山形大学医学部医学科 精神医学講座 Official site

初期研修/後期研修

■研修機関としての山形大学医学部附属病院精神科
 大学病院では、基本的な精神科医療についてはもちろん、精神薬理学、老年期精神医学、児童思春期精神医学に力を入れております。
 大学病院の特徴としては、うつ病、神経症の患者が多く、また、総合病院のため、他科からのコンサルテーションや、精神疾患と身体疾患の合併した症例など、患者層は多彩です。当科では、医局員を随時募集しております。ローテーション後の研修として、約1年間は大学病院や関連病院にて、精神科診療全般に関して研修を行います。

●臨床精神薬理学


日本臨床精神神経薬理学会認定の研修指定病院です。学会での発表や研究の指導しております。当病院で研修を積むことで認定医をとることができます。



●老年精神医学


日本老年精神医学会認定の研修指定病院です。学会での発表や研究の指導をしております。当病院で研修を積むことで認定をとることができます。



●卒後臨床研修


患者層が幅広く、MRIやSPECTなどの検査設備も充実しており、心理検査等も行っておりますので、精神医学全般にわたって研修することができます。詳しくは卒後臨床研修センターのページをごらんください。

勉強会のご案内

 山形大学医学部発達精神医学分野の医局では、曜日ごとに勉強会を開いております。また、随時研究会を開いております。医師だけでなく、医療関係者や医学生のみなさん(勉強会ごとに対象は異なるので医局までお問い合わせ下さい)も御参加下さいますようご案内いたします。

症例検討会・論文抄読会

■症例検討・論文抄読
 医局会の後、医局員全員で症例検討会を開いています。臨床研修として、医学生・研修医が参加しています。最も人数の多い勉強会なので、異なる専門分野からの意見や、互いに異なる臨床経験からの意見が飛び交います。
■対象:医学生・研修医・医師
■日時:毎週水曜日 18:00 - 19:00

精神薬理学の勉強会

■論文抄読
 大谷先生を講師として、木曜日午後6時30分から約1時間にわたって、医局で開かれています。精神薬理学に関連した最新の論文を抄読しています。論文の内容の把握だけに留まらず、薬理遺伝学的研究や臨床的な話題へと発展して、明日の臨床や研究に役立つ知識が学べます。
■対象:医学生・研修医・医師
■日時:隔週木曜日 18:30 - 19:30

画像診断学・認知症の勉強会

■症例検討・講義
 川勝先生を講師として、月曜日午後6時から約1時間にわたって精神科医局で開かれています。頭部MRIや脳血流検査(SPECT)の画像を中心に、認知症の診断、経過、治療、ケアなどのポイントついて症例をふまえながら検討しています。前頭側頭型認知症、レビー小体型認知症など最近注目の認知症について学ぶことができます。
■対象:医学生・研修医・医師
■日時:隔週月曜日 18:00 - 19:00

児童思春期の勉強会

■症例検討・講義・論文抄読
 医師だけでなく臨床心理士と合同で、火曜日の午後6時30分より約1時間にわたって、医局で開かれています。児童の心理的な面を考えていくために、まずその土台となる発達の遅れや偏り、年齢による違いなどを、主に軽度発達障害(注意欠陥多動性障害、アスペルガー症候群、高機能自閉症など)を通して学んでいく勉強会です。
■対象:心理士・医学生・研修医・医師
■日時:毎週火曜日 18:30 - 19:00