Department of Gastroenterology

 

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-1.gif説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-2.gif

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-3.gif

 

説明: 説明: ホーム

説明: 説明: ご挨拶

説明: 説明: 教室のあゆみ

説明: 説明: 後期プログラム研修のご案内

説明: 説明: スタッフの紹介

説明: 説明: 研究の概要

説明: 説明: 診療の概要

説明: 説明: 外来診療のご案内

 

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\mark.gif

説明: 説明: 外来週間予定

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\mark.gif

説明: 説明: 光学医療診療部

 

説明: 説明: 学会研究会、行事の御案内

説明: 説明: 業績一覧

説明: 説明: 出版物の紹介

説明: 説明: 消化器病コラム(一般向け)

説明: 説明: 関連医療機関

説明: 海外留学記・学会出席記

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 説明: 関連機関リンク

説明: 説明: 附属病院光学医療診療部

説明: 説明: 山形大学医学部がんセンター

説明: 説明: 第46回 日本肝臓学会総会

説明: 説明: 山形大学医学部

説明: 説明: 山形大学医学部附属病院

説明: 説明: 山形大学医学部附属病院治験センター

説明: 説明: 消化器病の先進的診断・治療、教育体制の充実に取り組みます。説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 説明: 業績一覧(Achievements)

 

当科の業績としまして、数多くの論文発表や学会発表等があります。
過去の主要な論文などを掲載します。

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\arrow1.gif 2016  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2015  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2014  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2013  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2012  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\arrow1.gif 2011  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2010
説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\arrow1.gif 2009  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2008

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\pause2.gif

 

2013
1.論文
1原著 (2総説 (3著書
2.
学会報告
1国際学会 (2国内学会 (3国内地方会 (4研究会 (5その他
3.学会、講演会、シンポジウム、ワークショップ等の開催

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

 

1.

論 文

(1)

原 著

1)

Nemoto K, Murakami M, Ichikawa M, Ohta I, Nomiya T, Yamakawa M, Ito Y, Fukui T, Yoshioka T. Influence of a Multidisciplinary cancer board on treatment decisions. Int J Clin Oncol 2013; 18(4): 574-577

2)

Ito Y, Narimatsu H, Fukui T, Fukao A, Yoshioka T. Critical review of Public domain application: a flexible drug approval system in Japan. Ann Oncol 2013; 24(5): 1297-1305

3)

Suzuki S, Ito Y, Fukui T, Orihara M, Nakamura S, Takahashi M, Fujimoto H, Kimura W, Yoshioka T. Two cases of gastric cancer with peritoneal carcinomatosis successfully responding to combination chemotherapy of S-1 and cisplatin,leading to clinical complete response. International Cancer Conference Journal 2013; 2(4): 201-205

4)

Fukase K, Fujishima S, Suzuki Y, Shirahata N, Suzuki K, Takeda H. Comparative Evaluation of Long-term Prognosis about 30 Years between Endoscopic Mucosal Resection and Surgery for Intramucosal Gastric Cancer. Yamagata J Med 2013; 47(2)117-122

5)

Fujishima T, Nishise S, Ichihara M, Kobayashi S, Takeuchi T: Difficulties in the treatment of intestinal amoebiasis in mentally disabled individuals at a rehabilitation institution for the intellectually impaired in Japan. Chemotherapy 2010; 56: 348-352

6)

Ishii R, Saito T, Shao L, Okumoto K, Nishise Y, Watanabe H, Makino N, Fukao A, Kitanaka C, Kayama T, Ueno Y, Kawata S. Serum prolactin levels and prolactin mRNA expression in peripheral blood mononuclear cells in hepatitis C virus infection. J Med Virol 2013; 85(7): 1199-205

7)

Ito JI, Saito T, Numakura C, Iwaba A, Sugawara S, Ishii R, Sato C, Haga H, Okumoto K, Nishise Y, Watanabe H, Ida H, Hayasaka K, Togashi H, Kawata S, Ueno Y. A case of adult type 1 Gaucher disease complicated by temporal intestinal hemorrhage. Case Rep Gastroenterol 2013; 7: 340-346

8)

Karasawa T, Saito T, Ueno Y, Sugimoto M, Soga T. Metabolome analysis of erythrocytes from patients with chronic hepatitis C reveals the etiology of ribavirin-induced hemolysis. Int J Med Sci 2013; 10: 1575-1577

9)

Saito T, Sugimoto M, Igarashi K, Saito K, Shao L, Katsumi T, Tomita K, Sato C, Okumoto K, Nishise Y, Watanabe H, Tomita M, Ueno Y, Soga T. Dynamics of serum metabolites in patients with chronic hepatitis C receiving pegylated interferon plus ribavirin: A metabolomics analysis. Metabolism 2013; 62: 1577-1586

10)

Saito T, Katsumi T, Tomita K, Sato C, Nishise Y, Okumoto K, Watanabe H, Makino N, Ohe R, Yamakawa M, Kimura W, Ueno Y. Intraductal papillary neoplasm of the bile duct arising from a background of autoimmune hepatitis. J Med Cases 2013; 4: 654-659

11)

Saito T, Ueno Y. Transmission of hepatitis C virus: Self-limiting hepatitis or chronic hepatitis? World J Gastroenterol 2013; 19: 6957-6961

12)

Saito T, Tomita K, Haga H, Okumoto K, Ueno Y. Bone marrow cell-based regenerative therapy for liver cirrhosis. World J Methodol 2013; 3: 65-69

13)

Sasaki Y, Takeda H, Fujishima S, Sato T, Nishise S, Abe Y, Ajioka Y, Kawata S, Ueno Y. Nine-year follow-up from onset to spontaneous complete remission of cap polyposis. Intern Med. 2013; 52(3): 351-354

14)

Suzuki K, Konta T, Kudo K, Sato H, Ikeda A, Ichikawa K, Ueno Y, Kato T, Kayama T, Kubota I. The association between serum uric acid and renal damage in a community-based population: the Takahata study. Clin Exp Nephrol 2013; 17(4): 541-8

15)

Shibata Y, Inoue S, Igarashi A, Yamauchi K, Abe S, Aida Y, Nunomiya K, Sato M, Nakano H, Sato K, Watanabe T, Konta T, Ueno Y, Kato T, Kayama T, Kubota I. Elevated serum iron is a potent biomarker for spirometric resistance to cigarette smoke among Japanese males: the Takahata study. PloS one 2013; 8(9): e74020

16)

Shibata Y, Inoue S, Igarashi A, Yamauchi K, Abe S, Aida Y, Nunomiya K, Sato M, Nakano H, Sato K, Nemoto T, Kimura T, Watanabe T, Konta T, Daimon M, Ueno Y, Kato T, Kayama T, Kubota I. A lower level of forced expiratory volume in 1 second is a risk factor for all-cause and cardiovascular mortality in a Japanese population: the takahata study. PloS one 2013; 8(12): e83725

17)

Shibata Y, Abe S, Inoue S, Igarashi A, Yamauchi K, Aida Y, Kishi H, Nunomiya K, Nakano H, Sato M, Sato K, Kimura T, Nemoto T, Watanabe T, Konta T, Ueno Y, Kato T, Kayama T, Kubota I. Relationship between plasma fibrinogen levels and pulmonary function in the japanese population: the Takahata study. Int J Med Sci 2013; 10(11): 1530-6

18)

Shibata K, Hozawa A, Tamiya G, Ueki M, Nakamura T, Narimatsu H, Kubota I, Ueno Y, Kato T, Yamashita H, Fukao A, Kayama T. The confounding effect of cryptic relatedness for environmental risks of systolic blood pressure on cohort studies. Molecular genetics & genomic medicine 2013; 1(1): 45-53

19)

Sato M, Shibata Y, Abe S, Inoue S, Igarashi A, Yamauchi K, Aida Y, Kishi H, Nunomiya K, Nakano H, Sato K, Watanabe T, Konta T, Ueno Y, Kato T, Kayama T, Kubota I. Retrospective analysis of the relationship between decline in FEV(1) and abdominal circumference in male smokers: the Takahata study. Int J Med Sci 2013; 10(1): 1-7

