謨吝ョ、縺ョ邏ケ莉・ name= 螟ァ蟄ヲ髯「逕溘→遐皮ゥカ謌先棡 遐皮ゥカ讌ュ邵セ 蟄ヲ莨壽エサ蜍・ name= 遐皮ゥカ閠・r逶ョ謖・☆譁ケ縺ク 蟷エ荳ュ陦御コ・ name= HOME
   


※ 1999年(平成11年)以降在籍した大学院生のみを示す ( )内は在籍期間ならびに現在の学年


 在籍中の大学院生    
  博士前期(修士)課程1年 高橋 未来 Miku TAKAHASHI
  博士後期(博士)課程1年 石井 直樹 Naoki ISHII
  博士後期(博士)課程3年 李 在勇 Jaeyong LEE

高橋未来平成29年4月-  :先進的医科学専攻前期(修士)課程1年
)
  






明原 隆介 (平成27年4月-平成29年3月生命環境医科学専攻 前期(修士)課程2年修了)

【発
表論文】
  1. Ryusuke Akihara, Takujiro Homma, Jaeyong Lee, Ken-ichi Yamada, Satoshi Miyata, Junichi Fujii.
    Ablation of aldehyde reductase aggravates carbon tetrachloride-induced acute hepatic injury involving oxidative stress and endoplasmic reticulum stress
    Biochem Biophys Res Commun. 478:765-771 (2016)
  2. Junitsu  Ito, Naoki  Ishii, Ryusuke  Akihara, Jaeyong  Lee, Toshihiro  Kurahashi, Takujiro  Homma, Ryo  Kawasaki, Junichi Fujii.
    A high fat diet temporarily renders Sod1-deficient mice resistant to an oxidative insult.
    J Nutr Biochem, 40:44-52 (2017)
  3. Takujiro Homma, Ryusuke Akihara, Satoshi Okano, Mototada Shichiri, Yasukazu Yoshida, Ken-ichi Yamada, Satoshi Miyata, Osamu Nakajima, Junichi Fujii.
    Heightened aggressive behavior in mice deficient in aldo-keto reductase 1a (Akr1a).
    Behav Brain Res, 319:219-224 (2017)
  4. 四塩化炭素誘発肝障害に対するアルデヒド還元酵素(AKR1a)の肝保護作用の検討 [修士論文]

【学会発表】

  1. 明原隆介、本間拓二郎(ポスター)、宮田哲、藤井順逸.
    アルデヒド還元酵素AKR1aは四塩化炭素による肝障害からの保護に重要である
    第88回日本生化学会・第38回日本分子生物学会合同大会、神戸ポートアイランド、2015年12月1-4日.
  2. 明原隆介 (ポスター)、本間拓二郎、李在勇、宮田哲、藤井順逸.
    アルデヒド還元酵素(AKR1a)欠損は四塩化炭素誘発脂肪肝を悪化させる.
    第69回日本酸化ストレス学会、仙台国際センター会議棟、仙台、2016年8月30-31日.
  3. 石井直樹 (ポスター)、伊藤純一、明原隆介、李在勇、倉橋敏裕、本間拓二郎、藤井順逸.
    一過性の脂肪蓄積はSOD1欠損マウスの肝臓を酸化ストレスから保護する.
    第69回日本酸化ストレス学会、仙台国際センター会議棟、仙台、2016年8月30-31日


【その他】

  1. 山形大学工学部卒業
  2. Ryusuke Akihara, Takujiro Homma, Toshihiro Kurahashi, Jaeyong Lee, Junichi Fujii.
    Prdx4 and SOD1 double knockout mouse as a useful tool for exploring oxidative and ER stress-induced hepatic disorder. 

    第26回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2015年12月17日.
  3. 明原隆介、本間拓二郎、李在勇、宮田哲、藤井順逸.
    アルデヒド還元酵素(AKR1a)欠損は四塩化炭素誘発脂肪肝を悪化させる.
    第27回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2016年12月15日 
  4. 石井直樹、伊藤純一、明原隆介李在勇、倉橋敏裕、本間拓二郎、藤井順逸.
    一過性の脂肪蓄積はSOD1欠損マウスの肝臓を酸化ストレスから保護する.
    第27回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2016年12月15日
  5. 明原隆介平成28年度 山形大学校友会大学院学生表彰  [表彰状]


石井 直樹 (平成27年4月-平成29年3月生命環境医科学専攻 前期(修士)課程2年修了)
●          (平成29年4月-  :
先進的医科学専攻後期(博士)課程1年)
 

【発表論文】
  1. Junitsu  Ito, Naoki  Ishii, Ryusuke  Akihara, Jaeyong  Lee, Toshihiro  Kurahashi, Takujiro  Homma, Ryo  Kawasaki, Junichi Fujii.
    A high fat diet temporarily renders Sod1-deficient mice resistant to an oxidative insult.
    J Nutr Biochem, 40:44-52 (2017)
  2. セリン/トレオニンホスファターゼPPM1B (PP2Cβ)のマウス生殖系における機能解析 [修士論文]
  3. Shinji Hamashima, Takujiro Homma, Sho Kobayashi, Naoki Ishii, Toshihiro Kurahashi, Ren Watanabe, Naoko Kimura, Hideyo Sato, Junichi Fujii.
    Decreased reproductive performance in xCT-knockout male mice.
    Free Radic Res, in press (2017)


【学会発
表】
  1. 石井直樹 (ポスター)、伊藤純一、明原隆介、李在勇、倉橋敏裕、本間拓二郎、藤井順逸.
    一過性の脂肪蓄積はSOD1欠損マウスの肝臓を酸化ストレスから保護する.
    第69回日本酸化ストレス学会、仙台国際センター会議棟、仙台、2016年8月30-31日
  2. 石井直樹、本間拓二郎、李在勇、小林翔、三橋輝、木村直子、山本順寛、藤井順逸.
    CoQ10およびアスコルビン酸はSOD1欠損雌マウスの生殖機能を改善する.
    第70回日本酸化ストレス学会、つくば国際会議場、つくば、2017年6月28-29日. 


【その他】

  1. 山形大学工学部卒業
  2. 石井直樹、本間拓二郎、倉橋敏裕、浜島真司、井内良仁、藤井順逸.
    精子形成過程におけるレドックス因子ペルオキシレドキシン4の機能解析.

    第26回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2015年12月17
  3. 浜島真司、本間拓二郎、倉橋敏裕、石井直樹、佐藤英世、藤井順逸.
    精子形成過程におけるシスチントランスポーター・xCTの機能解析.

    第26回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2015年12月17
  4. 石井直樹、伊藤純一、明原隆介、李在勇、倉橋敏裕、本間拓二郎、藤井順逸.
    一過性の脂肪蓄積はSOD1欠損マウスの肝臓を酸化ストレスから保護する.
    第27回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2016年12月15日 


白土 貴也 (平成27年4月-平成29年3月生命環境医科学専攻 前期(修士)課程2年修了)

【発
表論文】
  1. Toshihiro Kurahashi, Shinji Hamashima, Takaya Shirato, Jaeyong Lee, Takujiro Homma, Eun Sil Kang, Junichi Fujii.
    An SOD1 deficiency enhances lipid droplet accumulation in the fasted mouse liver by aborting lipophagy

    Biochem Biophys Res Commun, 467:866-871 (2015)
  2. Takaya Shirato, Takujiro Homma, Jaeyong Lee, Toshihiro Kurahashi, Junichi Fujii.
    Oxidative stress caused by a SOD1 deficiency ameliorates thioacetamide-triggered cell death via CYP2E1 inhibition but stimulates liver steatosis.
    Arch Toxicol, 91:1319-1333 (2017) 
  3. 抗酸化酵素SOD1欠損マウスを用いたチオアセトアミド誘発性肝障害モデルの解析 [修士論文]

【学会発表

  1. 倉橋敏裕(ポスター)、李在勇、白土貴也、浜島真司、本間拓二郎、白澤信行、藤井順逸.
    酸化ストレスによるオートファジー障害に起因する脂質代謝障害.
    第88回日本生化学会・第38回日本分子生物学会合同大会、神戸ポートアイランド、2015年12月1-4日
  2. 本間拓二郎、白土貴也、李在勇、倉橋敏裕、藤井順逸.
    SOD1欠損による酸化ストレスはシトクロムP450活性を抑制することで薬剤誘発性肝障害を軽減する.
    日本生化学会東北支部第82回例会,弘前大学医学部,弘前,2016年5月21-22日 
  3. 本間拓二郎 (ポスター)、白土貴也、李在勇、倉橋敏裕、藤井順逸.
    SOD1欠損による酸化ストレスはシトクロムP450活性を抑制することで薬剤誘発性肝障害を軽減する. 
    第69回日本酸化ストレス学会、仙台国際センター会議棟、仙台、2016年8月30-31日
  4. 白土貴也 (ポスター)、本間拓二郎、李在勇、倉橋敏裕、藤井順逸.
    薬剤性肝障害はSOD1欠損によりを軽減される.
    第89回日本生化学会大会、仙台国際センター/東北大学川内キャンパス、仙台、2016年9月25-27日
  5. Takujiro Homma (poster)(SFRR Japan, Young Investigator Award 2016), Takaya Shirato, Jaeyong Lee, Toshihiro Kurahashi, Junichi Fujii.
    SOD1-knockout mice are resistant to lethal effects of thioacetamide-induced hepatotoxicity.
    The 23rd Annual Meeting, a joint meeting with the Society for Free Radical Research International (SfRBM/SFRRI 2016), November 16-19, 2016, San Francisco, USA  
     


【その他】

  1. 山形大学工学部卒業
  2. 白土貴也、本間拓二郎、倉橋敏裕、李在勇、藤井順逸.
    SOD1欠損マウスではシトクロームP450活性が抑制される結果チオアセトアミド誘発肝障害が軽減する.
    第26回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2015年12月17
  3. 李在勇、本間拓二郎、白土貴也、倉橋敏裕、姜恩實、藤井順逸.
    酸化ストレスによる脂肪肝形成の機序と蓄積脂肪による肝保護作用.

    第23回山形分子生物学セミナー, 山形, 2015年12月21日
  4. 李在勇、本間拓二郎、白土貴也、姜恩實、笠原麻由佳、小酒井貴晴、藤井順逸.
    初期脂肪肝の蓄積脂肪による薬剤性肝障害からの保護機構
    第24回山形分子生物学セミナー, 鶴岡, 2016年12月3日
  5. 白土貴也、本間拓二郎、李在勇、倉橋敏裕、藤井順逸.
    薬物性肝障害はSOD1欠損により軽減される. 
    第27回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2016年12月15日
  6. 白土貴也平成28年度 山形大学校友会大学院学生表彰  [表彰状]


浜島 真司 (平成27年4月-平成29年3月生命環境医科学専攻 前期(修士)課程2年修了)

【発
表論文】
  1. Toshihiro Kurahashi, Shinji Hamashima, Takaya Shirato, Jaeyong Lee, Takujiro Homma, Eun Sil Kang, Junichi Fujii.
    An SOD1 deficiency enhances lipid droplet accumulation in the fasted mouse liver by aborting lipophagy

    Biochem Biophys Res Commun, 467:866-871 (2015)
  2. マウス精巣におけるシスチントランスポーター・xCTの生理的機能の解析 [修士論文]
  3. Shinji Hamashima, Takujiro Homma, Sho Kobayashi, Naoki Ishii, Toshihiro Kurahashi, Ren Watanabe, Naoko Kimura, Hideyo Sato, Junichi Fujii.
    Decreased reproductive performance in xCT-knockout male mice.
    Free Radic Res, in press (2017)

【学会発表】

  1. Junichi Fujii (Oral), Toshihiro Kurahashi, Takujiro Homma, Jaeyong Lee, Eun Sil Kang, Shinji Hamashima, Atsunori Nabeshima, Sohsuke Yamada, Toshiyuki Nakayama, and Hideyo Sato.
    On the cysteine supply for glutathione synthesis in the liver under oxidative insult.
    7th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia (SFRR-Asia), No29-Dec2, 2015, Chiang Mai, Thailand. 
  2. 倉橋敏裕(ポスター)、李在勇、白土貴也、浜島真司、本間拓二郎、白澤信行、藤井順逸.
    酸化ストレスによるオートファジー障害に起因する脂質代謝障害.
    第88回日本生化学会・第38回日本分子生物学会合同大会、神戸ポートアイランド、2015年12月1-4日
  3. 浜島真司 (ポスター)、本間拓二郎、小林翔、倉橋敏裕、佐藤英世、藤井順逸.
    精子形成過程におけるシスチントランスポーター・xCTの生理的役割.
    第89回日本生化学会大会、仙台国際センター/東北大学川内キャンパス、仙台、2016年9月25-27日
  4. Sho Kobayashi, Shinji Hamashima, Takujiro Homma, Junichi Fujii, Hideyo Sato.
    Macrophages from xCT-deficient mice survive under low cysteine/glutathione redox conditions with high oxidative stress.
    OCC World Congress 2017 and Annual SFRR-E Conference
    ; METABOLIC STRESS AND REDOX REGULATION
    June 21-23, 2017, Radisson Blu Hotel, Berlin, Germany
  5. 小林翔、浜島真司、本間拓二郎、藤井順逸、佐藤英世.
    マクロファージの酸化ストレス防御とNO産生におけるシスチン・グルタミン酸トランスポーターの役割.
    第17回日本NO学会、阿波観光ホテル、徳島、2017年5月19-20日.
  6. 小林翔、浜島真司、本間拓二郎、佐藤英世、藤井順逸.
    xCT欠損によりグルタチオン・レドックスバランスに障害のあるマクロファージの細胞培養系における性質
    日本生化学会東北支部第83回例会,仙台,2015年5月27日、東北大学さくらホール


【その他】

  1. 山形大学農学部卒業
  2. 石井直樹、本間拓二郎、倉橋敏裕、浜島真司、井内良仁、藤井順逸.
    精子形成過程におけるレドックス因子ペルオキシレドキシン4の機能解析.

    第26回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2015年12月17
  3. 浜島真司、本間拓二郎、倉橋敏裕、石井直樹、佐藤英世、藤井順逸.
    精子形成過程におけるシスチントランスポーター・xCTの機能解析.

    第26回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2015年12月17
  4. 浜島真司本間拓二郎、小林翔、倉橋敏裕、渡辺連、木村直子、佐藤英世、藤井順逸.
    精子形成におけるシスチントランスポーター・xCTの機能解析.
    第27回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2016年12月15日
     


■李 在勇 (平成25年4月-27年3月生命環境医科学専攻 前期(修士)課程修了平成27年4月- 生命環境医科学専攻後期(博士)課程3年)


【発表論文】
  1. Toshihiro Kurahashi, Myoungsu Kwon, Takujiro Homma, Yuka Saito, Jaeyong Lee, Motoko Takahashi, Ken-ichi Yamada, Satoshi Miyata, and Junichi Fujii.
    Reductive detoxification of acrolein as a potential role for aldehyde reductase (AKR1A) in mammals.  
    Biochem Biophys Res Commun, 452:136–141 (2014)
  2. 李 在勇: 酸化ストレスによる脂肪肝発症の分子機構.[修士論文]
  3. Jaeyong Lee, Takujiro Homma, Toshihiro Kurahashi, Eun Sil Kang, andJunichi Fujii.
    Oxidative stress triggers lipid droplet accumulation in primary cultured hepatocytes by activating fatty acid synthesis

    Biochem Biophys Res Commun, 464:229-235 (2015) 
  4. Takujiro Homma, Satoshi Okano, Jaeyong Lee, Junitsu Ito, Noriyuki Otsuki, Toshihiro Kurahashi, Eun Sil Kang, Osamu Nakajima, and Junichi Fujii.
    SOD1 deficiency induces the systemic hyperoxidation of peroxiredoxin in the mouse.

    Biochem Biophys Res Commun,
    463:1040-1046 (2015)
  5. Takujiro Homma, Toshihiro Kurahashi, Jaeyong Lee, Eun Sil Kang and Junichi Fujii
    SOD1 deficiency decreases proteasomal function, leading to the accumulation of ubiquitinated proteins in erythrocytes.
    Arch Biochem Biophys, 583:65-72 (2015) 
  6. Toshihiro Kurahashi, Shinji Hamashima, Takaya Shirato, Jaeyong Lee, Takujiro Homma, Eun Sil Kang, Junichi Fujii.
    An SOD1 deficiency enhances lipid droplet accumulation in the fasted mouse liver by aborting lipophagy

    Biochem Biophys Res Commun, 467:866-871 (2015) 
  7. Noriyuki Otsuki, Tasuku Konno, Toshihiro Kurahashi, Saori Suzuki, Jaeyong Lee, Futoshi Okada, Yoshihito Iuchi, Takujiro Homma, Junichi Fujii,
    The SOD1 transgene expressed in erythroid cells alleviates fatal phenotype in congenic NZB/NZW-F1 mice.
    Free Radic Res, 50(7):793-800 (2016) doi: 10.1080/10715762.2016.1178388.
  8. Toshihiro Kurahashi, Jaeyong Lee, Atsunori Nabeshima, Takujiro Homma, Eun Sil Kang, Yuka Saito, Sohsuke Yamada, Toshiyuki Nakayama, Ken-ichi Yamada, Satoshi Miyata, Junichi Fujii.
    Ascorbic acid prevents acetaminophen-induced hepatotoxicity in mice by ameliorating glutathione recovery and autophagy.
    Arch Biochem Biophys, 604:36-46 (2016)
  9. Ryusuke Akihara, Takujiro Homma, Jaeyong Lee, Ken-ichi Yamada, Satoshi Miyata, Junichi Fujii.
    Ablation of aldehyde reductase aggravates carbon tetrachloride-induced acute hepatic injury involving oxidative stress and endoplasmic reticulum stress
    Biochem Biophys Res Commun. 478:765-771 (2016)
  10. Junitsu  Ito, Naoki  Ishii, Ryusuke  Akihara, Jaeyong  Lee, Toshihiro  Kurahashi, Takujiro  Homma, Ryo  Kawasaki, Junichi Fujii.
    A high fat diet temporarily renders Sod1-deficient mice resistant to an oxidative insult.
    J Nutr Biochem, 40:44-52 (2017)
  11. Takaya Shirato, Takujiro Homma, Jaeyong Lee, Toshihiro Kurahashi, Junichi Fujii.
    Oxidative stress caused by a SOD1 deficiency ameliorates thioacetamide-triggered cell death via CYP2E1 inhibition but stimulates liver steatosis.
    Arch Toxicol, 91:1319-1333 (2017) 
  12. Eun Sil Kang, Jaeyong Lee, Takujiro Homma, Toshihiro Kurahashi, Sho Kobayashi, Atsunori Nabeshima, Sohsuke Yamada, Han Geuk Seo, Satoshi Miyata, Hideyo Sato, Junichi Fujii
    xCT deficiency aggravates acetaminophen-induced hepatotoxicity under inhibition of the transsulfuration pathway

    Free Radic Res, 51, 80-90 (2017) 
  13. Jaeyong Lee, Takujiro Homma, Junichi Fujii.
    Mice in the early stage of liver steatosis caused by a high fat diet are resistant to thioacetamide-induced hepatotoxicity and oxidative stress.
     
    Toxicol Lett
    , 277:92-103 (2017)
  14. Sho Kobayashi, Jaeyong Lee, Toshifumi Takao, Junichi Fujii.
    Increased ophthalmic acid production is supported by amino acid catabolism under fasting conditions in mice.
     
