HOME > 後期研修

後期研修

 

後期研修プログラム

修得すべき手技や手術経験の目標数など

1年
(卒後3年目)

初期研修で得られた知識・技術の更なる向上に加えて、臨床腫瘍学を学ぶに当たり以下の基礎知識の獲得と実践に当たる。

  1. がんの分子機構に関する知識。
  2. 抗がん剤の使用法の特徴、効果、副作用に関する知識。
  3. がん化学療法の計画・指示・施行、よくある問題点や副作用の解決。
  4. がん治療における緊急処置。
  5. 中心静脈ライン挿入とライン管理の実際。
  6. 輸血療法。
  7. がんの疼痛管理。

日本臨床腫瘍学会入会
日本癌治療学会入会

2年
(卒後4年目)

1年目(卒後3年目)に得た基礎知識の更なる獲得と実践に加え以下の事項も学ぶ。

  1. 臨床試験の実践。
  2. 緩和ケアチームへの参加。
  3. 地域医療・在宅医療との連携。
  4. がん患者の心理的・精神的ケア。

内科認定医など基本資格の取得。

3-4年
(卒後5-6年目)

6ヶ月を1クールとして、最低2クールは協力診療科にローテートを行い、臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医取得要件である造血器・呼吸器・消化器・肝胆膵・乳腺・婦人科・泌尿器科・頭頚部・骨軟部・皮膚・中枢神経・胚細胞・小児・原発不明の腫瘍のうち少なくとも3臓器・領域各3例以上総数30症例の薬物療法を経験する。

また併せて、骨髄穿刺・骨髄生検、腹腔穿刺・胸腔穿刺・胸膜癒着術、腰椎穿刺による化学療法、皮下リザーバーの植え込み・これを介した化学療法の経験をする。

5年
(卒後7年目)

肺がん・乳がん・食道がん・胃がん・大腸がんなどの集学的治療に、実践者として関わる。

また、学会発表・論文作成・症例のまとめを行う。

*医師免許取得後(初期研修開始時)すぐに日本内科学会もしくは外科学会などの基本学会に入会することを勧めます。

このページの先頭へ

 

がんプロフェッショナル養成プランがん薬物療法コースを選択した場合

修得すべき手技や手術経験の目標数など

1年
(卒後3年目)

初期研修で得られた知識・技術の更なる向上に加えて、臨床腫瘍学を学ぶに当たり以下の基礎知識の獲得と実践に当たる。

  1. がんの分子機構に関する知識。
  2. 抗がん剤の使用法の特徴、効果、副作用に関する知識。
  3. がん化学療法の計画・指示・施行、よくある問題点や副作用の解決。
  4. がん治療における緊急処置。
  5. 中心静脈ライン挿入とライン管理の実際。
  6. 輸血療法。
  7. がんの疼痛管理。

日本臨床腫瘍学会入会
日本癌治療学会入会

2年
(卒後4年目)

1年目(卒後3年目)に得た基礎知識の更なる獲得と実践に加え以下の事項も学ぶ。

  1. 臨床試験の実践。
  2. 緩和ケアチームへの参加。
  3. 地域医療・在宅医療との連携。
  4. がん患者の心理的・精神的ケア。

*1-2年目で6ヶ月を1クールとして、最低2クールは協力診療科にローテートを行い、臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医取得要件である造血器・呼吸器・消化器・肝胆膵・乳腺・婦人科・泌尿器科・頭頚部・骨軟部・皮膚・中枢神経・胚細胞・小児・原発不明の腫瘍のうち少なくとも3臓器・領域各3例以上総数30症例の薬物療法を経験する。

また併せて、骨髄穿刺・骨髄生検、腹腔穿刺・胸腔穿刺・胸膜癒着術、腰椎穿刺による化学療法、皮下リザーバーの植え込み・これを介した化学療法の経験をする。

2年目までに内科認定医など基本資格の取得。

3年
(卒後5年目)

臨床腫瘍学講座もしくは基礎医学分野の協力を得て研究機関を設け、学位取得を目指して基礎研究並び論文作成を行いう。

4年
(卒後6年目)

学位の取得、専門医の取得を行う。

このページの先頭へ

 

専門医受験資格のために必要とされる技能・手技目標

要件は以下のとおりですが、当科の1から4-5年(卒後3から6-7年)の研修プログラムを行うことですべて満たされます。

  1. 2年間の初期研修終了後、5年以上臨床腫瘍の研修を行っていること。
  2. 2年間はフルタイムで認定研修施設での研修が含まれること。
  3. 造血器・呼吸器・消化器・肝胆膵・乳腺・婦人科・泌尿器科・頭頚部・骨軟部・皮膚・中枢神経・胚細胞・小児・原発不明の腫瘍のうち少なくとも3臓器・領域について各3例以上20例以下、総数30症例以上の症例を受け持ち、種々の臓器がんに対する薬物療法を経験すること。
  4. 剖検例も1例以上経験すること。
このページの先頭へ
Copyright (c) 2012 Department of Clinical Oncology, Yamagata Faculty of Medicine, Yamagata University All Rights Reserved.