Department of Gastroenterology

 

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-1.gif説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-2.gif

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-3.gif

 

説明: 説明: ホーム

説明: 説明: ご挨拶

説明: 説明: 教室のあゆみ

説明: 説明: 後期プログラム研修のご案内

説明: 説明: スタッフの紹介

説明: 説明: 研究の概要

説明: 説明: 診療の概要

説明: 説明: 外来診療のご案内

 

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\mark.gif

説明: 説明: 外来週間予定

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\mark.gif

説明: 説明: 光学医療診療部

 

説明: 説明: 学会研究会、行事の御案内

説明: 説明: 業績一覧

説明: 説明: 出版物の紹介

説明: 説明: 消化器病コラム(一般向け)

説明: 説明: 関連医療機関

説明: 海外留学記・学会出席記

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 説明: 関連機関リンク

説明: 説明: 附属病院光学医療診療部

説明: 説明: 山形大学医学部がんセンター

説明: 説明: 第46回 日本肝臓学会総会

説明: 説明: 山形大学医学部

説明: 説明: 山形大学医学部附属病院

説明: 説明: 山形大学医学部附属病院治験センター

説明: 説明: 消化器病の先進的診断・治療、教育体制の充実に取り組みます。説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 説明: 業績一覧(Achievements)

 

当科の業績としまして、数多くの論文発表や学会発表等があります。
過去の主要な論文などを掲載します。

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\arrow1.gif 2016  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2015  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2014  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2013  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2012  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\arrow1.gif 2011  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2010
説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\arrow1.gif 2009  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2008

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\pause2.gif

 

2011
1.論文
1原著 (2総説 (3著書
2.
学会報告
1国際学会 (2国内学会 (3国内地方会 (4研究会 (5その他
3.学会、講演会、シンポジウム、ワークショップ等の開催

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

 

1.

論 文

(1)

原 著

1)

Yoshida H, Shiratori Y, Kudo M, Shiina S, Mizuta T, Kojiro M, Yamamoto K, Koike Y, Saito K, Koyanagi N, Kawabe T, Kawazoe S, Kobashi H, Kasugai H, Osaki Y, Araki Y, Izumi N, Oka H, Tsuji K, Toyota J, Seki T, Osawa T, Masaki N, Ichinose M, Seike M, Ishikawa A, Ueno Y, Tagawa K, Kuromatsu R, Sakisaka S, Ikeda H, Kuroda H, Kokuryu H, Yamashita T, Sakaida I, Katamoto T, Kikuchi K, Nomoto M, Omata M: Effect of vitamin K2 on the recurrence of hepatocellular carcinoma. Hepatology 2011; 54(2): 532-40

2)

Yang F, Priester S, Onori P, Venter J, Renzi A, Franchitto A, Munshi MK, Wise C, Dostal DE, Marzioni M, Saccomanno S, Ueno Y, Gaudio E, Glaser S: Castration inhibits biliary proliferation induced by bile duct obstruction: novel role for the autocrine trophic effect of testosterone. American Journal of Physiology Gastrointestinal and Liver Physiology 2011; 301(6): G981-91

3)

Renzi A, Glaser S, Demorrow S, Mancinelli R, Meng F, Franchitto A, Venter J, White M, Francis H, Han Y, Alvaro D, Gaudio E, Carpino G, Ueno Y, Onori P, Alpini G: Melatonin inhibits cholangiocyte hyperplasia in cholestatic rats by interaction with MT1 but not MT2 melatonin receptors. American Journal of Physiology Gastrointestinal and Liver Physiology 2011; 301(4): G634-43

4)

Miyagawa-Hayashino A, Egawa H, Yoshizawa A, Ueda Y, Ichida T, Ueno Y, Uemoto S, Harada K, Nakanuma Y: Frequent overlap of active hepatitis in recurrent primary sclerosing cholangitis after living-donor liver transplantation relates to its rapidly progressive course. Human Pathology 2011; 42(9): 1329-36

5)

Meng F, Francis H, Glaser S, Han Y, Demorrow S, Stokes A, Staloch D, Venter J, White M, Ueno Y, Reid LM, Alpini G: Role of stem cell factor and granulocyte-colony stimulating factor in remodeling during liver regeneration. Hepatology 2011; 55(1): 209-21

6)

Kondo Y, Ueno Y, Wakui Y, Ninomiya M, Kakazu E, Inoue J, Kobayashi K, Obara N, Shimosegawa T: Rapid reduction of hepatitis C virus-Core protein in the peripheral blood improve the immunological response in chronic hepatitis C patients. Hepatology Research 2011; 41(12): 1153-68

7)

Kondo Y, Ueno Y, Kakazu E, Kobayashi K, Shiina M, Tamai K, Machida K, Inoue J, Wakui Y, Fukushima K, Obara N, Kimura O, Shimosegawa T. Lymphotropic HCV strain can infect human primary naive CD4+ cells and affect their proliferation and IFN-gamma secretion activity. Journal of Gastroenterology. 2011; 46(2): 232-41

8)

Kakazu E, Ueno Y, Kondo Y, Inoue J, Ninomiya M, Kimura O, Wakui Y, Fukushima K, Tamai K, Shimosegawa T. Plasma L-Cystine/L-Glutamate Imbalance Increases Tumor Necrosis Factor-Alpha from CD14+ Circulating Monocytes in Patients with Advanced Cirrhosis. PloS one. 2011; 6(8): 9

9)

Inoue J, Ueno Y, Wakui Y, Niitsuma H, Fukushima K, Yamagiwa Y, Shiina M, Kondo Y, Kakazu E, Tamai K, Obara N, Iwasaki T, Shimosegawa T. Four-year study of lamivudine and adefovir combination therapy in lamivudine-resistant hepatitis B patients: influence of hepatitis B virus genotype and resistance mutation pattern. Journal of Viral Hepatitis. 2011; 18(3): 206-15

10)

Inoue J, Ueno Y, Wakui Y, Fukushima K, Kondo Y, Kakazu E, Ninomiya M, Niitsuma H, Shimosegawa T. Enhanced replication of hepatitis B virus with frameshift in the precore region found in fulminant hepatitis patients. The Journal of Infectious Diseases. 2011; 204(7): 1017-25

11)

Inoue J, Ueno Y, Shimosegawa T. Management of chronic hepatitis B patients: Efficacy & limitation of nucleos(t)ide analogues. The Indian journal of medical research. 2011; 133(1): 11-4

12)

Glaser S, Gaudio E, Renzi A, Mancinelli R, Ueno Y, Venter J, White M, Kopriva S, Chiasson V, Demorrow S, Francis H, Meng F, Marzioni M, Franchitto A, Alvaro D, Supowit S, Dipette DJ, Onori P, Alpini G. Knockout of the neurokinin-1 receptor reduces cholangiocyte proliferation in bile duct-ligated mice. American Journal of Physiology Gastrointestinal and Liver Physiology. 2011; 301(2): G297-305

