子体手術は新生血管の発生予防に有効か? 東邦医学会雑誌 2008;55:369-374

6) 高村浩:特集:眼腫瘍の最前線 4.眼瞼腫瘍. 眼科 2008;50:171-178

7) 高村浩:第61回日本臨床眼科学会一般講演「眼窩」. 眼科 2008;50:587-588

8) 高村浩:今月の話題 眼窩腫瘍の診断と治療update.臨眼 2008;62:1615-1622

9)高橋義徳,山下英俊,木下茂:DNAチップの眼科への応用―基礎と臨床―.日眼会誌 2008;112:121-126

10) 川崎良:わかりやすい臨床講座:糖尿病網膜症:舟形町研究.日本の眼科 2008;79:1697-1701

11) 川崎良:高血圧、腎臓病と眼. Pharma Medica 2008;26:53-56

12) 菅野誠:緑内障検査とOCT検査の機種一覧.あたらしい眼科 2008;25:637-645

13) 菅野誠:炭酸脱水酵素阻害薬の点眼と内服、高浸透圧薬の使い方は? あたらしい眼科(臨時増刊号)2008;25:151-153

14) 土谷大仁朗,山本禎子:特集「加齢黄斑変性」 加齢黄斑変性の治療 (1)PDT.あたらしい眼科 2008;25:1223-1229

15) 今野伸弥,高村浩:眼窩腫瘍.日本の眼科 2008;79:741-742

16)永沢倫,山下英俊:眼底鏡の使い方と所見のみかた.診断と治療 2008;96:705-710

17)永沢倫,山下英俊:糖尿病合併症 糖尿病網膜症「糖尿病網膜症の概念・病因・分類・診断」.日本臨床 2008;66 :144-148

18) 田邉智子,坂本泰二:眼科医のための先端医療「感染症の新たな診断法の展開―PCR(Polymerase Chain Reaction)を用いた迅速診断―」.あたらしい眼科 2008;125:983-984

19) 田邉智子,江口秀一郎:眼科手術 Q&A 9. 眼瞼手術:眼瞼手術の疑問・不安.眼科ケア(夏季増刊号)2008

20)中野早紀子,山下英俊:糖尿病網膜症の成因と病態.カレントテラピー 2008;26:572-576

21)中野早紀子,山下英俊:食後高血糖と網膜症の関係は?.肥満と糖尿病 2008;7;832-833

22)羽根田思音,山下英俊:糖尿病網膜症の予防とエビデンス.Mebio 2008;25:43-48

23)羽根田思音,山本禎子,山下英俊:新時代の糖尿病学(3)―病因・診断・治療研究の進歩- 糖尿病合併症治療薬.日本臨床 2008;66:440-445

24) 羽根田思音,山下英俊:新時代の糖尿病学(2)―病因・診断・治療研究の進歩- 眼底検査.日本臨床 2008;66:520-525

25) 羽根田思音:後期臨床研修医日記 山形大学医学部眼科学教室.あたらしい眼科 2008;25:69-70

26) 桐井枝里子,山本禎子,中野早紀子,山下英俊:眼科領域における抗血管新生療法の現状.細胞 2008;40:520-523

27)佐藤武雄:3章 検査員なら知っておきたい!眼底病変 4原田病. 眼科ケア冬期増刊号 2008;119-123

28)佐藤武雄:3章 検査員なら知っておきたい!眼底病変 21急性後部多発性斑状色素上皮症(APMPPE).眼科ケア冬期増刊号 2008;220-223

(3)著書

1) 山下英俊:糖尿病黄斑浮腫に対する眼局所ステロイド治療.眼科診療のコツと落とし穴 3 薬物療法,中山書店,2008;102-103

2) 高村浩:眼球突出. 今日の治療指針 2008年度板,医学書院,2008;1085-1086

3) 高村浩:結膜扁平上皮癌の治療. 眼科手術のコツと落とし穴 1 手術―前眼部,中山書店,2008;70-71

4) 高村浩:I.眼瞼腫瘍 5.血管由来の腫瘍 1)先天性血管腫.眼科プラクティス 24見た目が大事!眼腫瘍,文光堂,2008;32-33

5) 高村浩:I.眼瞼腫瘍 5.血管由来の腫瘍 2)後天性血管腫.眼科プラクティス 24見た目が大事!眼腫瘍,文光堂,2008;34

6) 高村浩:II.結膜腫瘍 3.上皮由来の腫瘍 1)上皮封入嚢腫.眼科プラクティス 24見た目が大事!眼腫瘍,文光堂,2008;65

7) 高村浩:III. 眼窩腫瘍 1.眼窩腫瘍の診断方法.眼科プラクティス 24見た目が大事!眼腫瘍,文光堂,2008;96-101

8) 高村浩:III. 眼窩腫瘍 2.嚢腫様病変 1)表皮様嚢腫・類皮嚢腫.眼科プラクティス 24見た目が大事!眼腫瘍,文光堂,2008;32-33

9) 高村浩:III. 眼窩腫瘍 2.嚢腫様病変 2)膿瘍.眼科プラクティス 24見た目が大事!眼腫瘍,文光堂,2008;32-33

10) 川崎良:人間ドックにおける眼科診療の重要性. どう診る?どう治す?中高年の眼疾患,メジカルレビュー社,2008

11)菅野誠:選択的レーザー線維柱帯形成術の実際.眼科診療のコツと落とし穴 1手術―前眼部,中山書店,2008;168-169 

12) 望月典子,山下英俊:眼の動脈硬化症.高血圧ナビゲーター 第2版,メディカルレビュー社,2008;162-163

(4)その他

    1) 山下英俊,山本禎子,川崎良,大橋靖雄,田中佐智子:糖尿病における血管合併症の発症予防と進展抑制に関する調査(JDCStudy).網膜症経過観察プログラムについての報告書,平成19年度厚生省長期慢性疾患総合研究事業,糖尿病調査研究報告書,2008;18-29

2.学会報告

(1)国際学会

・ 特別講演

1) Yamamoto T: The various treatment modalities for macular edema associated with branch retinal vein occlusion. 7th International Symposium on Ocular Pharmacology and Therapeutics, Budaoest, Hungary; February 2008

・ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

  1. 1)    Kirii E,Yamamoto T,Nagasawa M,Mochizuki N,Nakano S,Yamashita H: Effects of Intravitreal Bevacizumab on Neovascular glaucoma:7th International Symposium on Ocular Pharmacology and Therapeutics, Budapest,Hungary;February 2008
  2. 2)    Kawasaki R: Epidemiology of Age-related Macular Degeneration in Asia. Changing epidemiology of visual impairment in developed and developing countries. World Ophthalmology Congress 2008, Hong Kong, China;June 2008
  3. 3)    Kawasaki R: Retinal Microvascular Signs as Biomarkers of Cardiovascular Disease. Imaging Techniques in Population-based Epidemiologic Studies. European Associaion for Vision and Eye Research Annual congress 2008, Portoroz, Slovenia; October 2008

・ 一般演題

  1. 1)    Sato H, Kokame GT: CNV after hydrogel implant intrusion. Study Club for Ophthalmic Research in Hawaii,Honolulu, USA; February 2008
  2. 2)    Kawasaki R, Wang JJ, Aung T, Tan DTH, Mitchell P, Sandar M, Saw SM, Wong TY: Prevalence of Age-related Macular Degeneration in a Malay Population: the Singapore Malay Eye Study (SiMES). 81st The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual meeting, Fort Lauderdale, USA; April 2008
  3. 3)    Nakano S, Yamamoto T, Kirii E, Yamashita H:Effects of Triamcinolone and/or Bevacizumab on Refractory Diabetic Macular Edema.81st The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual meeting, Fort Lauderdale, USA; April 2008
  4. 4)    Kashiwagi Y, Kato N, Sassa T, Yamamoto T, Takamura H, Yamashita H: Effect of cotylenin A in retinoblastoma cell line. 81st The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual meeting, Fort Lauderdale,USA; April 2008
  5. 5)    Tanabe Y, Kawasaki R, Wang JJ, Wong TY, Mitchell P, Daimon M, Oizumi T, Kato T, Kawata S, Kayama T, Yamashita H: Angiotensin converting enzyme gene and retinal arteriolar caliber in an adult Japanese population : Funagata study. 81st The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual meeting, Fort Lauderdale, USA; April 2008
  6. 6)    Haneda S, Yamamoto T , Tsuchiya D , Fukao A , Yamashita H:Natural History and Clinical Course of polypoidal Choroidal Vasculopathy. 81st The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual meeting, Fort Lauderdale, USA; April 2008
  7. 7)    Nanba H, Kashiwagi Y, Takamura H, Yamamoto T, Yamashita H: Effects of platelet derived growth factor-BB (PDGF-BB) on gene expression patterns in human scleral stromal cells and corneal stromal cells. 81st The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual meeting, Fort Lauderdale, USA; April 2008
  8. 8)    Nakano S, Yamamoto T, Yamashita H: Treatment of presumed tuberculous optic neuritis with atypical ocular findings.World Ophthalmology Congress 2008, Hong Kong, China; June 2008
  9. 9)    Sato H, Kokame GT: Combination treatment for AMD. Study Club for Ophthalmic Research in Hawaii, Honolulu,USA; July 2008
  10. 10)Sato H, Kokame GT, Tanji MT: Management of late onset buckle intrusion due to hydrogel buckle swelling.15th Year Anniversary Vitreoretinal Symposium of The Retina Center at Pali Momi, Kapolei, USA; October 2008
  11. 11)Sato H, Kokame GT, Tanji MT: Management of late onset buckle intrusion due to hydrogel buckle swelling. The 26th Annual meeting of the American Society of Retina Specialists, Wailea, USA; October 2008
  12. 12)Kawasaki R, Wang JJ, Mitchell P, Wong TY: Racial difference in the prevalence of epiretinal membrane between Whites and Asians. 40th Annual Scientific Congress of the Royal Australian and New Zealand College of Ophthalmologisits, Melbourne, Australia; November 2008
  13. 13)Yamamoto T: Therapeutic strategy for macular edema in BRVO eyes. The 3rd Congress of Asian Pacific Vitreoretinal Society,Busan,Korea; December 2008

(2)国内の学会

   ・ 特別講演

  1. 1)    山下英俊(特別講演):糖尿病網膜症の治療戦略:よりよい視力予後を目指した治療戦略確立への道.第14回糖尿病眼学会,東京;2008年3月
  2. 2)    山本禎子(特別講演):サブスペシャリティーサンデー7 後眼部疾患 網膜硝子体疾患診療の進歩―網膜静脈閉塞症の治療戦略―.第112回日本眼科学会総会,横浜市;2008年4月

  ・ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

  1. 1)         山下英俊,中野早紀子,山本禎子(シンポジスト):糖尿病網膜症評価の進歩.シンポジウム 糖尿病網膜症の克服をめざして.第42回糖尿病学の進歩,高松市;2008年2月
  2. 2)         川崎良,Wong TY,山下英俊:糖尿病と網膜症およびその他の網膜疾患―山形県舟形町研究の成果からー. 第14回日本糖尿病眼学会,東京;2008年3月
  3. 3)         白神史雄,山下英俊(シンポジウムオーガナイザー):糖尿病網膜症の病態研究の進歩.第112回日本眼科学会総会,横浜市;2008年4月
  4. 4)         山本禎子(シンポジスト):糖尿病網膜症の病態研究の進歩.第112回日本眼科学会総会,横浜市;2008年4月
  5. 5)         川崎良(ランチョンセミナー講演):加齢黄斑変性の疫学. 日本人には加齢黄斑変性が少ないのか?. 第112回日本眼科学会総会,横浜市;2008年4月
  6. 6)         山下英俊,飯田知弘(シンポジウムオーガナイザー):網膜静脈閉塞症の病態と治療戦略. 第62回臨床眼科学会,東京;2008年10月
  7. 7)         平塚義宗,小野浩一,川崎良,山田昌和,山下英俊(インストラクションコース講演):眼科医のための「数字力」養成講座 (初級).第62回臨床眼科学会,東京;2008年10月
  8. 8)         川崎良(インストラクションコース講演):「症例対照研究とコホート研究」. 「眼科医のための「数字力」養成講座 (初級).第62回臨床眼科学会,東京;2008年10月
  9. 9)         山本禎子(シンポジスト):網膜静脈閉塞症の病態と治療戦略.第62回日本臨床眼科学会,東京;2008年10月
  10. 10)     山本禎子(インストラクションコース講演):目にやさしい糖尿病黄斑浮腫治療―糖尿病黄斑浮腫の診断―.第62回日本臨床眼科学会,東京;2008年10月
  11. 11)     田邉祐資,川崎良,山下英俊(シンポジスト):メタボリックシンドロームと網膜血管系変化:山形県舟形町研究.第23回日本糖尿病合併症学会,東京;2008年10月

   ・ 一般演題

  1. 1)    山本禎子:網膜静脈閉塞症の難治性黄斑浮腫に対する網膜細動脈光凝固.硝子体フォーラム,留寿都(ルスツ);2008年2月
  2. 2)    菅野誠,永沢倫,山下英俊:360°Selective Laser Trabeculoplastyの成績.第31回日本眼科手術学会,横浜市;2008年2月
  3. 3)    望月典子,山本禎子,山下英俊:網膜下血腫に対する手術予後についての検討.第31回日本眼科手術学会総会,横浜市;2008年2月
  4. 4)    中野早紀子,山本禎子,桐井枝里子,山下英俊:びまん性糖尿病黄斑浮腫に対する治療法選択についての検討.第31回日本眼科手術学会,横浜市;2008年2月
  5. 5)    菅野智華子,柏木佳子,堀江公仁子,猪俣素子,山本禎子,山下英俊:網膜芽細胞腫細胞におけるアクチビンの作用機序.第112回日本眼科学会総会,横浜市;2008年4月
  6. 6)    中野早紀子,山本禎子,桐井枝里子,三浦瞳,山下英俊:難治性糖尿病黄斑浮腫に対する眼局所薬物治療法の効果の検討.第112回日本眼科学会総会,横浜市;2008年4月
  7. 7)    柏木佳子,加藤修雄,佐々武史,山本禎子,山下英俊:網膜芽細胞腫におけるコチレニンAによる分化誘導の分子メカニズム.第112回日本眼科学会総会,横浜市;2008年4月
  8. 8)    難波広幸,柏木佳子,高村浩,山本禎子,山下英俊:角膜、強膜実質由来細胞の血小板由来成長因子(PDGF)-BBによる遺伝子発現.第112回日本眼科学会総会,横浜市;2008年4月
  9. 9)    山本禎子:網膜静脈閉塞症の難治性黄斑浮腫に対する網膜細動脈光凝固.Japan Macula Club 第10回総会,蒲郡市;2008年8月
  10. 10)高村浩,今野伸弥,山下英俊:急速な眼症状の進行がみられた眼窩びまん性大細胞型悪性リンパ腫の2例.第62回日本臨床眼科学会 眼科臨床病理組織研究会,東京;2008年10月
  11. 11)菅野誠,永沢倫,田邉祐資,山下英俊:術後消炎剤の有無による選択的レーザー線維柱帯形成術の成績.第62回日本臨床眼科学会,東京;2008年10月
  12. 12)今野伸弥,高村浩,山下英俊:画像診断では良性腫瘍と考えられた眼窩悪性リンパ腫の2例.第62回日本臨床眼科学会,東京;2008年10月
  13. 13)羽根田思音,阿部さち,三橋玉絵,大沼郁子,高村浩,山下英俊:外斜視手術の矯正効果に関連する術前因子および術式の検討.第62回日本臨床眼科学会,東京;2008年10月
  14. 14)田邉祐資,川崎良,Wang JJ,Wong TY,Mitchell P,大門真,大泉俊英,加藤丈夫,河田純男,嘉山孝正,山下英俊:アンギオテンシン変換酵素遺伝子多型と網膜動脈径の関連:山形県舟形町研究.第62回臨床眼科学会 第9回眼科DNAチップ研究会,東京;2008年10月
  15. 15)桐井枝里子,山本禎子,神尾聡美,中野早紀子,三浦瞳,山下英俊:網膜静脈分枝閉塞症に対する硝子体手術のタイミングについての検討.第62回日本臨床眼科学会,東京;2008年10月
  16. 16)山本禎子,桐井枝里子,三浦瞳,山下英俊:網膜静脈分枝閉塞症の難治性黄斑浮腫に対する網膜細動脈光凝固.第47回日本網膜硝子体学会総会,京都:2008年11月
  17. 17)田邉智子,森文彦,昌原英隆,外山琢,新垣孝一郎,江口秀一郎:原因不明の視神経乳頭出血の一例.第47回日本網膜硝子体学会総会,京都:2008年11月
  18. 18)阿部さち,山本禎子,桐井枝里子,山下英俊:特発性脈絡膜新生血管が疑われ脈絡膜陥凹を示した一例. 第47回日本網膜硝子体学会総会,京都:2008年11月

(3) 国内地方会

   ・  シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

  1. 1)    川崎良,南場研一(シンポジウムオーガナイザー):「眼科疾患の疫学」.第46回北日本眼科学会,盛岡市;2008年7月
  2. 2)    川崎良(シンポジスト):「眼科疾患の疫学」―日本そしてアジアの加齢黄斑変性の疫学―. 第46回北日本眼科学会,盛岡市;2008年7月

(4) 研究会

   ・ 特別講演

  1. 1)    山下英俊:糖尿病網膜症、黄斑症の治療戦略.第173回宮城県眼科集談会,仙台;2008年1月
  2. 2)    奥山美智子:緑内障の点眼治療.米沢市薬剤師会,米沢;2008年5月
  3. 3)    山下英俊:糖尿病網膜症治療戦略と眼科―内科連携.第6回もりおか糖尿病を考える内科・眼科合同懇話会,盛岡;2008年7月
  4. 4)    山下英俊:糖尿病網膜症の治療戦略―疫学研究の成果から―.第3回北九州眼科病診連携研究会,北九州市;2008年7月
  5. 5)    奥山美智子,佐藤憲夫,八幡芳和,佐野隆一,平田勲,庄司賢二,笹本威宏,後藤豊:置賜地域における糖尿病患者の地域医療連携パスへのとりくみ.第5回医療マネージメント学会 山形地方会,鶴岡;2008年7月
  6. 6)    山下英俊:視覚の大切さと糖尿病網膜症.日本眼科医会・福島県眼科医会 目の健康講座,郡山;2008年8月
  7. 7)    山下英俊:糖尿病網膜症・黄斑症の病態.第2回Pfizer Bioresponse Conference,福岡;2008年9月
  8. 8)    山下英俊:糖尿病黄斑浮腫の病態と治療戦略.第46回六大学合同眼科研究会,福岡;2008年9月
  9. 9)    山下英俊:糖尿病網膜症の診断と治療の戦略的アプローチ.第3回湘南眼科倶楽部,鎌倉;2008年9月
  10. 10)山下英俊:糖尿病網膜賞の治療戦略―視力予後の改善を目指して―.とやま眼科学術講演会,富山;2008年10月
  11. 11)高村浩:日常よくみられる目の病気.天童舞鶴ライオンズクラブ 10月第一例会講師例会,天童;2008年10月
  12. 12)高村浩:眼底写真からわかること.天童市東村山郡医師会定例会,天童;2008年10月
  13. 13)菅野誠:緑内障の点眼治療の実際.参天製薬勉強会,山形;2008年11月
  14. 14)菅野誠:ベーチェット病について.田辺三菱製薬勉強会,山形;2008年12月

   ・  シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

  1. 1)    山本禎子:加齢黄斑変性の専門医に訊く予防の話.オキュバイトインタビュー Vol 2,2008年
  2. 2)    永沢倫(教育講演):緑内障の治療薬とその選択.第73回山形眼科研究会,山形;2008年5月
  3. 3)    山本禎子(教育講演):網膜静脈閉塞症の治療戦略.第74回山形眼科研究会,山形;2008年6月
  4. 4)    山本禎子:加齢黄斑変性を考える-東北地区における最新知見-.ビスダイン座談会,2008年7月
  5. 5)    西塚弘一,柏木佳子,東條直貴,菅野智華子,高橋義徳,山本禎子,山下英俊, Heldin P(教育講演):ブタ硝子体細胞株におけるサイトカインによるヒアルロナン産生制御.第75回山形眼科研究会,山形;2008年7月
  6. 6)    山本禎子(教育講演):糖尿病黄斑浮腫.第3回東北6大学Step Up セミナー,仙台;2008年8月
  7. 7)    佐藤浩章(教育講演):ハワイ大学留学記.第76回山形眼科研究会,山形;2008年11月
  8. 8)    望月典子(教育講演):特発性黄斑円孔の診療.第77回山形眼科研究会,山形;2008年12月

・ 一般演題

  1. 1)    望月典子,山本禎子,江内田寛,石橋達朗,山下英俊:黄斑円孔手術におけるブリリアントブルーGの使用.第70回山形眼科研究会,山形;2008年1月
  2. 2)    奥山美智子,佐藤憲夫:麻痺性斜視の一例.第70回山形眼科研究会,山形;2008年1月
  3. 3)    高村浩,今野伸弥,山下英俊:結膜にみられた悪性リンパ腫.第70回山形眼科研究会,山形;2008年1月
  4. 4)    松下知弘,高村浩,山本禎子,山下英俊:山形大学眼科における白内障手術教育.第70回山形眼科研究会,山形;2008年1月
  5. 5)    中野早紀子,山本禎子,桐井枝里子,三浦瞳,山下英俊:びまん性糖尿病黄斑浮腫の治療.第71回山形眼科研究会,山形;2008年2月
  6. 6)    奥山美智子:片眼に見られたPurtscher's Retinopathyの一例.第71回山形眼科研究会,山形;2008年2月
  7. 7)    菅野誠,永沢倫,山下英俊:360°選択的レーザー線維柱帯形成術の成績.第71回山形眼科研究会,山形;2008年2月
  8. 8)    高村浩:最近経験した腫瘍性疾患.第71回山形眼科研究会,山形;2008年2月
  9. 9)    田邉祐資,永沢倫,桐井枝里子,山本禎子,望月典子,中野早紀子,菅野誠,山下英俊:Bevacizumab (Avastin®)を併用した血管新生緑内障の治療.グラネアの会,金沢;2008年3月
  10. 10)望月典子,山本禎子,山下英俊:網膜下血腫に対する手術療法.第72回山形眼科研究会,山形;2008年3月
  11. 11)奥山美智子,佐藤憲夫:緑内障術後眼内炎の一例.第72回山形眼科研究会,山形;2008年3月
  12. 12)松下知弘:トラバタンズTMの使用経験.第72回山形眼科研究会,山形;2008年3月
  13. 13)桐井枝里子,山本禎子,永沢倫,望月典子,中野早紀子,菅野誠,田邉祐資,山下英俊:血管新生緑内障に対するベバシズマブの硝子体内投与の効果.第72回山形眼科研究会,山形;2008年3月
  14. 14)難波広幸,柏木佳子,山下英俊:ヒト角膜および強膜実質由来培養細胞系の樹立と細胞外基質.第72回山形眼科研究会,山形;2008年3月
  15. 15)奥山美智子,佐藤憲夫:糖尿病黄斑浮腫の一例.第10回置賜眼科研究会,米沢;2008年4月
  16. 16)菅野智華子,柏木佳子,山本禎子,山下英俊,堀江公仁子,猪俣素子:網膜芽細胞腫細胞におけるアクチビンAの作用.第73回山形眼科研究会,山形;2008年5月
  17. 17)奥山美智子,佐藤憲夫:涙嚢鼻腔吻合術(ヌンチャク型シリコンチューブ留置)の一例.第73回山形眼科研究会,山形;2008年5月
  18. 18)中野早紀子,山本禎子,桐井枝里子,山下英俊:難治性糖尿病黄斑浮腫に対する眼局所療法.第73回山形眼科研究会,山形;2008年5月     
  19. 19)難波広幸,柏木佳子,高村 浩,山本禎子,山下英俊:ヒト角膜および強膜実質細胞の遺伝子発現パターンにおける血小板由来成長因子-BB(PDGF-BB)の効果.第74回山形眼科研究会,山形;2008年6月
  20. 20)奥山美智子,佐藤憲夫:治療に苦慮した角膜潰瘍の一例.第74回山形眼科研究会,山形;2008年6月
  21. 21)高村浩:平成19年の山形大学眼科における眼腫瘍症例.第74回山形眼科研究会,山形;2008年6月
  22. 22)難波広幸:角膜ヘルペスの診療.第75回山形眼科研究会,山形;2008年7月
  23. 23)菅野誠:インフリキシマブ(レミケード®)の使用経験.第75回山形眼科研究会,山形;2008年7月
  24. 24)松下知弘,江口秀一郎:白内障手術での所要手術時間と術後1年までの手術侵襲における熟練者と初心者の比較.第75回山形眼科研究会,山形;2008年7月
  25. 25)髙宮美智子,佐藤憲夫:加齢黄斑変性症の4症例の検討.第12回置賜眼科研究会,米沢;2008年10月
  26. 26)武田祐介,山本禎子,西塚弘一,山下英俊:慢性中心性漿液性網脈絡膜症に対するPDT治療.山形県眼科医会集談会,上山;2008年10月
  27. 27)高宮美智子,佐藤憲夫:レーザー治療で対処可能であった網膜剥離2症例.山形県眼科医会集談会,上山;2008年10月
  28. 28)高村浩,今野伸弥,山下英俊:123I-IMP SPECT検査で陽性を示さなかった脈絡膜悪性黒色腫の1例.第26回日本眼腫瘍研究会,東京;2008年11月
  29. 29)今野伸弥,高村 浩,山下英俊:眼窩悪性腫瘍に対する重粒子線治療後に発症した血管新生緑内障の治療経験.第23回眼窩疾患シンポジウム,東京;2008年11月
  30. 30)田邉祐資,菅野誠,永沢倫:トラボプロスト片眼投与による眼圧下降効果の検討.第20回みちのく緑内障懇話会,弘前;2008年11月
  31. 31)金子優:ぶどう膜炎の診療.第76回山形眼科研究会,山形;2008年11月
  32. 32)菅野誠,永沢倫,田邉祐資,山下英俊:消炎剤の使用と選択的レーザー線維柱帯形成術の成績.第77回山形眼科研究会,山形;2008年12月
  33. 33)羽根田思音,阿部さち,三橋玉絵,大沼郁子,高村浩,山下英俊:外斜視手術の矯正効果と術前因子および術式について.第77回山形眼科研究会,山形;2008年12月

3.その他

    1) 第14回やまがたDMミーティング,山形;2008年1月

    2) 第70回山形眼科研究会,山形;2008年1月

  3) 第71回山形眼科研究会,山形;2008年2月

  4) 第72回山形眼科研究会,山形;2008年3月

  5) 第73回山形眼科研究会,山形;2008年5月

  6) 第74回山形眼科研究会,山形;2008年6月

  7) 第6回山形緑内障セミナー,山形;2008年7月

  8) 第15回やまがたDMミーティング,山形;2008年7月

  9) 第75回山形眼科研究会,山形;2008年7月

  10) 第17回山形眼科先進医療研究会,山形;2008年11月

  11) 第76回山形眼科研究会,山形;2008年11月

  12) 第77回山形眼科研究会,山形;2008年12月

1.論文

 (1)  原著

1) Funatsu H, Yamashita H, Mimura T, Noma H, Nakamura S, Hori S: Risk evaluation of outcome of vitreous surgery based on vitreous levels of cytokines. Eye 2007;21: 377-382

2) Yamamoto T, Takeuchi S, Sato Y, Yamashita H: Long-term follow-up results of pars plana vitrectomy for diabetic macular edema.  Jpn J Ophthalmol 2007;51: 285-291

3) Nishitsuka K, Kashiwagi Y, Tojo N, Kanno C, Takahashi Y, Yamamoto T, Heldin P, Yamashita H:Hyaluronan production regulation from porcine hyalocyte cell line by cytokines  Experimental Eye Research 2007;85:539-545

4) Kawasaki R, Tielsch JM, Wang JJ,Wong TY, Mitchell P, Tano Y, Tominaga M, Oizumi T, Daimon M, Kato T, Kawata S, Kayama T, Yamashita H: The metabolic syndrome and retinal microvascular signs in a Japanese population: the Funagata study. Br J Ophthalmol in press.

5) Kawasaki R, Wang JJ, Taylor B, Oizumi T, Daimon M, Kato T, Kawata S, Kayama T, Tano Y, Mitchell P, Yamashita H, Wong TY: Prevalence and Risk Factors for Age-related Macular Degeneration in an adult Japanese Population: the Funagata Study. Ophthalmology in press.

