Department of Gastroenterology

 

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-1.gif説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-2.gif

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\01-3.gif

 

説明: 説明: ホーム

説明: 説明: ご挨拶

説明: 説明: 教室のあゆみ

説明: 説明: 後期プログラム研修のご案内

説明: 説明: スタッフの紹介

説明: 説明: 研究の概要

説明: 説明: 診療の概要

説明: 説明: 外来診療のご案内

 

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\mark.gif

説明: 説明: 外来週間予定

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\mark.gif

説明: 説明: 光学医療診療部

 

説明: 説明: 学会研究会、行事の御案内

説明: 説明: 業績一覧

説明: 説明: 出版物の紹介

説明: 説明: 消化器病コラム(一般向け)

説明: 説明: 関連医療機関

説明: 海外留学記・学会出席記

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 説明: 関連機関リンク

説明: 説明: 附属病院光学医療診療部

説明: 説明: 山形大学医学部がんセンター

説明: 説明: 第46回 日本肝臓学会総会

説明: 説明: 山形大学医学部

説明: 説明: 山形大学医学部附属病院

説明: 説明: 山形大学医学部附属病院治験センター

説明: 説明: 消化器病の先進的診断・治療、教育体制の充実に取り組みます。説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 説明: 業績一覧(Achievements)

 

当科の業績としまして、数多くの論文発表や学会発表等があります。
過去の主要な論文などを掲載します。

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

 

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\arrow1.gif 2016  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2015  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2014  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2013  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2012  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\arrow1.gif 2011  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2010
説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\arrow1.gif 2009  説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2/p_common/arrow1.gif 2008

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\pause2.gif

 

2009
1.論文
1原著 (2総説 (3著書
2.
学会報告
1国際学会 (2国内学会 (3国内地方会 (4研究会 (5その他
3.学会、講演会、シンポジウム、ワークショップ等の開催

 

 

1.

論 文

(1)

原 著

1)

Nishise S, Takeda Y, Nishise Y, Fujishima S, Orii T, Otake S, Sato T, Sasaki Y, Takeda H, Kawata S: Biological effect of anaphylatoxin C5a on the generation of anti-inflammatory substances in leukocyte adsorption. Ther Apher Dial 2009; 13: 509-514

2)

Fujishima S, Takeda H, Kawata S, Yamakawa M: The relationship between the expression of the glucocorticoid receptor in biopsied colonic mucosa and the glucocorticoid responsiveness of ulcerative colitis patients. Clin Immunol 2009; 133: 208-217

3)

Togashi H, Kawata S. Reply to comments on What can be revealed by extending the sensitivity of HBsAg detection to below the present limit?J Hepatol 2009; 50, 213

4)

Mabe K, Takahashi M, Oizumi H, Tsukuma H, Shibata A, Fukase K, Matsuda T, Takeda H, Kawata S: Does Helicobacter pylori eradication therapy for peptic ulcer prevent gastric cancer? World J Gastroenterol 2009; 15: 4290-4297

5)

Suzuki Y, Takeda H, Kawata S: Investigation of liposome-conjugated nuclear factor- kB decoy oligodeoxynucleotide in a mouse model of dextran sodium sulphate-induced colitis. Yamagata Med J 2009; 27: 109-117

6)

Takeda H, Nishise S, Fukui T, Fujishima S, Orii T, Otake S, Sato T, Sasaki Y, Kawata S: Plasma level of granulocyte-colony stimulating factor during granulocyte and monocyte adsorptive apheresis in patients with ulcerative colitis. Hepato-gastroenterol 2009; 56: 348-351

7)

Yokozawa J, Sasaki T, Ohwada K, Sasaki Y, Ito JI, Saito T, Kawata S: Down-regulation of hepatic stearoyl-CoA desaturase 1 expression by angiotensin II receptor blocker in the obese fa/fa Zucker rat: possible role in amelioration of insulin resistance and hepatic steatosis. J Gastroenterol 2009; 44 : 583-591

8)

Saito T, Nishise Y, Makino N, Haga H, Ishii R, Okumoto K, Ito JI, Watanabe H, Saito K, Takeda H, Togashi H, Kubota I, Daimon M, Kato T, Kawata S: Impact of metabolic syndrome on elevated serum alanine aminotransferase levels in the Japanese population. Metabolism 2009; 58: 1067-1075

9)

Ikeda A, Konta T, Takasaki S, Hao Z, Suzuki K, Sato H, Shibata Y, Takeishi Y, Kato T, Kawata S, Kubota I: In a non-diabetic Japanese population, the combination of macroalbuminuria and increased urine beta 2-microglobulin predicts a decline of renal function: the Takahata study. Nephrol Dial Transplant 2009; 24: 841-847

10)

Daimon M, Oizumi T, Toriyama S, Karasawa S, Jimbu Y, Wada W, Kameda W, Susa S, Muramatsu M, Kubota I, Kawata S, Kato T: Association of the Ser326Cys polymorphism in the OGG1 gene with type 2 DM. 2009; Biochem Biophys Res Commun 386: 26-29

11)

Kawasaki R, Wang JJ, Sato H, Mitchell P, Kato T, Kawata S, Kayama T, Yamashita H, Wong TY: Prevalence and associations of epiretinal membranes in an adult Japanese population: the Funagata study. 2009; Eye 23: 1045-1051

12)

Ichikawa K, Konta T, Emi M, Toriyama S, Takasaki S, Ikeda A, Shibata Y, Takabatake N, Takeishi Y, Kato T, Kawata S, Kubota I:  Genetic polymorphisms of oaraoxonase-1 are associated with chronic kidney disease in Japanese women. Kidney Int  2009; 76: 183-189

13)

Abiko H, Konta T, Hao Z, Takasaki S, Suzuki K, Ichikawa K, Ikeda A, Shibata Y, Takeishi Y, Kawata S, Kato T, Kubaota I: Factors correlated with plasma rennin activity in general Japanese population. 2009; Clin Exp Nephrol 13: 130-137

14)

Wada M, Daimon M, Emi M, Iijima H, Sato H, Koyano S, Tajima K, Kawanami T, Kurita K, Hunt SC, Hopkins PN, Kubota I, Kawata S, Kato T: Genetic association between ahdehyde dehydrogenease 2 (ALDH2) variation and high-density lipoprotein cholesterol(HDL-C) among non-drinkers in two large population samples in Japan. J Atheroscler Thromb 2009; 15: 179-184

15)

Daimon M, Sato H, Sasaki S, Toriyama S, Emi M, Muramatsu M, Hunt SC, Hopkins PN, Karasawa S, Wada K, Jimbu Y, Kameda W, Susa S, Oizumi T, Fukao A, Kubota I, Kawata S, Kato T: Salt consumption-dependent association of the GNB3 gene polymorphism with type 2 DM. Biochem Biophys Res Commun 2009; 374: 576-580

16)

Suzuki K, Konta T, Takasaki S, Ikeda A, Ichikawa K, Sato H, Shibata Y, Watanabe T, Kato T, Kawata S, Kubota I: High varability of albuminuria in nondiabetic population: the Takahata Study. Clin Exp Nephrol 2009; 13: 452-459

17)

Tanabe Y, Kawasaki R, Wang JJ, Wong TY, Mitchell P, Daimon M, Oizumi T, Kato T, Kawata S, Kayama T, Yamashita H: Angiotensin-converting enzyme gene and retinal arteriolar narrowing: The Funagata Study. J Hum Hypertens 2009; 23:788-793