13)

Fukushima K, Ueno Y, Kawagishi N, Kondo Y, Inoue J, Kakazu E, Ninomiya M, Wakui Y, Saito N, Satomi S, Shimosegawa T. The nutritional index 'CONUT' is useful for predicting long-term prognosis of patients with end-stage liver diseases. The Tohoku Journal of Experimental Medicine. 2011; 224(3): 215-9

14)

Dutta AK, Khimji AK, Kresge C, Bugde A, Dougherty M, Esser V, Ueno Y, Glaser SS, Alpini G, Rockey DC, Feranchak AP. Identification and functional characterization of TMEM16A, a Ca2+-activated Cl- channel activated by extracellular nucleotides, in biliary epithelium. The Journal of Biological Chemistry. 2011; 286(1): 766-76

15)

Chayama K, Hayes CN, Yoshioka K, Moriwaki H, Okanoue T, Sakisaka S, Takehara T, Oketani M, Toyota J, Izumi N, Hiasa Y, Matsumoto A, Nomura H, Seike M, Ueno Y, Yotsuyanagi H, Kumada H. Factors predictive of sustained virological response following 72 weeks of combination therapy for genotype 1b hepatitis C. Journal of Gastroenterology. 2011; 46(4): 545-55

16)

Alpini G, Franchitto A, Demorrow S, Onori P, Gaudio E, Wise C, Francis H, Venter J, Kopriva S, Mancinelli R, Carpino G, Stagnitti F, Ueno Y, Han Y, Meng F, Glaser S. Activation of alpha(1) -adrenergic receptors stimulate the growth of small mouse cholangiocytes via calcium-dependent activation of nuclear factor of activated T cells 2 and specificity protein 1. Hepatology. 2011; 53(2): 628-39

17)

Haga H, Saito T, Okumoto K, Ugajin S, Sato C, Ishii R, Nishise Y, Ito J, Watanabe H, Saito K, Togashi H, Kawata S: Enhanced expression of fibroblast growth factor 2 in bone marrow cells and its potential role in the differentiation of hepatic epithelial stem-like cells into hepatocyte lineage. Cell Tissue Res 2011; 343: 371-378

18)

Soga T, Sugimoto M, Honma M, Mori M, Igarashi K, Kashikura K, Ikeda S, Hirayama A, Yamamoto T, Yoshida H, Otsuka M, Tsuji S, Yatomi Y, Sakuragawa T, Watanabe H, Nihei K, Saito T, Kawata S, Suzuki H, Tomita M, Suematsu M: Serum metabolomics reveals γ-glutamyl dipeptides as biomarkers for discrimination among different forms of liver disease. J Hepatol 2011; 55: 896-905

19)

El-Shamy A, Shoji I, Saito T, Watanabe H, Ide YH, Deng L, Kawata S, Hotta H: Sequence heterogeneity of NS5A and core proteins of hepatitis C virus and virological responses to pegylated-interferon/ribavirin combination therapy. Micobiol Immunol 2011; 55: 418-426

20)

Kachko A, Kochneva G, Sivolobova G, Grazhdantseva A, Lupan T, Zubkova I, Wells F, Merchlinsky M, Williams O, Watanabe H, Ivanova A, Shvalov A, Loktev V, Netesov S, Major M: New neutralizing antibody epitopes in hepatitis C virus envelope glycoproteins are revealed by dissecting peptide recognition profiles. Vaccine 2011; 30: 69-77

21)

Saito T, Okumoto K, Haga H, Nishise Y, Ishii R, Sato C, Watanabe H, Okada A, Ikeda M, Togashi H, Ishikawa T, Terai S, Sakaida I, Kawata S: Potential therapeutic application of intravenous bone marrow infusion in patients with alcoholic liver cirrhosis. Stem Cells Dev 2011; 20: 1503-1510

22)

Ishii R, Togashi H, Iwaba A, Sato C, Haga H, Sanjo M, Okumoto K, Nishise Y, Ito JI, Watanabe H, Saito K, Okada A, Takahashi K, Saito T, Kawata S: (99m)Tc-GSA SPECT analysis was clinically useful to evaluate the effect of interferon in a patient with interferon non-responsive chronic hepatitis C. Ann Nucl Med 2011; 25: 520-523

23)

Ito J, Saito T, Iwaba A, Suzuki Y, Sanjo M, Ishii R, Sato C, Haga H, Okumoto K, Nishise Y, Watanabe H, Saito K, Togashi H, Kawata S: A case of monocular blindness as the initial presentation of hepatocellular carcinoma with skull metastasis. Clin J Gastroenterol 2011; 4: 273-277

24)

Ikarashi K, Fujiwara H, Yamazaki Y, Goto J, Kaneko K, Kato H, Fujii S, Sasaki H, Fukumoto S, Furukawa K, Waki H, Furukawa K: Impaired hippocampal long-term potentiation and failure of learning in β 1,4-N-acetylgalactosaminyltransferase gene transgenic mice. Glycobiology 2011; 21: 1373-1381

25)

Nishise S, Takeda H, Orii T, Sato T, Sasaki Y, Nishise Y, Kawata S: Evaluation of the effect of ulinastatin on the production of macrophage colony-stimulating factor in vitro for potential combination therapy with leukocyte adsorption. Ther Apher Dial 2011; 14: 386-391

26)

Sato T, Takeda H, Sasaki Y, Kawata S: Increased Homeostasis Model Assessment-Insulin Resistance is a risk factor for colorectal adenoma in Japanese male. Tohoku J. Exp. Med. 2011; 223(47): 297-303

27)

Sasaki Y, Takeda H, Sato T, Orii T, Fujishima S, Nagino K, Nishise S, Saito H, Tanaka Y, Kawata S: Increased levels of serum glucose-dependent insulinotropic polypeptide as a novel risk factor for human colorectal adenoma. Metabolism 2011; 60(9): 1253-1258

28)

Fujii J, Ito J, Zhang X, Kurahashi T : Unveiling the Roles of the Glutathione Redox System In Vivo by Analyzing Genetically Modified Mice. J Clin Biochem Nutr 2011; 49; 70-78

29)

金子周一、古瀬純司、工藤正俊、池田健次、本多政夫、中本安成、恩地森一、汐田剛史、横須賀收、坂井田功、竹原徹郎、上野義之、廣石和正、西口修平、森脇久隆、山本和秀、佐田通夫、小尾俊太郎、宮山士朗、今井幸紀:新規抗がん剤使用ガイド作成委員会 肝がんに対する新規抗がん剤使用に関する指針 2010年度版 平成22年度厚生労働科学研究費補助金(肝炎等克服緊急対策研究事業).肝臓 2011; 52(8): 532-551

