Department of Gastroenterology

 

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-1.gif説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-2.gif

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-3.gif

 

説明: 説明: ホーム

説明: 説明: ご挨拶

説明: 説明: 教室のあゆみ

説明: 説明: 後期プログラム研修のご案内

説明: 説明: スタッフの紹介

説明: 説明: 研究の概要

説明: 説明: 診療の概要

説明: 説明: 外来診療のご案内

 

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\mark.gif

説明: 説明: 外来週間予定

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\mark.gif

説明: 説明: 光学医療診療部

 

説明: 説明: 学会研究会、行事の御案内

説明: 説明: 業績一覧

説明: 説明: 出版物の紹介

説明: 説明: 消化器病コラム(一般向け)

説明: 説明: 関連医療機関

説明: 海外留学記・学会出席記

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 説明: 関連機関リンク

説明: 説明: 附属病院光学医療診療部

説明: 説明: 山形大学医学部がんセンター

説明: 説明: 第46回 日本肝臓学会総会

説明: 説明: 山形大学医学部

説明: 説明: 山形大学医学部附属病院

説明: 説明: 山形大学医学部附属病院治験センター

説明: 説明: 消化器病の先進的診断・治療、教育体制の充実に取り組みます。説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 説明: 業績一覧(Achievements)

 

当科の業績としまして、数多くの論文発表や学会発表等があります。
過去の主要な論文などを掲載します。

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\arrow1.gif 2016  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2015  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2014  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2013  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2012  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\arrow1.gif 2011  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2010
説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\arrow1.gif 2009  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2008

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\pause2.gif

 

2010
1.論文
1原著 (2総説 (3著書
2.
学会報告
1国際学会 (2国内学会 (3国内地方会 (4研究会 (5その他
3.学会、講演会、シンポジウム、ワークショップ等の開催

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

 

1.

論 文

(1)

原 著

1)

Nishise Y, Saito T, Makino N, Okumoto K, Ito JI, Watanabe H, Saito K, Togashi H, Ikeda C, Kubota I, Daimon M, Kato T, Fukao A, Kawata S: Relationship between Alcohol Consumption and Serum Adiponectin Levels: The Takahata Study?A Cross-Sectional Study of a Healthy Japanese Population. J Clin Endocrinol Metab 2010; 95: 3828-3835

2)

Hattori E, Shu HJ, Saito T, Okumoto K, Haga H, Yokozawa J, Ito J, Watanabe H, Saito K, Togashi H, Kawata S: Expression of the RNA-binding protein Musashi1 in adult liver stem-like cells. Hepatol Res 2010; 40: 432-437

3)

Sanjo M, Saito T, Ishii R, Nishise Y, Haga H, Okumoto K, Ito J, Watanabe H, Saito K, Togashi H, Fukuda K, Imai Y, El-Shamy A, Deng L, Shoji I, Hotta H, Kawata S: Secondary structure of the amino-terminal region of HCV NS3 and virological response to pegylated interferon plus ribavirin therapy for chronic hepatitis C. J Med Virol 2010; 82: 1364-1370

4)

Nishise S, Takeda Y, Fujishima S, Orii T, Sato T, Sasaki Y, Nishise Y, Takeda H, Kawata S: Release of interleukin 1 receptor antagonist by combining a leukocyte adsorption carrier with ulinastatin. Ther Apher Dial 2010; 14: 386-391

5)

Fujishima T, Nishise S, Ichihara M, Kobayashi S, Takeuchi T: Difficulties in the treatment of intestinal amoebiasis in mentally disabled individuals at a rehabilitation institution for the intellectually impaired in Japan. Chemotherapy 2010; 56: 348-352

6)

Takeda H, Fujishima S, Orii T, Fukui T, Otake S, Takeshi Sato, Nishise S, Kawata S: Improvement of Cecal Insertion Using an Extra-Flexible Small-Diameter Colonoscope, CF-SV. Yamagata Med J. 2010; 28 : 33-38

7)

Orii T, Takeda H, Kawata S, Maeda K, Yamakawa M: Differential immunophenotypic analysis of dendritic cell tumours. J Clin Pathol 2010; 63 : 497-503

8)

Otake S, Takeda H, Fujishima S, Fukui T, Orii T, Sato T, Sasaki Y, Nishise S, Kawata S: Decreased levels of plasma adiponectin associated with increased risk of colorectal cancer. World J Gastroenterol 2010; 16 : 1252-1257

9)

Nishise S, Fujishima T, Kobayashi S, Otani K, Nishise Y, Takeda H, Kawata S: Mass infection with Entamoeba histolytica in a Japanese institution for individuals with mental retardation: epidemiology and control measures. Ann Trop Med Parasitol 2010; 104: 383-390

10)

Sato T, Takeda H, Otake S, Yokozawa J, Nishise S, Fujishima S, Orii T, Fukui T, Takano J, Sasaki Y, Nagino K, Iwano D, Yaoita T, Kawata S : Increased Plasma Levels of 8-Hydroxydeoxyguanosine are associated with development of Colorectal Tumors. J Clin Biochem Nutr 2010; 47: 59-63

11)

Shao L, Takeda H, Fukui T, Mabe K, Jian Han J, Kawata S, Ootani K, Fukao A: Genetic diversity of the Helicobacter pylori sialic acid-binding adhesin (sabA) gene. Bioscience Trends 2010; 4 : 249-253