18)

Zhang P, Zhong L, Watanabe H, Kachko A, Mihalik K, Virata-Theimer ML, Alter HJ, Feinstone S, Major M. Depletion of interfering antibodies in chronic hepatitis C patients and vaccinated chimpanzees reveals broad cross-genotype neutralizing activity. Proc Natl Acad Sci USA 2009; 106 : 7537-7541

19)

Zubkova I, Choi YH, Chang E, Pirollo K, Uern T, Watanabe H, Wells F, Kachko A, Krawczynski K, Major MR. T-cell vaccines that elicit effective immune responses against HCV in chimpanzees may create greater immune pressure for viral mutation. Vaccine 2009; 27: 2594-2602

20)

Shimokaze T, Mitsui T, Takeda H, Kawakami T, Arai T, Ito M, Iwaba A, Izumino H, Takahashi N, Kanno M, Sendo D, Hayasaka K.: Severe hemorrhagic colitis caused by dasatinib in Philadelphia chromosome-positive acute lymphoblastic leukemia. Pediatr Hematol Oncol 2009; 26: 448-453

21)

Fukase K, Suzuki Y, Otaki Y, Yoshizawa K, Abe T, Suzuki K: Consideration of Indications for Endoscopic Mucosal Resection for Intramucosal Gastric Cancer According to Long-term Outcome. Yamagata J Med 2009; 43: 102-106

22)

Kamata M, Suzuki A, Matsumoto Y, Shibuya N, Togashi H, Goto K, Otani K: Association study between the -1021C/T polymorphism of the dopamine-beta-hydroxylase gene promoter and personality traits in healthy subjects. Neurosci Lett. 2009; 462: 54-57

23)

Kamata M, Suzuki A, Matsumoto Y, Togashi H, Otani K: Effect of month of birth on personality traits of healthy Japanese. Eur Psychiatry 2009; 24: 86-90

24)

柄澤 哲、冨樫 整、田嶋克史、鈴木明彦、小野寺 滋、芳賀弘明、石井里佳、三沢慶子、三條麻衣、奥本和夫、西瀬雄子、伊藤純一、菅原一彦、斉藤孝治、齋藤貴史、河田純男:インターフェロン療法が著効した特発性血小板減少性紫斑病を合併したC型肝炎の1例. 日本消化器病学会雑誌 2009; 106: 405-410

25)

佐藤剛司, 武田弘明, 折居智彦, 大武さや香, 藤嶋昌一郎, 西瀬祥一, 佐々木悠, 河田純男:正常粘膜から特異な活動性出血を呈した消化管出血の3-抗凝固療法とangiodysplasiaに関する考察-.日本消化器病学会雑誌 2009; 106813-819

26)

佐藤智佳子、三沢慶子、斎藤貴史、河田純男:胃癌術後に発症した非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の一例.治療学 2009; 43: 1137-1140

27)

福井忠久, 吉岡孝志, 高野潤, 藤嶋昌一郎, 大武さや香, 折居智彦, 佐藤剛司, 佐々木悠, 西瀬祥一, 武田弘明, 河田純男, 高村浩:眼窩腺癌に対し化学放射線療法が奏効した1例.癌と化学療法 2009; 36287-290

28)

本田 悌一朗, 牧野 直彦, 白幡 名香雄, 戸澤 智浩, 池田 祐之, 宗 幹之, 松田 暁子, 加藤 哲子, 本山 悌一, 河田 純男 : 神経線維腫症1型に合併し,アミロイド沈着をともなったVater乳頭部カルチノイドの1剖検例. 日本消化器病学会雑誌, 2009 : 106 :1516-1523

29)

早坂真貴子、遠藤啓子、直島厚子、冨樫 整: 大学生における食育について −特にBMI高値学生に対して−. 2009; 46: 170-172

30)

冨樫 整、直島厚子、早坂真貴子、遠藤啓子、鎌田光宏: 2007年の麻疹(はしか)騒動を振り返って. 山形大学保健管理センター紀要 第7号、2007年度版

31)

鎌田智有、間部克裕、深瀬和利、井上和彦、岡田裕之、伊藤公訓、徳毛健治、佐藤友美、塩谷昭子、畠二郎、田中信治、秋山隆、春間賢: Helicobacter pylori除菌後に発見された胃癌症例の臨床像. Helicobacter Research, 200; 13 : 16-20

32)

大滝雄造、深瀬和利、中村 純、吉澤和哉、柿崎泰明、鈴木康之、阿部貴志、鈴木克典:内視鏡的に除去しえた巨大直腸異物の2. 山形県立病院医学雑誌2009; 43: 123-127

33)

間部克裕: 消化性潰瘍に対する除菌療法は胃癌1次予防に寄与するか?. The GI FOREFRONT  2009; 5: 17-21

34)

間部克裕、深瀬和利、河田純男: 消化性潰瘍に対するH.pylori除菌療法の胃がん予防効果. The GI FOREFRONT 2009; 5: suppl 32-35

 

 

(2)

総 説

1)

河田純男:メタボリックシンドロームとNASH,肝癌.BIO Clinica 2009; 24: 38-44

2)

河田純男、小野正文、角田圭雄、田村信司: 座談会. わが国の現状とその対策. 治療学 2009; 43: 1125-1132

3)

河田純男: 食欲とエネルギー代謝調節からNASHの背景を探る. 治療学 2009; 43: 1037-1047

4)

河田純男、泉 並木、池田健次、西原利治: 座談会. 肝疾患診療の新しい展開. 日医雑誌 2009; 139: 1061-1073

5)

河田純男: 代謝病としてのC型肝炎の病態と予後. 日医雑誌 2009; 139: 1085-1088

6)

齋藤貴史、河田純男: 肝臓とRA系(肝線維化とRA系). Hypertens-Scope 2009; 8: 7-8

7)

斎藤貴史、西瀬雄子、石井里佳、渡辺久剛、鈴木克典、河田純男:HCV NS3蛋白質多型性とC型慢性肝炎の予後・治療効果予測.日本消化器病学会雑誌 2009106: 502-507

8)

斎藤貴史、河田純男:糖尿病(耐糖能異常)と肝疾患のクロストーク.糖代謝異常と肝発癌―臨床の立場から.医学のあゆみ 2009; 229: 1141-1145

9)

齋藤貴史、西瀬雄子、河田純男: Readers Indigestion. 日本人成人におけるメタボリックシンドロームとALT値の関連. 肝臓 2009; 50: 547

10)

佐々木悠, 武田弘明, 河田純男:【消化管症候群(2) その他の消化管疾患を含めて】  胃分化型腺癌.日本臨床別冊消化管症候群() 2009; 413-416

11)

伊藤純一, 河田純男:脂質異常症・糖尿病と肝障害. 成人病と生活習慣病 2009; 39:401-406

12)

奥本和夫、河田純男:ヒトES細胞由来肝細胞の分化と移植.Review of Gastroenterology Clinical Gastroenterology and Hepatology 2009;4:60-65

13)

大泉晴史:IBS診療における問診のポイント. 特集−日本人における消化器症状の実態と診療の最前線〜患者満足度のさらなる向上をめざして〜. 2009; Astellas Square 56-7

14)

深瀬和利: 内視鏡室の紹介—山形県立中央病院. Gastroenterol Endosc 2009; 5191-94

 

 

(3)

著 書

1)

河田純男、佐藤智佳子: 12.代謝性肝疾患. 消化器疾患最新治療2009-2010 東京:南江堂, 2009; p329-331

2)