30)

宮坂昭生、坂本十一、福田眞作、後藤 隆、大西洋英、上野義之、下瀬川 徹、斉藤貴史、河田純男、大平弘正、小松眞史、阿部弘一、鈴木一幸:Serotype 1 高ウイルス量C型慢性肝炎に対するペグインターフェロンα-2b, リバビリン併用療法の有用性:東北地区における多施設共同研究成績.肝臓 2011; 52(10): 652-661

31)

渡辺久剛、斎藤貴史、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、奥本和夫、西瀬雄子、河田純男:B型肝炎ウイルスジェノタイプB型感染高浸淫地区における感染実態の変遷.肝臓 2011; 52(11): 753-755

32)

二宮匡史、福島耕治、上野義之、下瀬川徹:PBCとその類縁疾患、オーバーラップス 基礎 ウイルス感染とPBC.肝胆膵 2011; 62(4): 665-669

33)

福島耕治、上野義之、大浦敏博:先天性代謝疾患を規定する個体差.肝胆膵 2011; 62(5): 953-60

34)

上野義之、川崎誠治、上本伸二、芦刈淳太郎:Changed!?臓器移植法改正施行後1年の現況.肝胆膵 2011; 63(1): 171-184

35)

嘉数英二、上野義之、下瀬川徹:肝臓疾患と栄養療法 基礎部門 肝硬変に出現する血漿アミノ酸不均衡が免疫機構に与える影響.肝胆膵 2011; 63(3): 375-82

36)

渡辺久剛、斎藤貴史、冨田恭子、佐藤智佳子、芳賀弘明、石井里佳、奥本和夫、西瀬雄子、新澤陽英、河田純男:遺伝子多型を含めたHCVコホート研究.肝胆膵 2011; 63(6): 877-885

37)

近藤泰輝、上野義之、下瀬川徹:次世代のDAA製剤 開発状況 症例に応じたDAA治療時期の選択.肝胆膵 2011; 63(6): 1255-1260

38)

上野義之:難治性肝疾患の難治性獲得メカニズムについて. 東北医学雑誌. 2011; 123(1): 34-36

39)

福井忠久、伊藤由理子、吉岡孝志、武田弘明、河田純男:低用量ネダプラチン・5FU併用放射線治療が著効した重度肝障害をともない全身状態不良の肝転移を有する食道癌の1例.日本消化器病学会雑誌 2011; 108(5): 813-818

40)

井上淳、上野義之、下瀬川徹:B型肝炎ウイルスの核酸アナログ耐性株に対する治療戦略.消化器内科 2011; 52(1): 86-91

41)

小原範之、福島耕治、上野義之:トランス脂肪酸高含有食による非アルコール性脂肪性肝疾患の惹起と発症機序.消化器内科 2011; 52(5): 526-534

42)

井上淳、上野義之、下瀬川徹:B型劇症肝炎におけるgenotype, precore領域frameshiftの意義.消化器内科 2011; 53(5): 595-600

 

 

(2)

総 説

1)

Kondo Y, Ueno Y, Shimosegawa T. Dysfunction of Immune Systems and Host Genetic Factors in Hepatitis C Virus Infection with Persistent Normal ALT. Hepat Res Treat. 2011; 2011: 713216

2)

武田弘明、河田純男:内臓脂肪と大腸癌.臨床消化器内科 2011; 26(2): 167-174

3)

武田弘明:細径大腸スコープを積極的に使う-術後の患者あるいは女性患者など-.消化器内視鏡,2011; 23(6): 1098-1102

4)

深瀬和利:保険適用拡大の3疾患について−胃癌−. 日本ヘリコバクター学会誌,2011; 13(1): 11-14

5)

渡辺久剛、河田純男:C型肝炎の自然経過. 日本臨床増刊号「新時代のウイルス肝炎学」 2011; 69(4): 23-28

 

 

(3)

著 書

1)

斎藤貴史:B型肝炎ジェノタイプB型高浸淫地域における急性B型肝炎の実態に関する臨床研究(第2報) -HBs抗原陰性化およびHBV DNA陰性化に要する期間の検討を含めて-.厚生労働省肝炎等克服緊急対策研究事業 平成22年度総括・分担研究報告書 「B型肝炎ジェノタイプA型感染の慢性化など本邦における実態とその予防に関する研究」、2011; 27-30

2)

河田純男、齋藤貴史:アルコール性肝硬変に対するABMi療法の有用性に関する症例対照研究.厚生労働省肝炎等克服緊急対策研究事業 平成22年度総合研究報告書 「骨髄および脂肪由来細胞を用いた次世代型肝臓再生・修復(抗線維化)療法の開発研究」、2011; 18-22

3)

渡辺久剛:肝炎コホートにおける自然治癒関連因子の解析.厚生労働省科学研究費補助金(肝炎等克服緊急対策事業)平成22年度分担研究報告書「ウイルス性肝炎に対する応答性を規定する宿主因子を含めた情報のデータベース構築・治療応用に関する研究」 2011; 32-34

4)

渡辺久剛、斎藤貴史、西瀬雄子、邵 力、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、奥本和夫、伊藤純一、斎藤孝治、冨樫整、新澤陽英、河田純男:HCVコホート研究による持続感染者の自然経過.HCV感染のnatural courseを探る −わが国におけるコホート研究―.河田純男 監修、佐田通夫、新澤陽英、斎藤貴史 編集. 山形:山形大学出版,201145-50

5)

鈴木康之、深瀬和利:虚血性腸炎.消化器疾患最新の治療 2011-2012,東京:南江堂,2011 208-210

6)

曽我朋義、杉本昌弘、本間雅、斉藤貴史、末松誠: 新規酸化ストレスマーカーγ‐グルタミルジペプチドによる肝疾患スクリーニング. 沖田極 編集、酸化ストレスと肝疾患 第7巻、東京:メディカルトリビューン,2011115-123

 

 

2.

