放射線発生装置の使用時間の超過について

 


 

 平成19年6月に、放射線発生装置(リニアック)において、許可を受けた1週間あたりの使用時間を超過して使用していたことが明らかになったため、平成19年9月3日に文部科学省に報告書を提出したのでお知らせいたします。なお、管理区域境界等での線量は法令に定められた限度以下で、放射線障害のおそれや環境への影響はありません。

対策として、安全管理体制の強化を図るとともに、使用時間を延ばす手続きを行いました。

 


山形大学医学部附属病院長

                         山 下 英 俊

医学部ホームページに戻る