HOME業績 > 2013年

業績

2013年

1. 論文

(1) 原著
  1. Kenji Nemoto, Misako Murakami, Mayumi Ichikawa, Ibuki Ohta, Takuma Nomiya, Mayumi Yamakawa, Yuriko  Ito, Tadahisa Fukui, Takashi Yoshioka :Influence of a Multidisciplinary cancer board on treatment decisions.International Journal of Clinical Oncology. 2013;18(4):574-577
  2. Y.Ito,H.Narimatsu,T.Fukui,A.Fukao,T.Yoshioka:Critical review of “Public domain application”:a flexible drug approval system in Japan.Annals of Oncology.2013;24(5):1297-1305
  3. Shozo Furumoto,Ryo Shinbo,Ren Iwata,Yoichi Ishikawa,Kazuhiko Ynai,Takashi Yoshioka,Hiroshi Fukuda: In vitro and vivo characterization of 2-Deoxy-2-〔18F〕Fluoro-D-Mannose as a tumor-imaging agent for positron emission tomography.Journal of Nuclear Medicine.2013:54(8)1354-1361
  4. Shuhei Suzuki,Yuriko Ito,Tadahisa Fukui,Mika Orihara,Sho Nakamura,Masahiro Takahashi,Hiroto Fujimoto,Wataru Kimura,Takashi Yoshioka:Two cases of gastric cancer with peritoneal carcinomatosis successfully responding to combination chemotherapy of S-1 and cisplatin,leading to clinical complete response. International Cancer Conference Journal:2013;2(4)201-205
  5. Yuriko Ito,Yasuhide Yamada,Kiyoshi Asada,Toshikazu Tetsuya Hamaguchi,Yasuhiro Shimada:EGFR L2 domain mutation is not correlated with resistance to cetuximab in metastatic colorectal cancer patients.Journal of Cancer Research and Clinical Oncology.2013:139(8)1391-1396
  6. Okada M,Shibuya K,Sato A,Seino S,Watanabe E,Suzuki S,Seino M,Kitanaka C:Specific role of JNK in the maintenance of the tumor-initiating capacity of A549 human non-small cell lung cancer cells.Oncology Reports.2013 Oct;30(4)1957-64
  7. 鈴木修平,松本幸夫,平カヤノ:当院における院外心停止例のまとめ(2009年度~2010年度).米沢市立病院医学雑誌,2012;32(1)37-40
(2) 著書
  1. 吉岡孝志:総論 2 抗がん剤の種類と作用機序,内科系総合雑誌 Modern Physician,新興医学出版社,2013;33(3)280-283
  2. 河合貞幸:抗がん剤の副作用と支持療法 3 肺毒性,内科系総合雑誌Modern Physician,新興医学出版社,2013;33(3)377-379
  3. 伊藤由理子:抗がん剤の副作用と支持療法 4 心不全・心毒性,内科系総合雑誌 Modern Physician,新興医学出版社,2013;33(3)380-383
  4. 吉岡孝志:特集 Trasutuzumab,臓器別治療から標的別治療,癌の臨床,篠原出版新社,2013;59(4)435(83)-438(86)
  5. 伊藤由理子:連載 がん薬物療法専門医講座 がん薬物療法専門医のための模擬テスト42,腫瘍内科,科学評論社,2013;12(5)611-612
  6. 伊藤由理子:連載 がん薬物療法専門医講座 がん薬物療法専門医のための模擬テスト 42 -解答と解説 -,腫瘍内科,科学評論社,2013;12(6)701-702
  7. 吉岡孝志: 新潟大学医歯学総合病院におけるcancer board 開催に向けて1山形大学におけるCancer Treatment Boardの取り組み,新潟医学会雑誌,2013;127(11)592-595

