Department of Gastroenterology

 

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-1.gif説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-2.gif

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-3.gif

 

説明: 説明: ホーム

説明: 説明: ご挨拶

説明: 説明: 教室のあゆみ

説明: 説明: 後期プログラム研修のご案内

説明: 説明: スタッフの紹介

説明: 説明: 研究の概要

説明: 説明: 診療の概要

説明: 説明: 外来診療のご案内

 

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\mark.gif

説明: 説明: 外来週間予定

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\mark.gif

説明: 説明: 光学医療診療部

 

説明: 説明: 学会研究会、行事の御案内

説明: 説明: 業績一覧

説明: 説明: 出版物の紹介

説明: 説明: 消化器病コラム(一般向け)

説明: 説明: 関連医療機関

説明: 海外留学記・学会出席記

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 説明: 関連機関リンク

説明: 説明: 附属病院光学医療診療部

説明: 説明: 山形大学医学部がんセンター

説明: 説明: 第46回 日本肝臓学会総会

説明: 説明: 山形大学医学部

説明: 説明: 山形大学医学部附属病院

説明: 説明: 山形大学医学部附属病院治験センター

説明: 説明: 消化器病の先進的診断・治療、教育体制の充実に取り組みます。説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 説明: 業績一覧(Achievements)

 

当科の業績としまして、数多くの論文発表や学会発表等があります。
過去の主要な論文などを掲載します。

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\arrow1.gif 2016  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2015  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2014  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2013  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2012  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\arrow1.gif 2011  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2010
説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\arrow1.gif 2009  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2008

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\pause2.gif

 

2014
1.論文
1原著 (2総説 (3著書
2.
学会報告
1国際学会 (2国内の学会 (3国内地方会 (4研究会 (5その他

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

 

1.

論 文

(1)

原 著

1)

Shinkai H, Iijima K, Koike T, Abe Y, Dairaku N, Inomata Y, Kayaba S, Ishiyama F, Oikawa T, Ohyauchi M, Ito H, Asonuma S, Hoshi T, Kato K, Ohara S, Shimosegawa T: Association between the body mass index and the risk of Barrett's esophagus in Japan. Digestion 2014;90(1):1-9

2)

Iijima K, Koike T, Abe Y, Shimosegawa T: Cutoff serum pepsinogen values for predicting gastric acid secretion status. Tohoku J Exp Med 2014;232(4):293-300

3)

Abe Y, Iijima K, Ohara S, Koike T, Kikuchi R, Kato K, Shibuya D, Inomata Y, Oikawa K, Ueno Y: Localized esophageal eosinophilia: Is it an early manifestation of eosinophilic esophagitis or a subtype of gastroesophageal reflux disease? Dig Endosc 2014;26(3):337-43

4)

Nishise S, Abe Y, Nomura E, Sato T, Sasaki Y, Iwano D, Yoshizawa K, Yagi M, Nishise Y, Ueno Y: Relationship between tumor necrosis factor-α release and granulocyte and monocyte adsorption to cellulose acetate beads. Ther Apher Dial 2014;18(3): 252-257

5)

Ichikawa M, Nemoto K, Miwa M, Ohta I, Nomiya T, Yamakawa M, Itho Y, Fukui T, Yoshioka T:Status of radiotherapy in a multidisciplinary cancer board. J Radiation Research 2014;55(2):305-308

6)

Ito-Sasahara Y, Narimatsu H, Suzuki S, Fukui T, Sato H, Shirahata N, Yoshioka T: Personalization of Chemotherapy for Metastatic Pancreatic Cancer. Clin Med Insights: Case Reports 2014; 24(7):59-61

7)

Matsuda A, Makino N, Tozawa T, Shirahata N, Honda T, Ikeda Y, Sato H, Ito M, Kakizaki Y, Akamatsu M, Ueno Y, Kawata S: Pancreatic fat accumulation, fibrosis, and acinar cell injury in the Zucker diabetic fatty rat fed a chronic high-fat diet. Pancreas 2014;43(5):735-743

8)

Ito K, Yotsuyanagi H, Yatsuhashi H, Karino Y, Takikawa Y, Saito T, Arase Y, Imazeki F, Kurosaki M, Uemura T, Ichida T, Toyoda H, Yoneda M, Mita E, Yamamoto K, Michitaka K, Maeshiro T, Tanuma J, Tanaka Y, Sugiyama M, Murata K, Masaki N, Mizokami M: Japanese AHB Study Group: Risk factors for long-term persistence of serum hepatitis B surface antigen following acute hepatitis B virus infection in Japanese adults. Hepatology 2014; 59(1): 89-97

9)

Sakaida I, Kawazoe S, Kajimura K, Saito T, Okuse C, Takaguchi K, Okada M, Okita K, ASCITES-DOUBLEBLIND Study Group: Tolvaptan for improvement of hepatic edema: A phase 3, multicenter, randomized, double-blind, placebo-controlled trial. Hepatol Res 2014; 44(1): 73-82

10)

Wada Y, Sato C, Tomita K, Ishii-Aso R, Haga H, Okumoto K, Nishise Y, Watanabe H, Saito T, Ueno Y: Possible autoimmune hepatitis induced after chronic active Epstein-Barr virus infection. Clin J Gastroenterol 2014; 7(1): 58-61

11)

Saito T, Mizuno K, Katsumi T, Tomita K, Sato C, Okumoto K, Nishise Y, Watanabe H, Shao L, Ueno Y: Transmission of hepatitis C virus from a mother to a child carrying IL28B heterozygote rs8099917 among three brothers: A long-term follow-up. J Med Cases 2014; 5(4): 227-231

12)

Tomita K, Haga H, Mizuno K, Katsumi T, Sato C, Okumoto K, Nishise Y, Watanabe H, Saito T, Ueno Y: Epiregulin promotes the emergence and proliferation of adult liver progenitor cells. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol 2014; 307(1): G50-G57

13)

Tomita K, Haga H, Ishii G, Katsumi T, Sato C, Aso R, Okumoto K, Nishise Y, Watanabe H, Saito T, Otani K, Ueno Y: Clinical manifestations of liver injury in patients with anorexia nervvosa. Hepatol Res 2014; 44(10): E26-31

14)

Shakado S, Sakisaka S, Okanoue T, Chayama K, Izumi N, Toyoda J, Tanaka E, Ido A, Takehara T, Yoshioka K, Hiasa Y, Nomura H, Seike M, Ueno Y, Kumada H. Interleukin 28B polymorphism predicts interferon plus ribavirin treatment outcome in patients with hepatitis C virus-related liver cirrhosis: A multicenter retrospective study in Japan. Hepatol Res 2014;44(9):983-92.

15)

Sato N, Htun NC, Daimon M, Tamiya G, Kato T, Kubota I, Ueno Y, Yamashita H, Fukao A, Kayama T, Muramatsu M. Likelihood ratio-based integrated personal risk assessment of type 2 diabetes. Endocrine J 2014;61(10):967-88

16)

Sato K, Shibata Y, Abe S, Inoue S, Igarashi A, Yamauchi K, Aida Y, Nunomiya K, Nakano H, Sato M, Kimura T, Nemoto T, Watanabe T, Konta T, Ueno Y, Kato T, Kayama T, Kubota I. Association between plasma adiponectin levels and decline in forced expiratory volume in 1 s in a general Japanese population: the Takahata study. Int J Med Sci 2014;11(8):758-64

17)

Otaki Y, Watanabe T, Takahashi H, Hirayama A, Narumi T, Kadowaki S, Honda Y, Arimoto T, Shishido T, Miyamoto T, Konta T, Shibata Y, Fukao A, Daimon M, Ueno Y, Kato T, Kayama T, Kubota I. Association of heart-type fatty acid-binding protein with cardiovascular risk factors and all-cause mortality in the general population: the Takahata study. PloS one 2014;9(5):e94834

18)

Omata M, Nishiguchi S, Ueno Y, Mochizuki H, Izumi N, Ikeda F, Toyoda H, Yokosuka O, Nirei K, Genda T, Umemura T, Takehara T, Sakamoto N, Nishigaki Y, Nakane K, Toda N, Ide T, Yanase M, Hino K, Gao B, Garrison KL, Dvory-Sobol H, Ishizaki A, Omote M, Brainard D, Knox S, Symonds WT, McHutchison JG, Yatsuhashi H, Mizokami M: Sofosbuvir plus ribavirin in Japanese patients with chronic genotype 2 HCV infection: an open-label, phase 3 trial. J Viral Hepatitis 2014;21(11):762-8

