Department of Gastroenterology

 

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-1.gif説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-2.gif

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-3.gif

 

説明: ホーム

説明: ご挨拶

説明: 教室のあゆみ

説明: 後期プログラム研修のご案内

説明: スタッフの紹介

説明: 研究の概要

説明: 診療の概要

説明: 外来診療のご案内

 

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\mark.gif

説明: 外来週間予定

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\mark.gif

説明: 光学医療診療部

 

説明: 学会研究会、行事の御案内

説明: 業績一覧

説明: 出版物の紹介

説明: 消化器病コラム(一般向け)

説明: 関連医療機関

説明: 海外留学記・学会出席記

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 関連機関リンク

説明: 附属病院光学医療診療部

説明: 山形大学医学部がんセンター

説明: 第46回 日本肝臓学会総会

説明: 山形大学医学部

説明: 山形大学医学部附属病院

説明: 山形大学医学部附属病院治験センター

説明: 消化器病の先進的診断・治療、教育体制の充実に取り組みます。説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 研究の概要(Summary of the study)

 

 

説明: 内視鏡 当教室では,開設以来一貫して消化器病学の分野での診療と研究を行っており,常に最先端の診療手技の習得と基礎研究を心がけています。

各研究グループの研究の概要は以下の通りですが,全ての教室員は研究グループの枠にとらわれることなく幅広い消化器病学の知識を習得するよう心がけています。

 

肝臓グループ
基礎研究として

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

1

原発性胆汁性胆管炎の病態の違いをしめすmicroRNAの解析

2

肝臓内に存在する神経細胞の分布と役割の解明

3

肝硬変,肝不全時に出現する増殖因子、vesicleBの解析

4

C型肝炎ウイルスに対する直接作用型抗ウイルス剤の作用と耐性変異の解析

5

ブタ肝硬変モデルを用いた細胞治療による線維化改善の検討

 

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

臨床研究として

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

1

非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の病態の解明

2

腹水治療,肝性脳症治療における新しい治療薬の効果の検討

3

B型型肝炎のゲノタイプにおける発癌と予後の検討

4

C型肝炎に対する直接作用型抗ウイルス剤の効果と成績の解析

5

肝細胞癌ラジオ波焼灼療法後の再発における因子の検討

6

自己免疫性肝炎,原発性胆汁性胆管炎の治療と予後の検討

7

C型肝炎多発地区におけるコホート研究

8

フィブロスキャンを用いた各種,肝疾患における肝硬度と脂肪化の違いの検討

9

肝がん化学療法,放射線治療,重粒子線治療,陽子線治療の効果と予後の検討
など

 

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\pause2.gif

 

消化管グループ
基礎研究として

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

1

肥満、メタボリックシンドローム、インスリン抵抗性に関連する消化管癌の発育進展機序の解明

2

次世代シーケンサーを用いた早期消化管癌の分子病態機序の解明

3

顆粒球吸着療法の効果に関する免疫応答とトランスクリプトーム解析

4

消化管癌および炎症性腸疾患における腸内細菌叢のメタゲノム解析

5

サイトカイン過剰発現モデル動物を用いた消化器病態の研究
など

 

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

臨床研究として

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

1

肥満,メタボリックシンドロームと消化管癌の関連性についての大規模コホート研究

2

消化管癌の内視鏡治療法およびその治療効果と予後に関する研究

3

好酸球性食道炎の臨床病態の解明

4

薬剤性消化管障害についての臨床疫学的研究

5

胃食道逆流症の病態および治療に関する検討

6

炎症性腸疾患に対する生物学的製剤の効果についての検討

7

カプセル内視鏡,ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸疾患の解明

8

潰瘍性大腸炎,直腸MALTリンパ腫に対する除菌治療効果の検討

9

対策型胃がん検診の最適化に関わる研究
など,学外との共同研究も積極的に行っております。

 

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\pause2.gif

 

膵臓・胆道グループ
基礎研究として

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

1

脂肪膵,メタボリック症候群,膵炎と膵癌についての基礎的研究

2

嚢胞性膵腫瘍における癌化関連因子の病理組織学的解析

3

K-ras陽性膵癌モデルマウスにおける分子病態学的解析

4

糖尿病発症ラットにおける膵機能低下機序の解明

5

医工連携による耐スラッジ胆管ステントの開発
など

 

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

臨床研究として

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

1

脂肪膵,メタボリック症候群,膵炎と膵癌についての大規模コホート研究

2

膵癌と腫瘤形成性膵炎における鑑別能向上のための血清学的診断の検討

3

超音波内視鏡下エラストグラフィーを用いた膵線維化診断能の検討

4

ERCP時のベンゾジアゼピン耐性患者における新規鎮静薬の検討

5

バルーン補助内視鏡を用いた術後腸管胆膵疾患の治療成績の検討

6

自己免疫性膵炎と膵癌との関連性における臨床疫学的検討

7

各種超音波内視鏡下穿刺針における診断能の検討
など

 

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\pause2.gif

 

教室では

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

 多数の貴重な臨床検体や実験動物,各種癌細胞株,初代培養細胞などを用いた研究が可能です。 Western blotting,免疫染色,flow cytometryELISA法を用いた蛋白レベルでの解析, RT-qPCRplasmidを用いた発現, HCV repliconを用いた細胞への感染等の手法によるRNAレベルでの解析, direct sequence法,southern blottingMSPSSCP等を用いたDNAレベルの解析,トランスフェクション,免疫沈降法など,基本的な手技から最新の研究手法を駆使し, 病態解明に基づく治療法の開発に挑んでいます。また次世代の医療を担う個別化医療の構築に向けて,学内のメディカルサイエンス推進研究所と共同で次世代シーケンサ―を用いた網羅的なゲノム, エピゲノム,トランスクリプトーム解析を積極的に行っております。
 消化器分野には,死因の第1位を占める悪性腫瘍で最も多い癌腫である消化器癌のみならず,若い世代を苦しめる難病である炎症性腸疾患, 今後増加が見込まれる生活習慣病と関連する病態など,多くの疾患が含まれます。様々な解析手法の進歩から日々新しい知見が生まれてはいるものの, 多くの疾患でその根本的な病態や根治治療が未解明です。当講座は診療分野間の連携も密接であり,横断的な研究が容易なことも特徴です。 悩める患者さんを救うため,我々と共に病態解明に向けて研究する熱意と情熱のあふれる若い先生方を待っています!!

 

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\pause2.gif

 

研究に関する情報公開

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」,「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」に基づいて、情報を公開します。 以下をクリックするとPDFが開くかダウンロードされます。

・非アルコール性脂肪肝炎(NASH)に対する血清バイオマーカーを用いた新たなスコアリングシステムの診断能を検討する臨床研究 (2015年9月9日公開)
・非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)での肝関連複合イベント発症率を調査する臨床研究 (2015年9月9日公開)

 

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

説明: このページのトップへ 

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\pause3.gif

説明: お問合せ 山形大学医学部消化器内科
990-9585 山形市飯田西2-2-2  TEL023-628-5309  FAX023-628-5311

Copyright (c) Yamagata University Faculty of Medicine.