学会報告

(1)

国際学会

i

一般演題

1)

DeMorrow S, Onori P, Mancinelli R, Venter J, Franchitto A, White M, Ueno Y, Francis H, Butler W, Gaudio E, Alpini G. Selective Activation of the Serotonin Receptor 2B Isoform Increases Cholangiocyte Growth and Induces the Expression of the Fibroblast Growth Factor 1 (FGF1). American Gastroenterological Association, Chicago, USA; May 2011

2)

Renzi A, DeMorrow S, Glaser S, Onori P, Venter J, Mancinelli R, Franchitto A, White M, Francis H, Ueno Y, Meng FY, Butler W, Gaudio E, Alpini G. Modulation of the Biliary Expression of Arylalkylamine N-Acetyltransferase (AANAT, the Key Enzyme Regulating Melatonin Synthesis) Alters the Proliferative/Apoptotic Responses of Cholangiocytes to Liver Injury In Vivo and In Vitro. American Gastroenterological Association, Chicago, USA; May 2011

3)

Sasaki Y, Takeda H, Sato T, Orii T, Nishise S, Nagino K, Iwano D, Yaoita T, Yoshizawa K, Kawata S: Increased Levels of Serum Glucose-Dependent Insulinotropic Polypeptide As a Novel Risk Factor for Human Colorectal Adenoma. American Gastroenterological Association, Chicago, USA; May 2011

4)

Ito J, Takahashi M, Otsuki N, Konno T, Nishida H, Tsunoda S, Kurahashi T, Zhang X, Miyata S, Fujii J : Aldehyde reductase deficiency prolongs pentobarbital induced hypnosis in mice. 4th International Symposium on Nutrition, Oxygen Biology & Medicine, Paris, France : June 2011

5)

Kurahashi T , Awada C, Konno T, Otsuki N, Tsunoda S, Zhang X, Ito J, Iuchi Y, Takao T, Fujii J : Roles of peroxiredoxin 4 in protein sulfhyryl oxidation. 5th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia (SFRR-Asia), 8th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine (ASMRM), Kagoshima, Japan : August 2011

6)

Nishise Y, Saito T, Sato C, Ishii R, Haga H, Okumoto K, Watanabe H, Togashi H, Hotta H, Kawata S: Hepatocellular Carcinoma and Secondary Structure of Hepatitis C Virus (HCV) NS3 Protein Amino-Terminus among Patients received Peginterferon plus Ribavirin Combination Therapy for Chronic HCV Subtype 1b Infection. The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease, San Francisco, USA; October 2011

7)

Watanabe H, Saito T, Sato C, Ishii R, Haga H, Okumoto K, Nishise Y, Shinzawa H, and Kawata S. A polymorphism near IL28B is associated with spontaneous clearance of hepatitis C virus (HCV) RNA in a population-based, long-term cohort study of chronic HCV carriers. The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, San Francisco, USA; November 2011

8)

Francis HL, Meng F, Onori P, Venter J, White M, Ueno Y, Franchitto A, Renzi A, Gaudio E, Alpini G. H1 and H2 Histamine Receptor Agonists Differentially Stimulate the Regeneration of Small and Large Cholangiocytes by Activation of Ca(2+) and Camp-Dependent Mechanisms, Respectively. The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease, San Francisco, USA; October 2011

9)

Glaser SS, Onori P, Meng FY, Franchitto A, Mancinelli R, Venter J, White M, Butler W, Ueno Y, Gaudio E, Alpini G. Lack of the Expression of the Secretin-Secretin Receptor Signaling Axis Exacerbates Carbon Tetrachloride-Induced Damage of Large Cholangiocytes. The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease, San Francisco, USA; October 2011

10)

Inoue J, Ueno Y, Niitsuma H, Kondo Y, Kakazu E, Ninomiya M, Kimura O, Shimosegawa T. Association between Mutations in a Cytotoxic T Lymphocyte Epitope of Hepatitis B Virus and Fulminant Hepatitis. The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease, San Francisco, USA; October 2011

11)

Kakazu E, Ueno Y, Kondo Y, Inoue J, Ninomiya M, Kimura O, Shimosegawa T. Plasma L-Cystine/L-Glutamate Imbalance Increases Tumor Necrosis Factor-Alpha from Circulating Monocytes Via System Xc-(4f2hc+Xct) in Patients with Advanced Cirrhosis. The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease, San Francisco, USA; October 2011

12)

Kondo Y, Ueno Y, Tanaka Y, Ninomiya M, Kakazu E, Inoue J, Shimosegawa T. Immunological and Virological Analysis of Hbv/Hcv Dual Infection. The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease, San Francisco, USA; October 2011

13)

Kondo Y, Ueno Y, Machida K, Kimura O, Kakazu E, Inoue J, Shimosegawa T. Hcv-Core Protein Could Induce Th17 Commitment by Enhancing the Stat-3 Signaling. The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease, San Francisco, USA; October 2011

14)

Meng FY, Han YY, Glaser SS, DeMorrow S, Stokes A, Ueno Y, Staloch D, White M, Venter J, Francis HL, Alpini G. Role of Colony Stimulating Factors in Biliary Remodeling during Liver Regeneration. The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease, San Francisco, USA; October 2011

15)

Munshi MK, Renzi A, Mancinelli R, Onori P, Franchitto A, Ueno Y, Priester S, Gaudio E, Dostal DE, Glaser SS. Activation of the Renin-Angiotensin System during Extrahepatic Cholestasis Plays a Key Role in the Autocrine Stimulation of Biliary Proliferation by Ang Ii. The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease, San Francisco, USA; October 2011

16)

Nakamura M, Ito M, Kondo H, Yamamoto K, Ohira H, Zeniya M, Tanaka A, Hashimoto E, Honda M, Kaneko S, Ueno Y, Kikuchi K, Shimoda S, Komori A, Harada K, Sakisaka S, Takikawa H, Onji M, Onishi S, Tsubouchi H, Nakanuma Y, Ishibashi H. Positive Anti-Gp210 Antibodies Is a Significant Risk Factor for Bile Duct Loss, Hepatitis and Poor Biochemical Response to Ursodeoxycholic Acid Treatment That Lead to More Severe Progression in Japanese Patients with Primary Biliary Cirrhosis. The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease, San Francisco, USA; October 2011

17)

Ninomiya M, Ueno Y, Kondo Y, Inoue J, Kakazu E, Kimura O, Shimosegawa T. Deep Sequencing Technology: High Faculty to Differentiate the Viral Variants Compared with Sanger Sequencing. The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease, San Francisco, USA; October 2011

18)

Renzi A, Glaser SS, Meng FY, Onori P, Han YY, Franchitto A, Venter J, White M, Staloch D, Ueno Y, Gaudio E, Alpini G. Melatonin Increases the Expression of Mir-141 Reducing the Proliferation of Cholangiocytes by Targeting Clock and Cry1. The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease, San Francisco, USA; October 2011

19)

Yoshida H, Shiratori Y, Kudo M, Shiina S, Mizuta T, Kojiro M, Yamamoto K, Koike Y, Saito K, Koyanagi N, Kawabe T, Kawazoe S, Kobashi H, Kasugai H, Osaki Y, Araki Y, Izumi N, Oka H, Tsuji K, Toyota J, Seki T, Osawa T, Masaki N, Ichinose M, Seike M, Ishikawa A, Ueno Y, Tagawa K, Kuromatsu R, Sakisaka S, Ikeda H, Kuroda H, Kokuryu H, Yamashita T, Sakaida I, Katamoto T, Kikuchi K, Nomoto M, Omata M. Effect of Vitamin K2 on the Recurrence of Hepatocellular Carcinoma. The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease, San Francisco, USA; October 2011

