(東北止血・血栓研究会)

  第49回 学術集会は、平成239月頃、岩手において開催される予定です。

 

   入会・退会・連絡先変更などは、事務局までご連絡願います。

 

事務局:   山形大学医学部分子病態学

990-9585 山形市飯田西2−2−2

TEL023-628-5275 FAX023-628-5280

 


  第48回東北止血・血栓研究会学術集会

 

     日 時:平成22年9月4日(土) 午後12:3016:40

     会 場:山形テルサ 研修室B(3階)(山形市双葉町1-2-3  TEL 023-646-6677

 

 

12:3013:30  ランチョンセミナー

   座長:山形大学医学部内科学第一講座 循環・呼吸・腎臓内科学 渡邉 哲

  「 ヘパリン起因性血小板減少症と脳梗塞急性期診療 」

    済生会熊本病院
脳卒中センター神経内科・救急総合診療センター総合診療科

                                    河野 浩之 先生

 

13:30 開会の辞

 山形大学医学部内科学第一講座 循環・呼吸・腎臓内科学 久保田 功

 

13:3014:15  一般演題(発表10分、討論5分) 

     座長:秋田大学大学院医学系研究科医学専攻腫瘍制御医学系
血液・腎臓・膠原病内科学講座 澤田 賢一

 

1.「後天性第V因子低下症の一例」

東北大学病院 血液免疫科

鈴木宗三、沖津庸子、石川正明、阿久津保之、張替秀郎

 

2.「自然寛解した、ITP合併/後天性(インヒビター)凝固第V因子欠乏症の一例」

1)独立行政法人国立病院機構仙台医療センター血液内科

2)石巻赤十字病院内科

伊藤俊広1)、関正則2)

 

3.「水疱性類天疱瘡に合併した後天性血友病の一例」

置賜総合病院

軽部宏紀、山本雅一、佐藤伸二

 

14:1515:00  一般演題(発表10分、討論5分)

座長:奥羽大学 薬学部  山本 正雅

4.「後天性血友病XIII(13)を惹起した凝固第XIII(13)因子の異種四量体形成を

阻害する自己抗体」

山形大学医学部 分子病態学

惣宇利正善、張 偉光、岩田宏紀、一瀬白帝

 

5.「フィブリンの血小板脂質ラフト移行と血餅退縮における働き」

1)東京都臨床医学総合研究所 細胞膜研究室

2)東京理科大学理学部  3)理化学研究所

4)ノボノルディスク   5)山形大学医学部分子病態学

6)奥羽大学薬学部

笠原浩二1)、兼田瑞穂1)、三木俊明1)、飯田和子1)、鈴木英紀1)

原裕太2)、下仲基之2)、小嶋聡一3)、新井盛大4)

一瀬白帝5)、惣宇利正善5)、山本正雅6)

 

6.「血管内皮細胞での凝固亢進および線溶不全の分子機構における膜型

マトリックスメタロプロテアーゼ(MT1MMP)の役割」

1)福島県立医科大学 循環器血液内科学講座

2)金沢大学大学院医学系研究科血管分子生理学

大河原浩1)、安藤勝也1)、石橋敏幸1)、杉本浩一1)、坂本信雄1)
竹石恭知1)、岡本安雄2)、多久和陽2)

 

15:0015:10     −  休  憩  −

 

15:1015:40  一般演題(発表10分、討論5分)

座長:福島県立医科大学医学部 循環器・血液内科学講座 竹石 恭知

7.腹部大動脈瘤/閉塞性動脈硬化症患者における血中セロトニン濃度」

1)東北大学大学院 先進外科学

2)東ソー(株)

菅原宏文1)、佐藤成1)、後藤均1)、橋本宗敬1)、赤松大二朗1)
清水拓也1)、里見進1)
、廣渡祐史2)

 

8.「脳梗塞急性期における血小板マイクロパーティクル上昇は左心耳内血栓形成

を反映する」

1)山形大学医学部 内科学第一講座

2)山形県立新庄病院 内科

田村晴俊1)、西山悟史1)、佐々木真太郎1)、和根崎真大1)、渡邉哲1)
久保田功
1)、廣野摂2)

 

15:4016:40 特別講演

座長 山形大学医学部内科学第一講座 循環・呼吸・腎臓内科学 久保田 功

「冠動脈ステント治療後の抗血小板療法」

東北大学加齢医学研究所 基礎加齢研究分野

教授  堀内 久徳  先生

 

