謨吝ョ、縺ョ邏ケ莉・ name= 螟ァ蟄ヲ髯「逕溘→遐皮ゥカ謌先棡 遐皮ゥカ讌ュ邵セ 蟄ヲ莨壽エサ蜍・ name= 遐皮ゥカ閠・r逶ョ謖・☆譁ケ縺ク 蟷エ荳ュ陦御コ・ name= HOME
   


【関連学会】 (2010年度現在)
  • 日本生化学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本癌学会
  • 日本NO学会
  • 日本酸化ストレス学会(SFRR Japan)
  • American Society for Biochemistry and Molecular Biology(ASBMB)
  • Society for Free Radical Research
  • Society for Free Radical Biology and Medicine
【学会・研究会での発表】
※論文発表については「業績」をご覧ください。
赤字大学院生として行った研究筆頭発表下線教室員

(1) 国際学会・シンポジウム
【2017】
  1) 

Sho Kobayashi (poster), Shinji Hamashima, Takujiro Homma, Junichi Fujii, Hideyo Sato.
Macrophages from xCT-deficient mice survive under low cysteine/glutathione redox conditions with high oxidative stress.
OCC World Congress 2017 and Annual SFRR-E Conference
; METABOLIC STRESS AND REDOX REGULATION
June 21-23, 2017, Radisson Blu Hotel, Berlin, Germany
(travel support from The Ichiro Kanehara Foundation)

  2)  Takujiro Homma (poster) (SFRR Japan, Young Investigator Award 2017), Naoki Ishii, Sho Kobayashi, Junichi Fujii.
Heterozygous SOD1 deficiency causes male infertility by triggering autoimmune response in mice with the NZW background.
Heterozygous SOD1 deficiency causes male infertility by triggering autoimmune response in mice with the NZW background.
 
The 8th Joint Meeting of Society for Free Radical Research Australasia and Japan with International Symposium on Coenzyme Q10, December 9-12, 2017, Tokyo, Japan.
     [Certificate of Yound Investigator Award]
  3)  Jaeyong Lee, Sho Kobayashi, Takujiro Homma, Eun Sil Kang, Hideyo Sato, Han Geuk Seo, Toshifumi Takao, Junichi Fujii.
Production of ophthalmic acid by the glutathione-synthesizing pathway in mouse hepatocytes under cysteine insufficiency.
The 8th Joint Meeting of Society for Free Radical Research Australasia and Japan with International Symposium on Coenzyme Q10, December 9-12, 2017, Tokyo, Japan.
 
  4)  Junichi Fujii (Oral), Naoki Ishii, Takujiro Homma, Jaeyong Lee, Sho Kobayashi, Hikaru Mitsuhashi, Naoko Kimura, Yorihiro Yamamoto.
CoQ10 and ascorbic acid ameliorate reproductive ability of SOD1-deficient female mice.
The 8th Joint Meeting of Society for Free Radical Research Australasia and Japan with International Symposium on Coenzyme Q10, December 9-12, 2017, Tokyo, Japan.
 
  【2016】  
  1)  Eun Sil Kang (poster), Jaeyong Lee, Takujiro Homma, Sho Kobayashi, Toshihiro Kurahashi, Han Geuk Seo, Junichi Fujii.
Differential contribution of xCT and the transsulfuration pathway as cysteine-supply systems in hepatocytes.
The 9th International Conference on the Biology, Chemistry and Thrapeutic Applications of Nitric Oxide. Sendai International Center, Sendai, May 20-23, 2016
 
  2)  Takujiro Homma (poster)(SFRR Japan, Young Investigator Award 2016), Takaya Shirato, Jaeyong Lee, Toshihiro Kurahashi, Junichi Fujii.
SOD1-knockout mice are resistant to lethal effects of thioacetamide-induced hepatotoxicity.
The 23rd Annual Meeting, a joint meeting with the Society for Free Radical Research International (SfRBM/SFRRI 2016), November 16-19, 2016, San Francisco, USA. 

(travel support from The Ichiro Kanehara Foundation)
       [Certificate of Young Investigator Award]
  【2015】  
  1)  

Junichi Fujii (Oral), Toshihiro Kurahashi, Takujiro Homma, Jaeyong Lee, Eun Sil Kang, Shinji Hamashima, Atsunori Nabeshima, Sohsuke Yamada, Toshiyuki Nakayama, and Hideyo Sato.
On the cysteine supply for glutathione synthesis in the liver under oxidative insult.

7th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia (SFRR-Asia), No29-Dec2, 2015, Chiang Mai, Thailand.  

  2)

Takujiro Homma (poster)(SFRR Japan, Young Investigator Award) and Junichi Fujii.

Intrinsic oxidative stress induces accumulation of ubiquitinated and carbonylated proteins in mouse erythrocytes.
7th Joint Meeting of the Societies for Free Radical Research Australasia and Japan, Dec 7-10, 2015, Christchurch, New Zealand. 

(travel support from Kato Memorial Bioscience Foundation)

      [Certificate of Young Investigator Award]
  【2014】  
  1)  Tasuku Konno, Noriyuki Otsuki, Toshihiro Kurahashi, Jaeyong Lee, Saori Suzuki, Noriko Kibe, Satoshi Tsunoda, Yoshihito Iuchi, Junichi Fujii (poster).
Implication of reactive oxygen species as a causal factor for autoimmune responses in mice.
17th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Kyoto, March 23-26, 2014
 
  2)  Toshihiro Kurahashi (oral)(Informat Healthcare, Young Investigator Award), Jaeyong Lee, Atsunori Nabeshima, Nobuyuki Shirasawa, Sohsuke Yamada, Toshifumi Takao, Junichi Fujii.
The potential roles of PRDX4 as a thiol oxidase in endoplasmic reticulum.
17th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Kyoto, March 23-26, 2014 
[Certificate of Young Investigator Award]
  3)  Jaeyong Lee (poster), Toshihiro Kurahashi, Myoungsu Kwon, Motoko Takahashi, Noriyuki Otsuki, Junitsu Ito, Yuta Matsuoka, Ken-Ichi Yamada, Satoshi Miyata, Junichi Fujii.
Elucidation of physiological roles of ascorbic acid and aldehyde detoxification using aldehyde reductase (Akr1a)-deficient and human AKR1A-transgenic mice.
17th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Kyoto, March 23-26, 2014  
  4)  Sohsuke Yamada (poster), Atsunori Nabeshima, Toshihiro Kurahashi, Yasuyuki Sasaguri, Junichi Fujii.
PRDX4 deficiency not only accelerates nonalcohoric steatohepatitis but also induces intestinal dysfunction.

17th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Kyoto, March 23-26, 2014  
  5)  Atsunori Nabeshima (poster), Shosuke Yamada, Hirotsugu Noguchi, Shohei Kitada, Toshihiro Kurahashi, Junichi Fujii,Yasuyuki Sasaguri.
Peroxiredoxion 4 protects against nonalcohoric steatohepatitis and type 2 diabetes in a nongenetic mouse model.
 
17th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Kyoto, March 23-26, 2014  
  6) Junichi Fujii (Lecture)
"Antioxidation" at Morning School for Beginners 2

17th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Kyoto, March 23-26, 2014  
  7)  Jaeyong Lee (poster),Toshihiro Kurahashi, Myoungsu Kwon, Motoko Takahashi, Ken-Ichi Yamada, Satoshi Miyata, Junichi Fujii.
Physiological roles of aldehyde reductase (Akr1a)-mediated ascorbate synthesis and aldehyde detoxification.
2014 Korean Society for Biochemical Molecular Biology annual international conference. Seoul, Korea, May 14-16, 2014
  8) Junichi Fujii (invited spearker)
Peroxiredoxin 4 Is a Multifunctional Redox Molecule

Symposium at Konkuk University, July 21, 2014, Seoul, Korea 
  9) 

Yuki Hoshino (poster), Ren Watanabe, Takahashi Motoko, Miyata Tetu, Koichi Yoshida,Junichi Fujii, Naoko Kimura.
The role of vitamin C in in vitro early embryonic development? Verification using aldehyde reductase gene knockout mice −
World Congress of Reproductive Biology 2014 , Sep 2-4, 2014, Edinburgh International Conference Centre, Scotland, UK

  10)  Naoko Kimura (oral), Mitsuru Nago, Kazuharu Odajima, and Junichi Fujii.
Intrinsic oxidative stress increases meiotic chromosome misalignment and aneuploidy in in vitro matured oocytes from SOD1-deficient mice
.
World Congress of Reproductive Biology 2014 , Sep 2-4, 2014, Edinburgh International Conference Centre, Scotland, UK
  11)  Ren Watanabe (poster), Junichi Fujii, Hideyo Sato, Naoko Kimura.
Evaluation of oocyte quality and ovarian function in aged female cystine-glutamate transporter gene-deficient mice.
World Congress of Reproductive Biology 2014 , Sep 2-4, 2014, Edinburgh International Conference Centre, Scotland, UK
  【2013】  
  1) Toshihiro Kurahashi (invited spearker), Atsunori Nabeshima, Nobuyuki Shirasawa, Sohsuke Yamada, Junitsu Ito, Toshifumi Takao, Junichi Fujii.
Pleiotropic roles of peroxiredoxin 4 in Antioxidation, Signal Regulation and Oxidative Protein Folding

6th Joint Meeting of the Societies for Free Radical Research Australasia and Japan, Sep 12-14, 2013, Sydney, Australia.
  2) Junitsu Ito (poster), Noriyuki Otsuki, Xuhong Zhang,Tasuku Konno, Toshihiro Kurahashi, Motoko Takahashi, Mayumi Yamato, Yuta Matsuoka, Ken-ichi Yamada, Satoshi Miyata,Junichi Fujii.
Ascorbic acid neutralizes the prolonged anesthetic action of pentobarbital in Akr1a-knockout mice
6th Joint Meeting of the Societies for Free Radical Research Australasia and Japan, Sep 12-14, 2013, Sydney, Australia. 
  3) 

S Yamada (oral), A Nabeshima, T Kurahashi, J Lee, S Miyata, J Fujii.
COORDINATED FUNCTION OF PEROXIREDOXIN 4 WITH OTHER REDOX SYSTEMS IN THE LIVER HOMEOSTASIS.
6th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia (SFRR-Asia), Oct. 16-19, 2013, Tao-Yuan, Taiwan. 

  4)  Junichi Fujii (invited spearker, session co-chair), Toshihiro Kurahashi, Satoshi Tsunoda, Naoko Kimura.
IMPACT OF OXYGEN CONDITIONS ON THE FATE OF SOD1-DEFICIENT CELLS IN CULTURE.
6th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia (SFRR-Asia), Oct. 16-19, 2013, Tao-Yuan, Taiwan.  
     
  【2012】  
  1)

Junichi Fujii (invited spearker)
Roles of Peroxiredoxin 4 in ROS Signaling, Oxidative Protein Folding in ER, and Spermatogenesis
UK-Japan Research Symposium; Molecular Mechanisms of Stress Response in Disease, 6-7 Apr, 2012, Tsukuba, Japan  

  2)  Satoshi Tsunoda (poster), Natsuko Kawano, Kenji Miyado, Naoko Kimura, Junichi Fujii
Impairment of Mammalian Gametes and Embryo by Reactive Oxygen Species
UK-Japan Research Symposium; Molecular Mechanisms of Stress Response in Disease, 6-7 Apr, 2012, Tsukuba, Japan
  
  3)  Tasuku Konno (selected for poster presentation), Noriyuki Ohtsuki, Noriko Kibe, Satoshi Tsunoda, Saori Suzuki, Yoshihito Iuchi, and Junichi Fujii.
Validation of involvement of reactive oxygen species in autoimmune hemolytic anemia by genetic modification of SOD1in NZB mice.
The 33rd Naito Conference on Oxygen Biology: Hypoxia, Oxidative Stress and Diseases. June 26-29, 2012, Sapporo, Japan
  4) 

Kurahashi T (poster; SFRR Asia, Young Investigator Award), Otsuki N, Konno T, Kwon K, Tsunoda S, Fujii J.
SOD1 deficiency causes postprandial dyslipidemia due to impaired lipid metabolism in the intestine.
16th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, London, Sep 6-9, 2012 

  5)  Tsunoda S (poster; Informa Healthcare Young Investigator Award), Kawano N, Miyado K, Kimura N, Fujii J.
Impairment of sperm in in vitro fertility by SOD1 deficiency
.
16th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, London, Sep 6-9, 2012
  6)  Konno T, Ohtsuki N, Kibe N, Tsunoda S, Iuchi Y, Fujii J (selected for oral presentation):
Oxidative stress as a cause for autoimmune hemolytic anemia; supporting evidences from genetically modified mice.  

16th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, London, Sep 6-9, 2012
  【2011】  
  1)  Junichi Fujii (poster), Yoshihito Iuchi, Xuhong Zhang, Satoshi Tsunoda, and Yoshitaka Ikeda.
Peroxiredoxin 4 is a multifunctional redox protein working in endoplasmic reticulum and cytoplasm.
International Symposium on Free Radical Research: Contribution to Medicine (FRCM2011), Kyoto, Jan 20-22, 2011
  2)

Satoshi Tsunoda (poster), Noriko Kibe, Toshihiro Kurahashi, Junichi Fujii.
SOD1 deficiency induces the cellular senescence in mouse embryonic fibroblast even at low oxygen condition.
International Symposium on Free Radical Research: Contribution to Medicine (FRCM2011) Kyoto, Jan 20-22, 2011

  3) 

Takahashi M (poster), Miyata S, Fujii J, Ueyama S, Araki M, Soga T, Fujinaga R, Taniguchi N, Kuroki Y.
The role of aldehyde reductase in biosynthesis of ascorbic acid in mice.
International Symposium on Free Radical Research: Contribution to Medicine (FRCM2011) Kyoto, Jan 20-22, 2011

  4)   Iuchi Y (Invited Speaker), Okada F, Fujii J.
Autoimmune Hemolytic Anemia Caused by Elevated oxidative Stress in Red Blood Cell.
BIT Life Sciences' 3rd Annual International Congress of Antibodies-2011 (ICA-2011), China National Convention Center, Beijin, March 23-25, 2011
  5)   Ito J (poster), Takahashi M  Otsuki N, Konno T, Nishida H, Tsunoda S, Kurahashi T, Zhang X, Miyata S, Fujii J.
Aldehyde reductase deficiency prolongs pentobarbital induced hypsosis in mice.
4th Symposium on Nutrition, Oxygen Biology and Medicine, June, Paris, France, 2011
 
  6)  

Kurahashi T (poster; SFRR Asia, Poster Award), Awada C, Konno T, Otsuki N, Tsunoda S, Zhang X, Ito J, Iuchi Y, Takao T, Fujii J
Roles of peroxiredoxin 4 in protein sulfhydryl oxidation.
5th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia (SFRR-Asia), 8th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine (ASMRM), Kagoshima, Aug 31-Sep4, 2011

  7)   Tsunoda S (poster), Kimura N, Abe H, Watanabe A, Fujii J.
Influences of the SOD1 deficiency on the gamete quality in in-vitro fertilization.
5th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia (SFRR-Asia), 8th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine (ASMRM), Kagoshima, Aug 31-Sep4, 2011
 
  8)  

Iuchi Y (Invited Speaker), Okada F, Fujii J,
Implication of oxidative stress as a cause of autoimmune hemolytic anemia.
Montreal, Modern Medical Forum 2011,

Montreal, Sep7-8, Canada
, 2011

  9)   Sho R, Zhang X, Watanabe H, Saito T, Ishii R, Kawata K, Hongo S, Fukao.
RNA interference screen for host factors required for HCV replication. 
International Union of Microbiological Societies 2011 congress. Sapporo, Sep, 2011
  10)  N Kimura, Y Sato, M Suenaga, S Tsunoda, J Fujii.
Failure of pronucleus formation in in vitro matured and fertilized oocytes from SOD1-deficient mice.
International Society for in vitro fertilization 16th World Congress. Keio Plaza Hotel Tokyo, Japan,10-13 September, 2011
.
  【2010】  
  1)  Iuchi Y, Tsunoda S, Kibe N, Suzuki S, Okada F,and Fujii J (poster).
Reactive nitrogen oxide species in red blood cells are possible cause for hemolytic anhemia and autoimmunity in SOD1-deficient mice.
The 6th International Conference on the Biology, Chemistry and Thrapeutic Applications of Nitric Oxide. Kyoto, June 14-18, 2010, .
  2)  Kurahashi T, Ueda T, Furusawa T, and Bustin M.
Regulation of glucose homeostasis by the nucleosome binding protein HMGN3. In: Molecular Basis for Chromatin Structure and Regulation:
Keystone Symposia, USA, Jan, 2010 
  3)  Kimura N, Sato Y, Tsunoda S, Iuchi Y, Odajima K, Totsukawa K, Fujii J.
Intrinsic oxidative stress in SOD1-deficient embryo under atmospheric oxygen culture causes developmental arrest without mitochondrial malfunction. Society for Reproduction and Fertility UK, July, 2010.
  4) Sho L, Zhang XH, Saito T, Watanabe H, Ishii R, Kawata S, Fukao A.
Expression Profiling of Signaling Pathway Genes in Human Hepatocytes Infectwd with Cell Culture-produced Hepatitis C Virus.20th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver. Beijing, March, 2010 
  5)  Teng L, Sho L, Zhang XH, Watanabe H, Saito T, Ishii R, Kawata S, Fukao A, Kimura W:Identification and Characterization of a Novel MicroRNA Involved in the Development of Liver Cancer.20th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver. Beijin, March, 2010 
  【2009】  
1)

J FUJII (invited speaker), Y IUCHI, F OKADA, S TSUNODA, N KIBE, N SHIRASAWA, M IKAWA, M OKABE, Y IKEDA.
PEROXIREDOXIN 4 DEFICINECY CAUSES OXIDATIVE STRESS-INDUCED SPERMATOGENIC CELL DEATH
4th Biennial Meeting of the Society of Free Radical Research, Asia.July 9-12, 2009, Langkawi, Malaysia.