20)

Renzi A, DeMorrow S, Onori P, Carpino G, Mancinelli R, Meng F, Venter J, White M, Franchitto A, Francis H, Han Y, Ueno Y, Dusio G, Jensen KJ, Greene JJ, Jr., Glaser S, Gaudio E, Alpini G. Modulation of the biliary expression of arylalkylamine N-acetyltransferase alters the autocrine proliferative responses of cholangiocytes in rats. Hepatology 2013; 57(3): 1130-41

21)

Ninomiya K, Shibata Y, Abe S, Inoue S, Igarashi A, Yamauchi K, Aida Y, Kishi H, Sato M, Watanabe T, Konta T, Ueno Y, Kato T, Yamashita H, Kayama T, Kubota I. Hyperhomocysteinaemia predicts the decline in pulmonary function in healthy male smokers. The European Respiratory Journal 2013; 42(1): 18-27

22)

Ninomiya M, Kondo Y, Funayama R, Nagashima T, Kogure T, Kakazu E, Kimura O, Ueno Y, Nakayama K, Shimosegawa T. Distinct microRNAs expression profile in primary biliary cirrhosis and evaluation of miR 505-3p and miR197-3p as novel biomarkers. PloS one 2013; 8(6): e66086

23)

Narimatsu H, Kitanaka C, Kubota I, Sato S, Ueno Y, Kato T, Fukao A, Yamashita H, Kayama T. New developments in medical education for the realization of next-generation personalized medicine: concept and design of a medical education and training program through the genomic cohort study. J Hum Genet 2013; 58(9): 639-40

24)

Nakano H, Shibata Y, Inoue S, Igarashi A, Yamauchi K, Abe S, Sato M, Aida Y, Nunomiya K, Kimura T, Nemoto T, Watanabe T, Konta T, Ueno Y, Kato T, Kayama T, Kubota I. Relationships between Values of Antibodies to Several Connective Tissue Disease Autoantigens and Pulmonary Function in a Japanese General Population: The Takahata Study. PloS one 2013; 8(12): e81678

25)

Mancinelli R, Franchitto A, Glaser S, Meng F, Onori P, Demorrow S, Francis H, Venter J, Carpino G, Baker K, Han Y, Ueno Y, Gaudio E, Alpini G. GABA induces the differentiation of small into large cholangiocytes by activation of Ca(2+) /CaMK I-dependent adenylyl cyclase 8. Hepatology 2013; 58(1): 251-63

26)

Konta T, Kudo K, Sato H, Ichikawa K, Ikeda A, Suzuki K, Hirayama A, Shibata Y, Watanabe T, Daimon M, Kato T, Ueno Y, Kayama T, Kubota I. Albuminuria is an independent predictor of all-cause and cardiovascular mortality in the Japanese population: the Takahata study. Clin Exp Nephrol 2013; 17(6): 805-10

27)

Kondo Y, Kato T, Kimura O, Iwata T, Ninomiya M, Kakazu E, Miura M, Akahane T, Miyazaki Y, Kobayashi T, Ishii M, Kisara N, Sasaki K, Nakayama H, Igarashi T, Obara N, Ueno Y, Morosawa T, Shimosegawa T. 1(OH) vitamin D3 supplementation improves the sensitivity of the immune-response during Peg-IFN/RBV therapy in chronic hepatitis C patients-case controlled trial. PloS one 2013; 8(5): e63672

28)

Kakazu E, Kondo Y, Kogure T, Ninomiya M, Kimura O, Ueno Y, Shimosegawa T. Plasma amino acids imbalance in cirrhotic patients disturbs the tricarboxylic acid cycle of dendritic cell. Sci Rep-UK 2013; 3: 3459

29)

Jensen K, Afroze S, Ueno Y, Rahal K, Frenzel A, Sterling M, Guerrier M, Nizamutdinov D, Dostal DE, Meng F, Glaser SS. Chronic nicotine exposure stimulates biliary growth and fibrosis in normal rats. Digest Liver Dis 2013; 45(9): 754-61

30)

Harada K, Hirohara J, Ueno Y, Nakano T, Kakuda Y, Tsubouchi H, Ichida T, Nakanuma Y. Incidence of and risk factors for hepatocellular carcinoma in primary biliary cirrhosis: National data from Japan. Hepatology 2013; 57(5): 1942-9

31)

Andoh Y, Makino N, Yamakawa M. Dendritic cells fused with different pancreatic carcinoma cells induce different T-cell responses. Onco Targets and Therapy 2013; 6: 29-40

32)

池田 祐之, 牧野 直彦, 戸澤 智浩, 柿崎 泰明, 伊藤 美保, 佐藤 英之, 松田 暁子, 上野 義之. 胆石除去用バルーンカテーテルが膵管空腸吻合部の同定に有用であった術後反復性膵炎の1. 日本消化器内視鏡学会雑誌 20131; 55: 42-7

33)

柿崎泰明,牧野直彦,戸澤智浩,白幡名香雄,松田暁子,池田祐之,佐藤英之,伊藤美保,斎藤吉彦,上野義之:EUSガイド下膵仮性嚢胞ドレナージが奏功したgroove pancreatitis1例.日本消化器内視鏡学会雑誌 20135月; 551673-1679

34)

奥本和夫、斎藤貴史、勝見智大、冨田恭子、佐藤智佳子、阿蘓里佳、西瀬雄子、渡辺久剛、上野義之.アポ型ALTによりALTが異常低値を示したC型慢性肝炎に対して抗ウイルス療法を行った1. 肝臓 20138; 54: 543-547

35)

吉澤和哉, 佐々木 悠, 阿部靖彦, 菅野奈々, 水本尚子, 八木 周, 矢尾板孝夫, 岩野大輔, 名木野 匡, 佐藤剛司, 野村栄樹, 西瀬祥一, 上野義之.下肢蜂窩織炎を契機に発見され,乳糜胸水を来した進行胃癌の一例. 日本消化器病学会雑誌. 201311; 110: 1943-1949

 

 

(2)

総 説

1)

阿蘓 里佳, 上野 義之.【検査値を読む2013】 肝・胆道機能検査 乳酸脱水素酵素(アイソザイムを含む). 内科. 2013; 111(6): 1233

2)

西瀬 雄子, 上野 義之.【検査値を読む2013】 肝・胆道機能検査 アルカリホスファターゼ(アイソザイムを含む). 内科. 2013; 111(6): 1234

3)

冨田 恭子, 上野 義之.【検査値を読む2013】 肝・胆道機能検査 ロイシンアミノペプチダーゼ. 内科. 2013; 111(6): 1235

4)

佐藤 智佳子, 上野 義之.【検査値を読む2013】 肝・胆道機能検査 コリンエステラーゼ. 内科. 2013; 111(6): 1237

5)

阿部靖彦、野村栄樹、佐藤剛司、佐々木悠、吉澤和哉、岩野大輔、八木 周、作田和裕、渋谷りか、西瀬祥一、猪股芳文、加藤勝章、飯島克則、上野義之.【好酸球性消化管疾患の概念と取り扱い】好酸球性消化管疾患のトピックス GERDと好酸球性食道炎.胃と腸.2013; 48(13); 1911-1920

6)

齋藤 貴史, 新澤 陽英, 上野 義之. 【感染症症候群(2)-症候群から感染性単一疾患までを含めて-[]】肝吸虫症. 日本臨床. 2013; 755-7

7)

渡辺 久剛, 上野 義之. 【肝胆膵疾患;「予後」の変遷】B型肝炎の自然予後(無治療住民検診での長期予後). 肝・胆・膵. 2013; 66(3): 399-407

8)

上野 義之, 岡上 武, 白鳥 敬子, 有井 滋樹. 【肝胆膵疾患;「予後」の変遷】 肝胆膵疾患「予後」の変遷. 肝・胆・膵. 2013; 66(3): 549-64

9)

上野 義之, 斉藤 貴史, 渡辺 久剛.C型肝炎治療2014:経口抗ウイルス薬時代の到来】 DAAHTAの開発治験状況 Winners Take All? 肝・胆・膵. 2013; 67(6): 825-30