19)

Meng F, Onori P, Hargrove L, Han Y, Kennedy L, Graf A, Hodges K, Ueno Y, Francis T, Gaudio E, Francis HL: Regulation of the histamine/VEGF axis by miR-125b during cholestatic liver injury in mice. Am J Pathol 2014;184(3):662-73

20)

Kohno K, Narimatsu H, Shiono Y, Suzuki I, Kato Y, Fukao A, Kubota I, Ueno Y, Kayama T, Kato T: Management of erythropoiesis: cross-sectional study of the relationships between erythropoiesis and nutrition, physical features, and adiponectin in 3519 Japanese people. Eur J Haematol 2014;92(4):298-307

21)

Katayama K, Saito M, Kawaguchi T, Endo R, Sawara K, Nishiguchi S, Kato A, Kohgo H, Suzuki K, Sakaida I, Ueno Y, Habu D, Ito T, Moriwaki H: Effect of zinc on liver cirrhosis with hyperammonemia: A preliminary randomized, placebo-controlled double-blind trial. Nutrition 2014;30(11-12):1409-14

22)

Ishimitsu T, Ohno E, Ueno Y, Onoda S, Nagase A, Ohira T, Nakano N, Satonaka H. Effects of atorvastatin and ezetimibe on endothelial function in dyslipidemic patients with chronic kidney disease. Clin Exp Nephrology 2014;18(5):704-10

23)

Graf A, Meng F, Hargrove L, Kennedy L, Han Y, Francis T, Hodges K, Ueno Y, Nguyen Q, Greene JF, Francis H: Knockout of histidine decarboxylase decreases bile duct ligation-induced biliary hyperplasia via downregulation of the histidine decarboxylase/VEGF axis through PKA-ERK1/2 signaling. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol 2014;307(8):G813-23

24)

Glaser S, Meng F, Han Y, Onori P, Chow BK, Francis H, Venter J, McDaniel K, Marzioni M, Invernizzi P, Ueno Y, Lai JM, Huang L, Standeford H, Alvaro D, Gaudio E, Franchitto A, Alpini G: Secretin stimulates biliary cell proliferation by regulating expression of microRNA 125b and microRNA let7a in mice. Gastroenterology 2014;146(7):1795-808

25)

Andoh Y, Makino N, Yamakawa M: Dendritic cells fused with different pancreatic carcinoma cells induce different T-cell responses. Onco Targets and Therapy 2013; 6: 29-40

26)

小林敏一, 勝見修一郎, 和田佳子, 堀内素平, 高野 潤, 安藤嘉章, 大村清成, 武田 忠, 渡辺晋一郎, 齋藤孝治. ラジオ波焼灼療法後に胆汁性胸水を生じた肝細胞癌の1例. 日本消化器病学会雑誌 2014;111(6):1128—1134

27)

半田和広:頭痛を伴う慢性便秘の症例.日本内科学会雑誌.2014;103(10):2613-2617

28)

奥本和夫, 水野 恵, 勝見智大, 冨田恭子, 佐藤智佳子, 西瀬雄子, 渡辺久剛, 齋藤貴史, 上野義之: 摘脾6か月後に食道静脈瘤出血を来した胆道閉鎖症術後の1小児例. 日本門脈圧亢進症学会雑誌 2014; 20(2): 142-146

29)

芳賀陽一, 松田 徹, 大泉晴史, 深尾彰, 上野義之, 安日 新, 穀野真一郎, 小林正義, 齋藤壽一, 真田 淳, 白田一誠, 外田博貴, 成沢信之助, 門馬 孝, 山形県医師会消化器検診中央委員会. 山形県における大腸がん検診の現況と今後の課題. 日本消化器がん検診学会雑誌. 2014;52(2):225-32

30)

深瀬和利, 武田弘明, 上野義之. 山形県における消化器治療内視鏡の現況 山形県消化器治療内視鏡研究会アンケート20年間の推移. Gastroenterol Endoscopy 2014;56(8):2424-9.

31)

玉渕智昭, 渡邉 哲, 今田恒夫, 田村晴俊, 西山悟史, 有本貴範, 高橋 大, 宍戸哲郎, 宮下武彦, 宮本卓也, 柴田陽光, 上野義之, 加藤丈夫, 深尾彰, 嘉山孝正, 久保田 功. Impact of Excess Salt Intake on Plasma Brain Natriuretic Peptide Levels in a Japanese General Population with Chronic Kidney Disease. 山形医学 2014;32(1):7-16

 

 

(2)

総 説

1)

Ninomiya M, Ueno Y, Shimosegawa T. Application of deep sequence technology in hepatology. Hepatol Res 2014;44(2):141-8.

2)

吉澤和哉: 胃背景粘膜診断. 山形県医師会消化器検診中央委員会だより 2014;17: 3-6

3)

高橋美香子:胃瘻の必要な患者のためのPEGの手技と看護・指導のポイント. 消化器看護 2014;10-11:61-68

4)

全 陽, 乾 あやの, 上野義之, 笠原群生.【小児肝胆膵疾患のトランジション】 肝・胆・膵 2014;69(4):577-91

5)

水野 恵, 上野義之, 白石 正.【薬物性肝障害のとらえ方】 胆汁うっ滞型DILIを来しやすい薬物・臨床的特徴・治療. 薬事. 2014;56(1):43-8

6)

水野 恵, 上野義之. 【薬物性肝障害の新展開-疑問点の集約とその解決を探る】 疫学、診断 検査値の読み方 特徴ある検査値があるのか? 肝・胆・膵. 2014;68(2):149-54

7)

上野義之, 橋本悦子, 阿部雅則, 良 昭銘. 【肝胆膵領域の光学医療;一見に如かず】 肝胆膵領域の光学医療 一見に如かず. 肝・胆・膵. 2014;69(2):279-88.

8)

上野義之. 原発性胆汁性肝硬変(PBC)についての近年の進歩と未解明の課題. 日本内科学会雑誌. 2014;103(9):2300-6

9)

上野義之. Human Genome Projectの先にあるもの 未開の大地と消化器病. Frontiers in Gastroenterology. 2014;19(4):250-6

10)

阿部靖彦, 野村栄樹, 佐藤剛司, 上野義之. 手技の解説 好酸球性食道炎の診断. Gastroenterol Endosc 2014;56(9):3378-93

11)

渡辺久剛, 斎藤貴史, 水野 恵, 勝見智大, 冨田恭子, 佐藤智佳子, 奥本和夫, 西瀬雄子, 上野義之:ジェノタイプの感染実態の変遷とB型肝炎キャリアおよび急性肝炎例におけるジェノタイプの臨床的意義. 消化器内科 58 (2):213-219, 2014

12)

高橋美香子:内視鏡的胃瘻造設術のコツとトラブル対策. Gastroenterol Endosc 56(7):2198-2210

13)

深瀬和利:除菌による胃癌発生への効果 私の視点 当院におけるLancet論文登録症例の経過観察と検討. 臨床消化器内科 2014;29(3):345-349

14)

深瀬和利:私の国際学会発表記. 山形県医師会会報 2014;758:15-18

15)

深瀬和利, 若林花梨, 今 孝志, 原 倫代, 吉澤和哉, 柏原俊彦, 川越 圭, 佐藤英之, 藤嶋昌一郎, 白幡名香雄, 鈴木克典, 武田弘明:異時性胃癌に対するH. pylori除菌の予防効果. G.I.Research 22(6) 2014; 528-533

16)

深瀬和利, 武田弘明, 上野義之:山形県における消化器治療内視鏡の現況?山形県消化器治療内視鏡研究会アンケート20年間の推移. Gastroenterol Endosc 2014;56(8):2424-2429

 

 

(3)

著 書

1)

齋藤貴史:山形県におけるB型慢性肝炎肝炎患者数の推計. 厚生労働科学研究費補助金・第3次総合戦略研究事業 平成25年度総括・分担研究報告書「肝炎対策の状況を踏まえたウイルス性肝疾患患者数の動向予測に関する研究」2014;23-29

2)

齋藤貴史:肝炎医療費助成制度の活用状況に基づく地域におけるC型およびB型慢性肝炎患者数の推計. 厚生労働科学研究費補助金・第3次総合戦略研究事業 平成23-25年度総合研究報告書「肝炎対策の状況を踏まえたウイルス性肝疾患患者数の動向予測に関する研究」2014;90-97

3)

齋藤貴史:肝胆膵疾患の内科治療. 日本消化器病学会東北支部第16回教育講演会記録(小棚木 均編), 仙台;笹氣出版印刷, 2014; 35-41

4)

渡辺久剛, 上野義之:C型肝炎の自然経過. 【C型肝炎の診療を極める】(榎本信幸, 竹原徹郎, 持田 智編集)Hepatology Practice.東京;文光堂, 2014:23-31

5)

勝見智大, 上野義之:PSCの発症機序 【難治性肝疾患の診療を極める】Hepatology Practice 東京;文光堂, 2014:27-30

6)

渡辺久剛:住民/患者コホートにおける病態進展に関わる遺伝因子の探索. 厚生労働省科学研究費補助金(肝炎等克服緊急対策事業)平成25年度総括・分担研究報告書「C型肝炎の新規診断法や新規治療法を開発するためのゲノムワイド関連解析の手法を用いた宿主因子の解析に関する研究」, 2014:16-19

7)

福井忠久,吉岡孝志:確立されたエビデンスがないため、支持療法に迷う症状3)口内炎【がん患者の訴える諸症状と支持療法】. 臨床腫瘍プラクティス,東京;ヴァン メディカル,2014:294

 

 

2.