12)

Watanabe H, Wells F, Major M: Clearance of hepatitis C in chimpanzees is associated with intrahepatic T-cell perforin expression during late acute phase. J Viral Hepatitis 2010; 17: 245-253

13)

伊藤純一、鈴木明彦、宇賀神智、佐藤智佳子、芳賀弘明、石井里佳、三條麻衣、奥本和夫、西瀬雄子、渡辺久剛、齋藤孝治、斎藤貴史、河田純男:高齢者に発症した肝動脈化学塞栓療法(TACE)後のガス産生肝膿瘍の1例.日本高齢消化器病学会誌 2010; 12: 83-87

14)

松尾 拓、王 玉来、五十嵐貴宏、斉藤吉彦、鈴木恒治、平田慎也、伊藤純一、山川光徳:シスプラチン/リピオドール懸濁液による肝動注化学療法後に急速に浸潤性増殖をきたし、診断に苦慮した肝細胞癌の1例. 肝臓 2010; 51: 447-453

 

 

(2)

総 説

1)

石井里佳、渡辺久剛、斎藤貴史、河田純男:肝静脈閉塞症、肝静脈血栓症.別冊日本臨床 肝・胆道系症候群(第2版)その他肝・胆道系疾患を含めて 肝臓編(下)20101487-90

2)

斎藤貴史、渡辺久剛: 学会だより 第46回日本肝臓学会総会.臨床消化器内科 2010; 25: 1294

3)

齋藤貴史、小野寺 滋、新澤陽英、河田純男: 肝吸虫症.肝・胆道系症候群T(2) 肝臓編(上) 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ 2010; No.13: 110-112

4)

齋藤貴史、奥本和夫、斉藤孝治、河田純男: 肝平滑筋腫.肝・胆道系症候群U (2) 肝臓編(下) 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ 2010; No.14: 328-329

5)

齋藤貴史、渡辺久剛:Meeting Report 46回日本肝臓学会総会.The Liver Cancer Journal 2010; 2: 226-228

6)

斎藤貴史、芳賀弘明、河田純男: 分岐鎖アミノ酸製剤 ヘパンED. 特集・肝胆膵薬物治療学の進歩. 肝胆膵2010; 61: 1046-1049

7)

大泉晴史:一般開業医におけるコメディカルおよびメンタルクリニックとの連携. 日医生涯教育協力講座カラー図説, 日本医師会雑誌20101397

8)

深瀬和利:Helicobacter Pylori除菌による胃がんの予防.最新医学2010; 65: 130-134

9)

深瀬和利:日常臨床からの学位論文、そしてLancetへの道. 自治医科大学地域医療オープンラボNews Letter 2010;第39号 

 

 

(3)

著 書

1)

渡辺久剛:分子標的薬治療における消化器症状対策. 冨田善彦編、分子標的薬トータルマネージメント YURCCパッケージver.1.2201023-27

2)

西瀬雄子、河田純男:Current Topics 「今,見直される肝機能異常 〜ALTコントロールの重要性〜」.Medicament News 2010115号(第2003号) ライフ・サイエンス,2010p1011

3)

河田純男、齋藤貴史:アルコール性肝硬変に対するABMi療法とヒト骨髄細胞の培養に関する研究.厚生労働省肝炎等克服緊急対策研究事業 平成22年度総合研究報告書 「骨髄および脂肪由来細胞を用いた次世代型肝臓再生・修復(抗線維化)療法の開発研究」、2010; 12-16

4)

斎藤貴史:B型肝炎ジェノタイプB型高浸淫地域における急性B型肝炎の実態に関する臨床研究.厚生労働省肝炎等克服緊急対策研究事業 平成21年度総括・分担研究報告書 「B型肝炎ジェノタイプA型感染の慢性化など本邦における実態とその予防に関する研究」、2010; 21-24

 

 

2.

学会報告

(1)

国際学会

i

一般演題

1)

Ishii R, Saito T, Watanabe H, Ugajin S, Sato T, Haga H, Sanjo M, Okumoto K, Nishise Y, Ito J, Saito K, Togashi H, Kawata S: Occurrence of hepatocellular carcinoma after achieving sustained virological response to interferon therapy for chronic hepatitis C .Asian Pacific Association for the Study of the Liver, Beijing, China: March 2010

2)

Ishii R, Saito T, Watanabe H, Shao L, Sato C, Haga H, Sanjo M, Okumoto K,Nishise Y,Ito J, Saito K,Togashi H,Kawata S: Induction of Prolactin in Hepatitis C Virus Infection and expression in human peripheral blood mononuclear cells stimulated by cell-cultured hepatitis C virus. 17th International meeting on hepatitis C virus and related viruses, Yokohama, Japan: September 2010

3)

Ishii R, Watanabe H, Saito T, Sato C, Haga H, Sanjo M, Okumoto K, Nishise Y, Ito J, Saito K, Kawata S: Incidence of hepatocellular carcinoma after achieving sustained virological response to interferon therapy for chronic hepatitis C. 7th APASL single topic conference, Chiba, Japan: December 2010

4)