10)

勝見 智大, 上野 義之.【薬剤性消化器障害とその対策】 健康食品による肝障害の現状と対策. 成人病と生活習慣病. 2013;43(3):401-5

11)

田村 元, 深瀬和利, 緒方真也, 柳川直樹, 川越 圭. 藤嶋昌一郎, 武田弘明. 早期胃癌に対するESD後追加外科手術例におけるリンパ管侵襲の再検討. 消化器内視鏡 201325(10)1771-1776

12)

吉澤和哉, 阿部靖彦, 上野義之, 成松宏人, 深尾 彰, 大泉晴史.ABC分類のA群における胃X線像の検討. Helicobacter Research 2013; 17(3): 258-259

13)

長尾由実子、佐田通夫、斎藤貴史、川口 巧.肝硬変における栄養療法 up-dateProgress in Medicine 2013; 33: 922-927

14)

上野 義之, 池田 健次, 有井 滋樹, 澁谷 景子.【肝胆膵領域への放射線療法 as of 2013】 肝胆膵領域への放射線療法 as of 2013. 肝・胆・膵. 2013; 67(2): 313-27

15)

佐々木 悠, 阿部 靖彦, 上野 義之. 【胃食道逆流症(GERD)-"胸やけ"を診療する】注目すべき背景疾患 GERDとメタボリックシンドローム(NASH・糖尿病). Medicina 2013; 50(5): 832-5

16)

高橋美香子.【造設と管理】造設手技―Pull/Push法、Introducer法.消化器内視鏡 201325(6)798-804

17)

大泉晴史.ピロリ菌感染者全員除菌時代を迎えての日常診療と胃がん検診.山形県医師会消化器検診中央委員会だより 2013161-5

 

 

(3)

著 書

1)

渡辺久剛、冨田恭子、河田純男.慢性肝炎(第306章). ハリソン内科学第4版(福井次矢、黒川 清編)、東京;メディカル・サイエンス・インターナショナル, 20132224-2242

2)

齋藤貴史、上野義之: NAFLDと医療・社会コスト. NASH・アルコール性肝障害の診療を極める〜基本から最前線まで〜(竹井謙之、竹原徹郎、持田 智編).HEPATOLOGY PRACTICE 2巻、東京;文光堂、201313-15

3)

渡辺久剛、斎藤貴史、石橋正道、新澤陽英、河田純男.地域コホート研究からみたC型肝炎ウイルス持続感染者の自然史.コホート研究からみたウイルス性肝炎の解明(佐田通夫、田中榮司、田中英夫、長尾由実子編)、大阪;メディカルレビュー社、2013130-140

4)

半田和広:便秘. 日本内科学会 専門部医会,コモンディジーズブック 日常外来での鑑別と患者への説明のために. 東京;日本内科学会,2013113−118

5)

阿部靖彦.好酸球性食道炎.カラー版消化器病学−基礎と臨床−(浅香正博、菅野健太郎、千葉 勉編)、東京;西村書店、2013534-537

6)

高橋美香子.経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)カテーテル交換. 消化器内視鏡プロフェッショナルの技 上級者へのステップアップのために(第83回日本消化器内視鏡学会総会記念誌).東京;日本メディカルセンター、2013304-309

7)

高橋美香子:PEG・在宅医療研究会(HEQ)PEG用語解説.大阪;フジメディカル出版、2013

8)

齋藤貴史.山形県におけるC型慢性肝炎患者数の推計.厚生労働科学研究費補助金・第3次総合戦略研究事業 平成24年度総括・分担研究報告書「肝炎対策の状況を踏まえたウイルス性肝疾患患者数の動向予測に関する研究」201343-53

9)

渡辺久剛.地域コホート研究からみたHCV感染者の自然史.厚生労働省科学研究費補助金(肝炎等克服緊急対策事業)平成24年度総括・分担研究報告書「ウイルス性肝炎に対する応答性を規定する宿主因子を含めた情報のデータベース構築・治療応用に関する研究」201335-37

10)

渡辺久剛.肝炎コホートにおける自然治癒・肝発癌関連因子の解析.厚生労働省科学研究費補助金(肝炎等克服緊急対策事業)平成2224年度総合研究報告書「ウイルス性肝炎に対する応答性を規定する宿主因子を含めた情報のデータベース構築・治療応用に関する研究」201357-62

 

 

2.

学会報告

(1)

国際学会

i

一般演題

1)

Nishise Y, Togashi H, Katsumi T, Tomita K, Sato C, Ishii R, Haga H, Okumoto K, Watanabe H, Saito T, Ueno Y. Decreased Liver Stiffness Measured by Acoustic Radiation Force Impulse Imaging Is Associated With Metabolic Syndrome in University-Aged Youths. DDW, Orlando, USA, May 2013.

2)

Sasaki Y, Takeda H, Sato T, Abe Y, Iwano D, Yoshizawa K, Yaoita T, Yagi M, Mizumoto N, Kanno N, Nomura E, Nishise S, Kawata S, Ueno Y. Homeostasis Model Assessment-Insulin Resistance and Metabolic Syndrome Components As Risk Factors for Colorectal Adenoma. DDW, Orlando, USA, May 2013.

3)

Yaoita T, Sasaki Y, Takeda H, Sato T, Abe Y, Iwano D, Yoshizawa K, Yagi M, Mizumoto N, Kanno N, Nomura E, Nishise S, Kawata S, Ueno Y. Anti-Mouse IL-6 Receptor Antibody Suppresses Intestinal Carcinogenesis in APCMIN/+ Mice Receiving a High-Fat Diet. DDW, Orlando, USA, May 2013.

4)

Hargrove L, Short-Baker KK, Ueno Y, Francis HL. Mast Cell Histamine Participates in the Paracrine Regulation of Cholangiocyte Proliferation. DDW, Orlando, USA, May 2013.

5)

Johnson C, Han YY, Meng FY, Francis HL, Venter J, McDaniel K, Onori P, Ueno Y, Gaudio E, Glaser S, Alpini G. Regulation of MicroRNA Expression by Secretin During Cholestatic Liver Injury. DDW, Orlando, USA, May 2013.

6)

Tomita K, Haga H, Katsumi T, Sato C, Okumoto K, Nishise Y, Watanabe H, Saito T, Ueno Y. Clinical Manifestations of Liver Dysfunction in Patients with Anorexia Nervosa. IDD forum, Hong Kong, June 2013.

7)

Nomura E, Sasaki Y, Sato T, Kanno N, Yagi M, Mizumoto N, Yaoita T, Yoshizawa K, Iwano D, Abe Y, Nishise S, Ueno Y. Gastrointestinal Manifestations of Amyloidosis. APDW2013, Shanghai, China, September 2013.

8)

Sato T, Nomura E, Kanno N, Mizumoto N, Yagi M, Yoshizawa K, Yaoita T, Iwano D, Sasaki Y, Abe Y, Nishise S, Ueno Y. The experience of treatment to ulcerative colitis by Infliximab. APDW2013, Shanghai, China, September 2013.

9)

Fukase K, Kon T, Onozato Y, Hara T, Kawagoe K, Sato H, Fujishima S, Shirahata N, Suzuki K, Takeda H, Tamura G. Analysis of Lymph Node Metastases After Additional Surgery for Early Gsatric Cancer Treated by ESD with Pathological Lymphatic Invasions. The 21th United European Gastroenterology Week, Berlin, Germany, October 2013.

10)

Watanabe H, Saito C, Mizuno K, Katsumi T, Tomita K, Okumoto K, Nishise Y, Saito T, and Ueno Y. Predictive Value of hepatitis B Virus Genotypes on the Responses to Long-term Nucleoside Analogue Therapy in Patients with Chronic Hepatitis B. The 64th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, Washington DC, USA, November 2013.

11)

Tomita K, Haga H, Mizuno K, Katsumi T, Sato C, Okumoto K, Nishise Y, Watanabe H, Saito T, Ueno Y. Epiregulin Promotes the Emergence and Proliferation of Adult Liver Progenitor Cells. The 64th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, Washington DC, USA, November 2013.

