山形大学医学部メディカルサイエンス推進研究所遺伝子実験センター主催
DNA組換え実験トレーニングコース(第15回)実施のお知らせおよび受講者募集

Word File


 平成29年3月13日(月)〜17日(金)の5日間にわたり,山形大学医学部メディカルサイエンス推進研究所遺伝子実験センターにおいて, DNA組換え実験の基礎テクニック技術研修を行います。つきましては,下記の要領で,受講者を募集します。
<目的>
本トレーニングコースは,研究者がDNA組換え実験を研究の中に取り入れるために,一連の基本テクニックを修得することを主要な目的としています。
<受講対象者>
主として山形大学内の研究者(大学院生および職員)および学外研究者とします。ただし、学部学生の場合は担当教員の承認が必要となります。受講者は,全日程参加を前提とし,個人単位または二人一組(日程の都合で,交代で参加する場合でも可)で実習に取り組んで頂きます。また,学生教育研究災害障害保険等に加入していることが望ましいです。
<定員>
12名(組)まで。山形大学外の研究者に対しては,最低4名の受講枠を設けます。二人一組で実習に参加される場合は,共同で実習を進めてください。
<受講料>
・山形大学内の研究者
1,500円(二人一組で参加の場合でも,一人あたり1,500円)
・ 学外研究者
17,000円(二人一組で参加の場合は,一人あたり10,000円)
<納付方法>
学内受講者は「校費(大学運営資金)」の振替,または委任経理金等からの支払。医学部事務部を通じて各受講者の所属部局に事務手続きを行います。学外受講者は,受講料を当日現金で納付して頂きます。
<申し込み方法>
まず, 山形大学医学部遺伝子実験センターまで,E-mailで受講希望の旨ご連絡ください。申込み様式をメールにてお送りします(exce l file)。これに,氏名(フリガナ)・連絡先(電話番号・E-mailメールアドレス)・所属(学生の場合,専攻学年まで記入)・テキスト送付先住所・郵便番号・組換えDNA実験経験の有無(有の場合は経験年数および実験内容)・受講期間中の緊急時連絡先を記入して,山形大学医学部遺伝子実験センターまでE-mailにてお送り下さい。
但し、学部学生の場合は指導教員より申し込んでください。可能な限り指導教員または大学院生と一緒に参加してください。
<申し込み・問い合わせ先>
〒990-9585 山形県山形市飯田西2-2-2 
山形大学医学部メディカルサイエンス推進研究所遺伝子実験センター
担当:岡野・中島(iden@med.id.yamagata-u.ac.jp)
TEL: 023-628-5902; FAX: 023-628-5900


【実習内容】
(A) GFP融合タンパク質産生用の組み換えベクターの構築,培養細胞へのDNAの導入および観察
(B) PCRによるcDNAからの目的DNAの増幅(RT-PCR),PCR産物のクローニング,DNAシークエンス
(C) 組織からのRNA抽出,cDNAの合成,発現確認のためのリアルタイムPCR解析
(D) マウスゲノムDNAの抽出,PCRによる目的遺伝子有無の確認
(E) 培養細胞へのRNAi発現ベクター導入,GFP発現観察によるノックダウンの確認
  (または、GFP発現培養細胞に対するゲノム編集による,GFPからBFPへの変換実験を予定)


【実習日程】
「DNA組換え実験の基礎」「実習の解説」についての講義を,待ち時間等に適宜,行います。また、GFP発現培養細胞に対するゲノム編集による,GFPからBFPへの変換実験を予定しています。


3月13日(月)
午前8:30-9:00 講義「実習の解説」
午前9:00-12:00 (A) 組換ベクター構築のためのplasmid DNAの制限酵素処理,DNA電気泳動
午後13:00-18:00 (A) DNA断片のゲルからの回収(NaI法)・組換(ライゲーション),大腸菌への組換DNA導入(トランスフォーメーション)・プレートへの植菌
3月14日(火)
午前9:00-12:00 (A) シングルコロニーからの大腸菌の培養(〜9時間)
(B) cDNAを鋳型としたPCRによる特定DNAの増幅(RT-PCR)
・カラムによるそのPCR産物の精製
午後13:00-18:00 (B) PCR産物のクローニング(TAクローニング),大腸菌へのplasmid導入・プレートへの植菌(ブルーホワイトアッセイ法を用いて組換体を選別)
(C) 組織からのRNAの抽出(AGPC法)
(A) plasmid DNAの精製(プラスミド自動抽出機を使用)
3月15日(水)
午前9:00-12:00 (B) シングルコロニーからの大腸菌の培養(〜9時間)
(A) 組換体確認のための,plasmid DNAの制限酵素消化・電気泳動
午後13:00-18:00 (C) RNAからのcDNA合成,リアルタイムPCR解析
(B) plasmid DNAの精製(プラスミド自動抽出機を使用)
3月16日(木)
午前9:00-12:00 (B) 組換体確認のための,plasmid DNAの制限酵素消化・電気泳動
(A) 細胞導入用plasmidの精製,精製plasmidと(E) RNAi発現用plasmidの培養細胞への共導入
午後13:00-18:00 (B) Dye Terminator法によるクローン化DNAのシークエンス(ABI3100を使用)
(D) マウス組織の採取,Proteinase Kによる消化
3月17日(金)
午前9:00-12:00 (D) マウスゲノムDNAの抽出,ゲノムDNAを鋳型としたPCR
(A) 蛍光顕微鏡による培養細胞におけるGFP蛍光の局在の観察、及び(E) RNAiによるノックダウン効果の観察
午後13:00-18:00 (D) PCR産物の電気泳動
(B) シークエンスDATAの解析