河田純男、柄沢 哲、齋藤貴史: 抗ウイルス薬リバビリンによる貧血は予防できるか? 河田純男、佐々木裕 編、肝臓病診療:こんなときどうするQ&A、東京:中外医学社、2009; p368-371

3)

冨樫 整、河田純男:糖原病、尿素代謝異常、肝アミロイドーシス、脂質蓄積症、肝性ポルフィリン症、α1アンチトリプシン欠乏症、色素代謝異常症. 小川聡 総編集、井廻道夫 部門編集; 改訂第7版 内科学書 東京:中山書店 2009: p275-280

4)

齋藤貴史、西瀬雄子、河田純男:わが国で、ALT値の異常を有する成人の割合はどの程度か? 河田純男、佐々木裕 編、肝臓病診療:こんなときどうするQ&A、東京:中外医学社、2009; p52-54

5)

齋藤貴史、渡辺久剛、河田純男: PegIFN+リバビリン療法の治療効果はウイルス学的にどこまで予測できるか? 河田純男、佐々木裕 編、肝臓病診療:こんなときどうするQ&A、東京:中外医学社、2009; p364-367

6)

齋藤貴史:C型慢性肝炎に伴う糖・脂質代謝異常と抗ウイルス治療.消化器病学・東北支部第11回教育講演会記録(鈴木一幸編)、盛岡;ヤマダプランニング、2009; p45-49

7)

渡辺久剛、齋藤貴史、河田純男: HCVキャリアからのHCV RNA自然消失はあるのか? 河田純男、佐々木裕 編、肝臓病診療:こんなときどうするQ&A、東京:中外医学社、2009; p47-5

8)

渡辺久剛、河田純男:ハリソン内科学第3版 第300章「慢性肝炎」. 東京:メディカル・サイエンス・インターナショナル2009: p2022-2037

9)

深瀬和利: 抗菌薬関連腸炎a.出血性大腸炎. 消化器疾患最新の治療2009-2010. 東京:南江堂、2009; p187-188

 

 

2.

学会報告

(1)

国際学会

i

一般演題

1)

Ishii R, Saito T, Sho R, Ugajin S, Sato C, Haga H, Sanjo , Okumoto K, Nishise Y, Ito J, Watanabe H, Saito K, Togashi T, Kawata S: Association of prolactin expression with hepatitis C virus in chronic viral carriers. Asian Pacific Association for the Study of the Liver, Hong Kong, China; February 2009

2)

Watanabe H, Saito T, Shao L, Nishise Y, Ishii R, Haga H, Okumoto K, Ito J, Saito K, Shinzawa H, Kawata S. A long-term population-based cohort study in an endemic area of hepatitis C virus in Japan: Spontaneous elimination of serum HCV RNA detected by the real-time PCR system. 13th International Symposium on Viral Hepatitis and Liver Disease, Washington DC, USA: March 2009

3)

Watanabe H, Saito T, Nishise Y, Sasaki Y, Sato C, Ishii R, Haga H, Sanjo M, Okumoto K, Ito J, Saito S, Shinzawa H, Kawata S. Natural clearance of hepatitis C virus (HCV) RNA in Chronic HCV carriers: A long-term cohort study in an endemic area of HCV infection in Japan. 60th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, Boston, USA: November 2009

4)

Nishise S, Takeda H, Nishise Y, Kawata S: Biological effect of anaphylatoxin C5a on the release of anti-inflammatory substances in leukocyte adsorption. Digestive Disease Week 2009, Chicago, USA: May 2009

5)

Saito T, Okumoto K, Haga H, Kawata S: Growth factors potentially influencing the differentiation and proliferation of hepatic stem cells in acute liver failure: serum levels in patients and functional analyses in vitro. Choshu International Liver Symposium 2009. Ube, Japan: February 2009

6)

Fukase K, Hara T, Ishizawa T, Otaki Y, Kakizaki Y, Yoshizawa K, Suzuki Y, Abe T, Suzuki K: Comparative evaluation of long-term prognosis between endoscopic treatment and surgery for early gastric cancer. GASTRO 2009 (UEGW/WCOG), London, UK: November 2009

7)

Ikeda Y, Makino N, Kawata S, Furukawa T: Micro RNAs associated with MAPK activity in human pancreatic cancer. 40th Anniversary Meeting of American Pancreatic Association and Japan Pancreas SocietyHawaii, USA: November 2009

 

 

(2)

国内学会

i

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ等

1)

武田弘明, 大武さや香, 河田純男:メタボリック症候群と消化器癌 メタボリック症候群における大腸腺腫および癌のリスク.第95回日本消化器病学会総会,札幌;20095

2)

西瀬雄子、斎藤貴史、河田純男:住民検診におけるNAFLDスクリーニングのためのALT基準値およびbright liver関連因子の検討(シンポジウム:メタボリック症候群における肝障害)、第51回日本消化器病学会大会、京都;200910

3)

白幡名香雄, 牧野直彦, 河田純男: IPMNに対する診断・治療戦略. 51日本消化器病学会大会(シンポジウム:IPMNに対する診断・治療戦略), 京都; 200910

4)

鈴木康之、吉澤和哉、深瀬和利 : 抗血小板剤の継続、休薬、再開時期の検討. 77回日本消化器内視鏡学会総会(パネルディスカッション), 名古屋; 20095

5)

間部克裕、深瀬和利、河田純男: 消化性潰瘍に対するH.pylori除菌療法の胃癌予防効果. 95回日本消化器病学会総会(ワークショップ), 札幌; 20095

6)

間部克裕、関 英幸、鈴木潤一: 内視鏡検査・治療における抗血小板剤の適切な休薬期間における院内コンセンサス. 77回日本消化器内視鏡学会総会(パネルディスカッション), 名古屋 ; 20095

7)

間部克裕、大泉晴史、河田純男: 胃癌撲滅を目指したH.pylori除菌療法. 51回日本消化器病学会大会(シンポジウム), 京都; 200910

8)

鵜飼克明、新澤陽英、河田純男:山形県肝炎対策協議会の現状と問題点.17回日本消化器関連学会週間(肝臓学会 ワークショップ 肝疾患診療連携拠点病院と病診連携)京都; 200910

 

 

ii

一般演題

1)

佐藤智佳子、斎藤貴史、三沢慶子、宇賀神智、芳賀弘明、石井里佳、三條麻衣、奥本和夫、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斉藤孝治、冨樫 整、河田純男:C型慢性肝炎患者における脂肪酸β酸化障害の検討.第45回日本肝臓学会総会、神戸;20096

2)

渡辺久剛、斎藤貴史、西瀬雄子、佐藤智佳子、宇賀神智、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、奥本和夫、伊藤純一、斉藤孝治、冨樫 整、新澤陽英、河田純男:Real-time PCR法を用いたHCV持続感染者におけるウイルス自然陰性化の検討 第45回日本肝臓学会総会、神戸;2009 6

3)

石井里佳、斎藤貴史、渡辺久剛、宇賀神智、佐藤智佳子、芳賀弘明、三條麻衣、奥本和夫、西瀬雄子、伊藤純一、斎藤孝治、冨樫整、河田純男:PEG-Interferon/Ribavirin併用療法における尿酸値からの貧血の予測.45日本肝臓学会総会、神戸;20096

4)