Okumoto K, Saito T,Haga H, Ishii R, Sanjo M, Ito JI, Nishise Y,Watanabe H, Saito K, Togashi H, Kawata S: The serum level of b-FGF in hepatitis C patients and its prognosis in patients with hepatocelluler carcinoma.18th United European Gastroenterology Week (UEGW2010), Barcelona, SpainOctober 2010

5)

Watanabe H, Saito T, Ishii R, Sato C, Haga H, Sanjo M, Okumoto K, Nishise Y, Ito J, Saito K, Kawata S: Incidence of hepatocellular carcinoma after achieving sustained virological response to interferon therapy for chronic hepatitis C. The 61th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, Boston, USA; November 2010

6)

Nishise Y, Saito T, Sato C, Ishii R, Haga H, Sanjo M, Okumoto K, Ito J, Watanabe H, Saito K, Togashi H, Kawata S: Relationship between an Increased Bright Echo Pattern of the Liver on Ultrasonography and Metabolic Syndrome in a Japanese Population. The 20th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver, Beijing, China; March 2010

7)

Haga H, Nishise Y, Ishii R, Sato C, Sanjo M, Okumoto K, Ito J, Watanabe H, Saito K, Saito T, Kawata STherapeutic Effect of Danaparoid Sodium on Portal Thrombosis in Patients with Hepatic Cirrhosis ? A Pilot Study. American Gastroenterological Association 2010, New Orleans, USA; May 2010

 

 

(2)

国内学会

i

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ等

1)

佐々木 悠、折居智彦、西瀬祥一、藤嶋昌一郎、佐藤剛司、名木野匡、岩野大輔、矢尾板孝夫、武田弘明、河田純男:クローン病治療に対する分子標的治療:当院におけるクローン病に対するインフリキシマブ維持投与例の検討.第6回日本消化管学会総会学術集会.福岡;20102

2)

佐藤智佳子、斎藤貴史、河田純男:非アルコール性脂肪性肝炎におけるミトコンドリア脂肪酸β酸化障害―絶食試験による検討(パネルディスカッションNASH/NAFLDの病因・病態と予後).第46回日本肝臓学会総会、山形;20105

3)

渡辺久剛、斎藤貴史、西瀬雄子、邵 力、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、奥本和夫、伊藤純一、斉藤孝治、石橋正道、冨樫 整、新澤陽英、河田純男:HCVコホート研究による持続感染者の自然経過.第46回日本肝臓学会総会サテライトシンポジウム「HCV感染のnatural courseを探る:わが国におけるコホート研究」、山形;2010 5

4)

斎藤貴史、奥本和夫、河田純男:アルコール性肝硬変症に対する自己骨髄移植療法の有用性(ワークショップ:肝再生医学―臨床応用を目指した研究の新展開)、第46回日本肝臓学会総会、山形;2010 5

 

 

ii

一般演題

1)

渡辺久剛、斎藤貴史、西瀬雄子、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、奥本和夫、伊藤純一、斉藤孝治、冨樫 整、新澤陽英、河田純男:B型肝炎ジェノタイプB型高浸淫地域における急性B型肝炎の実態 第14回日本肝臓学会大会、横浜;2010 10

2)

渡辺久剛、斎藤貴史、西瀬雄子、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、奥本和夫、伊藤純一、斉藤孝治、冨樫 整、新澤陽英、河田純男:HCVコホートにおけるウイルス自然治癒および肝発癌の検討 第46回日本肝臓学会総会、山形;2010 5

3)

西瀬雄子、斎藤貴史、佐藤智佳子、芳賀弘明、石井里佳、三條麻衣、奥本和夫、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、冨樫整、河田純男:超音波検査おける肝腎光学輝度比の上昇とメタボリックシンドローム関連因子との関係.第46回日本肝臓学会総会,山形;20105

4)

石井里佳、斎藤貴史、渡辺久剛、宇賀神智、佐藤智佳子、芳賀弘明、三條麻衣、奥本和夫、西瀬雄子、伊藤純一、斉藤孝治、冨樫 整、河田純男:当科におけるSVR例からの肝発癌症例の検討.第96回日本消化器病学会総会、新潟;20104

5)

石井里佳、斎藤貴史、佐藤智佳子、芳賀弘明、三條麻衣、奥本和夫、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斉藤孝治、冨樫 整、河田純男:C型慢性肝炎に対するIFN治療後のSVR例からの肝発癌症例の検討: 第46回日本肝臓学総会、山形:20105

6)

石井里佳、斉藤孝治、伊藤純一、佐藤智佳子、芳賀弘明、三條麻衣、奥本和夫、西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、冨樫整、河田純男:Low-Dose FP肝動注療法およびMitoxantrone併用療法が奏功した肝細胞癌の一例.第38回日本肝臓学会東部会、東京;201012

7)

斉藤孝治、奥本和夫、芳賀弘明、石井里佳、佐藤智佳子、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤貴史、冨樫 整、河田純男:肝細胞癌局所治療におけるソナゾイド造影超音波およびRVSの有用性について。第46回日本肝臓学会総会、山形;20105

8)

斉藤孝治、奥本和夫、石井里佳、佐藤智佳子、芳賀弘明、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤貴史、冨樫 整、河田純男:当科における肝細胞癌に対するSorafenib投与例について。第38回日本肝臓学会東部会、東京;201012

9)