16:40  閉会の辞 山形大学医学部 分子病態学  一瀬 白帝

 

 

当番世話人:    山形大学医学部内科学第一講座 循環・呼吸・腎臓内科学 久保田 功

同事務局:       山形大学医学部内科学第一講座 循環・呼吸・腎臓内科学 渡 邉  哲

                      990-9585 山形市飯田西2−2−2

                      TEL023-628-5302 FAX023-628-5305

 

代表世話人:    山形大学医学部 一瀬 白帝

同事務局:       山形大学医学部分子病態学

                      990-9585 山形市飯田西2−2−2

                      TEL023-628-5275 FAX023-628-5280

 

共  催:         東北止血・血栓研究会

                      株式会社ベネシス

 

※本研究会は、日本医師会生涯教育講座(3単位)の認定を受けております。


  第47回 東北止血・血栓研究会学術集会

 

     日 時 : 平成21年9月12日(土) 12:30〜16:10

     場 所 : コラッセふくしま 5F 「小研修室」

福島市三河南町1-20 (福島駅西口 徒歩3) TEL 024-525-4089

 

 

12:3013:30   ランチョンセミナー

     《座長》福島県立医科大学医学部 循環器・血液内科学講座  小川 一英

           『悪性腫瘍と凝固線溶系』

          自治医科大学 分子病態治療研究センター 分子病態研究部

                               講師 窓岩 清治 先生

 

13:30 開会の言葉   福島県立医科大学医学部 循環器・血液内科学講座  竹石 恭知

 

13:3014:15   一般演題 (発表10分、討論5分)

   《座長》 秋田大学医学部 第3内科 高橋 直人

 

   1.「急性前骨髄球性白血病のDICに対するrTM(リコンビナント・トロンボモデュリン)の使用経験」

1)独立行政法人国立病院機構 仙台医療センター 血液内科  2)東北大学 血液免疫科

○伊藤 俊広1)、阿部 正理1)、勝岡 優奈1)、大西 康1)

猪股 美津恵1)、目黒 邦昭)、小林 匡洋2 )

 

   2.「後天性第]因子低下症の1例」

東北大学病院 血液免疫科

○沖津 庸子、鈴木 宗三、鎌田 真弓、小林 匡洋

福原 規子、大口 裕人、木幡  桂、山本 譲司

横山 寿行、石澤 賢一、張替 秀郎

 

   3.「トロンボモジュリン製剤で救命し得た自己末梢血幹細胞移植併用大量化学療法後のVOD発症非ホジキンリンパ腫」

秋田大学医学部 第3内科

○伊藤 貢、高橋 直人、斉藤 宏文、政井 理恵

佐藤 隆太、渡部 敦、藤島 直仁、亀岡 吉弘

田川 博之、廣川 誠、澤田 賢一

 

14:1514:25   ―  休憩  ―

 

14:2515:10   一般演題 (発表10分、討論5分)

《座長》 仙台医療センター 血液内科 伊藤 俊広

 

   4.「内皮細胞への単球接着系でのレドックス、Akt/eNOSおよびカルシウムシグナル伝達における酸化LDL受容体LOX-1の役割」

1)福島県立医科大学医学部 循環器・血液内科学講座 

2)国立循環器病センター研究所脈管生理部

3)三重大学医学部 分子病態学講座   

4)帝京大学医学部 内科学講座

○坂本 信雄1)、石橋 敏幸1)、杉本 浩一1)、大河原 浩1)

上岡 正志1)、上北 洋徳 )、阪本 貴之2) 、斎藤 修一1)沢村 達也 )

井上 信孝 )、鈴木 宏治)、寺本 民夫)丸山 幸夫)、竹石 恭知)

 

   5.「プロテインS低下症の妊娠例3例の臨床経過」

東北大学病院 血液免疫科

○鈴木 宗三、沖津 庸子、石川 正明、阿久津 保之、張替 秀郎

 

   6.「エンドトキシンで惹起された炎症における凝固XIII因子の役割」

山形大学医学部 血液・循環分子病態学

○惣宇利 正善、張 偉光、一瀬 白帝

 

