脳が損傷されることによって物を覚える、話す、自分で考えて行動する等、それまで普通にできていた日常生活での活動がうまくできなくなった状態を高次脳機能障害といいます。脳損傷の原因としては、脳卒中、脳炎、脳腫瘍等の病気や交通事故、転落等による脳外傷があります。