2)

K Onuma (poster,SFRR Japan, Young Investigator Award), Y Sato, S Ogawara, N Shirasawa, M Iigo, J Fujii,F Okada.
Progression of Regressive Tumor Cells into Malignant Ones by Nano-scaled Particles of Titanium Dioxide through Generating ROS in the Target Cells
.
4th Biennial Meeting of the Society of Free Radical Research, Asia.July 9-12, 2009, Langkawi, Malaysia.

3)

F OKADA (Lecturer)
Acceleration of carcinogenicity by nano-scaled particles through generation ROS.
SFRR International Free Radical School in Japan, 2009
, Sep 2-6, 2009, Echigo Yuzawa, Japan

4)

J FUJII (Lecturer)
Are mitochondria-derived ROS indeed foe to embryogenesis?

SFRR International Free Radical School in Japan, 2009, Sep 2-6, 2009, Echigo Yuzawa, Japan

5) Y IUCHI (invited speaker), F OKADA, J FUJII..
OXIDATIVE STRESS CAUSES HEMOLYTIC ANEMIA BY TRIGGERING REDOX IMBALANCE IN RED BLOOD CELLS.
The 5th Joint Meeting of The Societies For Free Radical Research Australasia and Japan, December 1-4, 2009, Sydney, Australia
6) Iuchi Y(poster), Okada F, Fujii J.Autoimmunity Caused by Oxidative Stress in Red Blod Cell.
Yamagata University Global COE Program-FY2009 International Symposium. From Yamagata to the World: Opening the Gate to Advanced Medicine. Yamagata, Nov 6-7, 2009, Japan
7)

Onuma K (poster), Sato Y, Ogawara S, Shirasawa N, Iigo M, Kobayashi M, Okada F, Fujii J.
Acceleration of Carcinogenicity by Nano-sized  Titanium Dioxide.

Yamagata University Global COE Program-FY2009 International Symposium. From Yamagata to the World: Opening the Gate to Advanced Medicine. Yamagata, Nov 6-7, 2009, Japan

【2008】
1) J FUJII(poster), Y IUCHI, F OKADA, K UCHIDA, O NAKAJIMA.
Erythrocytes is the most sensitive cells to oxidative stress under SOD1 deficiency
Biomarkers of Oxidative Stress in Health and Diseases (BOHD08), January 16-19, 2008, Osaka, Japan
2) Okada F(oral), Onuma K and Fujii J.
Inflammation and its-derived reactive oxygen species as an endogenous factor in tumor development and progression. 
15th Gordon Research Conferences, Oxygen Radicals (Conference chairpersons, Stanley L. Hazen & Kevin Moore) February 3-8, 2008. Ventura, USA
3)

J. FUJII (invited speaker), Y. IUCHI,F.OKADA, R. TAKAMIYA, N. KIBE, S. TSUNODA, O. NAKAJIMA, K. TOYODA, R. NAGAE, M. SUEMATSU, T. SOGA, K. UCHIDA.
Accelerated Destruction of Erythrocytes and Autoimmune-Related Antibody Production by Elevated Oxidative Stress due to SOD1 Deficiency.

Lipide Peroxidation 2008, Karuizawa, 2008, Oct 15-17, Japan

4)

Y. Iuchi, F. Okada, R.Takamiya, N. Kibe, S. Tsunoda, O. Nakajima, K. Toyoda, R. Nagae, M. Suematsu, T. Soga, K. Uchida, J. Fujii (poster)
SOD1 deficiency accelerates destruction of erythrocytes and triggers autoantibody production by elevated oxidative stress
14th International Meeting of Society for Free Radical Research, Beijin, Oct 18-22, 2008, China

5) Y. Iuchi (poster, SFRR Japan, Young Investigator Award), F. Okada, S. Tsunoda, N. Kibe, N. Shirasawa, M. Ikawa, M. Okabe, Y. Ikeda, J. Fujii.
Peroxiredoxin 4 protects spermatogenic cells against oxidative stress.
14th International Meeting of Society for Free Radical Research, SFRR I, Beijin, Oct 18-22, 2008, China
【2007】
1) IUCHI Y (invited speaker), OKADA F, ONUMA K, KOBAYASHI M, FUJII J.)
Oxidative stress in erythrocytes; A cause for anemia and autoimmune response.
3rd International Meeting of the Society for Free Radical Research-Asia. Jan 8-11, 2007, Lonavala, India
2) YAMANOBE T, OKADA F, IUCHI Y (poster) , ONUMA K, TOMITA Y, FUJII J.(poster)
Deterioration of ischemia/reperfusion-induced acute renal failure in SOD1-deficient mice
3rd International Meeting of the Society for Free Radical Research-Asia.
Jan 8-11, 2007, Lonavala, India
3)

J. FUJII, Y. IUCHI, F. OKADA, O. NAKAJIMA, K. UCHIDA. (poster)
Augmented Oxidative Stress. A Cause for Autoantibody Production against Erythrocytes
Yamagata Univ. COE Program: Molecular Epidemiological Study Utilizing the Regional Characteristic. Sep 6-7, Yamagata, Japan

4) K. ONUMA, M. KOBAYASHI, J FUJII, F. OKADA (poster)
Suppression of Metastatic Ability of Mouse Fibrosarcoma Cells by Enforced Expression of GPI-80, a Glycosylphosphatidyl-Inositol-anchored Protein
Yamagata Univ. COE Program: Molecular Epidemiological Study Utilizing the Regional Characteristic. Sep 6-7,2007, Yamagata, Japan
5)

Junichi FUJII (invited speaker), Yoshihito IUCHI, Futoshi OKADA, Koji UCHIDA,、Osamu NAKAJIMA.
Oxidative Stress-Induced Autoantibody Production against Erythrocytes in Mice.
4th Joint Meeting of the Society for Free Radical Research (SFRR) Australasia and Japan, Dec.1-5, Kyoto, Japan

6) Okada F(invited speaker), Onuma K, Shionoya H, Kobayashi M, Matsubara N, Hosokawa M:
Prevention of inflammation-mediated malignant conversion of tumor cells by orally available superoxide dismutase.
4th Joint Meeting of the Society for Free Radical Research Australasia and Japan 2007 (Conference chairpersons, Yuji Naito and Shinya Toyokuni) December 1-5, 2007. Kyoto
, Japan
7) Onuma K(poster), Kobayashi M, Fujii J, Okada F:
Suppression of metastatic ability of mouse fibrosarcoma cells by enforced expression of GPI-80, a glycosylphosphatidyl-inositol-anchored protein.
International Symposium in Yamagata 2007, Molecular Epidemiological Study Utilizing the Regional Characteristics. Yamagata University Graduate School of Medicine, The 21st Century Center for Excellence (COE) Program. September 6-7, 2007. , Yamagata, Japan
【2006】
1) IUCHI Y, OKADA F, ONUMA K, KOBAYASHI M, FUJII J.
Accelerated erythrocyte aging and autoimmunity caused by oxidative stress.(poster)
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress
June 18-23, 2006, Kyoto, Japan.
2) FUJII J, IUCHI Y, OKADA F, ONUMA K, KOBAYASHI M.
Oxidative stress caused by SOD1-deficiency induces anemia and autoantibody generation to erythrocytes.(poster)
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress
June 18-23, 2006, Kyoto, Japan.
3) SUTO D, SATO K, OHBA Y, FUJII J.
Protein damage caused by singlet oxygen generated from endperoxide.(poster)
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress
June 18-23, 2006, Kyoto, Japan.
4)

IUCHI Y, OKADA F, ONUMA K, KOBAYASHI M, FUJII J.
Autoimmunity triggered by accelerated erythrocyte aging.(poster)
13th International Meeting of Society for Free Radical Research, August 15-19, 2006,Davos, Switzerland

5) FUJII J, IUCHI Y, OKADA F, ONUMA K, KOBAYASHI. M.
Elevated oxidative stress due to SOD1-deficiency causes generation of autoantibody against erythrocytes in mice.(poster)
13th International Meeting of Society for Free Radical Research, August 15-19, 2006,Davos, Switzerland
6)

OKADA F, ONUMA K, FUJII J.
Inflammation and its-derived reactive oxygen species as an endogenous factor in tumor development and progression.(poster)

13th International Meeting of Society for Free Radical Research, August 15-19, 2006,Davos, Switzerland

7) Fujii J invited speaker
Elevated oxidative stress in erythrocytes due to SOD1 deficiency triggers autoantibody production.

Satellite Symposium of IUBMB: “Frontiers in Redox Sciences”, June 24, 2006, Kyoto, Japan
8) Okada F.
Reactive oxygen species (ROS) in the inflammation as an endogenous factor in tumor development and progression.
11th International Congress of Metastasis Research Society jointed with 15th Annual Meeting of Japanese Association for Metastasis Research. September 3-6, 2006. Tokushima, Japan
【2005】
1) Okada F. Tazawa H, Kobayashi, Hosokawa M:
Infiltrated neutrophils as an endogenous factor for accelerating tumor progression.
The 96th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, April 16-20, 2005, Anaheim, CA, USA.
2) Okada F, Kawaguchi T, Kitagawa T, Kobayashi T, Tazawa H, Kobayashi M, Murakami A, Ohigashi H, Hosokawa M:
Prevention of chronic-inflammation-based conversion of human colonic adenoma cells to adenocarcinoma cells by auraptene, a citrus coumarin derivatives.
The ISCaP Symposium, May, 20-21, 2005, Kyoto, Japan.
3) Cheng G, Ikeda Y, Iuchi Y, Fujii J:
Detection of glutathionylated proteins by glutathione S-transferase overlay.
The 3rd International Symposium on Natural Antioxidants-Molecular Mechanisms and Health Effects (ISNA) and the 2nd Meeting of the Society for Free Radical Research Asia (SFRR Asia), Shanghai, June, 2005
4) Nagaoka Y, Otsu K, Okada F, Sato K, Ohba Y, Kotani N, Fujii J.
Specific inactivation of cysteine protease-type cathepsin by singlet oxygen generated from naphthalene endoperoxides
The 3rd International Symposium on Natural Antioxidants-Molecular Mechanisms and Health Effects(ISNA) and the 2nd Meeting of the Society for Free Radical Research Asia (SFRR Asia), Shanghai, June, 2005
5) Suto D, Otsu K, Sato K, Ohba Y, Yoshimura T, Fujii J:
Suppression of the pro-apoptotic function of cytochrome c by singlet oxygen via a heme redox state-independent mechanism.
The 3rd International Symposium on Natural Antioxidants-Molecular Mechanisms and Health Effects (ISNA) and the 2nd Meeting of the Society for Free Radical Research Asia (SFRR Asia), Shanghai, June, 2005
6) Fujii J (Symposiast), Iuchi Y, Okada F, Mikami T, Onuma K, Kobayashi M:
Oxidative stress caused by SOD1-deficiency induces anemia by increasing vulnerability of erythrocytes.
International Redox Network, Kyoto, Nov 2005
7) Suto D, Iuchi Y, Sato K, Yoshimura T, Ohba Y, Fujii J :
Cytotoxic effects of singlet oxygen: Induction of abortive apoptosis by suppressing apoptotic machinery.
International Redox Network, Kyoto, Nov 2005
8)

Y Iuchi, F Okada, T Mikami, K Onuma, M Kobayashi, J Fujii:
Enhanced Oxidative Damage of Erythrocytes Induces Anemia in SOD1-Knockout Mice.