15:1016:10  特別講演

   《座長》 福島県立医科大学医学部 循環器・血液内科学講座 竹石 恭知

『プロテインS分子異常症は日本人の血栓症発症の大きな危険因子である』

長崎国際大学 薬学部臨床薬学分野 臨床検査学  教授 濱崎 直孝 先生

 

16:10 閉会の言葉   山形大学医学部 血液・循環分子病態学  一瀬 白帝

 

  当番世話人 :   福島県立医科大学医学部  循環器・血液内科学講座 竹石 恭知

  同事務局:         福島県立医科大学医学部  循環器・血液内科学講座 小川 一英

                            960-1295福島市光が丘1番地

                            TEL: 024-547-1190 FAX:024-548-1821

                            代表幹事: 山形大学医学部  一瀬 白帝

                            同事務局: 山形大学医学部血液・循環分子病態学

                            990-9585山形市飯田西2-2-2

                            TEL:023-628-5275  FAX:023-628-5280

 

                            共 催:    東北止血・血栓研究会

                                  持田製薬株式会社

 

※本研究会は、日本医師会生涯教育講座(3単位)の認定を受けております。


   第46回 東北止血・血栓研究会学術集会

 

日 時: 平成20920日(土)12:5017:30

場 所: ホテルメトロポリタン秋田4F「ルーチェの間」

秋田市中通7-2-1 TEL 018-831-2222

 

 

12:50 開会の言葉   秋田大学医学部 第3内科  澤田 賢一

 

12:55 13:55   公開ランチョンセミナー

《座長》秋田大学医学部 第3内科  高橋 直人

                    DICに関する最近の臨床的知見』

                    新潟県立新発田病院 血液内科 部長   関 義信 先生

 

14:00 14:45   一般演題 (発表10分、討論5分)

《座長》仙台医療センター 内科  伊藤 俊広

 

1.「自家末梢血幹細胞移植後にTMAを発症した非ホジキンリンパ腫」

秋田大学医学部 第3内科

亀岡 吉弘、斉藤 宏文、奈良 美保、渡辺 敦、藤島 眞澄

斉藤 邦江、藤島 直仁、田川 博之、高橋 直人、廣川 誠、澤田 賢一

 

2.「特発性血小板減少性紫斑病と間違われたMay-Hegglin異常の一例」

公立大学法人福島県立医科大学 内科学第一講座1)

福島県立喜多方病院 内科2)

松本 勇人1)、小川 一英1)、高橋 裕志1)、眞下 由美子1)

大河原 浩1)、野地 秀義1)、七島 勉1)、石橋 敏幸1)、竹石 恭知1)

酒井 一吉2)、油井 徳雄2)

 

3.「分娩後9ヶ月後に発症した後天性血友病の1例」

弘前大学医学部 消化器血液内科1)、大館市立総合病院 内科2)

玉井 佳子1)、山形 和史1)、山口 公平1)、五十嵐 崇徳1)

高橋 一徳1)、高見 秀樹1)、福田 眞作1)、小笠原 仁2)

 

14:45 14:55   −   休 憩  −

 

14:55 15:40   一般演題 (発表10分、討論5分)

《座長》弘前大学医学部 消化器血液内科  玉井 佳子

 

4.「静脈閉塞により多発性小腸狭窄を来たした先天性AT欠損症の1例」

岩手医科大学 消化器・肝臓内科1)、外科2)、臨床検査医学3)、病理学4)

滝川 康裕1)、鈴木 一幸1)、伊藤 尚子2)、藤澤 健太郎2)、板橋 哲也2)、大塚 幸喜2)

若林 剛2)、鈴木 啓二朗3)、諏訪部 章3)、塩井 義裕4)、菅井 有4)

 

5.「先天性凝固第]U因子欠損症の1例」

岩手医科大学 臨床検査医学講座

鈴木 啓二朗、諏訪部 章

 

6.「出産後に大量出血が見られた第]T因子欠乏症の1例」

東北大学病院 血液免疫科1)、産婦人科2)

鈴木 宗三1)、石川 正明1)、阿久津 保之1)、張替 秀郎1)、室月 淳2)

 

15:40 15:50          −   休              憩  − 

 

15:50 16:20          一般演題 (発表10分、討論5分 )

《座長》仙台血液疾患センター、東北大学医学部 免疫血液病学分野  鈴木 宗三

 