6) 菅野誠,永沢倫,鈴木理郎,山下英俊:照射範囲の違いによる選択的レーザー線維柱帯形成術の術後成績.臨眼 2007;61:1033-1037

7) 金子優,笠木靖夫,山下英俊:全身性エリテマトーデスの加療中に両眼性胞状網膜剥離を生じた1例.臨眼2007;61:869-873

8) 中野早紀子,山本禎子,上領勝,今野伸弥,山下英俊:術後長期経過後に発症したMRSAバックル感染の2例.臨眼 2007;61:97-102

9) 中野早紀子,山本禎子,山下英俊:増殖糖尿病網膜症手術後の良好な視力予後に関連する因子の検討.臨眼2007;61:1747-1753

10) 田邉智子,山本禎子,上領勝,田嶋克史,阿部靖弘,市川一誠,加藤丈夫,青柳優,久保田功,山下英俊:硝子体手術によりぶどう膜炎が軽快した再発性多発性軟骨炎の1例.臨眼 2007;61:215-219

11) 中野早紀子,山本禎子,山下英俊:糖尿病黄斑症に対する硝子体手術成績に影響する因子の検討. 眼紀 in press

(2)  総説

  1. 1)    Kawasaki R, Wang JJ, Kayama T, Yamashita H, Wong TY: Body mass index and retinal vein occlusion. Ophthalmology (letter), in press
  2. 2)    Kawasaki R, Wang JJ, Kayama T, Yamashita H, Wong TY: Impaired glucose tolerance, but not impaired fasting glucose, is associated with retinopathy in Japanese population: the Funagata Study.Diabetes, Obesity and Metabolism (letter), in press.
  3. 3)    山下英俊,山本禎子:最新の網膜硝子体検査(特集序文).あたらしい眼科 2007;24:1-2
  4. 4)    山下英俊,中野早紀子:国際重症度分類.DITN 2007;354
  5. 5)    山下英俊,大橋裕一:これからの眼科医療−大学における研究、教育からの提言−.日本の眼科 2007;78: 1451-1455
  6. 6)    曽根博仁,山下英俊,山田信博:日本と世界における糖尿病網膜症の現状. 医学のあゆみ 2007;222:235-239
  7. 7)    山本禎子:糖尿病網膜症の二次および三次予防のエビデンス−黄斑浮腫による視力低下阻止を目指して−. あたらしい眼科 2007;24:1299-1304
  8. 8)    山本禎子:3章 糖尿病だと自覚し、自分の目の状態をしっかりと理解したいと思っている患者さんへの指導「糖尿病網膜症 患者指導のスキルアップ」. 眼科ケア 2007;9:29-36
  9. 9)    山本禎子:新しい治療と検査シリーズ. Brilliant Blue G(BBG)による内境界膜染色・コメンテーター.あたらしい眼科 2007
  10. 10)高村浩:最新の網膜硝子体検査.磁気共鳴画像(MRI)を用いた網膜,脈絡膜腫瘍の診断.あたらしい眼科 2007;24:59-63
  11. 11)高村浩,山下英俊:診断力をみがくイメージトレーニング.眼球突出を伴う結膜充血/アレルギー性結膜炎様の所見を呈した1例.内科 2007;100:353-356
  12. 12)高村浩:眼科専門医に必要な「全身疾患と眼」のすべて 12.内分泌疾患 副腎疾患.臨床眼科 2007;61(増刊号):254-259
  13. 13)高橋義徳,高村浩,山下英俊:特集 「眼瞼腫脹の鑑別と治療」 3.腫瘍.眼科 2007;49:783-787
  14. 14)高橋義徳,山下英俊:IV.角膜外科に必要な検査.2. 角膜厚測定(パキメーター). 眼科プラクテイス( Practical Ophthalmology) 13. 角膜外科のエッセンス. (坪田一男編)2007:260-261
  15. 15)高橋義徳,佐藤さくら,山下英俊:2. 山形大学.特集「眼科救急診療」. 眼科 2007;49:267-272
  16. 16)今野伸弥,高村浩,高橋義徳,山下英俊:眼瞼腫瘍. 眼科 2007;49:1211-1217
  17. 17)望月典子,山本禎子,山下英俊:眼疾患 特集・糖尿病の現況と治療・対策(2).医学と薬学 2007;57:308-316
  18. 18)中野早紀子,山下英俊:糖尿病網膜症とは?−糖尿病網膜症の進行過程について教えてください。特集:眼−視力障害にならないために.肥満と糖尿病 2007;6:167-169
  19. 19)中野早紀子,山下英俊:糖尿病網膜症の国際重症度分類と病像-その臨床的意義.医学のあゆみ2007;222:241-244
  20. 20)菅野誠:開放隅角緑内障に対する選択的レーザー線維柱帯形成術(新しい治療と検査シリーズ).あたらしい眼科2007;24:1635-1636

(3)  著書

  1. 1)         山下英俊,山本禎子,田邉智子,田邉祐資,中野早紀子:第54章「糖尿病眼合併症」.ジョスリン糖尿病学第2版(日本語版)金澤康徳・春日雅人・柏木厚典・河盛隆造・田嶋尚子監訳,メデイカルサイエンスインターナショナル 2007:1003-1029
  2. 2)         上領勝,山下英俊:3 増殖前、増殖網膜症.「糖尿病最新の治療2007-2009」河盛隆造・岩本安彦編,南江堂,2007:174-178
  3. 3)         望月典子,山本禎子,山下英俊:糖尿病の診断.カラー版 糖尿病学 基礎と臨床 門脇孝ら編,西村書店,2007:1235-1240

(4) その他

  1. 1)         山下英俊,山本禎子,川崎良,大橋靖雄,田中佐智子:糖尿病における血管合併症の発症予防と進展抑制に関する調査(JDCStudy).網膜症経過観察プログラムについての報告書.平成18年度厚生省長期慢性疾患総合研究事業,糖尿病調査研究報告書.2007:13-22
  2. 2)         大沼郁子:「目の前にごみが飛んでみえます。」−飛蚊症のメカニズム・飛蚊症って何?− 互助やまがた 2007;50:12-13

2.学会報告

 (1) 国際学会

 ・ 特別講演

   1) Heldin P, Bernert B, Skandalis S, Karousou E, Nishitsuka K, Li L, Li Y, Heldin C-H: Growth factor regulation of hyaluronan synthesis: impotrance of hyaluronan-CD44 interaction in cell regulation. The 7th International Conference on Hyaluronan. Charlseston, USA; April 2007

・ 一般演題

  1. 1)    Heldin P, Bernert B, Skandalis S, Karousou E, Nishitsuka K, Li L, Li Y, Heldin C-H:Importance of hyaluronan-CD44 interaction in cell regulation. The 7th International Conference on Hyaluronan. Charlseston, USA; April 2007
  2. 2)    Bernert B, Skandalis S, Nishitsuka K, Heldin C-H, Heldin P:Role of HA-CD44 interaction for tumor cell transendothelial migration and PDGF β-receptor activation. The 7th International Conference on Hyaluronan. Charlseston, USA; April 2007
  3. 3)    Tojo N , Kashiwagi Y , Nishizuka K, Yamamoto S , Sugawara N, Yamashita T Yamamoto T , Yamashita H:  Expression regulation of VEGF and IL-6 by inflammatory cytokines hyalocytes. 79th The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale,USA; May 2007
  4. 4)    Tsuchiya D, Yamamoto T, Yamashita H: Photodynamic Therapy with Verteporfin Combined With Posterior Juxtascleral Triamcinolone Acetonide for Age-Related Macular Degeneration. 79th The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale, USA; May 2007
  5. 5)    Tanabe Y, Kawasaki R, Yamashita H, Daimon M, Kato T, Kawata S, Kayama T, Wang JJ, Wong TY, Mitchell P: Association between Angiotensin I Converting Enzyme Gene Insertion/Deletion Polymorphisms and Early Age-related Maculopathy in a Japanese population: the Funagata Study. 79th The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale,USA; May 2007
  6. 6)    Kawasaki R, Wang JJ, Ji G-J, Tano Y, Mitchell P, Yamashita H, Wong TY, for Yamagata UniversityCOE study group: Prevalence and risk factors of Age-related Macular Degeneration in a Japanese Population: the Funagata Study. The Royal Eye and Ear Hospital Alumni meeting, University of Melbourne, Melbourne, Australia, August 2007
  7. 7)    Kawasaki R, Tielsch JM, Wang JJ, Wong TY, Mitchell P, Tano Y, Tomingata M, Oizumi T, Daimon M, Kato T, Kawata S, Kayama T, Yamashita H. The Metabolic Syndrome and Retinal Microvascular Signs Findings from a Japanese Population: The Funagata Study. Yamagata University Faculty of Medicine COE international symposium. Yamagata,Japan,September 2007
  8. 8)    Kawasaki R, Tielsch JM, Wang JJ, Mitchell P, Tano Y, Tomingata M, Oizumi T, Daimon M, Kato T, Kawata S, Kayama T, Yamashita H, Wong TY: The Metabolic Syndrome and Retinal Microvascular changes Findings from a Japanese Population: The Funagata Study. Centre for Clinical Research in Excellence in Diabetes Seminar. Melbourne, Australia, September 2007
  9. 9)    Porsch H, Nishitsuka K, Heldin P: Crosstalk between CD44 and TGFβRI in breast cancer cells. A postgraduate course and annual symposium of Finnish Glycoscience Graduate School and 4th Finnish Glycoscience Meeting. Kuopio, Finland, November-December 2007

(2) 国内の学会

・ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ等

  1. 1)    山下英俊,村田敏規(シンポジウムオーガナイザー):シンポジウム「糖尿病網膜症の病態と治療戦略−疫学から分子病理まで−」.第13回日本糖尿病眼学会,京都;2007年3月
  2. 2)    山本禎子(シンポジスト):シンポジウム「糖尿病網膜症の病態と治療戦略−疫学から分子病理まで−」糖尿病黄斑症と全身因子との関連.第13回日本糖尿病眼学会,京都;2007年3月
  3. 3)    岸章治,山下英俊(シンポジウムオーガナイザー):シンポジウム「ここまで進化した網膜硝子体の画像診断」.第111回日本眼科学会総会,大阪;2007年4月
  4. 4)    菅野誠(シンポジスト):シンポジウム11「ここまで進化した網膜硝子体の画像診断」日本初の国産OCT(EG-SCANNER)の開発と技術の発展.第111回日本眼科学会総会,大阪;2007年4月
  5. 5)    山本禎子(シンポジスト):シンポジウム「糖尿病黄斑浮腫の治療戦略—pro and con 徹底debate」ステロイド.第24回日本眼循環学会,高松;2007年7月
  6. 6)    佐藤武雄(教育講演):疾患から色素上皮を学ぶ.  第19回日本眼科写真研究会, 東京;2007年7月
  7. 7)    菅野誠(シンポジスト):ランチョンセミナー5「二番目の眼圧下降点眼薬選択」第2選択薬としての1日1回点眼β遮断薬.第18回日本緑内障学会,岐阜;2007年9月
  8. 8)    山下英俊:シンポジウム「細小血管合併症のトータルケア」糖尿病網膜症のトータルケア.第9回糖尿病トータルケア・フォーラム,京都;2007年10月
  9. 9)    石橋達朗,山下英俊(シンポジウムオーガナイザー):「網膜硝子体疾患の疫学的研究」第61回日本臨床眼科学会,京都;2007年10月
  10. 10)高村浩(教育講演):専門別研究会「眼窩」眼窩腫瘍の診療.第61回日本臨床眼科学会,京都;2007年10月
  11. 11)川崎良,Wong TY,山下英俊(シンポジスト):シンポジウム「Population-based study 」2 舟形町研究の成果. 第61回日本臨床眼科学会,京都;2007年10月
  12. 12)山下英俊,石橋達朗(シンポジウムオーガナイザー):シンポジウム3「糖尿病網膜症-病態研究および治療の最前線」.第22回日本糖尿病合併症学会,つくば市;2007年10月
  13. 13)中野早紀子(シンポジスト):シンポジウム3「糖尿病網膜症-病態研究および治療の最前線」,糖尿病黄斑症の最新の治療.第22回日本糖尿病合併症学会,つくば市;2007年10月

・ 一般演題

  1. 1)    神尾聡美,山本禎子,中野早紀子,山下英俊:網膜静脈分枝閉塞症に対するトリアムシノロン硝子体内注射の効果.第30回日本眼科手術学会,京都;2007年1月
  2. 2)    田邉智子,山本禎子,上領勝,山下英俊:硝子体手術によりぶどう膜炎が軽快した再発性多発性軟骨炎の1例.第30回日本眼科手術学会総会,京都;2007年1月
  3. 3)    田邉祐資,山本禎子,佐藤浩章,山下英俊:中心窩下網膜下血腫移動術の視力予後についての検討.第30回日本眼科手術学会総会,京都;2007年1月
  4. 4)    中野早紀子,山本禎子,山下英俊:糖尿病黄斑症に対する硝子体手術成績に影響する因子についての検討.第13回日本糖尿病眼学会,京都;2007年3月
  5. 5)    高村浩,今野伸弥,山下英俊:予後不良であった眼窩粘表皮癌の1例.第111回日本眼科学会総会専門別研究会 第42回臨床眼病理組織研究会,大阪;2007年4月
  6. 6)    菅野智華子,柏木佳子,堀江公仁子,猪俣素子,山本禎子,北中千史,山下英俊:アクチビンAによる網膜芽
  7. 7)    細胞腫細胞のアポトーシス誘導.第111回日本眼科学会総会,大阪;2007年4月
  8. 8)    土谷大仁朗, 山本禎子, 山下英俊 : トリアムシノロンアセトニドテノン嚢下注入を併用した光線力学的療法の効果について.第111回 日本眼科学会総会, 大阪; 2007年4月
  9. 9)    東條直貴,柏木佳子,西塚弘一,山本修一,菅原由人,山下哲次,山本禎子,山下英俊:ブタ硝子体細胞における増殖性網膜疾患のサイトカインネットワーク.第111回 日本眼科学会総会, 大阪; 2007年4月
  10. 10)田邉祐資,川崎良,山下英俊,加藤丈夫,大門真,大泉俊英,河田純男,嘉山孝正:日本人一般住民におけるアンギオテンシン変換酵素遺伝子多型と早期加齢黄斑症の関連:舟形町研究.第111回日本眼科学会総会,大阪;2007年4月
  11. 11)田邉祐資,川崎良,山下英俊,加藤丈夫,大門真,大泉俊英,河田純男,嘉山孝正:日本人一般住民における乳頭陥凹比とβ3アドレナリン受容体遺伝子多型との関連:舟形町研究.第8回眼科DNAチップ研究会(第111回日本眼科学会総会),大阪;2007年4月
  12. 12)柏木佳子,高橋義徳,菅野智華子,高村浩,山本禎子,山下英俊:ヒト強膜由来細胞と角膜実質由来細胞の細胞外基質産生制御.第111回日本眼科学会総会, 大阪; 2007年4月
  13. 13)森洋斉,山内遵秀,鈴木理郎,亀田裕介,昌原英隆,森文彦,江口まゆみ,江口秀一郎:非球面眼内レンズと球面眼内レンズの波面収差と視機能の比較検討.第22回日本眼内レンズ・屈折手術学会総会,愛媛;2007年6月
  14. 14)中野早紀子,山本禎子,山下英俊:糖尿病黄斑浮腫に対するトリアムシノロン硝子体注入の効果に関する因子の検討.第24回日本眼循環学会,高松;2007年7月
  15. 15)山本禎子,川崎良,田中佐智子,大橋靖雄,曽根博仁,山田信博,山下英俊:糖尿病網膜症の発症予防と進展抑制に関する多施設研究(JDCS).第61回日本臨床眼科学会,京都;2007年10月
  16. 16)今野伸弥,高村浩,菅野誠,山下英俊:腫瘍性病変により重篤な視機能障害をきたしたvon Recklinghausen病の2例.第61回日本臨床眼科学会,京都;2007年10月
  17. 17)永沢倫,菅野誠,鈴木理郎,山下英俊:塩酸レボブノロールの点眼回数切り替えによる眼圧下降効果の検討. 第61回日本臨床眼科学会,京都;2007年10月
  18. 18)望月典子,横堀壽光,山本禎子,山下英俊:高血圧・動脈硬化性網膜血管病変の臨床的意義についての検討.第61回日本臨床眼科学会,京都;2007年10月
  19. 19)田邉智子,高村浩,上領勝,山本禎子,大黒浩,山下英俊:原因不明の網脈絡膜病変における悪性腫瘍随伴網膜症の診断について.第61回日本臨床眼科学会,京都;2007年10月
  20. 20)田邉祐資,菅野誠,永沢倫,山下英俊:ステロイド緑内障に対する選択的レーザー線維柱帯形成術の術後成績.第61回日本臨床眼科学会,京都;2007年10月
  21. 21)中野早紀子,山本禎子,山下英俊:眼局所に対する治療によらず黄斑浮腫が軽減した症例についての検討.第61回日本臨床眼科学会,京都;2007年10月
  22. 22)羽根田思音,山本禎子,土谷大仁朗,山下英俊:ポリープ状脈絡膜血管症に対する光線力学的療法の適応についての検討.第61回日本臨床眼科学会,京都;2007年10月
  23. 23)亀田裕介,森文彦,昌原英隆,森洋斉,鈴木理郎,山内遵秀,江口秀一郎:糖尿病網膜症に対する光凝固後に巨大な網膜色素上皮裂孔を生じた1例. 第61回日本臨床眼科学会,京都;2007年10月
  24. 24)望月典子,山本禎子,江内田寛,石橋達朗,山下英俊:特発性黄斑円孔手術におけるブリリアントブルーGの使用経験.第46回日本網膜硝子体学会総会,青森;2007年11月

(3) 国内地方会

  ・ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ等

  1. 1)    高村浩(インストラクションコース オーガナイザー):インストラクションコース「基礎からの斜視・弱視−症例に基づく検討会−」第45回北日本眼科学会,新潟;2007年7月
  2. 2)    羽根田思音(インストラクションコース 症例提示):インストラクションコース「基礎からの斜視・弱視−症例に基づく検討会−」 第45回北日本眼科学会,新潟;2007年7月

  ・ 一般演題

1) 田邉智子,山本禎子,山下英俊:鈍的外傷による網膜傷害について.第45回北日本眼科学会,新潟;2007年7月

(4) 研究会

・ 一般演題

  1. 1)         中野早紀子,山本禎子,上領 勝,今野伸弥,山下英俊:術後長期経過後に発症したMRSAバックル感染の2例.第61回山形眼科研究会,山形;2007年1月
  2. 2)         羽根田思音,山本禎子,今野伸弥,山下英俊:Susac症候群の1例.第61回山形眼科研究会,山形;2007年1月
  3. 3)         松下知弘,山本禎子,菅野誠,川崎良,芳賀真理江,神尾聡美,佐藤浩章,山下英俊,金子優,鈴木理郎,江口秀一郎:硝子体手術施行患者における抗凝固剤内服の有無による術後合併症発生への検討.第61回山形眼科研究会, 山形;2007年1月
  4. 4)         田邉智子,山本禎子,上領勝,山下英俊,加藤丈夫,青柳優,久保田功:硝子体手術によりぶどう膜炎が軽快した再発性多発性軟骨炎の1例.第62回山形眼科研究会,山形;2007年2月
  5. 5)         高橋義徳:山形大学におけるドライアイ治療について.第62回山形眼科研究会,山形;2007年2月
  6. 6)         田邉祐資,山本禎子,佐藤浩章,山下英俊:中心窩下網膜下血腫異動術の視力予後について.第62回山形眼科研究会,山形;2007年2月
  7. 7)         金子優,笠木靖夫,山下英俊:全身性エリテマトーデスの加療中に両眼性胞状網膜剥離を生じた1例.第62回山形眼科研究会,山形;2007年2月
  8. 8)         今野伸弥,高村浩,山下英俊:最近、経験した眼腫瘍症例.第63回山形眼科研究会,山形;2007年3月
  9. 9)         奥山美智子,佐藤憲夫:米沢市立病院眼科、オーダリング、電子カルテの紹介.第64回山形眼科研究会,山形; 2007年5月
  10. 10)     菅野誠:正常眼における黄斑部網膜厚の検討.第64回山形眼科研究会,山形;2007年5月
  11. 11)     田邉祐資:アンギオテンシン変換酵素遺伝子多型と加齢黄斑変性症との関連について.第64回山形眼科研究会,山形;2007年5月
  12. 12)     土谷大仁朗:ケナコルトテノン嚢下注射を併用したPDTの治療効果について.第64回山形眼科研究会,山形;2007年5月
  13. 13)     高村浩:扁平上皮癌との鑑別が困難であった眼窩腫瘍の1例.第64回山形眼科研究会,山形;2007年5月
  14. 14)     菅野誠:緑内障の点眼治療の実際.第65回山形眼科研究会,山形;2007年6月
  15. 15)     田邉祐資:視野検査の基本.第65回山形眼科研究会,山形;2007年6月
  16. 16)     佐藤さくら:一眼瞼に複数の霰粒腫がみられた一例.第65回山形眼科研究会,山形;2007年6月
  17. 17)     高村浩:眼腫瘍の診療 part 1.第66回山形眼科研究会,山形;2007年7月
  18. 18)     田邉智子,山本禎子,山下英俊:山形県における眼内炎の現状について.第66回山形眼科研究会,山形;2007年7月
  19. 19)     佐藤さくら,三戸秀哲,笠木靖夫,金子優,井出醇:睫毛重生の一例.第66回山形眼科研究会,山形;2007年7月
  20. 20)     今野伸弥,高村浩,山下英俊:著しい眼瞼欠損を生じた眼瞼MALTリンパ腫の1例.第25回日本眼腫瘍研究会,大阪;2007年9月
  21. 21)     高村浩:眼腫瘍の診療 part 2−眼瞼、角・結膜腫瘍−.第67回山形眼科研究会,山形;2007年9月
  22. 22)     佐藤さくら,三戸秀哲,井出醇:山形大学眼科における涙道再建術.第67回山形眼科研究会,山形;2007年9月
  23. 23)     田邉智子,山本禎子,山下英俊:山形大学眼科における鈍的外傷による網膜傷害.第67回山形眼科研究会、山形;2007年9月
  24. 24)     桐井枝里子,羽根田思音,高村浩,山本禎子,山下英俊:急性網膜壊死治療例の1例.山形県眼科医会集談会,山形;2007年10月
  25. 25)     菅野誠:光干渉断層計(EG-SCANNER)を用いた健常者の網膜神経線維層厚の検討.東北・中四国緑内障臨床懇話会,東京;2007年11月
  26. 26)     田邉祐資,菅野誠,永沢倫,山下英俊:ステロイド緑内障に対する選択的レーザー線維柱帯形成術の成績.第19回みちのく緑内障懇話会,山形;2007年11月
  27. 27)     望月典子,山本禎子,山下英俊:高血圧・動脈硬化性網膜血管病変と全身および局所的因子との関連.第68回山形眼科研究会,山形;2007年11月
  28. 28)     田邉智子,高村浩,上領勝,山本禎子,山下英俊:CARの1例.第68回山形眼科研究会,山形;2007年11月
  29. 29)     永沢倫,菅野誠,鈴木理郎,山下英俊:塩酸レボブノロールによる眼圧下降効果.第68回山形眼科研究会,山形;2007年11月
  30. 30)     田邉祐資,菅野誠,永沢倫,山下英俊:選択的レーザー線維柱帯形成術の治療成績.第68回山形眼科研究会,山形;2007年11月
  31. 31)     高村浩,今野伸弥,山下英俊:両側性にみられた悪性リンパ腫の2例.第22回眼窩疾患シンポジウム,新潟;2007年12月
  32. 32)     松下知弘,山本禎子,高村浩,山下英俊,江口秀一郎:山形大学白内障手術教育. 第69回山形眼科研究会, 山形;2007年12月
  33. 33)     羽根田思音,山本禎子,山下英俊:ポリープ状脈絡膜血管症に対する光線力学療法の治療成績. 第69回山形眼科研究会, 山形;2007年12月
  34. 34)     今野伸弥,高村浩,菅野誠,山下英俊:神経線維腫症I型の2例. 第69回山形眼科研究会, 山形;2007年12月
  35. 35)     中野早紀子,山本禎子,山下英俊:糖尿病黄斑浮腫と全身的因子との関連. 第69回山形眼科研究会, 山形;2007年12月
  36. 36)     佐藤憲夫,奥山美智子,八幡芳和,佐野隆一,中山裕一,島田耕司,平田勲,庄司賢二,笹元威宏,後藤豊:置賜地域における糖尿病患者の地域医療連携パスへのとりくみ. 第69回山形眼科研究会, 山形;2007年12月

 (5) その他

  ・ 特別講演

  1. 1)         山下英俊(特別講演):山形大学眼科における糖尿病黄斑症の治療戦略.第63回山形眼科研究会,山形;2007年3月
  2. 2)         山下英俊:糖尿病網膜症の治療方針−今、アメリカでは−.第13回糖尿病眼合併症を考える会,東京;2007年4月
  3. 3)         山下英俊:加齢黄斑症、加齢黄斑変性の疫学.ランチョンセミナー「Blue Light Hazardと黄斑色素」第111回日本眼科学会総会,大阪;2007年4月
  4. 4)         高村浩:日常診療のなかに潜む眼腫瘍.八戸眼科医会学術講演会特別講演,八戸;2007年5月
  5. 5)         山下英俊:糖尿病網膜症の国際重症度分類と治療.第50回日本糖尿病学会年次学術集会教育講演,仙台;2007年5月
  6. 6)         山下英俊:糖尿病網膜症の病態研究と治療戦略.弟9回山口臨床糖尿病研究会特別講演,山口;2007年7月
  7. 7)         山下英俊:人生を豊かにすごす視力を保持するために.日本学術会議市民公開講座,東京;2007年8月
  8. 8)         山本禎子:最近の当教室の硝子体手術.第3回弘前大学眼科セミナー学術講演,弘前;2007年8月
  9. 9)         山下英俊:糖尿病網膜症診療における内科―眼科連携.函館糖尿病懇談会特別講演,函館;2007年9月
  10. 10)     山下英俊:進化する糖尿病網膜症の医療−より良い視力保持をめざして−.第61回日本臨床眼科学会市民公開講座,大阪;2007年10月
  11. 11)     川崎良: 米国留学で学んだこと.Alcon Japan Clinical Award 受賞セミナー, 第61回日本臨床眼科学会ランチョンセミナー,京都;2007年10月
  12. 12)     山本禎子:糖尿病と眼疾患.第3回眼の愛護デー講座学術講演,秋田;2007年10月
  13. 13)     山下英俊:糖尿病網膜症病態と治療戦略.「フェノフィブラートと動脈硬化」講演会,東京;2007年11月
  14. 14)     菅野誠:緑内障眼底の診かた.山形県眼科医会集談会庄内部会,鶴岡;2007年11月
  15. 15)     土谷大仁朗:加齢黄斑変性における光線力学的療法の治療成績.山形県眼科医会集談会庄内部会,鶴岡;2007年11月

・ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ等

1) 高村浩(講師):眼腫瘍の診療.第2回東北6大学眼科Step Up セミナー,盛岡;2007年5月

1.論文

 (1)  原著

1)  Noma H, Minamoto A, Funatsu H, Tsukamoto H, Jian K, Imada M, Nakano K, Yamashita H, MishimaHK:Intravitreal levels of vascular endothelial growth factor and interleukin-6 are correlated with macular edema in branchretinal vein occlusion.  Graefe's Archive for Clinical and Experimental Ophthalmology 2006;244:309-315

2)  Funatsu H, Yamashita H, Mimura T, Noma H, Nakamura S, Hori S: Risk evaluationof outcome of vitreous surgery based on vitreous levels of cytokines.  Eye 2006;13: [Epub ahead of print]

3)  Funatsu H, Yamashita H, Nakamura S, Mitamura T, Eguchi S, Noma H, Hori S: Vitreous levels of pigment epithelium-derived factor and vascular endothelial growth factor are related to diabetic macular edema. Ophthalmology 2006;113:294-301

4)  Yokoyama T, Yamane K, Minamoto A, Tsukamoto H, Yamashita H, Izumi S, Hoppe G,Sears JE, Mishima HK: High glucose concentration induces elevated expression of anti-oxidant and proteolytic enzymes in cultured human retinal pigment epithelial cells.  Exp Eye Res 2006;83:602-609

5)  Kawasaki R, Wang JJ, Rochtchina E, Taylor B, Wong TY, Tominaga M, Kato T MD, Daimon M, Oizumi TMD, Kawata S, Kayama T, Yamashita H, Mitchell P: Cardiovascular risk factors of retinal microvascular signs in an adult  Japanese population:The Funagata study. Ophthalmology 2006;113:1378-1384

6)  Mito H, Kakizaki H, Tsuji H, Ide A, Takeuchi K, Takamura H: Peripheral T-cell lymphoma of the eyelid. Jpn J Ophthalmol 2006;50:388-390

