教室の紹介 大学院生と研究成果 研究業績 学会活動 研究者を目指す方へ 年中行事 HOME
   
| 教室スタッフ | 教育内容 | 研究内容 | 受賞/他 |  | その他 |
【生化学・分子生物学教室スタッフ】
藤井 順逸
教授
ふじい じゅんいち
藤 井 順 逸
Junichi FUJII
【略歴と業績】
助教
チョウ キョウ コ
旭 紅
Xuhong ZHANG
【略歴と業績】


助教
ほ ん ま た く じ ろ う
本 間 拓二郎
Takujiro HOMMA
【略歴と業績】


助教
こ ば や し し ょ う
小 林  
Sho KOBAYASHI
【略歴と業績】
 
非常勤技術職員
さ とう ま り こ
佐藤 真里子
Mariko SATO

初代教授
■ 石川喜一
【在任期間】
1977年4月-1999年3月
【業績】
退官記念誌参照

教員OBと研究成果(1999年以降在任された方のみ)
恩實
【在任中の役職】
Post-doctoral Fellow
【在任期間】
2014月8月27日-2016年8月26日
【業績】
■倉橋敏裕
【在任中の役職】
助教
【在任期間】
2010月9月-2015年9月
【異動先所属】

京都府立医科大学講師

【略歴と業績】 
■伊藤 純一
【在任中の役職】
准教授
【在任期間】
2010月10月-2013年9月

【略歴と業績】
■井内 良仁
【在任中の役職】
助教
【在任期間】
1995月4月-2010年5月
【異動先所属】
山口大学農学部 准教授

1995月4月-在任期間の業績
■岡田 太
【在任中の役職】
准教授
【在任期間】
2004月7月-2010年3月
【異動先所属】
鳥取大学医学部生命科学科 病態生化学 教授

2004月7月-在任期間の業績
■ 大津 芳
【在任中の役職】
助教
【在任期間】
1990年4月-2008年3月
【異動先所属】
環境保全センター 講師
【1990年〜在任期間中の業績】
■ 池田義孝
【在任中の役職】
助教授
【在任期間】
2002年4月-2004年4月
【【異動先所属】
佐賀大学医学部 分子生命科学講座 細胞生物学分野 教授
【2002年〜在任期間中の業績】
■ 葛巻丈二朗
【在任中の役職】
助教授
【在任期間】
1988年10月-2002年2月
【異動先所属】
横浜市緑区福祉保険センター
【1999年〜在任期間中の業績】

【教育内容】

医学部医学科と大学院医学専攻、生命環境医科学専攻の講義を担当しています。


 (1)  1年共通講義:『医学を理解するための自然・社会科学』(2017年度) 3コマ
  1. 細胞の営みについて知る1 藤井順逸
  2. 細胞の営みについて知る2 藤井順逸 
   
(2) 医学科1年次:『人体物質代謝学』(2017年度) 43コマ
  1. 細胞の概要  藤井順逸 
  2. 消化・吸収 藤井順逸 
  3. アミノ酸  藤井順逸  
  4. タンパク質の構造と機能 藤井順逸 
  5. 糖の構造と役割   藤井順逸 
  6. 解糖  藤井順逸 
7. TCAサイクルと電子伝達系  藤井順逸
8. 糖新生とグリコーゲン代謝 藤井順逸
  9. その他の糖代謝 藤井順逸 
10. タンパク質の構造と機能II 藤井順逸
  11. 脂質の構造と機能  倉橋敏裕
  12. 脂質の分解   倉橋敏裕
  13. 脂質の合成   藤井順逸 
14. アミノ酸代謝I
藤井順逸
  15. アミノ酸代謝II  藤井順逸 
  16. タンパク質構造と酵素反応  藤井順逸 
  17. 酵素反応の調節 藤井順逸 
18. ビタミンと補酵素
藤井順逸
  19. 生体金属 藤井順逸 
  20. タンパク合成 藤井順逸
  21. タンパク質の選別輸送 藤井順逸 
22. ヘムの合成と分解
中島 修 (遺伝子実験センター・教授) 
   前半の試験  
1. タンパク質分解 藤井順逸
  2. 細胞接着 藤井順逸 
  3. 細胞骨格と運動  藤井順逸 
  4. 細胞周期と細胞分裂   藤井順逸 
5. 核酸の生合成と分解 藤井順逸
6. 細胞小器官I  藤井順逸
  7. 細胞小器官II  田中 敦 (生化学解析センター・准教授)
  8. 実験動物の取扱いI   伊藤恒賢 (動物実験センター
  9. 実験動物の取扱いII  伊藤恒賢 (動物実験センター)
  10. RNAの機能  藤井順逸 
11. DNAの複製  藤井順逸
  12. DNA傷害と修復  藤井順逸 
  13. 細胞間情報伝達 藤井順逸 
  14. 細胞内情報伝達I 藤井順逸   
  15. 細胞内情報伝達II  藤井順逸  
  16. 主要臓器の代謝  藤井順逸 
  17. 細胞老化と死 藤井順逸 
  18. オミクス解析   
19. 活性酸素とレドックス反応 藤井順逸
20. 癌細胞の特性 藤井順逸
21. 放射線と生物I 藤井順逸
  22. 放射線と生物II   
後半の試験
  実習の説明とレポートの書き方  藤井順逸 