7.「後天性血小板無力症患者に発生した抗Ub/Va抗体のクローン化」

奥羽大学 薬学部1)、仙台市立病院 内科2)

()医学生物学研究所 伊那研究所3)

()国立病院機構仙台医療センター 血液内科4)

山本 正雅1)、秋保 直樹2)

久原 基樹3)、岸 義朗3)、矢原 一郎3)、伊藤 俊広4)

 

8. 「重度Plasminogen欠損症における代替的線溶機構の発動」

山形大学医学部 血液・循環分子病態学1)、松山市鷹の子病院 眼科2)

奈良県立医科大学 輸血部3)

岩田 宏紀1)、一瀬 白帝1)

鈴木 崇2)、松本 雅則3)、藤村 吉博3)

 

16:20 16:30          −   休 憩  − 

 

16:30 17:30   特別講演

《座長》秋田大学医学部 第3内科 澤田 賢一

『血栓症の診断と治療における最近の話題』

北海道医療大学 内科学 教授  家子 正裕 先生

 

17:30   閉会の言葉   山形大学医学部 血液・循環分子病態学  一瀬 白帝

 

当番幹事: 秋田大学医学部  第3内科 澤田 賢一

同事務局: 秋田大学医学部  第3内科 高橋 直人

        〒010-8543  秋田県秋田市本道1-1-1

        TEL018884-6116 FAX018836-2613

代表幹事: 山形大学医学部   一瀬 白帝

同事務局: 山形大学医学部血液・循環分子病態学

        〒990-9585 山形市飯田西2-2-2

        TEL:023-628-5275 FAX:023-628-5280

主   催: 東北止血・血栓研究会

        CSLベーリング株式会社

 

※本研究会は、日本医師会生涯教育講座(3単位)の認定を受けております。


   第45回 東北止血・血栓研究会学術集会

 

日 時: 平成19年9月1日(土)12:3017:00

場 所: ホテル青森4F「錦鶏の間」

      青森市堤町1-1-2 TEL 017-775-4141

 

 

12:30 開会の言葉   弘前大学医学部 保健学科 高見 秀樹

 

12:35 13:35   公開ランチョンセミナー

     《座長》 弘前大学医学部 保健学科 高見秀樹

                          『抗血小板剤モニタリング』

                          山梨大学医学部 臨床検査医学講座 教授  尾崎 由基男 先生

 

13:40 14:10   一般演題 (発表10分、討論5分)

     《座長》 仙台医療センター 血液内科 伊藤 俊広

1.「先天性XIII因子欠損症2例の分子病態学的解析」

山形大学医学部 血液・循環分子病態学分野

張 偉光 前田勝子 惣宇利正善 一瀬白帝

 

2.「血胸と広範な筋肉内血腫で発症した重症出血に対して第7因子製剤で救命し得た第8因子インヒビター陽性血友病A

秋田大学医学部 第三内科

山中康生 高橋直人 亀岡吉弘 斉藤邦江 猪又美佳

鵜生川久美 藤島直仁 斉藤宏文 廣川誠 澤田賢一

 

14:10 14:40   一般演題 (発表10分、討論5分)

     《座長》 仙台血液疾患センター 鈴木 宗三

3.「急性重症肝障害におけるDIC合併の診断と治療法の検討」

岩手医科大学第一内科 

滝川康裕 遠藤龍人 小野寺美緒 柿坂啓介

片岡晃二郎 佐藤彰弘 鈴木一幸

 

4.「原因不明の播種性血管内凝固症候群(DIC)にて死亡した一剖検例」

独立行政法人国立病院機構仙台医療センター 血液内科

伊藤俊広 佐々木治 目黒邦昭

              独立行政法人国立病院機構仙台医療センター 臨床検査科

                            相澤奈帆子 鈴木博義

              仙石病院 消化器科

                            神部眞理子

              真壁医院 内科

                            佐藤 功

 

14:40 14:55   −休  憩−

 

14:55 15:40          一般演題 (発表10分、討論5分 )

     《座長》 奥羽大学 薬学部  山本正雅

5.「ステロイド治療が奏功した非典型的な経過を示した血栓性血小板減少性紫斑病の一例」

弘前大学大学院医学研究科 消化器血液内科学講座

山口公平 山形和史 間山 恒 濱館貴徳 福田眞作

弘前大学医学部附属病院 輸血部

玉井佳子

弘前大学医学部保健学科

高見秀樹

 