学会報告

(1)

国際学会

i

一般演題

1)

Kawata S, Wada S, Yasunaga Y, Oka K, Dan N, Matsumoto H, Yoshioka S, Inui Y: Ectopic Colorectal Fat Accumulation Associates with Abdominal Obesity and Insulin Resistance in Japanese Colorectal Polyp Patients. 22nd United European Gastroenterology Week, Vienna, Austria;October 2014

2)

Katsumi T, Ninomiya M, Ueno Y:The miRNA profiling could distinguish the clinical course of patients with primary biliary cirrhosis: comprehensive analysis with deep sequencing. AASLD single topic conference. Miami, USA; Mar 2014

3)

Katsumi T, Ninomiya M, Mizuno K, Tomita K, Sato C, Okumoto K, Nishise Y, Watanabe H, Saito T, Shimosegawa T, Ueno Y. The miRNA profiling could distinguish the clinical course of patients with primary biliary cirrhosis: comprehensive analysis with deep sequencing. 23rd Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver, Brisbane, Australia; Mar 2014

4)

Katsumi T, Ninomiya M, Tomita K, Sato C, Okumoto K, Nishise Y, Watanabe H, Saito T, Ueno Y: Discrepant Expression of miR-139-5p Between Serum and Liver in Patients with Primary Biliary Cirrhosis, and its Possible Cellular Origin. AASLD The Liver Meeting 2014, Boston, USA; Nov 2014.

5)

Suzuki Y, Shimada T, Miyazawa H, Nishizuka M, Ikeda C, Sugahara S, Sawada N, Sugawara T, Orii T, Yoshida N, Hayasaka T, Aoki M:The efficacy of triple therapy with peg interferon alfa-2b, ribavirin and telaprevir in chronic hepatitis C patients and suppression of the therapy-induced renal dysfunction by hydration. The 23rd conference of the Asian Pacific association for the study of the liver (APASL), Brisbane, Australia; March 2014

6)

Nomura E, Sasaki Y, Sato T, Kanno N, Yagi M, Mizumoto N, Yaoita T, Yoshizawa K, Iwano D, Abe Y, Nishise S, Ueno Y. Baseline tumor necrosis factor alpha levels predict the clinical response of infliximab therapy in patients with Crohn’s disease. Asian Pacific Digestive Week 2014, Bali, Indonesia:November 2014

7)

Sasaki Y, Jiang J, Chao TI, Tian J, Török N. NOX4 regulates CCR2 mRNA stability in hepatic stellate cells in alcoholic liver injury. American Association for the Study of Liver Diseases, Boston, USA, November 2014

8)

Tian J, Chao TI, Sasaki Y, Liu FT, Gershwin E, Torok N, Jiang J. Galectin-3 plays a role in primary biliary cirrhosis by mediating inflammasome signaling. American Association for the Study of Liver Diseases, Boston, USA, November 2014

9)

Matsuda A, Makino N, Ueno Y. Pancreatic fat accumulation, fibrosis and acinar cell injury in the Type 2 diabetes model rat fed a chronic high-fat diet. Symposium: Mechanisms of hepatic and pancreatic fibrosis; Clinical implications. The 56th Annual Meeting of the Japanese Society of Gastroenterology, Kobe, Japan; Oct 2014

10)

Fukase K, Wakabayashi K, Kon T, Hara T, Yoshizawa K, Kashiwabara T, Kawagoe K, Sato H, Fujishima S, Shirahata N, Suzuki K, Takeda H, Tamura G: Reassessing Specimens by Endoscopic Submucosal Dissection for Lymphatic Vessel Infiltration, Study of Patients with Early Gastric Cancer Who Underwent Additional Gastrectomy. APDW, Bali, Indonesia; November 2014

11)

Watanabe H, Sho Ri, Saito T, Mizuno K, Katsumi T, Sato C, Okumoto K, Nishise Y and Ueno Y. Genetic polymorphism in interferon-λ4 gene and treatment response to peginterferon and ribavirin in Japanese chronic hepatitis C. The 65th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, Boston, USA, November 2014

12)

Sugiyama M, Hiramine S, Furusyo N, Ido A, Tsubouchi H, Watanabe H, Ueno Y, Korenaga M, Murata K, Masaki N, Kanto T, Hayashi J, Thomas D, Mizokami M. Association between (TA)n dinucleotide repeat near IL28B gene and HCV spontaneous clearance in Japanese and African American. The 65th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, Boston, USA, November 2014

13)

Ray D, Han YY, Meng FY, Venter J, Francis HL, DeMorrow S, Ueno Y, McMillin M, Onori P, Bai HB, Martinez A, Gaudio E, Glaser SS, Alpini G; Vivo Morpholino local inhibition of hepatic gonadotropin-releasing hormone (GnRH) expression reduces liver fibrosis in cholestatic rats through increased miR-125a expression. AASLD annual meeting, Boston, USA, November 2014

14)

Omata M, Nishiguchi S, Ueno Y, Mochizuki H, Izumi N, Ikeda F, Toyoda H, Yokosuka O, Nirei K, Genda T, Umemura T, Takehara T, Sakamoto N, Nishigaki Y, Nakane K, Toda N, Ide T, Yanase M, Hino K, Betular J, Gao B, Ishizaki A, Omote M, Brainard DM, Knox SJ, Symonds WT, McHutchison JG, Yatsuhashi H, Mizokami M: 97% Sustained Virologic Response in Japanese Patients with Chronic Genotype 2 Hepatitis C Virus Infection Receiving Sofosbuvir in Combination with Ribavirin for 12 Weeks: Results from a Phase 3 Multicenter Study. AASLD annual meeting, Boston, USA, November 2014

15)

Mizuno K, Murakami K, Katsumi T, Tomita K, Sato C, Okumoto K, Nishise Y, Watanabe H, Saito T, Kawagishi N, Ueno Y. Intrahepatic Neurons: Chronological Changes after Liver Transplantation, and their Associations with Liver Diseases. AASLD annual meeting, Boston, USA, November 2014

16)

Mizokami M, Takehara T, Yokosuka O, Sakamoto N, Korenaga M, Mochizuki H, Nakane K, Enomoto H, Yanase M, Toyoda H, Ikeda F, Genda T, Umemura T, Yatsuhashi H, Ide T, Toda N, Nirei K, Ueno Y, Nishigaki Y, Betular J, Gao B, Ishizaki A, Omote M, Pang PS, Knox SJ, Symonds WT, McHutchison JG, Izumi N, Omata M: 100% SVR4 in Japanese Patients with Chronic Genotype 1 Hepatitis C Virus Infection Receiving Ledipasvir/Sofosbuvir Fixed Dose Combination for 12 Weeks: Results from a Multicenter Phase 3 Study. AASLD annual meeting, Boston, USA, November 2014

17)

Koike H, Ueno Y, Naito T, Shiina T, Nakata S, Ouchi R, Obana Y, Sekine K, Zheng YW, Takebe T, Isono K, Koseki H, Taniguchi H: Ring1B Promotes Hepatic Stem/Progenitor Cell Expansion Through Simultaneous Suppression of Cdkn1a and Cdkn2a in Mice. AASLD annual meeting, Boston, USA, November 2014

18)

