新聞報道に対する見解


  

 去る7月15日付けの読売新聞朝刊に、山形大学医学部における論文ねつ造に関する記事が、以下の如く掲載されましたが、本学部の見解は次のとおりであります。
 
『当時の医局員は読売新聞の取材に対し「大学側にデータ改ざんの事実を話したが、医学部はそれ以上問題を追及しなかった」と証言する。』

見 解

同記事の根拠は、当時の医局員の発言によるものとされていますが、本学部の内部調査では医局員全員が、「この事に関して一切発言していない」と証言しており、このたび掲載された記事とは、異なっております。大新聞の記者としては、当時の医局員が、どこで、誰に、いつ発言したのか、また、大学側とは、何を意味しているのかを更に突っ込んで取材すべきと考えます。

 以上のとおり、山形大学医学部の見解として報告します。

                                         山 形 大 学 医 学 部 長
                                                     嘉 山 孝 正

                                         山形大学医学部附属病院長
                                                     山 下 英 俊


医学部ホームページに戻る