7)  菅野誠,山下英俊:ラタノプロストのノンレスポンダーに対するレボブノロールの投与.臨眼 2006;60:1025-1028

8)  後藤豊,高村浩,山下英俊,平田勲:再発をくり返した眼瞼脂腺癌の1例.あたらしい眼科 2006;23:807-811

9)  窪寺俊晴,山本俊一,佐伯忠賜朗,新卓也,昌原英隆,小島正裕,新垣淑邦,高村浩,江口秀一郎:白内障手術熟練者と初心者における超音波乳化吸引術での吸引圧,超音波出力,吸引流量の比較.あたらしい眼科2006;23:947-950

10) 奥山美智子,佐藤憲夫,佐藤浩章,高村浩:IOLマスターの使用経験.眼臨 2006;100:320-322

11) 菅野誠,寺島和人,山下英俊:ラタノプロスト・チモロールからラタノプロスト・ブリンゾラミドへ変更後の長期経過.あたらしい眼科2006;23:1599-1602

 (2)  総説

1)  Funatsu H, Yamashita T, Yamashita H: Vitreous fluid biomarkers. Advance in Clinical Chemistry 2006;42:111-166

2)  山下英俊,山本禎子:糖尿病−合併症発症予防と進展抑制の観点から−眼科からの提言「糖尿病網膜症発症・進展抑制」 内科2006;97:100-10

3)  山本禎子,山下英俊:糖尿病網膜症.(特集 眼科診療とEBM).眼科2006;48:911-921

4)  山本禎子:網膜静脈閉塞症:治療(光凝固、硝子体手術)のリスクと対処法について教えてください『眼科のリスクマネージメントQ&A』. あたらしい眼科 2005;22:162-165(2006年1月刊行)

5)  山本禎子:5.糖尿病網膜症 これだけはマスター.眼科ケア(特集)2006:8;34-39

6)  辻比呂志,高村浩:新しい治療と検査シリーズ 159. 眼のメラノーマに対する重粒子線治療.あたらしい眼科 2006;23:357-358

7)  大沼郁子:中途視覚障害者の病気について.中途視覚障害者緊急生活支援マニュアル.山形県立点字図書館,2006:3;9-11

8)  佐藤さくら,山本禎子,山下英俊:糖尿病網膜症−診断と治療の最新の知見−.日本臨床 別冊新領域別症候群シリーズ No3.内分泌症候群(第2版)III.—その他の内分泌疾患を含めて−. VIII.糖代謝 糖尿病合併症.2006;3:161-168

9)  佐藤浩章:網膜剥離手術のリスクと対処法について教えてください.『眼科のリスクマネージメントQ&A』. あたらしい眼科2006;22:162-165(2006年1月刊行)

10) 神尾聡美,飯島裕幸:EG-SCANNER 新しい治療と検査シリーズ.あたらしい眼科 2006;23:631-632

11) 斉藤公子,山本禎子,山下英俊:糖尿病合併症マネージメント.糖尿病網膜症〜眼科医の立場から〜.診断と治療 2006;94:70-75

12) 望月典子,山本禎子,山下英俊:合併症のある例の高齢者糖尿病の管理.9)糖尿病網膜症を合併症した例.「特集 高齢者糖尿病−現状,治療,そして展望」.老年医学 2006;44:375-378

13) 松下知弘:特集 これだけはマスターしよう!眼科のキホン・業務編5 気をつけよう!眼科業務の落とし穴.眼科ケア 2006;5:433-438

14) 中野早紀子,山本禎子,山下英俊:糖尿病網膜症の診断治療に際しての患者説明.PRACTOCE(プラクティス)2006;23:279-283

15) 中野早紀子,山本禎子,山下英俊:糖尿病網膜症の病期と治療.カレントテラピー 2006;24:938-942

(3)  著書

1) 山下英俊,高村浩:特定機能病院.「眼科プラクティス 10 眼科外来必携」 大鹿哲郎・田野保雄・樋田哲夫・根木昭・坪田一男編,文光堂,2006;270-272

2) 川崎良,山下英俊:眼〜眼底所見の新たな可能性〜.「動脈硬化.診療マニュアル」 齋藤康・山田信博編, 南江堂,2006;19

3) 川崎良,山下英俊:II.糖尿病網膜症の背景.1.疫学.眼科プラクテイス(Practical Ophthalmology)7. 糖尿病眼合併症の診療指針. 樋田哲夫編,文光堂,2006;134-137

(4) その他

1) 山下英俊,川崎良,山本禎子,大橋靖雄,田中司朗,田中佐智子:糖尿病における血管合併症の発症予防と進展抑制に関する調査(JDCStudy).網膜症経過観察プログラムについての報告書.平成17年度厚生省長期慢性疾患総合研究事業、糖尿病調査研究報告書.2006;20-34

2.学会報告

 (1) 国際学会

 ・ 特別講演

1)  Yamashita H:  New development of therapeutic modalities against ocular refractory diseasesOrganizer (SenjuSponcered Symposium) 6th International Symposium on Ocular Pharmacology and Pharmaceutics. Berlin, Germany;March-April 2006

 ・ 一般演題

1) Tsuchiya D, Yamamoto T, Saito K, Yamashita H: Result of photodynamic therapy and Outcome of Visual Function in Cases of Age-Related Macular Degeneration. 78th Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale, USA; April-May 2006

2) Kawasaki R, Ji G, Taylor B, Wang JJ, Wong TY, Yamashita H, Mitchell P, 21st century COE study group: Prevalence of Age-Related Maculopathy in an Adult Japanese Population: The Funagata Study. 78th Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting,Fort Lauderdale, USA; April-May 2006

3) Nishitsuka K, Kashiwagi Y, Kanno C, Takahashi, Yamamoto T, Heldin P, Yamashita H: Hyaluronan Production Regulation From Porcine Hyalocyte Cell Lines by Cytokines. 78th Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale, USA; April-May 2006

4) Tojo M, Kashiwagi Y, Sato S, Yamamoto T, Yamamoto S, Goto K, Yamashita H: Expression Regulation of Diacylglycerol Kinase α Gene by High Glucose Stimulation and  Pathogenesis of Diabetic Retinopathy. 78thAssociation for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale, USA; April- May 2006

5) Kashiwagi Y, Takahashi Y, Kanno C, Takamura H, Yamamoto T, Yamahsita H: Extracellular Matrix Remodeling in Human Sclera-Derived Cells. 78thAssociation for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale, USA; April-May 2006

6) Sato H, Kawasaki R, Ji G-J, Taylor B, Wang JJ, Wong TY, Yamashita H, Mitchell P, 21st Century COE Study Group: Prevalence of Epiretinal Membranes in an Adult Japanese Population:The FunagataStudy. 78th Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting,Fort Lauderdale,USA; April-May 2006

7) Kamio S, Yamamoto T, Yamashita H: Effects of vitrectomy on macular edema associated with branch retinal vein occlusion.  21 st congress of the Asia-Pacific Academy of Ophthalmology, Singapore; June 2006

8) Takamura H, Yamashita H, Koike S, Kikuchi N : A case of eyelid sebaceous gland carcinoma with conjunctival pagetoid invasion. 21 st congress of the Asia-Pacific Academy of Ophthalmology, Singapore; June 2006

9) Kamio S, Yamamoto T, Yamashita H: Vitrectomy and Intravitreal Triamcinolone Acetonide for Macular Edema with Branch Retinal Vein Occlusion. 2006 American Academy of Ophthalmology Annual Meeting, Las Vegas NV,USA; November 2006

(2) 国内の学会

  ・ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ等

1)  山下英俊,坂本泰二:シンポジウムオーガナイザー「眼科における遺伝子医療の展開」.第110回日本眼科学会総会,大阪;2006年4月

2)  高村浩(シンポジスト):シンポジウム9 「眼腫瘍最前線」 2.眼窩腫瘍の臨床.第110回日本眼科学会総会,大阪;2006年4月

3)  岡田アナベルあやめ,山下英俊:シンポジウムオーガナイザー 眼科診療EBM−2006 Update.第60回日本臨床眼科学会,京都;2006年10月

4)  山本禎子:硝子体手術とEBM. シンポジウム 眼科診療EBM-2006 Update.第60回日本臨床眼科学会,京都;2006年10月

5)   山本禎子:症例から学ぶ糖尿病黄斑浮腫の治療選択.インストラクションコース学術講演.第60回日本臨床眼科学会,京都;2006年10月

6)  谷原秀信,山下英俊:日本眼科医会生涯教育講座「最新の薬物治療−用法と注意点」札幌講座オーガナイザー,札幌;2006年10月

 ・ 一般演題

1)  神尾聡美,山本禎子,芳賀真理江,佐藤浩章,上領勝,管野誠,川崎良,山下英俊:網膜静脈分枝閉塞症に対する硝子体手術後の視力転帰.第29回日本眼手術学会総会,東京;2006年1月

2)  芳賀真理江,山本禎子,神尾聡美,菅野誠,佐藤浩章,川崎良,望月典子,山下英俊、土谷大仁朗:網膜静脈分枝閉塞症黄斑浮腫に対する硝子体手術と硝子体内注射の術後黄斑部機能評価.第29回日本眼手術学会総会,東京;2006年1月

3)  高橋義徳,山下英俊:家系内発症がみられたFuchs角膜内皮変性2例.第30回角膜カンファレンス,第22回日本角膜移植学会,東京;2006年2月

4)  川崎良, 紀貴金,Taylor B, Wang JJ, Wong TY, 山下英俊, Mitchell P, 山形大学21世紀COE研究グループ:日本人住民検診における加齢黄斑変性の有病率および海外との比較:山形県舟形町研究.第110回日本眼科学会総会,大阪;2006年4月

5)  西塚弘一,柏木佳子,菅野智華子,高橋義徳,山本禎子,山下英俊:硝子体細胞の分子病態に置ける役割.第110回日本眼科学会総会,大阪;2006年4月

6)  東條直貴,柏木佳子,佐藤さくら,山本禎子,山本修一,後藤薫,山下英俊:グルコース負荷によるDGKα遺伝子の発現調節機能解析.第110回日本眼科学会総会,大阪;2006年4月

7)  柏木佳子,高橋義徳,菅野智華子,高村浩,山本禎子,山下英俊:強膜における細胞外基質産生制御とリモデリングの分子病態.第110回日本眼科学会総会,大阪;2006年4月

8)  菅野誠,山下英俊:ラタノプロスト・チモロールからラタノプロスト・ブリンゾラミドへ変更後の長期経過第110回日本眼科学会総会,大阪;2006年4月

9)  土谷大仁朗,山本禎子,山下英俊:光線力学療法後に病巣が拡大した症例の検討.第23回日本眼循環学会,富士吉田;2006年6-7月

10) 土谷大仁朗,山本禎子,山下英俊:加齢黄斑変性に対する光線力学療法の治療1年後の成績.第60回日本臨床眼科学会,京都;2006年10月

11) 佐藤浩章,田辺祐資,山本禎子,山下英俊:片眼性、特発性、黄斑円孔術前術後における立体視力変化.第60回日本臨床眼科学会,京都;2006年10月

12) 田辺智子,山本禎子,山下英俊:感染性眼内炎の予後に関しての検討.第60回日本臨床眼科学会,京都;2006年10月

13) 中野早紀子,山本禎子,山下英俊:増殖糖尿病網膜症手術適応についてのエビデンスの検証.第60回日本臨床眼科学会,京都;2006年10月

14) 高橋義徳,神尾聡美,望月典子,山下英俊:糖尿病患者に診られた角膜真菌症の2例.第60回日本臨床眼科学会,京都;2006年10月

15) 菅野誠,永沢倫,鈴木理郎,山下英俊:照射範囲の違いによる選択的レーザー線維柱帯形成術の術後成績.第60回日本臨床眼科学会,京都;2006年10月

16) 金子優,笠木靖夫,山下英俊:全身性エリテマトーデスの加療中に両眼性胞状網膜剥離を生じた1例.第60回 日本臨床眼科学会,京都;2006年10月

17) 松下知弘,昌原英隆,新垣淑邦,森洋斉,亀田裕介,池原正康,江口まゆみ,江口秀一郎;白内障手術での所要手術時間と術後1年までの手術侵襲における熟練者と初心者の比較.第60回日本臨床眼科学会,京都;2006年10月

18) 森洋斉,新垣淑邦,池原正康,亀田裕介,松下知弘,昌原英隆,江口まゆみ,江口秀一郎;LASIK術後の角膜屈折に対する塩酸レボブノロール点眼の作用効果.第60回日本臨床眼科学会,京都;2006年10月

19) 中野早紀子,山本禎子,上領勝,今野伸弥,山下英俊:術後長期経過後に発症したMRSAバックル感染の2例.第45回日本網膜硝子体学会,東京;2006年12月

20) 羽根田思音,山本禎子,今野伸弥,小久保安昭,嘉山孝正,山下英俊:Susac症候群の1例.第45回日本網膜硝子体学会,東京;2006年12月

(3) 国内地方会

  ・ 一般演題

1) 今野伸弥,高村浩,金子優,山下英俊:角・結膜扁平上皮癌の治療.第44回北日本眼科学会,秋田;2006年7月

 (4) 研究会

  ・ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ等

1)高村浩:インストラクションコース「眼腫瘍診療における注意点」第44回北日本眼科学会,秋田;2006年 7月

  ・ 一般演題

1) 高村浩:眼瞼、結膜の扁平上皮癌.第52回山形眼科研究会,山形;2006年1月

2) 奥山美智子,佐藤憲夫,高村浩:自然寛解した先天涙嚢腫の一例.第53回山形眼科研究会,山形;

        2006年2月

3) 高村浩:2005年の山形大学における眼腫瘍について.第53回山形眼科研究会,山形;2006年2月

4) 神尾聡美,山本禎子,芳賀真理江,佐藤浩章,上領勝,菅野誠,川崎良,山下英俊:網膜静脈分枝閉塞症に対する硝子体手術後の視力転帰.第53回山形眼科研究会,山形;2006年2月

5) 芳賀真理江,山本禎子,神尾聡美,菅野誠,佐藤浩章,川崎良,望月典子,山下英俊,土谷大仁朗:網膜静脈分枝閉塞症黄斑浮腫に対する硝子体手術と硝子体内注射の術後黄斑部機能評価.第53回山形眼科研究会,山形;2006年2月

6) 鈴木理郎,土谷大仁朗:網膜動脈閉塞症の治療.第54回山形眼科研究会,山形;2006年3月

7) 芳賀真理江,山本禎子,佐藤浩章,上領 勝,菅野 誠,山下英俊:ステロイドパルス療法の全身検査について.第54回山形眼科研究会,山形;2006年3月

8) 高橋義徳,山下英俊:春季カタルとフリクテンが併発した1例.第54回山形眼科研究会,山形;

        2006年3月

9) 土谷大仁朗 : PDT後に病巣が拡大した1例. 第3回東北黄斑研究会,仙台;2006年5月

10) 菅野誠,山下英俊:ラタノプロスト・チモロールからラタノプロスト・ブリンゾラミドへ変更後の長期経過.第55回山形眼科研究会,山形;2006年5月

11) 上領勝、沖津智子,中野早紀子,山本禎子:最近、経験した眼内炎およびバックル感染の症例.第55回山形眼科研究会,山形;2006年5月

12) 佐藤浩章,山本禎子:結膜温存のため極小切開でトリプル手術を施行した眼内炎の1例.第55回山形眼科研究会,山形;2006年5月

13) 土谷大仁朗:光線力学療法をおこなったRAPの1例. 第2回北海道黄斑研究会, 北海道;2006年6月

14)  高村浩:眼窩腫瘍の臨床.第56回山形眼科研究会,山形;2006年6月

15) 高村浩:最近、経験した眼腫瘍症例.第56回山形眼科研究会,山形;2006年6月

16) 土谷大仁朗:加齢黄変変性症に対する光線力学的療法の実際.第5回置賜眼科研究会, 米沢;2006年6月

17) 今野伸弥,高村浩,金子優,山下英俊:角・結膜扁平上皮癌の治療成績の検討. 第57回山形眼科研究会,山形;2006年7月

18) 望月典子,神尾聡美,中野早紀子,山本禎子:眼トキソカラ症に手術を施行した症例.第57回山形眼科研究会,山形;2006年7月

19) 土谷大仁朗,山本禎子,山下英俊:光線力学療法後に病巣が拡大した症例の検討.第57回山形眼科研究,山形;2006年7月

20) 羽根田思音,今野伸弥,望月典子,高村浩,山下英俊:眼内悪性リンパ腫と考えられた1例.第58回山形眼科研究会,山形;2006年9月

21) 田邉祐資,佐藤浩章,上領勝,山本禎子,山下英俊:黄斑下血腫移動術を施行した2例.第58回山形眼科研究会,山形;2006年9月

22) 菅野誠,永沢倫,鈴木理郎,山下英俊:照射範囲の違いによる選択的レーザー線維柱帯形成術の術後成績.第18回みちのく緑内障懇話会,盛岡;2006年10月

23) 寺島和人:21世紀の眼科研究最前線がよく分かる(基礎編).第6回置賜眼科研究会,山形;2006年10月

24) 今野伸弥,高村浩,山下英俊:眼窩蜂窩織炎様所見を呈した粘表皮癌の1例. 第21回眼窩疾患シンポジウム,東京;2006年11月

25) 高橋義徳,山下英俊:キイロスズメバチによる角膜刺症の1例.第6回山形アレルギー研究会,山形;2006年11月

26) 田邉智子,山本禎子,山下英俊:感染性眼内炎の予後に関しての検討.第59回山形眼科研究会,山形;2006年11月

27) 中野早紀子,山本禎子,山下英俊:増殖糖尿病網膜症手術適応についてのエビデンスの検証.第59回山形眼科研究会,山形;2006年11月

(5) その他

  ・ 特別講演

1)山下英俊:黄斑浮腫の病態と治療.第56回埼玉眼科講習会,川越;2006年1月

2)山下英俊:糖尿病黄斑浮腫の病態と治療.フロンテイア沖縄眼研究会,那覇;2006年2月

3)山下英俊:糖尿病網膜症診療における内科−眼科連携.第6回阪神糖尿病診療フォーラム,尼崎;2006年3月

4)山下英俊:糖尿病網膜症診療の最先端−内科−眼科診療連携の面から−.山形県立日本海病院第2回特別講会酒田;2006年4月

5)寺島和人,梅津由子,高橋知美:急性緑内障の病態と治療法.第10回置賜総合病院救急医療講習会,山形;2006年4月

6)山下英俊:黄斑浮腫の病態と治療−糖尿病黄斑症と網膜静脈閉塞症−.第16回奈良県眼科医会集談話会,奈良;2006年6月

7)結城義憲:当院における白内障手術の実際. 寒河江西村山郡医師会学術講演会, 河北町;2006年6月

8)谷原秀信,山下英俊:第52回日本眼科医会生涯教育講座「最新の薬物治療—用法と注意点」オーガナイザー.2006年7月8,9日(東京)、同年7月15,16日(神戸)、22,23日(名古屋)、8月26,27日(福岡)

9)山下英俊:糖尿病網膜症診療Update.第5回熊本眼疾患研究会,熊本;2006年8月

10)    山下英俊:糖尿病網膜症で失明しないために.第22回目の健康講座 受けよう—目の定期健診−.福岡;2006年8月

11)    山本禎子:網膜静脈閉塞症の治療戦略.学術講演 第29回日本眼科医会東北ブロック眼科講習会,山形;2006年8月

12)    佐藤武雄:黄斑疾患における光干渉断層計所見.  第11回山形大学医学部技術部職員研修会, 山形;2006年8月

13)    山下英俊:EBMに基いた糖尿病網膜症の診療.第145回大分眼科集談会,特別講演,大分;2006年9月

14)    寺島和人:緑内障についてのお話し.第2回南陽病院市民公開講座,山形;2006年11月

15)    菅野誠:緑内障という病気について.舟形町糖尿病予防セミナー,舟形町;2006年12月

・ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ等

 1)山下英俊:糖尿病網膜症−診療の基礎と臨床−.第1回東北6大学Update Seminar,仙台;2006年11月

 3.その他

    1) 第12回山形眼科先進医療研究会:山形;2006年1月

    2) 第52回山形眼科研究会,山形;2006年1月

    3) 第53回山形眼科研究会,山形;2006年2月

    4) 第54回山形眼科研究会,山形;2006年3月

    5) 第55回山形眼科研究会,山形;2006年5月

    6) 第11回やまがたDMミーティング:山形;2006年6月

    7) 第56回山形眼科研究会,山形;2006年6月

    8) 第13回山形眼科先進医療研究会:山形;2006年7月

    9) 第57回山形眼科研究会,山形;2006年7月

   10) 第 4回山形緑内障セミナー:山形;2006年9月

   11) 第5回山形オキュラーサーフェス研究会:山形;2006年9月

   12) 第58回山形眼科研究会,山形;2006年9月

   13) 第12回やまがたDMミーティング:山形;2006年11月

   14) 第59回山形眼科研究会,山形;2006年11月

   15) 第60回山形眼科研究会,山形;2006年12月

1.論     文

(1)  原    著

1) Funatsu H, Yamashita H, Noma H, Mimura T, Nakamura S, Sakata K, Hori S. Aqueous humor levels of cytokines are related to vitreous levels and progression of diabetic retinopathy in diabetic patients.Graefe’s Archive for Clinical and Experimental Ophthalmology 2005 ; 243 : 3-8

2) Funatsu H, Yamashita H, Sakata K, Noma H, Mimura T, Suzuki M, Eguchi S, Hori S : Vitreous levelsof vascularendothelial growth factor and intercellular adhesion molecule 1 are related to diabetic macular edema.Ophthalmology 2005 ; 112 : 806-816

3) Takahashi Y, Li L, Kamiryo M, Asteriou T, Moustakas A, Yamashita H,Heldin P: Hyaluronan fragments induceendothelial cell differentiation in a CD44- and CXCL1/GRO1-dependent manner. J Biol Chem 2005 ; 280 : 24195-24204

4) Yamasaki M, Mishima HK, Yamashita H, Kashiwagi K, Murata K,Minamoto A, Inaba T.: Neuroprotective effects of erythropoietin on glutamate and nitric oxide toxicity in primary cultured retinal ganglion cells. BrainRes 2005 ; 1050 : 15-26

5) Yamamoto T, Hitani K, Sato Y, Yamashita H, Takeuchi S: Vitrectomy for diabetic macular edema with and without internal limiting membrane removal. Ophthalmologica  2005 ; 219 : 206-213

6) Noma H, Minamoto A, Funatsu H, Tsukamoto H, Jian K, Imada M, Nakano K, Yamashita H, Mishima HK:Intravitreal levels of vascular endothelial growth factor and interleukin-6 are correlated with macular edema in branch retinal vein occlusion. Graefe's Archive for Clinical and Experimental Ophthalmology On line.

7) Noma H, Minamoto A, Funatsu H, Tsukamoto H, Nakano K, Yamashita H, Mishima HK: Pathogenesis of Macular Edema With Branch Retinal Vein Occlusion and Intraocular Levels of Vascular Endothelial Growth Factor and Interleukin-6. Am J Ophthalmol 2005 ; 140 : 256–261

8) Takamura H, Yamashita H: Clinicopathological analysis of malignant eyelid tumor cases at Yamagata University Hospital : Statistical comparison of tumor incidence in Japan and in other countries. Jpn J Ophthalmol 2005 ; 49 : 349-354

9) 八木文彦, 佐藤幸裕, 山本禎子, 竹内忍:網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対する硝子体手術の長期予後.眼臨 2005 ; 99 : 804-807

10) 川崎良, 土谷大仁朗, 芳賀真理江, 神尾聡美, 佐藤浩章, 菅野誠, 山本禎子, 山下英俊.OCT光干渉断層計2機種による網膜厚マッププログラム測定の比較. 臨眼 2005 ; 59 : 1357-1361

11) 高橋知美, 三橋玉絵, 神尾聡美,高村 浩, 山下英俊,若倉雅登:ミトコンドリアDNA3460変異がみられたレーベル遺伝性視神経症の1例. 臨眼 2005 ; 59 : 1759-1763

12) 永沢倫,大沼郁子,高村浩,山下英俊:わずかな視野異常で発見された頭蓋内腫瘍の2症例.あたらしい眼科2005;22:119-122

(2)  総    説

1) 山下英俊,芳賀真理江,佐藤さくら,佐藤浩章,山本禎子:糖尿病網膜症の成因と病態.内分泌・糖尿病科 2005 ; 20(Suppl.2) : 160-169

2) 山下英俊,山本禎子:糖尿病網膜症.病態生理.サイトカイン、増殖因子.日本臨床2005 ; 63(増刊号6.糖尿病性細小血管症—基礎・臨床のアップデート—): 202-206

3) 山下英俊,山本禎子,川崎良,佐藤さくら:糖尿病網膜症の現状と展望.血管医学2005 ; 6 : 295-303

4) Funatsu H, Yamashita H: Pathogenesis of diabetic retinopathy and diabetic macular edema and enzyme inhibition. Current Enzyme Inhibition 1 : 2005 ; 329-337

5)曽根博仁,山下英俊,片山茂裕,赤沼安夫,山田信博:糖尿病性細小血管症の本邦における有病率と発症率.日本臨床2005 ; 63 (増刊号6.糖尿病性細小血管症——基礎・臨床のアップデート——) ; 18-22

6)曽根博仁,田中佐智子,清野弘明,山崎義光,石橋俊,山下英俊,井藤英喜,齋藤康,片山茂裕,大橋靖雄,赤沼安夫,山田信博,JDCSグループ:JDCS(Japan Diabetes Complications Study).  Vascular Medicine 1 2005 : 86-94

7)曽根博仁,清野弘明,山崎義光,石橋俊,山下英俊,井藤英喜,齋藤康,片山茂裕,松岡健平,大橋靖雄,赤沼安夫,山田信博,JDCSグループ:糖尿病合併症の疫学研究の現状と課題.「Japan Diabetes Complications Study(JDCS).中間報告に見る現代日本の糖尿病合併症.  糖尿病合併症 2005 ; 19 : 28-32

8) 山本禎子,井上優,土谷大仁朗,山下英俊:血管新生の病態と治療. 4.薬物療法の現状と展望. 眼科2005 ; 47 : 1819-1829

9) 山本禎子:裂孔原性網膜剥離の原因、診断、治療.日本医事新報 2005 ; 4220 : 113-114

10) 山本禎子:【合併症をどう治療するか】 Q&A 急速な血糖是正と網膜症の関係は?(解説/特集). Q&Aでわかる肥満と糖尿病 2005 ; 4 : 278-280

11) 山本禎子:【糖尿病網膜症 患者さんへのアプローチ】硝子体手術のケア(特集).眼科ケア 2005 ; 7 : 47-52

12) 山本禎子:【糖尿病性細小血管症 基礎・臨床のアップデート】 糖尿病網膜症 糖尿病黄斑浮腫 黄斑浮腫の外科的治療. 日本臨床 2005 ; 63 : 280-285

13) 高村浩:《血液内科以外でみつかる悪性リンパ腫》眼科領域.内科 2005 ; 96 特集 最新悪性リンパ腫診療−WHO分類時代のbest patient care : 283-286

14) 高村浩:質疑応答 結膜脂肪腫の治療.日本医事新報 2005 ; 4250 : 96-97

15) 高村浩:8) 神経眼科・眼形成 Q1眼症状が出る脳腫瘍:診断,治療のリスクと対処法について教えてください.あたらしい眼科2005 ; 22(臨増): 227-230

16)高橋義徳,山下英俊:3.鈍的外傷.眼科(特集「眼外傷」)2005 ; 47 : 1299-1305

17)高橋義徳,山下英俊:紫外線角膜障害.眼科(臨時増刊号「前眼部疾患と病変の診かた」)2005 ; 47 : 1642-1645

18) 高橋義徳,山下英俊:眼科におけるサイトカイン療法.眼科 2005 ; 47 : 1209-1214

19)菅野誠,山下英俊:糖尿病網膜症.Molecular Medicine 2005 ; 42(臨時増刊号): 191-199

20) 菅野誠:緑内障専門病院で行っている閉塞隅角緑内障のレーザー治療(山形大学における実際).あたらしい眼科 2005 ; 22閉塞隅角緑内障(診断と治療のアップデート): 1214〜1215

21) 川崎良,山下英俊:糖尿病網膜症の疫学.臨床眼科 2005 ; 59 : 1441-1444

22) 芳賀真理江,山下英俊:ポリープ状脈絡膜血管症:Polypoidal Choroidal Vasculopathy (PCV)について.日本の眼科 2005 ; 76 : 501-502