斉藤孝治、奥本和夫、芳賀弘明、石井里佳、佐藤智佳子、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤貴史、冨樫 整、河田純男:肝癌局所治療における造影超音波およびRVSの有用性と問題点について。第38回日本肝臓学会東部会、東京;201012

10)

奥本和夫、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、斎藤貴史、冨樫整、河田純男:抗ミトコンドリア抗体陽性自己免疫性肝炎の1男性例. 38回日本肝臓学会東部会,東京;201012

11)

奥本和夫、斎藤貴史、芳賀弘明、佐藤智佳子、石井里佳、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、河田純男:骨髄細胞由来肝様細胞の樹立と移植による肝再生療法についての検討.第9回日本再生医療学会総会,広島;20103

12)

奥本和夫、斎藤貴史、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、冨樫整、河田純男: B型急性肝炎(ゲノタイプA)に対する核酸アナログ投与の検討.第96回日本消化器病学会総会,新潟;20104

13)

奥本和夫、斎藤貴史、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、冨樫整、河田純男:肝再生におけるStem Cell Factor(SCF)の役割についての検討.46回日本肝臓学会総会,山形;20105

14)

奥本和夫、冨樫整、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、斎藤貴史、河田純男:並走傍食道静脈の発達した食道静脈瘤に対する内視鏡的食道静脈瘤結紮術(EVL)の有用性について.17回日本門脈圧亢進症学会, 富山;20109

15)

奥本和夫、斎藤孝治、芳賀弘明、佐藤智佳子、石井里佳、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤貴史、冨樫整、河田純男:尾状葉(S1)肝細胞癌に対する穿刺局所療法時におけるReal-time Virtual Sonography(RVS)の有用性について.52回日本消化器病学会大会, 横浜;201010

16)

芳賀弘明、斎藤貴史、奥本和夫、佐々木弥生、佐藤智佳子、石井里佳 三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斉藤孝治、冨樫 整、河田純男:アルコール性肝硬変症に対する自己骨髄細胞投与療法の検討. 第9回日本再生医療学会総会, 広島:20103

17)

芳賀弘明、斎藤貴史、奥本和夫、佐々木弥生、宇賀神智、佐藤智佳子、石井里佳、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斉藤孝治、冨樫 整、河田純男:Fibroblast growth factor 2(FGF2)の肝再生における役割についての検討. 第46回日本肝臓学会総会, 山形:20106

18)

芳賀弘明、西瀬雄子、菅原心平、佐藤智佳子、石井里佳、三條麻衣 奥本和夫、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、斎藤貴史、冨樫 整、河田純男:肝区域におけるVirtual Touch Tissue Quantificationの検討. 第46回日本肝臓学会総会, 山形:20106

19)

芳賀弘明、佐藤智佳子、西瀬雄子、石井里佳、奥本和夫、渡辺久剛、斉藤孝治、斎藤貴史、冨樫 整、河田純男:NASH患者におけるVirtual Touch Tissue Quantificationの検討. 14回 日本肝臓学会大会, 横浜: 201010

20)

西瀬祥一、武田弘明、藤嶋昌一郎、折居智彦、佐藤剛司、佐々木悠、河田純男:抗凝固剤メシル酸ナファモスタットが顆粒球吸着除去療法に与える影響について−ヘパリンとの比較−.第96回日本消化器病学会総会,新潟;20104

21)

西瀬祥一、武田弘明、藤嶋昌一郎、折居智彦、佐藤剛司、佐々木悠、河田純男:ウリナスタチンが顆粒球吸着除去療法時のmacrophage colony-stimulating factor発現に与える影響について. 52回日本消化器病学会大会,横浜;201010

22)

西瀬祥一、武田弘明、河田純男:蛋白分解酵素阻害剤が顆粒球吸着除去療法時のmacrophage colony-stimulating factor発現に与える影響について.第31回日本アフェレシス学会学術大会,浦安;201011

23)

佐藤智佳子、斎藤貴史、石井里佳、芳賀弘明、奥本和夫、西瀬雄子、渡辺久剛、斉藤孝治、冨樫 整、河田純男:C型慢性肝炎患者におけるミトコンドリア脂肪酸β酸化障害―絶食試験によるin vivo解析.第52回日本消化器病学会大会、横浜;201010

24)

佐藤剛司, 武田弘明, 大武さや香, 藤嶋昌一郎, 折居智彦, 佐々木悠, 名木野匡, 岩野大輔, 矢尾板孝夫, 西瀬祥一, 福井忠久, 河田純男:大腸腫瘍患者における血漿8-hydroxy-2-deoxyguanosine (8-OHdG)の検討. 96回日本消化器病学会総会, 新潟 ; 20104

25)

矢尾板孝夫, 岩野大輔, 佐々木 悠, 名木野匡, 佐藤剛司, 折居智彦, 藤嶋昌一郎, 西瀬祥一, 武田弘明, 河田純男:当院におけるEVLデバイスを用いた吸引粘膜切除法のまとめ.第80回日本消化器内視鏡学会総会、横浜;201010

26)

佐々木 悠, 折居智彦, 岩野大輔, 矢尾板孝夫, 名木野匡, 佐藤剛司, 藤嶋昌一郎, 西瀬祥一, 武田弘明, 河田純男:胃病変からの出血を繰り返した原発性全身性アミロイドーシスの一例.第80回日本消化器内視鏡学会総会、横浜;201010