Katsumi T, Ninomiya M, Tomita K, Sato C, Okumoto K, Nishise Y, Watanabe H, Saito T, Ueno Y: Discrepant Expression of miR-139-5p Between Serum and Liver in Patients with Primary Biliary Cirrhosis, and its Possible Cellular Origin. AASLD annual meeting, Boston, USA, November 2014

19)

Han YY, Martinez A, Wan Y, McDaniel K, Venter J, Francis HL, Standeford HA, Avila S, Ray D, Bai HB, Wu N, Ueno Y, Glaser SS, Alpini G, Meng FY: Attenuated liver fibrosis modulated by miR-141 in secretin knockout mice during cholestatic liver injury induced by bile duct ligation (BDL). AASLD annual meeting, Boston, USA, November 2014

 

 

(2)

国内の学会

i

特別講演

1)

西瀬祥一, 阿部靖彦, 野村栄樹, 佐藤剛司, 佐々木 悠, 上野義之:ほんの2mm〜ある消化器科医のGMA研究記〜(スイーツセミナー). 第78回日本皮膚科学会東部支部学術大会, 青森;2014年10月

 

 

ii

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1)

上野義之:原発性胆汁性肝硬変(PBC)についての進歩と停滞. 第111回日本内科学会講演会教育講演,  東京;2014年4月

2)

阿部靖彦, 野村栄樹, 上野義之:上部消化管内視鏡検診受診者における食道好酸球浸潤の頻度. 第100回日本消化器病学会総会(パネルディスカッション), 東京;2014年4月

3)

川越 圭, 藤嶋昌一郎, 深瀬和利:当院における超高齢者(85歳以上)に対する胃ESDの適応と現況. 第87回日本消化器内視鏡学会総会(ワークショップ), 福岡;2014年5月

4)

奥本和夫, 渡辺久剛, 上野義之:肝動脈化学塞栓療法におけるシスプラチン製剤とアドリアマイシンによるランダム化比較試験(RCT)に基づいた有効性、安全性の検討. 第50回日本肝臓学会総会(ワークショップ), 東京;2014年5月

5)

渡辺久剛, 邵 力, 上野義之:日本人C型肝炎患者におけるインターフェロンλ4遺伝子多型性の検討. 第100回日本消化器病学会総会(シンポジウム), 東京;2014年4月

6)

吉澤和哉, 上野義之, 大泉晴史, 深尾 彰:胃がんリスク評価ABC分類におけるA群の実態−山形市一般住民検診での成績から-. 第52回日本消化器がん検診学会大会(シンポジウム), 神戸;2014 年10月

7)

渡辺久剛, 阿蘇里佳, 上野義之:C型慢性肝炎SVR後の線維化マーカーの推移と肝発癌リスクの検討. 第40回日本肝臓学会東部会(パネルディスカッション), 東京;2014年11月

 

 

iii

一般演題

1)

西瀬祥一, 阿部靖彦, 野村栄樹, 佐藤剛司, 佐々木 悠, 岩野大輔, 吉澤和哉, 八木 周, 上野義之:顆粒球・単球吸着とtumor necrosis factor α 放出との関連について. 第10回日本消化管学会総会学術大会, 福島;2014年2月

2)

大島真悟, 永澤悦伸, 呉 明華, 野呂田郁夫, 石井邦明:Possible involvement of PIP2 in KCNQ1/KCNE1 current inhibition by insulin, 第87回日本薬理学会年会, 仙台;2014年3月

3)

鈴木修平, 福井忠久, 中村 翔, 武田弘幸, 伊藤由理子, 吉岡孝志:原発不明癌として当科を受診した62例の検討. 第111回日本内科学会講演会, 東京;2014年4月

4)

佐藤智佳子, 渡辺久剛, 水野 恵, 勝見智大, 冨田恭子, 奥本和夫, 西瀬雄子, 斎藤貴史, 上野義之:非B非C肝癌例におけるNASH肝癌の臨床的特徴. 第100回日本消化器病学会総会, 東京;2014年4月

5)

小野里祐介, 今 孝志, 原 倫代, 川越 圭, 佐藤英之, 藤嶋昌一郎, 白幡名香雄, 鈴木克典, 武田弘明、深瀬和利:当院で経験した自己免疫性膵炎11例の検討. 第100回日本消化器病学会総会, 東京;2014年4月

6)

作田和裕, 野村栄樹, 吉澤和哉, 八木 周, 岩野大輔, 佐藤剛司, 阿部靖彦, 西瀬祥一, 上野義之: 抗菌薬投与を行った大腸MALTリンパ腫の7例. 第100回日本消化器病学会総会, 東京; 2014年4月

7)

奥本和夫, 冨樫 整, 水野 恵, 勝見智大, 冨田恭子, 佐藤智佳子, 西瀬雄子, 渡辺久剛, 齋藤貴史, 上野義之:内視鏡的食道静脈瘤硬化療法後における合併症と長期予後の検討. 第100回日本消化器病学会総会, 東京;2014年4月

8)

西瀬祥一, 阿部靖彦, 野村栄樹, 佐藤剛司, 岩野大輔, 吉澤和哉, 八木 周, 上野義之:単球吸着除去療法がtransforming growth factor-β産生に与える影響に関する基礎的考察. 第100回日本消化器病学会総会, 東京;2014年4月

9)

佐藤剛司, 野村栄樹, 渋谷りか, 水本尚子, 菅野奈々, 作田和裕, 八木 周, 矢尾板孝夫, 吉澤和哉, 岩野大輔, 佐々木 悠, 阿部靖彦, 西瀬祥一, 上野義之:インフリキシマブの投与時反応予防におけるステロイド投与の有用性. 第100回日本消化器病学会総会, 東京; 2014年4月

10)

白幡名香雄, 佐藤英之, 高橋邦之, 小野里祐介, 今 孝志, 原 倫代, 川越 圭, 藤嶋昌一郎, 鈴木克典, 武田弘明, 深瀬和利:当院における超高齢者に対する胆膵内視鏡診療. 第100回日本消化器病学会総会, 東京;2014年4月

11)

小野里祐介, 白幡名香雄, 今 孝志, 原 倫代, 川越 圭, 佐藤英之, 藤嶋昌一郎, 鈴木克典, 武田弘明, 深瀬和利:当院で経験した自己免疫性膵炎11例の検討. 第100回日本消化器病学会総会, 東京;2014年4月

12)

佐藤剛司, 野村栄樹, 渋谷りか, 水本尚子, 菅野奈々, 作田和裕, 八木 周, 矢尾板孝夫, 吉澤和哉, 岩野大輔, 佐々木 悠, 阿部靖彦, 西瀬祥一, 上野義之:インフリキシマブの投与時反応予防におけるステロイド投与の有用性. 第100回日本消化器病学会総会, 東京; 2014年4月

13)

野村栄樹, 佐藤剛司, 作田和裕, 渋谷りか, 水本尚子, 八木 周, 吉澤和哉, 岩野大輔, 佐々木 悠, 阿部靖彦, 西瀬祥一, 上野義之:消化管アミロイドーシス5例の内視鏡像の検討. 第87回日本消化器内視鏡学会総会, 福岡;2014年5月

14)

佐藤智佳子, 渡辺久剛, 水野 恵, 勝見智大, 冨田恭子, 奥本和夫, 西瀬雄子, 斎藤貴史, 上野義之:糖尿病患者では潜在的NASHが混在し、NASHでは肝病態進展に糖尿病が促進的役割を果たす 第50回日本肝臓学会総会, 東京;2014年5月

15)

勝見智大, 二宮匡史, 佐藤智佳子, 奥本和夫, 西瀬雄子, 渡辺久剛, 斎藤貴史, 上野義之:血清内microRNAプロファイリングを用いた原発性胆汁性肝硬変の病型分類応用と病態に関与するメカニズム. 第50回日本肝臓学会総会, 東京;2014年5 月

16)

奥本和夫, 水野 恵, 勝見智大, 冨田恭子, 佐藤智佳子, 西瀬雄子, 渡辺久剛, 齋藤貴史, 上野義之:C型慢性肝炎インターフェロン治療後に破裂を来たす食道静脈瘤についての検討. 第87回日本消化器内視鏡学会総会, 福岡;2014年5月

17)

柿崎泰明, 牧野直彦, 戸澤智浩, 松田暁子, 池田祐之, 伊藤美保, 赤松学, 齋藤吉彦, 石澤哲也, 上野義之:IPMNの手術適応判断における国際診療ガイドライン2012の有用性についての検討. 第87回日本内視鏡学会総会, 福岡; 2014年5月