(3) 医学科2年次:『生化学実習』 (2017年度)  ローテーションで合計30コマ
実習I:. 酵素(乳酸脱水素酵素) 張 旭紅
実習II: タンパク質(SDS-PAGEとウエスタンブロット) 本間拓二郎小林翔
  実習V: 実験動物の取り扱い
伊藤恒賢・動物実験センター職員

(4) 医学科3年次:『臓器疾患学:内分泌・栄養・代謝系コース』
(2017年度)
1コマ
1. ホルモンの生化学 藤井順逸  

(5) 大学院医学系研究科 先進的医科学専攻(修士課程)
1年次:『細胞物質代謝学』
(2017年度)
15コマ
  1. エネルギー代謝(I) 藤井順逸
  2. エネルギー代謝(II) 藤井順逸
  3. 糖・脂質代謝の連携 藤井順逸
  4. 糖・アミノ酸・脂質代謝と疾患 藤井順逸
  5. 酵素反応と制御 藤井順逸
  6. タンパク質合成と翻訳後修飾 藤井順逸
  7. タンパク質分解系と関連する疾患 藤井順逸
  8. 細胞周期・接着・骨格と運動 藤井順逸 
9. 細胞増殖・分化と細胞内情報伝達I 藤井順逸
  10. 細胞増殖・分化と細胞内情報伝達II 藤井順逸
  11..細胞死の機構と関連因子の働き 藤井順逸
  12. 活性酸素の生成・消去とレドックスバイオロジー 藤井順逸 
  13. 細胞のタンパク質品質管理機構 稲葉謙次東北大学大学院生命科学研究科 分子生命科学専攻 生体機能分子設計分野教授
  14. 細胞小器官の構造・機能と関連する疾患 田中 敦・生化学解析センター・准教授
  15. オミクス解析による生体分子の網羅的解明 藤井順逸
   
 (6) 大学院医学系研究科 先進的医科学専攻(修士課程)
1年次:『先端医科学特論』
(2017年度) 
1コマ 
  1. 生命現象を担うレドックス反応 藤井順逸

(7) 大学院医学系研究科 医学専攻(博士課程) (2017年度)  
  1. 『基礎的研究ストラテジー』4-4 藤井順逸
2. 『基礎的研究ストラテジー』5-2 藤井順逸
3. 動物実験習得コース:
  @動物愛護に関する規則に基づく実験動物の取り扱い
  Aマウス配偶子の基本操作と胚の凍結
藤井順逸/動物実験センター職員

(8) 大学院セミナー (2017年度)  
  1. pHと金属イオンを介した新たなタンパク質品質管理機構の分子基盤 稲葉謙次東北大学大学院生命科学研究科 分子生命科学専攻 生体機能分子設計分野教授



【研究内容】

  生活習慣病や老化に深くかかわる活性酸素・フリーラジカルによる病気の発症と、それに対する防御機構に関して、分子レベルの基礎的研究を行っています。
  活性酸素・フリーラジカルは様々な環境要因で生じますが、酸素呼吸に伴い身体の中でも常に生じています。ストレス下ではその生成が増し、病気の原因もしくは増悪因子となっていると考えられています。こうした活性酸素から身を護り健康な生活を行えるように、特に次のような内容について研究しています。


1) 活性酸素や一酸化窒素(NO)による病気の発症・増悪の機構と、その除去を行うSODなどの
抗酸化酵素の役割を解明する。
2) 活性酸素の発癌・悪性化に果す役割を解明する。
  ※大学院については「研究者を目指す方へ」をご覧ください。
※具体的な研究内容については「学会活動」ならびに「業績」をご覧ください。