3rd Joint Meeting of the Society for Free Radical Research of Australasia andJapan, Australia, Gold Coast, Dec 2005

9) F Okada (Symposiast), Y Iuchi, J Fujii:
Impact of Inflammatory-Cell-Derived Reactive Oxygen Species as an Endogenous Factor in Acquisition of Tumor Progression
3rd Joint Meeting of the Society for Free Radical Research of Australasia andJapan, Australia, Gold Coast, Dec 2005.
10) F Okada, K Nakai, T Kobayashi, T Shibata, K Suzuki, N Taniguchi, M Kobayashi. M Hosokawa: Inflammation-accelerated proneness of benign tumors to acquire malignant phenotypes is inversely related with intracellular antioxidative enzyme levels.
The 25th International Symposium of the Sapporo Cancer Seminar, Yamagata, Aug 2005
  【2004】
  1) Fujii J (Symposiast), Otsu K, Ikeda Y, Sato K, Ohba Y:
Elucidation of singlet oxygen-induced cell death.
XII Biennial Meetin of the Society for Rree Radical Research International. Buenos Aires; May 2004
  2) Uno K, Iuchi Y, Fujii J, Sugata H, Iijima K, Kato K, Simosegawa T, Yohimura T:
Effect of cyclooxygenase activity on nitric oxide from inducible nitric oxide synthase in the gastric mucosa in vivo rat endotoximia model.
The 3rd International Conference on the Biology, Chemistry and Thrapeutic Applications of Nitric Oxide. Nara; May 2004
  【2003】
  1) Matsuki S, Iuchi Y, Ikeda Y, Sasagawa I, Fujii J:
Mitochondrion as a primary target of heat-induced apoptosis in spermatogenic cells.
28th Annual Meeting of the American Society of Andrology. Phoenix; March 2003
  2) Iuchi Y, Kaneko T, Matsuki S, Sasagawa I, Fujii J:
Possible involvement of YB2/RYB-a protein in masking mP2 mRNA during spermatogenesis.
28th Annual Meeting of the American Society of Andrology. Phoenix; March 2003
  3) Otsu K, Ikeda Y, Fujii J:
The accumulation of Mn-Superoxide dismutase under metal-depleted conditions: An implicated role of zinc ion for cellular redox balance.
International Symposium on Free Radicals and Health. Sakata; October 2003
  4) Fujii J (Symposiast), Otsu K, Ikeda Y, Sato K, Ohba Y, Imai H, Nakagawa Y:
A mechanism of cell death induced by singlet oxygen generated from endoperoxides.
The International Meeting of the Society for Free Radical Research-Asia. Seoul; November 2003
  5) Matsuki S, Iuchi Y, Ikeda Y, Sasagawa I, Tomita Y, Fujii J:
Induction of testicular cell apoptosis in mice by mild heat stress and its inhibition by minocycline.
The International Meeting of the Society for Free Radical Research-Asia. Seoul; November 2003
  6) Fujii J (Symposiast):
Revisit to glutathione redox system.
International Joint Meeting on Food Factors and Free Radicals in Health & Disease. Kyoto; December 2003
  【2002】
  1) Kaneko T, Iuchi Y, Fujii J:
Glutathione redox status in the rat genital tract.
XIth Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International. Paris; July 2002
  2) Otsu K, Ikeda Y, Fujii J:
Mn-superoxide dismutase accumulation under metal-depleted conditions: possible compensation against augmented oxidative stress.
International Symposium for Redox Signaling and Stress Diseases. Kyoto; November 2002
  3) Otsu K, Sato K, Ikeda Y, Ohba Y, Fujii J:
Utilization of singlet oxygen donors, naphthalene endoperoxide derivatives, to investigate mechanism of singlet oxygen-induced cell death.
International Symposium for Redox Signaling and Stress Diseases. Kyoto; November 2002
  【2001】
  1) Kaneko T, Iuchi Y, Saito H, Kurachi H, Fujii J:
Glutathione reductase expression in the female reproductive organs.
Second International Conference on Oxidative Stress and Aging, Hawaii; April 2001
  2) Fujii J, Kaneko T, Kobayashi T, Iuchi Y, Takahashi M:
Localization and physiological implication of polyol-metabolyzing enzymes in male and female reproductive systems of rat.
7th International Symposium on the Maillard Reaction, Kumamoto; October 2001
  3) Fujii J (Symposiast):
Physiological relevance of redox proteins to mammalian reproduction.
Joint Scientific Meeting. Societies for Free Radical Research Australasia and Japan. Sydney; December 2001
  【2000】
  1) Fujii J, Fujiwara N, Fujii T, Taniguchi T:
Roles of selenocysteine and subunit interaction in the catalytic mechanism of rat thioredoxin reductase.
7th International Symposium on Selenium in Biology and Medicine, Venezia; October 2000
  2) Fujii J (Symposiast), Endo T, Fujii T, Sato K, Taniguchi N:
Significance of conserved metal-binding residues in copper chaperone for SOD1 in the chaperone activity.
10th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Kyoto; October 2000
  3) Kira Y, Sato E F, Teramura M, Fujii J, Inoue M:
Subcellular localization of Cu/Zn-SOD and its role in the pathogenesis of fals.
10th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Kyoto; October 2000
  4) Takamiya R, Miyamoto Y, Takahashi M, Myin T, Miyazawa N, Fujii J, Taniguchi N:
Fals-associated Cu,Zn-SOD mutants have high susceptibility to glycation reaction.
10th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Kyoto; October 2000
  【1999】
  1) Wang X,Saito H,Otsu K,Ishikawa K,Hiroi M:
Effects of type I collagen matrix on progesterone production and cytochrome P450 cholesterol side-chain cleavage enzyme gene expression in primary cultured porcine granulosa cells.
11th World Congress on In vitro Fertilization and Human Reproductive Genetics,Sydney;May 1999
  2) Wang X,Saito H,Ishikawa K,Hiroi M:
Effects of type I collagen matrix on progesterone production and cytochrome P450 cholesterol side-chain cleavage enzyme gene expression in primary cultured porcine granulosa cells.
Conjoint Annual Meeting American Society for Reproductive Medicine Canadian Fertility and Andrology Society, Toronto;September 1999
  3) Iuchi Y,Takano Y,Ishikawa K:Responsive elements to hormones in the rat aldolase B gene.10th International Congress on Genes, Gene Families and Isozymes,Beijing;October 1999
  4) Fujii J,Fujii T,Endo T,Taniguchi N:
Functional analysis of Cu chaperone for Cu,Zn-Superoxide dismutase.International Symposium for Oxidative Stress,
Redox Regulation and Signal Transduction; Clinical Implications,Kyoto;November 1999
  5) Fujiwara N,Fujii T,Fujii J,Taniguchi N:
The role of the selenocysteine residue in the catalytic mechanism of rat thioredoxin reductase.
International Symposium for Oxidative Stress, Redox Regulation and Signal Transduction; Clinical Implications,Kyoto;November 1999
  6) Fujii T, Fujii J, Ikeda Y, Taniguchi N:
Rat peroxiredoxin V containing one conserved cysteine residue: Characterization and reaction mechanism of the glutathione-dependent peroxidase activity.
International Symposium for Oxidative Stress, Redox Regulation and Signal Transduction; Clinical Implications,Kyoto;November 1999

(2) 国内の学会・シンポジウム
  【2017】 
  1) 小林翔(口演)浜島真司本間拓二郎藤井順逸、佐藤英世.
マクロファージの酸化ストレス防御とNO産生におけるシスチン・グルタミン酸トランスポーターの役割.
第17回日本NO学会、阿波観光ホテル、徳島、2017年5月19-20日.
 
  2)  石井直樹(ポスター)、本間拓二郎李在勇小林翔、三橋輝、木村直子、山本順寛、藤井順逸.
CoQ10およびアスコルビン酸はSOD1欠損雌マウスの生殖機能を改善する.
第70回日本酸化ストレス学会、つくば国際会議場、つくば、2017年6月28-29日. 
  3)  本間拓二郎(ポスター)、浜島真司小林翔倉橋敏裕、渡辺連、木村直子、佐藤英世、藤井順逸.
シスチントランスポーター・xCTの男性生殖能における役割の検討
.
第70回日本酸化ストレス学会、つくば国際会議場、つくば、2017年6月28-29日 
  4)

邵力(ポスター), 張旭紅、橘寛彦、張捷、吉田雪絵、川崎良、飯野光喜.
口腔癌におけるmiR-223標的遺伝子のバイオインフォマティクス予測と実験的検証.
第76回日本癌学会学術総会.パシフィコ横浜、横浜 2017年9月28〜30日

  5)

邵力(ポスター)、張旭紅、大谷勝実、武田弘明、福井忠久、上野義之、本郷誠治.
ヘリコバクター・ピロリsabA遺伝子の多様性とSabAタンパク質発現と胃十二指腸疾患との関連.
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017).神戸ポートアイランド、神戸、2017年12月6-9日

  6)  小林翔(ポスター)、李在勇、高尾敏文、藤井順逸.
絶食によるアミノ酸代謝の亢進はオフタルミン酸合成を促進する.
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017).神戸ポートアイランド、神戸、2017年12月6-9日 
  7)
本間拓二郎(ポスター)、浜島真司小林翔倉橋敏裕、渡辺連、木村直子、佐藤英世、藤井順逸.
シスチントランスポーター・xCT欠損マウスは雄性生殖能が低下する.

2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017).神戸ポートアイランド、神戸、2017年12月6-9日
  【2016】   
  1)  小林翔(ポスター、優秀ポスター賞受賞)、姜恩實李在勇本間拓二郎倉橋敏裕、徐漢克、佐藤英世、藤井順逸.  
肝臓へのシステイン供給におけるxCTとTranssulfuration経路の役割.
第69回日本酸化ストレス学会、仙台国際センター会議棟、仙台、2016年8月30-31日 
  
  2)  本間拓二郎 (ポスター)、白土貴也李在勇倉橋敏裕藤井順逸.
SOD1欠損による酸化ストレスはシトクロムP450活性を抑制することで薬剤誘発性肝障害を軽減する. 
第69回日本酸化ストレス学会、仙台国際センター会議棟、仙台、2016年8月30-31日 
 
  3)  明原隆介 (ポスター)本間拓二郎李在勇、宮田哲、藤井順逸.
アルデヒド還元酵素(AKR1a)欠損は四塩化炭素誘発脂肪肝を悪化させる.
第69回日本酸化ストレス学会、仙台国際センター会議棟、仙台、2016年8月30-31日 
  
  4)  石井直樹 (ポスター)伊藤純一明原隆介李在勇倉橋敏裕本間拓二郎藤井順逸.
一過性の脂肪蓄積はSOD1欠損マウスの肝臓を酸化ストレスから保護する.
第69回日本酸化ストレス学会、仙台国際センター会議棟、仙台、2016年8月30-31日 
  
  5)  本間拓二郎 (ポスター)、藤井順逸.
熱ストレス障害に対する小胞体ストレス応答の解析:酸化ストレスはIRE1発現を減少させる。

第89回日本生化学会大会、仙台国際センター/東北大学川内キャンパス、仙台、2016年9月25-27日 
  6)  白土貴也 (ポスター)、本間拓二郎李在勇倉橋敏裕藤井順逸.
薬剤性肝障害はSOD1欠損によりを軽減される.
第89回日本生化学会大会、仙台国際センター/東北大学川内キャンパス、仙台、2016年9月25-27日
  
  7)  Lee Jaeyong (ポスター)、間拓二郎倉橋敏裕姜恩實藤井順逸.
SOD1欠損マウスの絶食による腎障害機構.
第89回日本生化学会大会、仙台国際センター/東北大学川内キャンパス、仙台、2016年9月25-27日
  
  8)  浜島真司 (ポスター)本間拓二郎小林翔倉橋敏裕、佐藤英世、藤井順逸.
精子形成過程におけるシスチントランスポーター・xCTの生理的役割.
第89回日本生化学会大会、仙台国際センター/東北大学川内キャンパス、仙台、2016年9月25-27日
  
【2015】
  1) 倉橋敏裕 (口演)、鍋島篤典、李在勇本間拓二郎、山田壮亮、中山敏幸、宮田哲、藤井順逸.
アスコルビン酸によるアセトアミノフェン誘導性酸化ストレスからの肝臓保護作用
第68回日本酸化ストレス学会、かごしま県民交流センター、鹿児島、2015年6月11-12日   
  2) 本間拓二郎 (ポスター)、倉橋敏裕藤井順逸
酸化ストレスによる赤血球でのユビキチン・プロテアソーム系の破綻
第68回日本酸化ストレス学会、かごしま県民交流センター、鹿児島、2015年6月11-12日 
  
  3) 姜恩實李在勇倉橋敏裕本間拓二郎、小林翔、佐藤英世、藤井順逸 (ポスター).
肝臓のシステイン・ホメオスタシスにおけるxCTとトランススルフレーション経路の役割.
第15回日本NO学会、千里ライフサイエンスセンター、吹田、2015年6月26-27日   
  4) 明原隆介本間拓二郎(ポスター)、宮田哲、藤井順逸.
アルデヒド還元酵素AKR1aは四塩化炭素による肝障害からの保護に重要である
第88回日本生化学会・第38回日本分子生物学会合同大会、神戸ポートアイランド、2015年12月1-4日
  5) 李在勇(ポスター)、本間拓二郎倉橋敏裕姜恩實藤井順逸.
ストレス応答で起こる脂肪蓄積は肝臓を障害から保護する.
第88回日本生化学会・第38回日本分子生物学会合同大会、神戸ポートアイランド、2015年12月1-4日
  6) 倉橋敏裕(ポスター)、李在勇白土貴也浜島真司本間拓二郎、白澤信行、藤井順逸.
酸化ストレスによるオートファジー障害に起因する脂質代謝障害.
第88回日本生化学会・第38回日本分子生物学会合同大会、神戸ポートアイランド、2015年12月1-4日 
  【2014】  
  1)  藤井順逸、木村直子:(ワークショップ)レドックス応答の破綻による卵子の老化促進.
第32回日本受精着床学会総会
. ハイアット リージェンシー東京. 東京、2014年7月31日-8月1日 
  2)  名古 満、藤井 順逸、木村 直子 (口演).
MI期動原体へのBubR1の局在性低下が卵染色体の異数性を増加させる〜成熟培養系SOD1遺伝子欠損マウス卵を用いた研究〜

第32回日本受精着床学会総会. ハイアット リージェンシー東京. 東京、2014年7月31日-8月1日  
  3) 倉橋敏裕 (口演)、西田隼齋藤由香李在勇、鍋島篤典、山田壮亮、冨田善彦、宮田哲、高尾敏文、藤井順逸
臓器線維化における細胞外基質蛋白質の酸化的折畳みに働く小胞体チオールオキシダーゼとアスコルビン酸に関する研究.
第67回日本酸化ストレス学会、同志社大学今出川キャンパス、京都、2014年9月4-5日
 
  4)  Junichi Fujii (Symposium), Toshihiro Kurahashi.
Oxidative protein folding in endoplasmic reticulum as a vulnerabl machinery to oxidativ einsult.
第87回日本生化学会、京都国際会議場、京都、2014年10月15-18日
  
  5)  李 在勇 (ポスター)倉橋敏裕本間拓二郎、鍋島篤典、山田壮亮、藤井順逸.
酸化ストレスによる脂肪肝発症の分子機構
第36回日本分子生物学会年会、横浜、2014年11月25-27日   
  6)  倉橋敏裕 (ポスター)、鍋島篤典、齋藤由香李在勇本間拓二郎、山田壮亮、中山敏幸、佐藤英世、宮田哲、藤井順逸.
アセトアミノフェン急性肝障害におけるアスコルビン酸とチオール化合物の肝臓保護作用.
第36回日本分子生物学会年会、横浜、2014年11月25-27日
 
  7)  松本勝太郎、多田久志、田崎英祐、倉橋敏裕張旭紅藤井順逸、井内良仁.
抗酸化酵素ペルオキしレドキシン4bの機能解析.
第36回日本分子生物学会年会、横浜、2014年11月25-27日
 
  【2013】  
  1)  倉橋敏裕 (口演)李 在勇権 明秀、高橋素子、大槻倫之伊藤純一、松岡悠太、山田健一、宮田 哲、 藤井順逸:
アスコルビン酸合成とカルボニル化合物還元の二面性を有するAKR1Aの機能解明
.
第66回日本酸化ストレス学会、ウインクあいち、名古屋、2013年6月13-14日
 
  2)  藤井順逸: (ランチオンセミナー若手研究者からの多数の論文投稿を願って.
第66回日本酸化ストレス学会、ウインクあいち、名古屋、2013年6月13-14日
  3) 

名古満、藤井順逸、木村直子:
体外成熟させたSOD1遺伝子欠損マウス卵で見らる異数性増加の解析.
第54回日本卵子学会、学術総合センター(東京都千代田区)、2013年5月25-26日

  4)  星野由貴、梅田 彩、高橋素子、宮田 哲、吉田康一、藤井順逸、木村直子:
培養系卵の初期発生におけるビタミンCの役割〜アルデヒド還元酵素遺伝子欠損卵を用いた検証〜
第31回日本受精着床学会総会、別府国際コンベンションセンター、別府、大分県、2013年8月8-9日.
  5) 

窪田有里子、藤井 順逸、木村直子:
老齢SOD1欠損マウスにおける排卵数減少の原因解.
117回日本畜産学会第大会、新潟大学、新潟、2013年9月9-10日
.