    Biochem Biophys Res Commun. 491:649-655 (2017)
【学会発表】
  1. 倉橋敏裕、李在勇、伊藤純一、,鍋島篤典、山田壮亮、白澤信行、松岡悠太、山田健一、 宮田哲、藤井順逸:
    Peroxiredoxin 4欠損マウスの肝臓は酸化的障害に対して脆弱である.
    日本生化学会東北支部第79回例会,仙台,2013年5月11日
  2. 倉橋敏裕、李 在勇、権 明秀、高橋素子、大槻倫之、伊藤純一、松岡悠太、山田健一、宮田 哲、 藤井順逸
    アスコルビン酸合成とカルボニル化合物還元の二面性を有するAKR1Aの機能解明

    第66回日本酸化ストレス学会、ウインクあいち、名古屋、2013年6月13-14日
  3. 李在勇 (poster)、倉橋敏裕、権明秀、高橋素子、大槻倫之、伊藤 純一、松岡悠太、山田健一、宮田哲、佐藤英世、藤井順逸:
    AKR1AならびにxCT遺伝子改変マウスを用いた低分子量レドックス分子のクロストークに関する研究.
    .第86回日本生化学会、パシフィコ横浜、横浜、 2013年9月11-13日
  4. 倉橋敏裕、李在勇、鍋島篤典、山田壮亮、白澤信行、伊藤純一、藤井 順逸.
    SOD1欠損による酸化的ストレスはPrdx4欠損マウスに肝障害を惹起する.
    第36回日本分子生物学会年会、神戸、 2013年12月3-6日、神戸ポートアイランド 
      
  5. Tasuku Konno, Noriyuki Otsuki, Toshihiro Kurahashi, Jaeyong Lee, Saori Suzuki, Noriko Kibe, Satoshi Tsunoda, Yoshihito Iuchi, Junichi Fujii.
    Implication of reactive oxygen species as a causal factor for autoimmune responses in mice.
    17th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Kyoto, March 23-26, 2014
    .
  6. Toshihiro Kurahashi, Jaeyong Lee, Atsunori Nabeshima, Nobuyuki Shirasawa, Sohsuke Yamada, Toshifumi Takao, Junichi Fujii.
    The potential roles of PRDX4 as a thiol oxidase in endoplasmic reticulum.
    17th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Kyoto, March 23-26, 2014.
  7. Jaeyong Lee, Toshihiro Kurahashi, Myoungsu Kwon, Motoko Takahashi, Noriyuki Otsuki, Junitsu Ito, Yuta Matsuoka, Ken-Ichi Yamada, Satoshi Miyata, Junichi Fujii.
    Elucidation of physiological roles of ascorbic acid and aldehyde detoxification using aldehyde reductase (Akr1a)-deficient and human AKR1A-transgenic mice.
    17th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Kyoto, March 23-26, 2014.
  8. Jaeyong Lee, Toshihiro Kurahashi, Myoungsu Kwon, Motoko Takahashi, Ken-Ichi Yamada, Satoshi Miyata, Junichi Fujii.
    Physiological roles of aldehyde reductase (Akr1a)-mediated ascorbate synthesis and aldehyde detoxification.
    2014 Korean Society for Biochemical Molecular Biology annual international conference. Seoul, Korea, May 14-16, 2014
    .
  9. 倉橋敏裕、西田隼、齋藤由香、李在勇、鍋島篤典、山田壮亮、宮田哲、高尾敏文、藤井順逸:
    臓器の線維化における細胞外基質タンパク質の酸化的折畳み機構に関する研究.
    日本生化学会東北支部第80回例会,秋田,2014年5月10日
  10. 倉橋敏裕 (口演)、西田隼、齋藤由香、李在勇、鍋島篤典、山田壮亮、冨田善彦、宮田哲、高尾敏文、藤井順逸
    臓器線維化における細胞外基質蛋白質の酸化的折畳みに働く小胞体チオールオキシダーゼとアスコルビン酸に関する研究.
    第67回日本酸化ストレス学会、同志社大学今出川キャンパス、京都、2014年9月4-5日
  11. 李 在勇 (ポスター)、倉橋敏裕、本間拓二郎、鍋島篤典、山田壮亮、藤井順逸.
    酸化ストレスによる脂肪肝発症の分子機構
    第36回日本分子生物学会年会、横浜、2014年11月25-27日  
  12. 倉橋敏裕 (ポスター)、鍋島篤典、齋藤由香、李在勇、本間拓二郎、山田壮亮、中山敏幸、佐藤英世、宮田哲、藤井順逸.
    アセトアミノフェン急性肝障害におけるアスコルビン酸とチオール化合物の肝臓保護作用.
    第36回日本分子生物学会年会、横浜、2014年11月25-27日
     
  13. 倉橋敏裕 (口演)、鍋島篤典、李在勇、本間拓二郎、山田壮亮、中山敏幸、宮田哲、藤井順逸.
    アスコルビン酸によるアセトアミノフェン誘導性酸化ストレスからの肝臓保護作用
    第68回日本酸化ストレス学会、かごしま県民交流センター、鹿児島、2015年6月11-12日     
  14. 姜恩實、李在勇、倉橋敏裕、本間拓二郎、小林翔、佐藤英世、藤井順逸 (ポスター).
    肝臓のシステイン・ホメオスタシスにおけるxCTとトランススルフレーション経路の役割
    第15回日本NO学会、千里ライフサイエンスセンター、吹田、2015年6月26-27日
  15. 李在勇(ポスター)、本間拓二郎、倉橋敏裕、姜恩實、藤井順逸.
    ストレス応答で起こる脂肪蓄積は肝臓を障害から保護する.
    第88回日本生化学会・第38回日本分子生物学会合同大会、神戸ポートアイランド、2015年12月1-4日
  16. 倉橋敏裕(ポスター)、李在勇、白土貴也、浜島真司、本間拓二郎、白澤信行、藤井順逸.
    酸化ストレスによるオートファジー障害に起因する脂質代謝障害.
    第88回日本生化学会・第38回日本分子生物学会合同大会、神戸ポートアイランド、2015年12月1-4日
  17. Junichi Fujii (Oral), Toshihiro Kurahashi, Takujiro Homma, Jaeyong Lee, Eun Sil Kang, Shinji Hamashima, Atsunori Nabeshima, Sohsuke Yamada, Toshiyuki Nakayama, and Hideyo Sato.
    On the cysteine supply for glutathione synthesis in the liver under oxidative insult.
    7th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia (SFRR-Asia), No29-Dec2, 2015, Chiang Mai, Thailand. 
  18. 本間拓二郎、白土貴也、李在勇、倉橋敏裕、藤井順逸.
    SOD1欠損による酸化ストレスはシトクロムP450活性を抑制することで薬剤誘発性肝障害を軽減する.
    日本生化学会東北支部第82回例会,弘前大学医学部,弘前,2016年5月21-22日
  19. 石井直樹 (ポスター)、伊藤純一、明原隆介、李在勇、倉橋敏裕、本間拓二郎、藤井順逸.
    一過性の脂肪蓄積はSOD1欠損マウスの肝臓を酸化ストレスから保護する.
    第69回日本酸化ストレス学会、仙台国際センター会議棟、仙台、2016年8月30-31日
  20. 本間拓二郎 (ポスター)、白土貴也、李在勇、倉橋敏裕、藤井順逸.
    SOD1欠損による酸化ストレスはシトクロムP450活性を抑制することで薬剤誘発性肝障害を軽減する. 
    第69回日本酸化ストレス学会、仙台国際センター会議棟、仙台、2016年8月30-31日 
  21. 明原隆介 (ポスター)、本間拓二郎、李在勇、宮田哲、藤井順逸.
    アルデヒド還元酵素(AKR1a)欠損は四塩化炭素誘発脂肪肝を悪化させる.
    第69回日本酸化ストレス学会、仙台国際センター会議棟、仙台、2016年8月30-31日.
  22. 小林翔(ポスタ)、姜恩實、李在勇、本間拓二郎、倉橋敏裕、徐漢克、佐藤英世、藤井順逸.  
    肝臓へのシステイン供給におけるxCTとTranssulfuration経路の役割.
    第69回日本酸化ストレス学会、仙台国際センター会議棟、仙台、2016年8月30-31日
  23. 白土貴也 (ポスター)、本間拓二郎、李在勇、倉橋敏裕、藤井順逸.
    薬剤性肝障害はSOD1欠損によりを軽減される.
    第89回日本生化学会大会、仙台国際センター/東北大学川内キャンパス、仙台、2016年9月25-27日
  24. Lee Jaeyong (ポスター)、本間拓二郎、倉橋敏裕、姜恩實、藤井順逸.
    SOD1欠損マウスの絶食による腎障害機構.
    第89回日本生化学会大会、仙台国際センター/東北大学川内キャンパス、仙台、2016年9月25-27日
  25. Takujiro Homma (poster)(SFRR Japan, Young Investigator Award 2016), Takaya Shirato, Jaeyong Lee, Toshihiro Kurahashi, Junichi Fujii.
    SOD1-knockout mice are resistant to lethal effects of thioacetamide-induced hepatotoxicity.
    The 23rd Annual Meeting, a joint meeting with the Society for Free Radical Research International (SfRBM/SFRRI 2016), November 16-19, 2016, San Francisco, USA 
  26. 石井直樹、本間拓二郎、李在勇、小林翔、三橋輝、木村直子、山本順寛、藤井順逸.
    CoQ10およびアスコルビン酸はSOD1欠損雌マウスの生殖機能を改善する.
    第70回日本酸化ストレス学会、つくば国際会議場、つくば、2017年6月28-29日. 

【その他
  1. 韓国からの留学生
  2. 倉橋敏裕、李在勇、鍋島篤典、山田壮亮、白澤信行、藤井順逸:
    PRDX4欠損マウスでは酸化的ストレスによる肝障害が増悪する
    第21回山形分子生物学セミナー, 山形, 2013年11月16日 
  3. 李在勇、倉橋敏裕、金野祐、鍋島篤典、山田壮亮、宮田哲、佐藤英世、藤井順逸:
    ビタミンCとチオール化合物はアセトアミノフェンの障害作用から肝臓を保護している.
    第24回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2013年12月18
     
  4. 倉橋敏裕、鍋島篤典、齋藤由香李在勇本間拓二郎、山田壮亮、中山敏幸、佐藤英世、宮田哲、藤井順逸.
    アセトアミノフェンによる肝障害におけるアスコルビン酸の肝臓保護作用.
    第22回山形分子生物学セミナー, 山形, 2014年11月18日  
  5. 李在勇姜恩實、倉橋敏裕本間拓二郎、鍋島篤典、山田壮亮、中山敏幸、藤井順逸.
    SOD1欠損マウスにおける脂肪肝形成の分子機構.
    第25回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2014年12月18
  6. 白土貴也、本間拓二郎、倉橋敏裕、李在勇、藤井順逸.
    SOD1欠損マウスではシトクロームP450活性が抑制される結果チオアセトアミド誘発肝障害が軽減する.
    第26回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2015年12月17
  7. Ryusuke Akihara, Takujiro Homma, Toshihiro Kurahashi, Jaeyong Lee, Junichi Fujii.
    Prdx4 and SOD1 double knockout mouse as a useful tool for exploring oxidative and ER stress-induced hepatic disorder. 

    第26回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2015年12月17日.
  8. 李在勇、本間拓二郎、白土貴也、倉橋敏裕、姜恩實、藤井順逸.
    酸化ストレスによる脂肪肝形成の機序と蓄積脂肪による肝保護作用.

    第23回山形分子生物学セミナー, 山形, 2015年12月21日
  9. 李在勇 公益財団法人三島海雲記念財団 第54回学術研究奨励金採択: 「酸化ストレスを原因とする脂肪肝の発症機構と蓄積脂肪の抗酸化における役割 (平成28年7月8日)【贈呈書】
  10. 李在勇、本間拓二郎、白土貴也、姜恩實、笠原麻由佳、小酒井貴晴、藤井順逸.
    初期脂肪肝の蓄積脂肪による薬剤性肝障害からの保護機構
    第24回山形分子生物学セミナー, 鶴岡, 2016年12月3日
  11. 明原隆介、本間拓二郎李在勇、宮田哲、藤井順逸.
    アルデヒド還元酵素(AKR1a)欠損は四塩化炭素誘発脂肪肝を悪化させる.
    第27回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2016年12月15日
  12. 石井直樹、伊藤純一、明原隆介、李在勇、倉橋敏裕、本間拓二郎、藤井順逸.
    一過性の脂肪蓄積はSOD1欠損マウスの肝臓を酸化ストレスから保護する.
    第27回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2016年12月15日
  13. 白土貴也、本間拓二郎、李在勇、倉橋敏裕、藤井順逸.
    薬物性肝障害はSOD1欠損により軽減される. 
    第27回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2016年12月15日 
     
  14. 李在勇平成28年度 山形大学校友会大学院学生表彰 [表彰状]

石川 明良 (平成24年10月-平成29年3月生命環境医科学専攻 後期(博士)課程3年修了)
【発
表論文】
  1. Akiyoshi Ishikawa, Keita Sakai, Takehiro Maki, Yuri Mizuno Kimie Niimi, Yasuhiro Oda, Eiki Takahashi.
    Investigation of sleep-wake rhythm in non-human primates without restraint during data collection.
    Experimental Animals, 66(1):51-60 (2017). doi: 10.1538/expanim.16-0073.  [博士論文]


【その他】

  1. 会人特別選抜


■権 明秀 (平成23年4月-平成25年3月生命環境医科学専攻 前期(修士)課程修了)

【発
表論文】
  1. Kurahashi T, Konno T, Otsuki N, Kwon M, Tsunoda S, Ito J, Fujii J.
    A malfunction in the triglyceride transfer from the intracellular lipid pool to the apoB in the enterocytes of SOD1-deficient mice.

    FEBS Lett
    , 586:4289-4295(2012) 
  2. 権秀明. 遺伝子改変マウスおよびマウス胎仔線維芽細胞を用いたアルデヒド還元酵素AKR1Aの機能解析.[修士論文]
  3. Hayato Nishida, Toshihiro Kurahashi, Yuka Saito, Noriyuki Otsuki, Myoungsu Kwon, Hiroya Ohtake, Mitsunori Yamakawa, Ken-ichi Yamada, Satoshi Miyata, Yoshihiko Tomita, and Junichi Fujii.
    Kidney fibrosis is independent of the amount of ascorbic acid in mice with unilateral ureteral obstruction.
    Free Radic Res, 48(9):1115-1124 (2014) 
  4. Toshihiro Kurahashi, Myoungsu Kwon, Takujiro Homma, Yuka Saito, Jaeyong Lee, Motoko Takahashi, Ken-ichi Yamada, Satoshi Miyata, and Junichi Fujii.
    Reductive detoxification of acrolein as a potential role for aldehyde reductase (AKR1A) in mammals.  
    Biochem Biophys Res Commun, 452:136–141 (2014)

【学会発表】

  1. 倉橋敏裕、大槻倫之、金野佑、権 明秀、角田智志、藤井順逸: SOD1欠損マウス小腸における脂質代謝の解析.
    第65回日本酸化ストレス学会徳島、2012年6月
  2. Kurahashi T, Otsuki N, Konno T, Kwon K, Tsunoda S, Fujii J.
    SOD1 deficiency causes postprandial dyslipidemia due to impaired lipid metabolism in the intestine.
    16th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, London, Sep 6-9, 2012
  3. 倉橋 敏裕、 金野 祐、 大槻 倫之、 権 明秀、角田 智志、 伊藤 純一、藤井 順逸:
    酸化ストレス亢進による小腸の脂質代謝異常
    第35回日本分子生物学会年会、福岡、 2012年12月
  4. 伊藤 純一、大槻 倫之、 高橋 素子、 権 明秀、金野 祐、角田 智志、倉橋 敏裕、 張 旭紅、宮田 哲、 藤井 順逸:
    Aldehyde reductase欠損によるアスコルビン酸合成障害のPentobarbital代謝に与える影響
     
    第85回日本生化学会、福岡、 2012年12月
  5. 金野 祐、大槻 倫之、権 明秀、角田 智志、 伊藤 純一、倉橋 敏裕、松岡 悠太、 山崎 俊栄、 山田 健一、 宮田 哲、 高橋 素子、 藤井 順逸
    Aldehyde reductase (AKR1A)欠損によるアスコルビン酸合成障害の血液系に与える影響

    第85回日本生化学会、福岡、 2012年12月
  6. 伊藤純一, 大槻倫之, 高橋素子, 権 明秀, 金野祐, 角田智志, 倉橋敏裕, 張旭紅, 宮田哲, 藤井順逸:
    肝臓の解毒反応におけるアルデヒド還元酵素の役割の遺伝子改変マウスを用いた解明.
    第16回日本肝臓学会大会, 神戸, 2012年10月
  7. 倉橋敏裕、李 在勇、権 明秀、高橋素子、大槻倫之、伊藤純一、松岡悠太、山田健一、宮田 哲、 藤井順逸
    アスコルビン酸合成とカルボニル化合物還元の二面性を有するAKR1Aの機能解明

    第66回日本酸化ストレス学会、ウインクあいち、名古屋、2013年6月13-14日
  8. 李在勇 (poster)、倉橋敏裕、権明秀、高橋素子、大槻倫之、伊藤 純一、松岡悠太、山田健一、宮田哲、佐藤英世、藤井順逸:
    AKR1AならびにxCT遺伝子改変マウスを用いた低分子量レドックス分子のクロストークに関する研究.
    .第86回日本生化学会、パシフィコ横浜、横浜、 2013年9月11-13日
  9. Jaeyong Lee, Toshihiro Kurahashi, Myoungsu Kwon, Motoko Takahashi, Noriyuki Otsuki, Junitsu Ito, Yuta Matsuoka, Ken-Ichi Yamada, Satoshi Miyata, Junichi Fujii.
    Elucidation of physiological roles of ascorbic acid and aldehyde detoxification using aldehyde reductase (Akr1a)-deficient and human AKR1A-transgenic mice.17th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Kyoto, March 23-26, 2014
  10. Jaeyong Lee,Toshihiro Kurahashi, Myoungsu Kwon, Motoko Takahashi, Ken-Ichi Yamada, Satoshi Miyata, Junichi Fujii.
    Physiological roles of aldehyde reductase (Akr1a)-mediated ascorbate synthesis and aldehyde detoxification.
    2014 Korean Society for Biochemical Molecular Biology annual international conference. Seoul, Korea, May 14-16, 2014. 


【その他】

  1. 韓国からの留学生
  2. 平成23年2月 デグ大学生命科学科 卒業
  3. 大槻倫之、伊藤純一、張旭紅、高橋素子、西田隼人、倉橋敏裕、権 明秀、角田智志、金野祐、宮田哲、藤井順逸:
    アスコルビン酸合成異常を示すAldehyde Reductase (AKR1A1)欠損マウスの表現型解析.
    第22回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2011年12
  4. 金野祐, 大槻倫之, 権明秀, 角田智志, 伊藤純一, 倉橋敏裕, 宮田哲, 高橋素子, 藤井順逸.
    マウスにおけるAldehyde reductase (AKR1A)欠損によるアスコルビン酸合成障害の影響
    第20回山形分子生物学セミナー, 鶴岡, 2012年11月26日
  5. 権明秀、大槻倫之、金野祐、角田智志、倉橋敏裕、伊藤純一、高橋素子、宮田哲、藤井順逸.
    遺伝子改変マウスおよびマウス胎仔繊維芽細胞を用いたアルデヒド還元酵素AKR1Aの機能解析.
    第23回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2012年12月20


■大槻 倫之 (平成22年4月-平成24年3月生命環境医科学専攻 前期(修士)課程修了)

【発
表論文】
  1. 大槻倫之
    遺伝子欠損マウスを用いたAldehyde Reductaseの生理機能の解析.[修士論文]

  2. Kurahashi T, Konno T, Otsuki N, Kwon M, Tsunoda S, Ito J, Fujii J.
    A malfunction in the triglyceride transfer from the intracellular lipid pool to the apoB in the enterocytes of SOD1-deficient mice
    .
    FEBS Lett
    , 586:4289-4295(2012)
  3. Tasuku Konno, Noriyuki Otsuki, Toshihiro Kurahashi, Noriko Kibe, Satoshi Tsunoda, Yoshihito Iuchi, and Junichi Fujii.
    Reactive oxygen species exacerbate autoimmune hemolytic anemia in New Zealand black mice.
    Free Radic. Biol. Med. 65:1378-1384 (2013)
  4. Junitsu Ito, Noriyuki Otsuki, Xuhong Zhang, Tasuku Konno, Toshihiro Kurahashi, Motoko Takahashi, Mayumi Yamato, Yuta Matsuoka, Ken-ichi Yamada, Satoshi Miyata, and Junichi Fujii.
    Ascorbic acid reverses the prolonged anesthetic action of pentobarbital in Akr1a-knockout mice.
    Life Sciences,95:1-8 (2014) 
  5. Hayato Nishida, Toshihiro Kurahashi, Yuka Saito, Noriyuki Otsuki, Myoungsu Kwon, Hiroya Ohtake, Mitsunori Yamakawa, Ken-ichi Yamada, Satoshi Miyata, Yoshihiko Tomita, and Junichi Fujii.
    Kidney fibrosis is independent of the amount of ascorbic acid in mice with unilateral ureteral obstruction.
    Free Radic Res, 48(9):1115-1124 (2014) 
  6. Takujiro Homma, Satoshi Okano, Jaeyong Lee, Junitsu Ito, Noriyuki Otsuki, Toshihiro Kurahashi, Eun Sil Kang, Osamu Nakajima, and Junichi Fujii.
    SOD1 deficiency induces the systemic hyperoxidation of peroxiredoxin in the mouse.