20)

Alpini G, Franchitto A, DeMorrow S, Onori P, Gaudio E, Wise C, Francis H, Venter J, Kopriva S, Mancinelli R, Carpino G, Stagnitti F, Ueno Y, Han Y, Meng F, Glaser S. Activation of Alpha(1)-Adrenergic Receptors Stimulate the Growth of Small Mouse Cholangiocytes Via Calcium-Dependent Activation of Nuclear Factor of Activated T Cells 2 and Specificity Protein 1. The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease, San Francisco, USA; October 2011

 

 

(2)

国内学会

i

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ等

1)

井上淳、上野義之、涌井祐太、福島耕治、近藤泰輝、嘉数英二、二宮匡史、新妻宏文、三浦雅人、下瀬川徹:Genotype B1/BjHBVによる劇症肝炎とCTL epitope変異の関連.第47回日本肝臓学会総会,東京;2011 6

2)

中村稔、伊東正博、山本和秀、大平弘正、銭谷幹男、田中篤、橋本悦子、本多政夫、金子周一、上野義之、菊池健太郎、下田慎治、小森敦正、原田憲一、向坂彰太郎、滝川一、恩地森一、西原利治、大西三朗、坪内博仁、中沼安二、石橋大海:自己免疫性肝疾患upgrade 原発性胆汁性肝硬変の自己抗体、病理学的スコア、治療反応性と予後の相関解析.第47回日本肝臓学会総会,東京;2011 6

3)

近藤泰輝、上野義之、下瀬川徹. 消化器疾患と免疫 慢性C型肝炎患者における自己免疫性疾患発生の新規メカニズム.第15回日本肝臓学会大会,福岡;201110

4)

三浦雅人、上野義之、石井元康:宮城県における肝診療均てん化の現状と問題点.第15回日本肝臓学会大会,福岡;201110

 

5)

遠藤龍人、上野義之、片山和宏、加藤章信、高後裕、坂井田功、鈴木壱知、西口修平、森脇久隆、鈴木一幸:「肝発癌抑制を視野に入れた肝硬変の栄養療法のガイドライン作成を目指した総合的研究」班. 肝硬変の患者向け栄養療法ガイドの作成に向けた課題と患者の視点を考慮したPatient Questionの収集.第53回日本消化器病学会大会,福岡;201110

6)

嘉数英二、上野義之、下瀬川徹:非代償性肝硬変の合併症とその対策 非代償性肝硬変で出現するL-Cystine/L-Glutamic acid不均衡はLPS刺激時の単球からのTNF-α産生を高め、腎機能低下に関与する. 53回日本消化器病学会大会,福岡;201110

7)

渡辺久剛、斎藤貴史、河田純男:肝炎コホートにおけるHCV自然治癒および肝発癌関連因子からみたC型慢性肝炎に対する個別化医療の可能性.シンポジウム「C型肝炎個別化医療のための宿主因子、ウイルス因子」第53回日本消化器病学会大会,福岡;201110

8)

佐々木悠、武田弘明、河田純男:血清GIP値の上昇は、ヒト大腸腺腫の新しい危険因子である.第53回日本消化器病学会大会,福岡;201110

 

 

ii

一般演題

1)

西瀬祥一、武田弘明、佐々木悠、藤嶋昌一郎、折居智彦、佐藤剛司、河田純男:ウリナスタチンが顆粒球吸着除去療法時の生物学的反応発現に与える影響について.第7回日本消化管学会総会,京都;20112

2)

佐々木悠、武田弘明、藤嶋昌一郎、折居智彦、高野潤、佐藤剛司、矢尾板孝夫、岩野大輔、名木野匡、西瀬祥一、河田純男:発症から消退に至る9年の経過を観察しえたcap polyposisの一例.第7回日本消化管学会総会,京都;20112

3)

芳賀弘明、斎藤貴史、奥本和夫、佐々木弥生、佐藤智佳子、石井里佳、西瀬雄子、渡辺久剛、斉藤孝治、冨樫 整、河田純男:アルコール性肝硬変症に対する自己骨髄細胞投与療法の安全性、有用性の検討.第10回日本再生医療学会総会, 東京;20113

4)

西瀬祥一、武田弘明、折居智彦、佐藤剛司、佐々木悠、河田純男:ウリナスタチンがinterleukin 10の発現に与える影響について.第97回日本消化器病学会総会,東京;20115

5)

奥本和夫、斎藤孝治、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤貴史、河田純男:RFA後局所再発治療時におけるソナゾイド造影超音波検査の有用性について.第97回日本消化器病学会総会,東京;20115

6)

渡辺久剛、斎藤貴史、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、奥本和夫、西瀬雄子、斉藤孝治、冨樫 整、河田純男:急性B型肝炎におけるジェノタイプA型感染の実態と臨床経過.第47回日本肝臓学会総会,東京;2011 6

7)

西瀬雄子、齋藤貴史、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、奥本和夫、渡辺久剛、齋藤孝治、冨樫 整、堀田博、河田純男: C型肝炎ウイルス1bNS3領域蛋白質2次構造を基にしたサブグループ分類と肝細胞癌発生の関連性に関する前向き研究.第47回日本肝臓学会総会,東京;2011 6

8)

奥本和夫、斎藤孝治、芳賀弘明、佐藤智佳子、石井里佳、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、冨樫整、河田純男:Gd-EOB-DTPA造影MRI肝細胞相でぬけてソナゾイド造影クッパー相でぬけない腫瘍の検討.第47回日本肝臓学会総会,東京;20116

9)

芳賀弘明、斎藤貴史、奥本和夫、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、西瀬雄子、渡辺久剛、冨樫 整、河田純男:アルコール性肝硬変症に対する自己骨髄細胞投与療法の長期予後の検討.第47回日本肝臓学会総会, 東京;20116

10)

福島耕治、上野義之、大浦敏博、近藤泰輝、井上淳、嘉数英二、二宮匡史、涌井祐太、下瀬川徹:シトリン欠損におけるAMPKシグナルと酸化ストレス.第47回日本肝臓学会総会,東京;2011 6

11)

近藤泰輝、上野義之、二宮匡史、椎名正明、嘉数英二、井上淳、涌井祐太、福島耕治、下瀬川徹:HBV/HCV共感染患者における免疫病態解析.第47回日本肝臓学会総会,東京;2011 6

12)

近藤泰輝、上野義之、下瀬川徹. 各種HBVジェノタイプ関連肝細胞癌から産生される液性因子の免疫病態に与える影響.第47回日本肝臓学会総会,東京;2011 6

13)

嘉数英二、上野義之、近藤泰輝、福島耕治、井上淳、二宮匡史、涌井祐太、岩崎隆雄、下瀬川徹:非代償性肝硬変に出現する血漿中L-Cystine/L-Glutamate不均衡は交換輸送体xCTを介してCD14+単球からの炎症性サイトカイン産生を増加させる.第47回日本肝臓学会総会,東京;2011 6