  6)  渡辺 連、角田智志藤井順逸、佐藤英世、木村 直子:
老齢シスチン・グルタミン酸トランスポーター遺伝子欠損マウスにおける卵巣機能の解析.
117回日本畜産学会第大会、新潟大学、新潟、2013年9月9-10日. 
  7) 星野由貴、鈴木あやめ、吉田康一、藤井順逸、木村直子:
マウス初期胚発生におけるビタミンCの役割-活性持続型ビタミンCの効果-
第31回日本畜産学会総会、新潟大学、新潟、2013年9月9-10日. 
  8)  名古満、藤井順逸、木村直子:
酸化ストレスによる染色体異数性誘発卵における紡錘体形成チェックポイントタンパク質BubR1の発現動態
第106回日本繁殖生物学会大会、東京農工大農学部府中キャンパス、2013年9月12-14日.
  9) 李在勇 (poster)倉橋敏裕権明秀、高橋素子、大槻倫之伊藤 純一、松岡悠太、山田健一、宮田哲、佐藤英世、藤井順逸:
AKR1AならびにxCT遺伝子改変マウスを用いた低分子量レドックス分子のクロストークに関する研究.
.第86回日本生化学会、パシフィコ横浜、横浜、 2013年9月11-13日
  10)  Zhang X (poster), Sho R, Watanabe H,  Saito T, Sato M, Fujii J, and Fukao A:
Is microRNA-224 a potential therapeutic target for HCC?
第86回日本生化学会、パシフィコ横浜、横浜、2013年9月11-13日
  11) Satoshi Tsunoda (late-breaking abstract, poster), Noriko Kibe, Toshihiro Kurahashi, Junichi Fujii.
Differential responses of SOD1-deficient mouse embryonic fibroblasts to oxygen concentrations

第86回日本生化学会、パシフィコ横浜、横浜、2013年9月11-13日 
  12) 

倉橋敏裕李在勇、鍋島篤典、山田壮亮、白澤信行、伊藤純一藤井 順逸.
SOD1欠損による酸化的ストレスはPrdx4欠損マウスに肝障害を惹起する.
第36回日本分子生物学会年会、神戸、 2013年12月3-6日、神戸ポートアイランド 

  【2012】  
  1) 角田智志、河野菜摘子、宮戸健二、木村直子、藤井順逸
SOD1欠損による精子内因性酸化ストレス亢進が引き起こす体外受精率低下機構.
第65回日本酸化ストレス学会、徳島、2012年6月
 
  2)  橋敏裕大槻倫之金野祐権秀明角田智志藤井順逸: 
SOD1欠損マウス小腸における脂質代謝の解析.
第65回日本酸化ストレス学会、徳島、2012年6月
  3)  倉橋 敏裕金野 祐大槻 倫之権 秀明角田 智志伊藤 純一藤井 順逸
酸化ストレス亢進による小腸の脂質代謝異常
第35回日本分子生物学会年会、福岡、 2012年12月
  4)  井内 良仁、 柳井 彩、井料 由香里、藤井 順逸
SOD1欠損細胞を用いた抗酸化物質の新規評価系の開発

第35回日本分子生物学会年会、福岡、 2012年12月  
  5)  伊藤 純一大槻 倫之、 高橋 素子、 権 明秀金野 祐角田 智志倉橋 敏裕張 旭紅、宮田 哲、 藤井 順逸
Aldehyde reductase欠損によるアスコルビン酸合成障害のPentobarbital代謝に与える影響
 
第85回日本生化学会、福岡、 2012年12月
  6)  金野 祐大槻 倫之権 明秀角田 智志伊藤 純一倉橋 敏裕、松岡 悠太、 山崎 俊栄、 山田 健一、 宮田 哲、 高橋 素子、 藤井 順逸
Aldehyde reductase (AKR1A)欠損によるアスコルビン酸合成障害の血液系に与える影響

第85回日本生化学会、福岡、 2012年12月 
  7)  角田 智志、 河野 菜摘子、 宮戸 健二、木村 直子、 藤井 順逸
SOD1欠損マウス精子の体外受精率低下機構の解析
(poster & selected for short talk) 

第85回日本生化学会、福岡、 2012年12月
  8)  Zhang X, Sho R, Watanabe H, Saito T, Ishii R, Teng L, Sato M, Kawata S, and Fukao A:
Identification of miR-224 target genes and pathways related to hepatocellular carcinoma.
第85回日本生化学会、福岡、2012年12月
 
  9)  伊藤純一, 大槻倫之, 高橋素子, 権明秀, 金野祐, 角田智志, 倉橋敏裕, 張旭紅, 宮田哲, 藤井順逸
肝臓の解毒反応におけるアルデヒド還元酵素の役割の遺伝子改変マウスを用いた解明.
}第16回日本肝臓学会
大会、神戸、2012年10月
  10)  窪田有里子,猪野友香里,藤井順逸,木村直子.
SOD1欠損マウスにおける加齢による排卵卵子数および卵胞数の変化.
第105回日本繁殖生物学会大会、筑波大学大学会館、つくば市、2012年9月5-8日.
  11) 

星野由貴、樋口謙太、高橋素子、宮田 哲、吉田康一、藤井順逸、木村直子:
マウス卵初期発生過程におけるアスコルビン酸(VC)含量とVC合成系・取込み系遺伝子の発現.

第105回日本繁殖生物学会大会、筑波大学大学会館、つくば市、2012年9月5-8日.

  【2011】  
  1)  角田智志木村直子、藤井順逸
内因性酸化ストレス蓄積によるマウス2細胞期発生停止へのCDKインヒビターの関与の可能性
第52回日本哺乳動物卵子学会、大田原、2011年5月    
  2) 藤井順逸(シンポジウム): 
赤血球を酸化ストレスによるレドックスバランスの破綻から護る抗酸化機構
第64回日本酸化ストレス学会、ルスツ(北海道)、2011年7月
  3)  角田智志(優秀ポスター賞)藤井順逸
SOD1欠損が雄性生殖能に与える影響
第64回日本酸化ストレス学会、ルスツ(北海道)、2011年7月
  
  4)  高橋素子、宮田哲、藤井順逸、井内陽子、上山 茂充、曽我朋義、藤縄玲子、荒木素子、谷口直之、黒木由夫:
酸化還元酵素アルデヒドレダクターゼノックアウトマウスで発症するアスコルビン酸欠乏症とその影響.
第64回日本酸化ストレス学会、ルスツ(北海道)、2011年7月
  5)  伊藤純一倉橋敏裕金野祐大槻倫之角田智志張旭紅藤井順逸
過酸化PeoxiredoxinIIの検出による赤血球レドックスバランスと機能の解明.

第84回日本生化学会、京都、 2011年9月 
  6)   金野祐(鈴木紘一メモリアル賞[優秀プレゼンテーション賞])大槻倫之鈴木紗織岐部紀子角田智志井内良仁藤井順逸: 
NZマウスの自己免疫疾患発症に対する赤血球酸化名kストレスの関与.
第84回日本生化学会、京都、 2011年9月
 
  7)  角田智志岐部紀子藤井順逸
SOD1欠損マウス胎仔線維芽細胞を用いた酸化ストレス誘導性細胞周期停止機構の解析.
第84回日本生化学会、京都、 2011年9月
 
  8)  

末永裕佳、坂木隆太、小沼邦重、村上明、田中宏樹、浜田淳一、小林正伸、藤井順逸、岡田太
炎症発癌を標的とした予防化合物の定量的検出系の開発.
第70回日本癌学会、10月3-5日、名古屋 

  9)  張旭紅、 邵力、 渡辺久剛、滕亮、齋藤貴史、石井里佳、横澤潤二、木村理、藤井順逸、深尾彰:
肝細胞癌におけるmiR-224の機能解析.
第34回日本分子生物学会年会、横浜、2011年12月 
  10)  Kurahashi T,Awada C, Konno T, Otsuki N, Tsunoda S, Zhang X, Ito J, Iuchi Y, Takao T, Fujii. J
Roles of peroxiredoxin 4 in protein sulfhyryl oxidation.?
第34回日本分子生物学会年会、横浜、2011年12月 
  11) 名古満,小田嶋 和治,藤井 順逸,木村 直子.
卵成熟培養系での SOD1 の欠損は卵核胞崩壊の早期化と紡錘体の矮小化を引き起こす.
103回日本繁殖生物学会大会. 
  12)

木村直子、小田嶋和治、名古満、藤井順逸:
マウス卵成熟培養系でみられるSOD1欠損による減数分裂過程の異常.
第29回日本受精着床学会総会、京王プラザホテル、2011年9月9〜10日

  13)

樋口謙太、酒出はるな、藤井順逸、木村直子:
マウス卵発生過程におけるアスコルビン酸(VC)合成系遺伝子の発現とその役割.
104回日本繁殖生物学会大会、 いわて県民情報交流センター・アイーナ、岩手、2011年9月15-17日.

  14)

佐藤康子、末永真奈美、藤井順逸、木村直子:
卵成熟過程におけるSOD1の役割:SOD1欠損卵でみられる透明帯への多精子進入.
104回日本繁殖生物学会大会、 いわて県民情報交流センター・アイーナ、岩手、2011年9月15-17日. 

  15) 小野寺寛典、松岡直也、高野智枝、角田智志藤井順逸、木村直子
老齢SOD1遺伝子欠損マウス卵の発生能とクオリティの評価
104回日本繁殖生物学会大会、 いわて県民情報交流センター・アイーナ、岩手、2011年9月15-17日.  
  16) 

渡辺連、松岡 直也、高野智枝、角田智志、藤井順逸、佐藤英世、木村 直子:
老齢シスチン・グルタミン酸トランスポーター遺伝子欠損マウス卵の発生能とクオリティの評価
. 
104回日本繁殖生物学会大会、 いわて県民情報交流センター・アイーナ、岩手、2011年9月15-17日.  

  17)

名古満、小田嶋和治、藤井順逸、木村直子:
卵成熟培養系でのSOD1の欠損は卵核胞崩壊の早期化と紡錘体の矮小化を引き起こす.
104回日本繁殖生物学会大会、 いわて県民情報交流センター・アイーナ、岩手、2011年9月15-17日.  

  【2010】  
  1) 木村 直子、猪野 友香里、戸津川 清、藤井 順逸
SOD1欠損老化マウスでみられる排卵数および発育卵胞数の減少
第112回日本畜産学会大会 2010年3月
  2) 角田智志岐部紀子藤井順逸
SOD1欠損マウス胎児線維芽細胞を用いた酸化ストレスによる細胞死と増殖抑制機構の解析.
第63回日本酸化ストレス学会,横浜,2010年6月
 
  3)

藤井順逸(ワークショップ)
Prx4の抗酸化活性による活性酸素シグナルの制御 
第33回日本分子生物学会第83回日本生化学合同年会. 2010年12月、神戸

  4) 

角田智志、木村直子、井内良仁、阿部宏之、中島修、十津川清、藤井順逸
内因性酸化ストレス亢進によるマウス着床前胚の発生段階に依存した分裂停止および細胞死の解析.
第33回日本分子生物学会第83回日本生化学合同年会. 2010年12月、神戸 

  5) 

Takahashi M, Fujii J, Araki M, Inai Y, Soga T, Miyata S, Taniguchi N, Kuroki Y. :
The involvement of aldehyde reductase in biosynthesis of ascorbic acid in mice. 
第33回日本分子生物学会第83回日本生化学合同年会. 2010年12月、神戸

  6) 

張旭紅、劭力、渡辺久剛、斎藤貴史、石井里佳、深尾彰、河田純男:
RNAiスクリーニングを用いたHCV増殖に関る宿主因子の探索.
第33回日本分子生物学会第83回日本生化学合同年会. 2010年12月、神戸 

  7)  倉橋敏裕、上田哲也、古澤貴志、Michael Bustin:
ヌクレオソーム結合タンパク質HMGN3はグルコース恒常性制御に関わっている.
第33回日本分子生物学会第83回日本生化学合同年会. 2010年12月、神戸 
  8) 

小沼邦重、藤井順逸、小林正伸、岡田太:
炎症発癌に対する予防化合物の同定
第69回日本癌学会総会. 2010年9月22-24、大阪

  9)  佐藤康子、小田島和治、角田智志、戸津川清、藤井順逸、木村直子.
体外成熟させたSOD1遺伝子欠損マウス卵でみられる受精障害の解析. 
第103回日本繁殖生物学会大会. 2010年9月2〜4日 十和田
  10)  佐藤康子、末永真奈美、藤井順逸、木村直子.
卵成熟過程におけるSOD1の役割:透明帯ブロックへの影響.
第113回日本畜産学会大会発表. 厚木 2011年3月27〜29日 
  11)  佐藤康子、木村直子、井内良仁、佐藤英世、藤井順逸、戸津川清.
SOD1
欠損マウス卵でみられる卵成熟過程での酸化ストレスによる受精障害.
51回日本哺乳動物卵子学会大会. 新潟 2010529?30
 