    Biochem Biophys Res Commun
    , 463:1040-1046 (2015)
  7. Noriyuki Otsuki, Tasuku Konno, Toshihiro Kurahashi, Saori Suzuki, Jaeyong Lee,Futoshi Okada, Yoshihito Iuchi, Takujiro Homma, Junichi Fujii,
    The SOD1 transgene expressed in erythroid cells alleviates fatal phenotype in congenic NZB/NZW-F1 mice.
    Free Radic Res, 50(7):793-800 (2016) doi: 10.1080/10715762.2016.1178388.
  8. Noriyuki Otsuki, Takujiro Homma, Hiroki Fujiwara, Kenya Kaneko, Yasukazu Hozumi, Mototada Shichiri, Mizuki Takashima, Junitsu Ito, Tasuku Konno, Toshihiro Kurahashi, Yasukazu Yoshida, Kaoru Goto, Satoshi Fujii,Junichi Fujii.
    Trichloroethylene exposure aggravates behavioral abnormalities in mice that are deficient in superoxide dismutase
    Regul Toxicol Pharmacol. 79:83-90 (2016) doi: 10.1016/j.yrtph.2016.05.007.

【学会発表】

  1. Ito J (poster), Takahashi M  Otsuki N, Konno T, Nishida H, Tsunoda S, Kurahashi T, Zhang X, Miyata S, Fujii J.
    Aldehyde reductase deficiency prolongs pentobarbital induced hypsosis in mice.
    4th Symposium on Nutrition, Oxygen Biology and Medicine, June, Paris, France, 2011
     
  2. 倉橋敏裕、粟田ちひろ、金野祐、大槻倫之、角田智志、張紅旭、伊藤純一、井内良仁、高尾敏文、藤井順逸:
    Peroxiredoxin 4による細胞機能のレドックス調節の解明.
    日本生化学会東北支部第77回例会,仙台,2011年7月
  3. Kurahashi T (poster), Awada C, Konno T, Otsuki N, Tsunoda S, Zhang X, Ito J, Iuchi Y, Takao T, Fujii J
    Roles of peroxiredoxin 4 in protein sulfhyryl oxidation.
    5th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia (SFRR-Asia), 8th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine (ASMRM), Kagoshima, Aug 31-Sep4, 2011
  4. 金野 祐大槻倫之、鈴木紗織、岐部紀子、角田智志、井内良仁、藤井順逸: 
    NZマウスの自己免疫疾患発症に対する赤血球酸化名kストレスの関与.
    第84回日本生化学会、京都、 2011年9月
  5. 伊藤純一、倉橋敏裕、金野 祐、大槻倫之、角田智志、張旭紅、藤井順逸:
    過酸化PeoxiredoxinIIの検出による赤血球レドックスバランスと機能の解明.

    第84回日本生化学会、京都、 2011年9月 
  6. 金野 祐大槻倫之、鈴木紗織、岐部紀子、角田智志、井内良仁、藤井順逸: 
    NZマウスにおける自己免疫性溶血性貧血の発症には赤血球酸化ストレスが関わる.
    日本生化学会東北支部第78回例会,山形,2012年5月
     
  7. 倉橋敏裕、大槻倫之、金野 佑、権 明秀、角田智志、藤井順逸 
    SOD1欠損マウス小腸における脂質代謝の解析.
    第65回日本酸化ストレス学会、徳島、202年6月
  8. Tasuku Konno, Noriyuki Ohtsuki, Noriko Kibe, Satoshi Tsunoda, Saori Suzuki, Yoshihito Iuchi, and Junichi Fujii.
    Validation of involvement of reactive oxygen species in autoimmune hemolytic anemia by genetic modification of SOD1in NZB mice.
    The 33rd Naito Conference on Oxygen Biology: Hypoxia, Oxidative Stress and Diseases. June 26-29, 2012, Sapporo, Japan
    .
  9. Kurahashi T, Otsuki N, Konno T, Kwon K, Tsunoda S, Fujii J.
    SOD1 deficiency causes postprandial dyslipidemia due to impaired lipid metabolism in the intestine.
    16th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, London, Sep 6-9, 2012
  10. Konno T, Ohtsuki N, Kibe N, Tsunoda S, Iuchi Y, Fujii J:
    Oxidative stress as a cause for autoimmune hemolytic anemia; supporting evidences from genetically modified mice.  

    16th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, London, Sep 6-9, 2012
  11. 倉橋 敏裕、 金野 祐、 大槻 倫之権 明秀、角田 智志、 伊藤 純一、藤井 順逸:
    酸化ストレス亢進による小腸の脂質代謝異常
    第35回日本分子生物学会年会、福岡、 2012年12月
  12. 伊藤 純一、大槻 倫之、 高橋 素子、 権 明秀、金野 祐、角田 智志、倉橋 敏裕、 張 旭紅、宮田 哲、 藤井 順逸:
    Aldehyde reductase欠損によるアスコルビン酸合成障害のPentobarbital代謝に与える影響
     
    第85回日本生化学会、福岡、 2012年12月
  13. 金野 祐、大槻 倫之、権 明秀、角田 智志、 伊藤 純一、倉橋 敏裕、松岡 悠太、 山崎 俊栄、 山田 健一、 宮田 哲、 高橋 素子、 藤井 順逸:
    Aldehyde reductase (AKR1A)欠損によるアスコルビン酸合成障害の血液系に与える影響

    第85回日本生化学会、福岡、 2012年12月
  14. 伊藤純一, 大槻倫之, 高橋素子, 権 明秀, 金野祐, 角田智志, 倉橋敏裕, 張 旭紅, 宮田哲, 藤井順逸:
    肝臓の解毒反応におけるアルデヒド還元酵素の役割の遺伝子改変マウスを用いた解明.
    第16回日本肝臓学会大会, 神戸, 2012年10月 
  15. 倉橋敏裕、李 在勇、権 明秀、高橋素子、大槻倫之、伊藤純一、松岡悠太、山田健一、宮田 哲、 藤井順逸
    アスコルビン酸合成とカルボニル化合物還元の二面性を有するAKR1Aの機能解明

    第66回日本酸化ストレス学会、ウインクあいち、名古屋、2013年6月13-14日
  16. 李在勇 (poster)、倉橋敏裕、権明秀、高橋素子、大槻倫之、伊藤 純一、松岡悠太、山田健一、宮田哲、佐藤英世、藤井順逸:
    AKR1AならびにxCT遺伝子改変マウスを用いた低分子量レドックス分子のクロストークに関する研究.
    .第86回日本生化学会、パシフィコ横浜、横浜、 2013年9月11-13日
  17. Junitsu Ito (poster), Noriyuki Otsuki, Xuhong Zhang, Tasuku Konno, Toshihiro Kurahashi, Motoko Takahashi, Mayumi Yamato, Yuta Matsuoka, Ken-ichi Yamada, Satoshi Miyata,Junichi Fujii.
    Ascorbic acid neutralizes the prolonged anesthetic action of pentobarbital in Akr1a-knockout mice
    6th Joint Meeting of the Societies for Free Radical Research Australasia and Japan, Sep 12-14, Sydney, Australia. 
  18. Tasuku Konno, Noriyuki Otsuki, Toshihiro Kurahashi, Jaeyong Lee, Saori Suzuki, Noriko Kibe, Satoshi Tsunoda, Yoshihito Iuchi, Junichi Fujii.
    Implication of reactive oxygen species as a causal factor for autoimmune responses in mice.
    17th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Kyoto, March 23-26, 2014
    .
  19. Jaeyong Lee, Toshihiro Kurahashi, Myoungsu Kwon, Motoko Takahashi, Noriyuki Otsuki, Junitsu Ito, Yuta Matsuoka, Ken-Ichi Yamada, Satoshi Miyata, Junichi Fujii.
    Elucidation of physiological roles of ascorbic acid and aldehyde detoxification using aldehyde reductase (Akr1a)-deficient and human AKR1A-transgenic mice.
    17th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Kyoto, March 23-26, 2014


【その他】

  1. 平成22年3月 山形大学工学部 卒業
  2. 大槻倫之伊藤純一、高橋素子、西田隼人金野祐角田智志倉橋敏裕張旭紅、宮田哲、藤井順逸
    アルデヒド還元酵素(ALR)遺伝子改変マウスを用いたペントバルビタール解毒障害機序機序の解明. 第21回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2010年12月
  3. 大槻倫之、伊藤純一、張旭紅、高橋素子、西田隼人、倉橋敏裕、権 明秀、角田智志、金野祐、宮田哲、藤井順逸:
    アスコルビン酸合成異常を示すAldehyde Reductase (AKR1A1)欠損マウスの表現型解析.
    第22回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2011年12
  4. 金野祐, 大槻倫之, 権明秀, 角田智志, 伊藤純一, 倉橋敏裕, 宮田哲, 高橋素子, 藤井順逸.
    マウスにおけるAldehyde reductase (AKR1A)欠損によるアスコルビン酸合成障害の影響
    第20回山形分子生物学セミナー, 鶴岡, 2012年11月26日
  5. 権明秀、大槻倫之、金野祐、角田智志、倉橋敏裕、伊藤純一、高橋素子、宮田哲、藤井順逸.
    遺伝子改変マウスおよびマウス胎仔繊維芽細胞を用いたアルデヒド還元酵素AKR1Aの機能解析.
    第23回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2012年12月20


■金野 祐 (平成22年4月-平成24年3月生命環境医科学専攻 前期(修士)課程修了平成24年4月-平成27年3月生命環境医科学専攻 後期(博士)課程3年修了)

【発
表論文】

  1. 金野 祐
    自己免疫性溶血性貧血を自然発症するNZBマウスに対する赤血球酸化ストレスの影響.
    [修士論文]
  2. Kurahashi T, Konno T, Otsuki N, Kwon M, Tsunoda S, Ito J, Fujii J.
    A malfunction in the triglyceride transfer from the intracellular lipid pool to the apoB in the enterocytes of SOD1-deficient mice
    .
    FEBS Lett
    ,586:4289-4295(2012)
  3. Tasuku Konno, Noriyuki Otsuki, Toshihiro Kurahashi, Noriko Kibe, Satoshi Tsunoda, Yoshihito Iuchi, and Junichi Fujii.
    Reactive oxygen species exacerbate autoimmune hemolytic anemia in New Zealand black mice.

    Free Radic. Biol. Med. 65:1378-1384 (2013) [博士論文]
  4. Junitsu Ito, Noriyuki Otsuki, Xuhong Zhang, Tasuku Konno, Toshihiro Kurahashi, Motoko Takahashi, Mayumi Yamato, Yuta Matsuoka, Ken-ichi Yamada, Satoshi Miyata, and Junichi Fujii.
    Ascorbic acid reverses the prolonged anesthetic action of pentobarbital in Akr1a-knockout mice.
    Life Sciences, 95:1-8 (2014) 
  5. Tsunoda S, Avezov E, Zyryanova A, Konno T, Mendes-Silva L, Pinho Melo E, Harding HP, and Ron D.
    Intact protein folding in the glutathione-depleted endoplasmic reticulum implicates alternative protein thiol reductants.
    Elife. 3: e03421 (2014)  
  6. Avezov E, Konno T, Zyryanova A, Chen W, Laine R, Crespillo-Casado A, Melo E, Ushida R, Nagata K, Kaminski CF, Harding HP, and Ron D
    Retarded PDI diffusion and a redutive shift in poise of the calcium depleted endoplasmic reticulum.
    BMC Biol. 13: 2 (2015)
  7. Junichi Fujii, Toshihiro Kurahashi, Tasuku Konno, Takujiro Homma, Yoshihito Iuchi.
    Oxidative stress as a potential causal factor for autoimmune hemolytic anemia and systemic lupus erythematosus
    World J Nephrol, 4(2):213-222 (2015) (invited review)  
  8. Tasuku Konno, Eduardo Pinho Melo, Carlos Lopes, Ilir Mehmeti, Sigurd Lenzen, Davi dRon, and Edward Avezov.
    ERO1-independent production of H2O2 within the endoplasmic reticulum fuels Prdx4-mediated oxidative protein folding
    J Cell Biol 211:253-259 (2015)  
  9. Noriyuki Otsuki, Tasuku Konno, Toshihiro Kurahashi, Saori Suzuki, Jaeyong Lee,Futoshi Okada, Yoshihito Iuchi, Takujiro Homma, Junichi Fujii,
    The SOD1 transgene expressed in erythroid cells alleviates fatal phenotype in congenic NZB/NZW-F1 mice.
    Free Radic Res, 50(7):793-800 (2016) doi: 10.1080/10715762.2016.1178388.
  10. Noriyuki Otsuki, Takujiro Homma, Hiroki Fujiwara, Kenya Kaneko, Yasukazu Hozumi, Mototada Shichiri, Mizuki Takashima, Junitsu Ito, Tasuku Konno, Toshihiro Kurahashi, Yasukazu Yoshida, Kaoru Goto, Satoshi Fujii,Junichi Fujii.
    Trichloroethylene exposure aggravates behavioral abnormalities in mice that are deficient in superoxide dismutase
    Regul Toxicol Pharmacol. 79:83-90 (2016) doi: 10.1016/j.yrtph.2016.05.007.

【学会発表】

  1. Ito J (poster), Takahashi M  Otsuki N, Konno T, Nishida H, Tsunoda S, Kurahashi T, Zhang X, Miyata S, Fujii J.
    Aldehyde reductase deficiency prolongs pentobarbital induced hypsosis in mice.
    4th Symposium on Nutrition, Oxygen Biology and Medicine, June, Paris, France, 2011
     
  2. 倉橋敏裕、粟田ちひろ、金野 祐、大槻倫之、角田智志、張紅旭、伊藤純一、井内良仁、高尾敏文、藤井順逸:
    Peroxiredoxin 4による細胞機能のレドックス調節の解明.
    日本生化学会東北支部第77回例会,仙台,2011年7月
  3. Kurahashi T (poster), Awada C, Konno T, Otsuki N, Tsunoda S, Zhang X, Ito J, Iuchi Y, Takao T, Fujii J
    Roles of peroxiredoxin 4 in protein sulfhyryl oxidation.
    5th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia (SFRR-Asia), 8th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine (ASMRM), Kagoshima, Aug 31-Sep4, 2011
  4. 金野 祐(鈴木紘一メモリアル賞[優秀プレゼンテーション賞])、大槻倫之、鈴木紗織、岐部紀子、角田智志、井内良仁、藤井順逸: 
    NZマウスの自己免疫疾患発症に対する赤血球酸化ストレスの関与.
    第84回日本生化学会、京都、 2011年9月
  5. 伊藤純一、倉橋敏裕、金野 祐、大槻倫之、角田智志、張旭紅、藤井順逸:
    過酸化PeoxiredoxinIIの検出による赤血球レドックスバランスと機能の解明.

    第84回日本生化学会、京都、 2011年9月
  6. 金野 祐、大槻倫之、鈴木紗織、岐部紀子、角田智志、井内良仁、藤井順逸: 
    NZマウスにおける自己免疫性溶血性貧血の発症には赤血球酸化ストレスが関わる.
    日本生化学会東北支部第78回例会,山形,2012年5月
     
  7. 倉橋敏裕、大槻倫之、金野 佑権 明秀、角田智志、藤井順逸: 
    SOD1欠損マウス小腸における脂質代謝の解析.
    第65回日本酸化ストレス学会、徳島、2012年6月
  8. Tasuku Konno (selected for poster presentation), Noriyuki Ohtsuki, Noriko Kibe, Satoshi Tsunoda, Saori Suzuki, Yoshihito Iuchi, and Junichi Fujii.
    Validation of involvement of reactive oxygen species in autoimmune hemolytic anemia by genetic modification of SOD1in NZB mice.
    The 33rd Naito Conference on Oxygen Biology: Hypoxia, Oxidative Stress and Diseases. June 26-29, 2012, Sapporo, Japan
    .
  9. Kurahashi T, Otsuki N, Konno T, Kwon K, Tsunoda S, Fujii J.
    SOD1 deficiency causes postprandial dyslipidemia due to impaired lipid metabolism in the intestine.
    16th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, London, Sep 6-9, 2012
  10. Konno T, Ohtsuki N, Kibe N, Tsunoda S, Iuchi Y, Fujii J:
    Oxidative stress as a cause for autoimmune hemolytic anemia; supporting evidences from genetically modified mice.  

    16th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, London, Sep 6-9, 2012
  11. 倉橋 敏裕、 金野 祐、 大槻 倫之、権 明秀、角田 智志、 伊藤 純一、藤井 順逸:
    酸化ストレス亢進による小腸の脂質代謝異常
    第35回日本分子生物学会年会、福岡、 2012年12月
  12. 伊藤 純一、大槻 倫之、 高橋 素子、 権 明秀、金野 祐、角田 智志、倉橋 敏裕、 張 旭紅、宮田 哲、 藤井 順逸:
    Aldehyde reductase欠損によるアスコルビン酸合成障害のPentobarbital代謝に与える影響
     
    第85回日本生化学会、福岡、 2012年12月
  13. 金野 祐、大槻 倫之、権 明秀、角田 智志、 伊藤 純一、倉橋 敏裕、松岡 悠太、 山崎 俊栄、 山田 健一、 宮田 哲、 高橋 素子、 藤井 順逸:
    Aldehyde reductase (AKR1A)欠損によるアスコルビン酸合成障害の血液系に与える影響

    第85回日本生化学会、福岡、 2012年12月
  14. 伊藤純一, 大槻倫之, 高橋素子, 権 明秀, 金野 祐, 角田智志, 倉橋敏裕, 張 旭紅, 宮田 哲, 藤井順逸:
    肝臓の解毒反応におけるアルデヒド還元酵素の役割の遺伝子改変マウスを用いた解明.
    第16回日本肝臓学会大会, 神戸, 2012年10月 
  15. 李在勇、倉橋敏裕、金野祐、鍋島篤典、山田壮亮、宮田哲、佐藤英世、藤井順逸:
    ビタミンCとチオール化合物はアセトアミノフェンの障害作用から肝臓を保護している.
    第24回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2013年12月18
     
  16. Junitsu Ito (poster), Noriyuki Otsuki, Xuhong Zhang, Tasuku Konno, Toshihiro Kurahashi, Motoko Takahashi, Mayumi Yamato, Yuta Matsuoka, Ken-ichi Yamada, Satoshi Miyata,Junichi Fujii.
    Ascorbic acid neutralizes the prolonged anesthetic action of pentobarbital in Akr1a-knockout mice
    6th Joint Meeting of the Societies for Free Radical Research Australasia and Japan, Sep 12-14, Sydney, Australia. 
  17. Tasuku Konno, Noriyuki Otsuki, Toshihiro Kurahashi, Jaeyong Lee, Saori Suzuki, Noriko Kibe, Satoshi Tsunoda, Yoshihito Iuchi, Junichi Fujii.
    Implication of reactive oxygen species as a causal factor for autoimmune responses in mice.
    17th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Kyoto, March 23-26, 2014
    .


【その他】

  1. 平成22年3月 山形大学理学部 卒業
  2. 大槻倫之、伊藤純一、高橋素子、西田隼人、金野 祐、角田智志、倉橋敏裕、張 旭紅、宮田 哲、藤井順逸:
    アルデヒド還元酵素(ALR)遺伝子改変マウスを用いたペントバルビタール解毒障害機序機序の解明. 第21回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2010年12
  3. 金野 祐大槻倫之、鈴木紗織、岐部紀子、角田智志、井内良仁、藤井順逸:
    赤血球酸化ストレスの自己免疫性溶血性貧血への関与の可能性.
    第19回山形 分子生物学セミナー, 山形; 2011年11月
  4. 大槻倫之伊藤純一、張 旭紅、高橋素子、西田隼人、倉橋敏裕、権 明秀、角田智志、金野 祐、宮田 哲、藤井順逸
    アスコルビン酸合成異常を示すAldehyde Reductase (AKR1A1)欠損マウスの表現型解析.
    第22回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2011年12
  5. 金野祐, 大槻倫之, 権明秀, 角田智志, 伊藤純一, 倉橋敏裕, 宮田哲, 高橋素子, 藤井順逸.
    マウスにおけるAldehyde reductase (AKR1A)欠損によるアスコルビン酸合成障害の影響
    第20回山形分子生物学セミナー, 鶴岡, 2012年11月26日
  6. 権明秀、大槻倫之、金野祐、角田智志、倉橋敏裕、伊藤純一、高橋素子、宮田哲、藤井順逸.
    遺伝子改変マウスおよびマウス胎仔繊維芽細胞を用いたアルデヒド還元酵素AKR1Aの機能解析.
    第23回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2012年12月20日.
  7. 「頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム」により英国ケンブリッジ大学(Prof. David Ron)留学(平成25年1月15日~26年12月19日)
  8. 金野 祐 平成26年度 山形大学校友会大学院学生表彰
  9. 金野 祐 平成27年度 生化学会東北支部会優秀論文賞:
    Tasuku Konno, et al. Reactive oxygen species exacerbate autoimmune hemolytic anemia in New Zealand black mice.