23) 芳賀真理江,川崎良,山下英俊:糖尿病性細小血管症・糖尿病網膜症.日本臨牀2005 ; 63 : 171-177

24)佐藤さくら,山下英俊:糖尿病における血管分子病態.糖尿病 2005 ; 48 : 713-716

25) 神尾聡美,松下知弘,山下英俊:網膜症のある患者には抗血小板薬は使えないのですか.ファーマナビゲータ 糖尿病編 2005 : 350-352

26)斉藤公子,山本禎子,日谷光一郎,山下英俊:合併症を有する管理不良糖尿病.網膜症. Modern Physician 2005 ; 25 : 255-259

27)斉藤公子,山下英俊:糖尿病網膜症の診断基準・病型分類.内科 2005 ; 95 :1714-1717

(3)  著    書

1) 山下英俊,山本禎子:第8章 慢性合併症の病態と治療.1.糖尿病網膜症の現状と展望.「先端医療シリーズ32 糖尿病の最新医療」 堀田食堯・豊田隆謙・門脇 孝編,先端医療技術研究所,2005 ; 181-187

2) 山本禎子:VII. 黄斑病変の手術治療. 4. 黄斑円孔網膜剥離. 2.黄斑疾患の病態理解と治療. 「眼科プラクティス」 2005 ; 256-261

3) 山本禎子, 山下英俊:【眼科所見の捉え方と描き方】 網膜硝子体所見の捉え方と描き方 網膜病変所見の分類と描画記載のルール.糖尿病網膜症.「眼科プラクティス」2005 ; 4 : 188-195

4) 高村浩:A. 症状から見た治療指針.9.眼球突出.「眼疾患治療指針ハンドブック」大野重昭・山下英俊・谷原秀信編, 医薬ジャーナル社, 2005 ; 110-120

5) 高橋義徳、山下英俊:TGF-β.「酸化ストレスナビゲーター」倉林正彦監修,山岸昌一編,メデイカルレビュー社, 2005 ; 88-89

6) 高橋義徳:乾燥感.「眼疾患治療指針ハンドブック」 大野重昭・山下英俊・谷原秀信編, 医薬ジャーナル社, 2005 ; 67-74

7)大沼郁子,佐藤武雄,山下英俊:糖尿病療養指導に必要な知識.慢性合併症:網膜症.「第39回糖尿病学の進歩 療養指導士を育てるために」日本糖尿病学会編,診断と治療社,2005 ; 59-63

(4) そ の 他

1) 山下英俊,大橋靖雄,水野佐智子:糖尿病における血管合併症の発症予防と進展抑制に関する調査(JDCStudy).網膜症経過観察プログラムについての報告書.平成16年度厚生省長期慢性疾患総合研究事業,糖尿病調査研究報告書.2005 : 25-38

2.学 会 報 告

(1) 国 際 学 会

1)Kawasaki R, Wang JJ, Rochtchina E, Taylor B, Wong TY, Tominaga M, Kato T, Kayama T, Yamashita H, Mitchell P : Retinal vessel diameter in an adult Japanese population: the Funagata Study. Singapore Eye Research Institute & Assn.for Research in Vision and Ophthalmology 2nd Meeting on Research in Visionand Ophthalmology , Singapore ; February 2005

2)Wang JJ, Kawasaki R, Rochtchina E, Taylor B, Wong TY, Tominaga M, Kato T,Kayama T, Yamashita H, Mitchell P : Prevalence of Hypertensive Retinopathy in a non-diabetic Japanesepopulation: the Funagata Study.Singapore Eye Research Institute & Assn.for Research in Vision and Ophthalmology 2nd Meeting on Research in Visionand Ophthalmology ,Singapore ; February 2005

3) Tsuchiya D, Kawasaki R, Hasegawa K, Yamashita H : Newly DevelopedOptical Coherence Tomography, EG scanner, and its comparison to Humphrey OCT Retinal Thickness Map Program.  Singapore Eye Research Institute & Assn.for Research in Vision and Ophthalmology 2nd Meeting on Research in Visionand Ophthalmology , Singapore ; February 2005

4) Takahashi Y, Kamio S, Sendo D, Yamashita H : Corneal findings of early-onset graft versus host disease in 2 cases. World Cornea Congress V,Washington DC , USA ; April 2005

5) Tsuchiya D, Kawasaki R, Saito K, Kaneko Y, Hasegawa M, Yamashita H : Reproducibility of Retinal Mapping Program Using Newly Developed Optical Coherence Tomography, “NeOCT EG Scanner”.  77th Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale, USA ; April-May 2005

6) Sato S, Igarashi M, Goto K, Yamashita H : Siginificance of Diacylglycerol Kinase-Protein Kinase C in Pathogenesis of Retinal Cell Damage in Diabetic Eyes. 77th Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale , USA ; April-May 2005

7) Sato H, Sato S, Kawasaki R, Yamamoto T, Yamashita T, Yamashita H : Retinal Cell Damage Due to Oxidative Stress in Diabetic Retinopathy. 77thAssociation for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale , USA ; April-May 2005

8) Kashiwagi Y, Kanno C, Horie K, Inomata M, Imamura T, Yamamoto T, Yamashita H : Regulation of Transforming Growth Factor-Beta Type II Receptor Expression and Structure of Promoter Region in HumanRetinoblastoma Cell Lines. 77th Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale , USA ; April-May 2005

9) Kanno C, Kashiwagi Y, Horie K, Inomata M, Imamura T, Yamamoto T, Yamashita H : Signal Transduction Pathway of ActivinA in Retinoblastoma Cell Lines. 77th Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale , USA ; April-May 2005

10) Yokoyama T, Yamane K, Minamoto A, Mishima HK, Yamashita H, Hoppe G, Sears JE : Protein Expression Patterns of Cultured Human RPE Cells Under Hyperglycaemic Condition Investigated by Proteome Analysis.77th Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting,Fort Lauderdale , USA ; April-May 2005

11) Kashiwagi Y, Kanno C, Horie K, Inomata M, Imamura T, Kato M, Yamamoto T, Yamashita T : Induction of transforming growth factor-type II receptor mRNA in human retinoblastoma cell lines by Trichostatin A and 5-Aza-2’ deoxycytidine.  Western Eye Reserch Conferrence, San Diego ,USA ; September 2005

(2) 国 内 の 学 会

1) 佐藤浩章,山本禎子,菅野誠,川崎良,芳賀真理江,神尾聡美,山下英俊:特発性黄斑円孔の硝子体手術におけるM-chartによる変視量の検討.第28回日本眼科手術学会,大阪 ;2005年1月

2) 高橋義徳,山下英俊:角膜上皮障害を契機に発見された眼類天疱瘡の1例.第29回角膜カンファランス,徳島;2005年2月

3) 芳賀真理江,山本禎子,菅野誠,川崎良,佐藤浩章,神尾聡美,山下英俊:糖尿病黄斑浮腫に対するトリアムシノロン併用硝子体手術術後の黄斑部変化.第11回日本糖尿病眼学会,名古屋;2005年3月

4) 川崎良,Wang JJ,Rochtchina E,Taylor B,Wong TY,富永真琴,加藤丈夫,嘉山孝正,山下英俊,Mitchell P:日本人の網膜血管径の影響を与える全身因子.舟形町研究.第109回日本眼科学会総会,京都;2005年3月

5) 山崎真紀子,村田和彦,三嶋弘,柏木賢治,山下英俊:培養網膜神経節細胞のグルタミン酸と一酸化窒素障害でのエリスロポエチンの保護効果.第109回日本眼科学会総会,京都;2005年3月

6) 横山知子,山根健,皆本敦,三嶋弘、山下英俊:高濃度グルコース刺激に対するヒト網膜色素上皮細胞のプロテオーム解析.第109回日本眼科学会総会,京都;2005年3月

7) 山本禎子,菅野智華子,猪俣素子,堀江公仁子,柏木佳子,山下英俊:網膜芽細胞腫細胞におけるTGFβR2遺伝子の発現制御とプロモーター領域の構造.第109回日本眼科学会総会,京都;2005年3月

8) 菅野誠,寺島和人,山下英俊:ラタノプロスト・チモプトールからラタノプロスト・プリンゾラミドへの切り替え.第109回日本眼科学会総会,京都;2005年3月

9) 菅野智華子,柏木佳子,堀江公仁子,猪俣素子,今村健志,山本禎子,山下英俊:網膜芽細胞腫細胞におけるアクチビンーSmadシグナル伝達系の解析.第109回日本眼科学会総会,京都;2005年3月

10) 芳賀真理江,山下英俊,山本禎子,菅野誠、川崎良,佐藤浩章,神尾聡美、金子優,鈴木理郎,松下知弘,土谷大仁朗,大内典子,田澤豊,菅原岳史,町田繁樹,鍋島隆司,三田真理子:シンポジウムIV 「視機能研究の最前線-この症状をどう解析するか」 黄斑部疾患の視野と電気生理学的検査の検討.第109回日本眼科学会総会,京都;2005年3月

11) 佐藤さくら,五十嵐雅彦,後藤薫,山下英俊:高グルコース負荷による網膜芽細胞腫でのジアセルグリセロールキナーゼの発現変化.第109回日本眼科学会総会,京都;2005年3月

12) 土谷大仁朗,山本禎子,芳賀真理江,山下英俊:加齢黄斑変性に行った光線力学療法の検討.第109回日本眼科学会総会,京都;2005年3月

13) 佐藤浩章,佐藤さくら,川崎良,山本禎子,山下哲次,山下英俊:糖尿病黄斑症における酸化ストレス.第109回日本眼科学会総会,京都;2005年3月

14) 高橋義徳,山下英俊:ヒアルロナンオリゴによる血管新生とその経過における遺伝子発現変化。第6回眼科DNAチップ研究会,京都;2005年3月(第109回日本眼科学会総会に併設)

15) 笠木靖夫,高橋義徳,高村浩,山下英俊:眼組織における47KDa熱ショック蛋白(HSP47)の発現とその臨床的意義。第10回眼創傷治癒研究会,京都;2005年3月(第109回日本眼科学会総会に併設)

16)山下英俊,菅野誠:白内障手術におけるクリニカルパス.シンポジウム11「白内障に関わる医療問題」.第2回日本眼内レンズ屈折手術学会総会,京都;2005年6月

17) 菅野誠、山下英俊:山形大学における白内障手術クリニカルパスの評価.第20回日本眼内レンズ屈折手術学会総会,京都;2005年6月

18) 高村浩:シンポジウム1「眼科領域の家族性腫瘍」S1-2 神経線維腫症I型および家族性大腸腺腫症と眼病変.第11回日本家族性腫瘍学会学術集会,福島;2005年6月

19)山下英俊:シンポジウム「眼疾患治療における抗炎症薬」.第25回日本眼薬理学会,横浜; 2005年7月

20) 川崎良,曽根博仁,水野佐智子,大橋靖雄,山田信博,山下英俊,JDCS研究グループ:メタボリックシンドロームは網膜症発生の危険因子である.第59回日本臨床眼科学会,札幌;2005年10月

21) 松下知弘,山本禎子,菅野誠,川崎良,芳賀真理江,神尾聡美,佐藤浩章,金子優,鈴木理郎,江口秀一郎,山下英俊:硝子体手術施行患者における抗凝固剤内服の有無による術後合併症発生の影響の検討.第59回日本臨床眼科学会,札幌;2005年10月

22) 菅野誠,山下英俊:ラタノプラストのノンレスポンダーに対するレボブノロールの投与.第59回日本臨床眼科学会,札幌;2005年10月

23) 斉藤公子,高橋義徳,山下英俊:爪白癬による角膜真菌症を発症したと考えられる1例.第59回日本臨床眼科学会,札幌;2005年10月

24) 芳賀真理江,山本禎子,神尾聡美,菅野誠,佐藤浩章,川崎良,山下英俊,土谷大仁朗,大内典子:網膜静脈分枝閉塞症における光干渉断層計と多局所網膜電図による黄斑部評価.第59回日本臨床眼科学会,札幌;2005年10月

25) 神尾聡美,山本禎子,芳賀真理江,佐藤浩章,上領勝,菅野誠,川崎良,山下英俊:網膜静脈分枝閉塞症の短期自然経過.第44回日本網膜硝子体学会総会,大阪;2005年12月

26) 山本禎子,芳賀真理江,佐藤浩章,神尾聡美,川崎良,菅野誠,山下英俊:糖尿病黄斑浮腫に対するトリアムシノロン硝子体内注入と黄斑部光凝固併用療法の検討.第44回日本網膜硝子体学会総会,大阪;2005年12月

(3) 国 内 地 方 会

1)山下英俊:特別講演「黄斑浮腫の病態と治療」.第43回北日本眼科学会,旭川;2005年7月

2) 山本禎子:シンポジウム 網膜血管病変の基礎と臨床.第43回北日本眼科学会,旭川;2005年7月

3) 金子優,山本禎子,山下英俊:自然寛解した眼虚血症候群の1例.第43回北日本眼科学会,旭川;2005年7月

4) 神尾聡美,山本禎子,芳賀真理江,佐藤浩章,菅野誠,川崎良,山下英俊:網膜静脈分枝閉塞症に対する硝子体手術後網膜厚を予測する因子.第43回北日本眼科学会,旭川;2005年7月

5)山下英俊:糖尿病網膜症における内科—眼科診療連携.日本糖尿病学会第43回東北地方会,仙台;2005年11月

(4) 研 究 会

1)神尾聡美,山本禎子,芳賀真理江,佐藤浩章,菅野誠,川崎良,山下英俊:網膜下出血を伴った虚血性視神経症と考えられた1例.第43回山形眼科研究会,山形;2005年1月

2) 斉藤公子:爪白癬による角膜真菌症を発症したと考えられた1例.第43回山形眼科研究会,山形;2005年1月

3) 高橋知美,神尾聡美,高村浩,山下英俊,若倉雅登:ミトコンドリアDNA3460変異が認められたレーベル遺伝性視神経症の1例.第43回山形眼科研究会,山形;2005年1月

4) 三橋玉絵,山下英俊:甲状腺眼症に対する斜視手術を行なった一例.第44回山形眼科研究会,山形;2005年2月

5) 佐藤浩章,山本禎子,菅野誠,川崎良,芳賀真理江,神尾聡美,山下英俊:特発性黄斑円孔の硝子体手術におけるM-chartによる変視量の検討.第44回山形眼科研究会,山形;2005年2月

6) 菅野誠:Superior Segmental Optic Hypoplasia(SSOH)の1例.第45回山形眼科研究会,山形;2005年4月

7) 佐藤浩章:Bimanual phacoと硝子体手術.第45回山形眼科研究会,山形;2005年4月

8) 高橋義徳:ドライアイの新たな概念と新規治療薬について.第45回山形眼科研究会,山形;2005年4月

9) 奥山美智子,佐藤憲夫,佐藤浩章,高村浩:IOLマスターの使用経験.第46回山形眼科研究会,山形;2005年5月

10) 川崎良,富永真琴,加藤丈夫,大門真,大泉俊英,河田純男,嘉山孝正,山下英俊,Wang JJ, Rochtchina E,Taylor B, Mitchell P, Wong TY:日本人の網膜血管変化に影響を与える全身因子:舟形町研究.第46回山形眼科研究会,山形;2005年5月

11) 土谷大仁朗,川崎良,山下英俊,長谷川倫郎:NeOCT EG Scannerのレチナルマッププログラムにおける再現性 の検討.第46回山形眼科研究会,山形;2005年5月

12) 高村浩:シンポジウム「眼瞼結膜腫瘍は眼瞼腫瘍か結膜腫瘍か」3.文献的統計学的検討.第23回日本眼腫瘍研究会,新潟;2005年6月

13) 三橋玉絵,土谷大仁朗:山形大学における未熟児網膜症 (ROP)診療の現状.第47回山形眼科研究会,山形;2005年6月

14)山下英俊,菅野誠:白内障手術におけるクリニカルパス.第47回山形眼科研究会,山形;2005年6月

15) 高村浩,神尾聡美:神経線維腫症I型および家族性大腸腺腫症と眼病変.第47回山形眼科研究会,山形;2005年6月

16) 高橋義徳,上領勝,東條直貴,Lingli Li,Trias Asteriou,Paraskevi Heldin,山下英俊:ヒアルロナンオリゴ刺激血管新生における遺伝子発現プロファイリング.細胞外マトリックス研究会,福岡;2005年7月

17) 奥山美智子,佐藤憲夫,渡辺興治,高村浩:放射線療法が奏効した転移性脈絡膜腫瘍.第48回山形眼科研究会,山形;2005年7月

18) 金子優,山本禎子,山下英俊:自然寛解した眼虚血症候群の1例.第48回山形眼科研究会,山形;2005年7月

19) 高橋義徳:コンタクトレンズ装用者、涙点プラグ装用者にみられた角膜感染症2例.第48回山形眼科研究会,山形;2005年7月

20) 吉田絵美,土谷大仁朗,鈴木理郎,中野早紀子,三橋玉絵:輻輳痙攣の一例.第49回山形眼科研究会,山形;2005年9月

21) 山下英俊:糖尿病網膜症:2005年日本眼科医会記者発表の報告.第49回山形眼科研究会,山形;2005年9月

22) 上領勝:ヒアルロン酸合成酵素の研究.第49回山形眼科研究会,山形;2005年9月

23) 西塚弘一,高村浩,山下英俊,三戸秀哲:重症霰粒腫の1例.第20回眼窩疾患シンポジウム,山形;2005年11月

24) 芳賀真理江,山本禎子,望月典子,神尾聡美,菅野誠,佐藤浩章,川崎良,山下英俊,土谷大仁朗:網膜静脈分枝閉塞症における光干渉断層計と多局所網膜電図による黄斑部評価.第50回山形眼科研究会,山形;2005年11月

25) 望月典子,山本禎子,神尾聡美,川崎良,山下英俊:術後細菌性眼内炎の治療.第50回山形眼科研究会,山形;2005年11月

26) 佐藤浩章:固い核の白内障に対するホワイトスターシステムの使用経験.第50回山形眼科研究会,山形;2005年11月

27) 高橋義徳,山下英俊:春季カタルとフリクテンが併発した1例.第5回山形アレルギー研究会,山形;2005年11月

(5) そ の 他

1)山下英俊:糖尿病黄斑症の病態と治療.第306回岩手県眼科集談会,盛岡;2005年1月

2) 山本禎子:糖尿病網膜症の病態と治療.第11回富山内眼糖研究会,富山;2005年1月

3)山下英俊、山本禎子:糖尿病療養指導に必要な知識—糖尿病網膜症診療の実際—.第39回糖尿病学の進歩,仙台;2005年2月

4)山下英俊:糖尿病網膜症の病態と治療—早期発見・早期治療からの戦略—.第73回福島眼科集談会,福島:2005年2月

5) 山本禎子:糖尿病網膜症の病型・診断分類について.第3回豊の国糖尿病・眼研究会,北九州小倉;2005年2月

6) 山本禎子:黄斑浮腫に対する硝子体手術.福島県手術講習会,郡山;2005年2月

7)武田純、山下英俊:シンポジウム「糖尿病網膜症の分子遺伝学への挑戦」オーガナイザー.第11回日本糖尿病眼学会,名古屋:2005年3月

8)山下英俊:Quality of Visionを高くするための糖尿病網膜症の診療.第15回下野眼科談話会,小山;2005年3月

9) 菅野誠:高齢者に多い目の病気(白内障・緑内障).公立置賜南陽病院市民公開講座,南陽;2005年3月

10) 高橋義徳:症状からみてみようアレルギー性結膜炎.講演会“アレルギーなんてこわくない”,山形;2005年4月

11)山下英俊:糖尿病と眼.目の健康講座(山形県眼科医会市民講座),山形;2005年5月

12) 山本禎子:糖尿病網膜症の治療について.目の健康講座(山形県眼科医会市民講座),山形;2005年5月

13)山下英俊:糖尿病網膜症発症の病態研究にもとづく治療戦略.第162回埼京眼科学術集会,所沢;2005年5月

14) 山本禎子:糖尿病網膜症.第16回山形県糖尿病教育スタッフ会講習会,山形;2005年7月

15) 高橋義徳:角膜上皮幹細胞移植と眼表面再建術.第10回山形大学医学部技術部職員研修会,山形;2005年8月

16) 佐藤武雄:眼の加齢について.第10回山形大学医学部技術部職員研修会,山形;2005年8月

17) 大沼郁子:こどものための眼科学校保健.養護教諭部会講演会,山形;2005年8月

18)山下英俊:高い視力保持を目指す糖尿病網膜症診療.第64回日新眼科懇話会特別講演,会津若松;2005年9月

19)山下英俊:糖尿病網膜症:働き盛りの約300万人が発症 毎年約3,000人が失明〜眼科治療技術の進歩により視力回復が可能に〜.2005年度日眼医記者発表,2005年9月

20) 山本禎子:糖尿病網膜症の治療.第12回山形県糖尿病談話会,山形;2005年9月

21) 高橋知美:山形大学におけるロービジョン外来の紹介.第3回置賜眼科研究会,米沢;2005年9月

22)山下英俊:糖尿病網膜症の診断と治療.—エビデンスに基づく診療戦略—.愛知県眼科医会第5回学術研修会(愛知県眼科医会),名古屋;2005年11月

23) 根本裕次,高村浩:ミニシンポジウム「見た目で決める眼腫瘍」オーガナイザー.第20回眼窩疾患シンポジウム,山形;2005年11月

24)菅野誠:視神経乳頭のみかた.緑内障診断と視野計勉強会、山形;2005年11月

25) 高橋義徳:“若々しい眼のための眼科学”“アイバンクの現状”.山形センチュリーLC第144回例会,山形;2005年11月

26)上領勝,高橋義徳:コンタクトレンズの現状・問題点.第2回理学部・医学部・農学部・工学部交流セミナー,米沢;2005年11月

3.そ の 他

1) 第43回山形眼科研究会,山形;2005年1月

2) 第44回山形眼科研究会,山形;2005年2月

3) 第45回山形眼科研究会,山形;2005年4月

4) 第11回山形眼科先進医療研究会,山形;2005年5月

5) 第9回やまがたDMミーティング,山形;2005年5月

6) 第46回山形眼科研究会,山形;2005年5月

7) 第47回山形眼科研究会,山形;2005年6月

8) 第48回山形眼科研究会,山形;2005年7月

9) 第4回山形オキュラーサーフェス研究会,山形;2005年8月

10) 第49回山形眼科研究会,山形;2005年9月

11) 第10回やまがたDMミーティング,山形;2005年11月

12) 第20回眼窩疾患シンポジウム,山形;2005年11月

13) 第5回山形アレルギー研究会,山形;2005年11月

14) 第51回山形眼科研究会,山形;2005年12月

1.論    文

(1)  原   著

1) Noma H, Sakamoto I, Mochizuki H, Tsukamoto H, Minamoto A, Funatsu H, Yamashita H, Nakamura S, Kiriyama K,Kurihara H, Mishima H: Relationship between periodo ntal disease and diabetic retinopathy. Diabetes Care 2004 ; 27 : 615

2) Tamura H, Tsukamoto H, Mukai S, Kato T, Minamoto A, Ohno Y, Hidetoshi Yamashita H, Mishima HK: Improvement in cognitive impairment after cataract surgery in elderly patients. J Cataract Refract Surg 2004 ; 30 : 598-602

3) Funatsu H, Yamashita H, Noma H, Miura T, Sakata K, Hori S: Outcome of vitreous surgery for proliferative diabetic retinopathy based on vitreous level of vascular endothelial growth factor and angiotensin II. Br J Ophthalmology 2004 ; 88 : 1064-1068

4) Funatsu H, Yamashita H, Noma H, Mimura T, Nakamura S, Sakata K, Hori S. Aqueous humor levels of cytokines are related to vitreous levels and progression of diabetic retinopathy in diabetic patients. Graefe’s Archive for Clinical and Experimental Ophthalmology on line published. August,2004

5) Funatsu H, Yamashita H et al: Quantitative measurement of retinal thickness in patients with diabetic macular edema is useful for evaluation of therapeutic agents. Diab Res Clin Pract 2004 ; 66 : 219-227

6) Tsuchiya D, Tamakura  H, Saito K, Kashiwa H, Maeda K, Yamashita H: Immunohistochemical diagnosis of a rare case of epithelioid malignant peripheral nerve sheath tumor with multiple metastases.  Jpn J Ophthalmol2004 ; 48 : 565-569

7) 高橋義徳:ヒアルロナンと血管新生—ヒアルロナンオリゴはAngiogenic Switchに関与するか—.山形医学 2004 22 : 95-97

8) 笠木靖夫, 高村浩, 高橋義徳, 山下英俊:眼組織における47kDa熱ショック蛋白(HSP47)の発現とその臨床的意義. あたらしい眼科 2004 ; 21 : 1555-1559

9) 三橋玉絵,山下英俊:固定内斜視の2例.眼科臨床医報 2004 ; 98 : 304-306

10) 三橋玉絵,山下英俊:固定内斜視の2例.日本弱視斜視学会雑誌 2004 ; 31 : 38-40

11) 佐藤浩章, 川崎良, 山下哲次,瀧節子,山下英俊:増殖糖尿病網膜症における酸化ストレスによる細胞傷害. 臨床眼科 2004 ; 58 : 211-216

12) 神尾聡美,川崎良,山下英俊:糖尿病網膜症に対する硝子体手術での術後合併症と血糖コントロールおよび全身因子の関与について.日本糖尿病眼学会誌(日本眼科紀要) 2004 ; 55 : 105-109

13) 今野伸弥,小関紀子,高村浩,山下英俊:ステロイド治療中に下肢の帯状疱疹と同側の桐沢型ぶどう膜炎を発症した1例. あたらしい眼科 2004 ; 21 : 547-550

14) 土谷大仁朗, 高村浩, 三橋玉絵, 山下英俊:眼窩原発マントル細胞リンパ腫2例の臨床的および病理組織学的検討. あたらしい眼科 2004 ; 21 : 555-558

15) 佐藤さくら,高村 浩,山下英俊:結膜腫瘍が契機となり発見された全身多発転移を伴う肺小細胞癌の1例. あたらしい眼科 2004 ; 21 : 825-828

16) 斉藤公子,佐藤浩章,川崎良,山下英俊:糖尿病黄斑浮腫に対するトリアムシノロンアセトニドのテノン嚢下投与の試み.日本糖尿病眼学会誌(日本眼科紀要) 2004 ; 55 : 100-104

17) 日谷光一郎,山本禎子,竹内忍,宮下洋,白井厚治:急速な血糖是正により増悪したが,内科と眼科の連携により良好な結果を得た2型糖尿病網膜症の1例. 糖尿病 2004 ; 47 : 447-451

18) 鶴岡三恵子,竹内忍,塚原逸朗,山本禎子:当院における網膜・硝子体疾患に用いた眼内充填物質の選択,使用状況. 眼科臨床医報 2004 ; 98 : 532

19) 鶴岡三惠子,塚原逸朗, 山本禎子, 山本修一, 竹内忍:Coats病に対する治療成績の検討. 眼科手術 2004 ; 17 : 581-584

20) 日谷光一郎,山本禎子,佐藤幸裕:糖尿病黄斑浮腫に対するトリアムシノロン後部テノン嚢下注射の治療成績.眼科2004 ; 46 : 1759-1764

(2)  総   説

1) Yamashita H: Pathogenesis of diabetic retinopathy and strategy to develop new therapeutic modalities. Ophthalmologica 2004 ; 218 (suppl 1): 17-28

2) Funatsu H, Yamashita H: CITOQUINAS Y PATOGENESIS DEL EDEMA MACULAR DIABETICO. In Section of Expertos Invitados.  Socioedad Iberoamericana de Informacion Cientifica (SIIC) on line (www.siic.info) 2004.

