Department of Gastroenterology

 

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-1.gif説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-2.gif

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-3.gif

 

説明: 説明: ホーム

説明: 説明: ご挨拶

説明: 説明: 教室のあゆみ

説明: 説明: 後期プログラム研修のご案内

説明: 説明: スタッフの紹介

説明: 説明: 研究の概要

説明: 説明: 診療の概要

説明: 説明: 外来診療のご案内

 

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\mark.gif

説明: 説明: 外来週間予定

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\mark.gif

説明: 説明: 光学医療診療部

 

説明: 説明: 学会研究会、行事の御案内

説明: 説明: 業績一覧

説明: 説明: 出版物の紹介

説明: 説明: 消化器病コラム(一般向け)

説明: 説明: 関連医療機関

説明: 海外留学記・学会出席記

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 説明: 関連機関リンク

説明: 説明: 附属病院光学医療診療部

説明: 説明: 山形大学医学部がんセンター

説明: 説明: 第46回 日本肝臓学会総会

説明: 説明: 山形大学医学部

説明: 説明: 山形大学医学部附属病院

説明: 説明: 山形大学医学部附属病院治験センター

説明: 説明: 消化器病の先進的診断・治療、教育体制の充実に取り組みます。説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 説明: 業績一覧(Achievements)

 

当科の業績としまして、数多くの論文発表や学会発表等があります。
過去の主要な論文などを掲載します。

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\arrow1.gif 2016  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2015  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2014  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2013  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2012  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\arrow1.gif 2011  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2010
説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\arrow1.gif 2009  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2008

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\pause2.gif

 

2012
1.論文
1原著 (2総説 (3著書
2.
学会報告
1国際学会 (2国内学会 (3国内地方会 (4研究会 (5その他

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

 

1.

論 文

(1)

原 著

1)

Sasayama M, Shoji I, Adianti M, Jiang DP, Deng L, Saito T, Watanabe H, Kawata S, Aoki C, Hotta H: A point mutation at Asn-534 that disrupts a conserved N-glycosylation motif of the E2 glycoprotein of hepatitis C virus markedly enhances the sensitivity to antibody neutralization. J Med Virol 2012; 84: 229-234

2)

Daimon M, Konta T, Oizumi T, Karasawa S, Kaino W, Takase K, Jimbu Y, Wada K, Kameda W, Susa S, Saito T, Kubota I, Kayama T, Kato T: Higher plasma renin activity is a risk factor for total mortality in older Japanese individuals: the Takahata study. Metabolism 2012; 61: 504-511

3)

Nakano T, Hozumi Y, Iwazaki K, Okumoto K, Iseki K, Saito T, Kawata S, Wakabayashi I, Goto K: Altered expression of diacylglycerol kinase isozymes in regenerating liver. J Histochem Cytochem. 2012; 60: 130-138

4)

Nishise S, Sato T, Sasaki Y, Nagino K, Iwano D, Yaoita T, Yoshizawa K, Nishise Y, Takeda H. Production of interleukin-10 by combining a granulocyte and monocyte adsorption carrier with ulinastatin. Ther Apher Dial. 2012; 16(5):449-55

5)

Nagino K, Yokozawa J, Sasaki Y, Matsuda A, Takeda H, Kawata S. Increased secretion of insulin and proliferation of islet β-cells in rats with mesenteric lymph duct ligation. Biochem Biophys Res Commun. 2012; 425(2):266-72

6)

Sasaki Y, Takeda H, Sato T, Orii T, Nishise S, Nagino K, Iwano D, Yaoita T, Yoshizawa K, Saito H, Tanaka Y, Kawata S. Serum Interleukin-6, insulin, and HOMA-IR in male individuals with colorectal adenoma. Clin Cancer Res 2012; 18(2):392-9

7)

Ikeda Y, Tanji E, Makino N, Kawata S, Furukawa TMicroRNAs associated with mitogen-activated protein kinase in human pancreatic cancer. Mol Cancer Res 2012;10(2):259-69

8)

Nishise S, Sato T, Sasaki Y, Nagino K, Iwano D, Yaoita T, Yoshizawa K, Nishise Y, Takeda H: Production of interleukin-10 by combining a granulocyte and monocyte adsorption carrier with ulinastatin. Ther Apher Dial 2012; 16:449-455

9)

Takahashi Y, Koyama S, Tanaka H, Arawaka S, Wada M, Kawanami T, Haga H, Watanabe H, Toyota K, Numakura C, Hayasaka K, Kato T: An elderly Japanese patient with adult-onset type II citrullinemia with a novel D493G mutation in the SLC25A13 gene. Intern Med 2012; 51:2131-2134

10)

Kurahashi T, Konno T, Otsuki N, Kwon M, Tsunoda S, Ito J, Fujii J:  A malfunction in the triglyceride transfer from the intracellular lipid pool to the apoB in the enterocytes of SOD1-deficient mice.  FEBS Lett.  2012 ; 586 : 4289-4295

11)

Xia X, Jung D, Webb P, Zhang A, Zhang B, Li L, Ayers SD, Gabbi C, Ueno Y, Gustafsson JA, Alpini G,

Moore DD, Lesage GD. Liver X receptor beta and peroxisome proliferator-activated receptor delta regulate cholesterol transport in murine cholangiocytes. Hepatology 2012; 56(6):2288-96

12)

Tamai K, Shiina M, Tanaka N, Nakano T, Yamamoto A, Kondo Y, Kakazu E, Inoue J, Fukushima K, Sano K, Ueno Y, Shimosegawa T, Sugamura K. Regulation of hepatitis C virus secretion by the Hrs-dependent exosomal pathway. Virology 2012; 422(2):377-85

13)

Suzuki K, Endo R, Kohgo Y, Ohtake T, Ueno Y, Kato A, Shiraki R, Moriwaki H, Habu D, Saito M, Nishiguchi S, Katayama K, Sakaida I. Guidelines on nutritional management in Japanese patients with liver cirrhosis from the perspective of preventing hepatocellular carcinoma. Hepatol Res 2012; 42(7):621-6

14)

Quinn M, Ueno Y, Pae HY, Huang L, Frampton G, Galindo C, Francis H, Horvat D, McMillin M, Demorrow S. Suppression of the HPA axis during extrahepatic biliary obstruction induces cholangiocyte proliferation in the rat. American Journal of Physiology Gastrointestinal and Liver Pysiology 2012; 302(1):G182-93

15)

Ninomiya M, Ueno Y, Funayama R, Nagashima T, Nishida Y, Kondo Y, Inoue J, Kakazu E, Kimura O, Nakayama K, Shimosegawa T. Use of illumina deep sequencing technology to differentiate hepatitis C virus variants. J Clin Microbiol 2012; 50(3):857-66

16)