2.学会報告

(1) 国内の学会
ⅰ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等
  1. 吉岡孝志:抗癌剤の薬理作用と薬物有害反応.日本癌治療学会 第6回データマネージャー教育集会,東京都;2013年8月
  2. 吉岡孝志,佐藤淳也,伊藤薫樹,加藤俊介,柴田浩行,西條康夫,蒲生真紀夫,石田卓,石岡千加史:ITネットワークを利用したキャンサーボードの運用.第11回日本臨床腫瘍学会学術集会 ワークショップ5 がん化学療法の質向上のための社会ネットワーク構築,仙台市;2013年8月
  3. 蒲生真紀夫,加藤俊介,西條康夫,柴田浩行,望月泉,吉岡孝志,石岡千加史:東北臨床腫瘍研究会(T-CORE)の活動.第11回日本臨床腫瘍学会学術集会 ワークショップ7 国内臨床試験グループのネットワーク化,仙台市:2013年8月
  4. 森隆弘,根本建二,吉岡孝志,石田卓,阿部正文,西條康夫,青山英史,石岡千加史:東北がんプロフェッショナル養成推進プランによる地域がん医療再生.第11回日本臨床腫瘍学会学術集会 ワークショップ9 第Ⅱ期がんプロへの取り組み,仙台市:2013年8月
  5. 吉岡孝志:臨床試験を取り巻く環境の変化を反映したガイドラインの改訂.第51回日本癌治療学会学術集会 第11回がん臨床試験協力・参加メディカルスタッフのためのセミナー ガイドラインの背景と最新のトピック,京都:2013年10月
ⅱ 一般演題
  1. 鈴木修平,福井忠久,河合貞幸,折原美佳,伊藤由理子,吉岡孝志:当科でADOC療法を施行した胸腺腫瘍7例の検討. 第110回日本内科学会講演会 ポスターセッション14 腫瘍⑤,東京都;2013年4月
  2. 蒲生真紀夫,下平秀樹,村川康子,加藤俊介,天貝賢二,磯部秀樹,二井谷友公,伊藤重豪,吉岡孝志,石岡千加史:進行再発大腸がんに対するベバシズマブ併用化学療法のオキザリプラチン間欠投与法の有効性および安全性を検討する第2相臨床試験.第11回日本臨床腫瘍学会学術集会 一般口演 20 大腸がん 臨床試験①,仙台市:2013年8月
  3. 鈴木修平,福井忠久,中村翔,河合貞幸,折原美佳,伊藤由理子,吉岡孝志:当科における胸腺腫瘍の8例の検討.第11回日本臨床腫瘍学会学術集会 ポスター 21 その他 症例報告①,仙台市:2013年8月
  4. 河合貞幸,福井忠久,伊藤由理子,折原美佳,鈴木修平,吉岡孝志:当科でGemcitabine,Erlotinib併用療法を行った進行再発膵癌症例に関する検討.第11回日本臨床腫瘍学会学術集会 一般口演29 肝胆膵 膵がん③,仙台市:2013年8月
  5. 伊藤由理子,鈴木修平,河合貞幸,折原美佳,福井忠久,吉岡孝志:腺様嚢胞癌に対するcisplatin+doxorubicin+cyclophosphamide併用療法.第11回日本臨床腫瘍学会学術集会 ポスター61 頭頸部②,仙台市:2013年8月
  6. 吉澤和哉,福井忠久,佐々木悠,佐藤剛司,野村栄樹,阿部靖彦,伊藤由理子,吉岡孝志,上野義之:海綿静脈洞転移を伴った胃神経内分泌癌の一例.第11回日本臨床腫瘍学会学術集会 ポスター63 胃がん その他,仙台市:2013年8月
  7. 鈴木修平,福井忠久,中村翔,伊藤由理子,吉岡孝志:当科における切除不能膵癌への化学療法の検討. 第21回日本消化器関連学会週間 ポスターセッション(消化器病学会)膵臓(腫瘍2),東京都;2013年10月
  8. 福井忠久:食道癌化学療法におけるエレンタールの口内炎予防・軽減効果についての検討.第51回日本癌治療学会学術集会 口演95 支持療法2(栄養療法・皮膚障害),京都;2013年10月
(2) その他
  1. 平成24年度 山形大学医学部公開講座,山形;2013年1月
  2. 平成24年度 第3回病診連携医学講座,山形;2013年2月
  3. 胃癌薬物療法セミナー,仙台;2013年3月
  4. 米沢医師会「好生会」講演会,米沢;2013年5月
  5. 平成25年度「がん看護研修」,山形;2013年6月
  6. がんプロ・リクルートセミナー,山形;2013年7月
  7. 平成25年度 化学療法セミナー 第1回講演「進行がんにおけるがん薬物療法の進歩」,山形;2013年9月
  8. 平成25年度 第8回 山形県がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会,酒田;2013年11月
  9. 平成25年度 第2回 病診連携医学講座「がん薬物療法について」,山形;2013年12月
  10. 青森県がん診療連携協議会 キャンサーボード講演会,青森;2013年12月
このページの先頭へ
Copyright (c) 2012 Department of Clinical Oncology, Yamagata Faculty of Medicine, Yamagata University All Rights Reserved.