HOME業績 > 2009年

業績

2009年

1. 論文

(1) 原著
  1. Ariga H,Nemoto K,Miyazaki S,Yoshioka T,Ogawa Y,Sakayauchi T,Jingu K,Miyata G,Onodera K,Ichikawa H,Kamei T,Kato S,Ishioka C,Satomi S,Yamada S:Prospective comparison of surgery alone and chemoradiotherapy with selective surgery in resectable squamous cell carcinoma of the esophagus.International Journal of Radiation Oncology Biology Physics. 2009; 75: 348-356
  2. Yoshioka T,Kato S,Gamoh M,Chiba N,Suzuki T,Sakayori N,Kato S,Shibata H,Shimodaira H,Otsuka K,Kakudo Y,Takahashi S,Ishioka C:Phase I/II study of sequential therapy with irinotecan and S-1 for metastatic colorectal cancer.British Journal of cancer. 2009; 101: 1972-1977
  3. 福井忠久,吉岡孝志,高野潤,藤島昌一郎,大武さや香,折居智彦,佐藤剛司,佐々木悠,西瀬祥一,武田弘明,河田純男,高村浩:眼窩腺癌に対して化学放射線療法が奏功した1例.癌と化学療法.2009;36: 287-290
  4. 吉岡孝志:がん薬物療法の展開-固形癌の標準療法 肝癌・腎癌.日本内科学会誌.2009; 98: 1874-1879
(2) 著書
  1. 吉岡孝志:病期決定,入門腫瘍内科学 日本臨床腫瘍学会.「入門腫瘍内科学」編集委員会 編,篠原出版新社,2009年

2. 学会報告

(1) 国内の学会
i 一般演題
  1. 吉岡孝志, 根本建二, 福井忠久, 田嶋克史, 加藤裕一, 山本雅一, 廣島由紀, 石井里佳, 松田暁子, 吉澤和哉:山形大学方式キャンサーボード「キャンサートリートメントボード」. 第7回日本臨床腫瘍学会総会,名古屋;2009年3月 
(2) 研究会
i 特別講演
  1. 吉岡孝志:進行・再発大腸癌の化学療法.第7回山形骨盤外科研究会,山形;2009年1月

3. 学会,講演会,シンポジウム,ワークショップ等の開催

  1. 山形県薬剤師会講演会,山形;2009年1月
  2. アバスチンカンファランスイン山形,山形;2009年4月

このページの先頭へ
Copyright (c) 2012 Department of Clinical Oncology, Yamagata Faculty of Medicine, Yamagata University All Rights Reserved.