27)

武田由美子:定期採血のALP異常高値で前立腺癌が発見された一例. 第24回日本臨床内科医学会.金沢;201010

28)

鈴木克典:ペグインターフェロン・リバビリン併用療法における,外来クリニカルパス導入の効果.第46回日本肝臓学会総会,山形;20105

29)

深瀬和利:早期胃癌に対するEMRESDにおける遺残再発とその特徴.平成22年度がん研究開発費斎藤小班第1回班会議.東京;20107月 

30)

深瀬和利:ESDの病理診断で治癒切除とされながら局所遺残を認めた早期胃癌の検討.平成22年度がん研究開発費斎藤小班第2回班会議.東京;201012

31)

大滝雄造,深瀬和利,石澤哲也,原倫代,柿崎泰明,鈴木康之,白幡名香雄,阿部貴志,鈴木克典:ドック内視鏡を契機に発見された胃MALTリンパ腫の2例.第49回日本消化器がん検診学会総会、沖縄;20106

32)

石澤哲也,深瀬和利,原倫代,大滝雄造,柿崎泰明,鈴木康之,白幡名香雄,阿部貴志,鈴木克典:食道メラノーシスを経過観察中に発見された食道悪性黒色腫の1例.第79回日本消化器内視鏡学会総会、東京;20105

33)

作田和裕、大村清成、安藤嘉章、勝見智大 、齋藤吉彦 、松田 剛 、柄澤 哲、武田 忠、渡辺晋一郎 、鵜飼克明:肝門部胆管癌との鑑別が困難であった肝細胞癌の一例.52回日本消化器病学会大会, 横浜:201010

 

 

(3)

国内地方会

i

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ等

1)

鈴木康之,原倫代,深瀬和利:ESDにおける酢酸,インジゴカルミン散布の胃癌範囲診断に関する有用性の検討.第145回日本消化器内視鏡学会東北支部例会(シンポジウム),山形;20107

2)

柿崎泰明、白幡名香雄、斎藤裕之、原倫代、三浦友来、鈴木康之、阿部貴志、鈴木克典、深瀬和利、高橋邦之:分枝膵管型IPMNの手術適応についての検討.第189回日本消化器病学会東北支部例会(シンポジウム:IPMNはどう変わったか?−診断と治療の進歩)、山形;20107

 

 

ii

一般演題

1)

佐藤智佳子、奥本和夫、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斉藤孝治、斎藤貴史、冨樫 整、河田純男:高度の肝脂肪化を呈した自己免疫性肝炎の一例.第189回日本消化器病学会東北支部例会、山形;20107

2)

三條麻衣、奥本和夫、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、斎藤貴史、冨樫 整、河田純男:胃静脈瘤出血に対して緊急EVL施行後、硬化療法を施行した1例.第144回日本消化器内視鏡学会東北支部例会,仙台;20102

3)

奥本和夫、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、斎藤貴史、冨樫整、河田純男:肝動注化学療法後に胆管壊死を発症し、早期に再発出血を来たした食道静脈瘤の1. 145回日本消化器内視鏡病学会東北支部例会, 山形;20107

4)

西瀬雄子、齋藤貴史、齋藤孝治、渡辺久剛、伊藤純一、奥本和夫、三條麻衣、石井里佳、芳賀弘明、佐藤智佳子、宇賀神智、冨樫整、河田純男:ダナパロイドナトリウムによる門脈血栓溶解療法が奏功した肝硬変の2例.日本消化器病学会第188回東北支部例会,仙台;20102

5)

西瀬雄子、渡辺久剛、斎藤貴史、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、奥本和夫、伊藤純一、斎藤孝治、新澤陽英、河田純男:HCVコホート超音波検診における肝発癌の検討.第48回日本消化器がん検診学会東北地方会,山形;20107

6)

藤嶋昌一郎,武田弘明,西瀬祥一,折居智彦,佐藤剛司,佐々木悠,名木野匡,岩野大輔,矢尾板孝夫,河田純男:NBI併用拡大内視鏡で診断しえた早期胃癌の3病変.第145回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、山形;20107

7)

佐藤剛司、矢尾板孝夫、岩野大輔、名木野匡、佐々木悠、折居智彦、藤島昌一郎、西瀬祥一、武田弘明、河田純男:小腸リンパ管腫による消化管出血の1例.第144回日本消化器内視鏡学会東北支部例会,仙台;20102

8)

大島真悟、佐々木悠、矢尾板孝夫、岩野大輔、高野潤、佐藤剛司、折居智彦、藤島昌一郎、西瀬祥一、武田弘明、河田純男:40年にわたる鉄欠乏性品県の原因と考えられたBlind Pouch Syndromeの1例.第145回日本消化器内視鏡学会東北支部例会, 山形;20107

9)

矢尾板孝夫、岩野大輔、佐々木悠、名木野匡、佐藤剛司、高野潤、折居智彦、藤島昌一郎、西瀬祥一、武田弘明、河田純男:便潜血陽性を契機に診断された腸管スピロヘータ症の1例.第145回日本消化器内視鏡学会東北支部例会, 山形;20107

10)