【受賞/他】

● 受賞
1) 金子智子山形大学大学院VBR研究奨励賞
Tomoko Kaneko, Yoshihito Iuchi, Satoshi Kawachiya, Tsuneko Fujii, Hidekazu Saito, Hirohisa Kurachi, and Junichi Fujii: Alteration of glutathione reductase expression in the female reproductive organs during the estrous cycle.
Biol. Reprod. 65: 1410-1416 (2001)
2) 松木真吾Poster Award from The American Society of Andrology
Matsuki S, Iuchi Y, Ikeda Y, Sasagawa I, Fujii J: Mitochondrion as a primary target of heat-induced apoptosis in spermatogenic cells. 28th Annual Meeting of the American Society of Andrology. Phoenix; March 2003
3) 松木真吾Poster Award from SFRR Japan
Matsuki S, Iuchi Y, Ikeda Y, Sasagawa I, Tomita Y, Fujii J: Induction of testicular cell apoptosis in mice by mild heat stress and its inhibition by minocycline. The International Meeting of the Society for Free Radical Research-Asia. Seoul; November 2003
4) 須藤大輔Poster Award from SFRR Japan
Suto D
, Otsu K, Sato K, Ohba Y, Yoshimura T, Fujii J: Suppression of the pro-apoptotic function of cytochrome c by singlet oxygen via a heme redox state-independent mechanism. The 3rd International Symposium on Natural Antioxidants-Molecular Mechanisms and Health Effects (ISNA) and the 2nd Meeting of the Society for Free Radical Research Asia (SFRR Asia), Shanghai, June, 2005
5) 井内良仁:Poster Award from SFRR Japan
Y. Iuchi, F. Okada, S. Tsunoda, N. Kibe, N. Shirasawa, M. Ikawa, M. Okabe, Y. Ikeda, J. Fujii.
Peroxiredoxin 4 protects spermatogenic cells against oxidative stress.
14th International Meeting of Society for Free Radical Research, SFRR I, Beijin, Oct 18-22, 2008, China
6) 小沼邦重:Poster Award from SFRR Japan
Kunishige Onuma
, Yu Sato, Satomi Ogawara, Nobuyuki Shirasawa, Masaaki Iigo, Junichi Fujii, and Futoshi Okada.
Progression of Regressive Tumor Cells into Malignant Ones by Nano-scaled Particles of Titanium Dioxide through Generating ROS in the Target Cells.

4th Biennial Meeting of the Society of Free Radical Research, Asia.July 9-12, 2009, Langkawi, Malaysia.
7) 井内良仁:平成21年度 山形医学会 銀賞
8) 井内良仁:平成22年度 生化学会東北支部奨励賞
 9) 金野 祐(鈴木紘一メモリアル賞[優秀プレゼンテーション賞])、大槻倫之、鈴木紗織、岐部紀子、角田智志、井内良仁、藤井順逸: 
NZマウスの自己免疫疾患発症に対する赤血球酸化ストレスの関与.
第84回日本生化学会、京都、 2011年9月
 
 10) 角田智志(優秀ポスター賞)藤井順逸
SOD1欠損が雄性生殖能に与える影響
第64回日本酸化ストレス学会、ルスツ(北海道)、2011年7月
  
11) Tsunoda S (poster; Informa Healthcare Young Investigator Award)
Impairment of sperm in in vitro fertility by SOD1 deficiency.
16th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, London, Sep 6-9, 2012
 
12) Kurahashi T (poster; SFRR Asia, Young Investigator Award).
SOD1 deficiency causes postprandial dyslipidemia due to impaired lipid metabolism in the intestine.
16th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, London, Sep 6-9, 2012 
 
 13) 藤井順逸(主担当研究者):平成24年度「頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム」採択
角田智志金野 祐の両名をケンブリッジ大学・Prof. David Ron研究室に長期派遣
14) Toshihiro Kurahashi, (SFRR Asia, Young Investigator Award)
The potential roles of PRDX4 as a thiol oxidase in endoplasmic reticulum.
17th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Kyoto, March 23-26, 2014 
 
[Certificate of Young Investigator Award
15) 金野 祐 平成26年度 山形大学校友会大学院学生表彰
16) 金野 祐 平成27年度 生化学会東北支部会優秀論文賞:
Tasuku Konno, et al. Reactive oxygen species exacerbate autoimmune hemolytic anemia in New Zealand black mice.

Free Radic. Biol. Med. 65:1378-1384 (2013)  
17)

Takujiro Homma (SFRR Japan, Young Investigator Award).

Intrinsic oxidative stress induces accumulation of ubiquitinated and carbonylated proteins in mouse erythrocytes.
7th Joint Meeting of the Societies for Free Radical Research Australasia and Japan, Dec 7-10, (2015), Christchurch, New Zealand. 
[Certificate of Young Investigator Award]

18) 小林翔(優秀ポスター賞受賞).  
肝臓へのシステイン供給におけるxCTとTranssulfuration経路の役割.
第69回日本酸化ストレス学会、仙台国際センター会議棟、仙台、2016年8月30-31日 
  
 19) Takujiro Homma (SFRR Japan, Young Investigator Award 2016).
SOD1-knockout mice are resistant to lethal effects of thioacetamide-induced hepatotoxicity.
The 23rd Annual Meeting, a joint meeting with the Society for Free Radical Research International (SfRBM/SFRRI 2016), November 16?19, 2016, San Francisco, USA  [Certificate of Young Investigator Award]
 20) 明原隆介平成28年度 山形大学校友会大学院学生表彰  [表彰状]  
 21) 白土貴也平成28年度 山形大学校友会大学院学生表彰  [表彰状]  
 22) 李在勇平成28年度 山形大学校友会大学院学生表彰 [表彰状] 

● 新聞掲載
1) 岡田 太:メロン成分食品強化 がん転移抑制効果判明で
日経産業新聞(平成16年8月19日第一面)


山形大学大学院 医学系研究科 先進的医科学専攻 生化学・分子生物学講座
〒990-9585 山形市飯田西2-2-2 Tel: 023-628-5229 Fax: 023-628-5230