  12)  奥本和夫, 斎藤貴史, 佐藤智佳子, 芳賀弘明, 石井里佳, 三條麻衣, 西瀬雄子, 伊藤純一, 渡辺久剛, 斎藤孝治, 冨樫整, 河田純男:
B型急性肝炎(ゲノタイプA)に対する核酸アナログ投与の検討.
第96回日本消化器病学会総会肝臓学会総会, 新潟;2010年4月 
  13)  石井里佳, 斎藤貴史, 渡辺久剛, 宇賀神智, 佐藤智佳子, 芳賀弘明, 三條麻衣, 奥本和夫, 西瀬雄子, 伊藤純一, 斎藤孝治, 冨樫整, 河田純男:
当科におけるSVR例からの肝発癌症例の検討.
第96回日本消化器病学会総会肝臓学会総会, 新潟;2010年4月 
  14)  邵力, 張旭紅, 渡辺久剛, 齋藤貴史, 石井里佳, 深尾彰, 河田純男 :
HCV培養細胞感染系におけるTLRシグナル伝達関連遺伝子の発現解析.
第46回日本肝臓学会総会, 山形; 2010年5月
  15)  渡辺久剛, 斎藤貴史, 西瀬雄子, 佐藤智佳子, 石井里佳, 芳賀弘明, 三條麻衣, 奥本和夫, 伊藤純一, 斎藤孝治, 冨樫整, 河田純男:
HCVコホートにおけるウイルス自然治癒および肝発癌の検討.
第46回日本肝臓学会総会, 山形;2010年5月 
  16)  芳賀弘明, 西瀬雄子, 安藤雅泰, 菅原心平, 佐藤智佳子, 石井里佳, 三條麻衣, 奥本和夫, 伊藤純一, 渡辺久剛, 斎藤孝治, 斎藤貴史, 冨樫整, 河田純男:
肝区域におけるVirtual Touch Tissue Quantificationの検討.
第46回日本肝臓学会総会, 山形;2010年5月 
  17)  西瀬雄子, 斎藤貴史, 佐藤智佳子, 石井里佳, 芳賀弘明, 三條麻衣, 奥本和夫, 伊藤純一, 渡辺久剛, 斎藤孝治, 冨樫整, 河田純男:
超音波検査における肝腎光学輝度比の上昇とメタボリックシンドローム関連因子との関係.
第46回日本肝臓学会総会, 山形;2010年5月 
  18)  斎藤孝治, 奥本和夫, 芳賀弘明, 宇賀神智, 佐藤智佳子, 石井里佳, 三條麻衣, 西瀬雄子, 伊藤純一, 渡辺久剛, 斎藤貴史, 冨樫整, 河田純男:
肝癌局所治療におけるソナゾイド造影超音波およびRVSの有用性について.
第46回日本肝臓学会総会, 山形;2010年5月 
  19)  奥本和夫, 斎藤貴史, 佐藤智佳子, 石井里佳, 芳賀弘明, 三條麻衣, 西瀬雄子, 伊藤純一, 渡辺久剛, 斎藤孝治, 冨樫整, 河田純男:
肝再生におけるStem Cell Factor (SCF)の役割についての検討.
第46回日本肝臓学会総会, 山形;2010年5月 
  20)  三條麻衣, 奥本和夫, 佐藤智佳子, 石井里佳, 芳賀弘明, 西瀬雄子, 伊藤純一, 渡辺久剛, 斎藤孝治, 斎藤貴史, 冨樫整, 河田純男:
B-RTO不成功例に対する内視鏡的硬化療法後の肝予備能の変化についての検討.
第46回日本肝臓学会総会, 山形;2010年5月 
  21)  石井里佳, 斎藤貴史, 三條麻衣, 佐藤智佳子, 芳賀弘明, 奥本和夫, 西瀬雄子, 伊藤純一, 渡辺久剛, 斎藤孝治, 冨樫整, 河田純男:
C型慢性肝炎に対するIFN治療後のSVR例からの肝発癌症例の検討.
第46回日本肝臓学会総会, 山形;2010年5月 
  22)  芳賀弘明, 斎藤貴史, 奥本和夫, 佐藤智佳子, 石井里佳, 三條麻衣, 西瀬雄子, 伊藤純一, 渡辺久剛, 斎藤孝治, 冨樫整, 河田純男:
Fibroblast growth factor 2(FGF2)の肝再生における役割についての検討.
第46回日本肝臓学会総会, 山形;2010年5月 
  23)  伊藤純一, 石井里佳, 三條麻衣, 佐藤智佳子, 芳賀弘明, 奥本和夫, 渡辺久剛, 斎藤孝治, 斎藤貴史, 冨樫整, 河田純男:
内視鏡的胃静脈瘤硬化療法後に食道静脈瘤が発達、破裂した1例の3D-CTによる検討.
第80回日本消化器内視鏡学会総会, 横浜:2010年10月 
  24)  奥本和夫, 斎藤孝治, 芳賀弘明, 佐藤智佳子, 石井里佳, 三條麻衣, 西瀬雄子, 伊藤純一, 渡辺久剛, 斎藤貴史, 冨樫整, 河田純男:
尾状葉(S1)肝細胞癌に対する穿刺局所療法時におけるReal-time Virtual Sonography (RVS)の有用性について.
第52回日本消化器病学会大会, 横浜;2010年10月 
  25)  佐藤智佳子, 斎藤貴史, 三澤慶子, 宇賀神智, 芳賀弘明, 石井里佳, 三條麻衣, 奥本和夫, 西瀬雄子, 伊藤純一, 渡辺久剛, 斎藤孝治, 冨樫整, 河田純男:
C型慢性肝炎患者におけるミトコンドリア脂肪酸β酸化障害-絶食試験によるin vivo解析.
第52回日本消化器病学会大会, 横浜;2010年10月 
  26)  芳賀弘明, 佐藤智佳子,石井里佳, 三條麻衣, 奥本和夫, 西瀬雄子, 伊藤純一, 渡辺久剛, 斎藤孝治, 斎藤貴史, 冨樫整, 河田純男:
NASH(非アルコール性脂肪肝炎)患者におけるVirtual Touch Tissue Quantificationの検討.
第14回日本肝臓学会大会, 横浜;2010年10月 
  27)  渡辺久剛, 斎藤貴史, 石井里佳, 佐藤智佳子, 芳賀弘明, 三條麻衣, 奥本和夫, 西瀬雄子, 伊藤純一, 斎藤孝治, 冨樫整, 河田純男:
B型肝炎ジェノタイプB型高浸淫地域における急性B型肝炎の実態.
第14回日本肝臓学会大会, 横浜;2010年10月 
  28)  滕亮, 邵力, 渡辺久剛, 張旭紅, 齋藤貴史, 石井里佳, 河田純男, 深尾彰, 木村理:
肝癌におけるmicroRNA の発現異常と意義.
第14回日本肝臓学会大会, 横浜; 2010年10月
  29)  伊藤純一, 沼倉周彦, 石井里佳, 佐藤智佳子, 芳賀弘明, 三條麻衣, 奥本和夫, 西瀬雄子, 渡邉久剛, 斎藤孝治, 斎藤貴史, 井田博幸, 早坂  清, 河田純男:
肝生検で診断されたGaucher病の1例.
第38回日本肝臓学会東部会, 東京;2010年12月 
  30)  石井里佳, 斎藤孝治, 伊藤純一, 佐藤智佳子, 芳賀弘明, 三條麻衣, 奥本和夫, 西瀬雄子, 渡辺久剛, 斎藤貴史, 冨樫整, 河田純男:
Low-dose FP肝動注療法およびMitoxantrone併用療法が奏効した肝細胞癌の1例.
第38回日本肝臓学会東部会, 東京;2010年12月 
  31)  西瀬雄子, 芳賀弘明, 佐藤智佳子, 石井里佳, 三條麻衣, 奥本和夫, 伊藤純一, 渡辺久剛, 斎藤孝治, 斎藤貴史, 冨樫整, 河田純男:
当科における肝硬変患者の門脈血栓症に対する血栓溶解・抗凝固療法の検討.
第38回日本肝臓学会東部会, 東京;2010年12月 
  32)  奥本和夫, 佐藤智佳子, 石井里佳, 芳賀弘明, 三條麻衣, 西瀬雄子, 伊藤純一, 渡辺久剛, 斎藤孝治, 斎藤貴史, 冨樫整, 河田純男:
抗ミトコンドリア抗体陽性自己免疫性肝炎の1男性例.
第38回日本肝臓学会東部会, 東京;2010年12月 
  【2009】
1)

岡田 太小河原里美佐藤 優小沼邦重藤井順逸
低酸素・再酸素化に由来する活性酸化窒素の発癌過程に果たす役割
第9回日本NO学会,静岡,2009年5月

2)

小沼邦重佐藤 優小河原里美藤井順逸岡田 太
酸化チタンナノ粒子による発癌促進に占める活性酸素および活性窒素の役割
第9回日本NO学会,静岡,2009年5月

3)

井内良仁岐部紀子鈴木紗織岡田 太藤井順逸
SOD1欠損マウス赤血球の酸化亢進へのペルオキシ亜硝酸イオンの関与

第9回日本NO学会,静岡,2009年5月

4)

角田智志・木村直子・阿部宏之・戸津川清・藤井順逸
SOD1欠損胚は通常培養下で内因性酸化ストレスによるミトコンドリア機能障害を伴わない2細胞期発生停止を引き起こす
第50回日本哺乳動物卵子学会,東京,2009年5月

5) 角田智志、木村直子、阿部宏之、井内良仁、戸津川清、藤井順逸
SOD1欠損胚の発生異常における酸化ストレスの関与
第62回日本酸化ストレス学会,福岡,2009年6月
6) 小沼邦重佐藤 優小河原里美、白澤信行、吉武 淳、飯郷正明、小林正伸、藤井順逸岡田 太
酸化チタンナノ粒子に由来する活性酸素を介したマウス良性腫瘍細胞の悪性化進展

第62回日本酸化ストレス学会,福岡,2009年6月
7)

木村直子、佐藤康子、井内良仁、佐藤英世、戸津川清、藤井順逸
体外成熟させたCu,Zn-superoxide dismutase欠損マウス卵でみられる発生異常
第102回日本繁殖生物学会、奈良
2009年9月

8)

小沼邦重、吉武淳、飯郷正明、小林正伸、藤井順逸岡田 太
酸化チタンナノ粒子による良性腫瘍細胞の悪性化進展
第68回日本癌学会,、横浜、2009年10月

9)

柴崎智弘井内良仁岡田太、桑田一歩、山辺拓也、坂内四郎、冨田善彦、佐藤英世、藤井順逸
Physiological relevance of ischemia/reperfusion-induced xCT expression in kidneys: corroborating evidence in xCT-deficient mice.

第81回日本生化学会 神戸 2009年10月

10)

井内良仁岐部紀子角田智志鈴木紗織三上剛、内田浩二、岡田太藤井順逸
自己免疫性溶血性貧血発症への赤血球酸化ストレスの関与:NZBモデルマウスを用いた検証.
第81回日本生化学会 神戸 2009年10月

11)

張 旭紅、邵 力、齋藤貴史、渡辺久剛、石井里佳、河田純男、深尾彰
HCV感染培養細胞におけるToll-like受容体とシグナル伝達関連遺伝子の発現,
第81回日本生化学会 神戸 2009年10月

12) 藤井順逸井内良仁岡田太高宮里奈末松誠曽我朋義:
赤血球メタボロミクスによる酸化ストレス応答解析
第4回 メタボロームシンポジウ 横浜 2009年11月
  13) 木村直子、佐藤康子、井内良仁、佐藤英世、戸津川清、藤井順逸
体外成熟させたCu,Zn-superoxide dismutase欠損マウス卵でみられる受精障害.
第102回日本繁殖生物学会大会 2009年9月
【2008】
1) 藤井順逸
APPI Anti-aging Club 2008
赤血球の酸化ストレスと老化・疾患
2) 小沼邦重,小林正伸,横山秀克,村上 明,岡田 太
Prevention of inflammation-based carcinogenesis of mouse regressive fibrosarcoma cells by auraptene or turmerone.
第67回日本癌学会,名古屋,2008年10月
3)

井内良仁, 岡田太, 角田智志, 岐部紀子, 白澤信行,伊川正人. 岡部勝, 池田義孝, 藤井順逸(シンポジスト)
精子形成細胞を酸化ストレスから保護する膜結合型ペルオキシレドキシン4

第61回日本酸化ストレス学会  シンポジウム 京都,2008年6月

4)

Y. Iuchi, F. Okada, R. Takamiya, N. Kibe, S. Tsunoda, O. Nakajima, K. Toyoda, R. Nagae, M. Suematsu, T.Soga, K. Uchida, J. Fujii
Accelerated destruction of erythrocytes and autoantibody production by oxidative stress due to SOD1 deficiency
.
第81回生化学会・第31回分子生物学合同年会 神戸;2008年12月

5)

井内良仁岡田太角田智志岐部紀子、白澤信行、伊川正人、,岡部勝、池田義孝、藤井順逸
膜結合型ペルオキシレドキシン4は精子形成細胞を酸化ストレスから保護する

第81回生化学会・第31回分子生物学合同年会 神戸;2008年12月

6)

Zhang X ,ShaoL, Saito T, Watanabe H, Ishii R, Kawata S, Fukao A :
Profile of Toll-like receptor signaling pathway gene expression in human hepatocytes that carry self-replicating HCV replicons.

第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会  神戸 ; 2008年12月

7)

河野佑輔, 崔麗華, 吉岡泰秀, 須鎗理, 張旭紅, 足立靖, 池原進, 吉田匡, 山口政光, 竹谷茂 :  
Drosophila のヘムオキシゲナーゼの発現変動による機能解析. 
第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会 神戸 ; 2008年12月

8)

右田 たい子,張 旭紅,吉田 匡 :
EPR で捉えた酵素の逐次反応?光吸収スペクトル法の補完. 
第47 回電子スピンサイエンス学会年 福岡 ; 2008年10月

【2007】
1) 井内良仁三上剛岡田太藤井順逸
赤血球の酸化的傷害は自己免疫性疾患の原因の一つとなりうる
第29回日本フリーラジカル学会/第31回日本過酸化脂質・フリーラジカル学会合同学会,名古屋;2007年6月
2)

藤井順逸:
精子形成に関わる抗酸化・レドックス制御系
平成19年度 日本生化学会近畿支部会シンポジウム, 大阪;2007年9月

3)

藤井順逸、井内良仁岡田太、中島修:
SOD1-KOマウスは酸素毒性による赤血球脆弱性・自己抗体産生などの異常な表現型を示す.(ワークショップ)
第80回生化学会・第30回分子生物学合同年会 横浜12月

4) 井内良仁, 岡田太, 池田義孝, 伊川正人. 岡部勝, 藤井順逸
ペルオキシレドキシン4欠損マウスは精巣に異常がある
第80回生化学会・第30回分子生物学合同年会 横浜2007年12月
5)

伊東利津、高橋素子、井原秀之、岡田貴裕、藤井順逸、池田義孝
Development of ELISA for measurement of Peroxiredoxin-4 and quantification in rat tissues.
第80回生化学会・第30回分子生物学合同年会 横浜2007年12月

6) 岡田 太,田澤 大,小沼邦重,小林正伸,細川眞澄男:
Involvement of reactive nitrogen oxides for acquisition of metastatic properties of benign tumors through inflammation.
第66回日本癌学会,横浜,2007年10月 
7) 小沼邦重,塩野谷 博,田澤 大,松原範宜,小林正伸,細川眞澄男,岡田 太
Prevention of inflammation-mediated tumor progression by orally available superoxide dismutase.
第66回日本癌学会,横浜,2007年10月
8) 岡田 太小沼邦重,塩野谷博,松原範宜,細川眞澄男:
マウス線維肉腫細胞の炎症を介した転移能獲得の経口SOD剤投与による抑制.
第16回日本がん転移学会,富山,2007年7月
9) 小沼邦重岡田 太
Glycosylphosphatidylinositolアンカータンパク質-80(GPI-80)の癌転移制御分子としての役割.
第16回日本がん転移学会,富山,2007年7月
10) 田中宏樹,浜田淳一,シロクヒ レザ,中川宏治,藤田寿一,岡田 太,喬洪江,葛巻哲,瀧本将人,葛巻暹:
アクチン調節蛋白質ゲルゾリンの発現抑制による上皮間葉転換(EMT)の誘導.
第16回日本がん転移学会,富山,2007年7月
11)

斎藤有里佳、木村直子、角田智志井内良仁、戸津川清、藤井順逸
Cu,Zn-superoxide dismutaseの欠損はマウス受精卵の体外発生において2細胞期発生停止を引き起こす.

第100回日本繁殖生物学会,東京, 2007年10月

12) 山辺拓也 柴崎智宏, 内藤整 ,川添久,中野裕子,梶沼陽,武藤明紀,加藤智幸,長岡明,ビリームウラジミル,藤井順逸,,冨田善彦:
SOD1欠損マウスにおける虚血再灌流による急性腎不全の検討
第95回日本泌尿器科学会総会,神戸;2007年4月
【2006】
1) 井内良仁岡田太小沼邦重、小林正伸、藤井順逸
SOD1ノックアウトマウスにおける貧血と抗赤血球抗体の生成機構.
第28回日本フリーラジカル学会,津;2006年5月 
2)

須藤大、佐藤和昭、大場好弘、藤井順逸
一重項酸素によるプロテアーゼ阻害機構の解析.