12)

Ugajin S, Yokozawa J, Watanabe H, Saito T, Ueno Y, Inui Y, Kawata S. CRM197, an Inhibitor of HB-EGF, Can Suppress the Growth of Human Hepatocellular Carcinoma Cells in Vitro and in Vivo. The 64th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, Washington DC, USA, November 2013.

13)

Katsumi T, Ninomiya M, Mizuno K, Tomita K, Sato C, Okumoto K, Nishise Y, Watanabe H, Saito T, Shimosegawa T, Ueno Y. Ability of miRNA Profiling to Distinguish the Clinical Course of Patients with Primary Biliary Cirrhosis: Comprehensive Analysis with Deep Sequencing. The 64th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, Washington DC, USA, November 2013.

14)

Sugiyama M, Korenaga M, Murata K, Masaki N, Hiramine S, Furusyo N, Ido A, Tsubouchi H, Watanabe H, Ueno Y, Mizokami M. Polymorphisms consisting of (TA)n dinucleotide repeat near IL28B gene could improve the predictive value for HCV spontaneous clearance with IL28B SNPs. The 64th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, Washington DC, USA, November 2013.

15)

Graf A.B., Francis H.L., Hargrove L., Kennedy L., Hodges K.M., Greene J.F., Francis H.L., Ueno Y., Francis T. The mast cell stabilizer, cromolyn sodium, reduces bile duct ligated-induced biliary hyperplasia: a novel role for the in vivo paracrine influence of mast cells on biliary proliferation. The 64th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, Washington DC, USA, November 2013.

16)

Graf A.B., Francis H.L., Hargrove L., Kennedy L., Hodges K.M., Greene J.F., Francis H.L., Ueno Y., Ohtsu H., Francis T. Knockout of the histidine decarboxylase (HDC) gene reduces biliary hyperplasia in cholestatic bile duct ligated (BDL) mice. The 64th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, Washington DC, USA, November 2013.

 

 

(2)

国内学会

i

特別講演等

1)

大泉晴史:経鼻内視鏡の実際と胃内視鏡検診への応用.日本総合健診医学会 第41回大会(ランチョンセミナー)、仙台;20131

2)

高橋美香子:PTEGの適応と活用(ランチョンセミナー). 85回日本消化器内視鏡学会総会、京都;20135

 

 

ii

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ等

1)

渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:HBVジェノタイプB型高浸淫地域における、ジェノタイプの感染実態の変遷および臨床経過との関連(ワークショップ).第99回日本消化器病学会総会、鹿児島;20133

2)

松田暁子 牧野直彦 戸澤智浩 池田祐之 伊藤美保 柿ア泰明 上野義之:当科におけるInterventional EUSの現状〜導入初期施設からの報告〜(ワークショップ).第99回日本消化器病学会総会、鹿児島;20133

3)

阿部靖彦、上野義之、飯島克則:Minimal changeの鑑別診断とくに下部食道限局型好酸球性食道炎について−.第85回日本消化器内視鏡学会総会、京都市;20135

4)

吉澤和哉, 佐々木悠, 阿部靖彦, 菅野奈々, 水本尚子, 八木周, 矢尾板孝夫, 岩野大輔, 佐藤剛司, 野村栄樹, 西瀬祥一, 上野義之: 抗血栓薬内服者における上部消化管内視鏡的粘膜切除(ESDEMR)時の合併症の検討(プレナリーセッション). 85回日本消化器内視鏡学会総会、京都;20135

5)

大泉晴史:無床診療所における内視鏡診療の現況と課題.第85回日本消化器内視鏡学会総会、京都;20135

6)

渡辺久剛、佐藤智佳子、上野義之:ジェノタイプの感染実態の変遷とB型肝炎キャリアおよび急性肝炎例におけるジェノタイプの臨床的意義(シンポジウム).第49回日本肝臓学会総会、東京;20136

7)

佐藤智佳子、渡辺久剛、上野義之:アルコール性肝障害と非アルコール性脂肪性肝炎を背景とした肝癌症例の臨床的特徴(ワークショップ).第17回日本肝臓学会大会、東京;201310

8)

勝見智大、渡辺久剛、上野義之:PBCの臨床病型による定型例・非定型例の予後の検討(ワークショップ).第17回日本肝臓学会大会、東京;201310

9)

吉澤和哉, 深尾彰, 大泉晴史: 山形市一般住民検診におけるABC分類−A群の検討も含めて−(日本消化器がん検診学会特別企画).第51回日本消化器がん検診学会大会、東京;201310

 

 

iii

一般演題

1)

吉澤和哉, 佐々木悠, 菅野奈々, 八木 周, 矢尾板孝夫, 岩野大輔, 名木野匡, 佐藤剛司, 野村栄樹, 阿部靖彦, 西瀬祥一, 上野義之: 胆管狭窄およびSister Mary Joseph's noduleを伴った進行胃癌の一例.第9回日本消化管学会総会学術集会、東京;20131

2)

西瀬祥一、阿部靖彦、野村栄樹、佐藤剛司、佐々木悠、岩野大輔、矢尾板孝夫、吉澤和哉、八木 周、菅野奈々、上野義之:顆粒球・単球吸着に伴うhepatocyte growth factor 発現シグナル伝達経路に関する一考察.第9回日本消化管学会総会学術大会、東京;20131

3)

奥本和夫、勝見智大、冨田恭子、佐藤智佳子、阿蘓里佳、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:高齢者肝膿瘍症例に対する高圧酸素療法の有用性について.第99回日本消化器病学会総会、鹿児島;20133

4)

西瀬祥一、阿部靖彦、野村栄樹、佐藤剛司、佐々木悠、岩野大輔、矢尾板孝夫、吉澤和哉、八木 周、菅野奈々、上野義之:顆粒球・単球吸着がtumor necrosis factor α 放出に与える影響について.第99回日本消化器病学会総会、鹿児島;20133

5)

勝見智大、奥本和夫、冨田恭子、佐藤智佳子、芳賀弘明、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:RFA後局所再発治療時におけるソナゾイド造影超音波検査の有用性について.第99回日本消化器病学会総会、鹿児島;20133

6)

矢尾板孝夫、佐々木悠、吉澤和哉、佐藤剛司、名木野匡、岩野大輔、八木 周、水本尚子、菅野奈々、野村栄樹、阿部靖彦、西瀬祥一、武田弘明、河田純男、上野義之: 高脂肪食下Apcmin/+ マウスに対する抗IL-6受容体抗体投与が腫瘍の発育進展に与える影響.第99回日本消化器病学会総会、鹿児島;20133

7)

鈴木修平、福井忠久、河合貞幸、折原美佳、伊藤由理子、吉岡孝志:当科でADOC療法を施行した胸腺腫瘍7例の検討. 110回日本内科学会講演会、東京都;20134

8)

奥本和夫、冨樫 整、勝見智大、冨田恭子、佐藤智佳子、阿蘓里佳、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:孤立性胃静脈瘤BRTO不成功例に対する内視鏡的硬化療法の有用性について. 85回日本消化器内視鏡学会総会、京都;20135

9)

柿崎泰明、牧野直彦、戸澤智浩、白幡名香雄、松田暁子、池田祐之、佐藤英之、伊藤美保、斎藤吉彦、上野義之:EUSガイド下膵仮性嚢胞ドレナージが奏功したgroove pancreatitis1例.第85回日本消化器内視鏡学会総会、京都;20135

10)

佐藤智佳子、渡辺久剛、勝見智大、冨田恭子、阿蘓里佳、奥本和夫、西瀬雄子、斎藤貴史、上野義之:HBV遺伝子型からみたB型慢性肝疾患に対する核酸アナログ治療反応性とウイルス抗原量スコア化による中止可能例の検討.第49回日本肝臓学会総会、東京;20136

11)

奥本和夫、水野 恵、勝見智大、冨田恭子、佐藤智佳子、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:ソラフェニブ治療における効果のある症例と増悪症例の検討.第49回日本肝臓学会総会、東京;20136

12)