    Free Radic. Biol. Med. 65:1378-1384 (2013)
  10. 金野祐、藤井順逸
    血球細胞の酸化障害と血液関連自己免疫疾患 
    「生化学, みにれびゅう」89;81-85 (2017)、 日本生化学会、東京

■福田 直樹 (平成20年4月-平成23年3月:生命環境医科学専攻 後期(博士)課程修了)
【発
表論文】
  1. 福田直樹
    遺伝性食後高トリグリセリド血症(PHT)ウサギにおける脂質代謝関連遺伝子発現の解析
    .[博士論文]
  2. Fukuda N, Ito T, Ohwada K, and Fujii J.
    Upregulation of fatty acid synthesis and the suppression of hepatic triglyceride lipase as a direct cause of hereditary postprandial hypertriglyceridemia in rabbits.
    J. Clin. Biochem. Nutr. 53(2) 114-121 (2013)  [博士論文]

【学会発表】

【その他】

  1. 平成20年3月 山形大学大学院医学系研究科 生命環境医科学専攻 前期(修士)課程修了
  2. 福田直樹、伊藤恒賢、大和田一雄、藤井順逸:
    遺伝性食後高トリグリセリド血症(PHT)ウサギにおける脂質代謝関連遺伝子発現の解析
    .
    第21回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2010年12

■鈴木 紗織 (平成20年4月-平成22年3月生命環境医科学専攻 前期(修士)課程修了)

【発表論文】
  1. Iuchi Y, Kibe N, Tsunoda S, Suzuki S, Mikami T, Okada F, Uchida K, and Fujii J.
    Implication of oxidative stress as a cause of autoimmune hemolytic anemia in the NZB mice.
    Free Radic. Biol. Med. 48:935-944 (2010)
  2. Iuchi Y, Roy D, Okada F, Kibe N, Tsunoda S, Suzuki S, Takahashi M, Yokoyama H, Yoshitake J, Kondo S, and Fujii J. Spontaneous skin damage and delayed wound healing in SOD1-deficient mice.
    Mol. Cell. Biochem. 341:181-194 (2010)
  3. 鈴木紗織:
    モデルマウスを用いた全身性エリテマトーデス(SLE)と酸化ストレスの関連についての検討
    [修士論文]
  4. Onuma K, Suenaga Y, Sakaki R, Yoshitome S, SatoY , Ogawara S, Suzuki S, Kuramitsu M, Yokoyama H, Murakami A, Hamada J, Nicolson GL, Kobayashi M, Fujii J, and Okada F.
    Development of a Quantitative Bioassay to Assess Preventive Compounds against Inflammation-based Carcinogenesis
    Nitric Oxide, 25:183-194 (2011)
  5. Noriyuki Otsuki, Tasuku Konno, Toshihiro Kurahashi, Saori Suzuki, Jaeyong Lee,Futoshi Okada, Yoshihito Iuchi, Takujiro Homma, Junichi Fujii,
    The SOD1 transgene expressed in erythroid cells alleviates fatal phenotype in congenic NZB/NZW-F1 mice.
    Free Radic Res, 50(7):793-800(2016) doi: 10.1080/10715762.2016.1178388

【学会発表】

  1. 井内良仁、岡田 太、高宮里奈、岐部紀子、角田智志鈴木紗織、中島 修、豊田和代、長江律子、末松 誠、曽我朋義、内田浩二、藤井順逸:
    SOD1欠損による赤血球の酸化ストレス上昇が引き起こす貧血と自己抗体産生
    日本生化学会東北支部第75回例会,仙台,2009年5月
  2. 井内良仁、岐部紀子、鈴木紗織、岡田 太、藤井順逸:
    SOD1欠損マウス赤血球の酸化亢進へのペルオキシ亜硝酸イオンの関与

    第9回日本NO学会,静岡,2009年5月
  3. 井内良仁、岐部紀子、角田智志、鈴木紗織、三上剛、内田浩二、岡田 太、藤井順逸
    自己免疫性溶血性貧血発症への赤血球酸化ストレスの関与:NZBモデルマウスを用いた検証.
    第81回日本生化学会 神戸 2009年10月
  4. Iuchi Y, Tsunoda S, Kibe N, Suzuki S, Okada F, and Fujii J.
    Reactive nitrogen oxide species in red blood cells are possible cause for hemolytic anhemia and autoimmunity in SOD1-deficient mice.
    The 6th International Conference on the Biology, Chemistry and Thrapeutic Applications of Nitric Oxide. June 14-18, 2010, Kyoto.
  5. 金野 祐、大槻倫之、鈴木紗織、岐部紀子、角田智志、井内良仁、藤井順逸: 
    NZマウスの自己免疫疾患発症に対する赤血球酸化名kストレスの関与.
    第84回日本生化学会、京都、 2011年9月
  6. 金野 祐、大槻倫之、鈴木紗織、岐部紀子、角田智志、井内良仁、藤井順逸: 
    NZマウスにおける自己免疫性溶血性貧血の発症には赤血球酸化ストレスが関わる.
    日本生化学会東北支部第78回例会,山形,2012年5月
     
  7. Tasuku Konno, Noriyuki Ohtsuki, Noriko Kibe, Satoshi Tsunoda, Saori Suzuki, Yoshihito Iuchi, and Junichi Fujii.
    Validation of involvement of reactive oxygen species in autoimmune hemolytic anemia by genetic modification of SOD1in NZB mice.
    The 33rd Naito Conference on Oxygen Biology: Hypoxia, Oxidative Stress and Diseases. June 26-29, 2012, Sapporo, Japan
    .
  8. Tasuku Konno, Noriyuki Otsuki, Toshihiro Kurahashi, Jaeyong Lee, Saori Suzuki, Noriko Kibe, Satoshi Tsunoda, Yoshihito Iuchi, Junichi Fujii.
    Implication of reactive oxygen species as a causal factor for autoimmune responses in mice.
    17th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Kyoto, April 23-26, 2014
    .


【その他】

  1. 平成20年3月 山形大学理学部 卒業
  2. 岐部紀子,井内良仁,鈴木紗織, 岡田 太,藤井順逸:
    自己免疫性溶血性貧血の発症における酸化ストレスの関与-ヒトスーパーオキシドディスムターゼ遺伝子トランスジェニックマウスを用いた解析. 
    第16回山形 分子生物学セミナー, 山形; 2008年12月
  3. 鈴木紗織、井内良仁、岐部紀子、岡田太、藤井順逸:
    モデルマウスを用いた全身性エリテマトーデス(SLE)と酸化ストレスの関連についての検討.
    第20回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2009年12月
  4. 金野 祐大槻倫之、鈴木紗織、岐部紀子、角田智志、井内良仁、藤井順逸:
    赤血球酸化ストレスの自己免疫性溶血性貧血への関与の可能性.
    第19回山形 分子生物学セミナー, 山形; 2011年11月


■小河原 里美 (平成19年4月-平成21年3月生命環境医科学専攻 前期(修士)課程修了)

【発表論文】
  1. 小河原里美:低酸素・再酸素化に由来する活性酸素・活性窒素の発癌に果たす役割 [修士論文]
  2. Kunishige Onuma, Yu Sato, Satomi Ogawara, Nobuyuki Shirasawa, Masanobu Kobayashi, Jun Yoshitake, Tetsuhiko Yoshimura, Masaaki Iigo, Junichi Fujii, and Futoshi Okada.
    Nano-scaled Particles of Titanium Dioxide Convert Benign Mouse Fibrosarcoma Cells into Aggressive Tumor Cells.
    Am. J. Pathol.175:2171- 2183 (2009)
  3. Onuma K, Suenaga Y, Sakaki R, Yoshitome S, SatoY , Ogawara S, Suzuki S, Kuramitsu M, Yokoyama H, Murakami A, Hamada J, Nicolson GL, Kobayashi M, Fujii J, and Okada F.
    Development of a Quantitative Bioassay to Assess Preventive Compounds against Inflammation-based Carcinogenesis
    Nitric Oxide, 25:183-194 (2011)

【学会発表】

  1. 岡田 太、小河原里美、佐藤 優、小沼邦重、藤井順逸:
    低酸素・再酸素化に由来する活性酸化窒素の発癌過程に果たす役割
    第9回日本NO学会,静岡,2009年5月
  2. 小沼邦重、佐藤 優、小河原里美、藤井順逸、岡田 太:
    酸化チタンナノ粒子による発癌促進に占める活性酸素および活性窒素の役割
    第9回日本NO学会,静岡,2009年5月
  3. 小沼邦重、佐藤 優、小河原里美、白澤信行、吉武 淳、飯郷正明、小林正伸、藤井順逸、岡田 太:
    酸化チタンナノ粒子に由来する活性酸素を介したマウス良性腫瘍細胞の悪性化進展

    第62回日本酸化ストレス学会,福岡,2009年6月
  4. Kunishige Onuma (poster), Yu Sato, Satomi Ogawara, Nobuyuki Shirasawa, Masaaki Iigo, Junichi Fujii, and Futoshi Okada.
    Progression of Regressive Tumor Cells into Malignant Ones by Nano-scaled Particles of Titanium Dioxide through Generating ROS in the Target Cells
    .
    4th Biennial Meeting of the Society of Free Radical Research, Asia.July 9-12, 2009, Langkawi, Malaysia.
  5. Onuma K (poster), Sato Y, Ogawara S, Shirasawa N, Iigo M, Kobayashi M, Okada F, Fujii J.
    Acceleration of Carcinogenicity by Nano-sized Titanium Dioxide.

    Yamagata University Global COE Program-FY2009 International Symposium. From Yamagata to the World: Opening the Gate to Advanced Medicine. Yamagata, Nov 6-7, 2009, Japan


【その他】

  1. 平成19年3月 山形大学農学部 卒業
  2. 佐藤 優,小沼邦重,小河原里美,藤井順逸,岡田 太:
    酸化チタンナノ粒子による発癌促進作用
    第18回動物実験セミナー,山形;2007年12月
  3. 小沼邦重,佐藤 優,小河原里美,塩野谷 博,松原 範宜,藤井順逸,岡田 太:
    炎症を介したマウス退縮型線維肉腫細胞の発癌・悪性化進展の経口SOD剤による抑制

    第18回動物実験セミナー,山形;2007年12月
  4. 岡田 太,小沼邦重,佐藤 優,小河原里美,飯郷正明,藤井順逸:
    酸化チタンナノ粒子による腫瘍増殖の促進とその機序.
    第23回 発癌病理研究会,鳥羽,2008年8月
  5. 小沼邦重, 佐藤 優,小河原里美,藤井順逸, 岡田 太: 
    柑橘類クマリン誘導体とウコン抽出物によるマウス退縮型線維肉腫細胞の炎症に起因した発癌予防. 第19回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形; 2008年12月
  6. 小河原里美,佐藤 優,小沼邦重, 藤井順逸, 岡田 太: 
    低酸素・再酸素化に由来する活性酸素・活性酸化窒素の発癌に果たす役割.
    第19回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2008年12月
  7. 佐藤 優,小沼邦重, 小河原里美,藤井順逸, 岡田 太:
    非遺伝毒性発癌物質の短期かつ高精度な検出系の開発.    
    第19回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2008年12月

■岐部 紀子
(平成19年4月-平成21年3月生命環境医科学専攻 前期(修士)課程修了)

【発表論文】

  1. IUCHI Y, OKADA F, TSUNODA S, KIBE N, SHIRASAWA N, IKAWA M, OKABE M, IKEDA Y, and FUJII J..
    Peroxiredoxin 4 knockout results in elevated spermatogenic cell death via oxidative stress.  

    Biochem. J. 419:149-158 (2009)
  2. Yoshihito Iuchi, Noriko Kibe, Satoshi Tsunoda, Futoshi Okada , Shiro Bannai, Hideyo Sato, and Junichi Fujii.
    Deficiency of the cystine-transporter gene, xCT, does not exacerbate the deleterious phenotypic consequences of SOD1 knockout in mice.
    Mol. Cell. Biochem. 319:125-132 (2008)
  3. 岐部紀子自己免疫性溶血性貧血への酸化ストレスの関与-ヒトSOD1遺伝子トランスジェニックマウスを用いた解析-  [修士論文]
  4. IUCHI Y, OKADA F, TAKAMIYA R, KIBE N, TSUNODA S, NAKAJIMA O, TOYODA K, NAGAE R, SUEMATSU M, SOGA T, UCHIDA K, and FUJII J
    Rescue of Anemia and Autoimmune Responses in SOD1-Deficient Mice by Transgenic Expression of Human SOD1 in Erythrocytes

    Biochem. J. 422:313-320 (2009)
  5. Iuchi Y, Kibe N, Tsunoda S, Suzuki S, Mikami T, Okada F, Uchida K, and Fujii J.
    Implication of oxidative stress as a cause of autoimmune hemolytic anemia in the NZB mice.
    Free Radic. Biol. Med.48:935-944 (2010)
  6. Iuchi Y, Roy D, Okada F, Kibe N, Tsunoda S, Suzuki S, Takahashi M, Yokoyama H, Yoshitake J, Kondo S, and Fujii J. Spontaneous skin damage and delayed wound healing in SOD1-deficient mice.
    Mol. Cell. Biochem. 341:181-194 (2010)
  7. Satoshi Tsunoda, Noriko Kibe, Toshihiro Kurahashi, and Junichi Fujii.
    Differential responses of SOD1-deficient mouse embryonic fibroblasts to oxygen concentrations.
    Arch. Biochem. Biophys. 537:5-11 (2013)
  8. Tasuku Konno, Noriyuki Otsuki, Toshihiro Kurahashi, Noriko Kibe, Satoshi Tsunoda, Yoshihito Iuchi, and Junichi Fujii.
    Reactive oxygen species exacerbate autoimmune hemolytic anemia in New Zealand black mice.
    Free Radic. Biol. Med. 65:1378-1384 (2013)

【学会発表】

  1. J. FUJII, Y. IUCHI,F.OKADA, R. TAKAMIYA, N. KIBE, S. TSUNODA, O. NAKAJIMA, K. TOYODA, R. NAGAE, M. SUEMATSU, T. SOGA, K. UCHIDA.
    Accelerated Destruction of Erythrocytes and Autoimmune-Related Antibody Production by Elevated Oxidative Stress due to SOD1 Deficiency.

    Lipide Peroxidation 2008, Karuizawa, 2008, Oct 15-17, Japan
  2. Y. Iuchi, F. Okada, R.Takamiya, N. Kibe, S. Tsunoda, O. Nakajima, K. Toyoda, R. Nagae, M. Suematsu, T. Soga, K. Uchida, J. Fujii
    SOD1 deficiency accelerates destruction of erythrocytes and triggers autoantibody production by elevated oxidative stress
    14th International Meeting of Society for Free Radical Research, Beijin, Oct 18-22, 2008, China
  3. Y. Iuchi, F. Okada, S. Tsunoda, N. Kibe, N. Shirasawa, M. Ikawa, M. Okabe, Y. Ikeda, J. Fujii.
    Peroxiredoxin 4 protects spermatogenic cells against oxidative stress.
    14th International Meeting of Society for Free Radical Research, SFRR I, Beijin, Oct 18-22, 2008, Chin
  4. 井内良仁, 岡田太, 角田智志, 岐部紀子, 白澤信行,伊川正人. 岡部勝, 池田義孝, 藤井順逸:
    精子形成細胞を酸化ストレスから保護する膜結合型ペルオキシレドキシン4

    第61回日本酸化ストレス学会  シンポジウム 京都,2008年6月
  5. Y. Iuchi, F. Okada, R. Takamiya, N. Kibe, S. Tsunoda, O. Nakajima, K. Toyoda, R. Nagae, M. Suematsu, T.Soga, K. Uchida, J. Fujii
    Accelerated destruction of erythrocytes and autoantibody production by oxidative stress due to SOD1 deficiency
    .
    第81回生化学会・第31回分子生物学合同年会 神戸;2008年12月
  6. 井内良仁、岡田太、角田智志、岐部紀子、白澤信行、伊川正人、,岡部勝、池田義孝、藤井順逸:
    膜結合型ペルオキシレドキシン4は精子形成細胞を酸化ストレスから保護する
    第81回生化学会・第31回分子生物学合同年会 神戸;2008年12月
  7. 井内良仁、岡田太、角田智志、岐部紀子、白澤信行、伊川正人、岡部勝、池田義孝、藤井順逸:
    酸化傷害から精子形成細胞を保護する抗酸化酵素ペルオキシレドキシン4.
    日本生化学会東北支部第74回例会,盛岡,2008年5月
  8. 井内良仁、岡田太、高宮里奈、岐部紀子、角田智志、鈴木紗織、中島修、豊田和代、長江律子、末松誠、曽我朋義、内田浩二、藤井順逸:
    SOD1欠損による赤血球の酸化ストレス上昇が引き起こす貧血と自己抗体産生
    日本生化学会東北支部第75回例会,仙台,2009年5月
  9. 井内良仁、岐部紀子、鈴木紗織、岡田 太、藤井順逸:
    SOD1欠損マウス赤血球の酸化亢進へのペルオキシ亜硝酸イオンの関与

    第9回日本NO学会,静岡,2009年5月
  10. Junichi FUJII (oral), Yoshihito IUCHI, Futoshi OKADA, Satoshi TSUNODA, Noriko KIBE, Nobuyuki SHIRASAWA, Masahito IKAWA, Masaru OKABE, and Yoshitaka IKEDA
    PEROXIREDOXIN 4 DEFICINECY CAUSES OXIDATIVE STRESS-INDUCED SPERMATOGENIC CELL DEATH
    4th Biennial Meeting of the Society of Free Radical Research, Asia.July 9-12, 2009, Langkawi, Malaysia.
  11. 井内良仁、岐部紀子、角田智志、鈴木紗織、三上 剛、内田浩二、岡田太、藤井順逸
    自己免疫性溶血性貧血発症への赤血球酸化ストレスの関与:NZBモデルマウスを用いた検証.
    81回日本生化学会 神戸 2009年10月
  12. 角田智志岐部紀子、藤井順逸:
    SOD1欠損マウス胎児線維芽細胞を用いた酸化ストレスによる細胞死と増殖抑制機構の解析.
    第63回日本酸化ストレス学会,横浜,2010年6月
  13. Iuchi Y, Tsunoda S, Kibe N, Suzuki S, Okada F, and Fujii J.
    Reactive nitrogen oxide species in red blood cells are possible cause for hemolytic anhemia and autoimmunity in SOD1-deficient mice.
    The 6th International Conference on the Biology, Chemistry and Thrapeutic Applications of Nitric Oxide. June 14-18, 2010, Kyoto.
  14. Satoshi Tsunoda (poster), Noriko Kibe, Toshihiro Kurahashi, Junichi Fujii
    SOD1 deficiency induces the cellular senescence in mouse embryonic fibroblast even at low oxygen condition.
    International Symposium on Free Radical Research: Contribution to Medicine (FRCM2011) Jan 20-22, 2011, Kyoto.
  15. 金野 祐、大槻倫之、鈴木紗織、岐部紀子、角田智志、井内良仁、藤井順逸: 
    NZマウスの自己免疫疾患発症に対する赤血球酸化名kストレスの関与.
    第84回日本生化学会、京都、 2011年9月
  16. 角田智志岐部紀子、藤井順逸:
    SOD1欠損マウス胎仔線維芽細胞を用いた酸化ストレス誘導性細胞周期停止機構の解析.
    第84回日本生化学会、京都、 2011年9月
  17. 金野 祐、大槻倫之、鈴木紗織、岐部紀子、角田智志、井内良仁、藤井順逸: 
    NZマウスにおける自己免疫性溶血性貧血の発症には赤血球酸化ストレスが関わる.
    日本生化学会東北支部第78回例会,山形,2012年5月
  18. Tasuku Konno, Noriyuki Ohtsuki, Noriko Kibe, Satoshi Tsunoda, Saori Suzuki, Yoshihito Iuchi, and Junichi Fujii.
    Validation of involvement of reactive oxygen species in autoimmune hemolytic anemia by genetic modification of SOD1in NZB mice.
    The 33rd Naito Conference on Oxygen Biology: Hypoxia, Oxidative Stress and Diseases. June 26-29, 2012, Sapporo, Japan
    .
  19. Konno T, Ohtsuki N, Kibe N, Tsunoda S, Iuchi Y, Fujii J:
    Oxidative stress as a cause for autoimmune hemolytic anemia; supporting evidences from genetically modified mice.  