14)

高橋美香子:PTEGの緩和医療における有用性について. 16回日本緩和医療学会,札幌;20117

15)

伊藤純一、倉橋敏裕、金野祐、大槻倫之、角田智志、張旭紅、藤井順逸:過酸化PeoxiredoxinIIの検出による赤血球レドックスバランスと機能の解明.第84回日本生化学会大会,京都;20119

16)

奥本和夫、冨樫整、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、斎藤貴史、河田純男:静脈瘤治療後に他部位再発を来たす症例の検討.第18回日本門脈圧亢進症学会,福岡;20119

17)

芳賀弘明、西瀬雄子、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、奥本和夫、渡辺久剛、斎藤貴史、河田純男:肝硬変症に合併した門脈血栓症に対するダナパロイドナトリウムの有効性・安全性に関する検討.第18回日本門脈圧亢進症学会, 福岡;20119

18)

上野義之、山口隆将、迎慎二、若林博人、三上貴史、佐藤修一、坂本十一、福田眞作、後藤隆、大西洋英、斎藤貴史、河田純男、高橋敦史、大平弘正、阿部弘一、下瀬川徹、鈴木一幸. C型慢性肝炎(S1High)に対するPEG-IFNα-2a/RBV併用療法の有用性および安全性についての東北地方多施設共同研究(最終成績).第15回日本肝臓学会大会,福岡;201110

19)

上野義之、山口隆将、迎慎二、若林博人、三上貴史、佐藤修一、坂本十一、福田眞作、後藤隆、大西洋英、斎藤貴史、河田純男、高橋敦史、大平弘正、阿部弘一、下瀬川徹、鈴木一幸. 再治療症例に対するPEG-IFNα-2a/RBV併用療法の実臨床下での東北地方多施設共同研究.第15回日本肝臓学会大会,福岡;201110

20)

西瀬雄子、齋藤貴史、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、奥本和夫、渡辺久剛、齋藤 孝治、冨樫 整、今井康陽、河田純男:C型慢性肝炎患者におけるペグインターフェロンα-2b+リバビリン療法後の発癌.第15回日本肝臓学会大会,福岡;201110

21)

武田忠、勝見智大、柄澤哲、池田真士、東海林正邦、秋葉昭多郎、高野潤、松田剛、安藤嘉章、大村清成、渡辺晋一郎、鵜飼克明、新澤陽英:多発肝癌への局所療法併用の検討.第15回日本肝臓学会大会,福岡;201110

22)

奥本和夫、斎藤孝治、芳賀弘明、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、冨樫整、河田純男:Gd-EOB-DTPA造影MRI肝細胞相で高信号となる肝細胞癌の検討.第15回日本肝臓学会大会,福岡;201110

23)

芳賀弘明、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、奥本和夫、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、河田純男:高気圧酸素療法を施行した肝膿瘍の2例.第15回日本肝臓学会大会, 福岡;201110

24)

石井里佳、斎藤貴史、冨田恭子、佐藤智佳子、芳賀弘明、奥本和夫、西瀬雄子、渡辺久剛、冨樫整、河田純男:当科における肝硬変の成因別実態.第15回日本肝臓学会大会,福岡;201110

25)

二宮匡史、上野義之、近藤泰輝、井上淳、嘉数英二、岩崎隆雄、下瀬川徹. 次世代シークエンサーを用いたC型肝炎ウイルスの解析.第15回日本肝臓学会大会,福岡;201110

26)

近藤泰輝、上野義之、涌井祐太、二宮匡史、嘉数英二、井上淳、下瀬川徹. Vitamin DまたはDFPP併用Peg-IFN/RBV治療は免疫細胞活性化を介して抗ウイルス効果を増強する.第15回日本肝臓学会大会,福岡;201110

27)

嘉数英二、上野義之、近藤泰輝、井上淳、二宮匡史、木村修、岩崎隆雄、下瀬川徹. 非代償性肝硬変に出現する血漿L-Cystine/L-Glutamate不均衡はCD14+単球内の還元型・酸化型グルタチオンを低下させ炎症性サイトカインを増加させる.第15回日本肝臓学会大会,福岡;201110

28)

佐藤智佳子、斎藤貴史、冨田恭子、石井里佳、芳賀弘明、奥本和夫、西瀬雄子、渡辺久剛、斉藤孝治、冨樫 整、河田純男、大門 眞:糖尿病患者におけるALT値についての検討.第53回日本消化器病学会大会,福岡;201110

29)

鈴木康之、深瀬和利、大島真吾、齋藤吉彦、原倫代、三浦友来、藤嶋昌一郎、白幡名香雄、鈴木克典、武田弘明:当院における内視鏡的治療後大腸SM癌の検討.第82回日本消化器内視鏡学会総会,福岡;201110月 

30)

吉澤和哉、福井忠久、矢尾板孝夫、岩野大輔、佐々木悠、名木野匡、佐藤剛司、西瀬祥一、武田弘明、折原美佳、伊藤由理子、吉岡孝志、鈴木康之、深瀬和利、田村元: 早期大腸癌(head invasion)を内視鏡的切除27か月後に多発肺転移を来した一例. 82回日本消化器内視鏡学会総会, 福岡;201110

31)

三浦友来、深瀬和利、大島真悟、原倫代、齋藤吉彦、藤嶋昌一郎、鈴木康之、白幡名香雄、鈴木克典、武田弘明:鳥肌胃炎を伴った若年者胃腺扁平上皮癌の1例.第82回日本消化器内視鏡学会総会,福岡;201110

32)

鈴木克典、阿部光浩、須藤祐一、鈴木義広、鵜飼克明、門馬孝、新澤陽英:腹部超音波検診における要精検未受診者に対する取り組み−アンケート結果をふまえて− 第49回日本消化期がん検診学会大会,福岡;201110

33)

西瀬祥一、武田弘明:蛋白分解酵素阻害剤が顆粒球・単球吸着に伴うinterleukin 10産生に与える影響について.第32回日本アフェレシス学会学術大会,東京;201110

34)

佐藤俊浩、鈴木有大、遠藤昭博、原田将:当院における経皮内視鏡的胃瘻造設術の現況と予後予測因子の検討.第51回全国国保地域医療学会,高知;201111

 

 

(3)

国内地方会

i

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ等

1)

三浦友来、鈴木康之、深瀬和利:当院における経皮内視鏡的胃瘻造設術の現状.第146回日本消化器内視鏡学会東北支部例会,仙台;20112

2)

三浦友来、深瀬和利、鈴木康之、大島真悟、原倫代、齋藤吉彦、藤嶋昌一郎、白幡名香雄、鈴木克典:低侵襲治療としての上部消化管ESDの評価.第191回日本消化器病学会東北支部例会,盛岡;20117

