概要・業務・学生教育

back


< 概 要 >

 山形大学遺伝子実験施設は,遺伝子に関する基礎および応用研究(特にマウス発生工学を用いた研究)の促進と,遺伝子組換え実験技術の教育および訓練を行うことを目的に,山形大学の共同利用施設として平成12年度に設置が認められました。施設は山形大学医学部キャンパス内にあり、平成14年3月に竣工致しました。現在、内部設備・利用方法などの整備中です。なお農学部鶴岡キャンパスに、農学部分室(分室長;戸津川 清、農学部教授)が設置されています。


< 業 務 >  本実験施設の主な業務は以下の3点です。

< 学生教育 >


back