第28回日本フリーラジカル学会,津;2006年5月 

3) 岡田太小沼邦重藤井順逸
炎症によるマウス線維肉腫細胞の悪性化進展に占めるNOの関与
第6回日本NO学会,東京;2006年5月
4)

小林正伸、岡田 太
発癌過程早期のおける組織環境の意義-炎症を中心に.
第65回  日本癌学会,横浜;2006年9月

5)

岡田太小沼邦重、田中宏樹、田澤大、小林正伸、細川眞澄男:
発癌・悪性化要因としての炎症細胞由来活性酸素の証明.
第65回  日本癌学会,横浜;2006年9月

6)

小沼邦重、小林正伸、仙道富士郎、藤井順逸岡田太
Glycosylphosphatidylinositolアンカータンパク質、GPI-80の腫瘍増殖および癌転移に占める役割
第65回  日本癌学会,横浜;2006年9月

7)

岡田太井内良仁藤井順逸、小林正伸:
炎症細胞由来フリーラジカルの発癌・悪性化に占める役割
第30回日本過酸化脂質・フリーラジカル学会,八王子;2006年10月

8)

井内良仁岡田太小沼邦重、小林正伸、藤井順逸
 赤血球の酸化ストレスは貧血と自己免疫の原因となる 
第30回日本過酸化脂質・フリーラジカル学会,八王子;2006年10月

【2005】
1) 程 光池田義孝藤井順逸
ニトロソグルタチオン(GSNO)はタンパク質のS-グルタチオン化を促進する.
第5回日本NO学会,札幌;2005年4月
2) 岡田太藤井順逸
NOの炎症を基盤とした大腸発がんにおける役割.
第5回日本NO学会,札幌;2005年4月
3) 須藤大輔大津 芳、佐藤和昭、大場好弘、吉村哲彦、藤井順逸
酸化型Cyt cの惹起するカスパーゼ経路活性化の一重項酸素による阻害機構.
第27回日本フリーラジカル学会,岡山;2005年6月
4) 岡田 太井内良仁藤井順逸
炎症による発癌・プログレッションにおける活性酸素の意義.
第27回日本フリーラジカル学会学術集会,岡山;2005年6月
5) 岡田 太
転移能賦与因子としての炎症細胞由来活性酸素の証明.
第14回 日本がん転移学会総会,大阪;2005年6月
6)

Daisuke Suto, Kazuaki Sato, Yoshihiro Ohba, Tetsuhiko Yoshimura, Junichi Fujii:
Suppression of the pro-apoptotic function of cytochrome c by singlet oxygen via a heme redox state-independent mechanism.
第78回日本生化学会,神戸;2005年10月 (poster & Workshop)

7)

Daisuke Suto, Yoshihito Iuchi, Kazuaki Sato, Yoshihiro Ohba, Junichi Fujii:
Analysis of caspase 3 inhibition by singlet oxygen.
第78回日本生化学会,神戸;2005年10月 (poster)

8)

藤井順逸須藤大輔井内良仁、佐藤和昭、吉村哲彦、大場好弘:
一重項酸素によるアポトーシス抑制の分子機構
.
第29回日本過酸化脂質・フリーラジカル学会,神戸;2005年10月

9)

井内良仁岡田太三上剛小沼邦重、小林正伸、藤井順逸
SOD1ノックアウトマウスの赤血球老化による貧血発症機構の解析
第28回日本分子生物学会,福岡;2005年12月 

10) ダーマニン ステファニー,趙 温利,陳 健,崔 紅艶,岡田 太,浜田淳一,羽室淳爾,付 強,浅香正博,小林正伸:低酸素環境は樹状細胞のMMP産生を低下させて浸潤能を抑制する.
第64回 日本癌学会,札幌;2005年9月
11) 岡田 太,河口徳一,田澤 大,小林正伸,北川 知行,細川眞澄男:炎症による大腸腺腫プログレッションに伴う蛋白質fascinの変化とその機能解析.
第64回 日本癌学会,札幌;2005年9月
12) 小林正伸,岡田 太:癌細胞から癌組織へ:臨床癌発症過程における癌組織環境の果たす役割.
第64回 日本癌学会,札幌;2005年9月
  【2004
  1) 大津芳、佐藤和昭、池田義孝、大場好弘、藤井順逸
一重項酸素はカスパーゼを阻害するため典型的なアポトーシスを誘導しない.
第26回日本フリーラジカル学会,山形;2004年6月
  2) 石井達矢松木真吾井内良仁、池田義孝、冨田善彦、藤井順逸
熱ストレスによる精子形成細胞障害には活性酸素種がかかわる.
第26回日本フリーラジカル学会,山形;2004年6月
  3) 程 光池田義孝藤井順逸
グルタチオンS-トランスフェラーゼ(GST)を用いたグルタチオン化タンパク検出法の開発.
第26回日本フリーラジカル学会,山形;2004年6月
  4) 須藤大輔池田義孝藤井順逸、大場好弘:
活性酸素種との反応で生じるアミノ酸誘導体の単離とその構造解析.
第26回日本フリーラジカル学会,山形;2004年6月
  5) 岡田太、廣村信、野口昌幸:
ペプチド系ATKキナーゼ阻害剤(Akt-in)のinvivoでの抗腫瘍効果に関する検討.
第63回日本癌学会,福岡;2004年9月
  6) Ikeda Y, Horiuchi K, Ito R, Fujii J:
Involvement of the N-terminal extension of perociredoxin-4 in the covalent formation.
第77回日本生化学会,横浜;2004年10月
  7) Cheng G, Ikeda Y, Fujii J:
Detection of glutathionylated proteins by glutathione S-transferase: A novel and simple method applicable for detection of glutathionylated proteins in vivo and in vitro
.第77回日本生化学会,横浜;2004年10月
  8) Suto D, Ikeda Y, Ohba Y, Fujii J:
Isolation and structural analysis of amino acid derivatives generated by reaction with reactive oxygen species. 第77回日本生化学会,横浜;2004年10月
  9) Otsu K, Sato K, Ikeda Y, Ohba Y, Fujii J:
Singlet oxygen triggers cytochrome c release but causes atypical cell death by abortion of the apoptotic pathway due to concomitant inhibition of caspases.
第77回日本生化学会,横浜;2004年10月
  10) Noguchi M, Okada F, Hiromura M, Obata T:
Akt-in, a peptide inhibits Akt kinase activity.
第77回日本生化学会,横浜;2004年10月
  11) 長岡由姫大津芳岡田太,佐藤和昭、小谷直樹,大場好弘,藤井順逸
システインプロテアーゼに属するカテプシンは一重項酸素により著しく阻害される.
第28回日本過酸化脂質・フリーラジカル学会,名古屋;2004年10月
  12) 井内良仁石井達矢岡田太、尾崎信二郎,長岡由姫,小林正伸,藤井順逸
SOD1ノックアウトマウスの示す老化促進傾向の解析.
第27回日本分子生物学会,神戸;2004年12月
  13) 石井達矢松木真吾井内良仁岡田太、尾崎信二郎,冨田善彦、池田義孝、藤井順逸
熱ストレスにより産生される活性酸素種が精子形成細胞死を引き起こす.
第27回日本分子生物学会,神戸;2004年12月
  14) 廣村信、岡田太、小畑利之,野口昌幸:
ATKキナーゼの活性を阻害するペプチドの同定.
第27回日本分子生物学会,神戸;2004年12月
  15) 塩野谷 博,岡田 太、小林正伸,伊地知哲生,松原範宜,細川眞澄男:
良性マウス線維肉腫細胞の炎症を介した悪性化進展の経口SOD剤投与による抑制.
第63回日本癌学会総会,福岡;2004年9月
  16) 田中宏樹,中川宏治,藤田寿一,岡田 太、浜田淳一,シクロヒレザ,喬 洪江,葛巻 哲,瀧本将人,小川勝洋,葛巻 暹:
アクチン調節蛋白質ゲルゾリンの発現抑制による不死化細胞の運動能亢進.
第63回日本癌学会総会,福岡;2004年9月
  17) 安部崇重,多田光宏,篠原信雄,岡田 太、原林 透,浜田淳一,守内哲也,野々村克也:
SCIDマウスを利用したヒト尿路上皮癌xenograft modelの樹立.
第63回日本癌学会総会,福岡;2004年9月
  18) 塩野谷 博,岡田 太、小林正伸、伊地知哲生,松原範宜,細川真澄男:
経口SOD剤投与による退縮型マウス線維肉腫細胞の炎症を介した転移能獲得の抑制.
第13回日本がん転移学会学術集会,東京;2004年6月
  【2003】 
  1) 武田忠,渡辺久剛,齋藤貴史,齋藤孝治,冨樫整,河田純男,藤井順逸
L-アルギニン欠乏患者における一酸化窒素の門脈循環動態に対する役割?リジン尿性蛋白不耐症患者における検討.
第3回日本NO学会,熊本;2003年5月
  2) 宇野要,吉村哲彦,飯島克則,加藤勝章,下瀬川徹,井内良仁藤井順逸
ラット胃粘膜におけるiNOS由来のNOのCOXへの影響.
第3回日本NO学会,熊本;2003年5月
  3) 大津芳池田義孝藤井順逸
金属イオンによる細胞内酸化状態の変動とMnSODの発現調節.
第25回日本フリーラジカル学会,八王子;2003年6月
  4) Ikeda Y, Fujii J:
Distinct inactivation of peroxiredoxin-4 by t-butyl hydroperoxide and hydrogen peroxide.
第76回日本生化学会,横浜;2003年10月
  5) Otsu K, Sato K, Ikeda Y, Imai H, Nakagawa Y, Ohba Y, Fujii J:
Possible participation of mitochondrial lipid peroxidation in singlet oxygen-mediated cell death.
第76回日本生化学会,横浜;2003年10月
  6) Matsuki S, Iuchi Y, Ikeda Y, Sasagawa I, Tomita Y, Fujii J:
A role of reactive oxygen species in heat-induced germ cell apoptosis of mouse testis.
第76回日本生化学会,横浜;2003年10月
  7) Eguchi H, Ikeda Y, Ookawara T, Koyota S, Fujiwara N, Yasuda J, Kojima S, Honke K, Wang PG, Taniguchi n, Suzuki K:
Reactive oxygen species induce the desialylation of cell surface oligosaccharides.
第76回日本生化学会,横浜;2003年10月
  8) Gu J, Zhao Y, Isaji T, Shibukawa Y, Ihara H, Takahashi M, Ikeda Y, Honke K, Taniguchi N:
β-1,4-N-acetylglucosaminyltransferase III down-regulates neurite outgrowth induced by co-stimulation of epidermal growth factor and integrins through the Ras/ERK signaling pathway in PC12 cells.
第76回日本生化学会,横浜;2003年10月
  9) Iuchi Y, Kaneko T, Matsuki S, Ishii T, Ikeda Y, Uchida K, Fujii J:
Carbonyl stress and detoxification ability in the male genital tract and testis of the rat.
第27回日本過酸化脂質・フリーラジカル学会,東京;2003年10月
  10) 松木真吾井内良仁池田義孝、笹川五十次、冨田善彦、藤井順逸
熱ストレスによって惹起される精子形成細胞のアポトーシス誘導機構.
第26回日本分子生物学会,神戸;2003年12月
  【2002】 
  1) 金子智子井内良仁藤井順逸
雄生殖器系におけるグルタチオン・レドックス系の役割.
第24回日本フリーラジカル学会,大阪;2002年5月
  2) 大津芳,佐藤和昭,池田義孝,大場好弘,藤井順逸
一重項酸素による細胞死の誘導と防御機構の解析.
第75回日本生化学会大会,京都;2002年10月
  3) 大津芳池田義孝藤井順逸
ZnによるMn-スーパーオキシドディスムターゼの発現調節.
第75回日本生化学会大会,京都;2002年10月
  4) 池田義孝,井原秀之,小代田宗一,谷口直之:
N-グルコサミン転移酵素Vのピロリン酸による協同的な活性制御.
第75回日本生化学会大会,京都;2002年10月
  5) 井原秀之,池田義孝,小代田宗一,本家孝一,谷口直之:
α1,6フコース転移酵素における化学修飾による活性阻害.
第75回日本生化学会大会,京都;2002年10月
  6) 井内良仁松木真吾金子智子,笹川五十次,藤井順逸
精子形成過程で発現するY-boxタンパク質YB2/RYB-aがプロタミン2mRNAの保持に働く可能性.
第25回日本日本分子生物学会,横浜;2002年12月
  【2001】 
  1) 高原政利,大辻美和子,関徳広,金内ゆみ子,平上健,鳴瀬卓爾,高木理彰,井内良仁,荻野利彦:
指発生におけるGDF5の役割.
第14回日本軟骨代謝学会,岐阜;2001年3月
  2) 金子智子,河内谷敏,斎藤英和,倉知博久,藤井順逸
ラット雌性生殖器におけるアルドース還元酵素とソルビトール脱水素酵素発現の意義.
第9回日本受精着床学会,横浜市;2001年7月
  3) 井内良仁小林孝至金子智子松木真吾,高橋素子,笹川五十次,中田瑛浩,藤井順逸
雄ラット生殖器系におけるポリオール代謝酵素の発現と生理的役割.
第74回日本生化学会大会,京都;2001年10月
  4) 藤原範子,藤井恒子,藤井順逸,谷口直之:
哺乳類チオレドキシン還元酵素におけるセレノシステインの役割とその反応機構.
第74回日本生化学会大会,京都;2001年10月
  5) 山口幸洋,井原秀之,池田義孝,大河原知水,遠藤猛,畑中豊,黒津敏嗣,藤井順逸,谷口直之,鈴木敬一郎
ヒトα1,6-フコース転移酵素の多重プロモーターによる各種腫瘍細胞での発現制御.
第74回日本生化学会大会,京都;2001年10月
  【2000】 
  1) 藤井順逸(シンポジスト):
レドックス調節における抗酸化酵素の役割.
第73回日本生化学会大会,横浜;2000年10月
  2) 井内良仁小林孝至,鈴木泰宏,高原政利,鳴瀬卓爾,笹川五十次,荻野利彦,藤井順逸
精子形成に関与するY box結合タンパク質YB2/RYB-aの機能と発現
第73回日本生化学会大会,横浜;2000年10月
  3) 遠藤猛,藤井恒子,佐藤建三,藤井順逸,谷口直之:
SOD1特異的銅シャペロン(CCS)の銅転移活性に関わるアミノ酸の検索.
第73回日本生化学会大会,横浜;2000年10月
  4) 藤原範子,藤井恒子,北川康行,藤井順逸,谷口直之:
チオレドキシン還元酵素におけるセレノシステインの役割とその反応機構.
第73回日本生化学会大会,横浜;2000年10月
  5) 葛巻丈二朗
前立腺癌細胞におけるゲニステインの細胞周期制御機構.
第59回日本癌学会総会,横浜;2000年10月
  6) 藤井順逸,笹川五十次,東家一雄,井内良仁,木村道郎,中田瑛浩:
膜結合型ペルオキシレドキシン4の精子形成への関与.
第23回日本分子生物学会年会,神戸;2000年12月
  【1999】 
  1) 藤井順逸(シンポジスト),谷口直之:
活性酵素によるアポトーシスにおけるレドックス制御系の役割.
第20回日本炎症学会,仙台;1999年7月
  2) 三輪秀明,藤井順逸,菅野祐幸,谷口直之,青笹克之:
リンパ球系培養細胞のピルビン酸の産生・放出とその抗過酸化水素作用によるアポトーシスの抑制.
第58回日本癌学会,広島;1999年9月
  3) 山口幸洋,池田義孝,魚住尚史,藤井順逸,谷口直之:
ヒト1,6フコース転移酵素(α1,6FucT)のプロモーター領域の解析.
第58回日本癌学会,広島;1999年9月
  4) 葛巻丈二朗,石川喜一:
植物フラボノイド及びイソフラボノイドによるp27Kip1とp21Cip1の誘導.
第58回日本癌学会,広島;1999年9月
  5) 藤井順逸(シンポジスト),谷口直之:
細胞死における抗酸化酵素およびレドックス酵素系の役割.
第72回A日本生化学会,横浜;1999年10月
  6) 山口幸洋,池田義孝,奥田啓二,藤井順逸,谷口直之:
ヒトα1,6フコース転移酵素(α1,6FucT)のsplicing variantのcDNAクローニング.
第72回日本生化学会,横浜;1999年10月
  7) 遠藤猛,藤井恒子,藤井順逸,谷口直之:
スーパーオキシドディスムターゼ特異的銅シャペロンの発現と解析.
第72回日本生化学会,横浜;1999年10月
  8) 藤井恒子,藤井順逸,池田義孝,谷口直之:
ペルオキシレドキシンVのグルタチオン依存性ペルオキシダーゼ活性の解析.
第72回日本生化学会,横浜;1999年10月
  9) 藤原範子,藤井恒子,藤井順逸,谷口直之:
チオレドキシン還元酵素の反応機構の解析.
第72回日本生化学会,横浜;1999年10月
  10) 大河原知水,木崎節子,大石修司,高山英次,今関信夫,松原修,芳賀脩光,池田義孝,鈴木敬一郎,藤井順逸,谷口直之,大野秀樹:
細胞外型スーパーオキシドジムスターゼのヘパリン結合ドメインは核移行シグナルとして機能する.
第72回日本生化学会,横浜;1999年10月
  11) 井内良仁小林孝至,鳴瀬卓爾,高原政利,荻野利彦,藤井順逸
細胞増殖に関係するラットY-box遺伝子RYB-aの精巣における発現様式.
第22回日本分子生物学会,福岡;1999年8月