芳賀弘明、斎藤貴史、奥本和夫、佐々木弥生、宇賀神智、佐藤智佳子、石井里佳、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斉藤孝治、冨樫 整、河田純男:増殖因子の急性肝疾患における血清動態および肝幹細胞への分化、増殖能の検討. 第8回日本再生医療学会総会, 東京:20093

5)

芳賀弘明、奥本和夫、佐藤智佳子、石井里佳、三條麻衣、宇賀神智、西瀬雄子 伊藤純一、渡辺久剛、斉藤孝治、斎藤貴史、冨樫 整、河田純男:腫瘍内部の凝固壊死が発熱の原因と考えられた巨大肝血管腫の1. 95回日本消化器病学会総会, 札幌:20095

6)

芳賀弘明、斎藤貴史、奥本和夫、佐々木弥生、宇賀神智、佐藤智佳子、石井里佳、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斉藤孝治、冨樫 整、河田純男:増殖因子の急性肝疾患での血清動態および肝幹細胞の分化、増殖能の検討. 第16回肝細胞研究会, 山形:20096

7)

芳賀弘明、斎藤貴史、奥本和夫、佐々木弥生、宇賀神智、佐藤智佳子、石井里佳、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斉藤孝治、冨樫 整、河田純男:増殖因子の肝疾患における血清動態およびヒト間葉系幹細胞における分化の検討. 第45回日本肝臓学会総会, 神戸:20096

8)

松田暁子、牧野直彦、佐藤英之、本田悌一朗、戸澤智浩、白幡名香雄、河田純男:膵Solid-pseudopapillary tumor(SPT)2切除例. 95回日本消化器病学会総会、札幌;20095

9)

西瀬祥一、藤島丈、西瀬雄子: 知的障害者更生施設でのEntamoeba histolytica集団感染の実態と感染終息までの経過.第83回日本感染症学会総会・学術講演会,東京;20094

10)

西瀬祥一:単球吸着刺激および顆粒球除去療法がgranulocyte colony-stimulating factor(G-CSF)産生に与える影響について.第30回日本アフェレシス学会学術大会,札幌;20099

11)

大武さや香, 藤嶋昌一郎, 佐々木悠, 佐藤剛司, 折居智彦, 河田純男, 武田弘明, 蜂谷修, 木村理:術後食道完全狭窄を双方向内視鏡下に治療した1例.第78回日本消化器内視鏡学会総会,京都;200910

12)

佐々木悠, 武田弘明, 佐藤剛司, 大武さや香, 折居智彦, 藤嶋昌一郎, 西瀬祥一, 河田純男:無症候性逆流性食道炎の臨床的特徴について.第78回日本消化器内視鏡学会総会,京都;200910

13)

伊藤純一, 鈴木明彦, 奥本和夫, 渡辺久剛, 齋藤孝治, 齋藤貴史, 河田純男: 高齢者における肝動脈化学塞栓療法(TACE)後のガス産生肝膿の一例. 12回日本高齢消化器病学会, 東京;20097

14)

西瀬雄子、斎藤貴史、牧野直彦、奥本和夫、伊藤純一、渡辺久剛、斉藤孝治、武田弘明、冨樫整、 河田純男:一般住民における胃粘膜萎縮と生活習慣病との関連.95回日本消化器病学会総会札幌20095

15)

西瀬雄子、斎藤貴史、宇賀神智、佐藤智佳子、芳賀弘明、石井里佳、三條麻衣、奥本和夫、伊藤純一、渡辺久剛、斉藤孝治、冨樫整、河田純男:bright liverを有する飲酒習慣のない一般住民の特性―生活習慣病との関連性の検討.第45回日本肝臓学会総会,神戸;20096

16)

斎藤貴史、三條麻衣、石井里佳、宇賀神 智、佐藤智佳子、芳賀弘明、奥本和夫、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、齋藤孝治、冨樫 整、堀田 博、河田純男:HCV NS3蛋白質二次構造の多型性とHCV RNA量およびペグインターフェロン・リバビリン併用療法の効果予測の検討.第45回日本肝臓学会総会,神戸;20096

17)

奥本和夫、佐藤智佳子、宇賀神智、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、西瀬雄子 、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、斎藤貴史、冨樫整、河田純男:ペグインターフェロン、リバビリン療法再燃例に対する長期再投与の検討.第95回日本消化器病学会総会,札幌;20095

18)

奥本和夫、佐藤智佳子、宇賀神智、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、斎藤貴史、冨樫整、河田純男食道静脈瘤結紮術後潰瘍に感染を来した1剖検例.第77回日本内視鏡学会総会、名古屋20095

19)

奥本和夫、斎藤貴史、佐藤智佳子、宇賀神智、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、 西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、冨樫整、河田純男:C型肝疾患における血清b-FGF濃度と肝癌予後に関する検討.第45回日本肝臓学会総会,神戸;20096

20)

奥本和夫、冨樫整、宇賀神智、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、斎藤貴史、河田純男:肺炎を契機に門脈血栓、腹水を生じたアルコール性肝硬変の1例.16回日本門脈圧亢進症学会総会,郡山;20099

21)

奥本和夫、斎藤貴史、芳賀弘明、宇賀神智、佐藤智佳子、石井里佳、三條麻衣、 西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、冨樫整、河田純男:C型肝疾患における血清増殖因子に関する検討.第13回日本肝臓学会大会,京都;200910

22)

熊澤豊、伊藤宏、阿部吉弘、奥本和夫:B型慢性肝炎急性増悪に対する核酸アナログ、インターフェロン短期併用療法の有用性について.第51回日本消化器病学会大会,京都;200910

23)

武田由美子内頚動脈の高度狭窄を呈した興味深い一例. 9回日本抗加齢医学会総会, 東京;20095

24)

佐々木 悠、武田 弘明、折居 智彦、西瀬 祥一 、藤嶋 昌一郎、大武 さやか、佐藤 剛司、河田 純男:無症候性逆流性食道炎の臨床的特徴についての検討.第78回日本消化器内視鏡学会総会、京都;200910

25)

吉澤和哉、深瀬和利、大滝雄造、中村 純、鈴木康之、川原 優、緒形真也 下部消化管内視鏡の生検で確認しえたコレステロール結晶塞栓症の一例.5回日本消化管学会総会学術集会,東京;20092

26)

池田祐之、牧野直彦、河田純男、古川徹:ヒト膵臓がん細胞においてMAPK活性に関連するマイクロRNAの同定. 68回日本癌学会総会、横浜;200910

27)

早坂真貴子、遠藤啓子、直島厚子、矢口友理、冨樫 整: 肥満学生における各種検査成績と食習慣の分析. 47回全国大会保健管理研究集会 札幌; 20099

28)

大滝雄造、深瀬和利、中村 純、吉澤和哉、柿崎泰明、鈴木康之、阿部貴志、鈴木克典: 内視鏡的に摘出し得た巨大直腸異物の2. 77回日本消化器内視鏡学会総会, 名古屋; 20095

29)

大滝雄造、鈴木康之、深瀬和利: 当院におけるびまん性大細胞B細胞性リンパ腫(DLBCL)症例の検討. 51回日本消化器病学会大会, 京都; 200910

30)

石浜活義,斉藤秀樹,伊藤ななみ, 宇賀神 智: 当院における大腸ESDの現状. 公立学校共済中央病院学会, 神戸; 200910

31)

間部克裕、横山文明、石橋陽子、菅井望、関英幸、三浦淳彦、藤田淳、鈴木潤一: 空腹感を伴うHelicobacter pylori 陰性GERDの特徴についての検討. 5回日本消化管学会, 東京; 20092