18)

白幡名香雄, 佐藤英之, 高橋邦之, 小野里祐介, 今 孝志, 原 倫代, 川越 圭, 藤嶋昌一郎, 鈴木克典, 武田弘明, 深瀬和利:当院における内視鏡的乳頭ラージバルーン拡張術による総胆管結石治療. 第87回日本消化器内視鏡学会総会, 福岡;2014年5月

19)

白幡名香雄, 佐藤英之, 高橋邦之, 小野里祐介, 今 孝志, 原 倫代, 川越 圭, 藤嶋昌一郎, 鈴木克典, 武田弘明, 深瀬和利:当院における超高齢者に対する胆膵内視鏡診療. 第87回日本消化器内視鏡学会総会, 福岡;2014年5月

20)

佐藤智佳子, 渡辺久剛, 上野義之:糖尿病患者では潜在的NASHが混在し、NASHでは肝病態進展に糖尿病が促進的役割を果たす. 第50回日本肝臓学会総会, 東京;2014年5月

21)

今 孝志, 鈴木克典, 渡邊真由美, 佐藤純子, 石田秀明, 渡部多佳子, 井鳥杏菜:High frame rate超音波造影法(hf法)の有用性-従来法との比較-. 日本超音波医学会第87回学術集会, 横浜;2014年5月

22)

今 孝志, 武田弘明, 白幡名香雄, 小野里祐介, 原 倫代, 川越 圭, 佐藤英之, 藤嶋昌一郎, 鈴木克典, 深瀬和利:当院における小腸カプセル内視鏡の現状. 第87回日本消化器内視鏡学会総会, 福岡;2014年5月

23)

安達千尋, 鈴木克典, 渡邊真由美, 佐藤純子, 渡部多佳子, 大山葉子, 長沼裕子, 石田秀明:限局性結節性過形成例の再検討. 日本超音波医学会第87回学術集会, 横浜; 2014年5月

24)

西瀬雄子, 渡辺久剛, 冨田恭子, 勝見智大, 佐藤智佳子, 奥本和夫, 斎藤貴史, 上野義之:C型肝炎患者の肝関連イベントおよび生命予後の予測にはARFIによる肝硬度および血清肝線維化スコアが有用である. 第50回日本肝臓学会総会, 東京;2014年5月

25)

水野 恵, 渡辺久剛, 阿蘇里佳, 宇賀神 智, 勝見智大, 冨田恭子, 佐藤智佳子, 奥本和夫, 西瀬雄子, 斎藤貴史, 上野義之:当科における肝硬変の成因別実態と合併症の臨床的特徴. 第50回日本肝臓学会総会, 東京;2014年5月

26)

武田 忠, 齋藤孝治:肝細胞癌副腎転移に対してラジオ波焼灼療法を施行した1例. 第50回日本肝癌研究会, 京都;2014年6月

27)

奥本和夫, 水野 恵, 勝見智大, 佐藤智佳子, 西瀬雄子, 渡辺久剛, 齋藤貴史, 上野義之:問題症例検討会診断.第50回日本肝癌研究会, 京都;2014年6月

28)

鈴木修平, 黄木千尋, 中村 翔, 武田弘幸, 渡邉 要, 伊藤由理子, 福井忠久, 志田正子, 吉岡孝志:当科における連日投与化学療法レジメンでの制吐療法とその効果に関する検討.第12回日本臨床腫瘍学会学術集会, 福岡;2014年7月

29)

野村栄樹, 佐藤剛司, 作田和裕, 渋谷りか, 水本尚子, 八木 周, 吉澤和哉, 岩野大輔, 佐々木 悠, 阿部靖彦, 西瀬祥一, 上野義之:カプセル内視鏡を施行したCowden病の3例. 第7回日本カプセル内視鏡学会学術集会, 東京;2014年7月

30)

笹原由理子, 中村 翔, 鈴木修平, 福井忠久, 吉岡孝志:山形大学の腫瘍内科における緩和治療の現状.第52回日本癌治療学会学術集会, 横浜;2014年8月

31)

中村 翔, 笹原由理子, 鈴木修平, 福井忠久, 根本建二, 吉岡孝志:山形大学医学部方式キャンサーボードにおける腫瘍内科の役割. 第52回日本癌治療学会学術集会, 横浜;2014年8月

32)

西瀬祥一, 上野義之:末梢血と酢酸セルロースビーズとの接触がTGF-β産生に与える影響. 第35回日本アフェレシス学会学術大会, 東京;2014年9月

33)

阿部靖彦, 佐藤剛司, 野村栄樹, 西瀬祥一, 上野義之, 猪股芳文, 菊地亮介:食道好酸球増多症の予後に関する検討. 第56回日本消化器病学会大会, 神戸;2014年10月

34)

野村栄樹, 佐藤剛司, 阿部靖彦, 菅野奈々, 作田和裕, 渋谷りか, 水本尚子, 八木 周, 吉澤和哉, 岩野大輔, 西瀬祥一, 上野義之:クローン病における血清サイトカイン濃度とInfliximab治療効果についての検討. 第56回日本消化器病学会総会, 神戸;2014年10月

35)

奥本和夫, 水野 恵, 勝見智大, 佐藤智佳子, 渡辺久剛, 齋藤貴史, 上野義之:再燃を繰り返す自己免疫性肝炎に対する免疫抑制剤投与に関する検討. 第40回日本肝臓学会東部会, 東京;2014年11月

36)

佐藤剛司, 野村栄樹, 渋谷りか, 水本尚子, 作田和裕, 八木 周, 吉澤和哉, 岩野大輔, 阿部靖彦, 西瀬祥一, 上野義之:当院における腸管ベーチェット病、単純性潰瘍症例の臨床所見についての検討. 第56回日本消化器病学会大会, 神戸; 2014年10月

37)

川越 圭, 小野里祐介, 今 孝志, 原 倫代, 佐藤英之, 藤嶋昌一郎, 白幡名香雄, 鈴木克典, 武田弘明, 深瀬和利:高齢者の出血性胃十二指腸潰瘍の臨床的検討. 第88回日本消化器内視鏡学会総会, 神戸;2014年10月

38)

佐藤英之, 白幡名香雄, 小野里祐介, 今 孝志, 原 倫代, 川越 圭, 藤嶋昌一郎, 鈴木克典, 深瀬和利, 武田弘明, 高橋邦之:当院における急性胆管炎に対する内視鏡的胆道ドレナージの検討. 第88回日本消化器内視鏡学会総会, 神戸;2014年10月

39)

白幡名香雄, 若林花梨, 今 孝志, 原 倫代, 柏原俊彦, 吉澤和哉, 川越 圭, 佐藤英之, 藤嶋昌一郎, 鈴木克典, 深瀬 和利, 武田 弘明, 緒形 真也:当院で経験した消化器神経内分泌腫瘍33例の検討. 第56回日本消化器病学会大会, 神戸;2014年10月

40)

渡辺久剛, 佐藤智佳子, 上野義之:生活習慣からみた非B非C肝癌の臨床的特徴と囲い込みのためのリスクファクター. 第18回日本肝臓学会大会, 神戸;2014年10月

41)

佐藤俊浩:幸せな看取りのための一考察.第54回全国国保地域医療学会, 岐阜市;2014年10月

42)

武田弘明:多発性小腸潰瘍を呈し診断に苦慮したX連鎖リンパ増殖症候群の1例. 第45回日本消化吸収学会総会, 東京;2014年11月

 

 

(3)

国内地方会

i

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1)

川越 圭, 小野里祐介, 今 孝志, 原 倫代, 佐藤英之, 藤嶋昌一郎, 白幡名香雄, 鈴木克典, 武田弘明, 深瀬和利:当院における高齢者早期胃癌に対するESDの現状と全身合併症対策. 第196回日本消化器病学会東北支部例会(シンポジウム), 仙台; 2014年2月

2)

柿崎泰明, 牧野直彦, 戸澤智浩, 松田暁子, 池田祐之, 伊藤美保, 齋藤吉彦, 赤松学, 上野義之:慢性膵炎症例に対して安全に膵管ステント交換を行うためのちょっとした工夫. 第152回日本消化器内視鏡学会東北支部例会(ワークショップ), 仙台; 2014年2月

3)

石澤哲也, 牧野直彦, 赤松 学, 斎藤吉彦, 柿ア泰明, 伊藤美保, 松田暁子, 戸澤智浩, 上野義之:当院のEUS-FNAを用いた膵癌診療. 第153回日本消化器内視鏡学会東北支部例会(ワークショップ), 秋田;2014年7月