Narumi T, Shishido T, Kiribayashi N, Kadowaki S, Nishiyama S, Takahashi H, Arimoto T, Miyashita T, Miyamoto T, Watanabe T, Shibata Y, Konta T, Ueno Y, Kato T, Kayama T, Kubota I. Impact of insulin resistance on silent and ongoing myocardial damage in normal subjects: the Takahata study. Exp Diabet Res 2012; 815098

17)

Nakamura M, Nishida N, Kawashima M, Aiba Y, Tanaka A, Yasunami M, Nakamura H, Komori A, Nakamuta M, Zeniya M, Hashimoto E, Ohira H, Yamamoto K, Onji M, Kaneko S, Honda M, Yamagiwa S, Nakao K, Ichida T, Takikawa H, Seike M, Umemura T, Ueno Y, Sakisaka S, Kikuchi K, Ebinuma H, Yamashiki N, Tamura S, Sugawara Y, Mori A, Yagi S, Shirabe K, Taketomi A, Arai K, Monoe K, Ichikawa T, Taniai M, Miyake Y, Kumagi T, Abe M, Yoshizawa K, Joshita S, Shimoda S, Honda K, Takahashi H, Hirano K, Takeyama Y, Harada K, Migita K, Ito M, Yatsuhashi H, Fukushima N, Ota H, Komatsu T, Saoshiro T, Ishida J, Kouno H, Yagura M, Kobayashi M, Muro T, Masaki N, Hirata K, Watanabe Y, Nakamura Y, Shimada M, Hirashima N, Komeda T, Sugi K, Koga M, Ario K, Takesaki E, Maehara Y, Uemoto S, Kokudo N, Tsubouchi H, Mizokami M, Nakanuma Y, Tokunaga K, Ishibashi H. Genome-wide Association Study Identifies TNFSF15 and POU2AF1 as Susceptibility Loci for Primary Biliary Cirrhosis in the Japanese Population. Am J Hum Genet 2012; 91(4):721-8

18)

Meng F, Francis H, Glaser S, Han Y, DeMorrow S, Stokes A, Staloch D, Venter J, White M, Ueno Y, Reid LM, Alpini G. Role of stem cell factor and granulocyte colony-stimulating factor in remodeling during liver regeneration. Hepatology 2012; 55(1):209-21

19)

Kondo Y, Ueno Y, Shimosegawa T. Double filtration plasmapheresis could induce a favorable immune response for chronic hepatitis C therapy. Therapeutic Apheresis and Dialysis 2012; 16(5):478-9

20)

Kondo Y, Ueno Y, Ninomiya M, Tamai K, Tanaka Y, Inoue J, Kakazu E, Kobayashi K, Kimura O, Miura M, Yamamoto T, Kobayashi T, Igarashi T, Shimosegawa T. Sequential immunological analysis of HBV/HCV co-infected patients during Peg-IFN/RBV therapy. J Gastroenterol 2012; 47(12):1323-35

21)

Kaneko S, Furuse J, Kudo M, Ikeda K, Honda M, Nakamoto Y, Onchi M, Shiota G, Yokosuka O, Sakaida I, Takehara T, Ueno Y, Hiroishi K, Nishiguchi S, Moriwaki H, Yamamoto K, Sata M, Obi S, Miyayama S, Imai Y. Guideline on the use of new anticancer drugs for the treatment of Hepatocellular Carcinoma 2010 update. Hepatol Res 2012; 42(6):523-42

22)

Inoue J, Ueno Y, Kawamura K, Yamamoto T, Mano Y, Miura M, Kobayashi T, Niitsuma H, Kondo Y, Kakazu E, Ninomiya M, Kimura O, Obara N, Kawagishi N, Kinouchi Y, Shimosegawa T. Association between S21 substitution in the core protein of hepatitis B virus and fulminant hepatitis. Journal of Clinical Virology 2012; 55(2):147-52

23)

Francis HL, Demorrow S, Franchitto A, Venter JK, Mancinelli RA, White MA, Meng F, Ueno Y, Carpino G, Renzi A, Baker KK, Shine HE, Francis TC, Gaudio E, Alpini GD, Onori P. Histamine stimulates the proliferation of small and large cholangiocytes by activation of both IP3/Ca2+ and cAMP-dependent signaling mechanisms. Laboratory Investigation 2012; 92(2):282-94

24)

Frampton G, Ueno Y, Quinn M, McMillin M, Pae HY, Galindo C, Leyva-Illades D, DeMorrow S. The novel growth factor, progranulin, stimulates mouse cholangiocyte proliferation via sirtuin-1-mediated inactivation of FOXO1. American Journal of Physiology Gastrointestinal and Liver Physiology. 2012; 303(11):1202-11

 

 

(2)

総 説

1)

Ueno Y. The current endeavors to understand the pathogenesis of intractable liver diseases. The Tohoku journal of experimental medicine. 2012; 226(3):171-5.

2)

Ninomiya M, Ueno Y, Shimosegawa T. PBC: Animal Models of Cholangiopathies and Possible Endogenous Viral Infections. Internatl J Hepatol 2012; 649290.

3)

Nakanuma Y, Demetris AJ, Ueno Y, Quaglia A. Cholangiopathy: genetics, mechanism, and pathology. Internatl J hepatol. 2012; 950713.

4)

Kondo Y, Ueno Y, Shimosegawa T. Biological significance of HCV in various kinds of lymphoid cells. Interntl J Microbiol 2012; 647581.

5)

齋藤貴史、佐藤智佳子、上野義之: 肝疾患と糖尿病の最前線.特集・糖尿病の今.公衆衛生 2012; 10: 779-782.

6)

齋藤貴史、上野義之: 肝細胞癌と肝硬変の最近のトピック.細胞 2012; 44: 578-580.

7)

牧野直彦、戸澤智浩、松田暁子、池田祐之、伊藤美保、柿ア泰明、上野義之、河田純男:メタボリック症候群とbright pancreas 胆と膵 20123312):1253-1257.

8)

佐々木悠、武田弘明、佐藤剛司、河田純男、上野義之:大腸腺腫患者での血清GIP値の上昇とそのリスクとの関連.消化器内科 2012; 54(6): 661-665.

9)

井上和彦、笹島雅彦、乾純和、間部克裕、加藤元嗣、大泉晴史 他:胃の“健康度”評価(ABC CD)分類におけるHelicobacter pylori除菌後例の表記に関する提案、日本ヘリコバクター学会誌、診療の現状と課題 2012; 14(1): 18-23.

10)

大泉晴史:ABC分類、A群をめぐる問題:Gastro-Health Now 2012; 22.

11)

春間賢、武田進、永原章二、伊藤公訓、大泉晴史 他:Helicobacter pylori除菌後10年以上経過して発見された胃癌症例の検討−他施設共同調査−. 胃と腸 2012; 47(11): 1623-1629.