3) 山下英俊:わかる糖尿病網膜症のEBM(特集序文). あたらしい眼科 2004 ; 21 : 427-428

4) 曽根博仁,齋藤康,吉村幸雄,石橋俊,井藤英喜,山下英俊,山崎義光,片山茂裕,大橋靖雄,赤沼安夫,山田信博,JDCSグループ:糖尿病と合併症.日本人における最近の動向.日本内科学会雑誌 2004 ; 93 : 2427-2434

5) 山本禎子,川崎良,山下英俊:糖尿病眼合併症の疫学.—白内障、緑内障を含む—. 糖尿病2004 ; 47 : 777-780

6) 山本禎子:糖尿病網膜症の分類(解説). 日本の眼科 2004 ; 75 : 1403-1408

7) 野田実香,高村浩,鈴木亨:第57回日本臨床眼科学会印象記;一般口演「眼瞼, 眼瞼・結膜1-2, 涙道1-2」. 眼科 2004 ; 46 : 561-566

8) 大沼郁子,山下英俊:糖尿病の慢性合併症 II「糖尿病網膜症」. からだの科学増刊(糖尿病2005) 2004 ; 155-161

9) 大沼郁子:特集 糖尿病網膜症. 糖尿病網膜症の病態と分類. 眼科 2004 ; 46 : 147-156

10) 大沼郁子,佐藤武雄,山下英俊:加齢と眼底所見. Modern Physician 2004 ; 24 : 1716-1720

11) 三橋玉絵:眼窩炎症疾患を理解しよう!. 眼科ケア 2004 ; 6 : 16-21

12) 川崎良,山下英俊:糖尿病網膜症の疫学. 日本の眼科 2004 ; 75 : 1397-1401

13) 川崎良,山下英俊:地域住民を対象とした疫学研究. (3)糖尿病網膜症の危険因子—Wisconsin Epidemiologic Study of Diabetic Retinopathyからわかること—. あたらしい眼科 2004 ; 21 : 441-447

14) 川崎良,佐藤浩章,神尾聡美,芳賀真理江,菅野誠,佐藤武雄,山本禎子,山下英俊:糖尿病網膜症の分類と診断.日本眼科紀要 2004 ; 55 : 929-934

15) 川崎良,山下英俊:糖尿病網膜症発症・進展の危険因子. 日本臨床 2004

16) 川崎良:第57回日本臨床眼科学会印象記. 眼科 2004 ; 46 : 575-576 

17) 曽根博仁,川崎良,山下英俊,山田信博:日本の2型糖尿病患者における血管合併症とそのリスクファクター.あたらしい眼科 2004 ; 21 : 449-453

18) 芳賀真理江,川崎良,山下英俊:糖尿病網膜症新国際重症度分類. Diabetes Frontier 2004 ; 15 : 268-275

19) 芳賀真理江,川崎良,山下英俊:糖尿病の国際比較.糖尿病網膜症の国際分類とは?. 肥満と糖尿病 2004 ; 3 : 650-654

20) 芳賀真理江:糖尿病網膜症,黄斑症の機能を診る—電気生理学的研究の可能性—.あたらしい眼科 2004 ; 21 : 497-500

21) 佐藤さくら,山下英俊:特集「硝子体における眼疾患の病態」 サイトカインによる病態修飾. 眼科 2004 ; 46 :1833-1841

22) 佐藤さくら,佐藤浩章,川崎良,高村浩,山下英俊:眼疾患とRAS—糖尿病網膜症を中心に—. Angiotensin Reserch (Journal of Angiotensin Research) 2004 ; 1 : 73-77

23) 佐藤浩章,山下英俊:地域住民を対象とした疫学研究. (1)視力障害の原因疾患—最近の大規模疫学研究—. あたらしい眼科 2004 ; 21 : 429-433

24) 神尾聡美,山下英俊:高血圧・動脈硬化と視力障害. 腎と透析 2004 ; 57

25) 斉藤公子,山本禎子,日谷光一郎,山下英俊:合併症を有する管理不良糖尿病.網膜症.Modern Physician  2004 ; 25 : 255-259

(3)  著   書

1) 山下英俊:糖尿病網膜症.「今日の治療指針2004年版」 山口徹・北原光夫編,医学書院,2004 ; 992-994

2) 山下英俊:糖尿病合併症(血管病変)の分子メカニズム.「新糖尿病一日一課」 堀貞夫・山下英俊・加藤聡編,メデイカル葵出版,2004 ; 11-13

3) 佐藤武雄:II 糖尿病網膜症の病態と診断.1.眼底検査法.「新糖尿病一日一課」 堀貞夫・山下英俊・加藤聡編,メデイカル葵出版,2004 ; 16-19

4) 高村浩:I. 救急処置が必要な眼疾患 10. 電気性眼炎.「眼科当直医・救急ガイド」 丸尾敏夫・本田孔士・臼井正彦・田野保雄編, 文光堂, 2004 ; 44-46

5) 大沼郁子,山下英俊:網膜症以外の眼合併症.「糖尿病最新の治療2004-2006」 河盛隆造・岩本安彦編,南江堂,2004 ; 186-189

6) 芳賀真理江,川崎良,山下英俊:糖尿病網膜症・黄斑症の病態および治療(新重症度分類を含めて).「糖尿病学2004」 岡芳知・谷澤幸生編, 診断と治療社,2004 ; 145-153

7) 芳賀真理江,川崎良,山下英俊:「網膜症」レクチュア7:新しい国際分類について.「糖尿病学の進歩(第38集)2004」 日本糖尿病学会編,診断と治療社,2004 ; 31-36

8) 芳賀真理江,佐藤武雄,山下英俊:糖尿病による失明・網膜症.「よくわかる糖尿病生活セミナー」 日本糖尿病協会編,日本医学出版, 2004 ; 118-123

9) 神尾聡美,山下英俊:高血圧・動脈硬化症と視力障害.「知っておくべき高血圧の知識.2004-2005」 北岡建樹・塩之入洋・飯野靖彦・木村健二郎編,東京医学社,2004 ; 34-37

10) 西塚弘一,山下英俊:合併症を有する場合の治療法.網膜症.「MR教育研修テキスト 糖尿病2004年版」 松岡健平・河盛隆造編,エルゼビア・ジャパン,2004 ; 108-112

(4) そ の 他

1)  山下英俊,大橋靖雄,水野佐智子:糖尿病における血管合併症の発症予防と進展抑制に関する調査(JDCStudy).網膜症経過観察プログラムについての報告書. 平成15年度厚生省長期慢性疾患総合研究事業,糖尿病調査研究報告書.2004 ; 23-38

2.学 会 報 告

(1) 国 際 学 会

1) Kawasaki R, Yamashita H : Treatment for severe proliferative diabetic retinopathy in younger type 2 diabetes patients. XVI International Congress of Eye Research, Sydney , Australia ; August-September 2004

2) Ohnuma I, Kawasaki R, Kanno C, Ouchi N, Wada M, Kato T, Yamashita H : Characteristics of cataract in high-aged people in Japan by population-based study. US-JAPAN Cooperative Cataract Research Group Meeting , Hawaii , USA; February 2004

3) Haga M, Kawasaki R, Tsuchiya D, Sato T, Yamashita H : Clinical characteristics of polypoidal choroidal vasculopathy by hospital based study inJapan . 76th Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale , USA ; April 2004

4) Kawasaki R, Tominaga M, Yamashita H : Evaluating Criteria for the Diagnosis of Diabetes Mellitus by Presence of Diabetic Retinopathy: Funagata Study , Japan . 76th Association for Research in Vision and OphthalmologyAnnual Meeting, Fort Lauderdale , USA ; April 2004

5) Sato S, Igarashi M, Goto K, Yamashita H : The expression of Diacylglycerol Kinase (DGK) and cytokines in Retina of Diabetic Rats. 76th Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale , USA ; April 2004

6) Sato H, Kawasaki R, Sato S, Yamashita T, Yamashita H : Biological significance of Oxidative Stress in Pathogenesis of Diabetic Retinopathy. 76thAssociation for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale , USA ; April 2004

7) Nishitsuka K, Iwasaki T, Kawasaki R, Fukami T, Akatsuka T, Yamashita H : Development of the system to evaluate soft drusen. 76th Association for Research in Vision and Ophthalmology AnnualMeeting, Fort Lauderdale , USA ; April 2004

8) Yamasaki M, Inaba T, Murata K, Tsumamoto Y, Okada K, Kashiwagi K, Yamashita H, Mishima HK : Erythropoietin Prevents Glutamate-induced Retinal Ganglion Cell Death. 76th Association for Research in Vision andOphthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale , USA ; April 2004

9) Noma H, Sakamoto I, Mochizuki H, Minamoto A, Tsukamoto H, Funatsu H, Yamashita H, Mishima HK : Relationship between Perindontal Disease and Diabetic Retinopathy. 76th Association for Research in Vision andOphthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale , USA ; April 2004

 (2) 国 内 の 学 会

1) 高村浩, 山下英俊:眼窩および結膜悪性リンパ腫に対する放射線療法の検討. 第27回日本眼科手術学会,東京;2004年1月 

2) 山本禎子,日谷光一郎,竹内忍:糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体手術の術式の検討. 第27回日本眼科手術学会,東京;2004年1月

3) 芳賀真理江,川崎良,佐藤浩章,神尾聡美,山下英俊:弱視眼に発症した増殖硝子体網膜症.第27回日本眼科手術学会,東京;2004年1月

4) 日谷光一郎,山本禎子,佐藤幸裕:糖尿病黄斑浮腫に対する格子状光凝固の長期成績. 第10回日本糖尿病眼学会総会,福岡;2004年3月

5) 芳賀真理江,山本禎子,菅野誠,川崎良,佐藤浩章,神尾聡美,山下英俊:糖尿病黄斑浮腫に対するトリアムシノロン併用硝子体手術術後の黄斑部変化. 第10回日本糖尿病眼学会総会,福岡;2004年3月

6) 菅野智華子,土谷大仁朗,大内典子,山下英俊:白内障手術における血糖コントロールと術後視力の関係.第10回日本糖尿病眼学会総会,福岡;2004年3月

7) 大沼郁子,高橋知美,佐藤浩章,加藤丈夫,山下英俊:住民検診と人間ドックにおける眼疾患有病率の比較. 第108回日本眼科学会総会, 東京;2004年4月

8) 川崎良,富永真琴,山下英俊:網膜症発症閾値による糖尿病診断基準の検討-山形県舟形町研究に基づく解析-.第108回日本眼科学会総会, 東京;2004年4月

9) 芳賀真理江, 川崎良, 佐藤武雄, 山下英俊:山形大学眼科におけるPolypoidal Choroidal Vasculopathy症例の検討. 第108回日本眼科学会総会, 東京;2004年4月

10) 佐藤さくら,五十嵐雅彦,後藤薫,山下英俊:糖尿病ラット網膜でのジアシルグリセロールキナーゼζおよびサイトカインの発現変化.第108回日本眼科学会総会, 東京;2004年4月

11) 佐藤浩章,川崎良,佐藤さくら,山本崇,山下哲次,山下英俊:糖尿病網膜症病態と酸化ストレス. 第108回日本眼科学会総会, 東京;2004年4月

12) 野間英孝,皆本敦,曽根隆志,三嶋弘,中野賢輔,塚本秀利,船津英陽,山下英俊:網膜静脈閉塞症における黄斑浮腫とサイトカインとの関連性. 第108回日本眼科学会総会, 東京;2004年4月

13) 山崎真紀子,稲葉俊哉,村田和彦,津間本裕一,岡田康志,柏木賢治,山下英俊,三嶋弘:グルタミン酸による網膜神経節細胞障害におけるエリスロポエチンの保護効果. 第108回日本眼科学会総会, 東京;2004年4月

14) 三橋玉絵,山下英俊,中村泰久:小児鼻涙管閉塞症に対するシリコンチューブ留置術.第29回日本小児眼科学会総会,宜野湾;2004年6月

15) 芳賀真理江,山本禎子,川崎良,佐藤浩章,神尾聡美,鈴木理郎,山下英俊:自傷行為によると思われる両眼網膜剥離を生じたDown症候群の一例. 第29回日本小児眼科学会総会,宜野湾;2004年6月

16) 八木文彦,佐藤幸裕,山本禎子,竹内忍:網膜静脈分枝閉塞症に対する硝子体手術において無灌流域の光凝固は必要か? 第58回日本臨床眼科学会,東京;2004年11月

17) 高橋義徳,神尾聡美,仙道大,山下英俊:角膜上皮障害がみられたGVHDの若年2症例.第58回日本臨床眼科学会,東京;2004年11月

18) 管野誠,山本禎子,芳賀真理江,金子優,神尾聡美,佐藤浩章,神尾聡美,川崎良,山下英俊:高度の網膜下血腫に対してモンテプラーゼが著効した1例. 第58回日本臨床眼科学会,東京;2004年11月

19) 川崎良,土谷大仁朗,芳賀真理江,神尾聡美,佐藤浩章,菅野誠,山本禎子,山下英俊:OCT光干渉断層計2機種による網膜厚マッププログラムの比較.  第58回日本臨床眼科学会,東京;2004年11月

20) 高橋知美,三橋玉絵,神尾聡美,高村浩,山下英俊,若倉雅登:ミトコンドリアDNA3460変異が認められたレーベル視神経症の1例. 第58回日本臨床眼科学会,東京;2004年11月

21) 西塚弘一,岩崎拓郎,川崎良,山本禎子,佐藤武雄,深見忠典,赤塚孝雄,山下英俊:眼底写真からの軟性ドルーゼンの自動検出システム. 第58回日本臨床眼科学会,東京;2004年11月

22) 山崎太三,三戸秀哲,辻本淳子,眞野俊治,井出醇,高村浩:霰粒腫に酷似した皮膚T細胞性リンパ腫の1例.第58回日本臨床眼科学会,東京;2004年11月

23) 土谷大二朗,山本禎子,芳賀真理江,山下英俊:加齢黄斑変性に対する光線力学療法の治療結果. 第43回日本網膜硝子体学会,前橋;2004年12月

24) 八木文彦,佐藤幸裕,竹内忍,山本禎子:網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対する硝子体手術の長期予後.第43回日本網膜硝子体学会,前橋;2004年12月

(3) 国 内 地 方 会

1) 高村浩,高橋知美,西塚弘一,松下知弘,山下英俊:霰粒腫と考えられた眼瞼脂腺癌に転移がみられた2例.第42回北日本眼科学会,福島;2004年7月

2) 川崎良,芳賀真理江,山本禎子,山下英俊:異なる光干渉断層計による網膜厚マッププログラムの比較. 第42回北日本眼科学会,福島;2004年7月

(4) 研 究 会

1) 三橋玉絵,高村浩,山下英俊:下眼瞼外反症の手術−山形大学眼科の眼窩・眼瞼外来の紹介−.第34回山形眼科研究会,山形;2004年1月

2) 佐藤浩章,山下英俊:網膜中心静脈閉塞症に対するt−PA大量硝子体内投与の経験.第34回山形眼科研究会,山形;2004年1月

3) 高橋義徳:Uppsala and My Research.第35回山形眼科研究会,山形;2004年2月 

4) 山本禎子:黄斑浮腫の治療.第35回山形眼科研究会,山形;2004年2月

5) 高橋義徳:Hyaluronan induced gene expression profiling.第36回山形眼科研究会,山形;2004年3月

6) 川崎良:網膜静脈分枝閉塞症 (BRVO) の手術治療.第36回山形眼科研究会,山形;2004年3月

7) 山本禎子:糖尿病黄斑浮腫の硝子体手術.第36回山形眼科研究会,山形;2004年3月

8) 高橋義徳,神尾聡美,山下英俊:角膜上皮障害がみられた若年GVHDの2例.第82回南東北眼科研究会,山形;2004年5月

9) 金子優,高村浩,山下英俊:扁平上皮癌と考えられた結膜腫瘍の3例.第82回南東北眼科研究会,山形;2004年5月

10) 松下知弘,佐藤浩章,山下英俊:最近当科で経験した糖尿病を伴った眼虚血症候群.第82回南東北眼科研究会,山形;2004年5月

11) 松下知弘,佐藤浩章,山下英俊:最近当科で経験した糖尿病を伴った眼虚血症候群の1例.第37回山形眼科研究会,山形;2004年5月

12) 土谷大仁朗:加齢黄斑変性とPDT.第37回山形眼科研究会,山形;2004年5月

13) 金子優,高村浩,山下英俊:扁平上皮癌と考えられた結膜腫瘍の3例.第37回山形眼科研究会,山形;2004年5月

14) 高橋義徳,神尾聡美,山下英俊:角膜上皮障害がみられた若年GVHDの2例.第38回山形眼科研究会,山形;2004年6月

15) 土谷大仁朗,山本禎子:PDTの治療経験.第38回山形眼科研究会,山形;2004年6月

16) 高村浩:眼瞼脂腺癌の3例.第38回山形眼科研究会,山形;2004年6月

17) 高橋義徳:ヒアルロナンは angiogenic switch として機能する?.細胞外マトリックス研究会,山形;2004年6月

18) 神尾聡美,山本禎子,芳賀真理江,佐藤浩章,菅野誠,川崎良,山下英俊:網膜静脈分枝閉塞症に対する硝子体手術.第38回山形眼科研究会,山形;2004年6月 

19) 三戸秀哲,山崎太三,辻本淳子,眞野俊治,井出醇,高村浩,辻英貴,三橋善比古:霰粒腫に酷似した皮膚T細胞性リンパ腫の1例.第39回山形眼科研究会,山形;2004年7月

20) 高橋知美:ロービジョン外来について.第39回山形眼科研究会,山形;2004年7月

21) 高橋義徳:眼感染症に対する網羅的病原体検索に関する多施設共同研究について.第39回山形眼科研究会,山形;2004年7月

22) 高村浩:眼瞼基底細胞癌の診療.第39回山形眼科研究会,山形;2004年7月

23) 土谷大仁朗,山本禎子,芳賀真理江,山下英俊:加齢黄斑変性に対する光線力学療法の治療結果.第83回南東北眼科研究会,仙台;2004年9月

24) 金子優,三橋玉絵,山下英俊:サルコイドーシスぶどう膜炎に合併した網膜細動脈瘤の1例.第83回南東北眼科研究会,仙台;2004年9月

25) 佐藤浩章:OCTによる網膜硝子体界面の観察.第40回山形眼科研究会,山形;2004年9月

26) 土谷大仁朗:加齢黄斑変性の診断とPDTの短期治療効果.第40回山形眼科研究会,山形;2004年9月

27) 金子優,三橋玉絵,山下英俊:網膜細動脈瘤の合併がみられたぶどう膜炎の1例.第40回山形眼科研究会,山形;2004年9月

28) 高村浩,山下英俊,菊地憲明:球結膜にPagetoid invasionがみられた眼瞼脂腺癌の1例.第19回眼窩疾患シンポジウム,福岡;2004年10月

29) 高村浩,菅野誠: 海綿静脈洞腫瘍を合併した先天性緑内障の1例.第16回みちのく緑内障懇話会,郡山;2004年10月

30) 大沼郁子:白内障手術—適応とタイミング—. 第2回東北中央病院症例検討会, 山形;2004年10 月

31) 高村浩,菅野誠:海綿静脈洞腫瘍を伴った先天性緑内障の1例.第41回山形眼科研究会,山形;2004年10月

32) 神尾聡美,山本禎子,山下英俊:網膜静脈分枝閉塞症に対する硝子体手術(平成16年2月から9月までの経過報告).第41回山形眼科研究会,山形;2004年10月

33) 高橋義徳,山下英俊:重症小児結膜アレルギー“春季カタル”について.第4回山形アレルギー研究会,山形;2004年11月

34) 土谷大仁朗,山本禎子,芳賀真理江,山下英俊:加齢黄斑変性に対する光線力学療法の治療効果.第42回山形眼科研究会,山形;2004年12月

35) 高橋義徳,神尾聡美,山下英俊,仙道大;若年発症GVHDの3例.第42回山形眼科研究会,山形;2004年12月

36) 西塚弘一,岩崎拓郎,川崎良,山本禎子,佐藤武雄,山下英俊,深見忠典,赤塚孝雄:眼底写真からの軟性ドルーゼン自動検出システム.第42回山形眼科研究会,山形;2004年12月

(5) そ の 他

1) Yamashita H: Pathogenesis of Diabetic Retinopathy and Strategy to Develop New Therapeutic Modalities. Joint Symposium Yamagata ( Japan )- Marburg ,Marburg , Germany ; May 2004

2) 山下英俊:レクチャー:あたらしい国際分類について.第38回糖尿病学の進歩特別講演,福岡;2004年2月

3) 山下英俊:脳血管障害と網膜血管病変の関連について.第2回山形県脳神経外科医会特別講演,山形;2004年2月

4) 山下英俊:糖尿病網膜症の診断と治療.第1回神奈川県眼科DMカンファレンス特別講演,横浜;2004年2月

5) 高村 浩:眼腫瘍の診断と治療. 山形県眼科医会集談会特別講演,山形;2004年2月

6) 山下英俊:糖尿病網膜症の疫学.眼科診療アップデートセミナー2004.関西眼疾患研究会,京都;2004年3月

7) 山下英俊:シンポジウム3.眼科医・内科医・コメデイカルの連携を目指して.(2) 眼科医に聞きたいこと望むこと(コメンテーター).第10回日本糖尿病眼学会総会,福岡;2004年3月

8) 大沼郁子:糖尿病網膜症. 第10回DMサークル Regional circle 21,山形;2004年3月  

9) 川崎良:糖尿病網膜症の分類と診断.第10回日本糖尿病眼学会総会教育講演,福岡;2004年3月

10) 堀貞夫,山下英俊:シンポジウム11「眼合併症の成因と治療-糖尿病網膜症の最先端—」オーガナイザー.第47回日本糖尿病学会,東京;2004年5月

11) 山本禎子:眼底疾患の診断と治療.山形県庄内眼科医会特別講演,山形;2004年5月

12) 大沼郁子:糖尿病と目の病気-糖尿病網膜症を中心に-. 東北中央病院DM患者の会—山和会,山形;2004年5月

13) 大沼郁子:目と病気のはなし. 第5回地域の皆様と東北中央病院との懇談会, 山形;2004年5月

14) 大沼郁子:眼科に関連して. 人間ドック平成16年度健康講話, 山形;2004年6月

15) 山本禎子:糖尿病黄斑浮腫の診断と治療.網膜剥離友の会2004年度研究支援費授与講演,東京;2004年7月

16) 高村 浩:一般眼科医のための眼瞼腫瘍−どのように専門病院へ紹介すればよいか?どうやって経過を診ればよいか?−各論2.基底細胞癌. 第22回日本眼腫瘍研究会教育セミナー,高知;2004年7月

17) 山下英俊:当科における網膜静脈閉塞症に対する硝子体手術の効果.第6回Japan Macula Club,蒲郡;2004年8月

18) 山本禎子:糖尿病黄斑浮腫の病態と治療.杏林アイセンター医局勉強会,東京;2004年8月

19) 山本禎子:種々の眼底疾患の診断と治療.山形県置賜眼科医会特別講演,山形;2004年8月

20) 山下英俊:失明的眼疾患:糖尿病網膜症.第1回 Life Style Related Disease研究会,神戸;2004年9月

21) 山下英俊:糖尿病網膜症の治療戦略-EBMからの展開—.第15回愛知眼科フォーラム,名古屋;2004年9月

22) 山下英俊;糖尿病網膜症の最近の話題.沖縄県眼科集談会,那覇;2004年9月

23) 山本禎子:白内障の診断と治療.平成16年度山形大学医学部公開講座「若々しい目を保つために」,山形;2004年9月

24) 高橋義徳:コンタクトレンズと眼鏡.平成16年度山形大学医学部公開講座「若々しい目を保つために」,山形;2004年9月

25) 川崎良:糖尿病と眼.平成16年度山形大学医学部公開講座「若々しい目を保つために」,山形;2004年9月

26) 木下茂,山下英俊:シンポジウム6 眼腫瘍の治療Update.オーガナイザー.第42回日本癌治療学会,京都;2004年10月

27) 高村 浩:シンポジウム6 眼腫瘍の治療update.眼窩腫瘍の治療.シンポジスト.第42回日本癌治療学会総会,京都;2004年10月

28) 山本禎子:糖尿病網膜症の眼底の見方.湾岸眼科研究会,千葉;2004年10月

29) 山下英俊:糖尿病の疫学.ランチョンセミナー10.もっとあたらしい眼科を目指して-Part II-.第58回日本臨床眼科学会,東京;2004年11月

30) 山下英俊:糖尿病網膜症の病態について.ナーシングプログラム.これで納得!糖尿病網膜症—ケアの向上をめざして−.第58回日本臨床眼科学会,東京;2004年11月

31) 堀貞夫,山下英俊:インストラクションコース3.難問解決 糖尿病黄斑浮腫.オーガナイザー.第58回日本臨床眼科学会,東京;2004年11月

32) 山下英俊:特別講演.糖尿病黄斑症の病態と治療—最新の進歩—.第25回産業医科大学眼科研究会,北九州;2004年11月

33) 山本禎子:インストラクションコース2.ステロイド局所投与による糖尿病黄斑浮腫治療選択の変化.第58回日本臨床眼科学会,東京;2004年11月

34) 高橋義徳:あなたもドライアイかもしれない.いきいき健康講座,山形;2004年11月

35) 大沼郁子:白内障について. YTSゴジダス, 山形;2004年12月

3.そ  の  他

1) 第9回山形眼科先進医療研究会,山形;2004年1月

2) 第34回山形眼科研究会,山形;2004年1月

3) 第35回山形眼科研究会,山形;2004年2月

4) 第36回山形眼科研究会,山形;2004年3月

5) 第82回南東北眼科研究会,山形;2004年5月

6) 第37回山形眼科研究会,山形;2004年5月

7) 第38回山形眼科研究会,山形;2004年6月

8) 山形緑内障懇話会,山形;2004年7月

9) 第2回山形緑内障セミナー,山形;2004年7月

10) 第3回オキュラーサーフェス研究会,山形;2004年7月

11) 第39回山形眼科研究会,山形;2004年7月

12) 第40回山形眼科研究会,山形;2004年9月

13) 第41回山形眼科研究会,山形;2004年10月

14) 第10回山形眼科先進医療研究会,山形;2004年12月

15) 第42回山形眼科研究会,山形;2004年12月

1. 論 文

(1) 原 著

1) Yamamoto T, Hitani K, Tsukahara I, Yamamoto S, Kawasaki R, Yamashita H, Takeuchi S: Early postoperative retinal thickness changes and complications after vitrectomy for diabetic macular edema. Am J Ophthalmol  2003; 135: 14-19

2) Funatsu H, Yamashita H, Ikeda T, Mimura T, Shimizu E, Hori S: Relationship of diabetic macular edema to cytokines and posterior detachment. Am J Ophthalmol 2003; 135: 321-327

3) Usui T, Nakajima F, Ideta R, Kaji Y, Suzuki Y, Araie M, Miyauchi S, Heldin P, and Yamashita H: Hyaluronan Synthase (HAS) in Trabecular Meshwork Cells. Br J Ophthalmol 2003; 87: 357-360

4) Galina D, Kato S, Yamashita H, Tamaki Y, Nagahara M, Fukushima H, Kitano S: Relationship between retrobulbar circulation and progression of diabetic retinopathy. Br J Ophthalmol 2003; 87: 622-625

5) Sato H, Kawasaki R, Yamashita H: Observation of Idiopathic Full-Thickness Macular Hole Closure in Early Postoperative Period as Evaluated by Optical Coherence Tomography. Am J Ophthalmol 2003; 136: 185-187

6) Funatsu H, Yamashita H, Ikeda T, Mimura T, Eguchi S, Hori S: Vitreous levels of interleukin-6 and vascular endothelial growth factor are related to diabetic macular edema. Ophthalmology 2003; 110: 1690-1696

7) Fujii T, Ikdea Y, Yamashita H, Fujii J: Transient elevation of glutathione peroxidase 1 around the time of eyelid opening in the neonatal rat. J Ocul Pharmacol Ther 2003; 19: 361-369

8) Motegi Y, Usui T, Ishida K, Kato S, Yamashita H: Regulation of bovine corneal endothelial cell cycle by transforming growth factor-β. Acta Ophthalmologica Scanvinavica 2003; 81: 517-525

9) Suzuki K, Yamamoto T, Usui T, Suzuki K, Heldin P, Yamahsita H: Expression of hyaluronan synthase in intraocular proliferative diseases: Regulation of expression in human vascular endothelial cells by transforming growth factor-β. Jpn J Ophthalmol 2003; 47: 557-564

10) Yamane K, Minamoto A, Yamashita H, Takamura H, Miyamoto-Myoken Y, Yoshizto K, Mishima HK: Proteome analysis of human vitreous proteins. Molecular and Cellular Proteomics 2003; 2: 1177-1187

11) 高橋知美, 大沼郁子, 高橋栄二, 木村智華子, 山下英俊:Wegener肉芽腫症に対する免疫抑制療法中にサイトメガロウイルス網膜炎を発症した2例. 臨床眼科 2003; 57: 893-898

12) 西澤公子, 佐藤浩章, 佐藤武雄, 山下英俊:網膜皺襞の光学干渉断層計(OCT, version 1.0)による形態学的変化の観察. あたらしい眼科 2003; 20: 403-406

13) 上領勝, 山本崇, 高村浩, 高橋義徳, 山下英俊:Multi-layered amniotic membrane transplantationを施行した症例に対する免疫組織学的検討. あたらしい眼科 2003; 20: 1145-1148

14) 大内典子, 佐藤浩章, 高村浩, 佐藤武雄, 山下英俊:Peripheral exudative hemorrhagic chorioretinopathyの1例. 臨床眼科 2003; 57: 1619-1625

15) 田中三知子, 町田繁樹, 佐野(芳賀)真理江, 田澤豊:無症候性の脈絡膜病変を伴っていたサルコイドーシスの1例. 岩手医学雑誌 2003; 54: 468

