(作成日 2014/4/4)

生化学実験室-ゲノミクス・プロテオミクス関係機器

 生理実験室には、以下の機器が設置されています(クリックすると目的の機器へ飛びます)。

    次世代シークエンサー液体クロマトグラフ直結型質量分析機

 次世代シークエンサーはヒトや実験動物、細菌、ウイルスなどの全ゲノムやエクソン、RNA類などを対象として全遺伝子配列を解析する装置です。これらにより未知の遺伝性疾患の原因遺伝子解析や生活習慣病の遺伝的背景解析などに使用することができます。大量遺伝子配列が生成するため、バイオインフォマティクスの知識を応用して、コンピュータを駆使して解析を行っていきます。

  1-1. 次世代シークエンサー(Ion Proton、ライフテクノロジーズ)

    ion proton

       ・Ion Proton シークエンス反応・前処理概要 (ライフテクノロジーズ社資料から抜粋)

       ・Ion Proton, PGMデータ処理概要(ライフテクノロジーズ社資料から抜粋)

 

   1-2. 次世代シークエンサー(Ion PGM、ライフテクノロジーズ)      

     Ion PGM

 

   1-3. ライブラリービルダー    

     Lib_build

   

   1-4. エマルジョンPCR-配列解析前処理装置

     OT2

   

   1-5. 高速電気泳動装置(Agilent、 TapeStation 2200)

      agilent2200

   

    1-6. 大容量遺伝子配列解析保存装置(ナベインターナショナル、TAKERU)

       CPU: Xeon 2680 x 2、128GB memory、18TB HDD、148TB HDD

       OS: Cent OS 6.4 (Linux)

      
 


 

   2-1. 液体クロマトグラフ直結型質量分析機(EASY-nLC1000/Q-Exactive

                 サーモフィッシャーサイエンティフィック)

    nLC-qExactive

   2-2. マイクロLCシステム(Ultimate 3000、   2-3. 蛋白質同定システム(Mascotサーバ)

     サーモフィッシャーサイエンティフィック)

   ultimate3000           lcms_comp

 


 

 

 遺伝子・蛋白質解析機器ホームページへ戻る。  このページのトップに戻る。

 生化学解析センターのホームページに戻る。