センタートップページ* *山形大学

野生生物種の絶滅

目次
. 種の絶滅とは
. 絶滅の原因
. 野生生物種が減少することにる影響
. 野生生物種の保護、多様性の保全のための規定
. 私たちにできること

. 種の絶滅とは

 およそ45億歳の地球は、これまでに全生物種の大半が絶滅するという「大絶滅期」を経験しています。代表的なものは今から約6,500万年前(白亜期)に起きた恐竜の絶滅です。巨大隕石の衝突によって、地球上の全生物の約75%が絶滅したと云われております。ところが現在起きている絶滅は、この「大絶滅」のスピードをはるかに上回る速度で、どんどん速くなっています。
 恐竜時代以降、1年間に絶滅した種の数を調べてみると、恐竜時代は1年間に0.001種、1万年前には0.01種、1000年前には0.1種、100年前からは1年間に1種の割合で生物が絶滅しています。絶滅のスピードははますます加速され、現在では1日に約100種となっています。1年間になんと約4万種がこの地球上から姿を消しているのです。驚くべきことに、たった100年で約4万倍以上のスピードになっています。そして現在もなおそのスピードは加速を続け、このままでは25〜30年後には地球上の全生物の4分の1が失われてしまう計算になります。
 ある生物が絶滅するということは、飼っていたいたペットが死んだとか、野生動物が殺されてしまうこととは根本的に違います。「種」とは、生物分類の基本的単位のことで、この「種」が絶滅するということは、その種類の生き物がこの地球上から一匹もいなくなる、ということです。                                     誰もが知っている日本における絶滅動物としてはトキやニホンオオカミがその代表例です。オーストラリアのシマワラビーやフクロオオカミなどの有袋類、不思議の国のアリスにも登場したドードーなど、また、進化の過程では数百種いたとされるサイも、現在は5種類にまで減少し、しかもそのすべてが絶滅の危機にあるといわれています。
目次

. 絶滅の原因 

 自然界では絶えず競争が繰り返されています。生物どうしの争いに破れて滅びた動物もたくさんいます。ところが現在問題になっている絶滅は、自然界で起こる絶滅とは根本的に異なります。その違いとは、私たち人間が絶滅させているということです。  羽根が美しいから、肉がおいしいから、形が珍しいからという理由で乱獲され、絶滅した動物もいます。100年前までの絶滅の主な理由は、こうした人間の乱獲でした。
 しかし今では、この乱獲とも比較にならないほどのスピードで絶滅が進行しています。それは「大規模な地球環境の破壊」、つまり生物が棲息する生態系そのものの破壊によるものなのです。 生態系の破壊は、私たちの身の周りのあらゆるところで深刻化しています。たくさんの生き物がすんでいた裏山の雑木林や海辺の砂浜、魚釣りを楽しんだ小川。これらの多くは今や「安全」で管理しやすいようにコンクリートやアスファルトで固められています。ところが、護岸工事された川や海からは多くの生物が消えていきました。アスファルトの下では、モグラ、ミミズ、セミの幼虫などは生きられないからです。 山を切り開いて道路を作ったり、ゴルフ場を建設したり、私たちの便利で快適な生活のために、生態系はどんどん破壊され、生物が静かに消えているのです。
 野生生物種の減少が最も進行していると考えられているのが、アフリカ、中南米、東南アジアの熱帯林地域です。これらの地域では焼畑移動耕作による森林の減少 ・過剰な薪炭材の採取 ・過放牧 ・無秩序な用材の伐採などが直接の原因となって野生生物種の生息環境が破壊され、種の減少が進行しています。しかも、この地域であげた原因の背景には、貧困、内戦などによる社会制度の崩壊・不安定による政策や制度の不備、人口の急増など、きわめて社会的な要因があります。
1)森林の破壊によって
 森林は、最も大切な生命維持装置です。たくさんの生物のすみかになったり、水を蓄えたり、地球の肺となって酸素を作るという重要な役割を果たしています。 ところがこの大切な森林が急速に消えています。特に熱帯雨林の消滅による種の絶滅はとても深刻です。熱帯地方には全生物種の約80%がすんでいるといわれています。種の宝庫である熱帯雨林を切り開くことによって、かなりの数の種が絶滅します。また、人間が森林の奥地にまで侵入しすぎたために、エイズやエボラ出血熱という風土病が世界的な広がりを見せるようになりました。
2)農薬によって
 農薬による土壌汚染や、水質汚染も大きな問題です。虫食いのない野菜は見ためはきれいかもしれませんが、実は農薬をまいたために虫もすめないほど汚染されているのです。  ところで、農薬は薬なのでしょうか。「薬」という漢字を使いますが、実は農薬は殺虫剤、つまり「毒」なのです。その違いは許容量(使っても大丈夫な量)だけです。虫が死ぬ量(致死量)は人間が死ぬ量よりも少ないかもしれませんが、自然界に毒をまくと、必ず回り回って私たち自身に戻ってきます。農薬汚染された食糧を食べ続けると体内に農薬が蓄積され、やがて許容量を上回ってしまいます。
3)オゾン層の破壊によって
 現在、カエルが世界的に激減しています。アメリカのオレゴン州立大学の調査の結果、カエルの激減はオゾン層の破壊が原因であることがわかりました。紫外線Bが卵に直射すると、ふ化することができずに死滅してしまうのです。  オゾン層がようやく形成された4億年前に、最初に海から上陸した両生類であるカエルが、今またオゾン層破壊により最初に絶滅しようとしています。
4)酸性雨によって
 また酸性雨による影響も深刻です。ヨーロッパでは強い酸性雨のために生物がすめない「死の湖」が激増しています。湖や沼が酸性化すると、水生生物は生まれないからです。酸性雨によって樹木が弱ってしまうことも、生態系に深刻な影響を与えています。
5)地球温暖化によって
 地球温暖化は生態系全体を狂わせてしまいます。二酸化炭素の大量排出のために地球全体の平均気温は、次第に上昇しています。新しい環境に適応できない種、適した気候の所へすぐに移動できない種などは、絶滅へと追いやられてしまいます。