16) 宮本博之, 田澤豊, 鍋島隆司, 小林正樹, 村井憲一, 早坂朗, 芳賀真理江:ネコ多局所網膜電図s波の記録. 日本眼科学会雑誌 2003; 107(臨増): 299

17) 小林正樹, 田澤豊, 村井憲一, 宮本博之, 籏福みどり, 向井田泰子, 芳賀真理江:原発開放隅角緑内障(POAG)及び高眼圧症眼(OH)の多局所網膜電図 (mfERG)s波の変化. 日本眼科学会雑誌 2003; 107(臨増): 202

(2) 総 説

1) Kaji Y, Yamashita H, Oshika T: Corneal wound healing after excimer laser keratectomy. Seminars in Ophthalmology 2003; 18: 11-16

2) Funatsu H, Yamashita H: Pathogenesis of diabetic retinopathy and the renin-angiotensin system. Ophthalmic Physiol Opt 2003; 23: 495-501

3) 山下英俊:International clinical diabetic retinopathy and diabetic macular edema disease severity scales(糖尿病網膜症、黄斑症国際重症度分類)についての紹介.日本眼科学会雑誌 2003; 107: 110-112

4) 山下英俊:糖尿病網膜症のトピックス(特集序説). あたらしい眼科 2003; 20: 863-864

5) 山下英俊:糖尿病黄斑症の治療法の開発と効果の評価. Medical Practice 2003; 20: 1414

6) 山下英俊:糖尿病網膜症の現代的諸問題(総論)−よりよいquality of visionを目指す医療−. 内分泌・糖尿病科 2003; 17: 3-7

7) 高村浩:糖尿病眼合併症の管理. グループ湯殿山カンファランス編, 糖尿病腎症攻略マニュアル 中外製薬 2003: 22-23

8) 高村浩:日本人における眼瞼腫瘍の特徴. 日本の眼科 2003; 74: 730

9) 高村浩:25. 眼球突出・陥凹. 眼科 2003; 45(臨時増刊:主訴からみた眼科疾患の診断と治療):1717-1729

10) 高橋義徳, 山下英俊:ヒアルロナンの新たな可能性. あたらしい眼科 2003; 20: 637-639

11) 高橋義徳:ヒアルロナン研究の動向. 山形医学 2003; 21: 79-81

12) 大沼郁子, 山下英俊:エビデンスに基づいた糖尿病合併症のマネージメント. 糖尿病網膜症のマネージメント. Mebio 2003; 20: 48-53

13) 大沼郁子, 川崎良, 佐藤武雄, 山下英俊:高血圧による動脈硬化度を評価する眼底所見. 血圧2003; 10: 576-579

14) 大沼郁子, 芳賀真理江, 佐藤浩章, 加藤丈夫, 山下英俊:【老年症候群】 老年症候群と診療老人の視力障害について(解説/特集). 綜合臨床 2003; 52: 2106-2110

15) 寺島和人, 高村浩, 山下英俊:TGF-βと眼疾患. 眼科 2003; 45: 31-38

16) 川崎良, 山下英俊:糖尿病網膜症−分類と治療−. 総合臨床 2003; 52: 189-190

17) 川崎良, 山下英俊:糖尿病網膜症.(特集:眼疾患の疫学調査) 眼科 2003; 45: 741-752

18) 川崎良, 山下英俊:AAOによる糖尿病網膜症新分類について. あたらしい眼科 2003; 20: 865-872

19) 川崎良, 山下英俊:糖尿病網膜症の臨床的重症度分類. 内分泌・糖尿病科 2003; 17: 38-46

20) 川崎良:なんでも健康相談「糖尿病です. 白内障の手術はできるでしょうか.」 きょうの健康 2003; 10: 135

21) 川崎良, 高村浩, 山下英俊:糖尿病網膜症の新しい臨床病期分類と外科治療の現況. 医学のあゆみ 2003; 207:784-789

22) 芳賀真理江, 山下英俊:糖尿病の慢性合併症 糖尿病網膜症(解説/特集). 日本医師会雑誌特別号「糖尿病診療マニュアル」 2003; 130: S256-S259

23) 芳賀真理江, 高村浩, 山下英俊:体質と環境 Q.&A. 糖尿病網膜症の危険因子は?(解説/特集). 肥満と糖尿病 2003; 2: 57-60

24) 佐藤浩章, 山下英俊:硝子体黄斑牽引症候群の診断と治療. 日本の眼科 2003; 74: 580

25) 佐藤さくら, 佐藤浩章, 川崎良, 山下英俊:網膜血管新生とサイトカイン BIO Clinica 2003; 228: 578-583

26) 神尾聡美, 山下英俊:糖尿病網膜症の診断と治療. 診断と治療 2003; 91: 1717-1722

27) 神尾聡美, 川崎良, 高村浩, 山下英俊:糖尿病網膜症. 黄斑症の新しい分類. Diabetes Journal 2003; 31: 4

28) 大内典子, 川崎良, 山下英俊:糖尿病網膜症. 特集「糖尿病と血管障害」 Medico 2003; 34: 321-325

29) 船津英陽, 山下英俊:眼科合併症における血圧管理(特集「糖尿病の臓器障害と血圧管理」). ホルモンと臨床 2003; 51: 61-63

30) 曽根博仁, 水野佐智子, 大橋靖雄, 斉藤康, 井藤英喜, 吉村幸雄, 山下英俊, 清野弘明, 松岡健平, 山崎義光, 片山茂裕, 赤沼安夫, 山田信博, JDCSグループ:Japan Diabetes Complications Study (JDCS)の中間結果. Diabetes Frontier 2003; 14: 445-450

(3) 著 書

1) 山下英俊, 川崎良(編著):糖尿病網膜症−専門医によるベストアドバイス−. 東京;診断と治療社, 2003: 総ページ146ページ

2) 山下英俊, 川崎良, 佐藤浩章, 神尾聡美, 高村浩, 菅野智華子, 山本禎子:他科から糖尿病専門医に望むもの.「眼科」. 日本糖尿病学会編, 糖尿病学の進歩(第37集). 2003 東京;診断と治療社, 2003: 57-61

4) 高村浩:眼窩疾患の診療 Ⅰ. 疾患各論 5. 眼窩の血管病変. 月刊眼科診療プラクティス 90.東京;文光堂, 2003: 46-50

5) 高村浩, 山下英俊: VII. 眼疾患. 10. 網膜疾患. 三島濟一編, 眼の事典. 東京;朝倉書店, 2003: 576-587

6) 大沼郁子, 山下英俊:薬物治療. 糖尿病網膜症. 大野重昭, 谷原秀信編, 眼科診療のリスクマネージメント.東京;金原出版, 2003: 29-36

7) 寺島和人, 山下英俊:サイトカインと眼. 小竹聡, 中村聡, 大野重昭編, NEW MOOK眼科-4「眼の自己免疫疾患」.東京;金原出版, 2003: 35-43

8) 川崎良:糖尿病網膜症の重症度分類. 山下英俊, 川崎良編, 糖尿病網膜症−専門医によるベストアドバイス−. 東京;診断と治療社, 2003: 47-59

9) 佐藤浩章:糖尿病眼合併症の病像. 山下英俊, 川崎良編, 糖尿病網膜症−専門医によるベストアドバイス−.東京;診断と治療社, 2003: 9-16

10) 佐藤武雄:糖尿病網膜症の診断法. 山下英俊, 川崎良編, 糖尿病網膜症−専門医によるベストアドバイス−.東京;診断と治療社, 2003: 17-26   

2. 学 会 報 告

(1) 国 際 学 会

1) Kawasaki R, Sato H, Sato T, Yamashita H, Saito T, Ohizumi H, Tominaga M, Kato T: Prevalence of diabetic retinopathy among newly diagnosed type 2 diabetes in a rural area of Japan : The Funagata study. 1st SERI-ARVO Meeting in Vision and Ophthalmology , Singapore ; February 2003  

2) Sato S, Katagiri Y, Goto K, Igarashi M, Yamashita H: Immunohistochemical Observation of Diacylglycerol Kinase(DGK) in Normal and the Early Stage of Diabetic Rat. 75th Association for Research in Vision and OphthalmologyAnnual Meeting, Fort Lauderdale ; May 2003

3) Sato H, Kawasaki R, Yamamoto T, Yamashita T, Yamashita H: Evaluation of Cell Damage by Measuring Vitreous Level of 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine (8-OHdG) in Retinal Diseases. 75th Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Fort Lauderdale ; May 2003

4) Sone H, Ishibashi S, Ito H, Saito Y, Murase T, Yamashita H, Katayama S, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N: Effects of five-year lifestyle modification of patients with type 2 diabetes: Interim report of the Japan Diabetes Complications Study (JDCS). 18th International Diabetes Federation Congress, Paris; August 2003 

5) Takahashi Y, Li L, Asteriou T, Kamiryo M, Yamashita H, Paraskevi Heldin : Differential gene expression in response to HA12 and FGF2 during capillary cell differentiation grown in 3D collagen matrices, Hyaluronan. Cleveland ; October 2003

6) Kawasaki R, Yamashita H, Tominaga M, Daimon M, Ohizumi T, Kato T: Diabetic retinopathy: Beyond preventing blindness. Wakayama Forum on Type 2 Diabetes−New Insights on Diabetic Complications−, Izumisano; October 2003

7) Kawasaki R, Sato H, Sato T, Teiko Yamamoto, Yamashita H: Verification of the International Clinical Diabetic Retinopathy and Diabetic Macular Edema Disease Severity Scales.  2003 American Academy of Ophthalmology Annual Meeting, Anaheim ; November 2003  

(2) 国 内 の 学 会

1) 佐藤浩章, 川崎良, 山下英俊, 山本禎子, 山下哲次:網膜硝子体界面症候群病態と硝子体内生理活性物質の検討. 第26回日本眼科手術学会, 京都;2003年1月

2) 寺島和人, 高村浩, 山下英俊:前房消失をきたさないことを目指したMMC併用線維柱帯切除術について. 第26回日本眼科手術学会, 京都;2003年1月

3) 三橋玉絵, 高村浩, 山下英俊, 柏英雄, 三戸秀哲:長掌筋腱を用いた下眼瞼外反症手術. 第26回日本眼科手術学会, 京都;2003年1月

4) 西澤公子, 佐籐浩章, 川崎良, 山下英俊:黄斑浮腫へのトリアムシノロンテノン嚢下投与を行った2例の治療効果および全身因子. 第9回日本糖尿病眼学会, 仙台;2003年3月

5) 森谷聡美, 川崎良, 山下英俊:糖尿病網膜症に対する硝子体手術合併症と血糖コントロールおよび全身因子の関与. 第9回日本糖尿病眼学会, 仙台;2003年3月

6) 川崎良, 佐籐浩章, 山下英俊, 富永真琴, 大泉俊英, 加藤丈夫:山形県舟形町住民健診における新規発症2型糖尿病患者の糖尿病網膜症有病率. 第107回日本眼科学会総会, 福岡;2003年4月

7) 佐籐浩章, 川崎良, 山下英俊, 山本禎子, 山下哲次:網膜硝子体疾患における細胞障害と硝子体中8-ヒドロキシデオキシグアノシン(8-OHdG)濃度. 第107回日本眼科学会総会, 福岡;2003年4月

8) 大沼郁子, 川崎良, 上領勝, 山下英俊, 和田学, 加藤丈夫:平成14年度寒河江市の高齢者住民健診における眼科疾患有病率について. 第107回日本眼科学会総会, 福岡;2003年4月

9) 西澤公子, 佐籐浩章, 木村智華子, 川崎良, 山下英俊:黄斑浮腫へのトリアムシノロンテノン嚢下投与の治療効果および全身因子. 第107回日本眼科学会総会, 福岡;2003年4月

10) 佐藤さくら, 後藤薫, 五十嵐雅彦, 山下英俊:正常および初期糖尿病ラット網膜でのジアシルグリセロ−ルキナ−ゼの免疫組織学的検討. 第107回日本眼科学会総会, 福岡;2003年4月

11) 山根健, 野間英孝, 溝手秀秋, 皆本敦, 三嶋弘, 山下英俊, 高村浩, 吉里勝利:プロテオーム解析を用いた糖尿病網膜症における硝子体内発現蛋白質パターンの検討. 第107回日本眼科学会総会, 福岡;2003年4月

12) 山崎真紀子, 稲葉俊哉, 柏木賢治, 村田和彦, 津間本裕一, 岡田康志, 山下英俊, 三嶋弘:グルタミン酸が誘発する網膜神経節細胞死に対するエリスロポエチンの保護作用. 第107回日本眼科学会総会, 福岡;2003年4月

13) 窪寺俊晴, 三橋玉絵, 高村浩, 山下英俊:リンパ系腫瘍診断における遺伝子再構成検査.第57回日本臨床眼科学会, 名古屋;2003年10月

14) 三橋玉絵, 芳賀真理江, 山下英俊, 三戸秀哲:小児における霰粒腫手術の検討. 第57回日本臨床眼科学会, 名古屋;2003年10月

15) 神尾聡美, 川崎良, 高村浩, 山下英俊, 結城義憲:診断に苦慮した両眼性悪性リンパ腫の1例. 第57回日本臨床眼科学会, 名古屋;2003年10月

16) 野間英孝, 皆本敦, 地庵浩司, 中野賢輔, 今田昌輝, 塚本秀利, 船津英陽, 山下英俊, 三嶋弘:網膜静脈閉塞症の病態とサイトカインとの関連性. 第57回日本臨床眼科学会, 名古屋;2003年10月

17) 西塚弘一, 高村浩, 山下英俊, 三戸秀哲:眼瞼形成術を行った重症霰粒腫の1例. 第57回日本臨床眼科学会, 名古屋;2003年10月

18) 大沼郁子, 川崎良, 上領勝, 山下英俊, 和田学, 加藤丈夫:平成14年度寒河江市の高齢者住民検診における眼科所見と全身検査所見との関連について. 第57回日本臨床眼科学会, 名古屋;2003年10月

19) 佐藤浩章, 川崎良, 西塚弘一, 金子優, 山下英俊:特発性黄斑円孔手術時における液空気置換の必要性. 第57回日本臨床眼科学会, 名古屋;2003年10月

20) 野間英孝, 皆本敦, 曽根隆志, 三嶋弘, 中野賢輔, 船津英陽, 山下英俊:網膜静脈閉塞症における黄斑浮腫とサイトカインとの関連性. 第42回日本網膜硝子体学会, 福岡;2003年12月

21) 佐藤浩章, 川崎良, 山下英俊:硝子体切除術後、トリアムシノロンによる偽眼内炎と思われる硝子体混濁を呈した一例. 第42回日本網膜硝子体学会, 福岡;2003年12月

22) 川崎良, 佐藤浩章, 芳賀真理江, 山下英俊:糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体手術:特に網膜内境界膜剥離の効果についての検討. 第42回日本網膜硝子体学会, 福岡;2003年12月

(3) 国 内 地 方 会

1) 西塚弘一, 佐藤浩章, 川崎良, 山下英俊:山形大学における裂孔原性網膜剥離手術症例の検討.第41回北日本眼科学会, 山形;2003年7月

2) 野間英孝, 坂本郁夫, 望月英毅, 溝手秀秋, 皆本敦, 三嶋弘, 塚本秀利, 船津英陽, 山下英俊,中村茂夫, 栗原英見:歯周病と糖尿病網膜症. 第41回北日本眼科学会, 山形;2003年7月

3) 大内典子, 佐藤浩章, 高村浩, 佐藤武雄, 山下英俊:Peripehral exudative hemorrhagic chorioretinopathyの1例. 第41回北日本眼科学会, 山形;2003年7月

4) 山本崇, 上領勝, 山下英俊:当科にて施行したmulti-layered amniotic membrane transplantaionの2例. 第41回北日本眼科学会, 山形;2003年7月

5) 川崎良:網膜硝子体手術日常臨床の問題点. シンポジウムII「糖尿病黄斑症の硝子体手術」.第41回北日本眼科学会, 山形;2003年7月

6) 野間英孝, 皆本敦, 曽根隆志, 中野賢輔, 塚本秀利, 船津英陽, 山下英俊, 三嶋弘:網膜静脈閉塞症における黄斑浮腫とサイトカインとの関連性. 第69回中部日本眼科学会, 岡山;2003年10月

(4) 研 究 会

1) 西塚弘一, 高村浩, 山下英俊:網膜中心動脈閉塞症に対する星状神経節ブロックの効果について. 第27回山形眼科研究会, 山形;2003年1月

2) 窪寺俊晴、芳賀真理江、高村 浩、山下英俊:多発性後極部網膜色素上皮症 (MPPE) と思われた1症例. 第27回山形眼科研究会, 山形;2003年1月

3) 西塚弘一, 森谷聡美, 高村浩, 山下英俊:結膜乳頭腫の1例. 第28回山形眼科研究会, 山形;2003年2月

4) 窪寺俊晴、上領勝、山本崇、高村浩、山下英俊:治療に苦慮した重症アトピー性角結膜炎の1症例. 第28回山形眼科研究会, 山形;2003年2月

5) 川崎良:眼底の高血圧、網膜細動脈硬化所見と全身疾患との関連(SERI-ARVO学会レビュー). 第29回山形眼科研究会, 山形;2003年3月

6) 上領勝, 山本崇, 山下英俊:当院で施行したmulti-layered amniotic membrane transplantationの検討. 第29回山形眼科研究会, 山形;2003年3月

7) 上領勝, 山本崇, 山下英俊:当科で施行したmulti-layered amniotic membrane transplantationの検討. 第79回南東北眼科研究会, 山形;2003年3月

8) 西塚弘一, 高村浩, 山下英俊, 三戸秀哲:重症霰粒腫に眼瞼形成術を施行した1例. 第79回南東北眼科研究会,山形;2003年3月

9) 大内典子, 佐藤浩章, 高村浩, 佐藤武雄, 山下英俊:Peripehral exudative hemorrhagic chorioretinopathyと考えられた1例. 第79回南東北眼科研究会, 山形;2003年3月

10) 川崎良, 芳賀真理江:加齢黄斑変性の脈絡膜新生血管抜去術の経験. 第30回山形眼科研究会, 山形;2003年6月

11) 山下英俊:血管病としての糖尿病網膜症−その病態と治療−. 第30回山形眼科研究会, 山形;2003年6月

12) 芳賀真理江, 川崎良, 佐藤武雄, 山下英俊:乳頭面上網膜動脈瘤破裂の一症例. 第20回眼微小循環研究会, 第14回日本ICG蛍光造影研究会, 東京;2003年7月

12) 川崎良:Radial Optic Neurotomyの経験. 山形網膜硝子体倶楽部, 山形;2003年7月

13) 川崎良:重症増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術. 山形網膜硝子体倶楽部, 山形;2003年7月

14) 松下知弘, 三橋玉絵, 山下英俊:当科における霰粒腫の治療. 第80回南東北眼科研究会, 仙台;2003年8月

15) 金子優, 山本崇, 山下英俊:治療に苦慮したアトピー性角結膜炎の1例. 第80回南東北眼科研究会, 仙台;2003年8月

16) 鈴木理郎, 芳賀真理江, 川崎良, 大沼郁子, 山下英俊:インターフェロン療法中に随伴した網膜動脈分枝閉塞症の1例. 第80回南東北眼科研究会, 仙台;2003年8月

17) 三橋玉絵:固定内斜視の2例. 第31回山形眼科研究会, 山形;2003年9月

18) 高村浩:New York Eye Cancer Center見学記. 第31回山形眼科研究会, 山形;2003年9月

19) 高村浩, 窪寺俊晴, 三橋玉絵, 山下英俊:ステロイドを投与した眼窩悪性リンパ腫の2症例.第21回日本眼腫瘍研究会, 岡山;2003年10月

20) 佐藤浩章, 川崎良, 山下英俊, 山下哲次:網膜疾患における硝子体内8-OHdG濃度による細胞障害の評価. 第14回眼科酸化ストレス研究会, 岡山;2003年10月

21) 川崎良, 山下英俊:新世代光干渉断層計装置の開発に向けて. 眼科領域における光干渉断層計装置の応用. 山形大学医学部工学部セミナー, 山形;2003年10月

22) 佐藤浩章:黄斑円孔の手術術式の変遷と最近の当科での術式. 第32回山形眼科研究会, 山形;2003年10月

23) 芳賀真理江:弱視眼における網膜剥離. 第32回山形眼科研究会, 山形;2003年10月

23) 高村浩:ステロイドを投与した眼窩悪性リンパ腫の症例. 第32回山形眼科研究会, 山形;2003年10月

24) 高橋知美, 山下英俊, 永沢倫:東北中央病院における人間ドックの現状と2次検診受診率.第81回南東北眼科研究会, 福島;2003年12月

25) 松下知弘, 山本崇, 川崎良, 山下英俊:当科における最近の眼外傷. 第81回南東北眼科研究会, 福島;2003年12月

26) 芳賀真理江, 川崎良, 鈴木理郎, 神尾聡美, 佐藤浩章, 山下英俊:自傷行為によると思われる両眼性網膜剥離を生じたDown症の1例. 第81回南東北眼科研究会, 福島;2003年12月

27) 川崎良:BRVOに対する硝子体手術の経験. 山形網膜硝子体倶楽部, 山形;2003年12月

28) 川崎良:小児先天性白内障に対するPEA+IOL+前部硝子体切除. 山形網膜硝子体倶楽部, 山形;2003年12月

29) 川崎良:重症眼内炎の硝子体手術. 山形網膜硝子体倶楽部, 山形;2003年12月

30) 川崎良:ケナコルトによる硝子体可視化手術の経験. 山形網膜硝子体倶楽部, 山形;2003年12月

31) 芳賀真理江, 川崎良, 佐藤武雄, 山下英俊:乳頭面上網膜動脈瘤が破裂した一症例. 山形網膜硝子体倶楽部, 山形;2003年12月

(5) そ の 他

1)山下英俊:糖尿病網膜症の診断と治療−最新の知見−. 平成14年度秋田県基本健診研修会, 秋田;2003年2月

2)山下英俊:他科から糖尿病専門医に望むもの−眼科−. 第37回糖尿病学の進歩, 神戸;2003年2月

3)山下英俊:糖尿病網膜症. 眼科診療アップデートセミナー, 京都;2003年3月

4)山下英俊, 川崎良:International clinical diabetic retinopathy and diabetic macular edema diseases severity scales(糖尿病網膜症、黄斑症国際重症度分類)についての紹介. 第9回日本糖尿病眼学会, 仙台;2003年3月

5)山下英俊:EBMに基づいた糖尿病網膜症の診断と治療. 第18回庄内眼科医会講演, 酒田;2003年5月

6)山下英俊:EBMに基づく糖尿病網膜症. ヒロシマフォーラム2003シンポジウム, 広島;2003年5月

7)山下英俊:糖尿病網膜症の治療戦略とサイトカイン. 第244回熊本県眼科医会研修会講演, 熊本;2003年5月

8)山下英俊, 川崎良:わかりやすい糖尿病網膜症、黄斑症国際分類について. 第46回日本糖尿病学会シンポジウム「糖尿病網膜症の発症機序と治療」, 富山;2003年5月

9)山下英俊:血管病としての糖尿病網膜症−その病態と治療−. 講演会「動脈硬化Update 2003」, 東京;2003年6月

10) 高村浩:眼科における腫瘍性疾患のマネージメント. 第224回眼科症例検討会, 広島;2003年6月

11)山下英俊:血管新生の視点から−糖尿病網膜症:血管新生の面からみた病態と治療−. 第9回糖尿病治療を考えるフォーラム, 東京;2003年9月

12)山下英俊:EBMからみた糖尿病網膜症の診断と治療. 第58回東京医科大学眼科臨床懇話会特別講演, 東京;2003年10月

13)山下英俊:糖尿病網膜症発症・進展を如何に抑制するか?−失明予防から視力保持への戦略−. 第40回東京多摩地区眼科集談会教育講演, 東京;2003年10月

13)山下英俊, 川崎良, 赤沼安夫, 大橋靖雄, 水野佐智子, 山田信博, 厚生労働省研究班(JDCStudy):日本における多施設前向き研究による糖尿病網膜症進展とそのリスクファクター. 第57回日本臨床眼科学会, 名古屋;2003年10月

14)山下英俊:糖尿病網膜症の病態解明と治療戦略. ”Pathogenesis of diabetic retinopathy and strategy to  develop new therapeutic modalities”. 第16回チバビジョンシンポジウム, 大阪, 東京;2003年11月

15)山下英俊:EBMに基づく糖尿病網膜症の診断と治療. 第53回鳥取大学同門会講演会, 第20回鳥取県眼科学術講演会, 鳥取;2003年11月

16) 川崎良, 山下英俊:糖尿病網膜症の診断と臨床試験における評価. 東京理科大学大学院工学研究科大学院修士課程医薬統計コース「臨床試験論」, 東京;2003年11月 

17) 佐藤武雄:立体写真による眼底病変の観察. 第8回山形大学医学部技術部職員研修会, 山形;2003年8月

3. そ の 他

1)第27回山形眼科研究会, 山形;2003年1月

2)第5回やまがたDMミーティング, 山形;2003年1月

3)第28回山形眼科研究会, 山形;2003年2月

4) 第79回南東北眼科研究会, 山形;2003年3月

5) 第4回グラネアの会, 山形;2003年3月

6) 第29回山形眼科研究会, 山形;2003年3月

7) 東邦大学・竹内忍教授特別講演, 山形;2003年4月

8)第7回山形眼科先進医療研究会, 山形;2003年5月

9)第1回山形オキュラーサーフェス研究会, 山形;2003年5月

10) 第30回山形眼科研究会, 山形;2003年6月

11) 第41回北日本眼科学会, 山形;2003年7月

12)第6回やまがたDMミーティング, 山形;2003年9月

13)第8回山形眼科先進医療研究会, 山形;2003年9月

14) 第31回山形眼科研究会, 山形;2003年9月

15) 第32回山形眼科研究会, 山形;2003年10月

16)第2回山形オキュラーサーフェス研究会, 山形;2003年11月

17)第1回山形緑内障セミナー, 山形;2003年11月

18) 第33回山形眼科研究会, 山形;2003年12月

1. 論文

(1) 原著

1) Kasagi Y, Yamashita H: Hsp 47 expression in cornea after excimer laser photoablation. Jpn J Ophthalmol 2002;46:123-129

2) Funatsu H, Yamashita H, Noma H, Mimura T, Yamashita T, Hori S : Increased levels of vascular endothelial growth factor and interleukin-6 in the aqueous humor of diabetic macular edema. Am J Ophthalmol 2002;133:70-77

3) Shimizu E, Funatsu H, Yamashita H, Yamashita T, Hori S: Plasma level of interleukin-6 is an indicator for predicting diabetic macular edema. Jpn J Ophthalmol 2002;46:78-83

4) Funatsu H, Yamashita H, Nakanishi Y, Hori S : Angiotensin-II and vascular endothelial growth factor in the vitreous fluid of patients with proliferative diabetic retinopathy. Br J Ophthalmol 2002;86:311-315

5) Tsumamoto Y, Yamashita K, Takumida M, Okada K, Mukai S, Shinya M, Yamashita H, Mishima HK : In situ localization of nitric oxide synthase and direct evidence of NO production in rat retinal ganglion cells. Brain Res 2002;933:118-129

6) Funatsu H, Yamashita H, Ikeda T, Nakanishi Y, Kitano S, Hori S : Angiotensin-II and vascular endothelial growth factor in the vitreous fluid of patients with diabetic macular edema and other retinal disorders. Am J Ophthalmol 2002;133:537-543

7) Tsuruga T, Kanamoto T, Kato T, Yamashita H, Miyagawa K, Mishima HK : Ocular development-associated gene (ODAG), a novel gene highly expressed in ocular development. Gene 2002;290:125-30

8) Noma H, Funatsu H, Yamashita H, Kitano S, Mishima HK, Hori S : Regulation of angiogenesis in diabetic retinopathy:   possible balance between vascular endothelial growth factor and endostatin. Arch Ophthalmol 2002;120:1075-80

9) Funatsu H, Yamashita H, Noma H, Shimizu E, Mimura T, Hori S : Prediction of macular edema exacerbation after phacoemulcification in patients with nonproliferative diabetic retinopathy. J Cataract Refract Surg 2002;28:1355-1363

10) Sone H, Katagiri A, Ishibashi S, Abe R, Saito Y, Murase T, Yamashita H, Yajima Y, Ito H, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, JDCStudy Group : Effects of lifestyle modifications on patients with type 2 diabetes: The Japan Diabetes Complications Study (JDCS) study design, baseline analysis and three year-interim report. Horm Metab Res 2002;34:509-515