勝見智大、二宮匡史、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、奥本和夫、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、下瀬川徹、上野義之:原発性胆汁性肝硬変における血清内microRNAの発現とバイオマーカーとしての可能性.第49回日本肝臓学会総会、東京;20136

13)

吉澤和哉, 阿部靖彦, 佐々木悠, 佐藤剛司, 野村栄樹, 西瀬祥一, 深尾 彰, 大泉晴史, 上野義之: X線像からみたA群の検討.第19回日本ヘリコバクター学会学術集会、長崎;20136

14)

武田 忠、大村清成、齋藤孝治、新澤陽英:EOB-MRIにおける肝癌動脈相濃染検出能の検討.第49回日本肝臓学会総会、東京;20136

15)

冨田恭子、芳賀弘明、勝見智大、佐藤智佳子、石井里佳、奥本和夫、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:肝再生におけるエピレグリンの役割と機能解析.第49回日本肝臓学会総会、東京;20136

16)

武田 忠、齋藤孝治、新澤陽英:ソナゾイド造影超音波クッパー相欠損とEOB-MRI肝細胞相信号低下を示した限局性結節性過形成の2例.第49回日本肝癌研究会、東京;20137

17)

勝見智大、奥本和夫、水野 恵、冨田恭子、佐藤智佳子、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:自然退縮に粟粒結核が関与したと考えられた多発肝細胞癌の一剖検例.第49回日本肝癌研究会、東京;20137

18)

奥本和夫、水野 恵、勝見智大、冨田恭子、佐藤智佳子、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:問題症例検討会.第49回日本肝癌研究会、東京;20137

19)

野村栄樹、佐々木悠、佐藤剛司、菅野奈々、八木 周、水本尚子、矢尾板孝夫、吉澤和哉、岩野大輔、阿部靖彦、西瀬祥一、上野義之:カプセル内視鏡で小腸病変を確認した消化管アミロイドーシスの一例. 6回日本カプセル内視鏡学会学術集会、東京;20137

20)

川越 圭、白幡名香雄、佐藤英之、櫻井直樹、飯澤 肇、高橋邦之、牧野直彦:5年間の経過が見られた膵神経内分泌腫瘍(PNET)の1例.第44回日本膵臓学会大会、仙台;20137

21)

Yoshizawa K, Fukui T, Sasaki Y, Sato T, Nomura E, Abe Y, Ito Y, Yoshioka T, Ueno Y: A case of gastric neuroendocrine carcinoma with cavernous sinus metastasis. 11回日本臨床腫瘍学会学術集会、仙台;20138

22)

鈴木修平、福井忠久、中村 翔、河合貞幸、折原美佳、伊藤由理子、吉岡孝志:当科における胸腺腫瘍の8例の検討.第11回日本臨床腫瘍学会学術集会、仙台:20138

23)

河合貞幸、福井忠久、伊藤由理子、折原美佳、鈴木修平、吉岡孝志:当科でGemcitabine,Erlotinib併用療法を行った進行再発膵癌症例に関する検討.第11回日本臨床腫瘍学会学術集会、仙台;20138

24)

伊藤由理子、鈴木修平、河合貞幸、折原美佳、福井忠久、吉岡孝志:腺様嚢胞癌に対するcisplatin + doxorubicin + cyclophosphamide併用療法.第11回日本臨床腫瘍学会学術集会、仙台;20138

25)

吉澤和哉、福井忠久、佐々木悠、佐藤剛司、野村栄樹、阿部靖彦、伊藤由理子、吉岡孝志、上野義之:海綿静脈洞転移を伴った胃神経内分泌癌の一例.第11回日本臨床腫瘍学会学術集会、仙台:20138

26)

奥本和夫、水野 恵、勝見智大、冨田恭子、佐藤智佳子、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:脾摘6カ月後に食道静脈出血を来たした胆道閉鎖症術後の1小児例.第20回日本門脈圧亢進症学会総会、名古屋;20139

27)

安藤嘉章、赤松 学、大村清成、小林敏一、牧野直彦:びまん性壁肥厚を伴った多発性胆管炎症性ポリープの一例. 49回日本胆道学会学術集会、浦安; 20139

28)

渡辺久剛、勝見智大、冨田恭子、佐藤智佳子、奥本和夫、西瀬雄子、斎藤貴史、上野義之:TelaprevirTVR3剤療法でのTVR用量別治療効果と安全性.第17回日本肝臓学会大会、東京;201310

29)

野村栄樹、佐々木悠、佐藤剛司、菅野奈々、八木 周、水本尚子、矢尾板孝夫、吉澤和哉、岩野大輔、阿部靖彦、西瀬祥一、上野義之:消化管アミロイドーシスの3. 86回日本消化器内視鏡学会総会、東京;201310

30)

奥本和夫、水野 恵、勝見智大、冨田恭子、佐藤智佳子、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:ウイルソン病肝硬変患者に対する酢酸亜鉛製剤の有用性について.第55回日本消化器病学会大会、東京;201310

31)

鈴木修平、福井忠久、中村 翔、伊藤由理子、吉岡孝志:当科における切除不能膵癌への化学療法の検討. 55回日本消化器病学会大会、東京;201310

32)

福井忠久:食道癌化学療法におけるエレンタールの口内炎予防・軽減効果についての検討.第51回日本癌治療学会学術集会、京都;201310

33)

藤嶋昌一郎、川越 圭、今 孝志、小野里祐介、原 倫代、佐藤英之、白幡名香雄、鈴木克典、武田弘明、深瀬和利:当院におけるプロポフォール鎮静下ESDの検討.第55回日本消化器病学会大会、東京;201310

34)

佐藤英之、白幡名香雄、小野里祐介、今 孝志、仁科武人、川越 圭、藤嶋昌一郎、鈴木克典、武田弘明、深瀬和利:当院における分枝型IPMNの経過観察症例の検討.第55回日本消化器病学会大会、東京;201310

35)

川越 圭、藤嶋昌一郎、小野里祐介、今 孝志、原 倫代、佐藤英之、白幡名香雄、鈴木克典、武田弘明、深瀬和利.当院で経験した胃ESD施行時のMallory-Weiss tearの臨床的検討.第86回日本消化器内視鏡学会総会、東京;201310

36)

松田暁子、牧野直彦、戸澤智浩、池田祐之、伊藤美保、柿ア泰明、赤松 学、上野義之:経副乳頭アプローチによる内視鏡的膵疾患治療.第86回日本消化器内視鏡学会総会、東京;201310

37)

武田 忠、大村清成、齋藤孝治、新澤陽英:肝癌要因・焼灼範囲をもとにした肝癌局所療法の検討.第17回日本肝臓学会大会、東京;201310

38)

西瀬祥一、阿部靖彦、野村栄樹、佐藤剛司、佐々木悠、岩野大輔、吉澤和哉、八木 周、上野義之:単球吸着が interleukin 6 放出に与える影響に関する基礎的研究.第55回日本消化器病学会大会、東京;201310

39)

佐藤剛司、野村栄樹、菅野奈々、水本尚子、八木 周、吉澤和哉、矢尾板孝夫、岩野大輔、佐々木悠、阿部靖彦、西瀬祥一、上野義之:IBDに対するinfliximab時間短縮投与の安全性についての検討.第55回日本消化器病学会大会、東京;201310

40)

八木 周、阿部靖彦、佐々木悠、野村栄樹、佐藤剛司、岩野大輔、矢尾板孝夫、吉澤和哉、水本尚子、菅野奈々、西瀬祥一、上野義之:ESDにて内視鏡治療を行った食道NET(カルチノイド)の一例.第86回日本消化器内視鏡学会総会、東京;201310

41)

安藤嘉章、大村清成、和田佳子、勝見修一郎、堀内素平、小林敏一、齋藤裕之、高野 潤、武田 忠、渡辺晋一郎、齋藤孝治:当院における胆管結石に対する内視鏡的治療の検討. 86回日本消化器内視鏡学会総会、東京; 201310

42)

西瀬祥一、阿部靖彦、野村栄樹、佐藤剛司、佐々木悠、岩野大輔、吉澤和哉、八木 周、上野義之:顆粒球・単球吸着刺激は少量のtumor necrosis factor α放出を惹起する.第34回日本アフェレシス学会学術大会、軽井沢;201311