岩野大輔、大島真悟、矢尾板孝夫、名木野匡、佐々木悠、高野潤、佐藤剛司、折居智彦、藤島昌一郎、武田弘明、河田純男:胃アニサキス症に出血性胃潰瘍を合併した1例.第145回日本消化器内視鏡学会東北支部例会, 山形;20107

11)

東海林正邦、折居智彦、武田弘明、藤島昌一郎、佐藤剛司、佐々木悠、名木野匡、岩野大輔、矢尾板孝夫、河田純男:肺癌多発小腸転移の1例.第188回日本消化器病学会東北支部例会,仙台;20102

12)

石澤哲也、伊藤美保、池田裕之、松田暁子、本田悌一朗、戸澤智浩、白幡名香雄、牧野直彦、河田純男:膵管空腸吻合部狭窄に対しダブルバルーン内視鏡下膵管ステント留置が有効であった一例、第145回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、山形;20107

13)

石澤哲也,鈴木克典,原倫代,大滝雄造,柿崎泰明,鈴木康之,白幡名香雄,桜井直樹,阿部貴志,深瀬和利:肝動注が著効した肝癌胆管内腫瘍栓の1例.第188回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20102

14)

白幡名香雄,柿崎泰明,齋藤裕之,原倫代,三浦友来,鈴木康之,阿部貴志,鈴木克典,深瀬和利,櫻井直樹,小関大平,高橋邦之:自己免疫性膵炎に胆嚢癌を合併した1例.第189回日本消化器病学会東北支部例会,山形;20107

15)

柿崎泰明、白幡名香雄、斎藤裕之、原倫代、三浦友来、鈴木康之、阿部貴志、鈴木克典、深瀬和利、高橋邦之:IPMC微小浸潤とIPMC由来浸潤癌の2例.第145回日本消化器内視鏡学会東北支部例会,山形;20107

16)

大滝雄造,深瀬和利,石澤哲也,原倫代,柿崎泰明,鈴木康之,白幡名香雄,阿部貴志,鈴木克典:急性腸管GVHD1例.第144回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、仙台;20102

17)

三浦友来,深瀬和利,齋藤裕之,原倫代,柿崎泰明,鈴木康之,白幡名香雄,阿部貴志,鈴木克典:内視鏡的に採石し得たBouveret症候群の1例(内視鏡専門医をめざす先生方のプレナリーセッション、優秀演題賞).第145回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、山形;20107

18)

下山輝美、佐藤俊浩、斎藤光雄、佐藤清也、小野良一、吉田徹、板垣孝知:当院におけるPACSを採用した放射線画像支援更新の現状.山形県国保地域医療学会、山形;20109

19)

角田卓哉、合志 彰、田中 繁:大腸ポリープ内視鏡的切除後に腸閉塞をきたした2例. 第145回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、山形;20107

20)

石浜活義、伊藤ななみ、宇賀神智、齋藤秀樹:当院における大腸ESDの現状と手順の工夫.第145回日本消化器内視鏡病学会東北支部例会, 山形;20107

21)

吉澤和哉、八戸茂美、作田和裕、堀内英和、桜本基嗣、本間直之、三浦友来: 内視鏡下ネオベールR充填が効果的であった食道癌術後胃管潰瘍-気管支瘻の一治療例.第145回日本消化器内視鏡学会東北支部例会,山形;20107

22)

作田和裕、大村清成、安藤嘉章、勝見智大、齋藤吉彦、松田 剛、柄澤 哲、武田 忠、渡辺晋一郎、鵜飼克明、新澤陽英:膵石により急性胆管炎・急性膵炎を起こした慢性膵炎の一例.144回日本消化器内視鏡学会東北支部例会, 仙台:20102

 

 

(4)

研究会

i

特別講演

1)

武田弘明:バルーン式小腸鏡 と カプセル内視鏡による消化管出血の診断と治療.第16回山形消化器一般外科研究会,山形;20102

2)

武田弘明:経験例から学ぶIBD治療のむずかしさと治療の進歩.Infliximab Meeting,酒田;20103

3)

武田弘明:CDに対する最新治療法の紹介.第8IBDキャンパス,郡山;201012

4)

武田弘明:最新の治療と日常生活の注意点.潰瘍性大腸炎医療福祉相談会,山形;201011

5)

武田弘明:大きく変化したIBD治療の現況とその注意点.第30回山形県病院薬剤師会実務研修会,山形;201010

6)

武田弘明:消化器内科からみたNSAIDs関連の消化管障害とその対策.第106回山形市整形外科開業医の会、山形;201010

7)

武田弘明:大きく変化したIBD治療の現状−免疫調整剤・生物学的製剤の登場−.第429回青葉会学術講演会,山形;20109

8)

藤嶋昌一郎:早期胃癌の診断とESD治療.YamagataGI Forum 2010,山形;20104

9)

大泉晴史:広視野角経鼻内視鏡EG530NWの使用経験.山形県経鼻内視鏡セミナー, 山形;20102

10)

大泉晴史:胃がん・大腸がんの予防.がん予防講座, 山形;20102

11)

大泉晴史:胃がん・大腸がんの検診受診率向上をめざして.がん予防講座, 村山;20103

12)

大泉晴史:最近経験した胃がん症例から.平成21年度胃がん検診X線撮影従事者講習会, 山形;20103

13)