    16th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, London, Sep 6-9, 2012
  20. Satoshi Tsunoda (poster), Noriko Kibe, Toshihiro Kurahashi, Junichi Fujii.
    Differential responses of SOD1-deficient mouse embryonic fibroblasts to oxygen concentrations

    第86回日本生化学会、パシフィコ横浜、横浜、2013年9月11-13日 
  21. Tasuku Konno, Noriyuki Otsuki, Toshihiro Kurahashi, Jaeyong Lee, Saori Suzuki, Noriko Kibe, Satoshi Tsunoda, Yoshihito Iuchi, Junichi Fujii.
    Implication of reactive oxygen species as a causal factor for autoimmune responses in mice.
    17th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Kyoto, April 23-26, 2014
    .


【その他】

  1. 平成19年3月 山形大学理学部 卒業
  2. 岐部紀子角田智志,井内良仁,岡田 太,佐藤英世,藤井順逸:
    SOD1;xCTダブルノックアウトマウスの表現型解析
    第18回動物実験セミナー,山形;2007年12月
  3. 岐部紀子,井内良仁,鈴木紗織, 岡田 太,藤井順逸:
    自己免疫性溶血性貧血の発症における酸化ストレスの関与-ヒトスーパーオキシドディスムターゼ遺伝子トランスジェニックマウスを用いた解析. 
    第16回山形 分子生物学セミナー, 山形; 2008年12月
  4. 鈴木紗織、井内良仁、岐部紀子、岡田 太、藤井順逸:
    モデルマウスを用いた全身性エリテマトーデス(SLE)と酸化ストレスの関連についての検討.
    第20回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2009年12月
  5. 金野 祐大槻倫之、鈴木紗織、岐部紀子、角田智志、井内良仁、藤井順逸:
    赤血球酸化ストレスの自己免疫性溶血性貧血への関与の可能性.
    第19回山形 分子生物学セミナー, 山形; 2011年11月

■佐藤 優 (平成19年4月-平成21年3月生命環境医科学専攻 前期(修士)課程修了)

【発表論文】
  1. 佐藤優非発癌毒性発癌物質の短期検出系の開発 [修士論文]
  2. Kunishige Onuma, Yu Sato, Satomi Ogawara, Nobuyuki Shirasawa, Masanobu Kobayashi, Jun Yoshitake, Tetsuhiko Yoshimura, Masaaki Iigo, Junichi Fujii, and Futoshi Okada.
    Nano-scaled Particles of Titanium Dioxide Convert Benign Mouse Fibrosarcoma Cells into Aggressive Tumor Cells.
    Am. J. Pathol. 175:2171- 2183 (2009)
  3. Onuma K, Suenaga Y, Sakaki R, Yoshitome S, SatoY , Ogawara S, Suzuki S, Kuramitsu M, Yokoyama H, Murakami A, Hamada J, Nicolson GL, Kobayashi M, Fujii J, and Okada F.
    Development of a Quantitative Bioassay to Assess Preventive Compounds against Inflammation-based Carcinogenesis
    Nitric Oxide, 25:183-194 (2011)

【学会発表】

  1. 岡田 太、小河原里美、佐藤 優、小沼邦重、藤井順逸:
    低酸素・再酸素化に由来する活性酸化窒素の発癌過程に果たす役割
    第9回日本NO学会,静岡,2009年5月
  2. 小沼邦重佐藤 優、小河原里美、藤井順逸、岡田 太:
    酸化チタンナノ粒子による発癌促進に占める活性酸素および活性窒素の役割
    第9回日本NO学会,静岡,2009年5月
  3. 小沼邦重、佐藤 優、小河原里美、白澤信行、吉武 淳、飯郷正明、小林正伸、藤井順逸、岡田 太:
    酸化チタンナノ粒子に由来する活性酸素を介したマウス良性腫瘍細胞の悪性化進展

    第62回日本酸化ストレス学会,福岡,2009年6月
  4. Kunishige Onuma (poster), Yu Sato, Satomi Ogawara, Nobuyuki Shirasawa, Masaaki Iigo, Junichi Fujii, and Futoshi Okada.
    Progression of Regressive Tumor Cells into Malignant Ones by Nano-scaled Particles of Titanium Dioxide through Generating ROS in the Target Cells
    .
    4th Biennial Meeting of the Society of Free Radical Research, Asia.July 9-12, 2009, Langkawi, Malaysia.
  5. Onuma K (poster), Sato Y, Ogawara S, Shirasawa N, Iigo M, Kobayashi M, Okada F, Fujii J.
    Acceleration of Carcinogenicity by Nano-sized  Titanium Dioxide.

    Yamagata University Global COE Program-FY2009 International Symposium. From Yamagata to the World: Opening the Gate to Advanced Medicine. Yamagata, Nov 6-7, 2009, Japan


【その他】

  1. 平成19年3月 山形大学農学部 卒業
  2. 佐藤 優,小沼邦重,小河原里美,藤井順逸,岡田 太:
    酸化チタンナノ粒子による発癌促進作用
    第18回動物実験セミナー,山形;2007年12月
  3. 小沼邦重佐藤 優,小河原里美,塩野谷 博,松原 範宜,藤井順逸,岡田 太:
    炎症を介したマウス退縮型線維肉腫細胞の発癌・悪性化進展の経口SOD剤による抑制

    第18回動物実験セミナー,山形;2007年12月
  4. 岡田 太,小沼邦重,佐藤 優,小河原里美,飯郷正明,藤井順逸:
    酸化チタンナノ粒子による腫瘍増殖の促進とその機序.
    第23回 発癌病理研究会,鳥羽,2008年8月
  5. 小沼邦重, 佐藤 優,小河原里美,藤井順逸, 岡田 太:
    柑橘類クマリン誘導体とウコン抽出物によるマウス退縮型線維肉腫細胞の炎症に起因した発癌予防.
    第19回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形; 2008年12月
  6. 小河原里美,佐藤 優,小沼邦重, 藤井順逸, 岡田 太: 
    低酸素・再酸素化に由来する活性酸素・活性酸化窒素の発癌に果たす役割.
    第19回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2008年12
  7. 佐藤 優,小沼邦重, 小河原里美,藤井順逸, 岡田 太:
    非遺伝毒性発癌物質の短期かつ高精度な検出系の開発.  
    第19回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2008年12月

■角田 智志 (平成19年4月-平成21年3月生命環境医科学専攻 前期(修士)課程修了. 平成22年4月-25年3月生命環境医科学専攻 後期(博士)課程修了. 平成25年4月-平成26年4月山形大学大学院医学系研究科博士研究員)


【発表論文】

  1. IUCHI Y, OKADA F, TSUNODA S, KIBE N, SHIRASAWA N, IKAWA M, OKABE M, IKEDA Y, and FUJII J..
    Peroxiredoxin 4 knockout results in elevated spermatogenic cell death via oxidative stress.  

    Biochem. J. 419:149-158 (2009)
  2. Yoshihito Iuchi, Noriko Kibe, Satoshi Tsunoda, Futoshi Okada , Shiro Bannai, Hideyo Sato, and Junichi Fujii.
    Deficiency of the cystine-transporter gene, xCT, does not exacerbate the deleterious phenotypic consequences of SOD1 knockout in mice.
    Mol. Cell. Biochem. 319:125-132 (2008)
  3. 角田智志酸化ストレス亢進による胚発生停止機構のSOD1欠損マウスを用いた解析 [修士論文]
  4. IUCHI Y, OKADA F, TAKAMIYA R, KIBE N, TSUNODA S, NAKAJIMA O, TOYODA K, NAGAE R, SUEMATSU M, SOGA T, UCHIDA K, and FUJII J
    Rescue of Anemia and Autoimmune Responses in SOD1-Deficient Mice by Transgenic Expression of Human SOD1 in Erythrocytes

    Biochem. J. 422:313-320 (2009)
  5. Iuchi Y, Kibe N, Tsunoda S, Suzuki S, Mikami T, Okada F, Uchida K, and Fujii J.
    Implication of oxidative stress as a cause of autoimmune hemolytic anemia in the NZB mice.
    Free Radic. Biol. Med. 48:935-944 (2010)
  6. Naoko Kimura, Satoshi Tsunoda, Yoshihito Iuchi, Hiroyuki Abe, Kiyoshi Totsukawa, and Junichi Fujii.
    Intrinsic oxidativestress causes either two-cell arrest or cell death depending on developmental stage of the embryo from SOD1-deficient mice.
    Mol Hum Reprod, 16:441-451 (2010)
  7. Iuchi Y, Roy D, Okada F, Kibe N, Tsunoda S, Suzuki S, Takahashi M, Yokoyama H, Yoshitake J, Kondo S, and Fujii J. Spontaneous skin damage and delayed wound healing in SOD1-deficient mice.
    Mol. Cell. Biochem. 341:181-194 (2010)
  8. Junichi Fujii, Satoshi Tsunoda
    Redox regulation of spermatogenic process and fertilization )
    Asian J Androl, 13:420-423 (2011) (review)
  9. Junichi Fujii, Satoshi Tsunoda, and Naoko Kimura.
    Antithetical Roles of Reactive Oxygen Species in Mammalian Reproduction r In Handbook of System Biology of Free Radicals and Anti-oxidants.  (I. Larher ed), Springer-Verlag, Germany, in press (2012)
  10. Tsunoda S, Kawano N, Miyado K, Kimura N, Fujii J.
    Impaired fertilizing ability of Sod1-deficient mouse sperm during in-vitro fertilization
    Biol Reprod, 87:1-6 (2012) [博士論文]
  11. Kurahashi T, Konno T, Otsuki N, Kwon M, Tsunoda S, Ito J, Fujii J.
    A malfunction in the triglyceride transfer from the intracellular lipid pool to the apoB in the enterocytes of SOD1-deficient mice
    .
    FEBS Lett
    , 586:4289-4295(2012)
  12. Satoshi Tsunoda, Noriko Kibe, Toshihiro Kurahashi, and Junichi Fujii.
    Differential responses of SOD1-deficient mouse embryonic fibroblasts to oxygen concentrations.
    Arch. Biochem. Biophys. 537:5-11 (2013)
  13. Tasuku Konno, Noriyuki Otsuki, Toshihiro Kurahashi, Noriko Kibe, Satoshi Tsunoda, Yoshihito Iuchi, and Junichi Fujii.
    Reactive oxygen species exacerbate autoimmune hemolytic anemia in New Zealand black mice.
    Free Radic. Biol. Med. 65:1378-1384 (2013)
  14. Satoshi Tsunoda, Naoko Kimura, and Junichi Fujii.
    Oxidative stress and redox regulation of gametogenesis, fertilization, and embryonic development. 
    Reproductive Medicine and Biology, review, 13:71-79 (2014)  
  15. Tsunoda S, Avezov E, Zyryanova A, Konno T, Mendes-Silva L, Pinho Melo E, Harding HP, and Ron D.
    Intact protein folding in the glutathione-depleted endoplasmic reticulum implicates alternative protein thiol reductants.
    Elife. 3: e03421 (2014) 

【学会発表】

  1. 斎藤有里佳、木村直子、角田智志、井内良仁、戸津川清、藤井順逸:
    Cu,Zn-superoxide dismutaseの欠損はマウス受精卵の体外発生において2細胞期発生停止を引き起こす.

    第100回日本繁殖生物学会,東京, 2007年10月
  2. J. FUJII, Y. IUCHI,F.OKADA, R. TAKAMIYA, N. KIBE, S. TSUNODA, O. NAKAJIMA, K. TOYODA, R. NAGAE, M. SUEMATSU, T. SOGA, K. UCHIDA.
    Accelerated Destruction of Erythrocytes and Autoimmune-Related Antibody Production by Elevated Oxidative Stress due to SOD1 Deficiency.

    Lipide Peroxidation 2008, Karuizawa, 2008, Oct 15-17, Japan
  3. Y. Iuchi, F. Okada, R.Takamiya, N. Kibe, S. Tsunoda, O. Nakajima, K. Toyoda, R. Nagae, M. Suematsu, T. Soga, K. Uchida, J. Fujii
    SOD1 deficiency accelerates destruction of erythrocytes and triggers autoantibody production by elevated oxidative stress
    14th International Meeting of Society for Free Radical Research, Beijin, Oct 18-22, 2008, China
  4. Y. Iuchi, F. Okada, S. Tsunoda, N. Kibe, N. Shirasawa, M. Ikawa, M. Okabe, Y. Ikeda, J. Fujii.
    Peroxiredoxin 4 protects spermatogenic cells against oxidative stress.
    14th International Meeting of Society for Free Radical Research, SFRR I, Beijin, Oct 18-22, 2008, China
  5. 井内良仁, 岡田 太, 角田智志, 岐部紀子, 白澤信行,伊川正人. 岡部 勝, 池田義孝, 藤井順逸
    精子形成細胞を酸化ストレスから保護する膜結合型ペルオキシレドキシン4

    第61回日本酸化ストレス学会  シンポジウム 京都,2008年6月
  6. Y. Iuchi, F. Okada, R. Takamiya, N. Kibe, S. Tsunoda, O. Nakajima, K. Toyoda, R. Nagae, M. Suematsu, T.Soga, K. Uchida, J. Fujii
    Accelerated destruction of erythrocytes and autoantibody production by oxidative stress due to SOD1 deficiency
    .
    第81回生化学会・第31回分子生物学合同年会 神戸;2008年12月
  7. 井内良仁、岡田 太、角田智志、岐部紀子、白澤信行、伊川正人、岡部 勝、池田義孝、藤井順逸
    膜結合型ペルオキシレドキシン4は精子形成細胞を酸化ストレスから保護する
    第81回生化学会・第31回分子生物学合同年会 神戸;2008年12月
  8. 井内良仁、岡田 太、角田智志、岐部紀子、白澤信行、伊川正人、岡部勝、池田義孝、藤井順逸:
    酸化傷害から精子形成細胞を保護する抗酸化酵素ペルオキシレドキシン4.
    日本生化学会東北支部第74回例会,盛岡,2008年5月
  9. 角田智志・木村直子・阿部宏之・戸津川清・藤井順逸:
    SOD1欠損胚は通常培養下で内因性酸化ストレスによるミトコンドリア機能障害を伴わない2細胞期発生停止を引き起こす
    第50回日本哺乳動物卵子学会,東京,2009年5月
  10. 井内良仁、岡田太、高宮里奈、岐部紀子、角田智志、鈴木紗織、中島 修、豊田和代、長江律子、末松 誠、曽我朋義、内田浩二、藤井順逸
    SOD1欠損による赤血球の酸化ストレス上昇が引き起こす貧血と自己抗体産生
    日本生化学会東北支部第75回例会,仙台,2009年5月
  11. 角田智志、木村直子、阿部宏之、井内良仁、戸津川清、藤井順逸:
    SOD1欠損胚の発生異常における酸化ストレスの関与
    第62回日本酸化ストレス学会,福岡,2009年6月
  12. Junichi FUJII, Yoshihito IUCHI, Futoshi OKADA, Satoshi TSUNODA, Noriko KIBE, Nobuyuki SHIRASAWA, Masahito IKAWA, Masaru OKABE, and Yoshitaka IKEDA
    PEROXIREDOXIN 4 DEFICINECY CAUSES OXIDATIVE STRESS-INDUCED SPERMATOGENIC CELL DEATH
    4th Biennial Meeting of the Society of Free Radical Research, Asia.July 9-12, 2009, Langkawi, Malaysia.
  13. 井内良仁、岐部紀子、角田智志、鈴木紗織、三上 剛、内田浩二、岡田 太、藤井順逸
    自己免疫性溶血性貧血発症への赤血球酸化ストレスの関与:NZBモデルマウスを用いた検証.
    第81回日本生化学会 神戸 2009年10月
  14. 角田智志、岐部紀子、藤井順逸:
    SOD1欠損マウス胎児線維芽細胞を用いた酸化ストレスによる細胞死と増殖抑制機構の解析.
    第63回日本酸化ストレス学会,横浜,2010年6月
  15. Iuchi Y, Tsunoda S, Kibe N, Suzuki S, Okada F, and Fujii J.
    Reactive nitrogen oxide species in red blood cells are possible cause for hemolytic anhemia and autoimmunity in SOD1-deficient mice.
    The 6th International Conference on the Biology, Chemistry and Thrapeutic Applications of Nitric Oxide. June 14-18, 2010, Kyoto.
  16. Kimura N, Sato Y, Tsunoda S, Iuchi Y, Odajima K, Totsukawa K, and Fujii J:
    Intrinsic oxidative stress in SOD1-deficient embryo under atmospheric oxygen culture causes developmental arrest without mitochondrial malfunction.
    Annual Meeting of the Society for Reproduction and Fertility, July, 2010. UK. 
  17. 佐藤康子、小田島和治、角田智志、戸津川清、藤井順逸、木村直子:
    体外成熟させたSOD1遺伝子欠損マウス卵でみられる受精障害の解析.
    第103回日本繁殖生物学会大会、2010年9月2〜4日, 十和田
     
  18. 角田智志、木村 直子、阿部宏之、井内良仁、戸津川清、藤井 順逸:
    SOD1欠損による内因性酸化ストレスは胚発生過程に依存して2細胞期発生停止もしくは細胞死を引き起こす

    日本生化学会東北支部第76回例会,福島,2010年5月
  19. 角田智志、木村直子、井内良仁、阿部宏之、中島 修、十津川清、藤井順逸:
    内因性酸化ストレス亢進によるマウス着床前胚の発生段階に依存した分裂停止および細胞死の解析.
    第33回日本分子生物学会第83回日本生化学合同年会. 2010年12月、神戸
  20. Satoshi Tsunoda (poster), Noriko Kibe, Toshihiro Kurahashi, Junichi Fujii
    SOD1 deficiency induces the cellular senescence in mouse embryonic fibroblast even at low oxygen condition.
    International Symposium on Free Radical Research: Contribution to Medicine (FRCM2011) Jan 20-22, 2011, Kyoto
  21. Junichi Fujii (poster), Yoshihito Iuchi, Xuhong Zhang, Satoshi Tsunoda, and Yoshitaka Ikeda.
    Peroxiredoxin 4 is a multifunctional redox protein working in endoplasmic reticulum and cytoplasm.
    International Symposium on Free Radical Research: Contribution to Medicine (FRCM2011) Jan 20-22, 2011, Kyoto
  22. Ito J (poster), Takahashi M  Otsuki N, Konno T, Nishida H, Tsunoda S, Kurahashi T, Zhang X, Miyata S, Fujii J.
    Aldehyde reductase deficiency prolongs pentobarbital induced hypsosis in mice.
    4th Symposium on Nutrition, Oxygen Biology and Medicine, June, Paris, France, 2011
     
  23. 角田智志木村直子、藤井順逸:
    内因性酸化ストレス蓄積によるマウス2細胞期発生停止へのCDKインヒビターの関与の可能性
    第52回日本哺乳動物卵子学会、大田原、2011年5月                           
  24. 角田智志(優秀ポスター賞)、藤井順逸:
    SOD1欠損が雄性生殖能に与える影響
    第64回日本酸化ストレス学会、ルスツ(北海道)、2011年7月
      
  25. 倉橋敏裕、粟田ちひろ、金野 祐、大槻倫之、角田智志、張紅旭、伊藤純一、井内良仁、高尾敏文、藤井順逸:
    Peroxiredoxin 4による細胞機能のレドックス調節の解明.
    日本生化学会東北支部第77回例会,仙台,2011年7月
  26. Tsunoda S (poster), Kimura N, Abe H, Watanabe A, Fujii J.
    Influences of the SOD1 deficiency on the gamete quality in in-vitro fertilization.
    5th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia (SFRR-Asia), 8th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine (ASMRM), Kagoshima, Aug 31-Sep4, 2011
     
  27. Kurahashi T (poster), Awada C, Konno T, Otsuki N, Tsunoda S, Zhang X, Ito J, Iuchi Y, Takao T, Fujii J.
    Roles of peroxiredoxin 4 in protein sulfhyryl oxidation.
    5th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia (SFRR-Asia), 8th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine (ASMRM), Kagoshima, Aug 31-Sep4, 2011
  28. N Kimura, Y Sato, M Suenaga, S Tsunoda, J Fujii.
    Failure of pronucleus formation in in vitro matured and fertilized oocytes from SOD1-deficient mice.
    International Society for in vitro fertilization 16th World Congress. Keio Plaza Hotel Tokyo, Japan,10-13 September, 2011
    .
  29. 金野祐、大槻倫之、鈴木紗織、岐部紀子、角田智志、井内良仁、藤井順逸: 
    NZマウスの自己免疫疾患発症に対する赤血球酸化名kストレスの関与.
    第84回日本生化学会、京都、 2011年9月
  30. 伊藤純一、倉橋敏裕、金野 祐、大槻倫之角田智志、張 旭紅、藤井順逸:
    過酸化PeoxiredoxinIIの検出による赤血球レドックスバランスと機能の解明.