 

 

(3)

国内地方会

i

特別講演

1)

上野義之:非肝臓専門医にとってのC型肝炎治療の近未来.日本消化器病学会北海道支部第15回教育講演会、札幌;20133

2)

鈴木克典:腹部超音波検査による“けんしん”の近未来.日本超音波検査学会第17回東北地方会学術集会、山形;20135

3)

上野義之:原発性胆汁性肝硬変: 2013 update.日本内科学会関東支部主催第48回生涯教育講演会、東京;20137

4)

野村栄樹:負担の少ない大腸の検査・治療.第61回日本消化器病学会市民公開講座、山形;20139

5)

高橋美香子:PEGの基本−造設のコツとトラブル対策−.第25回日本消化器内視鏡学会東北セミナー、仙台;201311

 

 

ii

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ等

1)

佐藤智佳子、渡辺久剛、勝見智大、冨田恭子、阿蘓里佳、奥本和夫、西瀬雄子、斎藤貴史、上野義之:HBV genotypeからみたB型慢性肝疾患に対する核酸アナログ治療反応性とウイルス抗原量スコア化による中止可能例の予測(シンポジウム).第194回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20132

2)

小野寺基之、野村栄樹、沖田 啓、名木野匡、芳賀弘明、三浦敦司、黒木実智雄、菊地義文、平川秀紀:クローン病消化管狭窄例に対する内視鏡的バルーン拡張術の有用性の検討(ワークショップ). 150回日本消化器内視鏡学会東北支部例会.仙台;20132

3)

吉澤和哉、佐々木悠、阿部靖彦、菅野奈々、水本尚子、八木 周、矢尾板孝夫、岩野大輔、佐藤剛司、野村栄樹、西瀬祥一、上野義之:当科の抗血栓薬内服者における上部消化管内視鏡的粘膜切除(ESDEMR)時の合併症の検討(シンポジウム).第150回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20132

4)

八木 周、阿部靖彦、野村栄樹、佐藤剛司、佐々木悠、岩野大輔、矢尾板孝夫、吉澤和哉、水本尚子、菅野奈々、西瀬祥一、上野義之:当院における上部消化管狭窄に対する内視鏡的拡張術の検討(ワークショップ).第150回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20132

5)

吉澤和哉、阿部靖彦、佐々木悠、作田和裕、渋谷りか、岩野大輔、佐藤剛司、野村栄樹、西瀬祥一、成松宏人、深尾 彰、大泉晴史、上野義之:山形市における胃癌検診でのABC分類‐A群の実態も含めて−(シンポジウム).第195回日本消化器病学会東北支部例会、弘前;20137

6)

川越 圭、今 孝志、小野里祐介、原 倫代、佐藤英之、藤嶋昌一郎、白幡名香雄、鈴木克典、武田弘明、深瀬和利:当院における上部消化管出血に対する緊急内視鏡治療抵抗例の検討(シンポジウム).第151回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、弘前;20137

7)

赤松 学、牧野直彦、戸澤智浩、松田暁子、池田祐之、伊藤美保、上野義之:当院における胆石性膵炎に対する内視鏡的治療の現状.第151回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20137

8)

佐藤剛司、佐々木悠、渋谷りか、水本尚子、作田和裕、八木 周、吉澤和哉、岩野大輔、野村栄樹、阿部靖彦、西瀬祥一、上野義之: 当院における小腸内視鏡検査の検討. 151回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、弘前;20137

9)

佐藤俊浩:病院で死ぬということ2013.第58回山形県国保地域医療学会、山形;20139

 

 

iii

一般演題

1)

阿蘓里佳、渡辺久剛、勝見智大、冨田恭子、佐藤智佳子、奥本和夫、西瀬雄子、斎藤貴史、上野義之:B型慢性肝炎に対するペグインターフェロンα2a一年投与の治療経験.第194回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20132

2)

須田拓郎、藤嶋昌一郎、仁科武人、川越 圭、佐藤英之、鈴木康之、白幡名香雄、鈴木克典、武田弘明、深瀬和利、石井範洋、須藤 剛.化学放射線療法中に小腸転移をきたした食道癌の一例.第194回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20132

3)

小野里祐介、白幡名香雄、佐藤英之、仁科武人、原 倫代、川越 圭、藤嶋昌一郎、鈴木克典、武田弘明、深瀬和利、高橋邦之:検診エコーを契機に発見された自己免疫性膵炎の一例.第194回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20132

4)

嶋田奉広、宮澤弘哲、西塚麻代、池田千咲、菅原心平、渋谷りか、早坂高志、吉田尚美、折居智彦、青木政則、鈴木義広、今泉和臣:当院におけるHBV患者のマネージメント状況.第194回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20132

5)

宮澤弘哲、嶋田奉広、西塚麻代、池田千咲、菅原心平、渋谷りか、早坂高志、吉田尚美、折居智彦、青木政則、鈴木義広、今泉和臣:インフリキシマブ投与により間質性肺炎を発症した潰瘍性大腸炎の1例.第194回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20132

6)

小野寺基之、野村栄樹、沖田啓、名木野匡、芳賀弘明、三浦敦司、黒木実智雄、菊地義文、平川秀紀:慢性腎不全で維持透析中に上行結腸に広範な潰瘍を生じたNSAIDs腸炎の一例. 194回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20132

7)

佐藤剛司、長嶋隆一、菅野奈々、水本尚子、八木 周、矢尾板孝夫、吉澤和哉、岩野大輔、佐々木悠、野村栄樹、阿部靖彦、西瀬祥一、上野義之:リンパ節転移を来した8mmの回腸カルチノイド腫瘍(Neuroendocrine Tumor; NET)1例.第194回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20132

8)

佐藤 英之、白幡名香雄、齋藤吉彦、小野里祐介、仁科武人、原 倫代、川越 圭、藤嶋昌一郎、鈴木克典、武田弘明、深瀬和利:フルカバーメタリックステントを留置し良性胆管狭窄に併発した総胆管結石の治療を行なった1例.第150回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20132

9)

仁科武人、藤嶋昌一郎、原 倫代、佐藤英之、白幡名香雄、鈴木克典、武田弘明、深瀬和利:食道類基底細胞癌の一例.第150回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20132

10)

大島真悟、松田 剛、木田雅文:胃過形成性ポリープに発生した印環細胞癌の一例.第150回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20132

11)

大島真悟、松田 剛、木田雅文:悪性大腸狭窄に対するステント留置術の経験.第150回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20132

12)

吉澤和哉、阿部靖彦、作田和裕、渋谷りか、八木 周、岩野大輔、佐々木悠、佐藤剛司、野村栄樹、西瀬祥一、上野義之:いわゆる他部位チェックの精査内視鏡で指摘された、食道胃接合部腺癌の一例.第51 回日本消化器がん検診学会東北地方会、弘前;20137

13)

鈴木克典、阿部光浩、須藤祐一、鈴木義広、門馬孝、新澤陽英:腹部超音波健()診に於ける至急精査扱いの試みと現状.第51回日本消化器がん検診学会東北地方会、弘前;20137

14)

小野里祐介、川越 圭、武田弘明、今 孝志、原 倫代、佐藤英之、藤嶋昌一郎、白幡名香雄、鈴木克典、深瀬和利:基礎疾患がなく、正常な十二指腸粘膜から出血を呈した一例.第195回日本消化器病学会東北支部例会、弘前;20137

15)

西塚麻代、嶋田奉広、宮澤弘哲、池田千咲、菅原心平、澤田直也、名和田義高、菅原俊樹、早坂高志、吉田尚美、折居智彦、青木政則、本間清明、鈴木義広、今泉和臣:術前に確定診断が困難であった限局性結節性過形成(FNH)の一例.第195回日本消化器病学会東北支部例会、弘前;20137

16)

齋藤慶太、野村栄樹、渋谷りか、作田和裕、八木 周、岩野大輔、吉澤和哉、佐々木悠、佐藤剛司、阿部靖彦、西瀬祥一、小野寺基之、上野義之:血便を契機に発見されたCowden病の一例. 195回日本消化器病学会東北支部例会, 弘前;20137