大泉晴史:Helicobacter pylori 山形研究と今後の胃癌検診.長井市西置賜郡医師会学術講演会, 長井;20106

14)

大泉晴史:胃がん検診二次精検における経鼻内視鏡の位置づけ.第48回日本消化器がん検診学会東北地方会 第13回技師部会研修会, 山形;20107

15)

大泉晴史:胃がん検診の現状と今後の展望.第2回新庄内視鏡テクニカルセミナー特別講演会, 新庄;201011

16)

大泉晴史:胃がん検診のこれまでと これから.−胃がんX検診における読影のポイントを含めて−. 置賜・胃と腸を語る会, 南陽;201012

17)

大泉晴史:胃・大腸がん検診の現状と今後の展望. 432回青葉会学術講演会, 山形;201012

18)

深瀬和利:早期胃癌に対する内視鏡的切除術の治療戦略・Helicobacter Pylori除菌によるEMR後異時性胃癌の予防.長井市西置賜郡医師会消化器検診研修会, 長井;20102

 

 

ii

一般演題

1)

石井里佳、斎藤貴史、渡辺久剛、宇賀神智、佐藤智佳子、芳賀弘明、三條麻衣、奥本和夫、西瀬雄子、伊藤純一、斎藤孝治、冨樫整、河田純男:診断・治療にソナゾイド造影超音波が有用であった肝細胞癌の一例:東北肝疾患病態・治療研究会、仙台;201011

2)

石井里佳、斎藤貴史、渡辺久剛、宇賀神智、佐藤智佳子、芳賀弘明、三條麻衣、奥本和夫、西瀬雄子、伊藤純一、斎藤孝治、冨樫整、河田純男:診断・治療にソナゾイド造影超音波が有用であった肝細胞癌の一例:第9回山形県肝癌局所治療研究会 山形;201011

3)

奥本和夫、宇賀神智、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、斎藤貴史、冨樫整、河田純男:出血性ショックにより肝腫瘤性病変を生じたアルコール性肝硬変の1例.第16回肝血流動態イメージ研究会,神戸;20101

4)

奥本和夫、斎藤孝治、佐藤智佳子、芳賀弘明、石井里佳、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤貴史、河田純男:RFA後大網動脈出血に対し経動脈的カテーテルにて止血した肝細胞癌の1, 46回日本肝癌研究会, 大阪;20107

5)

奥本和夫、冨樫整、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、斎藤貴史、河田純男:再発例、肝予備能低下例に対する内視鏡的食道静脈瘤治療の検討.22回東北食道・胃静脈瘤硬化療法研究会(吾妻シンポジウム), 福島;20109

6)

奥本和夫、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、斎藤貴史、冨樫整、河田純男:血漿交換と高用量ステロイドが奏功した急性肝不全の1例, 7回肝不全研究会 ,山形;20109

7)

藤嶋昌一郎,武田弘明,西瀬祥一,折居智彦,佐藤剛司,佐々木悠,名木野匡,岩野大輔,矢尾板孝夫,河田純男:食道high grade intraepithelial neoplasiaの1例.山形県胃と腸勉強会、山形;20106

8)

藤嶋昌一郎,武田弘明,西瀬祥一,折居智彦,佐藤剛司,佐々木悠,名木野匡,岩野大輔,矢尾板孝夫,河田純男:診断に苦慮した全身性アミロイドーシスの一例.山形県胃と腸勉強会、山形;20103

9)

藤嶋昌一郎,武田弘明,西瀬祥一,折居智彦,佐藤剛司,佐々木悠,名木野匡,岩野大輔,矢尾板孝夫,河田純男:NBI,酢酸散布により診断しえた早期胃癌の1例.第15回食道胃疾患研究会、山形;20102

10)

藤嶋昌一郎,武田弘明,西瀬祥一,折居智彦,佐藤剛司,佐々木悠,名木野匡,岩野大輔,矢尾板孝夫,河田純男:早期胃癌の診断とESD治療.山形GIフォーラム、山形;20104

11)

藤嶋昌一郎,武田弘明,西瀬祥一,折居智彦,佐藤剛司,佐々木悠,名木野匡,岩野大輔,矢尾板孝夫,河田純男:ESD時代の胃癌の診断について.消化器治療シンポジウム、山形;20109

12)

矢尾板孝夫、石澤哲也、吉澤和哉、岩野大輔、名木野匡、佐々木悠、佐藤剛司、折居智彦、西瀬祥一、武田弘明、河田純男:ステロイド抵抗性潰瘍性大腸炎に対するタクロリムスの使用経験.第15回山形県炎症性腸疾患研究会,山形;201010

13)

折居智彦、石澤哲也、矢尾板孝夫、吉澤和哉、岩野大輔、名木野匡、佐々木悠、佐藤剛司、西瀬祥一、武田弘明、河田純男:多彩な症状を呈したクローン病の1例.第15回山形県炎症性腸疾患研究会,山形;201010

14)

矢尾板孝夫、折居智彦、佐藤剛司、岩野大輔、佐々木悠、名木野匡、西瀬祥一、武田弘明、河田純男:当院における直腸カルチノイドに対するEMRLの治療成績.第31回山形県消化器治療内視鏡研究会,山形;201012

15)