    第84回日本生化学会、京都、 2011年9月
  31. 角田智志、岐部紀子、藤井順逸:
    SOD1欠損マウス胎仔線維芽細胞を用いた酸化ストレス誘導性細胞周期停止機構の解析.
    第84回日本生化学会、京都、 2011年9月
  32. 小野寺寛典、松岡直也、高野智枝、角田智志、藤井順逸、木村直子
    老齢SOD1遺伝子欠損マウス卵の発生能とクオリティの評価
    104回日本繁殖生物学会大会、 いわて県民情報交流センター・アイーナ、岩手、2011年9月15-17日.  
  33. Satoshi Tsunoda (poster), Natsuko Kawano, Kenji Miyado, Naoko Kimura, Junichi Fujii
    Impairment of Mammalian Gametes and Embryo by Reactive Oxygen Species
    UK-Japan Research Symposium; Molecular Mechanisms of Stress Response in Disease, 6-7 Apr, 2012, Tsukuba, Japan
     
  34. 金野 祐、大槻倫之、鈴木紗織、岐部紀子、角田智志、井内良仁、藤井順逸: 
    NZマウスにおける自己免疫性溶血性貧血の発症には赤血球酸化ストレスが関わる.
    日本生化学会東北支部第78回例会,山形,2012年5月
  35. 角田智志、河野菜摘子、宮戸健二、木村直子、藤井順逸:
    SOD1欠損による精子内因性酸化ストレス亢進が引き起こす体外受精率低下機構.
    第65回日本酸化ストレス学会、徳島、2012年6月
  36. 倉橋敏裕、大槻倫之、金野 佑、権 明秀角田智志、藤井順逸: 
    SOD1欠損マウス小腸における脂質代謝の解析.
    第65回日本酸化ストレス学会、徳島、2012年6月
  37. Tasuku Konno, Noriyuki Ohtsuki, Noriko Kibe, Satoshi Tsunoda, Saori Suzuki, Yoshihito Iuchi, and Junichi Fujii.
    Validation of involvement of reactive oxygen species in autoimmune hemolytic anemia by genetic modification of SOD1in NZB mice.
    The 33rd Naito Conference on Oxygen Biology: Hypoxia, Oxidative Stress and Diseases. June 26-29, 2012, Sapporo, Japan
    .
  38. 角田智志(招待講演): 酸化と配偶子(卵子)のqualityについて. 第30回日本受精着床学会総会・学術講演会 ART FORUM 2012、大阪、2012年8月
  39. Kurahashi T, Otsuki N, Konno T, Kwon K, Tsunoda S, Fujii J.
    SOD1 deficiency causes postprandial dyslipidemia due to impaired lipid metabolism in the intestine.
    16th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, London, Sep 6-9, 2012
  40. Tsunoda S (poster; Informa Healthcare Young Investigator Award), Kawano N, Miyado K, Kimura N, Fujii J.
    Impairment of sperm in in vitro fertility by SOD1 deficiency
    .
    16th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, London, Sep 6-9, 2012
  41. Konno T, Ohtsuki N, Kibe N, Tsunoda S, Iuchi Y, Fujii J:
    Oxidative stress as a cause for autoimmune hemolytic anemia; supporting evidences from genetically modified mice.  

    16th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, London, Sep 6-9, 2012
  42. 倉橋 敏裕、 金野 祐、 大槻 倫之、 権 明秀角田 智志、 伊藤 純一、藤井 順逸:
    酸化ストレス亢進による小腸の脂質代謝異常
    第35回日本分子生物学会年会、福岡、 2012年12月
  43. 伊藤 純一、大槻 倫之、 高橋 素子、権 明秀、金野 祐、角田 智志、倉橋 敏裕、 張 旭紅、宮田 哲、 藤井 順逸:
    Aldehyde reductase欠損によるアスコルビン酸合成障害のPentobarbital代謝に与える影響
     
    第85回日本生化学会、福岡、 2012年12月
  44. 金野 祐、大槻 倫之、権 明秀、角田 智志、 伊藤 純一、倉橋 敏裕、松岡 悠太、 山崎 俊栄、 山田 健一、 宮田 哲、 高橋 素子、 藤井 順逸:
    Aldehyde reductase (AKR1A)欠損によるアスコルビン酸合成障害の血液系に与える影響

    第85回日本生化学会、福岡、 2012年12月 
  45. 角田 智志、 河野 菜摘子、 宮戸 健二、木村 直子、 藤井 順逸:
    SOD1欠損マウス精子の体外受精率低下機構の解析(poster & selected for short talk) 

    第85回日本生化学会、福岡、 2012年12月 
  46. 伊藤純一, 大槻倫之, 高橋素子, 権 明秀, 金野祐, 角田智志, 倉橋敏裕, 張 旭紅, 宮田 哲, 藤井順逸:
    肝臓の解毒反応におけるアルデヒド還元酵素の役割の遺伝子改変マウスを用いた解明.
    第16回日本肝臓学会大会, 神戸, 2012年10月
  47. 渡辺 連、角田智志、藤井順逸、佐藤英世、木村 直子:
    老齢シスチン・グルタミン酸トランスポーター遺伝子欠損マウスにおける卵巣機能の解析.
    117回日本畜産学会第大会、新潟大学、新潟、2013年9月9-10日. 
  48. Satoshi Tsunoda (poster), Noriko Kibe, Toshihiro Kurahashi, Junichi Fujii.
    Differential responses of SOD1-deficient mouse embryonic fibroblasts to oxygen concentrations

    第86回日本生化学会、パシフィコ横浜、横浜、2013年9月11-13日
  49. Tasuku Konno, Noriyuki Otsuki, Toshihiro Kurahashi, Jaeyong Lee, Saori Suzuki, Noriko Kibe, Satoshi Tsunoda, Yoshihito Iuchi, Junichi Fujii.
    Implication of reactive oxygen species as a causal factor for autoimmune responses in mice.
    17th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Kyoto, April 23-26, 2014


【その他】

  1. 平成19年3月 山形大学農学部 卒業
  2. 岐部紀子角田智志,井内良仁,岡田 太,佐藤英世,藤井順逸:
    SOD1;xCTダブルノックアウトマウスの表現型解析
    第18回動物実験セミナー,山形;2007年12月
  3. 角田智志, 木村直子, 阿部宏之, 藤井順逸:
    酸化ストレスによるマウス初期胚発生停止のSOD1欠損卵を用いた解析. 
    第19回山形大学医学部動物実験セミナー,山形;2008年12月
  4. 木村直子、角田智志、井内良仁、阿部宏之、戸津川清、藤井順逸
    SOD1遺伝子欠損卵でみられる培養系での2細胞期発生停止の原因解明
    . 
    第17回山形 分子生物学セミナー, 鶴岡; 2009年12月
  5. 角田智志、岐部紀子、藤井順逸
    SOD1欠損マウス胎仔線維芽細胞を用いた酸化ストレス誘導性細胞老化機構の解析.
    第18回山形 分子生物学セミナー, 山形; 2010年12月
  6. 角田智志、岐部紀子、藤井順逸
    SOD1欠損マウス胎仔線維芽細胞を用いた酸化ストレス誘導性細胞老化機構の解析.
    第18回山形 分子生物学セミナー, 山形; 2010年12月
  7. 大槻倫之、伊藤純一、高橋素子、西田隼人、金野祐、角田智志、倉橋敏裕、張旭紅、宮田哲、藤井順逸:
    アルデヒド還元酵素(ALR)遺伝子改変マウスを用いたペントバルビタール解毒障害機序機序の解明.
    第21回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2010年12
  8. 大槻倫之、伊藤純一、高橋素子、西田隼人、金野 祐、角田智志、倉橋敏裕、張 旭紅、宮田 哲、藤井順逸:
    アルデヒド還元酵素(ALR)遺伝子改変マウスを用いたペントバルビタール解毒障害機序機序の解明.
    第21回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2010年12
  9. 金野祐、大槻倫之鈴木紗織、岐部紀子、角田智志、井内良仁、藤井順逸: 赤血球酸化ストレスの自己免疫性溶血性貧血への関与の可能性. 第19回山形分子生物学セミナー, 山形; 2011年11月
  10. 大槻倫之、伊藤純一、張旭紅、高橋素子、西田隼人、倉橋敏裕、権 明秀、角田智志、金野 祐、宮田 哲、藤井順逸:
    アスコルビン酸合成異常を示すAldehyde Reductase (AKR1A1)欠損マウスの表現型解析.
    第22回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2011年12
  11. 角田智志、河野菜摘子、宮戸健二、藤井順逸:
    精子の内因性酸化ストレス亢進が体外受精率の低下を引き起こす.
    第22回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2011年12月.
  12. 金野祐, 大槻倫之, 権明秀, 角田智志, 伊藤純一, 倉橋敏裕, 宮田哲, 高橋素子, 藤井順逸.
    マウスにおけるAldehyde reductase (AKR1A)欠損によるアスコルビン酸合成障害の影響
    第20回山形分子生物学セミナー, 鶴岡, 2012年11月26日
  13. 権明秀、大槻倫之、金野祐、角田智志、倉橋敏裕、伊藤純一、高橋素子、宮田哲、藤井順逸.
    遺伝子改変マウスおよびマウス胎仔繊維芽細胞を用いたアルデヒド還元酵素AKR1Aの機能解析.
    第23回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2012年12月20日.
  14. 学術振興会グローバルCOE特別研究員DC2(平成23年4月-平成25年3月)
  15. 「頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム」により英国ケンブリッジ大学(Prof. David Ron)留学(平成24年12月3日~ )
■小山 奈都子(平成18年4月-平成24年3月生命環境医科学専攻 後期(博士)課程修了)
発表論文】
  1. 小山 奈都子:
    ドキソルビシン塩酸塩漏出性皮膚傷害に対する冷却および加温の効果.[博士論文]

【学会発表】

【その
他】

  1. 社会人特別選抜(長期履修)

■柴崎 智弘
(平成18年4月-平成21年3月:医学専攻博士課程修了;泌尿器科学講座所属)
【発表論文】
  1. 柴崎智弘
    腎臓の虚血再灌流障害におけるシスチントランスポーター(xCT)による防護機構に関する研究
    [博士論文].
  2. Tomohiro Shibasaki, Yoshihito Iuchi, Futoshi Okada, Kazuho Kuwata, Takuya Yamanobe, Shiro Bannai, Yoshihiko Tomita, Hideyo Sato, and Junichi Fujii.
    Aggravation of ischemia-reperfusion-triggered acute renal failure in xCT-deficient mice.

    Arch. Biochem. Biophys. 490:63-69 (2009) [博士論文]

【学会発表】

  1. 柴崎智弘、井内良仁、岡田 太、桑田一歩、山辺拓也、坂内四郎、冨田善彦、佐藤英世、藤井順逸:
    Physiological relevance of ischemia/reperfusion-induced xCT expression in kidneys: corroborating evidence in xCT-deficient mice.

    第81回日本生化学会 神戸 2009年10月


【その他】

  1. 社会人特別選抜

■Dipa Roy (ディパ ロイ) (平成18年4月-平成20年9月生命環境医科学専攻 前期(修士)課程修了

【発表論文】

  1. Dipa RoyAntioxidative responses during wound healing of skin in SOD1-deficient mice [修士論文]
  2. Iuchi Y, Roy D, Okada F, Kibe N, Tsunoda S, Suzuki S, Takahashi M, Yokoyama H, Yoshitake J, Kondo S, and Fujii J. Spontaneous skin damage and delayed wound healing in SOD1-deficient mice.
    Mol. Cell. Biochem. in press (2010)

【学会発表】

【その他】
  1. Bangladeshからの留学生

■小沼 邦重 
(平成17年4月-平成19年3月:生命環境医科学専攻 前期(修士)課程修了: 平成19年4月-平成22年3月生命環境医科学専攻 後期(博士)課程修了

【発表論文】
  1. Okada F, Shionoya H, Kobayashi M, Kobayashi T, Tazawa H, Onuma K, Iuchi Y, Matsubara N, Ijichi T, Dugas B, and Hosokawa M.
    Inflammation-mediated acquisition of metastatic properties of benign mouse fibrosarcoma cells by administration of an orally available superoxide dismutase.
    Br J Cancer, 96: 854-862, 2006
  2. Okada F, Kobayashi M, Tanaka H, Kobayashi T, Tazawa H, Iuchi Y, Onuma K, Hosokawa M, Dinauer MC and Hunt NH
    The role of nicotinamide adenine dinucleotide phosphate oxidase-derived reactive oxygen species in the acquisition of metastatic ability of tumor cells.
    Am J Pathol 169: 294-302, 2006.
  3. Yamanobe T, Okada F, Iuchi Y, Onuma K, Tomita Y, Fujii J.
    Deterioration of Ischemia/Reperfusion-induced Acute Renal Failure in SOD1-deficient Mice.
    Free Radic Res, 41:200-207, 2007
  4. Iuchi Y, Okada F, Onuma K, Onoda T, Asao H, Kobayashi M, Fujii J.
    Elevated oxidative stress in erythrocytes due to an SOD1 deficiency causes anemia and triggers autoantibody production.
    Biochem J, 402:219-227, 2007
  5. 小沼邦重
    癌転移抑制分子としてのGlycosylphosphatidylinositolアンカータンパク質GPI-80の機能解析[修士論文]
  6. Kunishige Onuma, Yu Sato, Satomi Ogawara, Nobuyuki Shirasawa, Masanobu Kobayashi, Jun Yoshitake, Tetsuhiko Yoshimura, Masaaki Iigo, Junichi Fujii, and Futoshi Okada.
    Nano-scaled Particles of Titanium Dioxide Convert Benign Mouse Fibrosarcoma Cells into Aggressive Tumor Cells.
    Am. J. Pathol. 175:2171- 2183 (2009)[博士論文]
  7. Onuma K, Suenaga Y, Sakaki R, Yoshitome S, SatoY , Ogawara S, Suzuki S, Kuramitsu M, Yokoyama H, Murakami A, Hamada J, Nicolson GL, Kobayashi M, Fujii J, and Okada F.
    Development of a Quantitative Bioassay to Assess Preventive Compounds against Inflammation-based Carcinogenesis
    Nitric Oxide, 25:183-194 (2011)

【学会発表】
  1. Okada F, Onuma K and Fujii J:
    Inflammation and its-derived reactive oxygen species as an endogenous factor in tumor development and progression. 13th Society for Free Radical Research-International (Conference chairperson, A Azzi): (August 15-19, 2006. Congress Center Davos, Switzerland)
  2. Iuchi Y, Okada F, Onuma K, Kobayashi M and Fujii J:
    Autoantibody triggered by accelerated erythrocyte aging.
    13th Society for Free Radical Research-International (Conference chairperson, A Azzi): (August 15-19, 2006. Congress Center Davos, Switzerland)
  3. Fujii J, Iuchi Y, Okada F, Onuma K and Kobayashi M:
    Elevated oxidative stress due to SOD1-deficiency causes generation of autoantibody against erythrocytes in mice. 13th Society for Free Radical Research-International (Conference chairperson, A Azzi): (August 15-19, 2006. Congress Center Davos, Switzerland)
  4. Iuchi Y, Okada F, Mikami T, Onuma K, Kobayashi, M and Fujii J:
    Enhanced oxidative damage of erythrocytes-induces anemia in SOD1-knock-out mice.
    Third Joint Meeting of the Society for Free Radical Research Australasia and Japan (Conference chairperson, Ian Dawes): (December 2-5, 2005. Gold Coast, Queensland, Australia)
  5. Fujii J, Iuchi Y, Okada F, Mikami T, Onuma K and Kobayashi M:
    Oxidative stress caused by SOD1-deficiency induces anemia by increasing vulnerability of erythrocytes. International Redox Network, Kyoto, November 2005.
  6. 岡田 太,小沼邦重,藤井順逸:
    炎症によるマウス線維肉腫細胞の悪性化進展に占めるNOの関与.
    第6回 日本NO学会学術集会 プログラム・抄録集p54 (2006.5.25-26:東京) .
  7. 井内良仁,岡田 太,小沼邦重,小林正伸,藤井順逸:
    赤血球への酸化ストレスは貧血と自己抗体の生成をもたらす.
    日本生化学会東北支部第72回例会・シンポジウム(2006.5.13-14:弘前).
  8. 井内良仁、岡田太、三上剛、小沼邦重、小林正伸、藤井順逸
    SOD1ノックアウトマウスの赤血球老化による貧血発症機構の解析
    第28回日本分子生物学会,福岡;2005年12月
  9. IUCHI Y, OKADA F, ONUMA K, KOBAYASHI M, FUJII J.
    Accelerated erythrocyte aging and autoimmunity caused by oxidative stress.
    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress
    June 18-23, 2006, Kyoto, Japan.
  10. FUJII J, IUCHI Y, OKADA F, ONUMA K, KOBAYASHI M.
    Oxidative stress caused by SOD1-deficiency induces anemia and autoantibody generation to erythrocytes.
    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress
    June 18-23, 2006, Kyoto, Japan.
  11. IUCHI Y, OKADA F, ONUMA K, KOBAYASHI M, FUJII J.
    Autoimmunity triggered by accelerated erythrocyte aging.
    13th International Meeting of Society for Free Radical Research, August 15-19, 2006,Davos, Switzerland
  12. FUJII J, IUCHI Y, OKADA F, ONUMA K, KOBAYASHI. M.
    Elevated oxidative stress due to SOD1-deficiency causes generation of autoantibody against erythrocytes in mice.
    13th International Meeting of Society for Free Radical Research, August 15-19, 2006,Davos, Switzerland
  13. OKADA F, ONUMA K, FUJII J.
    Inflammation and its-derived reactive oxygen species as an endogenous factor in tumor development and progression.