17)

今 孝志、川越 圭、白幡 名香雄、小野里 祐介、原 倫代、佐藤 英之、藤嶋 昌一郎、鈴木 克典、武田 弘明、深瀬 和利、高橋 邦之: EUS-FNAで診断された異所性褐色細胞腫の1例.第151回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、弘前;20137

18)

菅野奈々、野村栄樹、佐々木悠、佐藤剛司、渋谷りか、作田和裕、水本尚子、八木 周、矢尾板孝夫、吉澤和哉、岩野大輔、阿部靖彦、西瀬祥一、上野義之:関節リウマチに続発し消化管の広範囲に沈着を認めたAA型アミロイドーシスの一例.第151回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、弘前;20137

19)

沖田 敬、善妙寺暖、名木野匡、三浦敦司、黒木実智雄、平川秀紀、野村栄樹:肺大細胞癌治療後に発症した横行結腸原発内分泌細胞癌の一例.第151回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、弘前;20137

20)

三浦啓暢、武田弘明、佐藤英之、白幡名香雄、河野沙織、鈴木克典、深瀬和利、福元 剛、櫻井直樹:十二指腸穿破から吐血を来たした黄色性肉芽腫性胆嚢炎の1例.第200回日本内科学会東北地方会、青森;20138

21)

宮澤弘哲、嶋田奉広、西塚麻代、池田千咲、菅原心平、青木政則、鈴木義広、今泉和臣:当院におけるC型慢性肝炎に対するテラプレビル・ペグインターフェロンα2b・リバビリン3剤併用療法の検討.第200回日本内科学会東北地方会、青森;20138

22)

嶋田奉広、宮澤弘哲、西塚麻代、池田千咲、菅原心平、青木政則、鈴木義広、今泉和臣:多発性硬化症に合併した急性肝炎の一例.第200回日本内科学会東北地方会、青森;20138

23)

野村栄樹、吉澤和哉、内海 潔、作田和裕、八木 周、岩野大輔、佐藤剛司、阿部靖彦、西瀬祥一、上野義之:抗菌薬投与を行った大腸MALTリンパ腫の6例.第200回日本内科学会東北地方会、青森;20138

24)

佐藤純子、鈴木克典、伊藤千代子、門間美穂、赤塚れい子、渡邊真由美、石田秀明:造影超音波検査が有用であった限局性結節性過形成(FNH)の一例.第46回日本超音波医学会東北地方会、盛岡;20139

 

 

(4)

研究会

i

一般演題

1)

奥本和夫、勝見智大、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:アルコール多飲者に発生した結節性再生性過形成(NRH)1例.第19回肝血流動態イメージ研究会、東京;20131

2)

深瀬和利、武田弘明、上野義之:山形県における消化器治療内視鏡の現況〜山形県消化器治療内視鏡研究会アンケート20年間のまとめ〜.第10JMU in Tohoku、仙台;20132

3)

吉澤和哉、阿部靖彦、佐々木悠、佐藤剛司、野村栄樹、西瀬祥一、深尾 彰、大泉晴史、上野義之: ABC分類のA群における胃X線像の検討. 1回ピロリ菌感染を考慮した胃がん検診研究会、大津; 20133

4)

冨田恭子、芳賀弘明、勝見智大、佐藤智佳子、石井里佳、奥本和夫、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:増殖因子Epiregulinの肝再生への関与について.第21回肝病態生理研究会、東京;20136

5)

勝見智大、二宮匡史、下瀬川徹、上野義之:原発性胆汁性肝硬変における血清内microRNAの発現と予後予測マーカーの可能性.第21回肝病態生理研究会、東京;20136

6)

間部克裕、長谷山美紀、小川貴弘、吉澤和哉、大泉晴史、中島滋美、加藤元嗣:胃X線検査における胃背景粘膜の自動解析による胃がんリスク評価の検討.第52回日本消化器がん検診学会総会附置研究会、仙台;20136

7)

Tomita K, Haga H, Mizuno K, Katsumi T, Sato C, Okumoto K, Nishise Y, Watanabe H, Saito T, Ueno Y: The Role of Epiregulin During Liver Regeneration: the Posibble Function of Promoting the Emergence and Proliferation of Liver Progenitor Cells. 肝細胞研究会、大阪;20139

8)

野村栄樹、八木 周、渋谷りか、作田和裕、岩野大輔、吉澤和哉、佐藤剛司、阿部靖彦、西瀬祥一、上野義之:漢方薬長期内服中に検診を契機に発見された特発性腸間膜静脈硬化症の一例.第40回東北大腸疾患研究会、青森;20139

9)

奥本和夫、冨樫 整、西瀬雄子、勝見智大、冨田恭子、佐藤智佳子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:内視鏡食道静脈瘤硬化療法で生じる合併症についての検討.第25回東北食道・胃静脈瘤硬化療法研究会(吾妻シンポジウム)、福島;20139

10)

高橋美香子:経腸栄養患者へのトータルサポートの取り組み.第18PEG在宅医療研究会シンポジウム、東京;20139

11)

阿部靖彦:好酸球食道炎の診断と治療〜一度見たら忘れない典型例と見逃されやすい非典型例〜.Scientific exchange meeting in Tokyo、東京;20139

12)

冨田恭子、芳賀弘明、勝見智大、佐藤智佳子、石井里佳、奥本和夫、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:Epiregulinの肝再生への関与と機能解析.東北肝炎肝癌研究会、盛岡;201311

13)

冨田恭子、芳賀弘明、勝見智大、佐藤智佳子、石井里佳、奥本和夫、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:肝再生におけるEpiregulinの役割と機能解析.浜名湖シンポジウム、浜松;201312

 

 

(5)

その他

1)

福井忠久:ここまで変わった、がん薬物療法.平成24年度山形大学医学部公開講座、山形;20131

2)

武田弘明:NSAIDsによる消化管粘膜障害の実際と対策.山形市整形外科医療連携講演会、山形;20131

3)

藤嶋昌一郎、武田弘明、小野里祐介、今 孝志、仁科武人、川越 圭、佐藤英之、白幡名香雄、鈴木克典、深瀬和利:巾着縫合をおこなったESD穿孔の一例.第51回山形県消化器病懇話会、米沢;20131

4)

八木 周、佐々木悠、阿部靖彦、佐藤剛司、岩野大輔、矢尾板孝夫、吉澤和哉、水本尚子、菅野奈々、野村栄樹、西瀬祥一、上野義之:虚血性心疾患との鑑別を要した急性壊死性食道炎の一例.第51回山形県消化器病懇話会、山形;20131

5)

藤嶋昌一郎、武田弘明、今 孝志、小野里祐介、仁科武人、川越 圭、佐藤英之、白幡名香雄、鈴木克典、深瀬和利:内視鏡切除したBarrett腺癌の検討.第18回山形県食道胃疾患研究会、山形;20132

6)

佐藤剛司、野村栄樹、上野義之:当院における潰瘍性大腸炎に対するインフリキシマブの使用経験.Ulcerative Colitis Meeting、仙台;20132

7)

大泉晴史:胃がん検診の現況と今後の展望.胃がん検診エックス線撮影従事者講習会、山形;20132

8)

武田弘明:大腸内視鏡挿入法−基本手技と挿入困難例の対応−.山形県医師会大腸内視鏡挿入法についての講習会、山形;20133

9)

野村栄樹:Cowden病の一例. 9回仙北地区消化管勉強会、仙台;20133

10)

高橋美香子:胃瘻(PEG) 造設から管理まで.関西看護ケアセミナー、仙台;20133

11)

阿部靖彦:難治性食道疾患の診断と治療−好酸球性食道炎とGERDとの鑑別−.南陽市東置賜群医師会学術講演会、南陽;20133

12)

阿部靖彦:H.pylori除菌療法の実際と注意点慢性胃炎に対する除菌療法の保険適用拡大をふまえて― H.pylori除菌治療研究会、山形;20133

13)

大泉晴史:H.pylori感染胃炎に対する除菌治療の保険適応に備えて−正しい感染診断と除菌判定診断の実際とピットフォール−.山形県消化器Webセミナー、山形;20133