6.「血小板型von Willebrand病の一例 妊娠、出産の経過について」

東北大学病院 血液免疫科

鈴木宗三、石川正明、阿久津保之、亀岡淳一、張替秀郎

 

7.「抗GPUb/Va自己抗体起因の後天性血小板無力症」

奥羽大学薬学部

山本正雅

              仙台市立病院 内科

                            秋保直樹

              株式会社医学生物学研究所 伊那研究所

                            久原基樹 岸 義朗 矢原一郎

              独立行政法人国立病院機構仙台医療センター 血液内科

                            伊藤俊広

 

15:40 16:00   −休  憩−

 

16:00 17:00   特別講演

     《座長》弘前大学大学院医学研究科消化器血液内科学講座 教授 福田眞作 先生

『感染症のDIC治療ガイドライン』

三重大学医学部附属病院 臨床検査医学講座 准教授  和田 英夫 先生

 

17:00 閉会の言葉   山形大学医学部血液・循環分子病態学 一瀬白帝

 

 

当番幹事: 弘前大学医学部  保健学科 高見 秀樹

同事務局: 弘前大学医学部  消化器血液内科 山形 和史

        〒036-8562  青森県弘前市在府町5

        TEL017239-5053 FAX017237-5946

代表幹事: 山形大学医学部   一瀬 白帝

同事務局: 山形大学医学部血液・循環分子病態学

        〒990-9585 山形市飯田西2-2-2

        TEL:023-628-5275 FAX:023-628-5280

 

共   催: 東北止血・血栓研究会

        アステラス製薬株式会社

        化学及血清療法研究所

後   援: 青森県医師会

 

※本研究会は、日本医師会生涯教育講座(3単位)の認定を受けております。


   第44回 東北止血・血栓研究会学術集会

 

日 時: 平成18年9月16日(土)12:3017:30

場 所: 江陽グランドホテル4F「真珠の間」

      仙台市青葉区本町2-3-1 TEL022-267-5111

 

 

開会の言葉   東北大学大学院免疫血液病学分野   佐々木毅

 

公開ランチョンセミナー

     《座長》 東北大学大学院救急医学分野   篠澤洋太郎

                          『「急性期DIC診断基準」の考え方と臨床応用』

                          北海道大学大学院医学研究科侵襲制御医学講座救急医学分野 教授  丸藤 哲 先生

 

一般演題

     《座長》 東北大学大学院免疫血液病学分野  鈴木宗三

1.「アンチトロンビンMorioka 2家系10年の経過」

岩手医科大学 第一内科

滝川康裕 遠藤龍人

 

2.「流産の既往があり、妊娠、出産に際し、抗凝固療法を行ったプロテインS欠損症の3例」

東北大学病院 血液免疫科

鈴木宗三 石川正明 阿久津保之 佐々木毅

 

3.「皮膚の創部の細胞感染に伴い、血小板減少と出血傾向が見られたvon Willebrand病の1例」

東北大学病院 血液免疫科

鈴木宗三 石川正明 阿久津保之 佐々木毅

 

4.「炎症と血栓形成―MCP-1/CCR2系とCa2+の観点から―」

福島県立医科大学 第一内科

石橋敏幸 阪本貴之 坂本信雄 杉本浩一 上岡正志 大河原浩 丸山幸夫

              三重大学分子病態学

                            鈴木宏治

 

5.「肝癌細胞株を用いたヒトプロテインZ遺伝子プロモータの解析」

山形大学医学部 血液・循環分子病態学

菅原宏文 岩田宏紀 惣宇利正善 一瀬白帝

 

     《座長》 仙台医療センター 血液内科  伊藤俊広

6.「リツキシマブで治療した高力価インヒビター保有後天性血友病Aの一例」

弘前大学医学部附属病院 消化器・血液・膠原病内科

山口公平 山形和史 玉井佳子 高見秀樹 棟方昭博

 

7.「不可解な止血異常を示した、後天性血友病A?の一例」

国立病院機構西多賀病院 内科

三浦 明 酒井秀章

              国立病院機構仙台医療センター 血液内科

                            伊藤俊広

              奈良県立医科大学附属病院 小児科

                            嶋 緑倫

              ノボノルディスクファーマ株式会社 止血開発企画部

                            新井盛大

              東北大学病院 血液免疫科

                            鈴木宗三 石川正明

 