12)

渡辺久剛、斎藤貴史、河田純男:肝炎コホートにおけるHCV自然治癒および肝発癌関連因子から見たC型慢性肝炎に対する個別化医療の可能性. 消化器内科 2012; 55 (2)248252.

13)

福井忠久、折原美佳、伊藤由理子、吉岡孝志:「がん治療患者に対する栄養療法―治療完遂をめざした新しい栄養支持療法」食道癌化学療法におけるエレンタールの口内炎予防・軽減効果について、外科と代謝・栄養 201246(6)169-177.

 

 

(3)

著 書

1)

齋藤貴史:山形県における肝炎対策の現況とウイルス性肝疾患患者数の動向予測調査.厚生労働科学研究費補助金・第3次総合戦略研究事業 平成23年度分担研究報告書「肝炎対策の状況を踏まえたウイルス性肝疾患患者数の動向予測に関する研究」、201241-46.

2)

斎藤貴史:山形県におけるHBV ジェノタイプA感染による急性B型肝炎の実態.厚生労働省肝炎等克服緊急対策研究事業 平成23年度総括・分担研究報告書 「B型肝炎ジェノタイプA型感染の慢性化など本邦における実態とその予防に関する研究」、20122529.

3)

斎藤貴史:山形県におけるHBV ジェノタイプの分布.厚生労働省肝炎等克服緊急対策研究事業 平成2123年度総合研究報告書 「B型肝炎ジェノタイプA型感染の慢性化など本邦における実態とその予防に関する研究」、2012319327.

4)

齋藤貴史:ABMi療法の有効性を向上させるための骨髄細胞と肝幹細胞の相互作用の基礎的検討.厚生労働省肝炎等克服緊急対策研究事業 平成23年度研究分担報告書 「骨髄および脂肪由来細胞を用いた次世代型肝臓再生・修復(抗線維化)療法の開発研究」、20121823.

5)

河田純男、齋藤貴史:ABMi療法の有用性に関する研究:アルコール性肝硬変に対する臨床応用と骨髄細胞の基礎的検討.厚生労働省肝炎等克服緊急対策研究事業 平成2123年度総合報告書 「骨髄および脂肪由来細胞を用いた次世代型肝臓再生・修復(抗線維化)療法の開発研究」、20123038.

6)

斎藤貴史、西瀬雄子、河田純男:HCV NS3蛋白質二次構造多型性と肝細胞がん発生の関連についての臨床研究.厚生労働省肝炎等克服緊急対策研究事業 平成23年度総括・分担研究報告書「肝炎ウイルスによる発がん機構の解明に関する研究」、20121720.

7)

河田純男、斎藤貴史:C型慢性肝炎・肝がん臨床例の解析及びHCV NS3蛋白質二次構造多型性との相関の検討.厚生労働省肝炎等克服緊急対策研究事業 平成21年度‐23年度総合研究報告書「肝炎ウイルスによる発がん機構の解明に関する研究」、20122936.

8)

渡辺久剛:肝炎コホートにおける自然治癒・肝発癌関連因子の解析.厚生労働省科学研究費補助金(肝炎等克服緊急対策事業)平成23年度総括・分担研究報告書「ウイルス性肝炎に対する応答性を規定する宿主因子を含めた情報のデータベース構築・治療応用に関する研究」、201235-38.

9)

石井里佳、斎藤貴史、佐藤智佳子、芳賀弘明、奥本和夫、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤孝治、冨樫 整、河田純男: 当科における肝硬変の成因別実態.高後 裕監修、青柳 豊、橋本悦子、西口修平、鈴木康秋、大竹孝明 編、我が国における非BC型肝硬変の実態調査2011.札幌:響文社、201295-98.

10)

福井忠久,伊藤由理子,吉岡孝志:U.副作用のマネジメント(副作用と支持療法) 下痢、がん治療レクチャー 総合医学社、2012121-130.

11)

福井忠久,伊藤由理子,吉岡孝志:腎毒性,エビデンスに基づいたがん薬物療法エキスパートマニュアル 総合医学社、2012321-329.

 

 

2.

学会報告

(1)

国際学会

i

一般演題

1)

Ishii R, Watanabe H, Saito T, Tomita K, Sato C, Haga H, Okumoto K, Nishise Y, Togashi H, Kawata S, Ueno Y : Genotypes in Hyperendemic Areas for HBV Genotype B Infection in Japan. Asian Pacific Association for the Study of the Liver, Taipei, China: February 2012.

2)

Watanabe H, Saito T, Tomita K, Sato C, Ishii R, Haga H, Okumoto K, Nishise Y, Ueno Y and Kawata S. Transition in hepatitis B virus genotypes responsible for acute hepatitis B in a hyperendemic area for genotype B infection ? 20 years follow-up study in Japan. DDW2012, San Diego, USAMay 2012.

3)

Okumoto K, Saito T, Tomita K, Sato C, Ishii R, Haga H, Nishise Y, Watanabe H, Ueno Y. The serum level of B-FGF and Scf in hepatitis C patients and its prognosis with hepatocellular carcinoma. DDW2012, San Diego, USAMay 2012.

4)

Sato C, Saito T, Misawa K, Katsumi T, Tomita K, Ishii R, Haga H, Okumoto K, Nishise Y, Watanabe H, Ueno Y, Kawata S : Impaired mitochondrial β-oxidation in patients with chronic hepatitis C : relation with viral load and insulin resistance. The 63th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease, Boston, USANovember 2012.

5)

Watanabe H, Saito T, Katsumi T, Tomita K, Sato C, Ishii R, Haga H, Okumoto K, Nishise Y, Suzuki Y, Suzuki K, Ishibashi M, Saito K, Shinzawa H, Ueno Y and Kawata S. Pegylated interferon plus ribavirin therapy is associated with improvement of the serum adiponectin and insulin resistance in patients with genotype 1b chronic hepatitis C. The 63rd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, Boston, USANovember 2012.

6)

Sugiyama M, Ido A, Tsubouchi H, Watanabe H, Ueno Y and Mizokami M. Genetic variation in IL-28B promoter region consisting of TA dinucleotide repeat could improve the prediction of chronic hepatitis C and spontaneous clearance with rs8099917 genotyping. The 63rd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, Boston, USANovember 2012.

7)

Fukase K, Takeda H, Ueno YThe present condition and analysis of digestive therapeutic endoscopy in Japan (Yamagata) over 20 years. APDW 2012, Bangkok, ThailandDecember 2012.

8)

Nomura E, Uchimi K, Abue M, Noguchi T, Suzuki S, Suzuki M, Onodera H, Itoh S. Abdominal cystic mass revealing lymphangioleiomyomatosis. Asian Pacific Digestive Week, Bangkok, ThailandDecember 2012.