14)

大泉晴史、芳賀陽一、武田弘明、阿部靖彦:H.pylori感染胃炎に対する除菌治療適応拡大における課題.H.pylori除菌治療研究会、山形;20133

15)

武田弘明:メタボリックシンドロームと消化器疾患.一関内科会学術講演会、一関;20134

16)

鈴木克典、小野里祐介、仁科武人、原 倫代、川越 圭、佐藤英之、藤嶋昌一郎、白幡名香雄、武田弘明、深瀬和利:当院でテラプレビルを用いた3剤併用療法を行ったC型慢性肝炎の4症例.山形肝炎セミナー、山形;20134

17)

渡辺久剛:核酸アナログ長期投与例における治療反応性とジェノタイプの関与.山形肝炎セミナー、山形;20134

18)

大泉晴史:X線検診と同時に行なった「ABC分類」が契機となり発見された早期胃がんの一例.第44回山形県胃と腸勉強会、山形;20136

19)

大泉晴史:潰瘍性大腸炎の経過観察中に発症した腸管嚢胞様気腫症の一例.第30回山形県小腸大腸疾患研究会、山形;20136

20)

藤嶋昌一郎、武田弘明、今 孝志、小野里祐介、原 倫代、川越 圭、佐藤英之、白幡名香雄、鈴木克典、深瀬和利:10mmSM3000μm浸潤していた大腸癌の一例.第30回山形県小腸大腸疾患研究会、山形;20136

21)

藤嶋昌一郎、武田弘明、小野里祐介、今 孝志、原 倫代、川越 圭、佐藤英之、白幡名香雄、鈴木克典、深瀬和利:診断に苦慮したMPSの1例.第44回胃と腸研究会、山形;20136

22)

佐藤剛司: 当院における小腸検査の現状.第30回山形県小腸大腸疾患研究会、山形;20136

23)

阿部靖彦:薬剤起因性潰瘍の病態と治療「抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン」への当科の対応を含めて.Nexium Symposium in 酒田、酒田;20136

24)

福井忠久:病院から在宅へと続くシームレスながん治療.がんプロ・リクルートセミナー、山形;20137

25)

武田弘明:NSAIDsによる消化管粘膜障害の実際と対策.Next Lecture Meeting、山形;20137

26)

高橋美香子:胃瘻の管理.ソフィアメディ研修会、東京;20137

27)

阿部靖彦:H.pylori除菌療法の実際と注意点慢性胃炎に対する除菌療法の保険適用拡大をふまえて288回会津地区消化器病研究会、会津若松;20137

28)

阿部靖彦:機能性ディスペプシアの病態と診断・治療.平成25年度山形県薬剤師会・山形県病院薬剤師会合同研修会、山形;20137

29)

高橋美香子:胃瘻を使いこなす〜造設後の120%胃瘻活用法〜. 長野胃瘻研究会、松本;20137

30)

大泉晴史:胃がん検診の現況と胃がん予防の最前線.臨床集団会、山形;20137

31)

野村栄樹:管理栄養士・栄養士に必要な基礎知識 〜 消化と吸収を学ぶ 〜. 山形県栄養士会生涯学習研修会、山形;20138

32)

阿部靖彦:好酸球性食道炎の診断と治療.第40回岩手県南消化器病検討会、水沢;20138

33)

武田弘明:消化器内科からみた消炎鎮痛剤と低用量アスピリンの実際.第2回山形胃腸地域連携講演会、山形;20139

34)

鈴木克典、小野里祐介、今 孝志、原 倫代、川越 圭、佐藤英之、藤嶋昌一郎、白幡名香雄、武田弘明、深瀬和利:造影超音波検査が有用であった限局性結節性過形成(FNH)の一例.山形県肝疾患研究会、山形;20139

35)

鈴木克典:C型肝炎の病態と最新治療.平成25年度日本肝臓学会肝がん撲滅運動 看護職等医療従事者のための肝臓病研修会、山形;20139

36)

大泉晴史:当院におけるNSAIDs潰瘍の推移〜2002,2007,2012の比較検討〜.NSAIDs潰瘍を考える会、山形;201310

37)

大泉晴史:高張液腸管洗剤の使用経験と実態.山形下部消化管勉強会、山形;201310

38)

大泉晴史:より良い内視鏡診療を目指して.Gastrointestinal Meeting in Yamagata、山形;201310

39)

佐藤剛司、野村栄樹、渋谷りか、水本尚子、八木 周、吉澤和哉、岩野大輔、佐々木悠、阿部靖彦、西瀬祥一、上野義之:IBDに対するinfliximab時間短縮投与の安全性についての検討.第18回山形県炎症性腸疾患研究会、山形;201310

40)

阿部靖彦:「抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン」と当科の対応〜薬剤起因性潰瘍の病態と治療を含めて〜. Nexium Symposium in 新庄、新庄;201310

41)

大泉晴史:ピロリ菌と胃の病気−胃がんは予防できる時代に−.平成25年度第52回山形市学校保健大会、山形;201311

42)

大泉晴史:新しいFD治療薬アコファイドの使用経験.アコファイド錠新発売記念講演会、山形;201311

43)

大泉晴史:他部位チェックで発見された早期胃癌(0Uc)の一例.第45回山形県胃と腸勉強会、山形;201311

44)

武田弘明:大腸内視鏡挿入法−基本手技と挿入困難例の対応−.酒田地区医師会大腸がん検診従事者講習会、酒田;201311

45)

佐藤剛司:腸管ベーチェット病(単純性潰瘍)に対するアダリムマブの使用経験.ヒュミラ適応追加記念講演会、山形;201311

46)

今 孝志、白幡名香雄、佐藤英之、小野里祐介、原 倫代、藤嶋昌一郎、鈴木克典、武田弘明、深瀬和利、高橋邦之:EUS-FNAで診断した膵腫瘍の1例.山形県膵疾患懇話会、山形 ;201311

47)

高橋美香子:胃瘻を取り巻くトータルサポート−胃瘻120%活用の手引き−.道央PDNセミナー、札幌;201311

48)

武田弘明:大腸内視鏡挿入法−基本手技と挿入困難例の対応−.鶴岡地区医師会大腸内視鏡検査の技術向上研修会、酒田;201312

49)

武田弘明:難治性IBD患者の治療と病診連携.第467回青葉会、山形;201312

50)

川越 圭、今 孝志、小野里祐介、原 倫代、佐藤英之、藤嶋昌一郎、白幡名香雄、鈴木克典、武田弘明、深瀬和利:胃ESDの偶発症としてのMallory-Weiss tearに関する検討.第34回山形県消化器治療内視鏡研究会、山形;201312

51)

小野里祐介、藤嶋昌一郎、川越 圭、今 孝志、原 倫代、佐藤英之、白幡名香雄、鈴木克典、武田弘明、深瀬和利:当科における上部消化管ESD偶発症の検討.第34回山形県消化器治療内視鏡研究会、山形;201312

52)

八木 周、佐藤剛司、野村栄樹、渋谷りか、作田和裕、水本尚子、吉澤和哉、岩野大輔、阿部靖彦、西瀬祥一、上野義之:診断と治療に苦慮した胆管空腸吻合部出血の一例.第34回山形県消化器治療内視鏡研究会、山形;201312

53)

大島真悟、永澤悦伸、呉 明華、野呂田郁夫、石井邦明:インスリンによるQ1/E1電流の抑制にPIP2が関与する可能性について:Ci-VSPを利用した検証. 30回山形電気生理研究会、山形;201312

 

 

3.

学会、講演会、シンポジウム、ワークショップ等の開催

1)

渡辺久剛:平成25年度日本肝臓学会肝がん撲滅運動「看護職等医療従事者のための肝臓病研修会」開催

 

 

説明: 説明: このページのトップへ

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\pause3.gif

説明: 説明: お問合せ 山形大学医学部消化器内科
990-9585 山形市飯田西2-2-2  TEL023-628-5309  FAX023-628-5311

Copyright (c) Yamagata University Faculty of Medicine.