11) Kato S, Takemori M, Kitano S, Hori S, Fukushima H, Numaga J, Yamashita H: Retinopathy in Older Patients with Diabetes Mellitus. Diabetes Res Clin Pract 2002;58:187-192

12) Sone H, Ito H, Saito Y, Yamashita H, Ishimbashi S, Katayama S, Abe R, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Japan Diabetes Complication study group : The long-term effects of self-management education for patients with type 2 diabetes on glycemic control. Diabetes Care 2002;25:2115-2116

13) Sano M, Nabeshima T, Mita T : A New Wavelet,s-wave,of the Multifocal Electroretinogram Probably Originating from    Ganglion cells. Invest Ophthalmol&Vis Sci. 2002;43:1666-1672

14) 山下英俊, 大沼郁子, 川崎 良, 佐藤浩章, 佐藤武雄, 竹内 忍, 江口秀一郎:山形県における糖尿病網膜症の現    状と治療戦略の開発についての研究. 山形県健康科学研究所紀要2002;21

15)三橋玉絵, 大沼郁子, 山口克宏, 山下英俊:長期に経過観察をしえた網膜細胞腫と考えられる1例. 眼科 2002;44:    461-466

16) 荘司琢郎, 菅原正容, 高村 浩, 山下英俊:外転運動障害で初発した上咽頭癌の1例. 臨床眼科 2002;56:863-866 

(2) 総説

1)  山下英俊:糖尿病網膜症の治療薬ターゲットとしてのレニンーアンジオテンシン系. Medical Practice 2002;19:682

2) 山下英俊:糖尿病網膜症の病態と増殖因子・サイトカイン. Diabetes Frontier 2002;13(suppl.):22-25

3) 山下英俊, 三橋玉絵:高齢者における症候のとらえ方:視力障害. Medical Practice 2002;19 (suppl.):103-107

4) 山下英俊, 小椋祐一郎:特集「網膜・硝子体Q&A」.編集, 序文.あたらしい眼科2002;l19(臨時増刊号):1-2

5) 高村 浩, 寺島和人, 山下英俊:眼内腫瘍の遺伝子解析. 日本眼科紀要 2002;53:245-250

6) 高村 浩, 山下英俊:序説:眼腫瘍UPDATE−外来で困らないために−. あたらしい眼科2002;19:533-534

7) 高村 浩:日本での眼科領域の腫瘍の現状と国際比較. あたらしい眼科 2002;19(5):535-541

8) 高橋義徳, 山下英俊:デイスポーザブルコンタクトレンズ. 眼科 2002;44:1061-1064

9) 川崎 良, 山下英俊:糖尿病網膜症.内科「特集:EBMのための内科疾患データファイル−治療方針決定のために −」2002;89:1565-1567

10) 川崎 良, 山下英俊:糖尿病網膜症. 内科 2002;89:1565-1567

11) 川崎 良:生活習慣病に伴う網膜症のpopulation-based Studyの重要性について教えて下さい. あたらしい眼科    2002;19(臨増):210-212

12) 佐藤浩章:網膜・硝子体牽引症候群の病態と診断について教えてください. あたらしい眼科2002;19(臨時     増刊号): 113-116

13) 佐藤浩章, 佐藤武雄, 山下英俊:慢性合併症「糖尿病網膜症の病態と治療」最新医学2002;57:1139-1145

14) 佐藤武雄:特集網膜硝子体Q&A I. 検査・診断 1. 眼底血管造影検査法を安全に施行するコツを教えてください. あたらしい眼科 2002;19:3-5

15) 船津英陽,山下英俊:新時代の糖尿病学(4)糖尿病網膜症発症・進展の分子生物学. 日本臨床 2002;69   (増刊号):162-166  

(3)著書

1) 山下英俊:血管閉塞後の血管新生のメカニズム. 眼科診療プラクテイス85 血管閉塞性疾患の診療 (斉藤喜博, 田野保雄編)文光堂, 東京 2002;164-167

2) 山下英俊:糖尿病網膜症の病態と治療法開発研究の方向:21世紀への展望. In:第19回硝子体研究会記録  (硝子体研究会事務局編集) エースアート, 大阪 2002:13-22

3) 山下英俊, 山本禎子, 川崎 良:細胞増殖因子. 糖尿病ナビゲーター(門脇 孝編) メデイカルレビュー社, 東京,大阪 2002:332-333

4) 山下英俊:糖尿病網膜症の臨床の最新情報.1成因と病期分類・診断. 第36回糖尿病学の進歩2002(日本糖尿病学会編)診断と治療社, 東京 2002:34-40

5) 高橋義徳, 山下英俊:スペキュラ−マイクロスコピー. 眼科診療プラクテイス88 角膜内皮細胞—最新の知見と展望(澤 充編)文光堂, 東京 2002;8-10 

6) 山本 崇, 三橋玉絵, 川崎 良, 佐藤武雄, 山下英俊:Q&Aで覚える眼科日常診療A-Z(江口秀一郎編) メデイカルビュー社, 東京 2002

7) 菅野 誠, 三橋玉絵, 佐藤武雄, 山下英俊:高齢者の視力障害. 老年病のとらえかた−眼でみるべッドサイドの病態生理−(大内尉義編)文光堂, 東京 2002:233-242

8) 菅野 誠:術後感染症の起炎菌として多いのはなんでしょうか? 4大菌って聞いた気がするのですか? Q&Aで覚える眼科日常診療A−Z(江口秀一郎編)メジカルビュー社, 東京2002:20-202

9) 菅野 誠, 江口秀一郎:11前眼部疾患. 眼内充填物質の使い方(巻等言). 眼科診療プラクティス81. 文光堂, 東京 2002:94-96

10) 菅野 誠, 江口秀一郎:8眼内レンズ・屈折矯正手術と眼鏡.眼鏡眼鏡のトラブル(巻等言).眼科診療プラクティス82. 文光堂, 東京 2002:68-71

11) 菅野 誠, 江口秀一郎:8白内障術前検査. 眼科医と視能訓練士のためのスキルアップ(巻等言). 眼科診療プラクティス86. 文光堂, 東京 2002:122-127

12) 菅野 誠:1白内障ってどんな病気?これで完璧!白内障(巻等言). 眼科ケア7 メディカ出版, 東京 2002:10-15

13) 川崎 良:増殖硝子体網膜症(PVR)と増殖糖尿病網膜症(PDR):同じ増殖性変化なのにどうして増殖の形態が異なるのでしょうか? Q&Aで覚える眼科日常診療A-Z (江口秀一郎編) メジカルビュー社, 東京 2002:57-58

14) 佐藤浩章:糖尿病網膜症左右眼でずいぶん網膜症の差があるのですがどうしてでしょうか?Q&Aで覚える眼科日常診療A-Z (江口秀一郎編) メジカルビュー社, 東京 2002:62-63

15) 佐藤武雄, 山下英俊:診察室にて/検査・診断の場面 Qフルオレセイン蛍光眼底造影検査:造影剤の注入速度はどれくらいが適当なのでしょうか? Q&Aで覚える眼科日常診療A-Z (江口秀一郎編) メジカルビュー社,東京 2002:59-61

16) 臼井智彦, 山下英俊:角膜内皮細胞とサイトカイン. 眼科診療プラクテイス88 角膜内皮細胞—最新の知見と展望 (澤 充編)文光堂, 東京 2002;80-81  

(4)その他

1) 川崎 良, 山下英俊:(取材協力)糖尿病網膜症. きょうの健康11月. 日本放送出版協会, 東京 2002:115-242 

2. 学会報告

(1) 国外の学会

1) Yamashita H, Kanno M, Eguchi S : Cytokine /growth factor network in proliferative diabetic retinopathy. 2002 Keystone Symposia "Angiogenesis in cancer and other diseases: From genes to function to therapy" Banff , Canada . 2002年2月

2) Takamura H, Terashima K, Yamashita H : Frequency of ocular tumors: Difference among races. 29th International Congress of Ophthalmology,Sydney , Australia . 2002年4月

3) Sato H, Kawasaki R, Yamashita H, Yamamoto T, Takeuchi S : Long term follow up of surgery with retinal internal limiting membrane (ILM) peeling in advanced macular hole cases. 29th International Congress of Ophthalmology,Sydney , Australia . 2002年4月

4) Sato S, Takahashi Y, Yamashita H : Status of corneal endothelium in young normal volunteers: Follow up study. 29th International Congress of Ophthalmology, Sydney , Australia . 2002年4月

5) Kimura C, Mitsuhashi T, Hashimoto M, Yamaguchi K, Yamashita H : Incidence and risk factors of retinopathy of prematurity  in very low birth weight infants at Yamagata Saisei Hospital . 29th International Congress of Ophthalmology, Sydney ,  Australia . 2002年4月

6) Mitsuhashi T, Yamashita H, Ide A : Observation of upper eyelid using MRI in Japanese. 29th International Congress of Ophthalmology, Sydney , Australia . 2002年4月

7) Yamamoto T, Akabane N, Hitani K, Yamamoto S, Takeuchi S, Yamashita H : Complications of vitrectomy for diabetic   macular edema. 29th International Congress of Ophthalmology, Sydney , Australia . 2002年4月

8) Tsumamoto Y, Yamashita K, Okada K, Kurokawa T, Yamashita H, Mishima HK : Regulation of BDNF and its receptor TrkB in retina of normal aged mice and senescence-accelerated mice. 74th Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Ft. Lauderdale , USA . 2002年5月

9) Yamane K, Minamoto A, Mishima HK, Yamashita H, Takamura H, Yoshizato K : Proteome analysis of normal human  vitreous fluid. 74th Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Ft. Lauderdale , USA . 2002年5 月

10) Kawasaki R, Kamiryo M, Sato H, Sato T, Saito T, Tominaga M, Kato T, Yamashita H : The prevalence of diabetic  retinopathy and other fundus diseases in Japanese population: 2nd year experience in Funagata Japan. 74th Association for  Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Ft. Lauderdale , USA . 2002年5月

11) Kamiryo M, Takahashi Y, Yamashita H : Immunohistochemical observation of amniotic membrane transplantation in ocular   surface disease. 74th Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Ft. Lauderdale , USA . 2002年5  月

12) Sakura S, Katagiri Y, Goto K, Yamashita H : Expression patterns of diacylglycerol kinase (DGK) isozymes in normal rat retina. 74th Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Ft. Lauderdale , USA . 2002年5月

13) Mochizuki H, Sakamoto I, Kato T, Tsumamoto Y, Yamashita H, Mishima HK : Induction of nitric oxide in retinal Muller  glial cells by α-crystallin. 74th Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Ft. Lauderdale , USA . 2002年5月

14) Kato T, Mochizuki H, Yamasaki M, Tsumamoto Y, Sakamoto I: Regulation of matrix metalloproteinase in Muller cells in  response to lipopolysaccharide in vitro. 74th Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Ft. Lauderdale , USA . 2002年5月 

(2) 国内の学会

1) 窪寺俊晴, 佐藤浩章, 川崎 良, 山下英俊, 山本禎子, 竹内 忍: 視神経乳頭部に裂孔があると考えられた網膜剥離の1症例の治療. 第25回日本眼科手術学会, 広島. 2002年1月

2) 上領 勝, 高橋義徳, 山下英俊, 小関紀子, 木村智華子:翼状片手術における羊膜移植併用の効果. 第25回日本眼科手術学会, 広島. 2002年1月

3) 高村 浩, 寺島和人, 山下英俊:山形大学における眼瞼悪性腫瘍の治療成績. 第25回日本眼科手術学会, 広島. 2002年1月

4) 日谷光一郎, 山本禎子, 赤羽直子, 塚原逸朗, 山本修一, 竹内 忍, 山下英俊:糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体手術の合併症. 第25回日本眼科手術学会, 広島. 2002年1月 

5) 高橋義徳, 上領 勝, 山下英俊:瘢痕性眼表面疾患における免疫組織学的検討. 第26回角膜カンファランス, 東京. 2002年2月

6) 清水えりか, 船津英陽, 中村新子, 田中義和, 中西雄一郎, 蒔田浩司, 春山賢介, 北野滋彦, 宮田敏男, 山下英俊, 堀 貞夫:糖尿病網膜症進展に関連する危険因子の検討. 第8回日本糖尿病眼学会, 大阪. 2002年3月

7) 山根 健, 野間英孝, 溝手秀秋, 皆本 敦, 三嶋 弘, 山下英俊, 高村 浩, 吉里勝利:黄斑円孔と糖尿病網膜症における硝子体のプロテオーム解析. 第8回日本糖尿病眼学会, 大阪. 2002年3月

8) 三橋玉絵, 鈴木  倫, 高村  浩, 山下英俊:11歳女児にみられた後部強膜炎の一例. 第27回日本小児眼科学会, 豊橋. 2002年4月

9) 河崎さつき, 佐藤  忍, 伊籐  聡, 森  保通, 関原久彦, 加藤  聡, 山下英俊:糖尿病網膜症の臨床背景について.第45回日本糖尿病学会年次学術集会, 東京. 2002年5月

10) 上領  勝, 高橋義徳, 山下英俊:眼表面疾患における羊膜移植の免疫組織学的検討. 第106回日本眼科学会総会,仙台. 2002年5月

11) 川崎  諭, 関山英一, 遠藤健一, 餅田知佳子, 山下英俊, 木下茂:角膜上皮細胞における血管新生因子, 抗血管新生因子の遺伝子発現解析. 第106回日本眼科学会総会, 仙台. 2002年5月

12) 津間本裕一, 山下敬介, 黒川知則, 岡田康志, 山下英俊, 三嶋  弘:正常マウスおよび老化促進マウスの網膜におけるBDNFおよびそのレセプターTrkBの発現. 第106回日本眼科学会総会,仙台. 2002年5月

13) 高村  浩, 寺島和人, 山下英俊:眼科領域腫瘍の頻度の人種差について. 第106回日本眼科学会総会, 仙台. 2002年5月

14) 佐籐さくら, 後藤  薫, 山下英俊:正常ラット網膜におけるジアセルグリセロールキナ−ゼの発現パターン. 第106回日本眼科学会総会, 仙台. 2002年5月

15) 鈴木清香, 山本禎子, 竹内  忍、Paraskevi Heldin, 山下英俊:増殖性網膜硝子体疾患におけるヒアルロン酸合成酵素の発現. 第106回日本眼科学会総会, 仙台. 2002年5月

16) 船津英陽, 北野滋彦, 清水えりか, 中西雄一郎, 蒔田浩司, 春山賢介, 山下英俊, 堀  貞夫:増殖糖尿病網膜症と硝子体液中angiotensin II, VEGF濃度との関連性. 第106回日本眼科学会総会, 仙台. 2002年5月

17) 川崎  良, 上領  勝, 佐藤浩章, 佐藤武雄, 斉藤  保, 加藤丈夫, 富永真琴, 山下英俊:平成13年度舟形町住民検診における糖尿病網膜症他の眼底疾患の頻度. 第106回日本眼科学会総会,仙台. 2002年5月

18) 望月英毅, 坂本郁夫, 加藤倫子, 津間本裕一, 山崎真紀子, 山下英俊, 三嶋  弘:ラット培養ミュラー細胞におけるαクリスタリンによる一酸化窒素の産生. 第106回日本眼科学会総会, 仙台. 2002年5月

19) 加藤倫子, 望月英毅, 津間本裕一, 山崎真紀子, 坂本郁夫, 草薙  聖, 山下英俊, 三嶋  弘:リポポリサッカライドによる培養ミュラー細胞におけるマトリックス分解酵素の発現. 第106回日本眼科学会総会, 仙台. 2002年5月

20) 山根  健, 野間英孝, 溝手秀秋, 三嶋  弘, 山下英俊, 高村  浩, 吉里勝利:プロテオ−ム解析を用いた正常硝子体発現蛋白質パターンの検討. 第106回日本眼科学会総会, 仙台. 2002年5月

21) 菅野 誠, 松浦恭祐, 水木健二, 江口まゆみ, 江口秀一郎:Laser in situkeratomileusisと眼圧の変化. 第17回日本眼内レンズ屈折手術学会, 東京. 2002年6月

22) 寺島和人, 高村  浩, 山下英俊:前房消失をきたさないことを目指したMMC併用線維柱帯切除術について. 第56回日本臨床眼科学会, 盛岡. 2002年9月

23) 野間英孝, 坂本郁夫, 望月英毅, 山根  健, 溝手秀秋, 皆本  敦, 三嶋  弘, 船津英陽, 山下英俊:歯周病は糖尿病網膜症の増悪因子となり得るか. 第56回日本臨床眼科学会, 盛岡. 2002年9月

24) 上領  勝, 高橋義徳, 山下英俊:羊膜移植併用翼状片手術における再発症例の検討. 第56回日本臨床眼科学会, 盛岡. 2002年9月

25) 佐藤浩章, 川崎  良, 山下英俊, 山本禎子, 竹内  忍:特発性黄斑円孔手術における視力改善因子についての検討.第56回日本臨床眼科学会, 盛岡. 2002年9月

26) 川崎  良, 佐籐浩章, 山下英俊:初診時に増殖糖尿病網膜症であった若年2型糖尿病患者の背景因子と治療成績.第41回日本網膜硝子体学会, 東京. 2002年11月

27) 佐籐浩章, 川崎  良, 山下英俊, 山本禎子, 山下哲次:硝子体中8-OhdG濃度による網膜硝子体疾患における細胞障害. 第41回日本網膜硝子体学会, 東京. 2002年11月  

(3) 国内地方会

1) 高村 浩, 土谷大仁朗, 西澤公子, 山下英俊:再発を繰り返した顔面悪性末梢神経鞘腫瘍の1例. 第40回北日本眼科学会, 弘前. 2002年7月 

(4) 研究会

1) 寺島和人, 高村 浩:TGF-βシグナルの遺伝子異常が示唆された孤立性線維性腫瘍の症例.第19回山形眼科研究会, 山形. 2002年1月 

2) 窪寺俊晴, 三橋玉絵:当科における斜視手術. 第19回山形眼科研究会, 山形. 2002年1月

3) 後藤 豊, 佐藤浩章, 川崎 良, 山下英俊:ガラスによる眼球二重穿孔の1例.第19回山形眼科研究会, 山形. 2002年1月

4) 寺島和人, 高村 浩:TGF-βシグナル因子の遺伝子異常が示唆された孤立性線維性腫瘍の症例−その2. 第20回山形眼科研究会, 山形. 2002年2月

5) 高村 浩:眼窩孤立性線維性腫瘍の1例. 第20回山形眼科研究会, 山形. 2002年2月

6) 高村 浩:山形大学眼科における眼瞼悪性腫瘍の検討. 第20回山形眼科研究会, 山形. 2002年2月

7) 鈴木 倫, 高村 浩, 山下英俊:治療に難渋したPosner-Schlossman症候群の3例. 第21回山形眼科研究会,山形. 2002 年3月 

8) 上領  勝:FK506(タクロリムス)点眼の後期第2次試験について. 第21回山形眼科研究会,山形. 2002年3月 

9) 大内典子, 川崎 良, 山下英俊:過去1年間に当科にて経験した眼内異物を伴った穿孔性眼外傷の3例. 第76回 南東北眼科研究会, 山形. 2002年4月

10) 佐藤浩章, 山下英俊:山形大学における硝子体出血をきたした原因疾患の検討. 第76回南東北眼科研究会, 山形. 2002年4月

11) 川崎  良:黄斑浮腫に対する光凝固後浮腫と視力の経過に解離がみられた1例. 第3回やまがたDM Meeting,山形. 2002年5月

12) 佐藤浩章, 山下英俊:糖尿病網膜症における網膜光凝固時に生じる黄斑浮腫への対応. 第3回やまがたDM Meeting, 山形. 2002年5月

13) 鈴木 倫, 大沼郁子, 高村 浩, 山下英俊, 土屋義明:わずかな視野異常で発見された頭蓋内腫瘍の1例. 第22回山形眼科研究会, 山形. 2002年6月

14) 大内典子, 高村 浩, 佐藤武雄, 山下英俊:中心窩以外に発生した脈絡膜血管新生の2例.第22回山形眼科研究会, 山形. 2002年6月

15) 芳賀真理江:多局所網膜電図の臨床応用. 第22回山形眼科研究会, 山形. 2002年6月

16) 佐藤武雄:各種眼底疾患のステレオ写真. 第22回山形眼科研究会, 山形. 2002年6月

17) 芳賀真理江:多局所網膜電図の臨床応用 その2. 第23回山形眼科研究会, 山形. 2002年7月

18) 上領 勝:当科における羊膜移植と角膜移植. 第23回山形眼科研究会, 山形. 2002年7月

19) 西塚弘一, 大沼郁子, 佐藤武雄, 高村 浩, 山下英俊:網膜色素上皮過形成の検討 .第77回南東北眼科研究会, 仙台. 2002年8月

20) 鈴木 倫, 三橋 玉絵, 三戸 秀哲, 山下 英俊:固定内斜視の1治療例. 第77回南東北眼科研究会, 仙台. 2002年8月

21) 森谷聡美, 山下 英俊, 羅  錦營:神経線維腫症I型における脈絡膜病変のSLO所見. 第77回南東北眼科研究会, 仙台. 2002年8月

22) 上領  勝, 山下英俊:羊膜移植における免疫組織学的検討. 細胞外マトリックス研究会, 沖縄. 2002年8月

23) 窪寺俊晴, 三橋玉絵, 高村 浩, 山下英俊:最近の当科におけるリンパ性腫瘍の3例. 第24回山形眼科研究会, 山形. 2002年10月

24) 西塚弘一,佐藤浩章,川崎 良,山下英俊:当科における裂孔原性網膜剥離手術症例の検討.第24回山形眼科研究会, 山形. 2002年10月

25) 西塚弘一,大沼郁子,佐藤武雄,高村 浩,山下英俊:網膜色素上皮肥大の検討.山形県眼科医会集談会, 山形. 2002 年10月

26) 川崎  良, 佐藤浩章, 高村  浩, 山下英俊:線維柱帯切除術後に眼内炎を来たし治癒後も濾過胞を維持し得た1例. 第14回みちのく緑内障懇話会, 山形. 2002年11月

27) 鈴木 倫, 高村 浩, 山下英俊:山形大学眼科における視神経の腫瘍について. 第78回南東北眼科研究会,福島. 2002年11月

28) 窪寺俊晴, 三橋玉絵, 高村 浩, 山下英俊:最近の当科におけるリンパ性腫瘍の3例. 第78回南東北眼科研究会,福島. 2002年11月

29) 森谷聡美, 川崎  良, 山下英俊:糖尿病網膜症に対する硝子体手術での術後合併症の発生と血糖コントロールおよび全身因子の関与について. 第78回南東北眼科研究会, 福島. 2002年11月

30) 佐藤武雄:糖尿病網膜症のステレオ写真. 第25回山形眼科研究会, 山形. 2002年11月

31) 西塚弘一, 高村 浩, 山下英俊:血管拡張性肉芽腫症例の検討. 第25回山形眼科研究会, 山形. 2002年11月

32) 山下英俊, 川崎 良:あたらしい糖尿病網膜症、黄斑症国際重症度分類について. 第25回山形眼科研究会, 山形. 2002年11月

33) 西塚弘一, 高村 浩, 山下英俊, 三戸秀哲:特異な経過を示した霰粒腫と考えられた1例.第26回山形眼科研究会, 山形. 2002年12月

34) 窪寺俊晴, 鈴木 倫, 高村 浩, 山下英俊:当科における視神経腫瘍症例の検討. 第26回山形眼科研究会, 山形.2002年12月

35) 高村 浩, 森谷聡美, 寺島和人, 山下英俊:当科における眼内悪性リンパ腫症例の検討.第26回山形眼科研究会,山形. 2002年12月

36) 川崎  良:トリアムシノロンを用いた硝子体手術(ビデオ). 山形網膜硝子体倶楽部, 山形. 2002年12月

37) 森谷聡美, 川崎  良, 高村  浩:診断的硝子体手術を行い眼悪性リンパ腫が疑われた1例. 山形網膜硝子体倶楽部, 山形. 2002年12月 

3. その他

1) Yamashita H : Cytokine network in angiogenesis in diabetic retinopathy. 4th International Symposium on Ocular  Pharmacology and Pharmaceutics.Seville , Spain . 2002年

2) 山下英俊, 皆本  敦:シンポジウム「病態からみた網膜硝子体手術〜網膜血管病変治療の問題点解決のbreak throughをもとめて」(オーガナイザ−). 第25回日本眼科手術学会, 広島. 2002年1月

3) 山下英俊:創傷治癒の分子機構と眼疾患. 関西眼疾患研究会特別講演, 京都. 2002年1月 

4) 山下英俊:ランチョンセミナー「臨床での分子生物学」オーガナイザ−(発表:真島行彦、崎元  暢). 第26回角膜カンファランス, 東京. 2002年2月

5) 山下英俊:糖尿病網膜症の臨床−成因・分類・診断. 第36回糖尿病学の進歩, さいたま市. 2002年2月

6) 山下英俊:糖尿病網膜症の診察と課題〜内科と眼科の強力の面から〜. 第8回宮崎県糖尿病・内科・眼科共同懇話会, 宮崎. 2002年3月

7) 山下英俊:ワークショップ『網膜症の発症機序と治療へのアプローチ:糖尿病網膜症発症・進展を如何に抑制するか?−高いquality of vision維持をめざして−』. 第45回日本糖尿病学会,東京. 2002年5月

8) 山下英俊:糖尿病網膜症の発症進展の予後予測と予防. 第2回糖尿病性血管障害の機構の解明に関する研究会, 京都;. 2002年6月

9) 山下英俊:糖尿病黄斑症の病態と治療. ひまわり会(福島県北眼科医会), 福島. 2002年6月

10) 山下英俊, 西田幸二, 谷原秀信, 水木信久:臨床家が知っておきたい眼科先端科学のトピックス. インストラクションコース. 第56回日本臨床眼科学会, 盛岡. 2002年9月

11) 山下英俊:あたらしい時代の糖尿病網膜症治療戦略. 第11回福岡眼科研究会, 福岡. 2002年11月

12) 山下英俊:糖尿病黄斑症の診断と治療. 第47回富山眼科集談会, 富山. 2002年12月

15) 高村 浩:臨床医のための緑内障−急性期の対処および成人病としての位置づけ−. 寒河江西村山郡医師会講演会, 寒河江. 2002年3月 

16) 大沼郁子:網膜色素変性症について. 網膜色素変性症患者相談会, 新庄. 2002年9月

17) 大沼郁子:心因性視覚障害を考える. 第42回山形県小児発達談話会, 山形. 2002年10月

18) 笠木靖夫:レーザーによる近視手術. こんにちはー元気だのー. 庄内日報, 2002年12月

19) 上領  勝:角膜移植講座. 第2回アイバンクセミナー, 山形. 2002年10月

20) 結城義憲:健康の処方箋「緑内障」. 酒田市広報「私の街さかた」, 2002年2月

21) 結城義憲:健康の処方箋「糖尿病網膜症」. 酒田市広報「私の街さかた」, 2002年3月

22) 結城義憲:健康の処方箋「白内障」. 酒田市広報「私の街さかた」, 2002年4月

23) 結城義憲:健康の処方箋「飛蚊症」. 酒田市広報「私の街さかた」, 2002年5月

24) 結城義憲:健康の処方箋「老視」. 酒田市広報「私の街さかた」, 2002年6月

25) 結城義憲:健康福祉ミニ講座「緑内障」. FM酒田ハーバーラジオ, 2002年1月

26) 結城義憲:健康福祉ミニ講座「ドライアイ」. FM酒田ハーバーラジオ, 2002年7月

27) 結城義憲:健康福祉ミニ講座「コンタクトレンズ」. FM酒田ハーバーラジオ, 2002年12月

1. 論文

(1) 原著

1) Takamura H, Yamashita H, Kinjo T : Clinical features and strategies for treating orbital tumors. Yamagata Med J 2001;19: 11-23

2) Takamura H, Terashima K, Yamashita H : Diagnosis and Treatment of Orbital Malignant Lymphoma : A 14-year Review in Yamagata University . Jpn J Ophthalmol 2001;45: 305-312

3) Takamura H, Kanno M, Yamashita H, Maeda K : A case of orbital solitary fibrous tumor. Jpn J Ophthalmol 2001;45: 412-419

4) Fujii T, Mori K, Takahashi Y, Taniguchi N, Tonosaki A, Yamashita H, Fujii J: Immunohistochemical study of glutathione reductase in rat ocular tissues at different developmental stages.  Histochem J  2001;33: 267-272

5) Funatsu H, Yamashita H, Shimizu E, Kojima R, Hori S : Relationship between vascular endothelial growth factor and interleukin-6 in diabetic retinopathy. Retina 2001; 21: 469-477

6) Kaji Y, Soya K, Amano S, Oshika T, Yamashita H : Relation between corneal haze and transforming growth factor-β1 after photorefractive keratectomy and laser in situ keratomileusis. J Cataract Refract Surg 2001;27: 1840-1846