 

 

(2)

国内学会

i

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ等

1)

佐々木悠、武田弘明、佐藤剛司、西瀬祥一、名木野匡、岩野大輔、矢尾板孝夫、吉澤和哉、斎藤貴史、河田純男.大腸腺腫と炎症性アディポサイトカインIL-6との関連.第8回日本消化管学会総会,仙台;20122

2)

伊藤由理子、鈴木修平、折原美佳、高橋昌宏、福井忠久、吉岡孝志:原発不明癌として山形大学腫瘍内科を受診した症例の検討.109回日本内科学会、京都;20124

3)

阿部靖彦、飯島克則、下瀬川徹:好酸球性食道炎の臨床的・内視鏡的特徴とPPIの治療効果(シンポジウム「好酸球性消化管障害をめぐって」).第98回日本消化器病学会総会、東京;20124

4)

渡辺久剛、石井里佳、斎藤貴史、新澤陽英、河田純男、上野義之:肝疾患診療連携拠点病院を中心とした山形県肝炎診療の現状と医療費助成制度によるアウトカム.(ワークショップ「全国における肝炎診療の現状と対応」)、第48回日本肝臓学会総会、金沢;20126

 

5)

佐藤智佳子、渡辺久剛、上野義之:非アルコール性脂肪性肝炎を基盤とした肝癌症例の臨床的特徴(シンポジウム「NASHからの発癌:基礎と臨床」)、第16回日本肝臓学会大会、神戸;201210

6)

渡辺久剛、斎藤貴史、河田純男:地域コホート研究からみたC型肝炎ウイルス持続感染者の自然史(シンポジウム「Cohort研究からみたウイルス性肝炎の解明」)、第16回日本肝臓学会大会、神戸;201210

7)

渡辺久剛、武田 忠、河田純男:リジン尿性蛋白不耐症における一酸化窒素の門脈循環動態に及ぼす役割(ワークショップ「遺伝性肝胆膵疾患の病態と治療」)、第16回日本肝臓学会大会、神戸;201210

8)

阿部靖彦、飯島克則、下瀬川徹:好酸球性食道炎の臨床像(ワークショップ3「アレルギー性消化器疾患の実態」)、第84日本消化器内視鏡病学会総会、神戸;201210

 

 

ii

一般演題

1)

吉澤和哉、武田弘明、水本尚子、矢尾板孝夫、岩野大輔、佐々木悠、名木野匡、佐藤剛司、西瀬祥一、鈴木康之、藤嶋昌一郎、深瀬和利、上野義之:ATM(アモキシシリン、テトラサイクリン、メトロニダゾール)除菌療法を行った直腸MALTリンパ腫の3例.第8回日本消化管学会総会 学術集会、仙台;20122

2)

西瀬祥一、武田弘明、佐藤剛司、佐々木悠、名木野匡、岩野大輔、矢尾板孝夫、吉澤和哉:ウリナスタチンが顆粒球・単球に伴うinterleukin-10産生に与える影響について.第8回日本消化管学会総会学術集会、仙台;20122

3)

西瀬祥一、佐藤剛司、佐々木悠、名木野匡、岩野大輔、矢尾板孝夫、吉澤和哉:顆粒球・単球吸着に伴うhepatocyte growth factor産生シグナル伝達経路に関する一考察.第98回日本消化器病学会総会、東京;20124

4)

齋藤吉彦、白幡 名香雄、大島真悟、原倫代、三浦友来、鈴木康之、藤嶋昌一郎、鈴木克典、武田弘明、深瀬和利:当院における術後再建腸管を有する胆膵疾患に対するシングルバルーン内視鏡を用いたERCP症例の検討。第83回日本消化器内視鏡学会総会、東京;20125

5)

池田祐之、牧野直彦、河田純男、古川徹:MicroRNAs associated with mitogen-activated protein kinase in human pancreatic cancer.第83回日本消化器内視鏡学会総会、横浜;20125

6)

Kazutoshi Fukase, Shingo Oshima, Tomoyo Hara, Yoshihiko Saito, Tomoki Miura, Shoichiro Fujishima, Yashkuni Suzuki, Katsunori Suzuki, Hiroaki Takeda:「Comparative evaluation of long-term prognosis between endoscopic treatment and surgery for early gastric cancer」第83回日本消化器内視鏡学会総会International poster session、東京;20125

7)

菅原心平、池田千咲、小林敏一、渋谷りか、本間清明、早坂高志、折居智彦、吉田尚美、青木政則、鈴木義広、今泉和臣:ERC困難な急性胆肝炎に対するPTGBD下ランデブー法の有用性.第83回日本消化器内視鏡学会総会、東京;20125

8)

池田千咲、菅原心平、小林敏一、渋谷りか、本間清明、早坂高志、折居智彦、吉田尚美、青木政則、鈴木義広、今泉和臣:悪性胆管狭窄に対する経乳頭的細胞診の現状.第83回日本消化器内視鏡学会総会、東京;20125

9)

阿部靖彦、飯島克則、小池智幸、菊地亮介、加藤勝章、渋谷大助、斎藤真弘、内山志保、猪股芳文、及川圭介、安倍修、大原秀一、上野義之、下瀬川徹:好酸球性食道炎の症状と内視鏡所見・病理組織所見との関連.第83回日本消化器内視鏡学会総会、東京;20125

10)

池田祐之、牧野直彦、戸澤智浩、柿崎泰明、伊藤美保、松田暁子、上野義之:頭十二指腸切除術後反復性膵炎の一例.第43回日本膵臓学会大会、山形;20126

11)

芳賀弘明、斎藤貴史、奥本和夫、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、西瀬雄子、渡辺久剛、上野義之、河田純男:自己骨髄細胞投与療法を施行したアルコール性肝硬変患者の2年間による長期予後. 第48回日本肝臓学会総会、金沢;20126

12)

西瀬雄子、斎藤貴史、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、奥本和夫、渡辺久剛、今井康陽、堀田 博、上野義之、河田純男:C型肝炎ウイルス1bNS3領域蛋白質2次構造を基にしたサブグループ分類と肝細胞癌発生の関連性に関する前向き研究(第2報) 第48回日本肝臓学会総会、金沢;20126

13)

奥本和夫、冨樫 整、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之、河田純男:当科における食道静脈瘤治療後の長期予後の検討. 第48回日本肝臓学会総会、金沢;20126

14)

武田 忠、大村清成、齋藤孝治、新澤陽英:当院における肝癌に対する放射線療法の検討. 第48回日本肝臓学会総会、金沢;20126

15)

池田祐之、牧野直彦、戸澤智浩、柿ア泰明、伊藤美保、佐藤英之、松田暁子、上野義之:膵頭十二指腸切除後反復性膵炎の一例 第43回日本膵臓学会大会、山形;20126

16)