8.「東北地方における血友病インヒビター調査(中間報告)」

              山形大学医学部器官病態統御学講座 血液・循環分子病態学分野

                            菅原宏文

東北止血・血栓研究会 東北血友病インヒビターワーキンググループ

 

     《座長》 弘前大学医学部 第一内科  高見秀樹

9.「後天性血小板無力症?」

              国立病院機構仙台医療センター 血液内科

                            伊藤俊広 佐藤 功

 

10.「出血傾向を示したC型肝炎の一例」

              仙台市立病院 内科

                            秋保直樹

 

特別講演

     《座長》 東北大学大学院免疫血液病学分野  佐々木毅

ADAMTS13によるThrombotic microangiopathyの病態解析』

奈良県立医科大学 輸血部 講師  松本 雅則 先生

 

閉会の言葉   山形大学医学部血液・循環分子病態学 一瀬白帝

 

当番幹事: 東北大学大学院免疫血液病学分野  佐々木毅

同事務局: 東北大学大学院免疫血液病学分野

        〒980-8574 仙台市青葉区星陵町1-1

        TEL022717-7165 FAX022717-7168

代表幹事: 山形大学医学部  一瀬 白帝

同事務局: 山形大学医学部血液・循環分子病態学

        〒990-9585 山形市飯田西2-2-2

        TEL:023-628-5275 FAX:023-628-5280

 

共   催: 東北止血・血栓研究会

        小野薬品工業株式会社

 

※本研究会は、日本医師会生涯教育講座(3単位)の認定を受けております。


 第43回 東北止血・血栓研究会のご案内

  日時:平成17年5月7日(土) 13:00〜16:30

  場 所 : 斎藤報恩会館(仙台プラザホテル隣り)仙台市青葉区本町2-20-2Tel: 022-262-5506

 

 13:00 開会の言葉 福島県立医科大学医学部 第一内科 丸山 幸夫

 13:05 15:20 一般演題 (発表10分、討論5分)

 《座長》 山形大学医学部 血液・循環分子病態学 惣宇利 正善

1.「トロンビン刺激によるRho A活性化の新しいメカニズム」

大河原 浩、石橋 敏幸、杉本 浩二、阪本 貴之、横山 恵子、上岡 正志、坂本 信雄、杉本 直俊、多久和 陽、福原 茂朋、丸山幸夫福島県立医科大学医学部第一内科、金沢大学大学院医学系研究科血管分子生理学、国立循環器病センター研究所循環器形態部]

 

2.「脳虚血における血小板活性化因子の役割―アストロサイトを中心に」

佐藤 敬、吉田 秀見、今泉 忠淳[弘前大学医学部附属脳研脳血管病態部門] 

 

3.「ワ−ファリン感受性に関与するVitamin K代謝関連遺伝子の解析」

岩田 宏紀、野崎 直樹、久保田 功、一瀬 白帝山形大学医学部血液・循環分子病態学、山形大学医学部呼吸・循環・腎臓内科学]

 

 《座長》東北大学医学部 血液免疫科 鈴木 宗三

4.「脾梗塞で発症したプロテインC欠損症の1例」

滝川 康裕、片岡 晃二郎、八角 有紀、佐藤 彰宏、遠藤 龍人、鈴木 一幸[岩手医科大学医学部第一内科]

 

5.「流産の既往のあるプロテインS欠乏症の2例」

鈴木 宗三、石川 正明、阿久津 保之、佐々木 毅[東北大学医学部血液免疫科]

 

6.「XIII因子Aサブユニット遺伝子ノックアウトマウスにおける心臓障害」

惣宇利 正善、小関−久野しおりJay Degen、一瀬 白帝山形大学医学部血液・循環分子病態学、米国シンシナチ大学小児病院研究所]

 

 《座長》 弘前大学医学部第一内科    玉井 佳子

7.「肝静脈閉塞症が初発症状であったPNH症例」

野地 秀義、中村 晶子、松本 勇人、大河原 浩、亀井 賢一、阿久津 和子、池田 和彦、七島 勉、大平 弘正、佐藤 由紀夫、岡本 正俊、松田 信、丸山 幸夫福島県立医科大学医学部第一内科、福島県立医科大学医学部第二内科、太田西ノ内病院血液疾患センター]

 