 

 

ii

一般演題

1)

今 孝志, 白幡名香雄, 佐藤英之, 小野里祐介, 原 倫代, 川越 圭, 藤嶋昌一郎, 鈴木克典, 武田弘明, 深瀬和利, 高橋邦之:門脈腫瘍栓を形成した退形成膵管癌の1例. 第196回日本消化器病学会東北支部例会, 仙台;2014年2月

2)

八木 周, 阿部靖彦, 野村栄樹, 佐藤剛司, 岩野大輔, 吉澤和哉, 作田和裕, 渋谷りか, 水本尚子, 西瀬祥一, 上野義之:食道壁内偽憩室症(Esophageal Intramural Pseudodiverticulosis)の一例. 第201回日本内科学会東北地方会, 仙台;2014年2月

3)

齋藤慶太, 野村栄樹, 佐々木 悠, 阿部靖彦, 作田和裕, 渋谷りか, 水本尚子, 八木 周, 吉澤和哉, 岩野大輔, 佐藤剛司, 西瀬祥一, 上野義之. Helicobacter pylori除菌療法が奏功した低蛋白血症を伴うcap-polyposis-like gastropathyの一例. 第152回日本消化器内視鏡学会東北支部例会, 仙台:2014年2月

4)

作田和裕, 野村栄樹, 渋谷りか, 水本尚子, 八木 周, 吉澤和哉, 岩野大輔, 佐藤剛司, 阿部靖彦, 西瀬祥一, 上野義之:ダブルバルーン内視鏡で確定診断を得たNSAIDs内服中の関節リウマチに合併したAA型アミロイドーシスの一例. 第152回日本消化器内視鏡学会東北支部例会, 仙台; 2014年2月

5)

佐藤剛司, 野村栄樹, 渋谷りか, 水本尚子, 作田和裕, 八木 周, 吉澤和哉, 岩野大輔, 佐々木 悠, 阿部靖彦, 西瀬祥一, 上野義之: 腸管Behcet病(単純性潰瘍)に対するAdalimumabの使用経験 第196回日本消化器病学会東北支部例会, 仙台; 2014年2月

6)

吉澤和哉, 阿部靖彦, 作田和裕, 渋谷りか, 水本尚子, 八木 周, 岩野大輔, 佐藤剛司, 野村栄樹, 西瀬祥一, 高須直樹, 木村 理, 上野義之: 胃切除術後に皮疹が軽快しデルマドロームと考えられた胃癌の一例. 第196回日本消化器病学会東北支部例会, 仙台;2014年2月

7)

嶋田奉広, 西塚麻代, 宮澤弘哲, 池田千咲, 菅原心平, 名和田義高, 澤田直也, 早坂高志, 吉田尚美, 折居智彦, 菅原俊樹, 本間清明, 青木政則, 鈴木義広, 今泉和臣:胃石イレウスの一例. 第152回日本消化器内視鏡学会東北支部例会, 仙台;2014年2月

8)

池田千咲, 嶋田奉広, 西塚麻代, 宮澤弘哲, 菅原心平, 澤田直也, 早坂高志, 吉田尚美, 折居智彦, 菅原俊樹, 青木政則, 鈴木義広, 今泉和臣:十二指腸原発悪性リンパ腫の胆管浸潤により閉塞性黄疸をきたしたと考えられる1例. 第196回日本消化器病学会東北支部例会, 仙台;2014年2月

9)

菅原心平, 嶋田奉広, 西塚麻代, 宮澤弘哲, 池田千咲, 澤田直也, 早坂高志, 吉田尚美, 折居智彦, 菅原俊樹, 青木政則, 鈴木義広, 今泉和臣:診断に苦慮した膵神経内分泌腫瘍の1例. 第196回日本消化器病学会東北支部例会, 仙台;2014年2月

10)

渡邊真由美, 佐藤純子, 鈴木克典:胆嚢壁肥厚を契機に診断された自己免疫性膵炎の一例, 日本超音波医学会第47回東北地方会学術集会, 仙台:2014年3月

11)

奥本和夫, 今田恒夫, 山口宏, 大本英二郎:縦隔内リンパ節の腫大を認めた難治性腹水の1例.第202回日本内科学会東北地方会専門医部会教育セミナー,仙台;2014年6月

12)

若林花梨, 白幡名香雄, 高橋邦之, 今 孝志, 原 倫代, 吉澤和哉, 川越 圭, 佐藤英之, 柏原俊彦, 藤嶋昌一郎, 鈴木克典, 深瀬和利, 武田弘明, 宮脇元彦:超音波内視鏡下穿刺吸引組織診EUS-FNAで診断し得た十二指腸乳頭部神経内分泌腫瘍(NET)の一例. 第153回日本消化器内視鏡学会東北支部例会, 秋田;2014年7月

13)

小野里祐介, 勝見修一郎, 和田佳子, 堀内素平, 渡邉祐介, 野 潤, 安藤嘉章, 大村清成, 武田 忠, 渡辺晋一郎, 齋藤孝治:術後5年目に骨格筋転移をきたした進行胃癌の1例. 第197回日本消化器病学会東北支部例会, 秋田;2014年7月

14)

渡邉敏治, 奥本和夫, 水野恵, 勝見智大, 佐藤智佳子, 西瀬雄子, 渡辺久剛, 齋藤貴史, 上野義之: 内視鏡的食道静脈瘤結紮術後に増悪をきたした胃前庭部毛細血管拡張症出血の1例.第153回日本消化器内視鏡会東北支部例会, 秋田;2014年7月

15)

奥本和夫, 水野 恵, 勝見智大, 佐藤智佳子, 西瀬雄子, 渡辺久剛, 齋藤貴史, 上野義之:腫瘍内出血を来した肝平滑筋肉腫の1例.第197回日本消化器病学会東北支部例会, 秋田;2014年7月

16)

白幡名香雄, 佐藤英之, 高橋邦之, 若林花梨, 今 孝志, 原 倫代, 吉澤和哉, 川越 圭, 柏原俊彦, 藤嶋昌一郎, 鈴木克典, 深瀬和利, 武田弘明:高齢者に対する内視鏡的胆管結石治療の現況, 第153回日本消化器内視鏡学会東北支部例会, 秋田;2014年7月

17)

佐藤英之, 白幡名香雄, 若林花梨, 今 孝志, 原 倫代, 柏原俊彦, 吉澤和哉, 川越 圭, 藤嶋昌一郎, 鈴木克典, 深瀬和利, 武田弘明, 高橋邦之:胆管結石に対する内視鏡的乳頭大口径バルーン拡張術についての検討から. 第153回日本消化器内視鏡学会東北支部例会, 秋田;2014年7月

18)

角田道彦, 嶋田奉広, 西塚麻代, 宮澤弘哲, 名和田義高, 石田晋吾, 早坂高志, 吉田尚美, 折居智彦, 菅原俊樹, 本間清明, 青木政則, 鈴木義広, 今泉和臣:トルバプタンを投与し腹水が軽快した非代償性肝硬変の一例. 第197回日本消化器病学会東北支部例会, 仙台;2014年7月

19)

西塚麻代, 角田道彦, 嶋田奉広, 宮澤弘哲, 名和田義高, 石田晋吾, 早坂高志, 吉田尚美, 折居智彦, 菅原俊樹, 本間清明, 青木政則, 鈴木義広, 今泉和臣:巨大肝細胞癌に対し、肝動脈化学塞栓/動注療法併用ネクサバール投与が有効であった一例. 第197回日本消化器病学会東北支部例会, 仙台;2014年7月

20)

今 孝志, 白幡名香雄, 若林花梨, 原 倫代, 吉澤和哉, 川越 圭, 佐藤英之, 柏原俊彦, 藤嶋昌一郎, 鈴木克典, 深瀬和利, 須藤 剛, 武田弘明:特徴的画像所見を呈し外科的治療が有用であった特発性被嚢性腹膜硬化症の一例. 第197回日本消化器病学会東北支部例会, 秋田;2014年7月

21)

武田弘幸, 鈴木修平, 渡邉 要, 中村 翔, 笹原由理子, 福井忠久, 吉岡孝志:トラスツズマブにより完全奏功を維持しているHER2陽性進行胃癌の1例.第203回日本内科学会東北地方会例会, 秋田:2014年9月

22)