32)

鈴木義広、今村恵, 水本尚子,伊藤美保,三沢慶子,早坂高志,吉田尚美,青木政則,今泉和臣:プリモビスト造影MRIとソナゾイド造影USの造影所見が異なる高分化型肝細胞癌の2例.第13回日本肝臓学会大会,京都;200910

33)

安藤嘉章、大村清成、勝見智大、作田和裕、八木周、柄澤哲、服部悦子、武田忠、渡辺晋一郎、鵜飼克明、新澤陽英:当院での急性胆嚢炎に対するPTGBAの治療成績の検討.第17回日本消化器関連学会週間.京都; 200910

34)

大村清成、勝見智大、作田和裕、安藤嘉章、鵜飼克明、新澤陽英:特発性門脈圧亢進症に対する摘脾後に自己免疫性膵炎を発症した一例.第17回日本消化器関連学会週間.第17回日本消化器関連学会週間.京都; 200910

35)

勝見智大、安藤嘉章、作田和裕、松田剛、柄澤哲、服部悦子、大村清成、武田忠、渡辺晋一郎、鵜飼克明、新澤陽英:膵動静脈奇形により発症した急性膵炎の一例.第17回日本消化器関連学会週間.京都; 200910

36)

鵜飼克明、武田 忠、服部悦子、柄澤 哲、新澤陽英、東敬之、小澤孝一郎:集学的治療により長期生存が得られている腰仙骨部転移を来した肝細胞癌の一例.第45回日本肝癌研究会.福岡; 20097

37)

鵜飼克明、武田 忠、服部悦子、柄澤 哲、新澤陽英:ラジオ波焼灼療法後局所再発の堅牢.第45回日本肝癌研究会.福岡; 20097

 

 

(3)

国内地方会

i

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ等

1)

白幡名香雄,松田暁子,牧野直彦, 戸澤智浩,本田悌一朗,池田祐之,佐藤英之,河田純男: EUSによる乳頭部の描出法. 143回日本消化器内視鏡学会東北支部例会(VTRフォーラム:EUSによる乳頭部の描出法), 福島; 20097

2)

斉藤孝治、奥本和夫、河田純男:肝細胞癌局所治療におけるソナゾイド造影超音波およびRVSの有用性について(シンポジウム:肝細胞癌の診断・治療の工夫)。第186回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20092

3)

安藤嘉章、大村清成、渡辺晋一郎、鵜飼克明、新澤陽英:当院における内視鏡教育についての現状と問題点.第143回日本消化器内視鏡学会東北支部例会(シンポジウム).福島; 20097

 

 

ii

一般演題

1)

佐藤智佳子、石井里佳、奥本和夫、宇賀神智、芳賀弘明、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斉藤孝治、斎藤貴史、冨樫 整、河田純男:茵陳蒿湯が奏功した薬物性肝障害の一例.第186回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20092

2)

石井里佳、宇賀神智、佐藤智佳子、芳賀弘明、三條麻衣、奥本和夫、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斉藤孝治、斎藤貴史、冨樫 整、河田純男:B型急性肝炎(genotype A)に対する核酸アナログ投与の検討.186回日本消化器病学会東北支部例会、仙台; 20092

3)

石井里佳、奥本和夫、仁科武人、宇賀神智、佐藤智佳子、芳賀弘明、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、斎藤貴史、冨樫整、河田純男:肝表面に突出する肝細胞癌に対しTAEおよびPEITを施行した2例.第187回日本消化器病学会東北支部例会福島;20097

4)

佐々木悠、折居智彦、佐藤剛司、大武さや香、藤島昌一郎、西瀬祥一、武田弘明、河田純男:壊疽性膿皮症を合併した潰瘍性大腸炎の1例.第186回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20092

5)

佐藤剛司、折居智彦、佐々木悠、武田弘明、河田純男:腸管ベーチェット病と考えられる小腸潰瘍に骨髄異形成症候群を合併した1例.第187回日本消化器病学会東北支部例会福島;20097

6)

藤島昌一郎、武田弘明、西瀬祥一、折居智彦、佐藤剛司、佐々木悠、岩野大輔、名木野匡、矢尾板孝夫、河田純男、半田和広:除菌により形態が変化したと考えられる早期胃癌の一例.第143回日本消化器内視鏡学会東北支部例会福島;20097

7)

佐々木悠、藤島昌一郎、大武さや香、西瀬祥一、折居智彦、佐藤剛司、名木野匡、岩野大輔、矢尾板孝夫、武田弘明、河田純男:胃管癌の内視鏡治療後に大量出血を来たし血管塞栓術が有効であった1例.第143回日本消化器内視鏡学会東北支部例会福島;20097

8)

佐々木 悠、折居 智彦、佐藤 剛司、大武さや香、藤嶋昌一郎、西瀬 祥一、武田 弘明、河田 純男:壊疽性膿皮症を合併した潰瘍性大腸炎の一例.第186回日本消化器病学会東北支部例会、仙台;20092

9)

佐々木 悠、藤嶋 昌一郎、大武 さや香、西瀬 祥一、折居 智彦、佐藤 剛司、名木野 匡、岩野 大輔、矢尾板 孝夫、武田 弘明、河田 純男:胃管癌の内視鏡治療後に大量出血を来し血管塞栓術が有効であった一例.第143回日本消化器内視鏡学会東北支部例会、福島;20097

10)

吉澤和哉、鈴木康之、大滝雄造、中村純、柿ア泰明、阿部貴志、鈴木克典、深瀬和利粘膜下腫瘍様形態を呈し内視鏡的切除により診断した直腸MALTリンパ腫の一例.第142回 日本消化器内視鏡学会東北支部例会,仙台;20092

11)

吉澤和哉、深瀬和利、大滝雄造、柿崎泰明、鈴木康之、阿部貴志、鈴木克典、武田健一郎、三好寛明:サイトメガロウイルス膵炎により腹腔内出血をきたし剖検を行った一例. 日本内科学会 第188回東北地方会,仙台; 20096

12)

吉澤和哉、鈴木康之、大滝雄造、原倫代、柿崎泰明、阿部貴志、鈴木克典、深瀬和利、三好寛明、石川博康:潰瘍性大腸炎に合併した蕁麻疹様血管炎の一例.第187回 日本消化器病学会東北支部例会, 福島;20097

13)

(財)山形県結核成人病予防協会超音波検査委員会、山形県立中央病院内科、山形県結核成人病予防協会、もんま内科皮膚科医院、公立置賜総合病院, 鈴木克典、阿部光浩、須藤祐一、小林貞博、佐藤徳彦、鵜飼克明、門馬 孝、新澤陽英 : 腹部超音波健診回報書における画像添付の効果について. 47回日本消化器がん検診学会東北地方会 福島; 20097

14)

石澤哲也、深瀬和利、原 倫代、大滝雄造、吉澤和哉、柿崎泰明、鈴 康之、阿部貴志、鈴木克典 : 黒色食道を呈した、急性壊死性食道炎の1例. 143回日本内視鏡学会東北支部例会.福島; 20097

15)

間部克裕、松園絵美、正司裕隆、大原克仁、石橋陽子、菅井望、関 英幸、三浦淳彦、藤田 淳、鈴木潤一: Infliximab計画的投与中に再燃し血球除去療法が奏功した大腸型クローン病の1. 29回日本フェレーシス学会北海道地方会, 札幌; 200910

16)