(3) 地方会
  26)  小林翔浜島真司本間拓二郎、佐藤英世、藤井順逸.
xCT欠損によりグルタチオン・レドックスバランスに障害のあるマクロファージの細胞培養系における性質
日本生化学会東北支部第83回例会,仙台,2017年5月27日、東北大学さくらホール 
  25) 本間拓二郎白土貴也李在勇倉橋敏裕藤井順逸.
SOD1欠損による酸化ストレスはシトクロムP450活性を抑制することで薬剤誘発性肝障害を軽減する.
日本生化学会東北支部第82回例会,弘前大学医学部,弘前,2016年5月21-22日
  24) 倉橋敏裕、鍋島篤典、齋藤由佳李在勇本間拓二郎、山田壮亮、中山敏幸、宮田哲、藤井順逸.
薬剤性急性肝障害に対するアスコルビン酸の肝臓保護作用

日本生化学会東北支部第81回例会,仙台,2015年5月9日、東北大学さくらホール
  23) 本間拓二郎倉橋敏裕藤井順逸
熱ストレス障害に対するレドックス因子ペルオキレドキシン4の保護効果.
第29回日本酸化ストレス学会関東支部会,東京,2014年12月20日
  22) 倉橋敏裕西田隼齋藤由香李在勇、鍋島篤典、山田壮亮、宮田哲、高尾敏文、藤井順逸
臓器の線維化における細胞外基質タンパク質の酸化的折畳み機構に関する研究.
日本生化学会東北支部第80回例会,秋田,2014年5月10日   
  21) 倉橋敏裕李在勇伊藤純一、,鍋島篤典、山田壮亮、白澤信行、松岡悠太、山田健一、 宮田哲、藤井順逸
Peroxiredoxin 4欠損マウスの肝臓は酸化的障害に対して脆弱である.
日本生化学会東北支部第79回例会,仙台,2013年5月11日 
 
  20)  金野祐大槻倫之鈴木紗織岐部紀子角田智志、井内良仁、藤井順逸: 
NZマウスにおける自己免疫性溶血性貧血の発症には赤血球酸化ストレスが関わる.
日本生化学会東北支部第78回例会,山形,2012年5月
 
  19)  倉橋敏裕、粟田ちひろ、金野祐大槻倫之角田智志張紅旭伊藤純一、井内良仁、高尾敏文、藤井順逸
Peroxiredoxin 4による細胞機能のレドックス調節の解明.
日本生化学会東北支部第77回例会,仙台,2011年7月 
  18)  奥本和夫, 佐藤智佳子, 芳賀弘明,石井里佳, 三條麻衣, 西瀬雄子, 伊藤純一, 渡辺久剛, 斉藤孝治, 斎藤貴史, 冨樫 整, 河田 純男: 
肝動脈化学療法後に胆管壊死を発症し、早期に再発出血を来たした食道静脈瘤の1例.
第144回日本消化器内視鏡学会東北支部例会, 仙台;2010年2月 
  17)  佐藤智佳子, 奥本和夫, 石井里佳, 芳賀弘明, 三條麻衣, 西瀬雄子, 伊藤純一, 渡辺久剛, 斉藤孝治, 斎藤貴史, 冨樫 整, 河田 純男:
高度の肝脂肪化を呈した自己免疫性肝炎の一例.
第189回日本消化器病学会東北支部例会, 山形;2010年7月 
  16)  西瀬雄子, 芳賀弘明, 佐藤智佳子, 石井里佳, 三條麻衣, 奥本和夫, 伊藤純一, 渡辺久剛, 齋藤孝治, 齋藤貴史, 冨樫整, 河田純男:
ダナパロイドナトリウムによる門脈血栓溶解療法が奏功した肝硬変の2例.
第188回日本消化器病学会東北支部例会, 仙台;2010年2月 
  15)  三條麻衣, 奥本和夫, 佐藤智佳子, 石井里佳, 芳賀弘明, 西瀬雄子, 伊藤純一, 渡辺久剛, 斉藤孝治, 斎藤貴史, 冨樫 整, 河田 純男:
胃静脈瘤出血に対して緊急EVL施行後、硬化療法を施行した1例.
第144回日本消化器内視鏡学会東北支部例会, 仙台;2010年2月 
  14)  伊藤純一, 石井里佳, 三條麻衣, 鈴木義広, 緒方真也, 岩場晶子, 佐藤智佳子, 芳賀弘明, 奥本和夫, 西瀬雄子, 渡邊久剛, 齋藤孝治, 齋藤貴史, 河田純男:
頭蓋底転移による失明を初発症状とした肝細胞癌の一例.
第188回日本消化器病学会東北支部例会, 仙台;2010年2月 
  13) 菅原心平, 伊藤純一, 沼倉周彦, 石井里佳, 佐藤智佳子, 芳賀弘明, 三條麻衣, 奥本和夫, 西瀬雄子, 渡辺久剛, 斎藤孝治, 斎藤貴史, 井田博幸, 早坂清, 河田純男:
下血を初発症状とし、肝生検で診断されたGaucher(ゴーシェ)病の1例.(ワークショップ)
第189回日本消化器病学会東北支部例会, 山形;2010年7月
 
  12) 井内良仁(生化学会東北支部奨励賞受賞者講演)
遺伝子改変マウスを用いた活性酸素の傷害性と有効性に関する研究。
日本生化学会東北支部第76回例会,福島,2010年5月
  11) 角田智志、木村 直子、阿部宏之、井内良仁、戸津川 清、藤井 順逸
SOD1欠損による内因性酸化ストレスは胚発生過程に依存して2細胞期発生停止もしくは細胞死を引き起こす

日本生化学会東北支部第76回例会,福島,2010年5月
10) 井内良仁岡田太、高宮里奈、岐部紀子角田智志鈴木紗織、中島修、豊田和代、長江律子、末松誠、曽我朋義、内田浩二、藤井順逸
SOD1欠損による赤血球の酸化ストレス上昇が引き起こす貧血と自己抗体産生
日本生化学会東北支部第75回例会,仙台,2009年5月
9)

井内良仁岡田太角田智志岐部紀子、白澤信行、伊川正人、岡部勝、池田義孝、藤井順逸
酸化傷害から精子形成細胞を保護する抗酸化酵素ペルオキシレドキシン4.
日本生化学会東北支部第74回例会,盛岡,2008年5月

8) 井内良仁三上剛岡田太藤井順逸:
赤血球の酸化傷害がもたらす自己抗体の生成.
日本生化学会東北支部第73回例会,仙台,2007年5月
7) 井内良仁岡田太小沼邦重、小林正伸、藤井順逸:
赤血球への酸化ストレスは貧血と自己抗体の生成をもたらす.
日本生化学会東北支部第72回例会,弘前,2006年5月
6) 岡田 太
慢性炎症を背景とした実験的大腸発癌に伴うタンパク質変化の解析.
日本生化学会東北支部第71回例会,仙台,2005年4月
  5) 大津芳、佐藤和昭、池田義孝、大場好弘、藤井順逸
一重項酸素による細胞死はカスパーゼ活性の阻害により典型的なアポトーシスとはならない.
日本生化学会東北支部第70回例会,秋田県田沢湖町;2004年5月
  4) 松木真吾井内良仁池田義孝藤井順逸
熱ストレスによる精子形成細胞傷害機構.
日本生化学会東北支部第69回例会,山形;2003年6月
  3) 大津芳,佐藤和昭,池田義孝,大場好弘,藤井順逸
一重項酸素による細胞死誘導機構の解析.
日本生化学会東北支部第68回例会,山形;2002年5月
  2) 井内良仁小林孝至金子智子,高原政利,笹川五十次,荻野利彦,藤井順逸
Y box結合タンパク質・YB2/RYB-aの精巣における発現と精子形成への関与.
日本生化学会東北支部第67回例会,仙台;2001年6月
  1) 王 侠大津芳,斉藤英和,廣井正彦,石川喜一:
ブタ卵巣顆粒膜細胞におけるプロゲステロン産生のI型コラーゲンによる抑制とその抑制機構の解析.
第71回日本生化学東北支部第66回例会,盛岡;2000年6月

(4) 研究会・セミナー
【2017】
  1) 小林翔講演
グルタチオン生合成を制御するシステイン供給系

第2回グルタチオン学術研究会、東京、 2017年9月29日 
  2) 小林翔(口演)、浜島真司本間拓二郎、佐藤英世、藤井順逸.
xCT欠損マウスを用いた活性化マクロファージにおけるグルタチオン・レドックス系の役割の解明.
第25回山形分子生物学セミナー, 米沢, 2017年11月11日
  
  3)  石井直樹本間拓二郎李在勇小林翔、三橋輝、木村直子、山本順寛、藤井順逸.
SOD1欠損雌マウスの生殖機能はCoQ10およびアスコルビン酸によって改善する.
第25回山形分子生物学セミナー, 米沢, 2017年11月11日   
  4)  李 在勇(口演)、小林 翔本間拓二郎藤井順逸.
絶食したSOD1欠損マウスに蓄積する脂肪滴は臓器障害の原因とはならない.
第28回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2017年12月21日
  5) 石井直樹(口演)、本間拓二郎李 在勇小林 翔、三橋 輝、木村直子、山本順寛、藤井順逸.
CoQ10とアスコルビン酸によるSOD1欠損雌マウスの生殖機能の改善.
第28回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2017年12月21日  
 
  6) 高橋未来(口演)、本間拓二郎石井直樹、宮田 哲、中島 修、藤井順逸.
アスコルビン酸合成能の欠損はマウスの運動能力を高める.
第28回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2017年12月21日  
 
  【2016】  
  1) 藤井順逸講演
スーパーオキシド再考.

第32回臨床フリーラジカル会議、京都・烟河、 2016年1月29-30日
 
  2) 本間拓二郎(口演) 
赤血球の酸化ストレス障害〜タンパク質分解系異常の関与〜
第32回臨床フリーラジカル会議、京都・烟河、 2016年1月29-30日
  3) 李在勇本間拓二郎白土貴也姜恩實、笠原麻由佳、小酒井貴晴、藤井順逸(口演)
初期脂肪肝の蓄積脂肪による薬剤性肝障害からの保護機構
第24回山形分子生物学セミナー, 鶴岡, 2016年12月3日
 
  4) 明原隆介本間拓二郎李在勇、宮田哲、藤井順逸.
アルデヒド還元酵素(AKR1a)欠損は四塩化炭素誘発脂肪肝を悪化させる.
第27回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2065年12月15日 
  5) 石井直樹伊藤純一明原隆介李在勇倉橋敏裕本間拓二郎藤井順逸.
一過性の脂肪蓄積はSOD1欠損マウスの肝臓を酸化ストレスから保護する.
第27回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2016年12月15日 
  6) 白土貴也本間拓二郎李在勇倉橋敏裕藤井順逸.
薬物性肝障害はSOD1欠損により軽減される. 
第27回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2016年12月15日
  7) 浜島真司本間拓二郎小林翔倉橋敏裕、渡辺連、木村直子、佐藤英世、藤井順逸.
精子形成におけるシスチントランスポーター・xCTの機能解析.
第27回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2016年12月15日
 
  【2015】
  1)  藤井順逸: (特別講演)生化学研究と麻酔〜悪性高熱症との出会いから〜.
第22回山形麻酔懇話会、山形国際ホテル、山形、2015年7月11日
 
  2) 井順逸, 佐藤英世:グルタチオン生合成を制御するシステイン供給経路.
第10回 レドックス・ライフイノベーション第170委員会、 鶴岡、 慶應義塾大学先端生命科学研究所メタボロームキャンパス、2015年 8月20-21日 
  3) 石井直樹本間拓二郎倉橋敏裕浜島真司、井内良仁、藤井順逸.
精子形成過程におけるレドックス因子ペルオキシレドキシン4の機能解析.

第26回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2015年12月17
  4)  浜島真司本間拓二郎倉橋敏裕石井直樹、佐藤英世、藤井順逸.
精子形成過程におけるシスチントランスポーター・xCTの機能解析.

第26回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2015年12月17
  5)  白土貴也本間拓二郎倉橋敏裕李在勇藤井順逸.
SOD1欠損マウスではシトクロームP450活性が抑制される結果チオアセトアミド誘発肝障害が軽減する.
第26回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2015年12月17
  6)  Ryusuke Akihara, Takujiro Homma, Toshihiro Kurahashi, Jaeyong Lee, Junichi Fujii.
Prdx4 and SOD1 double knockout mouse as a useful tool for exploring oxidative and ER stress-induced hepatic disorder. 

第26回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2015年12月17日.
  7)  李在勇本間拓二郎白土貴也倉橋敏裕姜恩實藤井順逸.
酸化ストレスによる脂肪肝形成の機序と蓄積脂肪による肝保護作用.

第23回山形分子生物学セミナー, 山形, 2015年12月21日
  【2014】  
  1) 李在勇姜恩實倉橋敏裕本間拓二郎、鍋島篤典、山田壮亮、中山敏幸、藤井順逸.
SOD1欠損マウスにおける脂肪肝形成の分子機構.
第25回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2014年12月18
  2) 

倉橋敏裕、鍋島篤典、齋藤由香李在勇本間拓二郎、山田壮亮、中山敏幸、佐藤英世、宮田哲、藤井順逸.
アセトアミノフェンによる肝障害におけるアスコルビン酸の肝臓保護作用.
第22回山形分子生物学セミナー, 山形, 2014年11月18日  

  【2013】  
  1)

倉橋敏裕李在勇、鍋島篤典、山田壮亮、白澤信行、藤井順逸
PRDX4欠損マウスでは酸化的ストレスによる肝障害が増悪する
第21回山形分子生物学セミナー, 山形, 2013年11月16日  

  2)  李在勇倉橋敏裕金野祐、鍋島篤典、山田壮亮、宮田哲、佐藤英世、藤井順逸:
ビタミンCとチオール化合物はアセトアミノフェンの障害作用から肝臓を保護している.
第24回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形, 2013年12月18
 
  【2012】  
  1)  藤井順逸:  
Peroxiredoxin-4は細胞局所の過酸化水素を調節することで多様なレドックス制御を担う.
第38回日本応用酵素研究会.大阪;2012年11月19日
 
  2)  藤井順逸
Peroxiredoxin 4 (Prx4)の多様な作用
産業医科大学セミナー. 北九州;2012年12月14日
 
  3) 金野祐, 大槻倫之, 権明秀, 角田智志, 伊藤純一, 倉橋敏裕, 宮田哲, 高橋素子, 藤井順逸.
マウスにおけるAldehyde reductase (AKR1A)欠損によるアスコルビン酸合成障害の影響
第20回山形分子生物学セミナー, 鶴岡, 2012年11月26日
 
  4)  権明秀大槻倫之金野祐角田智志、倉橋敏裕、伊藤純一、高橋素子、宮田哲、藤井順逸.
遺伝子改変マウスおよびマウス胎仔繊維芽細胞を用いたアルデヒド還元酵素AKR1Aの機能解析.
第23回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2012年12月20
 
  【2011】
  1) 藤井順逸(特別講演)
活性酸素のもつ二面性:生体傷害と細胞増殖・老化の制御.
第12回Vitamemebrane研究会. 東京;2011年7 月
 