柿ア泰明、牧野直彦、戸澤智浩、松田暁子、池田祐之、佐藤英之、伊藤美保、本田悌一朗、竹下明子、平井一郎、木村理、上野義之:PanIN周囲に線維化を伴うTS1膵癌の2例 第43回日本膵臓学会大会、山形;20126

17)

戸澤智浩、牧野直彦、池田祐之、佐藤英之、松田暁子、伊藤美保、柿ア泰明、上野義之、白幡名香雄、斎藤吉彦:Groove膵炎に合併した膵仮性嚢胞に対して経乳頭的ドレナージが奏功した1例 第43回日本膵臓学会大会、山形;20126

18)

戸澤智浩、牧野直彦、池田祐之、伊藤美保、柿ア泰明、斎藤吉彦、上野義之:膵管ステント2年留置例の検討 第43回日本膵臓学会大会、山形;20126

19)

白幡名香雄、柿崎泰明、齋藤吉彦、牧野直彦:いわゆる"closed duodenal loop膵炎"を来し内視鏡治療にて改善を得た1例。第43回日本膵臓学会大会、山形;20126

20)

佐々木悠、佐藤剛司、名木野匡、岩野大輔、吉澤和哉、矢尾板孝夫、八木周、水本尚子、菅野奈々、阿部靖彦、西瀬祥一、上野義之.腸リンパ管拡張症による原発性の蛋白漏出性胃腸症を、カプセル内視鏡およびダブルバルーン内視鏡にて診断し得た一例.第5回日本カプセル内視鏡学会,東京;20127

21)

佐藤智佳子、奥本和夫、勝見智大、冨田恭子、芳賀弘明、石井里佳、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:問題症例検討会.第48回日本肝癌研究会、金沢;20127

22)

武田 忠、齋藤孝治、新澤陽英:ソラフェニブ減量投与にもかかわらず奏功した進行肝癌の一例. 第48回日本肝癌研究会、金沢;20127

23)

吉澤和哉、武田弘明、八木周、水本尚子、菅野奈々、矢尾板孝夫、岩野大輔、佐々木悠、名木野匡、佐藤剛司、阿部靖彦、西瀬祥一、鈴木康之、藤嶋昌一郎、深瀬和利、上野義之:抗菌薬投与が有効であった直腸MALTリンパ腫の4例.第54回日本消化器病学会大会,神戸;201210

24)

佐々木悠、佐藤剛司、名木野匡、岩野大輔、矢尾板孝夫、吉澤和哉、水本尚子、西瀬祥一、上野義之.原因不明の消化管出血に対する当院のカプセル内視鏡使用経験.第84回日本消化器内視鏡学会総会,神戸;201210

25)

武田 忠、大村清成、齋藤孝治、新澤陽英:当院における肝癌に対するソラフェニブ投与の現状. 第16回日本肝臓学会大会, 神戸;201210

26)

松田暁子 牧野直彦 斎藤吉彦 柿ア泰明 伊藤美保 佐藤英之 池田祐之 戸澤智浩 上野義之:超音波内視鏡下に肝膿瘍ドレナージを施行した1例.日本消化器内視鏡学会総会、神戸;201210

27)

芳賀弘明、斎藤貴史、奥本和夫、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、西瀬雄子、渡辺久剛、上野義之:ABMi療法を施行したアルコール性肝硬変患者の骨髄シンチグラフィーと肝予備能の変化についての検討 第54回日本消化器病学会大会、神戸;2012 10

28)

冨田恭子、芳賀弘明、渡辺久剛、佐藤智佳子、石井里佳、奥本和夫、西瀬雄子、斎藤貴史、上野義之:神経性食欲不振症における肝障害リスク因子の検討 第16回日本肝臓学会大会、神戸;201210

29)

西瀬雄子、渡辺久剛、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、奥本和夫、斎藤貴史、上野義之:当院における70歳以上C型肝炎患者のIFN治療の現状 第16回日本肝臓学会大会、神戸;201210

30)

石井里佳、渡辺久剛、勝見智大、冨田恭子、佐藤智佳子、芳賀弘明、奥本和夫、西瀬雄子、斎藤貴史、上野義之:非BC肝硬変からの肝発癌実態からみた高危険群囲い込みへの方策 第16回日本肝臓学会大会、神戸;201210

31)

伊藤純一, 大槻倫之, 高橋素子, 権明秀, 金野祐, 角田智志, 倉橋敏裕, 張旭紅, 宮田哲, 藤井順逸:肝臓の解毒反応におけるアルデヒド還元酵素の役割の遺伝子改変マウスを用いた解明. 16回日本肝臓学会大会, 神戸, 201210

32)

伊藤由理子,成松宏人,福井忠久,深尾彰,吉岡孝志:抗癌剤の公知申請をレビューする.50回日本癌治療学会学術集会、横浜;201210

33)

西瀬祥一、佐々木悠、上野義之:白血球吸着に伴うhepatocyte growth factor発現にはシグナル伝達因子extracellular signal-regulated kinaseが関与している.第33回日本アフェレシス学会学術大会,佐世保;201211

34)

倉橋敏裕, 金野祐, 大槻倫之, 権秀明, 角田智志, 伊藤純一, 藤井順逸: 酸化ストレス亢進による小腸の脂質代謝異常. 35回日本分子生物学会年会, 福岡, 201212

35)

伊藤純一, 大槻倫之, 高橋素子, 権明秀, 金野祐, 角田智志, 倉橋敏裕, 張旭紅, 宮田哲, 藤井順逸: Aldehyde reductase欠損によるアスコルビン酸合成障害のPentobarbital代謝に与える影響. 85回日本生化学会, 福岡, 201212

36)

金野祐, 大槻倫之, 権明秀, 角田智志, 伊藤純一, 倉橋敏裕, 松岡悠太, 山崎俊栄, 山田健一, 宮田哲, 高橋素子, 藤井順逸: Aldehyde reductase (AKR1A)欠損によるアスコルビン酸合成障害の血液系に与える影響. 85回日本生化学会, 福岡, 201212

37)

奥本和夫、勝見智大、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:急性膵炎様に発症したde novo B型劇症肝炎の1.39回日本肝臓学会東部会,東京;201212

38)

勝見智大、奥本和夫、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:高齢男性に発症した肝類上皮内皮腫の一例。第39回日本肝臓学会東部会、東京;201212

 

 

(3)

国内地方会

i

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1)

池田祐之、牧野直彦、戸澤智浩、柿崎泰明、伊藤美保、松田暁子、上野義之:当院におけるERCPの工夫.第148回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20122

2)

佐々木悠、武田弘明、佐藤剛司、西瀬祥一、名木野匡、岩野大輔、矢尾板孝夫、吉澤和哉、斎藤貴史、河田純男.大腸腺腫患者での血清GIP値の上昇とそのリスクとの関連性.第192回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20122