8.「Helicobacter pylori除菌により、血小板数増加の得られた難治性特発性血小板減少性紫斑病の1例」

鈴木 宗三、石川 正明、阿久津 保之、酒井 秀章、森 和夫、佐々木 毅東北大学医学部血液免疫科独立行政法人国立病院機構西多賀病院内科、老人保健施設グリーンフィールズ柳生]

 

9.「リツキシマブで治療した重篤な出血傾向を認めたITP1例」

山形 和史、玉井 佳子、石澤 知子、高見 秀樹弘前大学医学部第一内科、弘前大学医学部保健学科]

 

 15:20 15:30 −休 憩−

 15:30 16:30 特別講演

 《座長》福島県立医科大学医学部第一内科 丸山 幸夫

『先 天 性 血 栓 傾 向』慶應義塾大学医学部 臨床検査医学 教授 村田 満 先生

 16:30 閉会の言葉  山形大学医学部血液・循環分子病態学 一瀬 白帝

 

 ※本研究会は、日本医師会生涯教育講座(3単位)の認定を受けております。

 

 当番幹事 :福島県立医科大学医学部第一内科 丸山 幸夫

 同事務局 :福島県立医科大学医学部第一内科 七島 勉

      〒960-1295 福島市光が丘1番地(TEL:024-547-1189 FAX:024-548-1821

 代表幹事 :山形大学医学部 一瀬 白帝

 同事務局 :山形大学医学部血液・循環分子病態学

      〒990-9585 山形市飯田西2-2-2TEL:023-628-5275 FAX:023-628-5280

 

 共催 : 東北止血・血栓研究会、三菱ウェルファーマ株式会社

 


 第42回 東北止血・血栓研究会のご案内

日 時 : 平成16年5月15日(土) 13:00〜

場 所 : 山形国際ホテル 5F 「月山の間」山形市香澄町3-4-5Tel023-633-1313

※ 本研究会は、日本医師会生涯教育講座(3単位)の認定を受けております。

 

 13:00 開会の言葉 山形大学医学部 環境病態医学 若林 一郎

 13:05 14:50 一般演題 (発表10分、討論5分)

  《座長》 岩手医科大学第一内科 滝川 康裕

1. 非血友病性後天性第VIII因子インヒビター陽性4症例の検討

  1)弘前大学医学部第一内科 2)同 保健学科 3)十和田市立中央病院

  玉井 佳子1)、山形 和史1)、小松 知子1)、石黒 敦1)、棟方 昭博1)、高見 秀樹2)、根来 健一3)

2. 同種骨髄移植後一過性にFDPの偽高値を認めたCMLの一例

  1)福島県立医科大学医学部第一内科 2)同 輸血・移植免疫部 3)同 小児科

  池田 和彦1)2)、小川 一英1)、安藤 詩保1)、中村 晶子1)、野地 秀義1) 、菊田 敦3)、石橋 敏幸1)、七島 勉1)、大戸 斉2) 、丸山 幸夫1)

3. 心原性脳塞栓における血清フィブリンモノマーの測定意義

  1)山形大学医学部循環・呼吸・腎臓内科学 2)同 臨床検査部 3)同 液性病態診断医学

  廣野 摂1)、奥山 英伸1)、劉 凌1)、竹石 恭知1)、久保田 功1)、大沼 沖雄2)、富永 真琴3)

 

  《座長》 公立学校共済組合東北中央病院 林 朋博

4. アポトーシス肝細胞の凝固活性化に関する研究

  岩手医科大学第一内科

  宮本 康弘、滝川 康裕、牛尾 晶、林 世徳、鈴木 一幸

5. 異常プラスミノゲン分子Asp676Asnの活性化過程の解析

  山形大学医学部血液・循環分子病態学

  菅原 宏文、岩田 宏紀、大江 麻子、惣宇利正善、一瀬 白帝

 

  《座長》 弘前大学医学部保健学科 高見 秀樹

6.Helicobacter pylori除菌治療に伴ない、血小板数の増加のみられた特発性血小板減少性紫斑病の1例

  東北大学医学部血液免疫科

  鈴木 宗三、石川 正明、阿久津保之、佐々木 毅

7.血小板の容量依存性カルシウム流入へのモネンシンおよびEIPAの効果と細胞内アルカリ化の意義

  1)山形大学医学部環境病態医学 2)兵庫医科大学総合内科血栓止血老年病科

  丸茂 幹雄1) 2), 垣下 榮三2), 若林 一郎1)