渡邉 要, 武田弘幸, 中村 翔, 鈴木修平, 笹原由理子, 福井忠久, 吉岡孝志:Ewing肉腫に合併した異所性ACTH症候群の1例.第203回日本内科学会東北地方例会, 秋田:2014年9月

23)

横川裕大, 鈴木克典, 佐藤純子, 伊藤千代子, 門馬美穂, 赤塚れい子, 石田秀明:検診で発見された胃GIST・肝転移症例の超音波像, 日本超音波医学会第48回東北地方会学術集会, 山形;2014年9月

24)

若林花梨, 鈴木克典, 佐藤純子, 伊藤千代子, 門馬美穂, 赤塚れい子, 井鳥杏奈, 石田秀明:Superb Micro-vascular Imaging (SMI)による肝腫瘍の観察. 日本超音波医学会第48回東北地方会学術集会, 山形; 2014年9月

 

 

(4)

研究会

i

特別講演

1)

阿部靖彦:H.pylori除菌治療の現状と問題点. 平成25年度胃がん検診読影従事者講習会(長井市西置賜郡医師会), 長井;2014年2月

2)

武田弘明:大腸癌を考える−増加する大腸腫瘍とメタボリックシンドローム. さまざまな疾患を考える会, 山形;2014年3月

3)

武田弘明:酸関連疾患におけるPPI診療の実際ー安全性を含めて. 伊達郡医師会生涯教育講座学術講演会, 伊達;2014年3月

4)

阿部靖彦:「抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン」と当科の対応〜薬剤起因性潰瘍の病態と治療を含めて〜. Nexium Symposium in 山形, 山形;2014年3月

5)

阿部靖彦:薬剤起因性潰瘍の病態と治療〜「抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン」と当科の対応〜. PCI seminar in 山形, 山形;2014年7月

6)

武田弘明:NSAIDsによる消化管粘膜障害の実際と対策. Next Lecture Meeting, 寒河江;2014年7月

7)

阿部靖彦:NSAIDs関連粘膜傷害の病態と治療−潰瘍のリスクと予防−. RA meeting(RAMY), 山形;2014年7月

8)

渡辺久剛:薬の進歩がもたらすC型肝炎治療の新時代. 三郡市医師会合同学術講演会, 天童:2014年7月

9)

阿部靖彦;上部内視鏡検査の基本と工夫−苦痛軽減と見逃しを減らすために−. 日本海内視鏡セミナー, 酒田市;2014年8月

10)

武田弘明:IBD治療−難しい患者さんに対する次の一手. IBDセミナーin鶴岡, 鶴岡;2014年8月

11)

鈴木克典:これからのC型慢性肝炎の治療. 北村山薬剤師会講演会, 村山;2014年10月

12)

吉澤和哉:カプセル・バルーン内視鏡について. 第28回山形県消化器内視鏡技師研究会, 山形;2014年10月

13)

渡辺久剛:薬の進歩がもたらすC型肝炎治療の新時代. 酒田市医師会学術講演会, 酒田:2014年11月

14)

阿部靖彦:抗血栓薬服用者における内視鏡診療の実際と課題〜山形県内でのアンケート調査の結果を踏まえて〜. GI Expert Meeting 2014 in Yamagata, 山形;2014年11月

15)

阿部靖彦:機能性ディスペプシアの疾患概念と治療〜診療ガイドライン2014を踏まえて〜. 鶴岡地区医療学術懇話会, 鶴岡;2014年11月

16)

野村栄樹:当院におけるカプセル内視鏡検査の現状. GI expert meeting in Yamagata, 山形;2014年11月

17)

野村栄樹:大腸の内視鏡治療. 東北消化器内視鏡懇談会, 盛岡;2014年11月

18)

阿部靖彦:消化器専門医からみた抗血栓療法の現状と課題. 山形抗血栓療法研究会, 山形;2014年12月

19)

武田弘明:IBD治療−難しい患者さんに対する次の一手. IBDセミナーin酒田, 酒田;2014年12月

 

 

ii

一般演題

1)

渡辺久剛, 佐藤智佳子, 水野 恵, 勝見智大, 冨田恭子, 奥本和夫, 西瀬雄子, 斎藤貴史, 上野義之:非B非C肝癌症例における中等度飲酒および生活習慣病の影響. 肝血流動態イメージ研究会, 大阪;2014年2月

2)

渡辺久剛:山形県におけるTelaprevir (TVR) を含む3剤併用療法の治療成績. 東北ウイルス肝炎治療研究会, 盛岡;2014年2月

3)

奥本和夫, 渡辺久剛, 西瀬雄子, 水野 恵, 勝見智大, 冨田恭子, 佐藤智佳子, 斎藤貴史, 上野義之:当科におけるde novo B型肝炎症例の検討.第52回山形県消化器病懇話会,山形;2014年2月

4)

奥本和夫, 水野 恵, 勝見智大, 冨田恭子, 佐藤智佳子, 西瀬雄子, 渡辺久剛, 齋藤貴史, 上野義之:トルバプタンが有効であった肝性腹水症例の検討.サムスカ適応追加記念講演会, 山形;2014年3月

5)

若林花梨, 鈴木克典, 小野里祐介, 今 孝志, 原 倫代, 川越 圭, 佐藤英之, 藤嶋昌一郎, 白幡名香雄, 武田弘明, 深瀬和利:当院における非代償性肝硬変患者に対する利尿剤の投与状況. サムスカ講演会, 山形; 2014年3月

6)

柿崎泰明, 牧野直彦, 戸澤智浩, 松田暁子, 池田祐之, 伊藤美保, 赤松 学, 齋藤吉彦, 石澤哲也, 上野義之:移動性肝膿瘍の一例. 第7回胆道勉強会, 福島; 2014年4月

7)

高橋美香子:導入後1例目とその後の展開.PTEG研究会, 松山;2014年5月

8)

小野里祐介, 勝見修一郎, 和田佳子, 堀内素平, 渡邉祐介, 野 潤, 安藤嘉章, 大村清成, 武田 忠, 渡辺晋一郎, 齋藤孝治:膵腫瘍の一例. 膵疾患懇話会, 山形;2014年5月

9)

赤松学, 齋藤吉彦, 石澤哲也, 柿崎泰明, 伊藤美保, 松田暁子, 戸澤智浩, 牧野直彦:膵癌患者血清におけるmicroRNA解析. 山形県膵疾患懇話会, 山形;2014年5月

10)

柿崎泰明, 牧野直彦, 戸澤智浩, 松田暁子, 池田祐之, 伊藤美保, 赤松 学, 齋藤吉彦, 石澤哲也, 上野義之:56歳女性 膵体尾部の嚢胞性病変. 第21回山形県膵疾患懇話会, 山形; 2014年5月

11)

佐藤英之, 白幡名香雄, 若林花梨, 今 孝志, 原 倫代, 柏原俊彦, 吉澤和哉, 川越 圭, 藤嶋昌一郎, 鈴木克典, 深瀬和利, 武田弘明, 高橋邦之:膵腫瘍の1例. 第21回山形県膵疾患懇話会, 山形; 2014年5月

12)

勝見智大, 二宮匡史, 上野義之:血清内microRNAプロファイリングを用いた原発性胆汁性肝硬変の病型分類応用と病態に関与するメカニズム. 第22回肝病態生理研究会, 東京; 2014年6月

13)

高橋美香子:超高齢者に胃瘻ルートを活用した一例. 第9回東北PEG研究会, 仙台:2014年6月

14)

藤嶋昌一郎:早期大腸低分化型腺癌の一例. 第31回山形小腸大腸疾患研究会, 山形;2014年6月

15)

西瀬雄子:関節リウマチと肝障害〜B型肝炎再活性化と薬物性肝障害をめぐる話題〜. 第3回Reumatoid Arthritis Meeting in YAMAGATA (RAMY), 山形市, 2014年7月

16)

阿部靖彦:食道胃接合部に炎症性ポリープが併発した逆流性食道炎の一例. 第8回山形県GERD研究会, 山形市;2014年9月

17)

佐藤剛司:大腸ESD本格導入2年を経過しての現状. 第7回消化器疾患治療シンポジウム, 山形;2014年9月

18)

奥本和夫, 冨樫 整, 水野 恵, 勝見智大, 佐藤智佳子, 西瀬雄子, 渡辺久剛, 齋藤貴史, 上野義之:当科における食道胃静脈瘤の内視鏡治療の現状.第26回東北食道・胃静脈瘤硬化療法研究会(吾妻シンポジウム), 福島;2014年9月

