高次脳機能障害は脳に損傷を受けた後によくみられる症状です。手足の麻痺等と違い、一見どこも悪くないように見えるため、気づかれにくいのです。家庭や職場に戻って、身体は動くのに前と同じように仕事や勉強ができない場合は、一度専門医にご相談ください。高次脳機能障害の有無やその種類を正確に診断することがより良いリハビリにつながります。