自然免疫やっております
(IL-21と好中球とGPI-80からアプローチをかけてます)

臨床検体での好中球機能をはじめとする自然免疫系の測定をお考えの先生がおられましたら、お声掛けください。癌などの慢性炎症時に出現するMyeloid-derived suppressor cells (MDSCs)の検討も行っております。末梢血1 mLより測定できます(Clin Exp Immunol,2016,186: 373-386.をご参照ください)。


測定しているもの

・貪食能

・活性酸素産生能

・サイトカイン産生能

・各種細胞表面抗原
・血小板-白血球複合体(Platelets, 2016, 27:583-592をご参照ください)

・flow cytometry を用いたシグナル伝達機構
(Inflammation 2014; 37: 1521-32.をご参照ください)

                               http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24728504


     



Clin Exp Immunol,2016,186: 373-386より    Platelets, 2016, 27:583-592より

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27569996                 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27078265

戻る