19)

齋藤慶太, 奥本和夫, 水野 恵, 勝見智大, 冨田恭子, 佐藤智佳子, 西瀬雄子, 渡辺久剛, 齋藤貴史, 上野義之:C型慢性肝炎SVR後に発症した原発性胆汁性肝硬変の1例.第26回山形県肝疾患研究会, 山形;2014年9月

20)

佐藤将人, 鈴木克典:検診で発見された胃GIST・肝転移症例の超音波像. 肝疾患研究会, 山形;2014年9月

21)

石浜活義:当院における大腸ESDの現状. 消化器疾患治療シンポジウム, 山形;2014年9月

22)

高橋美香子, 菅原真樹, 高橋牧郎:超高齢者の胆石症に対して胃瘻ルートを活用した対応を行った2症例.第19回PEG在宅医療研究会, 東京;2014年9月

23)

安藤嘉章, 大村清成, 勝見修一郎, 小野里祐介, 和田佳子, 渡邉祐介, 堀内素平, 高野潤, 武田忠, 渡辺晋一郎, 齋藤孝治, 小澤孝一郎, 森谷敏幸:腫瘍内出血により徐々に増大傾向を示した膵神経内分泌腫瘍の一例. 第27回東北膵胆道癌研究会, 山形; 2014年10月

24)

奥本和夫, 水野 恵, 勝見智大, 佐藤智佳子, 渡辺久剛, 齋藤貴史, 上野義之:トルバプタンが有効であった症例の検討.第3回山形消化器・肝臓フォーラム, 山形;2014年10月

25)

高橋美香子:皆で支える栄養療法〜PEGを含むトータルサポートの取り組み〜.第6回足立区消化管研究会, 東京:2014年10月

26)

柿崎泰明, 牧野直彦, 戸澤智浩, 松田暁子, 池田祐之, 伊藤美保, 赤松 学, 齋藤吉彦, 石澤哲也, 上野義之:56歳女性 膵体尾部の嚢胞性病変. 第27回東北膵・胆道癌研究会, 仙台; 2014年10月

27)

佐藤英之 , 白幡名香雄 , 高橋邦之, 若林花梨, 今 孝志, 川越 圭, 飯澤 肇, 櫻井直樹 , 盛 直生 , 緒形真也, 武田弘明:診断に苦慮した膵癌の1例. 第27回東北膵・胆道癌研究会, 山形;2014年10月

28)

柏原俊彦, 武田弘明:X連鎖リンパ増殖症候群(XLP) XLP type2の一例. 第19回山形炎症性腸疾患研究会, 山形;2014年10月

29)

石澤哲也, 柿ア泰明, 伊藤美保, 松田暁子, 戸澤智浩, 牧野直彦, 上野義之:嚢胞性病変を伴う膵体部癌の一例. 第27回東北膵・胆道癌研究会, 山形;2014年10月

30)

野村栄樹:S状結腸炎症性肉芽腫の一例. 第23回大腸疾患病理と臨床研究会, 仙台市:2014年10月

31)

野村栄樹:直腸粘膜脱症候群の一例. 第23回大腸疾患病理と臨床研究会, 仙台市:2014年10月

32)

作田和裕, 阿部靖彦, 岩野大輔, 菅野奈々, 渋谷りか, 水本尚子, 八木 周, 佐藤剛司, 野村栄樹, 西瀬祥一, 上野義之:当科における抗血栓薬継続下ESD症例の治療経過. 第35回山形県治療内視鏡研究会, 山形; 2014年11月

33)

赤松 学, 齋藤吉彦, 石澤哲也, 柿崎泰明, 伊藤美保, 松田暁子, 戸澤智浩, 牧野直彦:膵外分泌細胞再生に関する基礎研究. 山形県膵疾患懇話会, 山形;2014年11月

34)

川越 圭, 深瀬和利, 若林花梨, 今 孝志, 原 倫代, 吉澤和哉, 佐藤英之, 柏原俊彦, 藤嶋昌一郎, 白幡名香雄, 鈴木克典, 武田弘明:緊急上部消化管出血における抗血栓薬の検討. 第35回山形県消化器治療内視鏡研究会, 山形; 2014年11月

35)

佐藤英之, 白幡名香雄, 高橋邦之:膵腫瘍の1例. 第22回山形県膵疾患懇話会, 山形;2014年11月

36)

石澤哲也, 赤松学, 斎藤吉彦, 柿ア泰明, 伊藤美保, 松田暁子, 戸澤智浩, 牧野直彦, 上野義之:膵頭部腫瘍の一例. 第22回膵疾患懇話会, 山形;2014年11月

37)

阿部靖彦:当院における上部消化管内視鏡検査受診者の上腹部症状と器質的異常について. Functional Dyspepsia学術講演会, 山形;2014年11月

38)

野村栄樹:カプセル内視鏡検査で発見された腎細胞癌小腸転移の一例. 第47回山形県胃と腸勉強会, 山形;2014年12月

39)

安藤嘉章:急性胆嚢炎、胆管炎の診断と治療について. 第5回「置賜・胃と腸を語る会」, 南陽; 2014年12月

40)

藤嶋昌一郎:範囲診断に苦慮した印環細胞胃癌の一例. 第47回山形胃と腸勉強会, 山形;2014年12月

41)

武田弘明, 柏原俊彦, 鈴木克典, 白幡名香雄, 藤嶋昌一郎, 佐藤英之, 川越 圭, 吉澤和哉, 原 倫代, 今 孝志, 若林花梨, 深瀬和利:クローン病類似の症状を呈したX連鎖リンパ増殖症候群(2型)の1例, 第53回山形県消化器病懇話会, 山形; 2014年12月

 

 

(5)

その他

1)

佐藤剛司:炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)のここが知りたい〜基礎知識から最新情報まで〜. 村山総合支庁こども家庭支援課医療福祉相談会, 山形;2014年1月

2)

松田 剛, 矢尾板孝夫, 菅野奈々: 術前診断が困難であった大腸狭窄の一例. 平成25年度(第52回)山形県消化器病懇話会, 山形; 2014年2月

3)

松田 剛: 術前診断が困難であった大腸狭窄の1例. 第31回置賜消化器病医療連携懇話会, 米沢; 2014年3月

4)

高橋美香子:胃瘻をとりまくトータルサポート〜胃瘻120%活用の手引き〜, 名古屋;2014年3月

5)

福井忠久:がん治療における支持療法への期待. 平成26年度第1回山形県がん化学療法セミナー, 山形;2014年4月

6)

福井忠久:緩和ケアとがん治療. がんプロリクルートセミナー, 山形;2014年5月

7)

松田 剛: 組織型診断・深達度診断に苦慮した早期胃癌ESD症例. 第14回米沢消化器画像懇話会, 米沢; 2014年7月

8)

高橋美香子:皆で支える栄養療法〜PEGを含むトータルサポートの取り組み〜. 経腸栄養セミナ―新潟,新潟;2014年7月

9)

福井忠久:癌の化学療法. 第19回山形大学医学部技術職員研修会, 山形;2014年8月

10)

松田剛: 肝炎治療の最新トピックス –針刺し時のフォローアップも含めて-. 院内感染対策研修会 米沢市立病院, 米沢; 2014年7月・8月

11)

高橋美香子:皆で支える栄養療法〜PEGを含むトータルサポートの取り組み〜. 長崎臨床栄養セミナー, 長崎;2014年8月

12)

白幡名香雄:アルコールと膵臓. 第66回日本消化器病学会東北支部市民公開講座「アルコールとおなかの病気」, 気仙沼;2014年9月

13)

高橋美香子:当院におけるIBDに対するレミケード治療の現状と効果、問題点. 鶴岡炎症性腸疾患セミナー, 山形;2014年9月

14)

阿蘓里佳:生活習慣病とNAFLD. 日本肝臓学会肝がん撲滅運動, 酒田;2014年10月.

15)

高橋美香子:ピロリ菌について. 温海健康講話, 山形 ;2014年10月

16)

渡辺久剛:本県における薬剤耐性変異の現状. 第9回山形県肝炎専門医療機関の会, 山形;2014年12月

 

 

説明: 説明: このページのトップへ

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\pause3.gif

説明: 説明: お問合せ 山形大学医学部消化器内科
990-9585 山形市飯田西2-2-2  TEL023-628-5309  FAX023-628-5311

Copyright (c) Yamagata University Faculty of Medicine.