 

 

ii

一般演題

1)

奥本和夫、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤孝治、斎藤貴史、冨樫整、河田純男:正常肝に発生し、TACE後に急速に進行した肝細胞癌の1剖検例.第190回日本消化器病学会東北支部例会,仙台;2011年2月

2)

芳賀弘明、佐藤智佳子、石井里佳、奥本和夫、西瀬雄子、渡辺久剛、斉藤孝治、斎藤貴史、河田純男:高気圧酸素療法が有効であったガス産生肝膿瘍の1例.第190回日本消化器病東北支部例会, 仙台;2011年2月

3)

石井里佳、斎藤貴史、佐藤智佳子、芳賀弘明、奥本和夫、西瀬雄子、渡辺久剛、冨樫整、河田純男:HCV NS3アミノ酸末端領域蛋白質二次構造の多型性とペグインターフェロン・リバビリン併用療法の効果予測.第190回日本消化器病学会東北支部例会,仙台;2011年2月

4)

佐藤智佳子、奥本和夫、石井里佳、芳賀弘明、西瀬雄子、渡辺久剛、斉藤孝治、斎藤貴史、冨樫 整、河田純男:著明な好酸球増多を伴うメトロニダゾールによる薬物性肝障害の一例.第190回日本消化器病学会東北支部例会,仙台;2011年2月

5)

松田暁子、牧野直彦、柿ア泰明、伊藤美保、池田祐之、本田悌一朗、戸澤智浩、河田純男:膵原発肉腫の一例.第190回日本消化器病学会東北支部例会,仙台;2011年2月

6)

吉澤和哉、矢尾板孝夫、岩野大輔、佐々木悠、名木野匡、佐藤剛司、折居智彦、西瀬 祥一、武田弘明、作田和裕、堀内英和、八戸茂美、桜本基嗣、豊口裕樹、河田純男:CT検査で診断し、保存的加療で軽快した下行結腸腹膜垂炎の一例.第190回日本消化器病学会東北支部例会, 仙台;2011年2月

7)

齋藤吉彦、白幡名香雄、齋藤裕之、原倫代、三浦友来、鈴木康之、藤嶋昌一郎、鈴木克典、深瀬和利、柿崎泰明:Solid - pseudopapillary tumorの1例.第190回日本消化器病学会東北支部例会,仙台;2011年2月

8)

齋藤吉彦、白幡名香雄、齋藤裕之、原倫代、三浦友来、鈴木康之、藤嶋昌一郎、鈴木克典、深瀬和利、柿崎泰明:シングルバルーン内視鏡下にEST+EPLBDを施行したR-Y再建術後総胆管結石症の1例.第146回日本消化器内視鏡学会東北支部例会,仙台;2011年2月

9)

齋藤裕之、白幡名香雄、齋藤吉彦、柿崎泰明、原倫代、三浦友来、鈴木康之、藤嶋昌一郎、鈴木克典、深瀬和利:胃癌術後の十二指腸狭窄より急性膵炎を発症した1例.第190回日本消化器病学会東北支部例会,仙台:2011年2月

10)

吉岡彩子、奥本和夫、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤孝治、斎藤貴史、冨樫整、河田純男:ALT値が異常低値を呈したC型慢性肝炎の1例.第190回日本消化器病学会東北支部例会,仙台;2011年2月

11)

佐藤智佳子、奥本和夫、仁科武人、冨田恭子、石井里佳、芳賀弘明、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、冨樫 整:自然壊死したと考えられたが、2年半後に再発した肝細胞癌の一例.第191回日本消化器病学会東北支部例会,盛岡;2011年7月

12)

佐々木悠、佐藤剛司、名木野匡、岩野大輔、矢尾板孝夫、吉澤和哉、斎藤裕之、西瀬祥一、石田晃弘、野田大介、那須隆、小池修治、武田弘明、河田純男:ESDにて切除した下咽頭表在癌の一例.第147回日本消化器内視鏡学会東北支部例会,盛岡;2011年7月

13)

名木野匡、佐藤剛司、齋藤裕之、吉澤和哉、矢尾板孝夫、岩野大輔、佐々木悠、西瀬祥一、武田弘明、齋藤貴史:有茎性多発ポリープの形態を示した表在性平滑筋肉腫結腸転移の一例.第147回日本消化器内視鏡学会東北支部例会,盛岡;2011年7月

14)

冨田恭子、芳賀弘明、佐藤智佳子、石井里佳、奥本和夫、西瀬雄子、渡辺久剛、冨樫整、斎藤貴史:5-FU/Mitoxantrone/CDDPによる3剤併用化学療法を施行した肝細胞癌の一例.第191回日本消化器病学会東北支部例会,盛岡;2011年7月

15)

齋藤吉彦、白幡名香雄、三浦友来、大島真悟、原倫代、鈴木康之、藤嶋昌一郎、鈴木克典、深瀬和利、柿崎泰明、牧野直彦:乳頭部生検が診断の一助となった自己免疫性膵炎の一例.第147回日本消化器内視鏡学会東北支部例会,盛岡;2011年7月

16)

和田佳子、吉澤和哉、矢尾板孝夫、岩野大輔、佐々木悠、名木野匡、佐藤剛司、西瀬祥一、武田 弘明: 縦隔リンパ節転移により乳糜胸水を来した進行胃癌の一例. 第191回日本消化器病学会東北支部例会, 盛岡;2011年7月

17)

倉橋敏裕、粟田ちひろ、金野祐、大槻倫之、角田智志、張紅旭、伊藤純一、井内良仁、高尾敏文、藤井順逸:Peroxiredoxin 4による細胞機能のレドックス調節の解明.日本生化学会東北支部第77回例会,仙台;2011年7月

 

 

(4)

研究会

i

特別講演

1)

大泉晴史:パネルディスカッション−グラクティブ錠の対象症例について考える− 山形;20111

2)

渡辺久剛:ペグイントロン・レベトール併用療法とインスリン抵抗性の検討.山形県C型肝炎学術講演会,山形;20112

3)

深瀬和利:早期胃癌に対する内視鏡的切除術の治療戦略−Helicobacter Pylori除菌によるEMR後異時性胃癌の予防− 上山市医師会学術講演会,上山;20113

4)

武田弘明:低用量低用量アスピリンによる消化管障害と対策.山形循環器ExpertMeeting 2011,山形;20114

5)

高橋美香子:PEG造設後の管理やトラブル対処法. 東北PEG研究会,相馬;20113

6)

大泉晴史:当院におけるNSAIDs潰瘍の現況−2002年と2007年の比較検討− 南陽市東置賜郡医師会学術講演会,南陽;20117

7)