3)

佐藤 英之, 白幡 名香雄, 仁科 武人, 原 倫代, 川越 圭, 鈴木 康之, 藤嶋 昌一郎, 鈴木 克典, 武田 弘明, 深瀬 和利:巨大胆管結石に対する内視鏡治療の工夫.第149回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20127

4)

齋藤吉彦、牧野直彦、戸澤智浩、松田暁子、池田祐之、伊藤美保、柿崎泰明、上野義之 : 当院における膵癌症例からみる診断アルゴリズムの変遷 第193回日本消化器病学会東北支部例会、20127月、仙台

5)

松田暁子 牧野直彦 斎藤吉彦 柿ア泰明 伊藤美保 池田祐之 戸澤智浩 上野義之:経副乳頭アプローチによる内視鏡的膵疾患治療.第149回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20127

 

 

ii

一般演題

1)

早坂高志、池田千咲、菅原心平、小林敏一、渋谷りか、本間清明、折居智彦、吉田尚美、青木政則、鈴木義広、今泉和臣:内視鏡的胆嚢ドレナージ術のコツと工夫.第148回日本消化器内視鏡学会東北支部例会,仙台;20122

2)

池田千咲、菅原心平、小林敏一、渋谷りか、本間清明、早坂高志、折居智彦、吉田尚美、青木政則、鈴木義広、今泉和臣:止血目的に胃粘膜切除術を施行した胃過形成性ポリープの一例.第148回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20122

3)

吉田尚美、池田千咲、菅原心平、小林敏一、渋谷りか、本間清明、早坂高志、折居智彦、青木政則、鈴木義広、今泉和臣:胆嚢腺筋症に合併したm-RAS胆嚢癌・の同時性重複癌の1例.第148回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20122

4)

鈴木義広、池田千咲、菅原心平、小林敏一、渋谷りか、本間清明、早坂高志、折居智彦、吉田尚美、青木政則、今泉和臣:レボカルチン製剤投与により高アンモニア血症が改善した非代償性肝硬変の一例.第192回日本消化器病学会東北支部例会,仙台;20122

5)

小林敏一、池田千咲、菅原心平、渋谷りか、本間清明、早坂高志、折居智彦、吉田尚美、青木政則、鈴木義広、今泉和臣:潰瘍性大腸炎の経過中に発症した肝原発Burkittリンパ腫の一例.第192回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20122

6)

吉澤和哉、水本尚子、矢尾板孝夫、岩野大輔、佐々木悠、名木野匡、佐藤剛司、西瀬祥一、上野義之:胃穿通を来し上行結腸に達した異物を大腸内視鏡下に摘出した一例.第148回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20122

7)

佐藤 英之, 牧野 直彦, 柿ア 泰明, 伊藤 美保, 池田 祐之, 松田 暁子, 大村 清成, 戸澤 智浩, 上野 義之:術前診断が困難であったmacrocystic serous cystadenoma1例.第148回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20122

8)

齋藤吉彦、白幡 名香雄、大島真悟、原 倫代、三浦友来、鈴木康之、藤嶋昌一郎、鈴木克典、武田弘明、深瀬和利:内視鏡下に血腫を穿刺ドレナージすることにより改善を得た特発性食道粘膜下血腫の一例 第148回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20122

9)

齋藤吉彦、白幡 名香雄、大島真悟、原 倫代、三浦友来、鈴木康之、藤嶋昌一郎、鈴木克典、武田弘明、深瀬和利:転落外傷後4年経過後に膵管拡張を指摘され診断に至ったPanINの一例。第148回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20122

10)

白幡名香雄、齋藤吉彦、大島真悟、原 倫代、三浦友来、鈴木康之、藤嶋昌一郎、鈴木克典、武田弘明、深瀬和利、高橋邦之:傍乳頭憩室炎の一例 第148回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20122

11)

三浦友来、深瀬和利、原 倫代、齋藤吉彦、三浦友来、藤嶋昌一郎、鈴木康之、白幡 名香雄、鈴木克典、武田弘明:胃原発T細胞性悪性リンパ腫の1例。第148回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20122

12)

大島真悟、鈴木康之、原 倫代、齋藤吉彦、三浦友来、藤嶋昌一郎、白幡 名香雄、鈴木克典、武田弘明、深瀬和利:大腸亜全摘術後吻合部完全閉塞に対して内視鏡治療を施行した1例 第148回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20122

13)

佐々木悠、佐藤 剛司、名木野 匡、岩野 大輔、矢尾板 孝夫、吉澤 和哉、水本 尚子、仁科 武人、西瀬 祥一、上野 義之:閉塞性肥大型心筋症者の繰返す消化管出血源として小腸血管性病変を捉えダブルバルーン内視鏡で止血した一例.第148回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20122

14)

宇賀神智、奥本和夫、伊藤宏、阿部吉弘:肝細胞癌の経過中にHBs抗原の陰性化を来たしたB型慢性肝炎の一例. 192回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20122

15)

矢作有希恵、奥本和夫、冨田恭子、佐藤智佳子、芳賀弘明 、石井里佳 、西瀬雄子、渡辺久剛、冨樫整、斎藤貴史、上野義之:難治性腹水を生じた多中心性キャッスルマン病の1例 第192回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20122

16)

冨田恭子、奥本和夫、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史:限局性脂肪沈着を疑う肝腫瘤様病変が短期間に改善した重症型アルコール性肝炎の一例.第192回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20122

17)

勝見修一郎、芳賀弘明、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、奥本和夫、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:肝循環不全が原因と考えられる高度肝機能障害を呈した神経性食思不振症の一例.第192回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20122

18)

和田佳子、佐藤智佳子、冨田恭子、石井里佳、芳賀弘明、奥本和夫、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史:慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)を契機に発症した自己免疫性肝炎の一例.第192回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20122

19)

野村栄樹、内海潔、虻江誠、野口哲也、鈴木眞一、鈴木雅貴、小野寺博義、木内誠、佐藤正幸、椎葉健一、伊藤しげみ、佐藤郁郎、大田泰徳. Multiple lymphomatous polyposis(MLP)様形態を呈したAPI2/MALT1陽性横行結腸MALTリンパ腫の1. 192回日本消化器病学会東北支部例会, 仙台;20122

20)

佐々木悠、阿部靖彦、佐藤剛司、名木野匡、岩野大輔、矢尾板孝夫、吉澤和哉、水本尚子、八木周、菅野奈々、西瀬祥一、上野義之.虚血性心疾患と鑑別を要した急性壊死性食道炎の一例.第149回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20127

21)

川越 圭、鈴木康之、仁科武人、原倫代、佐藤英之、藤嶋昌一郎、白幡名香雄、鈴木克典、武田弘明、深瀬和利:当院における最近経験した赤痢アメーバの3例 第149回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20127