横山英恵、冨田恭子、大武さや香、木田雅文:当院における餅による食餌性イレウスの検討.187回日本消化器病学会東北支部例会;2009年7月

17)

熊澤豊、伊藤宏、阿部吉弘奥本和夫:腹水の出現とともに腹直筋内血腫を来した原発性胆汁性肝硬変の1例.第187回日本消化器病学会東北支部例会,福島;20097

18)

鈴木義広, 今村恵, 水本尚子,伊藤美保,三沢慶子,早坂高志,本間清明,吉田尚美,青木政則,今泉和臣:当院における肝癌の診断と治療の工夫.第186回日本消化器病学会東北支部例会,仙台;20092

19)

鈴木義広, 今村恵, 水本尚子,須賀俊博,本間清明,伊藤美保,三沢慶子,早坂高志,吉田尚美,青木政則,今泉和臣:当院におけるリバビリン併用ペグ・インターフェロン治療の検討.第187回日本消化器病学会東北支部例会,福島:20097

20)

八木 周、安藤嘉章、勝見智大、作田和裕、柄澤 哲、大村清成、服部悦子、武田 忠、渡辺晋一郎、鵜飼克明、新澤陽英:診断困難であった急性胆管炎の一例.第186回日本消化病学会東北支部例会.仙台; 20092

21)

勝見智大、安藤嘉章、作田和裕、八木周、柄澤哲、大村清成、服部悦子、武田忠、渡辺晋一郎、鵜飼克明、新澤陽英:副膵管口バルーン拡張術を施行し、金属ステントを留置した胆管癌の一例.第142回日本消化器内視鏡学会東北支部例会.仙台; 20092

22)

勝見智大、安藤嘉章、作田和裕、齋藤吉彦、松田剛、柄澤哲、大村清成、渡辺晋一郎、武田忠、鵜飼克明、新澤陽英:肝嚢胞内感染後の経過観察中に胆管癌と診断された一例.第187回日本消化器病学会東北支部例会.福島; 20097

23)

大村清成、安藤嘉章、勝見智大、作田和裕、齋藤吉彦、松田剛、柄澤哲、武田忠、渡辺晋一郎、鵜飼克明:EUSが診断に有用だった膵管非融合不全症例の4例.第143回日本消化器内視鏡学会東北支部例会.福島; 20097

24)

秋葉昭太郎、安藤嘉章、松田剛、柄澤哲、大村清成、武田忠、渡辺晋一郎、鵜飼克明、新澤陽英:石灰乳胆汁を伴った総胆管結石症の一例.第189回日本内科学会東北地方会.福島; 20099

 

 

(4)

研究会

i

特別講演

1)

武田弘明:メタボリック症候群としての大腸がん −大腸癌の増加とその仕組みを考える−.上山市医師会学術講演会, 上山;20091

2)

武田弘明:経験例から学ぶクローン病治療のむずかしさと治療の進歩.Infliximab Meeting, 新庄;20093

3)

武田弘明:上部不定愁訴の新しいエビデンス ―酸コントロールの観点から― ACID Meeting in SAKATA, 酒田;20094

4)

武田弘明:上部不定愁訴の新しいエビデンス ―酸コントロールの観点から― ACID Meeting 若手医師会, 寒河江;20095

5)

武田弘明:病気とうまくつきあうために 平成21年度最上保健所医療生活相談会, 新庄;200911

6)

武田弘明:腸疾患に関するふたつの話題 ―メタボリック症候群からみた大腸癌 と カプセル内視鏡ダブルバルーン内視鏡で見た小腸疾患― 第10回いちごの会, 山形;200911

7)

武田弘明:メタボリック症候群から考える大腸癌 ―疫学から分子機構まで― 第256回会津地区消化器病研修会, 会津若松;200911

8)

斉藤孝治:肝がんの診断と治療。第二回山形県看護職対象C型肝炎研修会、山形:20099

9)

渡辺久剛:C型慢性肝炎の病態と最新標準治療. 上山薬剤師会講演会, 上山; 20094

10)

渡辺久剛:C型肝炎の病態と診断」山形県看護師対象C型肝炎研修会, 山形; 20092

11)

渡辺久剛:Peg-IFNα2b/Ribavirin併用療法における1b高ウイルス量例以外の治療成績. 山形県C型肝炎学術講演会, 山形; 20099

12)

福井忠久:消化器癌に対する薬物療法の現状.置賜消化器癌研究会、川西;20091

13)

大泉晴史:IBSの診断と治療−下痢型IBS治療の新たなる展開―. イリボー新発売記念講演会、 山形;20094

14)

大泉晴史:GERD診療の広がりに迫る−むねやけから胸痛・咳・咽喉頭異常感まで−. Primary Care Symposium in Yamagata、 山形;20095

15)

大泉晴史:GERD診療におけるFSSGの有用性、「逆流性食道炎」学術講演会.山形;20097

16)

大泉晴史:IBSの診断と治療. 鶴岡地区医療学術懇談会、鶴岡;20099

17)

大泉晴史:経鼻内視鏡の実際とコツ. 山形経鼻内視鏡勉強会、山形:200910

18)

深瀬和利:早期胃癌に対するEMRESDのすみ分け・Helicobacter Pylori除菌によるEMR後異時性胃癌の予防の可能性. 10回仙南地域医療研究会, 仙台; 20096

19)

深瀬和利:Helicobacter Pyloriと胃癌—除菌によるEMR後異時性胃癌の予防. 潰瘍病態研究会第18回フォーラム,山形; 20098

20)

深瀬和利:早期胃癌に対する内視鏡的切除術の治療戦略・Helicobacter Pylori除菌によるEMR後異時性胃癌の予防の可能性. 8回自治医科大学シンポジウム,栃木; 20098

21)

深瀬和利:Helicobacter Pyloriと胃癌—Lancetへの報告からー.9回地域医療と消化器病研究会, 京都; 200910

22)

石浜活義: 最新の大腸内視鏡治療について. 消化器疾患シンポジウム, 山形; 20099

23)

間部克裕:有効な抗血栓療法と安全な休薬 〜内視鏡医の立場から〜. 抗血栓療法を考える会, 札幌; 20091

24)

間部克裕:抗血栓療法と安全な休薬.抗血栓療法セミナー, 札幌; 20091

25)

間部克裕: 当院における抗血小板薬・抗凝固薬の休薬基準の検討. 抗血栓療法と内視鏡を考える会, 札幌; 20092

26)

間部克裕: これからの上部消化管診療〜H.pylori感染率低下による新たな戦略〜. 白石Acid meeting, 札幌; 20093

27)

間部克裕: GERD/FD患者とどう向き合うか. アストラゼネカ プライマリケア シンポジウム(パネルディスカッション:患者さんを満足させる症状診療), 東京; 20094

28)

間部克裕: 当院における抗血小板薬・抗凝固薬の休薬基準の検討. SGISTミーティング, 札幌; 20094

29)

間部克裕: 上腹部症状、ドクターショッピングを防ぐ診断と治療. Acid meeting 北区, 札幌; 20095

30)

間部克裕: こんなに多かったGERD H.pyloriから酸関連疾患の時代へー. GERD Seminar in Matsue, 松江; 20096

31)

間部克裕: ピロリ菌感染率低下による新たな戦略〜除菌による胃癌撲滅とピロリ菌感染診断から始まる上腹部症状の診療〜. 48回日本消化器がん検診学会(ランチョンセミナー),  札幌; 20096

32)