 

 15:00 16:00 特別講演《座長》 山形大学医学部循環・呼吸・腎臓内科学 久保田 功

 『脳梗塞超急性期血栓溶解療法 -わが国の現状と課題-

 国立循環器病センター 脳血管内科部長 峰 松 一 夫 先生

 16:00 閉会の言葉 山形大学医学部 血液・循環分子病態学 一瀬 白帝

 

当番幹事:山形大学医学部 若林 一郎

同事務局:山形大学医学部 環境病態医学分野

     〒990-9585 山形市飯田西2-2-2

     TEL:023-628-5252 FAX:023-628-5255

代表幹事:山形大学医学部 一瀬 白帝

同事務局:山形大学医学部 血液・循環分子病態学分野

     〒990-9585 山形市飯田西2-2-2

     TEL:023-628-5275 FAX:023-628-5280

共催:東北止血・血栓研究会、持田製薬株式会社


 41回 東北止血・血栓研究会

日時: 平成15 524()

場所: 秋田キャッスルホテル

 

 13:00 開会の言葉  秋田大学医学部 第三内科 澤田 賢一

 13:0515:25 一般演題(発表10分 討論5分)

<座長>東北大学医学部 消化器内科・糖尿病代謝科 鈴木 宗三

1.大腸癌に合併したFVインヒビターの1例

岩手医科大学 内科学第一  ○川上 格、滝川康裕、岩井正勝、遠藤龍人、鈴木一幸

県立久慈病院 内科      中塚明彦    

県立久慈病院 泌尿器科    吉田郁彦

 

2.血管内皮細胞表面ヘパリン様五単糖に対する自己抗体による血栓症発現機序

東北大学大学院医学系研究科 免疫・血液病制御学分野

             ○小寺隆雄、鹿股直子、竹下美紀、藤井博司、石井智徳、

              宗像靖彦、平林泰彦、佐々木 毅

 

<座長>国立仙台病院 伊藤俊広

3.後天性プレカリクレイン異常症と考えられた一症例

国立仙台病院 内科     ○伊藤俊広、佐藤 功

 

4.関節出血を主訴として発見されたvon Willebrand病の一家系

東北大学医学部 消化器内科・糖尿病代謝科

                ○鈴木宗三、石川正明、阿久津保之、佐藤 譲、

                 岡 芳知、下瀬川 徹

国立療養所 西多賀病院 内科  酒井英章

老人保健施設 グリーンフィールズ 柳生  森 和男

 

<座長>社会保険庁 秋田社会保健事務局 指導医療監 遠藤安行

5.新規プロテインC欠損症の一家系

山形大学医学部 第三内科  ○山本久史、清水 圭、原田裕子、加藤裕一、

              秋葉次郎、軽部宏紀、山本雅一、加藤丈夫

山形大学医学部 輸血部    田嶋克史

公立高畠病院 内科      大本英次郎

 

6.ビタミンK依存性凝固因子プロテインZの遺伝的多型性とその発現解析

山形大学医学部 分子病態学 ○惣宇利正善、久野(小関)しおり、岩田宏紀、一瀬白帝

ドイツ・ギーセン大学 内科  Bettina Kemkes-Matthes

 

<座長>福島県立医科大学 内科学第一 石橋敏幸

7.組織因子発現におけるRhoA活性化の役割

福島県立医科大学 内科学第一 ○石橋敏幸、大河原 浩、阪本貴之、永田兼司、

               横山恵子、丸山幸夫

金沢大学医学部 血管分子生理学 多久知 陽

群馬大学医学部 内科学第二   倉林正彦

8.血小板および巨核球の容量依存性カルシウム流入におよぼす細胞内アルカリ化の影響

山形大学医学部 環境病態医学 ○丸茂幹雄、若林一郎

兵庫医科大学 総合内科学    Michael Poteser、垣下栄三

 

 15:3516:35 特別講演 <座長>秋田大学医学部 第三内科 澤田賢一

『血管内視鏡からみた冠動脈内血栓と急性心筋梗塞』

 近畿大学医学部 循環器内科 教授  石川欽司 先生

 

 16:35 閉会の言葉  秋田大学 名誉教授 真木正博