Department of Gastroenterology

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-1.gif説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: f

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: f

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: ホーム

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: ご挨拶

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 教室のあゆみ

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 後期プログラム研修のご案内

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: スタッフの紹介

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 研究の概要

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 診療の概要

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 外来診療のご案内

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\mark.gif

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 外来週間予定

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\mark.gif

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 光学医療診療部

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 学会研究会、行事の御案内

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 業績一覧

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 出版物の紹介

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 消化器病コラム(一般向け)

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 関連医療機関

説明: 海外留学記・学会出席記

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 関連機関リンク

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 附属病院光学医療診療部

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 山形大学医学部がんセンター

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 山形大学医学部

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 山形大学医学部附属病院

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 山形大学医学部附属病院治験センター

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 消化器病の先進的診断・治療、教育体制の充実に取り組みます。説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 消化器病コラム(一般向け)

 

 消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)の検査・病気について

 

 

第2回 胃がん検診

 

胃がん検診といえば、バリウムを飲んで体を上下左右に動かしてX線写真を撮る検査を誰しもが思い浮かべるのではないでしょうか。日本では1960年代から広く普及し始め、およそ半世紀の間に社会に定着した検査となり、また、検診の目的である「胃がんにかかって亡くなる人(死亡率)を減少させる」効果が、科学的に証明されている唯一の検診法です。

山形県での胃がん検診の現状はどうかというと、平成19年度の集計値では、検診受診者数は約20万人、このうち精密検査が必要と判断された人は約2万人(要精検率11%)で、実際に精密検査を受けた人は約1.7万人(精検受診率74.8%)です。結果、検診受診者中で胃がんは264人(0.13%)に発見されました。無症状のうちに検診を受けられている人がほとんどであり、こういった人たちは早期のがんである可能性が高く、この段階で治療すれば現在ではほぼ治癒が可能です。検診の効果が実感される数値ではないでしょうか。

ところで、病院での胃がん診断は胃内視鏡検査で行われることはご存じかと思います。特に最近では経鼻内視鏡(鼻から入る内視鏡)が普及し、苦痛のより少ない検査も可能となってきました。とすれば検診も経鼻内視鏡で、と皆さん思われるかもしれません。このことは現在、様々な検討が行われており、胃X線検査に比べ胃がん発見率や早期がん比率が高いことなどが報告され期待がもてますが、まだ検診として行うには検証が十分ではありません。また残念ながら集団検診ができるほど内視鏡検査医がいないことも事実です。

また胃がんは、ヘリコバクターピロリ菌を持ち、胃粘膜の萎縮が進んでいる人ほど発生しやすいことが分かっています。この状態かどうかは、血中のヘリコバクターピロリ菌に対する抗体の有無と胃粘膜の萎縮とともに分泌量が減少するペプシノゲンを測定(ペプシノゲン法)することで簡便に評価できます。この方法で予め胃がんになりやすい度合いを判別し、その度合いが強い人ほど重点的な検診を行うことで、より効率的な検診を行おうという試みもなされております。将来的には個人のリスクに見合ったオーダーメードの検診が実施されるかもしれません。

どの方法も胃がんを見つける優れた検査であります。したがって必要なのは、皆さんが検診を受け、そして万が一ひっかかってしまったら、精密検査を必ず受けることです。ぜひ積極的に、そして定期的に検診を受け、胃がん死の撲滅を目指しましょう。

 

 

 

 肝臓の検査・病気について

 

 胆道(胆嚢、胆管)、膵臓の検査・病気について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

お問合せ 山形大学医学部消化器内科
990-9585 山形市飯田西2-2-2  TEL023-628-5309  FAX023-628-5311

Copyright (c) Yamagata University Faculty of Medicine.