間部克裕: 抗血小板薬、抗凝固薬服薬患者に関する消化器内科における現状と対処法. 新さっぽろ消化器懇話会, 札幌; 20097

33)

間部克裕、大泉晴史、松田徹、高橋美香子、深瀬和利、武田弘明、河田純男: 消化性潰瘍に対する除菌療法の実際と胃癌予防効果. 潰瘍病態研究会第18回フォーラム, 山形; 20098

34)

間部克裕: ピロリ除菌と胃癌予防. 15回兵庫医科大学消化器内科セミナー, 神戸; 20099

35)

間部克裕: H.pylori から酸関連疾患へのシフトと早期食道癌に対する内視鏡治療. 最新医療セミナー, 砂川; 200910

36)

間部克裕: 抗血小板薬、抗凝固薬服薬患者に対する消化器内科における現状と対処法. 抗血小板薬の安全な使用を考える会, 札幌; 200910

37)

間部克裕:消化性潰瘍に対するH.pylori除菌療法は胃癌予防に寄与するか. 青森胃腸同好会, 青森; 200910

38)

間部克裕: 低用量アスピリンの休薬をめぐる諸問題. Sapporo GI Forum, 札幌; 200910

39)

間部克裕: 抗血栓療法の安全な休薬 札幌コンセンサスについて. 小樽心電図を読む会、小樽胃と腸を診る会 合同特別講演会, 小樽; 200910

40)

間部克裕:  ヘリコバクターピロリと胃がん予防、ピロリ菌から胃酸関連疾患時代へのシフト. 天草市医師会講演会, 天草; 200911

 

 

ii

一般演題

1)

佐藤智佳子、奥本和夫、宇賀神 智、芳賀弘明、石井里佳、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤 純一、渡辺久剛、斉藤孝治、斎藤貴史、冨樫 整、河田純男:自己免疫性肝炎様の病態を呈した非アルコール性脂肪性肝炎の一例.第58回山形県肝疾患研究会、山形;20092

2)

佐藤智佳子、斎藤貴史、三沢慶子、宇賀神 智、芳賀弘明、石井里佳、三條麻衣、奥本和夫、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斉藤孝治、冨樫 整、河田純男:非アルコール性脂肪性肝疾患におけるチアゾリジン誘導体の治療効果―山形県NASH研究会より―.第4回山形県NASH研究会、山形;20094

3)

石井里佳 、斎藤貴史、宇賀神 智、佐藤智佳子、芳賀弘明、三條麻衣、奥本和夫、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斉藤孝治、冨樫 整、河田純男PEG-IFN / Ribavirin併用療法における尿酸値からの貧血の検討.山形県インターフェロン治療研究会、山形;20093

4)

石井里佳、斎藤貴史、渡辺久剛、宇賀神智、佐藤智佳子、芳賀弘明、三條麻衣、奥本和夫、西瀬雄子、伊藤純一、斉藤孝治、冨樫 整、河田純男:当科におけるSVR例からの肝発癌症例の検討.東北肝炎・肝癌研究会、盛岡;20099

5)

石井里佳、伊藤純一、斉藤孝治、佐藤智佳子、芳賀弘明、三條麻衣、奥本和夫、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、冨樫 整、河田純男:Low dose FPおよびMitoxantrone併用療法が奏功した肝細胞癌の一例.第59回山形県肝疾患研究会 山形;200912

6)

芳賀弘明、奥本和夫、佐藤智佳子、石井里佳、三條麻衣、西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斉藤孝治、斎藤貴史、冨樫整、河田純男:肝原発悪性リンパ腫の化学療法後に出現した肝腫瘍の1例. 局所治療研究会, 山形: 200911

7)

松田暁子、牧野直彦、佐藤英之、本田悌一朗、戸澤智浩、白幡名香雄、河田純男:胆嚢腺扁平上皮癌の一例. 2回胆道勉強会、福島;20091

8)

松田暁子、牧野直彦、佐藤英之、本田悌一朗、戸澤智浩、白幡名香雄、河田純男:EUS-FNAによる検体採取に難渋した食道粘膜下腫瘍の一例. 5FNA-Club Japan、東京;20093

9)

佐々木悠、武田弘明、折居智彦、西瀬祥一、藤嶋昌一郎、佐藤剛司、名木野匡、岩野大輔、矢尾板孝夫、河田純男:当初のカプセル内視鏡で指摘しえなかった、持続的出血を認めた孤発性回腸血管腫の一例 第2回日本カプセル内視鏡研究会、東京;20097

10)

佐々木悠、佐藤剛司、折居智彦、 矢尾板孝夫、岩野大輔、名木野匡、 藤嶋昌一郎、西瀬祥一、武田弘明、河田純男長年の貧血の原因と推測された小腸潰瘍の一例 第18回潰瘍病態研究会フォーラム、山形;20098

11)

佐々木悠、折居智彦、西瀬祥一、藤嶋昌一郎、佐藤剛司、名木野匡、岩野大輔、矢尾板孝夫、武田弘明、河田純男:当院でのクローン病に対するインフリキシマブ維持投与例の検討 第18回潰瘍病態研究会フォーラム、山形;20098

12)

折居智彦、武田弘明、佐藤剛司、藤嶋昌一郎、佐々木悠、岩野大輔、矢尾板孝夫、河田純男:肺癌多発小腸転移の1例.第48回山形県消化器病懇話会、酒田;200910

13)

鈴木祥子、斉藤純子、枝松篤子、武田弘明:内視鏡検査機器の細菌学的検証と業務改善.第23回山形県消化器内視鏡技師研究会、山形;200910

14)

矢尾板孝夫、佐々木悠、折居智彦、西瀬祥一、藤嶋昌一郎、佐藤剛司、名木野匡、岩野大輔、武田弘明、河田純男:当院でのクローン病に対するインフリキシマブ維持投与例の検討 第14回山形県炎症性腸疾患(IBD)研究会、山形;200910

15)

名木野匡、武田弘明、矢尾板孝夫、岩野大輔、佐々木悠、佐藤剛司、折居智彦、西瀬祥一、藤島昌一郎、河田純男:横行結腸SS癌の1例 第22回早期大腸癌研究会、仙台;200911

16)

藤嶋昌一郎、武田弘明、西瀬祥一、折居智彦、佐藤剛司、佐々木悠、名木野匡 、岩野大輔、矢尾板孝夫、河田純男 : 深達度診断に苦慮した食道癌の1例 . 山形県胃と腸勉強会、山形 ; 20093

17)

藤嶋昌一郎、武田弘明、西瀬祥一、折居智彦、佐藤剛司、佐々木悠、名木野匡 、岩野大輔、矢尾板孝夫、、河田純男 : 除菌により形態が変化したと考えられた早期胃癌の一例. 山形県胃と腸勉強会、山形 ; 20096

18)

藤嶋昌一郎、武田弘明、西瀬祥一、折居智彦、佐藤剛司、高野潤、佐々木悠、名木野匡、岩野大輔、矢尾板孝夫、河田純男:進行食道癌に対する放射線化学療法前に胃瘻造設した1例.第30回山形県治療内視鏡研究会、山形;200912

19)

藤嶋昌一郎、武田弘明、西瀬祥一、折居智彦、佐藤剛司、佐々木悠、名木野匡 、岩野大輔、矢尾板孝夫、河田純男 : SBナイフJr の使用経験. 山形県ESD研究会、山形 ; 200912

20)

佐藤俊浩:テルミサルタンの使用経験.新庄・最上高血圧治療学術講演会、新庄市;20091

21)