7) Dimitrova G, Kato S, Tamaki Y , Yamashita H, Nagahara M, Sakurai M, Kitano S, Fukushima H : Choroidal circulation in diabetic patients. Eye 2001;15: 602-607

8) Funatsu H, Yamashita H, Noma H, Shimizu E, Yamashita T, Hori S : Stimulation and inhibition of angiogenesis in diabetic retinopathy. Jpn J Ophthalmol 2001;45: 577-584

9) 高村 浩, 今野伸弥, 山下英俊:涙腺多形腺腫症例の臨床的検討. 臨床眼科 2001;55:454-458

10) 高村浩, 土谷大仁朗, 山下英俊:パーソナルコンピュータによる眼窩腫瘍の三次元構築. 臨床眼科2001;55: 1750-1755

11) 高村 浩, 山下英俊:眼窩腫瘍摘出における前方アプローチ法の検討. 臨床眼科2001;55:1987-1993

12) 高橋義徳, 中村さくら, 山下英俊:穿孔性眼外傷に対する術後早期の副腎皮質ステロイド薬全身投与の検討. 臨床眼科2001;55: 199-203

13) 高橋義徳, 土谷大仁朗, 西澤公子, 山下英俊:眼類天疱瘡に対するアロ輪部移植. あたらしい眼科2001;18:1175-1178

14) 大沼郁子:走査レーザー検眼鏡により描出される黄斑部低輝度領域の加齢変化および糖尿病患者における定量的解析. 日本眼科学会雑誌 2001;105:88-95

15) 寺島和人, 山口克宏, 佐籐武雄, 山下英俊:仮面症候群を示した眼悪性リンパ腫の蛍光眼底像. 臨床眼科 2001;55:679-684

16) 結城義憲, 菅野誠, 高村浩, 山下英俊:原因が胆管炎と疑われた全眼内炎の1例. あたらしい眼科 2001;18:643-645

17) 西澤公子, 高橋義徳, 山下英俊:エアガン角膜外傷にて広範囲な角膜内皮細胞減少が認められた1例. あたらしい眼科2001;18:1547-1550

18) 大原こずえ, 船津英陽, 北野滋彦, 堀貞夫, 山下英俊:糖尿病網膜症におけるサイトカインの役割. 日本眼科学会雑誌 2001;105:213-217

19) 船津英陽, 清水えりか, 野間英孝, 山下英俊, 三村達哉, 中西雄一郎, 春山賢介, 中村新子,今野泰宏, 北野滋彦, 堀  貞夫:白内障手術後の糖尿病黄斑浮腫の病態と進展予測. 臨床眼科2001;55:271-275

 (2) 著書

1) 山下英俊:虹彩、毛様体、脈絡膜. 標準眼科学:第6版(大野重昭, 澤 充, 木下茂編)医学書院, 東京 2001;45-57

2) 山下英俊:トランスフォーミング増殖因子β. Vascular Biologyナビゲーター(丸山征郎,安藤譲二, 佐藤靖史監修)メデイカルレビュー社, 東京, 大阪 2001;102-103

3) 山下英俊, 山本禎子:糖尿病性合併症の管理.1.糖尿病の病態に基づいた診断と治療. 第35回糖尿病学の進歩, 糖尿病の療養指導2001(日本糖尿病学会編)診断と治療社, 東京 2001;184-189

4) 山下英俊, 水流忠彦編集:眼疾患と創傷治癒. NEW MOOK 眼科-1 金原出版, 東京 2001

5) 高村 浩:III創傷治癒 15 眼瞼手術の創傷治癒制御−瘢痕を最小限にする手術方法−NEW MOOK眼科(山下英俊, 水流忠彦編)金原出版, 東京  2001;1: 166-174

6) 高村 浩, 山本禎子, 山下英俊:[5A] 2.subclinicalな眼底変化 サイトカインと網膜・硝子体疾患. 眼科学大系 差し替え版 2001-2002(増田寛次郎、猪俣 猛、玉井 信、本田孔士編)中山書店, 東京, 2001;120-2-8

7) 大沼郁子, 川崎 良, 佐藤武雄, 山下英俊:糖尿病患者が視力障害を訴えた時. In:糖尿病のとらえかた(春日雅人編)文光堂, 東京 2001;163-172

8) 大沼郁子:高血圧症、動脈硬化と眼底所見. 眼底写真から学ぶ全身疾患と病態(三嶋 弘, 山田信博, 山下英俊編)メデイカルレビュー社, 東京 2001;48-61  

9) 川崎 良, 佐藤武雄, 山下英俊:血管をみるための診断法. 眼底検査. 血管内科(江頭健輔,久米典昭, 倉林正彦, 栗原裕基, 堀内正嗣, 森下竜一編)メデイカルレビュー社, 東京2001;307-313

10) 川崎 良:眼底の加齢変化. 眼底写真から学ぶ全身疾患と病態(三嶋 弘, 山田信博, 山下英俊編)メデイカルレビュー社, 東京 2001;122-131 

11) 佐藤武雄:眼底写真撮影法. 眼底写真から学ぶ全身疾患と病態(三嶋 弘, 山田信博, 山下英俊編) メデイカルレビュー社, 東京 2001;8-20

12) 三嶋 弘, 山田信博, 山下英俊編:眼底写真から学ぶ全身疾患と病態. メデイカルレビュー社, 東京 2001

(3) 総説

1) 山下英俊:網膜、硝子体疾患とサイトカイン研究の最新の進歩(巻頭言). 日本眼科学会雑誌2001;105: 203-204

2) 山下英俊, 川崎 良, 山本禎子:糖尿病. 網膜症の発症機構. 内科2001;87:1591-1596

3) 山下英俊:糖尿病網膜症の重症度を判定する方法. PRACTICE  2001;18:357-359

4) 山下英俊:糖尿病網膜症の病態研究—現状と今後の課題—. Practical Ophthalmology 2001;4:88-94

5) 山下英俊:糖尿病網膜症とevidence-based medicine. PRACTICE 2001;18:482-483

6) 山下英俊:糖尿病網膜症におけるこれからの課題. PRACTICE 2001;18:601-602

7) 高村 浩:新しい治療と検査シリーズ 109. 眼窩腫瘍の検査と治療戦略の立て方. あたらしい眼科 2001;18:221-222

8) 高村 浩, 小島孚允:第54回日本臨床眼科学会印象記 一般口演 「腫瘍1〜3」. 眼科2001;43:509-512 

9) 高村 浩:前眼部疾患の治療法 眼瞼腫瘍. OPTHALMIC FORESIGHT 2001;6:12-13,

10) 高橋義徳, 山下英俊:眼が痛い!どうしよう. 眼科ケア 2001;3:130-134

11) 高橋義徳, 山下英俊:点状表層角膜症. 眼科2001;43:1633-1637

12) 高橋義徳, 山下英俊:治療的角膜移植術. Eye Bank Journal  2001;5:32--35

13) 大沼郁子, 佐藤武雄, 山下英俊:高脂血症における眼症状. 日本臨床 2001;59:745-750

14) 大沼郁子, 山下英俊, 佐籐武雄:血管新生と糖尿病網膜症. Biomedical Perspectives 2001;10:17-22

15) 大沼郁子, 山下英俊:糖尿病網膜症. からだの科学[増刊](糖尿病2001)2001;134-138

16) 寺島和人:手術をしながらMutation(遺伝子)探し. あたらしい眼科 2001;18:1393-1394

17) 川崎 良, 山下英俊:糖尿病網膜症の分子病態とその治療. 山形医学 2001;19:47-58

18) 川崎 良, 山下英俊:糖尿病網膜症の重症度分類. あたらしい眼科 2001;18:589-595

19) 川崎 良, 佐藤浩章, 佐籐武雄, 山下英俊:糖尿病黄斑症. Current Therapy 2001;19:12-15

20) 川崎 良, 山下英俊:眼科地域検診. 眼科医の手引き. 日本の眼科 2001;72:1321

21) 船津英陽, 山下英俊:糖尿病網膜症とサイトカイン. Diabetes Frontier 2001;12:611-615

2. 学会報告

(1) 国外の学会

1) Yamashita H, Kanno M, Kawasaki R, Eguchi S, Takeuchi S, Yamashita T, Miura M: Cytokines and clinical factors related to outcomes of vitrectomy for proliferative vitreo-retinal diseases. 73rd Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Ft. Lauderdale , USA . 2001年 4-5月

2) Takahashi Y, Nakamura S, Yamashita H : Expression changes of intercellular adhesion molecular-1 (ICAM-1) in corneal endothelium by endotoxin. 73rd Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Ft. Lauderdale , USA . 2001年 4-5月

3) Terashima K, Takamura H, Yamashita H, Fukushima T, Mashiko M, Takenoshita S : Expression and mutations in gene encoding components of TGF-βsignaling pathway in tumors of ophthalmological area. 73rd Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Ft. Lauderdale ,USA . 2001年 4-5月

4) Kawasaki R, Yamashita H, Saito T, Tominaga M, Kato T : The prevalence of diabetic retinopathy, age-related maculopathy and evaluation of retinal arteriosclerosis in Japanese population: Funagata, Japan. 73rd Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Ft. Lauderdale , USA . 2001年 4-5月

5) Nakamura S, Takahashi Y, Yamashita H : Factors relevant to the decrease of corneal endothelial cell densities in the young age. 73rd Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Ft. Lauderdale , USA . 2001年 4-5月

6) Tsumamoto Y, Yamashita K, Takumida M, Okada K, Yamashita H, Mishima HK : Immunohistochemical detection of nitric oxide synthesis in rat retinal ganglion cells. 73rd Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Ft. Lauderdale , USA . 2001年 4-5月

7) Tsuruga T, Kanamoto T, Kato T, Yamashita H, Miyagaawa K, Mishima HK : A novel gene highly expressed in retinal development. 73rd Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Ft. Lauderdale , USA . 2001年4-5月

8) Tsukahara I, Yamamoto T, Akabane N, Ashizawa J, Takeuchi S, Yamashita H, Yamashita T : Chemokine network in vitreo-retinal disease. 73rd Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Ft. Lauderdale ,USA . 2001年 4-5月

9) Matsuyama S, Sakamoto I, Okada K, Yamashita H, Mishima HK : Identification of proteins interacting with TIGR. 73rd Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Ft. Lauderdale , USA . 2001年 4-5月

10) Kaji Y, Yamashita H: Corneal haze formation and expression of transforming growth factor-β1 after photorefractive keratectomy (PRK) and laser in situ keratomileusis (LASIK). 73rd Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting, Ft. Lauderdale , USA . 2001年 4-5月

11) Takahashi Y, Sato S, Yamashita H : Expression of intercellular adhesion molecule-1 (ICAM-1) in human amniotic membrane. 13rd Congress of European Society of Ophthalmology, Istanbul , Turkey . 2001年6月

12) Mitsuhashi T, Ide A , Yamashita H : Observation of changes of orbital septum during ocular movements using Magnetic Resonance Imaging. 13rd Congress of European Society of Ophthalmology, Istanbul , Turkey . 2001年6月

13) Sato H, Kawasaki R, Yamashita H : Risk factors of visual loss in patients with diabetic retinopathy after one-year follow-up. 13rd Congress of European Society of Ophthalmology, Istanbul , Turkey . 2001年6月

(2) 国内の学会

1) 高村 浩, 土谷大仁朗, 山下英俊:パーソナルコンピュータを用いた眼窩腫瘍の3次元画像構築の試み. 第24回日本眼科手術学会総会, 大阪. 2001年1月

2) 高村 浩, 山下英俊:眼窩腫瘍摘出における前方アプローチ法の検討. 第24回日本眼科手術学会総会, 大阪. 2001年1月

3) 高橋義徳, 佐藤浩章, 山下英俊:シリコンオイル注入眼に対するDKL変法を用いた全層角膜移植. 第24回日本眼科手術学会総会, 大阪. 2001年1月

4) 井出 醇, 三戸秀哲, 大槻勝紀, 兒玉安代, 眞野俊治, 三橋玉絵:経皮法による眼瞼下垂手術時の挙筋腱膜の出し方. 第24回日本眼科手術学会総会, 大阪. 2001年1月

5) 高橋義徳, 山下英俊, 高橋知美:薬剤起因性偽類天疱瘡の1例. 第25回角膜カンファランス,大阪. 2001年2月

6) 中村さくら, 高橋義徳, 山下英俊:若年者の角膜内皮細胞数のばらつきに影響を与える因子.第25回角膜カンファランス, 大阪. 2001年2月

7) 高橋義徳, 山下英俊:ステロイドによる角膜内皮細胞上の細胞接着分子の発現抑制. 第105回日本眼科学会総会, 横浜. 2001年4月

8) 寺島和人, 高村 浩, 山下英俊, 福島俊彦, 増子みゆき, 竹之下誠一:眼科領域の腫瘍におけるTGF-βシグナル伝達因子の遺伝子異常について. 第105回日本眼科学会総会, 横浜. 2001年4月

9) 川崎 良, 山下英俊, 斉藤 保, 富永真琴, 加藤丈夫:山形県舟形町における加齢黄斑症および網膜細動脈硬化症の有病率. 第105回日本眼科学会総会, 横浜. 2001年4月

10) 中村(佐藤)さくら, 高橋義徳, 山下英俊:若年者の角膜内皮細胞数の低下に影響を与える因子. 第105回日本眼科学会総会, 横浜. 2001年4月

11) 敦賀孝典, 金本尚志, 加藤倫子, 山下英俊, 宮川清, 三嶋 弘:眼球形成における網膜特異的新規遺伝子のクローニング. 第105回日本眼科学会総会, 横浜. 2001年4月

12) 津間本裕一, 三嶋 弘, 山下敬介, 工田昌矢, 山下英俊:グルタミン酸刺激による網膜神経節細胞での一酸化窒素合成. 105回日本眼科学会総会, 横浜. 2001年4月

13) 塚原逸朗, 山本禎子, 芦沢 純, 赤羽直子, 林 昌宣, 山本修一, 竹内 忍, 山下哲次, 山下英俊:増殖性硝子体疾患におけるケモカインネットワーク. 第105回日本眼科学会総会, 横浜. 2001年4月

14) 船津英陽, 中西雄一郎, 春山賢介, 中村新子, 清水えりか, 北野滋彦, 山下哲次, 山下英俊,江口秀一郎, 堀 貞夫:糖尿病黄斑浮腫の病態におけるVEGF,Angiotensin IIの関与. 第105回日本眼科学会総会, 横浜. 2001年4月

15) 木村智華子, 三橋玉絵, 山口克宏, 山下英俊:済生会山形病院における極低出生体重児の未熟児網膜症危険因子の検討. 第26回日本小児眼科学会, 東京. 2001年5月

16) 今野伸弥, 川崎 良, 高村 浩, 山下英俊:ぶどう膜炎患者にみられた膜白内障に対する治療の経験. 第40回日本白内障学会, 福岡. 2001年6月

17) 寺島和人, 今野伸弥, 西澤公子, 高村 浩, 山下英俊:ラタノプロスト点眼後の虹彩色素沈着のおこりやすさに関する背景因子の検討. 第12回日本緑内障学会, 広島. 2001年8-9月

18) 高橋義徳, 佐籐さくら, 山下英俊:角膜内皮細胞における細胞接着分子(ICAM-1)の発現動態. 第13回国際眼研究会議日本部会, 東京. 2001年9月

19) 津間本裕一, 三嶋 弘, 山下敬介, 工田昌矢, 山下英俊:網膜神経節細胞における一酸化窒素合成. 第13回国際眼研究会議日本部会, 東京. 2001年9月

20) 船津英陽, 北野滋彦, 清水えりか, 田中義和, 中西雄一郎, 竹田理恵, 蒔田浩司, 春山賢介,中村新子, 川嶋美和子, 鈴木基弘, 黒澤麻紀子, 山下英俊, 堀 貞夫:糖尿病黄斑浮腫の病態と眼内VEGF, IL-6の関連性. 第13回国際眼研究会議日本部会, 東京. 2001年9月

21) 高橋義徳, 佐籐浩章, 川崎 良, 山下英俊:羊膜多層移植の組織所見. 第55回日本臨床眼科学会, 京都. 2001年10月

22) 三橋玉絵, 井出 醇, 山下英俊:磁気共鳴(MRI)を用いた眼球運動による眼瞼の形態学的変化. 第55回日本臨床眼科学会, 京都. 2001年10月

23) 川崎 良, 佐籐浩章, 山下英俊:糖尿病網膜症患者における視力低下の危険因子−1年間での検討−. 第55回日本臨床眼科学会, 京都. 2001年10月

24) 木村智華子, 三橋玉絵, 山口克宏, 山下英俊:重症極低出生体重児における未熟児網膜症危険因子の検討. 第55回日本臨床眼科学会, 京都. 2001年10月

25) 荘司琢郎, 菅原正容, 高村 浩, 山下英俊:外転運動障害で初発した上咽頭の1例. 第55回日本臨床眼科学会, 京都. 2001年10月

26) 土谷大仁朗, 西澤公子, 高村 浩, 山下英俊:内眼角上部に発症した悪性類上皮神経鞘腫の1例. 第55回日本臨床眼科学会, 京都. 2001年10月

27) 佐籐さくら, 高橋義徳, 西澤公子, 今野伸弥, 佐籐浩章, 三橋玉絵, 山下英俊, 中島幸裕:長期入院患者におけるMRSA結膜炎の治療と経過. 第55回日本臨床眼科学会, 京都. 2001年10月

28) 西澤公子, 佐籐浩章, 佐籐武雄, 山下英俊:網膜皺襞を伴ったTilted disc syndromeのOCTによる観察. 第55回日本臨床眼科学会, 京都. 2001年10月

29) 川崎 良, 佐籐浩章, 山下英俊, 荒井崇彦, 川上貴子, 三井哲夫:急速に進行する眼病変を機に再発が確認された急性リンパ性白血病の1例. 第40回日本網膜硝子体学会, 名古屋. 2001年11-12月

30) 佐籐浩章, 川崎 良, 山下英俊:黄斑円孔手術後早期にOCTによる閉鎖過程の観察できた一例. 第40回日本網膜硝子体学会, 名古屋. 2001年11-12月

(3) 国内地方会

1) 三橋玉絵, 井出 醇, 山下英俊:磁気共鳴画像(MRI)を用いた眼球運動による眼窩隔膜の形態学的変化. 第39回北日本眼科学会, 札幌. 2001年7月

2) 佐籐さくら, 高村 浩, 山下英俊:結膜腫瘍が契機となり発見された全身転移を伴う肺小細胞癌の1例. 第39回北日本眼科学会, 札幌. 2001年7月

(4) 研究会

1) 寺島和人:診断に苦慮した上眼瞼痛の1例. 第11回山形眼科研究会, 山形. 2001年1月

2) 佐藤浩章, 川崎 良, 山下英俊:糖尿病網膜症の視力予後因子について−第2報. 1年間の検討−. 第11回山形眼科研究会, 山形. 2001年1月

3) 西澤公子, 佐藤武雄, 山下英俊:当科で経験した傾斜乳頭症候群の1例. 第11回山形眼科研究会, 山形. 2001年1月

4) 高橋義徳:Double Anterior Chamber DLKPのその後の経過. 第12回山形眼科研究会, 山形. 2001年2月

5) 三橋玉絵, 井出 醇, 三戸秀哲:上眼瞼の内部構造−特にMRIによる検討−. 第12回山形眼科研究会, 山形. 2001年2月

6) 土谷大仁朗, 高村 浩:眼瞼に発症したmalignant epitheloid schwannomaの1例.第12回山形眼科研究会, 山形. 2001年2月

7) 高橋義徳:アロ輪部移植を施行した1例. 第73回南東北眼科研究会, 仙台. 2001年3月

8) 寺島和人:診断に苦慮した眼瞼部痛の1例. 第73回南東北眼科研究会, 仙台. 2001年3月

9) 高橋義徳:当科での羊膜移植について. 第13回山形眼科研究会, 山形. 2001年3月

10) 三橋玉絵, 井出 醇, 三戸秀哲:下眼瞼の解剖・生理. 第13回山形眼科研究会, 山形. 2001年3月

11) 川崎 良:網膜血管腫の治療経験. 第13回山形眼科研究会, 山形. 2001年3月

12) 寺島和人, 高村 浩, 山下英俊:眼科領域の腫瘍におけるTGF-βシグナル伝達因子の遺伝子異常の研究. 眼分子生物研究会, 2001年3月

13) 川崎 良:平成12年舟形町住民検診における眼底病変の有病率. 第14回山形眼科研究会, 山形. 2001年6月

14) 高橋義徳:初発翼状片に対する手術について. 第15回山形眼科研究会, 山形. 2001年7月

15) 佐藤さくら, 高村 浩, 山下英俊:結膜腫瘍が契機となり発見された全身多発転移を伴う肺小細胞癌の1例. 第15回山形眼科研究会, 山形. 2001年7月

16) 大内典子, 上領 勝, 高橋義徳, 山下英俊:Double Anterior Chamber DLKPを施行した1例. 第74回南東北眼科研究会, 山形. 2001年9月

17) 鈴木 倫, 後藤 豊, 三橋玉絵, 高村 浩, 山下英俊:12歳に発症した後部強膜炎の1例.第74回南東北眼科研究会, 山形. 2001年9月

18) 寺島和人:ラタノプロスト点眼後の虹彩色素沈着のおこりやすさに関する背景因子の検討.第16回山形眼科研究会, 山形. 2001年9月

19) 後藤 豊, 高橋義徳, 山下英俊:ディスポーザブルERG電極の検討. 第16回山形眼科研究会, 山形. 2001年9月

20) 窪寺俊晴, 川崎 良, 佐藤浩章, 山本 崇, 山下英俊:治療に抵抗を示した視神経乳頭部に発する網膜剥離の1例. 第16回山形眼科研究会, 山形. 2001年9月

21) 寺島和人, 高村 浩, 山下英俊:前房消失をきたさないことを目指したMMC併用線維柱帯切除術について. 第13回みちのく緑内障懇話会, 盛岡. 2001年10月

22) 川崎 良, 佐藤浩章, 山下英俊:当科における糖尿病黄斑症の治療戦略. 第2回山形眼科DM meeting, 山形.2001年11月

23) 高橋義徳:アレルギー性結膜炎に対する新たな治療. 第17回山形眼科研究会, 山形. 2001年11月

24) 寺島和人, 高村 浩, 山下英俊:前房消失をきたさないことを目指したMMC併用線維柱帯切除術. 第17回山形眼科研究会, 山形. 2001年11月

25) 上領 勝, 高橋義徳, 山下英俊:再発性角膜びらんに対する自己血清点眼. 第75回南東北眼科研究会, 福島. 2001年12月

26) 後藤 豊, 高橋義徳, 山下英俊:ディスポーザブルERG電極の検討. 第75回南東北眼科研究会, 福島. 2001年12月

27) 窪寺俊晴, 川崎 良, 佐藤浩章, 山本 崇, 高橋義徳, 山下英俊, 山本禎子, 竹内 忍:治療に抵抗を示した視神経乳頭部に発する網膜剥離の1例. 第75回南東北眼科研究会, 福島. 2001年12月

28) 佐藤浩章, 川崎 良, 山下英俊:黄斑円孔手術早期にOCTによる閉鎖過程の観察ができた1例. 第18回山形眼科研究会, 山形. 2001年12月

29) 大内典子, 佐藤浩章, 川崎 良:急速に進行する眼病変を機に再発が確認された急性リンパ性白血病の1例. 第18回山形眼科研究会, 山形. 2001年12月

30) 鈴木 倫, 高村 浩, 山下英俊:眼底の黒色病変について. 第18回山形眼科研究会, 山形. 2001年12月

3. その他

1) 山下英俊:糖尿病網膜症の新しい治療法開発における内科−眼科共同研究の必要性について.第111回内眼糖のつどい.特別講演, 大阪. 2001年1月

2) 山下英俊:網膜症の病態に基づいた診断と治療. 第35回糖尿病学の進歩.(レクチャー:糖尿病合併症の管理),広島. 2001年2月

3) 山下英俊:糖尿病網膜症の病態と治療法開発研究の方向;21世紀への展望. 第19回硝子体研究会, 東京. 2001年3月

4) 山下英俊:糖尿病網膜症診療の現状と課題−問題点の解決のbreak throughを求めて−.第153回宮城県眼科集談会, 2001年4月

5) 山下英俊:網膜疾患とサイトカイン. 日本眼科学会専門医制度第34回講習会. 眼科学の基礎シリーズ24回「サイトカインと眼」, 横浜. 2001年4月

6) 山下英俊:糖尿病網膜症治療における内科と眼科の協力. 第2回長崎初期糖尿病治療研究会,長崎. 2001年5月

7) 山下英俊:糖尿病網膜症診療の現状と課題−break throughをもとめて−. 第1回やまがたDM meeting, 山形. 2001年5月

8) Yamashita H : Wound healing mechanisms in pathogenesis of ocular diseases—Corneal and Retinal Diseases-. Biomedical Center Seminar, Biomedical Center Uppsala University , Sweden . 2001年6月

9) 山下英俊:糖尿病網膜症で失明しないために. 第19回山形外科談話会学術集会, 山形. 2001年7月

10) 山下英俊:糖尿病で失明しないために.「目の健康講座」岩手県眼科医会講演会, 盛岡. 2001年8月

11) 高村 浩:山形大学眼科における眼瞼腫瘍. 第15回日本眼腫瘍研究会(座長公演), 浜松. 2001年9月

12) 山下英俊:シンポジウム「眼科領域における細胞外基質の病態的意義」第13回国際眼研究会議日本部会, 東京.2001年9月

13) 山下英俊:シンポジウムI「眼疾患への分子生物学−21世紀への展望」(糖尿病網膜症・網膜硝子体疾患). 第67回日本中部眼科学会, 金沢. 2001年9月

14) 山下英俊, 西田幸二, 谷原秀信:「眼科分子・細胞生物学研究最前線2001:網膜硝子体」インストラクションコース, 第55回日本臨床眼科学会, 京都. 2001年10月

15) 山下英俊, 三嶋 弘, 綾木雅彦, 塚本秀利, 池田恒彦:「眼科におけるevidence-based medicine (EBM) −基礎と応用−:糖尿病網膜症とEBM」. インストラクションコース, 第55回日本臨床眼科学会, 京都. 2001年10月

16) 山下英俊, 槙野博史:シンポジウムI「糖尿病合併症における血管病変とサイトカイン・増殖因子」. オーガナイザー, 第16回日本糖尿病合併症学会, 大阪. 2001年10月

17) 山下英俊:糖尿病網膜症とevidence-based medicine(EBM). 三郡市医師会学術講演会,天童. 2001年10月

18) 山下英俊:糖尿病網膜症とevidence-based medicine(EBM). 第43回福島県北糖尿病談話会, 福島. 2001年11月

19) 堀 貞夫, 山下英俊:糖尿病網膜症—分類/成因.(対談),ラジオたんぱ. 2001年 12月30日放送

20) 佐藤武雄:眼底疾患における造影検査の実際. 第34回北海道南眼科集談会, スタッフ講習会, 函館. 2001年6月

21) 山下英俊:こころの窓を考える. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 3月

22) 高村 浩:生活習慣病に注意. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 3月

23) 大沼郁子:子どもの発達と成長. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 3月

24) 高橋義徳:ドライアイ. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 4月

25) 高村 浩:白内障の治療. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 4月

26) 寺島和人:緑内障って何?白内障の治療. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 4月

27) 川崎 良:糖尿病網膜症. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 4月

28) 三橋玉絵:眼瞼(まぶた)の病気. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 5月

29) 高橋義徳:花粉症にどう対処. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 5月

30) 山本 崇:ぶどう膜炎. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 8月

31) 上領 勝:アイバンク. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 8月

32) 木村智華子:網膜色素変性症. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 8月

33) 荘司琢郎:翼状片. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 8月

34) 高橋栄二:涙の異常. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 8月

35) 高橋知美:点眼薬の正しい使い方. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 9月

36) 結城義憲:感染症. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 9月

37) 今野伸弥:腫瘍の治療. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 9月

38) 佐藤さくら:加齢黄斑変性症. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 9月

39) 佐藤浩章:眼科の手術. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 10月

40) 土谷大仁朗:レーザー治療. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 10月

41) 西澤公子:アレルギー. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 10月

42) 佐藤武雄:眼底検査. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 10月

43) 笠木靖夫:屈折について. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 11月

44) 後藤 豊:電気生理学的検査. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 11月

45) 窪寺俊晴:スポーツ眼外傷. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 11月

46) 鈴木 倫:散瞳. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 11月

47) 大内典子:視野検査. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 11月

48) 高村 浩:早期発見が大切. アイヘルス, 目の健康アドバイス, 山形新聞. 2001年 12月

ページトップ