佐藤智佳子、斎藤貴史、三沢慶子、芳賀弘明、石井里佳、三條麻衣、奥本和夫、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斉藤孝治、冨樫 整、河田純男:非アルコール性脂肪性肝疾患における1.ミトコンドリア脂肪酸β酸化能と2.チアゾリジン誘導体の治療効果.第5回山形県NASH研究会、山形;20107

16)

佐藤智佳子、奥本和夫、芳賀弘明、石井里佳、西瀬雄子、渡辺久剛、斉藤孝治、斎藤貴史、冨樫 整、河田純男:高度の好酸球増多を伴うメトロニダゾールによる薬物性肝障害の一例.第9回山形アレルギー研究会、山形;201011

17)

大泉晴史、福島紀雅、田村 元:若年早期胃癌の1. 37回山形県胃と腸勉強会(山形県医師会消化器読影研修会)山形;20103

18)

大泉晴史、福島紀雅、田村 元:検診発見で2型を呈したlymphoidstnomaを伴った早期胃癌の1. 38回山形県胃と腸勉強会(山形県医師会消化器読影研修会)山形;20106

19)

大泉晴史、佐藤敏彦、田村 元:Colitic high grade adenoma 1. 28回山形県大腸疾患研究会 山形;20106

20)

大泉晴史、福島紀雅、田村 元:胸やけが契機となり発見された早期胃癌の1. 39回山形県胃と腸勉強会(山形県医師会消化器読影研修会)山形;201011

21)

鈴木康之,齋藤裕之,齋藤吉彦,三浦友来,藤嶋昌一郎,白幡名香雄,鈴木克典,深瀬和利:当院における大腸ESDの現状.第31回山形県消化器治療内視鏡研究会、山形;201012

22)

柿崎泰明、白幡名香雄、斎藤裕之、三浦友来、鈴木康之、阿部貴志、鈴木克典、深瀬和利:診断に苦慮した膵腫瘤性病変の2例.第14回膵疾患懇話会,山形;20104

23)

柿崎泰明,白幡名香雄,齋藤裕之,三浦友来,鈴木康之,阿部貴志,鈴木克典,深瀬和利,盛直生,櫻井直樹,刑部光正,田村元:膵尾部嚢胞性腫瘍の1例.第49回山形県消化器病懇話会、山形;20109

24)

佐藤俊浩:ミコンビ錠の使用経験、新庄・最上地区ミコンビ配合錠新発売記念学術講演会.新庄;20101

25)

佐藤俊浩:最上町ウェルネスプラザにおける地域包括ケアシステム.天童東村山医師会主治医研修会、天童;20109

26)

佐藤俊浩:選択的DPP4阻害薬「ジャヌビア錠」の使用経験、第5回生活習慣病検討会.山形;201010

27)

石浜活義、伊藤ななみ、宇賀神智、齋藤秀樹:早期胃癌に対する治療内視鏡の現状.第3回消化器疾患治療シンポジウム 山形;20109

28)

石浜活義、伊藤ななみ、阿部貴志、齋藤秀樹:当院における大腸ESDの現状と手順の工夫.山形県治療内視鏡研究会 山形;201012

29)

石浜活義:当院における最新の治療内視鏡について.天童医師会 天童;20102

30)

吉澤和哉、八戸茂美、三浦友来、堀内英和、本間直之、桜本基嗣: 内視鏡的粘膜切開下生検を行った胃脂肪腫の一例. 60回最上消化器症例検討会, 新庄; 20102

31)

吉澤和哉、吉岡彩子、石澤哲也、矢尾板孝夫、岩野大輔、佐々木悠、名木野匡、佐藤剛司、折居智彦、西瀬祥一、武田弘明、河田純男、藤嶋昌一郎、加藤智也、山川光徳: 内視鏡的粘膜下層剥離術を行ない脈管侵襲により粘膜下層浸潤をきたした0-Ua型早期胃癌の一例. 39回山形胃と腸勉強会, 山形;201011

32)

芳賀弘明、西瀬雄子、佐藤智佳子、石井里佳、三條麻衣、奥本和夫、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、斎藤貴史、冨樫 整、河田純男:Virtual Touch Tissue Quantification法による肝測定部位の検討. 第12回東北肝炎・肝癌研究会, 仙台:20109

 

 

(5)

その他

1)

大泉晴史:胃がんてどんな病気?. 朝だ 元気だ 六時半! YBCラジオ 2010.6.1418

 

 

3.

学会、講演会、シンポジウム、ワークショップ等の開催

1)

46回日本肝臓学会総会(会長:河田純男)、 山形 ; 20105

2)

145回日本消化器内視鏡学会東北支部例会(会長:武田弘明)、山形;20107

3)

48回日本消化器がん検診学会東北地方会(会長;新澤陽英)、山形:20107

4)

10回日本医療マネジメント学会東北連合会・第7回日本医療マネジメント学会山形地方会(会長;新澤陽英)、山形:201010

5)

55回市民公開講座 日本消化器病学会東北支部(会長:鵜飼克明)、長井:201011

 

 

説明: 説明: このページのトップへ

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\pause3.gif

説明: 説明: お問合せ 山形大学医学部消化器内科
990-9585 山形市飯田西2-2-2  TEL023-628-5309  FAX023-628-5311

Copyright (c) Yamagata University Faculty of Medicine.