目次

. 野生生物種が減少することにる影響

 直接的には、生物資源(食料として、燃料として、衣料品として、医薬品として、装飾品として、etc.)や遺伝子資源の減少 、観光・レクリエーション資源の減少などがあげられます。
 しかし、もっと根本的な問題として、野生生物種の減少(生物多様性の喪失)が進むことにより、密接に関わり合った様々な生物種の相互関係により成り立っている地球環境が崩壊し、人類の存続そのものが危うくなることが心配されます。すべての生物種は生態系というシステムの中でそれぞれ重要な役割を担っていますが、人類はその仕組みをすべて理解しているわけではありません。また、全ての生物種は一度絶滅すると再び人間の手では(少なくとも現在の技術では)作り出すことはできません。
 地球上にすむすべての生物はお互いに深く関わりあい、支えあっています。トキが減少していった原因は、開発によって生態系が破壊されたことに加えて、農薬によって餌となる虫やタニシがいなくなってしまったためです。私たち人間もその複雑な絡み合いの中の一部だということを思い出さなければなりません。私たちの体の中には、大腸菌や、その他の多くの微生物がいて、体の働きを整えています。私たちの身体は、ほかのたくさんの生命に支えられているのです。 種の絶滅が続くなら、必ずその先には人類の絶滅があることを忘れてはなりません。

目次

. 野生生物種の保護、多様性の保全のための規定

  1975年に発効した「絶滅のおそれのある野生生物の種の国際取引に関する条約」(ワシントン条約)は経済的な価値のある動植物が商取引の対象となる場合に乱獲につながるという点に着目して、野生生物の国際取引を規制し、その保護を図ろうとする条約です。        「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」(ラムサール条約)は水鳥の生息地等として国際的に重要な湿地を保全することを目的とした条約であり、各締約国がその領域内にある国際的に重要な湿地を指定し、保護することを定めています。          「生物の多様性に関する条約」(生物多様性条約)は、世界の生物の保全を目的とした基本法的な条約で、1992年の地球サミットで158カ国が署名し、1993年12月に発効しました。 生態系、種、遺伝子の三つのレベルで生物の多様性を保全するために、自然の生息地における保護地域設定などの取組みを第一に位置付け、これを補完する措置として生息地以外での飼育繁殖、遺伝子保存などの取組みが必要と規定しています。 また、生物の持続可能な利用、遺伝資源の利用から生じた利益の適正配分、技術移転、途上国への資金援助なども規定しています。
  日本でも関係省庁連絡会議を設置し、広く国民からも意見を聴取するなどして「生物多様性国家戦略」を1995年10月に地球環境保全関係閣僚会議において正式決定しております。

目次

. 私たちにできること

 日常生活において私達にできることは、環境破壊の根本原因である大量生産、大量消費、大量破壊の生活を見直すことです。これは現在進行中の全ての地球環境問題の解決に基本的な事項です。野生生物種の保護に関しては次のような共通項目が挙げられます。
1)野生生物の乱獲を招くような象牙、毛皮、皮革、べっこう、さんご製品などを買わない
2)動物実験をしている薬品や化粧品の利用を控える
3)合成洗剤、殺虫剤などの化学汚染物質の利用を減らす
4)農薬や化学肥料を使わない(無農薬野菜などを利用する)
5)酸性雨の原因となる排気ガスを出さない(自動車の利用を減らす)
6)節電、節ガスなどを心がけ、過剰な消費をしない
7)海や川、湖などの自然を破壊しない
 私たちひとり一人がほんの少し意識を変え「ノーサンキュー」と言う生活に切り替えれば、それが生態系を守ることにつながります。
目次

センタートップページ* *山形大学