佐藤俊浩:内科入院となった自殺未遂症例について.第3回新庄最上地区精神連携の会、新庄市;20091

22)

佐藤俊浩:診断に苦慮した膵鉤部癌の一例.第59回新庄最上消化器症例検討会、新庄;200910

23)

西瀬雄子、齋藤貴史、齋藤孝治、渡辺久剛、伊藤純一、奥本和夫、三條麻衣、石井里佳、芳賀弘明、佐藤智佳子、宇賀神智、冨樫整、河田純男:ダナパロイドナトリウムによる門脈血栓溶解療法が奏功したC型肝硬変の1例.東北肝疾患病態・治療研究会,盛岡;200910

24)

福井忠久:進行・再発大腸癌の化学療法、—アバスチンの安全性について-.第2回消化器疾患シンポジウム、山形市;20099

25)

福井忠久:当院で導入した化学療法オーダリングシステムについて―.山形外来化学療法セミナー、山形;20099

26)

福井忠久:Stop-and-Go法で長期治療が可能であった1症例について.大腸癌Symposium、山形;200910

27)

佐々木 悠、藤嶋 昌一郎、大武 さや香、西瀬 祥一 、折居 智彦、佐藤 剛司、名木野 匡、岩野 大輔、矢尾板 孝夫、武田 弘明、河田 純男:症例報告.第10Yamagata ESD Study Group、山形;20096

28)

佐々木 悠、武田 弘明、折居 智彦、西瀬 祥一、藤嶋 昌一郎、佐藤 剛司、名木野 匡、岩野 大輔、矢尾板 孝夫、河田 純男:当初のカプセル内視鏡で指摘しえなかった、持続的出血を認めた孤発性回腸血管腫の一例.第2回カプセル内視鏡研究会、東京;20097

29)

佐々木 悠、折居 智彦、西瀬 祥一、藤嶋 昌一郎、佐藤 剛司、名木野 匡、岩野 大輔、矢尾板 孝夫、武田 弘明、河田 純男:主題U   当院でのクローン病に対するインフリキシマブ維持投与例の検討.潰瘍病態研究会第18回フォーラム、山形;20098

30)

佐々木 悠、佐藤 剛司、折居 智彦、西瀬 祥一、藤嶋 昌一郎、名木野 匡、岩野 大輔、矢尾板 孝夫、武田 弘明、河田 純男:主題V   長年の貧血の原因と推測された小腸潰瘍の一例.潰瘍病態研究会第18回フォーラム、山形;20098

31)

奥本和夫、斎藤孝治、宇賀神智、佐藤智佳子、芳賀弘明、石井里佳、三條麻衣、 西瀬雄子、伊藤純一、斎藤貴史、冨樫 整、河田純男:若年女性に発症した肝類上皮性血管内皮腫の1例45回日本肝癌研究会,福岡;20097

32)

奥本和夫、斎藤貴史、芳賀弘明、宇賀神智、佐藤智佳子、石井里佳、三條麻衣、 西瀬雄子、伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、河田純男:肝再生を目的とした骨髄細胞移植における増殖因子の検討(シンポジウム1臨床応用をめざした幹細胞研究の展開),16回肝細胞研究会,山形;20096

33)

奥本和夫、宇賀神智、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、西瀬雄子、 伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、斎藤貴史、冨樫整、河田純:Peg-IFNα-2aが著効した低ALT値のC型慢性肝炎の1例.Hepatitis C Forum 2009 YAMAGATA ,山形;200910

34)

奥本和夫、宇賀神智、佐藤智佳子、石井里佳、芳賀弘明、三條麻衣、西瀬雄子、 伊藤純一、渡辺久剛、斎藤孝治、斎藤貴史、冨樫整、河田純男:AFP L3分画の上昇を認めた薬剤性急性肝炎重症型の1例.6回山形肝不全研究会,山形;200911

35)

大泉晴史、福島紀雅、田村元:逐年検診で発見された進行胃癌の1. 第34回 山形県胃と腸勉強会(山形県医師会消化器検診放影研修会)、 山形;20093

36)

大泉晴史、福島紀雅、田村元:検診偽陰性進行癌の1. 第35回 山形県胃と腸勉強会(山形県医師会消化器検診放影研修会)、 山形;20096

37)

大泉晴史、佐藤敏彦、福島紀雅、田村元:11年を経て、同じ胃・大腸重複癌を認めた1. 第36回 山形県胃と腸勉強会(山形県医師会消化器検診放影研修会)、 山形;20099

38)

鈴木康之、深瀬和利、石澤哲也、原 倫代、大滝雄造、柿崎泰明、阿部貴志、鈴木克典 : 潰瘍性大腸炎に対してプログラフを使用した一例. 20回山形IBD研究会, 山形; 200910

39)

柿崎泰明、中村純、大滝雄造、吉澤和哉、鈴木康之、阿部貴志、鈴木克典、深瀬和利 : 尿細管間質性腎炎を合併した自己免疫性膵炎の1. 12回山形県膵疾患懇話会, 山形; 20091

40)

柿崎泰明、石澤哲也、原 倫代、大滝雄造、吉澤和哉、鈴木康之、阿部貴志、鈴木克典、深瀬和利、高橋邦之 : 経消化管的膵仮性のう胞ドレナージ(EUS-PCD)の経験. 12回山形県膵疾患懇話会, 山形; 20091

41)

原 倫代、鈴木康之、石澤哲也、大滝雄造、柿崎泰明、 白幡名香雄、阿部貴志、鈴木克典、深瀬和利 : 当院でのESD症例における酢酸散布の有用性の検討. 30回山形消化器治療内視鏡研究会, 山形; 200912

42)

作田和裕、安藤嘉章、大村清成:診断が困難であった膵頭部腫瘍の一例.第12回膵疾患懇話会.山形;20091

43)

勝見智大、安藤嘉章、作田和裕、齋藤吉彦、松田剛、柄澤哲、大村清成、渡辺晋一郎、武田忠、鵜飼克明、新澤陽英:急性膵炎を契機に発見された膵動静脈奇形の一例.第29回置賜地区腹部画像診断研究会.米沢;20096

 

 

(5)

その他

1)

渡辺久剛:山形県におけるC型肝炎対策. 山形新聞市民公開講座, 山形; 200912

2)

渡辺久剛:知ろう、治そう、C型肝炎. 山形大学医学部附属病院治験管理センター市民公開講座, 鶴岡; 20098

3)

鈴木克典:C型慢性肝炎における高齢者の治療, 市民公開講座、山形; 200912

4)

間部克裕: ピロリ菌と胃がん予防、最近の上腹部症状はストレス?胃酸?. 天草市市民公開講座, 天草; 200911

5)

鵜飼克明:C型肝炎の病態と治療.日本肝臓学会主催 平成21年度「肝がん撲滅運動」 市民公開講座.長井; 20095

 

 

3.

学会、講演会、シンポジウム、ワークショップ等の開催

1)

16回肝細胞研究会(会長:河田純男)、 山形 ; 20096

 

 

説明: 説明: このページのトップへ

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\trans.gif

説明: 説明: C:\Users\user1\Documents\ADACHI\第二内科HP\IntMedIIv2\p_common\pause3.gif

説明: 説明: お問合せ 山形大学医学部消化器内科
990-9585 山形市飯田西2-2-2  TEL023-628-5309  FAX023-628-5311

Copyright (c) Yamagata University Faculty of Medicine.