「論文ねつ造等に関する匿名又は顕名による告発に対する今後の取り扱い」の申し合わせ

 

平成18年9月19日医学部教授会確認


 論文に関する疑惑、偽造、ねつ造等に関する匿名又は顕名による告発があった場合の 対応については、本学部において、速やかに事実確認を行うための調査を開始するとともに、 その対応方針等を策定するものとする。
 なお、匿名や顕名による告発の内容が、
  (1)論文名等が特定されている場合
  (2)論文の中での疑惑、偽造、ねつ造等に関する具体的箇所(ページ、図等)が明らかな場合
  (3)その他、具体的に示された部分が明らかである場合  

 調査委員会は、上記(1)、(2)及び(3)のすべてを満たしている場合に設置する。


山形大学医学部ホームページに戻る