22)

勝見智大、奥本和夫、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:高気圧酸素療法が有効であった蜂巣状形態を呈した肝膿瘍の一例.第193回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20127

23)

小野里佑介、冨田恭子、奥本和夫、勝見智大、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:骨盤内転移リンパ節からの自然出欠を来たした肝細胞癌の一例.第193回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20127

24)

鈴木修平,中村翔,折原美佳,伊藤由理子,橋昌宏,福井忠久,吉岡孝志:S-1CDDP療法が完全奏功した腹膜播腫を伴う進行胃癌の2.193回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20127

 

 

(4)

研究会

i

特別講演

1)

大泉 晴史:「酸関連疾患に対する新しい治療戦略」Next Lecture Meeting、山形市;20121

2)

大泉 晴史:「ABC検診における、経鼻内視鏡の役割」岩手県胃の検診セミナー、盛岡市;20121

3)

大泉 晴史:「ABC胃癌リスク評価の導入と今後の胃癌検診」日本消化器がん検診学会東北支部会委員会技師部会研修会、山形市;20122

4)

深瀬和利:「早期胃癌に対する内視鏡的切除術の治療戦略・Helicobacter Pylori除菌による胃癌の予防−ランセット論文とその後−」第6回埼玉県東部治療内視鏡検討会、さいたま市;20122

5)

大泉 晴史:「酸関連疾患における新たな治療戦略−NSAIDs潰瘍を中心に−」Next Lecture Meeting、山形市;20123

6)

武田弘明:「消炎鎮痛剤による消化管粘膜障害―消化器内科の立場から―」Next Lecture Meeting、酒田市;20123

7)

武田弘明:「メタボリックシンドロームと消化器疾患―増加する大腸腫瘍と酸関連疾患―」Nexium Symposium学術講演会、南陽市;20123

8)

武田弘明:「メタボリックシンドロームと消化器疾患―増加する大腸腫瘍と酸関連疾患―」米沢ネキシウム講演会、米沢市;20123

9)

渡辺久剛:「ウイルス性肝炎診療の現状と最新標準治療」平成23年度山形県肝炎標準治療講演会、新庄市;20123

10)

渡辺久剛:「肝臓専門医から見た肝疾患診療の現状と将来展望」ルミパルスフォーラムin仙台、仙台市;20123

11)

武田弘明:「大きく変化したIBD治療―経験した症例を中心に―」第1回会津IBD研究会、会津若松市;20124

12)

武田弘明:「消炎鎮痛剤による消化管粘膜障害―消化器内科の立場から―」米沢整形外科医会研修会、米沢市;20124

13)

武田弘明:「心筋梗塞だけじゃないメタボの怖さ―メタボは大腸癌など胃腸病を増やす―」未来の検討と医・食を考える会、仙台市;20126

14)

武田弘明:咽喉頭逆流症(LPRD)と胃・食道逆流症(GERD)−現代の日本人の胃を考える− 酒田耳鼻科医会、酒田市;20127

15)

武田弘明:「メタボリックシンドロームと消化器疾患―増加する大腸腫瘍・酸関連疾患―」Next Lecture Meeting、 寒河江市;20129

16)

武田弘明:「消化器内科からみたNSAIDS関連の消化管障害」山形県臨床内科医会学術講演会、山形市;201210

17)

武田弘明:「胃食道逆流症とその関連疾患」Next Lecture Meeting、新庄市;201210

18)

武田弘明:「診療で注意したい下痢を来たす疾患―collagenous colitisを含めて―」尾花沢大石田臨床懇話会学術集会、大石田町;201211

19)

武田弘明:「酸関連疾患とプロトンポンプ抑制剤」山辺セミナー、山辺町;201211

20)

渡辺久剛:「ウイルス性肝炎診療の現状と最新標準治療」平成24年度山形県肝炎標準治療講演会、三川町;201211

21)

福井忠久:当科での大腸癌化学療法におけるベバシズマブ長期投与例について.12回東北がん分子標的治療研究会、仙台;201211

22)

大泉 晴史:「山形県における胃がん検診の現況と今後の展望」第16回北海道Helicobacter pyloriフォーラム、札幌市;201212

23)

深瀬和利:「山形県における消化器治療内視鏡の現況?山形県消化器治療内視鏡研究会アンケート20年間のまとめ?」第33回山形県消化器治療内視鏡研究会、山形市;201212

24)

福井忠久:山形県におけるアバスチン適正使用に向けて−最新情報. 山形胸部腫瘍研究会、山形;201211

 

 

ii

一般演題

1)

吉澤和哉、水本尚子、矢尾板孝夫、岩野大輔、佐々木悠、名木野匡、佐藤剛司、西瀬祥一、上野義之:胃癌によるSister Mary Joseph's noduleの一例.第17回山形食道・胃疾患研究会,山形;20122

2)

佐藤智佳子:B型慢性肝炎に対するペガシス一年投与の経験 B型肝炎学術講演会、山形;20123

3)

藤嶋昌一郎、武田弘明、仁科 武人、川越 圭、佐藤 英之、白幡 名香雄、鈴木 克典、深瀬 和利:SSBEから発生したBarrett腺癌の1例 第41回胃と腸勉強会、山形市;20123

4)

佐々木悠、佐藤剛司、名木野匡、岩野大輔、矢尾板孝夫、吉澤和哉、水本尚子、西瀬祥一、上野義之.壊疽性膿皮症を合併した潰瘍性大腸炎の一例.第10回山形アレルギー研究会,山形;20123

5)

佐々木悠、佐藤剛司、名木野匡、岩野大輔、矢尾板孝夫、吉澤和哉、水本尚子、西瀬祥一、上野義之.症例提示.第41回胃と腸勉強会,山形市;20123

6)

大泉 晴史:早期胃がんEMR、除菌後10年を経て認めた二次発がん(0Uc)の一例、第41回山形県胃と腸勉強会、山形市;20123

7)

佐々木悠、武田弘明、佐藤剛司、西瀬祥一、名木野匡、岩野大輔、矢尾板孝夫、吉澤和哉、八木周、水本尚子、菅野奈々、阿部靖彦、河田純男、上野義之.男性の大腸腺腫における血清IL-6、インスリン、HOMA-IR値.第2回肥満と消化器疾患研究会、東京;20124

8)

佐々木悠、阿部靖彦、佐藤剛司、名木野匡、岩野大輔、矢尾板孝夫、吉澤和哉、水本尚子、八木周、菅野奈々、西瀬祥一、上野義之.症例提示.第29回山形県小腸大腸疾患研究会、山形;20126

9)