    13th International Meeting of Society for Free Radical Research, August 15-19, 2006,Davos, Switzerland
  14. 井内良仁、岡田太、小沼邦重、小林正伸、藤井順逸:
    SOD1ノックアウトマウスにおける貧血と抗赤血球抗体の生成機構.
    第28回日本フリーラジカル学会,津;2006年5月 
  15. 岡田太、小沼邦重、藤井順逸:
    炎症によるマウス線維肉腫細胞の悪性化進展に占めるNOの関与
    第6回日本NO学会,東京;2006年5月
  16. 岡田太、小沼邦重、田中宏樹、田澤大、小林正伸、細川眞澄男:
    発癌・悪性化要因としての炎症細胞由来活性酸素の証明.
    第65回  日本癌学会,横浜;2006年9月
  17. 小沼邦重、小林正伸、仙道富士郎、藤井順逸、岡田太:
    Glycosylphosphatidylinositolアンカータンパク質、GPI-80の腫瘍増殖および癌転移に占める役割
    第65回  日本癌学会,横浜;2006年9月
  18. 井内良仁、岡田太、小沼邦重、小林正伸、藤井順逸:
     赤血球の酸化ストレスは貧血と自己免疫の原因となる 
    第30回日本過酸化脂質・フリーラジカル学会,八王子;2006年10月
  19. 井内良仁、岡田太、小沼邦重、小林正伸、藤井順逸:
    赤血球への酸化ストレスは貧血と自己抗体の生成をもたらす.
    日本生化学会東北支部第72回例会,弘前,2006年5月
  20. K. ONUMA, M. KOBAYASHI, J FUJII, F. OKADA。
    Suppression of Metastatic Ability of Mouse Fibrosarcoma Cells by Enforced Expression of GPI-80, a Glycosylphosphatidyl-Inositol-anchored Protein
    Yamagata Univ. COE Program: Molecular Epidemiological Study Utilizing the Regional Characteristic. Sep 6-7,2007 Yamagata, Japan
  21. IUCHI Y, OKADA F, ONUMA K, KOBAYASHI M, FUJII J.
    Oxidative stress in erythrocytes; A cause for anemia and autoimmune response.
    3rd International Meeting of the Society for Free Radical Research-Asia. Jan 8-11, 2007, Lonavala, India
  22. YAMANOBE T, OKADA F, IUCHI Y , ONUMA K, TOMITA Y, FUJII J.
    Deterioration of ischemia/reperfusion-induced acute renal failure in SOD1-deficient mice
    3rd International Meeting of the Society for Free Radical Research-Asia.
    Jan 8-11, 2007, Lonavala, India
  23. Okada F, Onuma K, Shionoya H, Kobayashi M, Matsubara N and Hosokawa M:
    Prevention of inflammation-mediated malignant conversion of tumor cells by orally available superoxide dismutase. 4th Joint Meeting of the Society for Free Radical Research Australasia and Japan 2007 (Conference chairpersons, Yuji Naito and Shinya Toyokuni) December 1-5, 2007. Kyoto
    , Japan
  24. Onuma K, Kobayashi M, Fujii J and Okada F:
    Suppression of metastatic ability of mouse fibrosarcoma cells by enforced expression of GPI-80, a glycosylphosphatidyl-inositol-anchored protein.
    International Symposium in Yamagata 2007, Molecular Epidemiological Study Utilizing the Regional Characteristics. Yamagata University Graduate School of Medicine, The 21st Century Center for Excellence (COE) Program. September 6-7, 2007. , Yamagata, Japan
  25. 岡田 太,田澤 大,小沼邦重,小林正伸,細川眞澄男:
    Involvement of reactive nitrogen oxides for acquisition of metastatic properties of benign tumors through inflammation.
    第66回日本癌学会,横浜,2007年10月 
  26. 小沼邦重,塩野谷 博,田澤 大,松原範宜,小林正伸,細川眞澄男,岡田 太:
    Prevention of inflammation-mediated tumor progression by orally available superoxide dismutase.
    第66回日本癌学会,横浜,2007年10月
  27. 岡田 太,小沼邦重,塩野谷博,松原範宜,細川眞澄男:
    マウス線維肉腫細胞の炎症を介した転移能獲得の経口SOD剤投与による抑制.
    第16回日本がん転移学会,富山,2007年7月
  28. 小沼邦重,岡田 太:
    Glycosylphosphatidylinositolアンカータンパク質-80(GPI-80)の癌転移制御分子としての役割.
    第16回日本がん転移学会,富山,2007年7月
  29. Okada F, Onuma K and Fujii J. Inflammation and its-derived reactive oxygen species as an endogenous factor in tumor development and progression. 
    15th Gordon Research Conferences, Oxygen Radicals (Conference chairpersons, Stanley L. Hazen & Kevin Moore) February 3-8, 2008. Ventura, USA
  30. 小沼邦重,小林正伸,横山秀克,村上 明,岡田 太:
    Prevention of inflammation-based carcinogenesis of mouse regressive fibrosarcoma cells by auraptene or turmerone.
    第67回日本癌学会,名古屋,2008年10月
  31. 岡田 太、小河原里美、佐藤 優、小沼邦重、藤井順逸:
    低酸素・再酸素化に由来する活性酸化窒素の発癌過程に果たす役割
    第9回日本NO学会,静岡,2009年5月
  32. 小沼邦重、佐藤 優、小河原里美、藤井順逸、岡田 太:
    酸化チタンナノ粒子による発癌促進に占める活性酸素および活性窒素の役割
    第9回日本NO学会,静岡,2009年5月
  33. 小沼邦重、佐藤 優、小河原里美、白澤信行、吉武 淳、飯郷正明、小林正伸、藤井順逸、岡田 太:
    酸化チタンナノ粒子に由来する活性酸素を介したマウス良性腫瘍細胞の悪性化進展

    第62回日本酸化ストレス学会,福岡,2009年6月
  34. Kunishige Onuma (poster), Yu Sato, Satomi Ogawara, Nobuyuki Shirasawa, Masaaki Iigo, Junichi Fujii, and Futoshi Okada.
    Progression of Regressive Tumor Cells into Malignant Ones by Nano-scaled Particles of Titanium Dioxide through Generating ROS in the Target Cells.
    (Poster Award from SFRR Japan)
    4th Biennial Meeting of the Society of Free Radical Research, Asia.July 9-12, 2009, Langkawi, Malaysia.
  35. 小沼邦重、吉武淳、飯郷正明、小林正伸、藤井順逸、岡田 太
    酸化チタンナノ粒子による良性腫瘍細胞の悪性化進展
    第68回日本癌学会,、横浜、2009年10月
  36. Onuma K (poster), Sato Y, Ogawara S, Shirasawa N, Iigo M, Kobayashi M, Okada F, Fujii J.
    Acceleration of Carcinogenicity by Nano-sized  Titanium Dioxide.

    Yamagata University Global COE Program-FY2009 International Symposium. From Yamagata to the World: Opening the Gate to Advanced Medicine. Yamagata, Nov 6-7, 2009, Japan

【その他】
  1. 平成17年3月 山形大学農学部 卒業
  2. 平成19年3月 山形大学大学院医学系研究科 生命環境医科学専攻 前期(修士)課程修了
  3. 山辺拓也,岡田 太,井内良仁,小沼邦重,冨田善彦,藤井順逸:
    SOD1欠損により腎臓の虚血再灌流傷害は悪化する.
    第16回 実験動物セミナー, 山形;2005年12月
  4. 小沼邦重, 仙道富士郎, 藤井順逸, 岡田太:
    Glycosylphosphatidylinositolアンカータンパク質・GPI-80の腫瘍増殖および癌転移に占める役割
    第17回動物実験セミナー,山形;2006年12月
  5. 井内良仁, 岡田太,小沼邦重, 藤井順逸:
    貧血と自己抗体産生に関わる赤血球の酸化ストレス
    第14回山形分子生物学セミナー,山形;2006年12月
  6. 佐藤 優小沼邦重,小河原里美,藤井順逸,岡田 太:
    酸化チタンナノ粒子による発癌促進作用
    第18回動物実験セミナー,山形;2007年12月
  7. 小沼邦重,佐藤 優,小河原里美,塩野谷 博,松原 範宜,藤井順逸,岡田 太
    炎症を介したマウス退縮型線維肉腫細胞の発癌・悪性化進展の経口SOD剤による抑制

    第18回動物実験セミナー,山形;2007年12月
  8. 学術振興会グローバルCOE特別研究員DC2(平成20年10月-21年度)
  9. 岡田 太,小沼邦重,佐藤 優,小河原里美,飯郷正明,藤井順逸:
    酸化チタンナノ粒子による腫瘍増殖の促進とその機序.
    第23回 発癌病理研究会,鳥羽,2008年8月
  10. 小沼邦重, 佐藤 優,小河原里美,藤井順逸, 岡田 太:
    柑橘類クマリン誘導体とウコン抽出物によるマウス退縮型線維肉腫細胞の炎症に起因した発癌予防.
    第19回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形; 2008年12月
  11. 小河原里美,佐藤 優,小沼邦重, 藤井順逸, 岡田 太: 
    低酸素・再酸素化に由来する活性酸素・活性酸化窒素の発癌に果たす役割.
    第19回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2008年12
  12. 佐藤 優,小沼邦重, 小河原里美,藤井順逸, 岡田 太:
    非遺伝毒性発癌物質の短期かつ高精度な検出系の開発.    
    第19回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2008年12月
  13. 岡田太、小沼邦重、藤井順逸: 
    運動とがんと免疫、293-299 (2009)
     
    「運動と免疫-からだをまもる運動のふしぎ」 大野秀樹、木崎節子 編著、NAP Limited、東京
  14. 岡田太、小沼邦重、藤井順逸: 
    運動と大腸がんと免疫、300-303 (2009)
     
    「運動と免疫-からだをまもる運動のふしぎ」 大野秀樹、木崎節子 編著、NAP Limited、東京
  15. 岡田太、小沼邦重、藤井順逸: 
    運動と乳がんと免疫、304-306 (2009)
     
    「運動と免疫-からだをまもる運動のふしぎ」 大野秀樹、木崎節子 編著、NAP Limited、東京
  16. 小沼邦重、白澤信行、藤井順逸、岡田太
    酸化チタンナノ粒子による発癌過程促進の可能性.
    第20回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2009年12月
    .
■藤井 雅典 (平成17年4月-平成20年3月:生命環境医科学専攻 後期(博士)課程修了)
【発表論文】
  1. 藤井雅典
    1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine (MPTP)誘発一側性サルパーキンソンモデルの確立およびパーキンソン様症状発現と睡眠障害発現の相関 [博士論文]
  2. 藤井雅典,大和田一雄,藤井順逸,: 
    1-Methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine (MPTP)誘発一側性サルパーキンソン病モデルの確立.
    山形医学 27:119-133 (2009) 
    [博士論文]


【その他】

  1. 社会人特別選抜

■三上 剛 
(平成17年4月-平成19年3月:生命環境医科学専攻 前期(修士)課程修了

【発表論文】
  1. 三上剛
    自己免疫性溶血性貧血モデルマウスにおける自己抗体産生と酸化ストレスとの関連についての研究
    [修士論文]
  2. Iuchi Y, Kibe N, Tsunoda S, Suzuki S, Mikami T, Okada F, Uchida K, and Fujii J.
    Implication of oxidative stress as a cause of autoimmune hemolytic anemia in the NZB mice.
    Free. Radic. Biol. Med. 48:935-944 (2010)

【学会発表】
  1. 井内良仁、岡田太、三上剛、小沼邦重、小林正伸、藤井順逸
    SOD1ノックアウトマウスの赤血球老化による貧血発症機構の解析
    第28回日本分子生物学会,福岡;2005年12月 
  2. 井内良仁、三上剛、岡田太、藤井順逸
    赤血球の酸化的傷害は自己免疫性疾患の原因の一つとなりうる
    第29回日本フリーラジカル学会/第31回日本過酸化脂質・フリーラジカル学会合同学会,名古屋;2007年6月
  3. 井内良仁、三上剛、岡田太、藤井順逸:
    赤血球の酸化傷害がもたらす自己抗体の生成.
    日本生化学会東北支部第73回例会,仙台,2007年5月
  4. 井内良仁、岐部紀子、角田智志、鈴木紗織、三上剛、内田浩二、岡田太、藤井順逸
    自己免疫性溶血性貧血発症への赤血球酸化ストレスの関与:NZBモデルマウスを用いた検証.
    第81回日本生化学会 神戸 2009年10月

【その他】

  1. 平成17年3月 山形大学農学部 卒業
  2. 三上剛, 井内良仁, 岡田太, 藤井順逸:
    自己免疫性溶血性貧血のモデル・NZBマウスでは赤血球の酸化ストレスが亢進している
    第17回動物実験セミナー,山形;2006年12月


■須藤 大輔 (平成16年4月-平成19年3月:生命環境医科学専攻 後期(博士)課程修了


【発表論文】
  1. Daisuke Suto, Kazuaki Sato, Yoshihiro Ohba, Tetsuhiko Yoshimura, and Junichi Fujii.
    Suppression of the pro-apoptotic function of cytochrome c by singlet oxygen via a heme redox state-independent mechanism.

    Biochem. J.
    (2005) 392:399-406  [博士論文].
  2. D. Suto, K. Sato, Y. Ohba, T. Yoshimura, and J. Fujii.
    Abolished pro-apoptotic function of cytochrome c by singlet oxygen via heme redox state-independent mechanism. "Natural Antioxidants and Micronutrients "(B Zhao, G Liu, L Packer, eds), Medimond, Bologna, 87-90 (2005)
  3. Daisuke Suto, Yoshitaka Ikeda, Junichi Fujii, and Yoshihiro Ohba
    Structural analysis of amino acids, oxidized by reactive oxygen species and an antibody against N-Formylkynurenine.
    J. Clin. Biochem. Nutr. (2006) 38:107-111.
  4. Daisuke Suto, Yoshihito Iuchi, Yoshitaka Ikeda, Kazuaki Sato, Yoshihiro Ohba, and Junichi Fujii
    Inactivation of cysteine and serine proteases by singlet oxygen.
    Arch. Biochem. Biophys. (2007) 461:151-158

【学会発表】
  1. 須藤大輔、池田義孝、藤井順逸、大場好弘:
    活性酸素種との反応で生じるアミノ酸誘導体の単離とその構造解析.
    第26回日本フリーラジカル学会,山形;2004年6月 (poster)
  2. Suto D, Ikeda Y, Ohba Y, Fujii J:
    Isolation and structural analysis of amino acid derivatives generated by reaction with reactive oxygen species. 第77回日本生化学会,横浜;2004年10月 (poster)
  3. 須藤大輔、大津 芳、佐藤和昭、大場好弘、吉村哲彦、藤井順逸:
    酸化型Cyt cの惹起するカスパーゼ経路活性化の一重項酸素による阻害機構.
    第27回日本フリーラジカル学会,岡山;2005年6月
  4. Suto D, Otsu K, Sato K, Ohba Y, Yoshimura T, Fujii J:
    Suppression of the pro-apoptotic function of cytochrome c by singlet oxygen via a heme redox state-independent mechanism.
    The 3rd International Symposium on Natural Antioxidants-Molecular Mechanisms and Health Effects (ISNA) and the 2nd Meeting of the Society for Free Radical Research Asia (SFRR Asia), Shanghai, June, 2005 (poster)
    [SFRR Japan, Poster Award]
  5. Daisuke Suto, Kazuaki Sato, Yoshihiro Ohba, Tetsuhiko Yoshimura, Junichi Fujii
    Suppression of the pro-apoptotic function of cytochrome c by singlet oxygen via a heme redox state-independent mechanism.
    第78回日本生化学会,神戸;2005年10月 (poster & Workshop)
  6. Daisuke Suto, Yoshihito Iuchi, Kazuaki Sato, Yoshihiro Ohba, Junichi Fujii
    Analysis of caspase 3 inhibition by singlet oxygen.
    第78回日本生化学会,神戸;2005年10月 (poster)
  7. Suto D, Iuchi Y, Sato K, Yoshimura T, Ohba Y, Fujii J :
    Cytotoxic effects of singlet oxygen: Induction of abortive apoptosis by suppressing apoptotic machinery.
    International Redox Network, Kyoto, Nov 2005 (poster)
  8. 藤井順逸、須藤大輔、井内良仁、佐藤和昭、吉村哲彦、大場好弘:
    一重項酸素によるアポトーシス抑制の分子機構
    .
    第29回日本過酸化脂質・フリーラジカル学会,神戸;2005年10月
  9. 須藤大輔、佐藤和昭、大場好弘、藤井順逸:
    一重項酸素によるプロテアーゼ阻害機構の解析.

    第28回日本フリーラジカル学会,津;2006年5月 (poster)
  10. Suto D, Sato K, Ohba Y, Fujii J.
    Protein damage caused by singlet oxygen generated from endperoxide.
    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress
    June 18-23, 2006, Kyoto, (poster) .

【その他】

  1. 平成16年3月 山形大学大学院工学研究科修士課程 修了
  2. 須藤大輔、大津芳、佐藤和昭、大場好弘、吉村哲彦、藤井順逸:
    一重項酸素による生体障害機構の解析.
    第32回山形大学医学部工学部交流セミナー,米沢;2004年12月
  3. 国際学会にて優秀ポスター賞受賞(学会発表参照)
  4. 須藤大輔, 井内良仁,佐藤和昭,吉村哲彦,大場好弘,藤井順逸:
    一重項酸素によるアポトーシス抑制の分子機構

    第13回山形分子生物学セミナー,山形;2005年11月

■山辺 拓也 (平成15年4月-18年3月:医学専攻)

【発表論文】
  1. Takuya Yamanobe, Futoshi Okada, Yoshihito Iuchi, Kunishige Onuma, Yoshihiko Tomita, Junichi Fujii .
    Deterioration of Ischemia/Reperfusion-induced Acute Renal Failure in SOD1-deficient Mice.
    Free Radic Res 41:200-207, 2007 [博士論文]

【学会発表】

  1. 山辺拓也, 柴崎智宏, 内藤整 ,川添久,中野裕子,梶沼陽,武藤明紀,加藤智幸,長岡明,ビリームウラジミル,藤井順逸,,冨田善彦, :
    SOD1欠損マウスにおける虚血再灌流による急性腎不全の検討
    第95回日本泌尿器科学会総会,神戸;2007年4月


【その他】

  1. 社会人特別選抜
  2. 山辺拓也, 岡田太, 井内良仁, 小沼邦重, 冨田善彦, 藤井順逸:
    SOD1欠損により腎臓の虚血再灌流傷害は悪化する.
    第16回動物実験セミナー,山形;2005年12月
■程 光 (平成14年4月-18年3月:医学専攻)

【発表論文】
  1. Guang Cheng, Yoshitaka Ikeda, Yoshihito Iuchi, and Junichi Fujii.
    Detection of S-glutathionylated proteins by glutathione S-transferase overlay.
    Arch. Biochem. Biophys. 435:42-49 (2005)[博士論文]
  2. G. Cheng, Y. Ikeda, Y. Iuchi, and J. Fujii.
    A novel method to detect S-glutathionylated proteins by glutathione S-transferase.
    "Natural Antioxidants and Micronutrients" (B Zhao, G Liu, L Packer, eds), Medimond, Bologna, 155-158 (2005)

【学会発表】

  1. 程 光、池田義孝、藤井順逸:
    グルタチオンS-トランスフェラーゼ(GST)を用いたグルタチオン化タンパク検出法の開発.第26回日本フリーラジカル学会,山形;2004年6月 (poster)
  2. Cheng G, Ikeda Y, Fujii J:
    Detection of glutathionylated proteins by glutathione S-transferase: A novel and simple method applicable for detection of glutathionylated proteins in vivo and in vitro.
    第77回日本生化学会,横浜;2004年10月 (poster)
  3. 程 光、池田義孝、藤井順逸:
    ニトロソグルタチオン(GSNO)はタンパク質のS-グルタチオン化を促進する.
    第5回日本NO学会,札幌;2005年4月 (poster)
  4. Cheng G, Ikeda Y, Iuchi Y, Fujii J:
    Detection of glutathionylated proteins by glutathione S-transferase overlay.
    The 3rd International Symposium on Natural Antioxidants-Molecular Mechanisms and Health Effects (ISNA) and the 2nd Meeting of the Society for Free Radical Research Asia (SFRR Asia), Shanghai, June, 2005 (poster)

【その他】

  1. 中国からの留学生
■長岡 由姫 (平成14年4月-平成17年3月:医学専攻)

【発表論文】

  1. Yuki Nagaoka, Yoshihito Iuchi, Yoshitaka Ikeda, and Junichi Fujii.
    Glutathione reductase is expressed at high levels in pancreatic islet cells
    Redox Rep. 9:321-324 (2004)
  2. Yuki Nagaoka, Kaoru Otsu, Futoshi Okada, Kazuaki Sato, Yoshihiro Ohba, Naoki Kotani, and Junichi Fujii.
    Specific inactivation of cysteine protease-type cathepsin by singlet oxygen generated from naphthalene endoperoxides
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 331:215-223 (2005) [学位論文]

【学会発表】

  1. 長岡由姫、大津芳、岡田太,佐藤和昭、小谷直樹,大場好弘,藤井順逸:
    システインプロテアーゼに属するカテプシンは一重項酸素により著しく阻害される.
    第28回日本過酸化脂質・フリーラジカル学会,名古屋;2004年10月 (poster)
  2. Nagaoka Y, Otsu K, Okada F, Sato K, Ohba Y, Kotani N, Fujii J.
    Specific inactivation of cysteine protease-type cathepsin by singlet oxygen generated from naphthalene endoperoxides
    The 3rd International Symposium on Natural Antioxidants-Molecular Mechanisms and Health Effects(ISNA) and the 2nd Meeting of the Society for Free Radical Research Asia (SFRR Asia), Shanghai, June, 2005 (poster)

【その他】

  1. 麻酔科学所属の大学院生
  2. 長岡由姫,井内良仁,藤井順逸:
    膵島細胞におけるグルタチオン・レドックス系の役割.
    第14回動物実験セミナー,山形;2003年12月

■石井 達矢 (平成14年4月-平成17年3月:医学専攻)

【発表論文】

  1. Yoshihito Iuchi, Tomoko Kaneko, Shingo Matsuki, Tatsuya Ishii, Yoshitaka Ikeda, Koji Uchida, and Junichi Fujii.
    Carbonyl stress and detoxification ability in the male genital tract and testis of rats.

