Department of Gastroenterology

 

 

ホーム

ご挨拶

教室のあゆみ

後期プログラム研修のご案内

スタッフの紹介

研究の概要

診療の概要

外来診療のご案内

 

外来週間予定

光学医療診療部

 

学会研究会、行事の御案内

業績一覧

出版物の紹介

消化器病コラム(一般向け)

関連医療機関

説明: 海外留学記・学会出席記

関連機関リンク
附属病院光学医療診療部
山形大学医学部がんセンター
第46回 日本肝臓学会総会
山形大学医学部
山形大学医学部附属病院
山形大学医学部附属病院治験センター

消化器病の先進的診断・治療、教育体制の充実に取り組みます。

光学医療診療部(Department of Endoscopy)

 

光学医療診療部は、高度な内視鏡診療を専門的に行う山形大学医学部附属病院に設置された独立した診療部門です。
私たち“内科学第二(消化器内科学)講座”の教室員が内視鏡を用いた消化器疾患の検査・治療を光学医療診療部の専属スタッフと協力し、担当しております。
内視鏡を用いた検査・治療は消化器診療において今や必要不可欠なものばかりであります。ここでは、これらの検査内容や週間スケジュールなどを紹介したいと思います。


上部消化管内視鏡検査
いわゆる胃カメラのことです。通常は口から内視鏡を挿入し、食道・胃・十二指腸を観察する検査です。必要に応じて色素を散布し病変を見えやすくしたり、組織をつまんだり(生検)することがあります。ハイビジョンや拡大機能のある内視鏡では、より鮮明かつ詳細に病変の精査を行うことができます。最近はカメラの径も細くなってきたため、比較的楽に検査を受けられるようになってきております。ただ、のどの反射が強く、どうしても楽に検査を受けられない方は、鎮静下内視鏡や経鼻内視鏡をお勧めします。

鎮静下上部消化管内視鏡検査
点滴から鎮静剤(眠くなる薬)を投与して、眠ってもらいながら胃カメラを飲んでもらいます。楽に検査を受けられ、検査をしたことも覚えてない方もいらっしゃいます。ただ、検査後は薬の影響で眠気がとれなかったり、めまいがしたりすることがありますので、検査後2時間くらい休んでいただいてから同伴者と帰っていただきます。その日は車の運転などはお控えください。

経鼻内視鏡検査
鼻の穴から細いカメラを挿入し、食道・胃・十二指腸を観察します。口からのカメラに比べてのどの反射が少なく、非常に楽だとの評判です。しかし、ひとによっては、鼻の中がこすれて痛みが残ったり、頭痛や鼻血が出現したりということもありますので、副鼻腔炎(蓄膿症)やアレルギー性鼻炎の方は注意してください。また、鼻の穴が狭く、内視鏡が入りづらい場合は口からの検査に変更することもあります。

下部消化管内視鏡検査
肛門からカメラを挿入し、大腸全体を観察します。約5分から10分くらいで盲腸(大腸のいちばん奥)まで入ります。検査当日の早朝に腸の洗浄剤をのんでいただいて、水様便がでるようになったら検査できるようになります。便秘気味の人は更に前日に下剤ものんでもらうことがあります。検査中にポリープが見つかった場合、大きさによってはその場で治療することが可能です。

超音波内視鏡検査
カメラの先端に超音波(エコー)が付いているタイプ(専用機)と、通常のカメラの中から通す細径タイプ(細径プローブ)があります。超音波内視鏡は消化管の中を見るためのものではなくて、胃や腸の中から超音波をあてて、胃や腸の壁の中やその外側の臓器を観察する内視鏡です。たとえば、胃がんの深さの診断をしたり、胃壁のなかにできた腫瘍を観察したりすることが可能です。また、膵臓や胆道疾患の診断にも非常に有用であり、画像診断だけではなく、病変を超音波で描出しながら専用の針で穿刺し、細胞検査や組織検査を行います。

内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査
肝臓から胆汁を流す胆管、膵臓から膵液を流す膵管が十二指腸の乳頭部というところに流れてきています。その出口付近までカメラを挿入して、胆管や膵管に直接造影剤を流してレントゲンで撮影し、胆管・膵管の形をみる検査です。胆石や胆道癌、膵臓腫瘍などの診断に際しては精度の高い検査であり、検査だけにとどまらずいろいろな治療にも応用されます。ただし、検査後に急性膵炎などの偶発症も起こり得るため、当院では必ず入院した上の検査となります。

小腸カプセル内視鏡検査
カプセル型内視鏡(長さ26mm、直径11mm)を飲み込むだけで小腸の検査ができます。1秒間に2枚撮影される写真は体につけたセンサーパットで感知し、携帯する装置へ記録します。検査時間は約8時間ですが、検査中は通常の生活ができます。小腸の病変を、体に負担をかけることなく検索が可能です。ただし、小腸に狭い部位があるとカプセルがつまってしまい、手術や内視鏡による摘出が必要になることがあります。小腸に狭い部位がありそうな場合には、カプセルが通過するか、事前にダミーのカプセルを飲んでもらい、通過を確認することがあります。

ダブルバルーン内視鏡検査
ダブルバルーン方式という方法で小腸までカメラを挿入します。小腸は病気が少ないところですが、口からも肛門からも遠いために内視鏡検査の届かないところでした。この方式を取り入れることによって従来よりも小腸病変を検索しやすくなりました。カプセル内視鏡では観察しかできませんが、この方法を用いると生検や治療が可能になります。

内視鏡を用いた消化器疾患に対する治療
内科学第二(消化器内科学)講座HPの“診療の概要”を参照してください。

週間予定
*
平日に予約制で検査を行っています。
*
消化管出血,急性胆管炎などに対する緊急内視鏡治療などは24時間体制で実施可能です。

検査

上部消化管内視鏡

 

 

経鼻内視鏡

 

 

下部消化管内視鏡

 

 

 

胆膵超音波内視鏡

 

 

 

 

内視鏡的逆行性胆管膵管造影

 

 

小腸カプセル内視鏡

 

 

 

ダブルバルーン内視鏡

不定期

消化管粘膜切除、粘膜切開剥離術

 

 

静脈瘤治療

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

お問合せ 山形大学医学部消化器内科
990-9585 山形市飯田西2-2-2  TEL023-628-5309  FAX023-628-5311

Copyright (c) Yamagata University Faculty of Medicine.