大泉 晴史:自然排菌でABC分類上「A」を呈したと思われる検診発見多発性早期胃癌の一例、第42回山形県胃と腸勉強会、山形市;20126

10)

大泉 晴史:Pneumatosis cystoides intestinalis の病態を呈した一例、第29回山形県小腸大腸疾患研究会、山形市;20126

11)

大泉 晴史:Amoebic dysenfevy 4症例、第29回山形県小腸大腸疾患研究会、山形市;20126

12)

石浜活義:当院における大腸ESDの現状 山形県大腸疾患研究会、山形市;20126

13)

藤嶋昌一郎、武田弘明、仁科 武人、川越 圭、佐藤 英之、白幡 名香雄、鈴木 克典、深瀬 和利:EUSで深達度診断した胃がん症例 第42回胃と腸勉強会、山形市;20126

14)

奥本和夫、齋藤貴史:骨髄細胞を用いた肝再生療法の検討. 第22回南阪神肝疾患病診連携セミナー、西宮;20126

15)

奥本和夫、勝見智大、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:自然縮小を来たす肝細胞癌についての検討.48回日本肝癌研究会,金沢;20127

16)

渡辺久剛:肝細胞がん診療と病診連携 第5回消化器疾患治療シンポジウム、山形市;20129

17)

佐藤智佳子:脂肪性肝疾患 第5回消化器疾患治療シンポジウム、山形市;20129

18)

奥本和夫、冨樫整、勝見智大、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、西瀬雄子、阿部靖彦、渡辺久剛、齋藤貴史、上野義之:孤立性胃静脈瘤治療における3D-CTの有用性とBRTO不成功例に対する内視鏡的硬化療法の有用性について 第24回東北食道・胃静脈瘤硬化療法研究会(吾妻シンポジウム)、福島;20129

19)

奥本和夫、斎藤貴史、勝見智大、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、西瀬雄子、渡辺久剛、上野義之:肝類上皮血管内皮腫の1例 第9回肝病理よろず相談勉強会、静岡;20129

20)

鈴木克典、仁科武人、原倫代、川越 圭、佐藤英之、鈴木康之、藤嶋昌一郎、白幡名香雄、武田弘明、深瀬和利:6ヶ月で治癒しなかった急性B型肝炎ジェノタイプA1例 山形県肝疾患研究会、山形市;20129

21)

勝見智大、奥本和夫、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、上野義之:RFA後局所再発治療時におけるソナゾイド造影超音波検査の有用性について。山形県肝疾患研究会、山形;20129

22)

奥本和夫 齋藤貴史 芳賀弘明 勝見智大 冨田恭子 佐藤智佳子 石井里佳 西瀬雄子 渡辺久剛 上野義之:ヒト骨髄細胞の肝様細胞への分化と自己骨髄細胞移植(ABMi)の有用性について.14回東北肝炎・肝癌研究会、盛岡;201210

23)

石浜活義:大腸ESDについて 山形県内視鏡技師研究会、山形市;201210

24)

佐々木悠、武田弘明、佐藤剛司、名木野匡、岩野大輔、矢尾板孝夫、吉澤和哉、八木周、水本尚子、菅野奈々、西瀬祥一、野村栄樹、阿部靖彦、河田純男、上野義之.血中GIP濃度と大腸腺腫の関連性について.第50回小腸研究会、京都;201211

25)

西瀬雄子:高齢者における肝疾患の特徴と治療の工夫.第1回山形県肝疾患地域医療連携懇話会,山形;201211

26)

鈴木克典、仁科武人、原倫代、川越 圭、佐藤英之、鈴木康之、藤嶋昌一郎、白幡名香雄、武田弘明、深瀬和利:当院におけるB型肝炎患者の現状 第1回山形Hepatitis B meeting、山形市;201211

27)

吉澤和哉、佐々木悠、阿部靖彦、菅野奈々、水本尚子、八木周、矢尾板孝夫、岩野大輔、佐藤剛司、野村栄樹、西瀬祥一、上野義之:当科の抗血栓薬内服者における上部消化管内視鏡的粘膜切除(ESDEMR)時の合併症の検討.第33回山形県消化器治療内視鏡研究会、山形;201212

28)

小野寺基之, 野村栄樹, 沖田啓, 名木野匡, 芳賀弘明, 三浦敦司, 黒木実智雄, 菊地義文, 平川秀紀. クローン病消化管狭窄例に対する内視鏡的バルーン拡張術の有用性の検討. 33回山形県消化器治療内視鏡研究会, 山形;201212

29)

大泉 晴史:検診発見早期胃癌の一例 第43回山形県胃と腸勉強会、山形市;201212

30)

藤嶋昌一郎、武田弘明、仁科 武人、川越 圭、佐藤 英之、白幡 名香雄、鈴木 克典、深瀬 和利:回盲部平滑筋肉腫の1例 第25回早期大腸癌研究会、仙台;201211

31)

藤嶋昌一郎、武田弘明、仁科 武人、川越 圭、佐藤 英之、白幡 名香雄、鈴木 克典、深瀬 和利:食道類基底細胞癌の1例 第43回胃と腸勉強会、山形市;201212

32)

佐藤 英之, 白幡 名香雄, 小野里 祐介, 仁科 武人, 原 倫代, 川越 圭, 藤嶋 昌一郎, 鈴木 克典, 武田 弘明, 深瀬 和利:良性胆管狭窄に併発した胆管結石の治療を行なった1例.第33回山形県消化器治療内視鏡研究会、山形;201212

33)

佐藤 英之:高齢者に対する胆膵内視鏡治療.第11回東北胆膵Intervention懇話会、仙台;201212

34)

大島真悟、松田剛、木田雅文:悪性大腸狭窄に対するステント留置術の経験.第33回山形県消化器治療内視鏡研究会,山形;201212

 

 

(5)

その他

1)

深瀬和利:「早期胃癌に対するESD後追加外科手術症例の検討−第2報−」平成23年度がん研究開発費斎藤小
班第2回班会議、東京;20121

2)

福井忠久:がん化学療法と栄養管理を考える勉強会、郡山市;20123

3)

福井忠久:置賜地区がん化学療法学学術講演、米沢市;20123

4)

福井忠久:平成24年度第2回山形県がん化学療法セミナー、山形市;20126

5)

福井忠久:大腸がんチーム医療ワークショップ、郡山市;20128

6)

福井忠久:山形支持療法セミナー、山形市;201210

7)

福井忠久:癌化学療法学術講演会、山形市;201210

8)

阿部靖彦:石巻高校「大学模擬講義」、石巻市;201210

 

 

説明: 説明: このページのトップへ

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\pause3.gif

説明: 説明: お問合せ 山形大学医学部消化器内科
990-9585 山形市飯田西2-2-2  TEL023-628-5309  FAX023-628-5311

Copyright (c) Yamagata University Faculty of Medicine.