    Histochem. Cell Biol.
    121:123-130 (2004)
  2. Junichi Fujii, Yoshihito Iuchi, Shingo Matsuki, Tatsuya Ishii.
    Cooperative function of antioxidant and redox systems against oxidative stress in male reproductive tissues
    Asian J. Androl. 5:231-242 (2003) review
  3. Tatsuya Ishii, Shingo Matsuki, Yoshihito Iuchi, Futoshi Okada, Shinjiro Toyosaki, Yoshihiko Tomita, Yoshitaka Ikeda,and Junichi Fujii.
    Accelerated impairment of spermatogenic cells in sod1-knockout mice under heat stress
    Free Radic. Res. 39:697-705 (2005) [学位論文]

【学会発表】

  1. Iuchi Y, Kaneko T, Matsuki S, Ishii T, Ikeda Y, Uchida K, Fujii J:
    Carbonyl stress and detoxification ability in the male genital tract and testis of the rat.
    第27回日本過酸化脂質・フリーラジカル学会,東京;2003年10月
  2. 石井達矢、松木真吾、井内良仁、池田義孝、冨田善彦、藤井順逸:
    熱ストレスによる精子形成細胞障害には活性酸素種がかかわる.
    第26回日本フリーラジカル学会,山形;2004年6月 (poster)
  3. 石井達矢,松木真吾、井内良仁,岡田太、尾崎信二郎,冨田善彦、池田義孝、藤井順逸:
    熱ストレスにより産生される活性酸素種が精子形成細胞死を引き起こす.
    第27回日本分子生物学会,神戸;2004年12月 (poster)
  4. 井内良仁,石井達矢,岡田太、尾崎信二郎,長岡由姫,小林正伸,藤井順逸:
    SOD1ノックアウトマウスの示す老化促進傾向の解析.
    第27回日本分子生物学会,神戸;2004年12月

【その他】

  1. 泌尿器科学所属の大学院生
  2. 社会人特別選抜

■松木 真吾 (平成13年4月-平成16年3月:医学専攻)

【発表論文】

  1. Isoji Sasagawa, Shingo Matsuki, Yasuhiro Suzuki, Yoshihito Iuchi, Kazuo Tohya, Michio Kimura, Teruhiro Nakada, and Junichi Fujii
    Possible involvement of the membrane-bound form of peroxiredoxin 4 in acrosome formation during spermiogenesis of rats
    Eur. J. Biochem. 268: 3053-3061 (2001)
  2. Shingo Matsuki, Isoji Sasagawa, Yoshihito Iuchi, and Junichi Fujii.
    Impaired expression of peroxiredoxin 4 in damaged testes by artificial cryptorchidism
    Redox Rep. 7:276-278 (2002)
  3. Takashi Kobayashi, Tomoko Kaneko, Yoshihito Iuchi, Shingo Matsuki, Motoko Takahashi, Isoji Sasagawa, Teruhiro Nakada, and Junichi Fujii
    Localization and physiological implication of aldose reductase and sorbitol dehydrogenase in male reproductive systems, qccessory glands, and spermatozoa of rats
    J. Androl. 23: 674-683 (2002)
  4. Yoshihito Iuchi, Tomoko Kaneko, Shingo Matsuki, Isoji Sasagawa, and Junichi Fujii.
    Concerted changes in the YB2/RYB-a protein and protamine 2 mRNA in themouse testis under Heat Stress.
    Biol. Reprod. 68: 129-135 (2003)
  5. Shingo Matsuki, Yoshihito Iuchi, Yoshitaka Ikeda, Isoji Sasagawa, Yoshihiko Tomita, and Junichi Fujii.
    Suppression of cytochrome c release and apoptosis in testes with heat stress by minocycline.
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 312: 843-849 (2003) [学位論文]
  6. Yoshihito Iuchi, Tomoko Kaneko, Shingo Matsuki, Tatsuya Ishii, Yoshitaka Ikeda, Koji Uchida, and Junichi Fujii.
    Carbonyl stress and detoxification ability in the male genital tract and testis of rats.

    Histochem. Cell Biol.
    121:123-130 (2004)
  7. Junichi Fujii, Yoshihito Iuchi, Shingo Matsuki, Tatsuya Ishii.
    Cooperative function of antioxidant and redox systems against oxidative stress in male reproductive tissues
    Asian J. Androl. 5:231-242 (2003) review
  8. Tatsuya Ishii, Shingo Matsuki, Yoshihito Iuchi, Futoshi Okada, Shinjiro Toyosaki, Yoshihiko Tomita, Yoshitaka Ikeda, and Junichi Fujii.
    Accelerated impairment of spermatogenic cells in sod1-knockout mice under heat stress
    Free Radic. Res. 39:697-705 (2005)

【学会発表】

  1. 井内良仁,小林孝至,金子智子,松木真吾,高橋素子,笹川五十次,中田瑛浩,藤井順逸:
    雄ラット生殖器系におけるポリオール代謝酵素の発現と生理的役割.
    第74回日本生化学会大会,京都;2001年10月
  2. 井内良仁,松木真吾,金子智子,笹川五十次,藤井順逸:
    精子形成過程で発現するY-boxタンパク質YB2/RYB-aがプロタミン2mRNAの保持に働く可能性.
    第25回日本日本分子生物学会,横浜;2002年12月
  3. Matsuki S, Iuchi Y, Ikeda Y, Sasagawa I, Fujii J:
    Mitochondrion as a primary target of heat-induced apoptosis in spermatogenic cells. 28th Annual Meeting of the American Society of Andrology. Phoenix; March, 2003 
    [Poster Award from The American Society of Andrology]
  4. Matsuki S, Iuchi Y, Ikeda Y, Sasagawa I, Tomita Y, Fujii J:
    nduction of testicular cell apoptosis in mice by mild heat stress and its inhibition by minocycline.
    The International Meeting of the Society for Free Radical Research-Asia. Seoul; November, 2003 
    [SFRR Japan Young Investigator Award](poster)
  5. Matsuki S, Iuchi Y, Ikeda Y, Sasagawa I, Tomita Y, Fujii J:
    A role of reactive oxygen species in heat-induced germ cell apoptosis of mouse testis.
    第76回日本生化学会,横浜;2003年10月(poster & Workshop)
  6. Iuchi Y, Kaneko T, Matsuki S, Ishii T, Ikeda Y, Uchida K, Fujii J:
    Carbonyl stress and detoxification ability in the male genital tract and testis of the rat.
    第27回日本過酸化脂質・フリーラジカル学会,東京;2003年10月
  7. 松木真吾、井内良仁、池田義孝、笹川五十次、冨田善彦、藤井順逸:
    熱ストレスによって惹起される精子形成細胞のアポトーシス誘導機構.
    第26回日本分子生物学会,神戸;2003年12月 (poster)
  8. 松木真吾、井内良仁、池田義孝、藤井順逸:
    熱ストレスによる精子形成細胞傷害機構.
    日本生化学会東北支部第69回例会,山形;2003年6月 (poster)
  9. 石井達矢松木真吾、井内良仁、池田義孝、冨田善彦、藤井順逸:
    熱ストレスによる精子形成細胞障害には活性酸素種がかかわる.
    第26回日本フリーラジカル学会,山形;2004年6月
  10. 石井達矢,松木真吾、井内良仁,岡田太、尾崎信二郎,冨田善彦、池田義孝、藤井順逸:
    熱ストレスにより産生される活性酸素種が精子形成細胞死を引き起こす.
    第27回日本分子生物学会,神戸;2004年12月

【その他】

  1. 学術振興会特別研究員DC2(平成13年度-15年度)
  2. 国際学会にて優秀ポスター賞2回受賞(学会発表参照)
  3. 松木真吾,井内良仁,鈴木泰宏,笹川五十次,中田瑛浩,藤井順逸:
    マウス精巣におけるFas/Fasリガンド系の役割は何か? 第9回山形分子生物学セミナー,山形;2001年11月
  4. 松木真吾,井内良仁,鈴木泰宏,笹川五十次,中田瑛浩,藤井順逸:
    マウス停留精巣におけるアポトーシスとFas/Fasリガンドの関係.実験動物セミナー第12回研究成果発表会,山形;2001年12月
  5. 井内良仁,金子智子,松木真吾,笹川五十次,藤井順逸:
    Y-boxタンパク質YB2/RYB-aが精子形成過程でプロタミン2mRNAの保持に働く可能性の検証. 
    第10回山形分子生物学セミナー,山形;2002年11月
  6. 松木真吾,井内良仁,池田義孝,笹川五十次,冨田善彦,藤井順逸:
    熱ストレスによる精子形成細胞傷害の標的分子の検索. 
    第13回動物実験セミナー,山形;2002年12月

■金子 智子 (平成12年3月-平成13年3月:医学専攻)

【発表論文】

  1. Yoshihito Iuchi, Takashi Kobayashi, Tomoko Kaneko, Masatoshi Takahara, Toshihiko Ogino, and Junichi Fujii.
    The expression of a Y-box protein, YB2/RYB-a, precedes protamine 2 during spermatogenesis in rodents.
    Mol. Human Reprod 7: 1023-1031 (2001)
  2. Tomoko Kaneko, Yoshihito Iuchi, Satoshi Kawachiya, Tsuneko Fujii, Hidekazu Saito, Hirohisa Kurachi, and Junichi Fujii.
    Alteration of glutathione reductase expression in the female reproductive organs during the estrous cycle.
    Biol. Reprod. 65: 1410-1416 (2001) [学位論文] 「山形ベンチャービジネスラボラトリー山形大学大学院VBR研究奨励賞」受賞
  3. Tomoko Kaneko, Yoshihito Iuchi, Takashi Kobayashi, Tsuneko Fujii, Hidekazu Saito, Hirohisa Kurachi, and Junichi Fujii.
    Expression of glutathione reductase in the male reproductive system of rats supports the enzymatic basis of glutathione function in spermatogenesis.
    Eur. J. Biochem. 269: 1570-1578. (2002)
  4. Takashi Kobayashi, Tomoko Kaneko, Yoshihito Iuchi, Shingo Matsuki, Motoko Takahashi, Isoji Sasagawa, Teruhiro Nakada, and Junichi Fujii
    Localization and physiological implication of aldose reductase and sorbitol dehydrogenase in male reproductive systems, qccessory glands, and spermatozoa of rats
    J. Androl. 23: 674-683 (2002)
  5. Yoshihito Iuchi, Tomoko Kaneko, Shingo Matsuki, Isoji Sasagawa, and Junichi Fujii.
    Concerted changes in the YB2/RYB-a protein and protamine 2 mRNA in the mouse testis under Heat Stress.
    Biol. Reprod. 68: 129-135 (2003)
  6. Tomoko Kaneko, Yoshihito Iuchi, Motoko Takahashi, and Junichi Fujii.
    Colocalizationof polyol-metabolizing enzymes and immunological detection of fructated proteins in the female reproductive system of the rat.
    Histochem. Cell Biol. 119:309-315 (2003)
  7. Yoshihito Iuchi, Tomoko Kaneko, Shingo Matsuki, Tatsuya Ishii, Yoshitaka Ikeda, Koji Uchida, and Junichi Fujii.
    Carbonyl stress and detoxification ability in the male genital tract and testis of rats.
    Histochem. Cell Biol. 121:123-130 (2004)
  8. Junichi Fujii, Tomoko Kaneko, Takashi Kobayashi, Yoshihito Iuchi, Motoko Takahashi.
    Localization and Physioloigcal Implication of Polyol-Metabolyzing Enzymes in Male and Female Reproductive Systems of Rat
    In "The Maillard Reaction in Food Chemistry and Medical Science: Update for the Postgenomic Era" (S. Horiuchi, T. Kurata, N. Taniguchi, T. Osawa, F. Hayase, Eds), Amsterdam, Elsevier, 363-364 (2002)
  9. J. Fujii, T. Kaneko, Y. Iuchi.
    Glutathione Redox Status in the Rat Reproductive System.
    In “XI Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International” (C.Pasquier ed), Bologna, Monduzzi Editore, C716: 217-220 (2002)

【学会発表】

  1. Kaneko T, Iuchi Y, Saito H, Kurachi H, Fujii J:
    Glutathione reductase expression in the female reproductive organs.
    Second International Conference on Oxidative Stress and Aging, Hawaii; April 2001(poster)
  2. 金子智子,河内谷敏,斎藤英和,倉知博久,藤井順逸:
    ラット雌性生殖器におけるアルドース還元酵素とソルビトール脱水素酵素発現の意義.
    第9回日本受精着床学会,横浜市;2001年7月
  3. 井内良仁,小林孝至,金子智子,松木真吾,高橋素子,笹川五十次,中田瑛浩,藤井順逸:
    雄ラット生殖器系におけるポリオール代謝酵素の発現と生理的役割.
    第74回日本生化学会大会,京都;2001年10月
  4. 井内良仁,小林孝至,金子智子,高原政利,笹川五十次,荻野利彦,藤井順逸:
    Y box結合タンパク質・YB2/RYB-aの精巣における発現と精子形成への関与.
    日本生化学会東北支部第67回例会,仙台;2001年6月
  5. Kaneko T, Iuchi Y, Fujii J: Glutathione redox status in the rat genital tract.
    XIth Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International. Paris; July 2002 (poster)
  6. 井内良仁,松木真吾,金子智子,笹川五十次,藤井順逸:
    精子形成過程で発現するY-boxタンパク質YB2/RYB-aがプロタミン2mRNAの保持に働く可能性.
    第25回日本日本分子生物学会,横浜;2002年12月
  7. 金子智子,井内良仁,藤井順逸:
    雄生殖器系におけるグルタチオン・レドックス系の役割.
    第24回日本フリーラジカル学会,大阪;2002年5月
  8. Iuchi Y, Kaneko T, Matsuki S, Ishii T, Ikeda Y, Uchida K, Fujii J:
    Carbonyl stress and detoxification ability in the male genital tract and testis of the rat.
    第27回日本過酸化脂質・フリーラジカル学会,東京;2003年10月

【その他】

  1. 産科婦人科学所属の大学院生
  2. 2001年3月「山形ベンチャービジネスラボラトリー山形大学大学院VBR研究奨励賞」受賞
  3. 井内良仁,金子智子,松木真吾,笹川五十次,藤井順逸:
    Y-boxタンパク質YB2/RYB-aが精子形成過程でプロタミン2mRNAの保持に働く可能性の検証. 
    第10回山形分子生物学セミナー,山形;2002年11月

■小林 孝至 (平成9年10月-平成12年9月:医学専攻)

【発表論文】

  1. Yoshihito Iuchi, Takashi Kobayashi, Tomoko Kaneko, Masatoshi Takahara, Toshihiko Ogino, and Junichi Fujii.
    The expression of a Y-box protein, YB2/RYB-a, precedes protamine 2 during spermatogenesis in rodents.
    Mol. Human Reprod. 7: 1023-1031 (2001)
  2. Tomoko Kaneko, Yoshihito Iuchi, Takashi Kobayashi, Tsuneko Fujii, Hidekazu Saito, Hirohisa Kurachi, and Junichi Fujii.
    Expression of glutathione reductase in the male reproductive system of rats supports the enzymatic basis of glutathione function in spermatogenesis.
    Eur. J. Biochem. 269: 1570-1578. (2002)
  3. Takashi Kobayashi, Teruhiro Nakata, Takejiro Kuzumaki. 
    Effect of flavonids on cell progression in prostate cancer cells
    .
    Cancer Lett. 176; 17-23 (2002) [学位論文]
  4. Takashi Kobayashi, Tomoko Kaneko, Yoshihito Iuchi, Shingo Matsuki, Motoko Takahashi, Isoji Sasagawa, Teruhiro Nakada, and Junichi Fujii
    Localization and physiological implication of aldose reductase and sorbitol dehydrogenase in male reproductive systems, qccessory glands, and spermatozoa of rats
    J. Androl. 23: 674-683 (2002)
  5. Junichi Fujii, Tomoko Kaneko, Takashi Kobayashi, Yoshihito Iuchi, Motoko Takahashi.
    Localization and Physioloigcal Implication of Polyol-Metabolyzing Enzymes in Male and Female Reproductive Systems of Rat
    In "The Maillard Reaction in Food Chemistry and Medical Science: Update for the Postgenomic Era" (S. Horiuchi, T. Kurata, N. Taniguchi, T. Osawa, F. Hayase, Eds), Amsterdam, Elsevier, 363-364 (2002)
【学会発表】
  1. 井内良仁,小林孝至,鈴木泰宏,高原政利,鳴瀬卓爾,笹川五十次,荻野利彦,藤井順逸:
    精子形成に関与するY box結合タンパク質YB2/RYB-aの機能と発現
    第73回日本生化学会大会,横浜;2000年10月
  2. 井内良仁,小林孝至,金子智子,松木真吾,高橋素子,笹川五十次,中田瑛浩,藤井順逸:
    雄ラット生殖器系におけるポリオール代謝酵素の発現と生理的役割.
    第74回日本生化学会大会,京都;2001年10月
  3. 井内良仁,小林孝至,金子智子,高原政利,笹川五十次,荻野利彦,藤井順逸:
    Y box結合タンパク質・YB2/RYB-aの精巣における発現と精子形成への関与.
    日本生化学会東北支部第67回例会,仙台;2001年6月

【その他】

  1. 泌尿器科学所属の大学院生
  2. 小林孝至,葛巻丈二朗,中田瑛浩:
    前立腺癌細胞におけるゲニステインの増殖抑制効果とその作用機序.
    実験動物セミナー,山形;1999年12月
  3. 井内良仁,小林孝至,鳴瀬卓爾,高原政利,荻野利彦,藤井順逸:
    細胞増殖に関係するラットY-box遺伝子RYB-aの精巣における発現様式.
    第7回山形分子生物学セミナー,山形;1999年11月

■王 侠 (平成8年4月-平成12年3月:医学専攻)

【発表論文】

  1. Xia Wang, Kaoru Otsu, Hidekazu Saito, Masahiko Hiroi, and Kiichi Ishikawa.
    Sandwich configuration of type I collagen suppresses progesterone production in primary cultured porcine granulosa cells by reducing gene expression of cytochrome P450 cholesterol side-chain cleavage enzyme.
    Arch. Biochem. Biophys. 376, 117-123 (2000) [学位論文]

【学会発表】

  1. Wang X,Saito H,Otsu K,Ishikawa K,Hiroi M:
    Effects of type I collagen matrix on progesterone production and cytochrome P450 cholesterol side-chain cleavage enzyme gene expression in primary cultured porcine granulosa cells.
    11th World Congress on In vitro Fertilization and Human Reproductive Genetics,Sydney;May 1999
  2. Wang X,Saito H,Ishikawa K,Hiroi M:
    Effects of type I collagen matrix on progesterone production and cytochrome P450 cholesterol side-chain cleavage enzyme gene expression in primary cultured porcine granulosa cells.
    Conjoint Annual Meeting American Society for Reproductive Medicine Canadian Fertility and Andrology Society, Toronto;September 1999
  3. 王侠,大津芳,斉藤英和,廣井正彦,石川喜一:
    ブタ卵巣顆粒膜細胞におけるプロゲステロン産生のI型コラーゲンによる抑制とその抑制機構の解析.
    第71回日本生化学東北支部第66回例会,盛岡;2000年6月

【その他】

  1. 産科婦人科学所属の大学院生
  2. 中国からの国費留学生

山形大学大学院 医学系研究科 生命環境医科学専攻 生化学・分子生物学講座
〒990-9585 山形市飯田西2-2-2 Tel:023-628-5229 Fax:023-628-5230