深瀬和利:早期胃癌に対する内視鏡的切除術の治療戦略・Helicobacter Pylori除菌による胃癌の予防−ランセット論文とその後− 第6回福島県上部消化管フォーラム,福島;20119

8)

石浜活義、阿部貴志、伊藤ななみ、本間直之:早期胃癌は内視鏡で治せます.第4回消化器疾患治療シンポジウム,山形;20119

9)

佐々木悠:早期胃癌の診断と治療について.第4回消化器疾患治療シンポジウム,山形;20119

10)

武田弘明:消化管がんにおける狭帯域特殊光(NBI)観察.山形県社会保険支払基金講演会,山形;201110

11)

武田弘明:大きく変化したIBD治療とその周辺疾患.キリン協和発酵社内勉強会,山形;201110

12)

渡辺久剛:3剤併用時代を迎えた最新のC型肝炎治療―完全治癒に向けて.C型肝炎市民公開講座,山形;201110

13)

大泉晴史:酸関連疾患治療における最新の医学的知見.仙台山形エリア医薬情報担当者教育研修会,山形;201111

14)

武田弘明:メタボリックシンドロームと大腸癌.第13回日本消化器病学会東北支部教育講演会,盛岡;201111

15)

渡辺久剛:山形HCVコホート:とくにウイルス自然治癒の観点から.国立国際医療研究センター国府台病院肝炎セミナー,千葉;201111

16)

佐藤俊浩:医療従事者のリスク軽減について.平成23年度山形県医師会・新庄市最上郡医師会産業医スキルアップ研修会,新庄;201112

17)

武田弘明:メタボリックシンドロームと消化器疾患-増加する大腸腫瘍と酸関連疾患- 北村山地区医師会学術講演会,東根;201112

18)

渡辺久剛:テラプレビルを含む3剤併用療法の治療経験.第6回肝炎専門医療機関学術講演会,山形;201112

 

 

ii

一般演題

1)

奥本和夫、斎藤孝治、芳賀弘明、佐藤智佳子、石井里佳、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、冨樫整、河田純男:正常肝に発生し、TACE後に急速に進行した肝細胞癌の1剖検例.第17回肝血流動態イメージ研究会,横浜;20111

2)

奥本和夫、斎藤孝治、芳賀弘明、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、冨樫整、河田純男:Gd-EOB-DTPA造影MRI肝細胞相で高信号となる肝細胞癌7例の検討.第47回日本肝癌研究会,静岡;20117

3)

佐藤智佳子、奥本和夫、斉藤孝治、冨田恭子、芳賀弘明、石井里佳、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、冨樫 整、河田純男:自然壊死したと考えられたが、26か月後に再発した肝細胞癌の一例.第47回日本肝癌研究会,静岡;20117

4)

冨田恭子、奥本和夫、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、西瀬雄子、渡辺久剛、冨樫整、斎藤貴史、河田純男:Gd-EOB-DTPA造影MRI肝細胞相で高信号となる肝細胞癌7例の検討.第47回日本肝癌研究会,静岡;20117

5)

奥本和夫、冨樫整、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史:食道静脈瘤治療後の長期予後の検討.第23回東北食道胃静脈瘤硬化療法研究会(吾妻シンポジウム),福島;20119

6)

高橋美香子:地域における医療福祉スタッフのレベルアップのための取り組み−楽しく、継続して、正しい知識を− 第16回PEG在宅医療研究会, 岐阜;20119

7)

大泉晴史:酢酸インジゴカルミン散布が有用であった広汎Uc型早期胃癌の一例.第40回山形県胃と腸勉強会,山形;201110

8)

奥本和夫、冨田恭子、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、西瀬雄子、渡辺久剛、冨樫整、齋藤貴史、河田純男: Gd-EOB-DTPA造影MRI肝細胞相で高信号となる肝細胞癌の検討.第13回東北肝炎肝癌研究会,盛岡;201110

9)

佐藤俊浩:エクアの使用経験.第4回新庄・最上地区糖尿病勉強会,新庄;201111

10)

高橋美香子:ミキサートロミ食の経口経管併用投与の実践. 6回東北PEG研究会,仙台;201111

11)

西瀬雄子、齋藤貴史、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、奥本和夫、渡辺久剛、堀田博、河田純男:C型肝炎ウイルス1bNS3領域蛋白質2次構造を基にしたサブグループ分類と肝細胞癌発生の関連.第11回東北ウイルス肝炎治療研究会,盛岡;201111

12)

齋藤吉彦、白幡名香雄:膵体部膵管狭窄の一例.第17回山形県膵疾患懇話会,山形;201111

13)

佐々木悠、佐藤剛司、名木野匡、岩野大輔、矢尾板孝夫、吉澤和哉、西瀬祥一、武田弘明、上野義之:下咽頭表在癌をESDにて切除した一例.第32回山形県消化器治療内視鏡研究会,山形;201112

14)

大槻倫之、伊藤純一、張旭紅、高橋素子、西田隼人、倉橋敏裕、権明秀、角田智志、金野祐、宮田哲、藤井順逸:アスコルビン酸合成異常を示すAldehyde Reductase (AKR1A1)欠損マウスの表現型解析.第22回山形大学医学部動物実験セミナー,山形;201112

15)

大島真悟、鈴木康之、原倫代、齋藤吉彦、三浦友来、藤嶋昌一郎、白幡名香雄、鈴木克典、武田弘明、深瀬和利:大腸亜全摘術後吻合部完全閉塞に対して内視鏡的治療を施行した1例.第32回山形県消化器治療内視鏡研究会,山形;201112

 

 

(5)

その他

1)

深瀬和利:早期胃癌に対するESD後追加外科手術症例の検討.平成23年度がん研究開発費斎藤小班第1回班会議,東京;20117

2)

石井里佳:胃癌の治療 切る治療、切らない治療.平成23年度興譲館大学講座,米沢;20117

3)

石井里佳:みんなで知ろう 肝臓のこと.山形県肝疾患診療連携病院拠点病院関連事業,山形;20117

4)

高橋美香子:待ったなし!日本の胃ろうを考える. 81回日本消化器内視鏡学会サテライトセミナー, 名古屋;20118

5)

鈴木克典:C型肝炎克服を目指した治療法の進歩.平成23年度日本肝臓学会 肝がん撲滅運動 医療従事者対象講習会,山形;20119

6)

鈴木克典:C型肝炎ってどんな病気? 市民公開講座,山形;201110

 

 

3.

学会、講演会、シンポジウム、ワークショップ等の開催

1)

190回日本消化器病学会東北支部例会(会長:斎藤貴史) 仙台;20112

 

 

説明: 説明: このページのトップへ

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\pause3.gif

説明: 説明: お問合せ 山形大学医学部消化器内科
990-9585 山形市飯田西2-2-2  TEL023-628-5309  FAX023-628-5311

Copyright (c) Yamagata University Faculty of Medicine.