  2)  金野祐大槻倫之鈴木紗織岐部紀子角田智志井内良仁藤井順逸
赤血球酸化ストレスの自己免疫性溶血性貧血への関与の可能性.
第19回山形 分子生物学セミナー, 山形; 2011年11月
 
  3)  大槻倫之伊藤純一張旭紅、高橋素子、西田隼人倉橋敏裕権明秀角田智志金野祐、宮田哲、藤井順逸
アスコルビン酸合成異常を示すAldehyde Reductase (AKR1A1)欠損マウスの表現型解析.
第22回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2011年12
 
  4)  角田智志、河野菜摘子、宮戸健二、藤井順逸
精子の内因性酸化ストレス亢進が体外受精率の低下を引き起こす.
第22回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2011年12
 
  5) 右田たい子、 高田さゆり、張旭紅、佐藤道比古:
ヘムオキシゲナーゼ反応のプロトン・酸素濃度依存性.
第38回生体分子科学討論会, 筑波; 2011年6月
  【2010】  
  1) 

大槻倫之伊藤純一、高橋素子、西田隼人金野祐角田智志倉橋敏裕張旭紅、宮田哲、藤井順逸
アルデヒド還元酵素(ALR)遺伝子改変マウスを用いたペントバルビタール解毒障害機序機序の解明.
第21回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2010年12

  2) 

福田直樹、伊藤恒賢、大和田一雄、藤井順逸
遺伝性食後高トリグリセリド血症(PHT)ウサギにおける脂質代謝関連遺伝子発現の解析
.
第21回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2010年12

  3)  角田智志岐部紀子藤井順逸
SOD1欠損マウス胎仔線維芽細胞を用いた酸化ストレス誘導性細胞老化機構の解析.
第18回山形 分子生物学セミナー, 山形; 2010年12月
  4)  藤井順逸(特別講演)
ぺルオキシレドキシンによる抗酸化と活性酸素シグナルの制御.
第27回臨床フリーラジカル会議「抗酸化剤、抗酸化機構の新たな展開. 京都:2010年12 月
 
  5)  奥本和夫, 斎藤貴史, 芳賀弘明, 宇賀神智, 佐藤智佳子, 石井里佳, 三條麻衣, 西瀬雄子, 伊藤 純一, 渡辺久剛, 斎藤孝治, 冨樫整, 河田純男:
肝再生を目的とした骨髄細胞移植における増殖因子の検討(シンポジウム).
第16回肝細胞研究会, 山形;2010年6月 
  6)   芳賀弘明, 斎藤貴史, 奥本和夫, 佐々木弥生, 宇賀神智, 佐藤智佳子, 石井里佳, 三條麻衣, 西瀬雄子, 伊藤純一, 渡辺久剛, 斉藤孝治, 冨樫整, 河田純男:
増殖因子の急性肝疾患での血清動態および肝幹細胞の分化、増殖能の検討.
第16回肝細胞研究会, 山形;2010年6月 
  7)   沼倉周彦,伊藤純一,石井里佳,斎藤貴史,河田純男, 井田博幸, 早坂  清:
成人後に診断されたGaucher病の一例.
第9回 東北代謝異常症治療研究会, 仙台;2010年7月
  【2009】 
1)

木村直子、角田智志井内良仁、阿部宏之、戸津川清、藤井順逸:
SOD1遺伝子欠損卵でみられる培養系での2細胞期発生停止の原因解明.
.
第17回山形 分子生物学セミナー, 山形; 2009年12月

2)

鈴木紗織井内良仁岐部紀子岡田太藤井順逸:
モデルマウスを用いた全身性エリテマトーデス(SLE)と酸化ストレスの関連についての検討.
20回山形大学医学部動物実験セミナー,山形;2009年12月

3)

小沼邦重、白澤信行、藤井順逸岡田太:
酸化チタンナノ粒子による発癌過程促進の可能性.
第20回山形大学医学部動物実験セミナー,山形;2009年12月

  4)  藤井順逸井内良仁岡田太高宮里奈末松誠曽我朋義:
「赤血球メタボロミクスによる酸化ストレス応答解析」 
第4回 メタボロームシンポジウ 横浜 2009年11月
 
【2008】
1) 岡田 太小沼邦重佐藤 優小河原里美,飯郷正明,藤井順逸
酸化チタンナノ粒子による腫瘍増殖の促進とその機序.
第23回 発癌病理研究会,鳥羽,2008年8月
2) 小沼邦重, 佐藤 優小河原里美藤井順逸, 岡田 太
柑橘類クマリン誘導体とウコン抽出物によるマウス退縮型線維肉腫細胞の炎症に起因した発癌予防.
第19回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形; 2008年12月
3) 小河原里美佐藤 優小沼邦重, 藤井順逸, 岡田 太: 
低酸素・再酸素化に由来する活性酸素・活性酸化窒素の発癌に果たす役割.
第19回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2008年12
4) 佐藤 優小沼邦重, 小河原里美藤井順逸, 岡田 太
非遺伝毒性発癌物質の短期かつ高精度な検出系の開発.
第19回山形大学医学部動物実験セミナー, 山形;2008年12月
5) 角田智志, 木村直子, 阿部宏之, 藤井順逸
酸化ストレスによるマウス初期胚発生停止のSOD1欠損卵を用いた解析.
第19回山形大学医学部動物実験セミナー,山形;2008年12月
6) 岐部紀子井内良仁鈴木紗織, 岡田 太藤井順逸
自己免疫性溶血性貧血の発症における酸化ストレスの関与-ヒトスーパーオキシドディスムターゼ遺伝子トランスジェニックマウスを用いた解析. 
第16回山形 分子生物学セミナー, 山形;2008年12月
【2007】
1) 藤井順逸
活性酸素は老化の原因となるか
生命環境医科学専攻完成記念シンポジウム、山形;
2007年3月
2) 藤井順逸
赤血球酸化に起因する疾患のモデルマウスを用いた解明
第4回分子生体膜研究会学術フロンティアセミナー. 東北薬科大学. 仙台; 2007年5月
3)

藤井順逸:
SOD1欠損マウスの病態と酸化ストレス

レドックス生命科学170委員会 第18回研究会. 山形;2007年8月

4)

井内良仁岡田太、池田義孝、伊川正人、岡部勝、藤井順逸
精巣の発達異常を示す抗酸化酵素ペルオキシレドキシン4(Prx4)欠損マウス
第15回山形分子生物学セミナー,山形;2007年11月

5)

岐部紀子角田智志井内良仁岡田 太,佐藤英世,藤井順逸
SOD1;xCTダブルノックアウトマウスの表現型解析
第18回動物実験セミナー,山形;2007年12月

6) 佐藤 優小沼邦重小河原里美藤井順逸岡田 太
酸化チタンナノ粒子による発癌促進作用
第18回動物実験セミナー,山形;2007年12月
7) 小沼邦重佐藤 優小河原里美,塩野谷 博,松原 範宜,藤井順逸岡田 太
炎症を介したマウス退縮型線維肉腫細胞の発癌・悪性化進展の経口SOD剤による抑制

第18回動物実験セミナー,山形;2007年12月
8) 岡田 太
虚血再灌流環境の生体内発癌要因としての可能性.
第22回 発癌病理研究会,箱根,2007年8月
【2006】
1)

井内良仁, 岡田太小沼邦重, 藤井順逸
貧血と自己抗体産生に関わる赤血球の酸化ストレス
第14回山形分子生物学セミナー,山形;2006年12月

2)

三上剛, 井内良仁, 岡田太, 藤井順逸
自己免疫性溶血性貧血のモデル・NZBマウスでは赤血球の酸化ストレスが亢進している
第17回動物実験セミナー,山形;2006年12月

3)

小沼邦重, 仙道富士郎, 藤井順逸, 岡田太
Glycosylphosphatidylinositolアンカータンパク質・GPI-80の腫瘍増殖および癌転移に占める役割
第17回動物実験セミナー,山形;2006年12月

3) 藤井順逸
SOD1欠損マウスの解析から明らかになった活性酸素に起因する疾患、
『21世紀COEプログラム山形大学医学部 公開講演会』 山形;2006年4月
【2005】
1) 須藤大輔, 井内良仁,佐藤和昭,吉村哲彦,大場好弘藤井順逸
一重項酸素によるアポトーシス抑制の分子機構

第13回山形分子生物学セミナー,山形;2005年11月
2)

山辺拓也, 岡田太, 井内良仁, 小沼邦重, 冨田善彦, 藤井順逸
SOD1欠損により腎臓の虚血再灌流傷害は悪化する.
第16回動物実験セミナー,山形;2005年12月

3) 岡田 太,河口徳一,北川 知行,赤池孝章,村上 明,大東 肇,細川眞澄男:
炎症を背景とした実験的大腸発癌のauraptene投与による化学予防.
第12回 日本がん予防研究会,岐阜;2005年7月
4) 岡田 太藤井順逸
発癌・プログレッションにおける炎症細胞由来活性酸素の意義.
第20回発癌病理研究会,旭川;2005年8月
  【2004】
  1) 宇野要,井内良仁藤井順逸,菅田英明,飯島克則,加藤勝章,下瀬川徹,吉村哲彦:
胃粘膜におけるiNOS活性とCOX-2 活性との相互作用:in vivoラット敗血症モデルを用いた検討.
生物ラジカル研究所研究発表会,山形;2004年2月
  2) 須藤大輔大津芳,佐藤和昭,大場好弘,吉村哲彦,藤井順逸
一重項酸素による生体障害機構の解析.
第32回山形大学医学部工学部交流セミナー,米沢;2004年12月
  3) 岡田太、小林徳栄、細川眞澄男:
炎症を基盤とした癌細胞のプログレッションに伴うサイモシンβ4遺伝子の発現増強.
第12回山形分子生物学セミナー,山形;2004年12月
  4) 岡田太
炎症を基盤とした発がん機構.
大鵬薬品講演会、埼玉県飯能市;2004年11月
  【2003】
  1) 宇野要,井内良仁藤井順逸,菅田英明,飯島克則,加藤勝章,下瀬川徹,吉村哲彦:
in vivoラット胃粘膜におけるiNOS由来NOとCOXとの相互作用.
生物ラジカル研究所研究発表会,山形;2003年2月
  2) 宇野要,吉村哲彦,井内良仁藤井順逸,飯島克則,加藤勝章,下瀬川徹:
ラット敗血症モデルにおける胃粘膜中NOのCOXへの影響.
第11回生体パーオキサイド研究会,仙台;2003年8月
  3) 大津芳池田義孝藤井順逸
金属欠乏下での培養によるマンガンスーパーオキシドジスムターゼの蓄積:細胞内レドックスバランスに関連した亜鉛イオンの役割.
第11回山形分子生物学セミナー,山形;2003年12月
  4) 宇野要,加藤勝章,下瀬川徹,井内良仁藤井順逸,吉村哲彦:
in vivoラット敗血症モデルの胃粘膜におけるiNOS由来NOとCOXとの相互作用.
第11回山形分子生物学セミナー,山形;2003年12月
  5) 長岡由姫井内良仁藤井順逸
膵島細胞におけるグルタチオン・レドックス系の役割.
第14回動物実験セミナー,山形;2003年12月
  6) 原田幹生,高原政利,朴哲,大辻美和子,井内良仁,斉藤英子,高木理彰,荻野利彦:
マウス指発生におけるGDF5の役割.
第14回動物実験セミナー,山形;2003年12月
  【2002】
  1) 大場好弘,佐藤和昭,藤井順逸
一重項酸素発生試薬の合成と応用.
生物ラジカル研究所平成13年度研究発表会,山形;2002年2月
  2) 池田義孝
γ-GTPの酵素学的性質とグルタチオン代謝における役割.
NILS SEMINAR,大府;2002年10月
  3) 井内良仁金子智子松木真吾,笹川五十次,藤井順逸
Y-boxタンパク質YB2/RYB-aが精子形成過程でプロタミン2mRNAの保持に働く可能性の検証. 
第10回山形分子生物学セミナー,山形;2002年11月
  4) 松木真吾井内良仁池田義孝,笹川五十次,冨田善彦,藤井順逸
熱ストレスによる精子形成細胞傷害の標的分子の検索. 
第13回動物実験セミナー,山形;2002年12月
  5) 藤井順逸
新規レドックスタンパク・ペルオキシレドキシンの性質と役割.
岩手医科大学大学院セミナー,盛岡;2002年8月
  【2001】
  1) 藤井順逸
Cu,Zn-SODの変異による筋萎縮性側索硬化症の発症とCuシャペロンの役割.
レドックス生命科学第170委員会第3回研究会,東京;2001年1月
  2) 松木真吾井内良仁,鈴木泰宏,笹川五十次,中田瑛浩,藤井順逸
マウス精巣におけるFas/Fasリガンド系の役割は何か?
第9回山形分子生物学セミナー,山形;2001年11月
  3) 松木真吾井内良仁,鈴木泰宏,笹川五十次,中田瑛浩,藤井順逸
マウス停留精巣におけるアポトーシスとFas/Fasリガンドの関係.
実験動物セミナー第12回研究成果発表会,山形;2001年12月
4) 藤井順逸
Cu,Zn-SODの変異による筋萎性側索硬化症の発症とCuシャペロンの役割.
レドックス生命科学第170委員会 第3回研究会例会,東京;2001年1月
5) 藤井順逸シンポジスト):
抗酸化・レドックス系による活性酸素からの防御機構.
第24回北陸呼吸器シンポジウム,金沢;2001年2月
  【2000】
  1) 藤井順逸
酸化的ストレスに対する抗酸化・レドックス酵素系の役割.
第13回蔵王カンファランス,山形;2000年1月
  2) 藤井順逸
生体防御における酸化還元(レドックス)系とその役割.
第48回分子生物学フォーラム,秋田;2000年6月
  3) 藤井順逸
抗酸化・レドックス酵素の活性制御と新たな役割の可能性.
医科学セミナー,筑波;2000年11月
  4) 藤井順逸,笹川五十次,東家一雄,井内良仁,木村道郎,中田瑛浩:
精子形成における膜結合型ペルオキシレドキシン4の役割.
第8回山形分子生物学セミナー,山形;2000年11月
  5) 金子智子井内良仁,河内谷敏,斉藤英和,倉知博久,藤井順逸
雌性生殖器におけるグルタチオン還元酵素の性周期に伴う変動について.
実験動物セミナー第11回研究成果発表会,山形;2000年12月
  6) 高原政利,関徳宏,鈴木浩美,斉藤英子,大辻美和子,高木理彰,井内良仁,荻野利彦:
Brachypodismマウス(GDF5)の機能欠損変異マウスにおける指発生の研究.
実験動物セミナー第11回研究成果発表会,山形;2000年12月
  【1999】
  1) 井内良仁,高野由美子,石川喜一:
B型アルドラーゼ遺伝子のホルモン応答領域の解析.
第6回肝細胞研究会,東京;1999年3月
  2) 藤井順逸
Cuシャペロンの構造と機能.
ALS夏の蔵王セミナー,蔵王町(宮城);1999年7月
  3) 井内良仁小林孝至,鳴瀬卓爾,高原政利,荻野利彦,藤井順逸
細胞増殖に関係するラットY-box遺伝子RYB-aの精巣における発現様式.
第7回山形分子生物学セミナー,山形;1999年11月
4) 小林孝至葛巻丈二朗,中田瑛浩:
前立腺癌細胞におけるゲニステインの増殖抑制効果とその作用機序.
実験動物セミナー,山形;1999年12月

山形大学大学院 医学系研究科 生命環境医科学専攻 生化学・分子生物学講座
〒990-9585 山形市飯田西2-2-2 Tel:023-628-5229 Fax:023-628-5230