山形大学 医学部

法医学講座




ようこそ山形大学・医学部・法医学講座へ。

法医学とは、「法律上問題となる医学的事項を検査・研究し、それによって問題点を解明して、法律的な解決に寄与することを目的とする医学」です。 それでは実際に私たちの教室でおこなっている仕事の内容をお話しいたします。


1, 法医解剖

私たちの教室で実施している解剖は異状死体の解剖、すなわち法医解剖です。異状死体とは何か? 大雑把に言うと他殺・自殺・事故死・災害死などの外因死や死因がわからないご遺体のことです。 他殺の場合は犯人や手段の特定など事件捜査の一環で行われます。解剖の結果は鑑定書として刑事裁判の審理の資料として利用されます。 自殺や事故・災害死の場合は死因や死亡に至る経過など事実関係を明らかにして、労働災害や学校災害の認定や予防策をたてる参考となります。 死因不明なご遺体の場合は、死因を解明することにより死因統計や地域の衛生、そして住民の健康の指標となりうる他に、 犯罪や自殺・事故死の発見につなげることもあります。今述べた法医解剖には2種類あります、司法解剖行政解剖(承諾解剖) です。 司法解剖とは裁判所の許可をうけ、刑事事件となる可能性のある異状死体を解剖するものです。 一方、行政解剖とは異状死体ではあるが犯罪の疑いがないご遺体の解剖で、主に死因の究明のために行います。監察医制度のある東京都23区内、 大阪市内、神戸市内は都府県知事から任命された監察医が行政解剖を行っています。しかし、山形県をはじめとした監察医制度のない多くの地域では 限られた数のご遺体についてご遺族から承諾を頂き解剖を実施している場合がほとんどです。 この様な解剖を行政解剖、承諾解剖、篤志解剖など様々な呼び方をしています。当教室でも山形県の補助を頂きながら年間数体の承諾解剖を行っていますが、 乳幼児や若年者の突然死例、感染症や中毒などその解明や実態把握に行政上あるいは社会的意義がある例もあるので、今後は承諾解剖の充実が望まれます。

2, 個人識別

個人識別とは「目の前にある遺体・血液や骨などが誰のものか?」を決めることです。ご遺体の場合は顔の形や着ている者、あるいは所持品などで大抵はこの人が 誰かは判ります。しかし、白骨死体など身元が特定しにくい場合には別の手段が必要です。もちろん歯型や骨の形などで性別や年齢はある程度推定できますが、 私たちは血液型遺伝子(DNA)情報を調べることでより確実な識別をしていきます。 血液型は最初にABO式血液型で個人を絞り込んでいきます。 また該当者が現れた時、DNAを家族のDNAと比較することによっても、特定されることがあります。この様にDNAを調べることにより、 個人や親族関係を特定することをDNA鑑定と言います。この個人識別解明の手法は厚生労働省や裁判所などからの依頼によりシベリアなどの遺骨の識別や 親子鑑定などにも利用され、さらに人種や動物種の判定などにも応用され、人類学や動物学の分野にも及んでいます。

3, その他

医事関連法規の講義や中毒物質の分析も一部行っています。法医学は歴史的には裁判医学と最初いわれていましたが、現在では 基礎医学や社会医学の一分野として 間口の広い教育・研究・実務活動を行っています。TVドラマで見る様な犯人と対決したりするような華やかな場面は決してありませんし、教室員は常勤、 非常勤あわせて6名と多くはありませんが、前述した方法により他の学問分野と協調しながら社会の内に存在する様々な疑問に応えて参りたいと思います。

山形大学医学部法医学講座 教授 山崎健太郎







最終更新日
2012/01/24